三谷 塁一 (ミタニ タカカズ)   

学術研究院(農学系)

農学部 農学生命科学科 生命機能科学コース 

准教授 

学位

  • 博士(応用生命科学), 大阪府立大学

研究分野

  • 栄養生化学
  • 食品科学, 分子栄養学
  • 食品科学, 食品機能学

メールアドレス

    mitani★shinshu-u.ac.jp

経歴

  • 2024年
    信州大学, 農学部, 准教授
  • 2019年 - 2024年
    信州大学, 農学部, 助教
  • 2015年 - 2019年
    信州大学, 先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所, 助教(特定雇用)
  • 2014年 - 2015年
    神戸大学, 農学研究科, 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2013年 - 2014年
    神戸大学, 自然科学系先鋭融合研究環, 学術推進研究員

学歴

  • 2010年 - 2013年, 大阪府立大学, 生命環境科学研究科博士後期課程, 応用生命科学
  • 2008年 - 2010年, 大阪府立大学, 生命環境科学研究科博士前期課程, 応用生命科学専攻
  • 2004年 - 2008年, 大阪府立大学, 農学部, 応用生物化学科

委員歴

  • 2024年
    参与, 日本栄養・食糧学会中部支部
  • 2017年 - 2019年
    監事, 日本生化学会中部支部

受賞

  • 2024年
    日本栄養・食糧学会, 奨励賞
    肥満関連疾患の予防に資する食品成分とその標的分子に関する研究
    三谷 塁一
  • 2024年
    日本農芸化学会, 農芸化学奨励賞
    食品成分の標的タンパク質の同定とそれに基づく機能性発現メカニズムに関する研究
    三谷 塁一
  • 2023年
    日本農芸化学会中部支部, 日本農芸化学会中部支部奨励賞(学術奨励賞)
    カカオ豆抽出物が脂肪細胞の褐色化を誘導する分子機構の解析, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
    指導学生
  • 2023年
    日本農芸化学会, B.B.B.論文賞(2022)
    Genistein regulates adipogenesis by blocking the function of adenine nucleotide translocase-2 in the mitochondria.
    指導学生、三谷塁一
  • 2023年
    日本農芸化学会, 2023年度農芸化学会大会トピックス賞
    NAD代謝系の活性化を介した大豆イソフラボンの抗肥満効果について, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
    三谷 塁一、指導学生
  • 2014年
    日本生化学会, 若手優秀発表賞
    低酸素下で誘導されるp62介在性オートファジーによるアンドロゲン受容体の分解機構
    三谷 塁一(大阪府立大学)
  • 2013年
    日本フードファクター学会, Young Investigator Award
    Resveratrol acts as a noncompetitive antagonist for the androgen receptor
    三谷 塁一(神戸大学、大阪府立大学)
  • 2011年
    日本生化学会, 鈴木紘一メモリアル賞
    低酸素下のβ-cateninによるアンドロゲン受容体シグナル活性化機構の解析
    三谷 塁一(大阪府立大学)
  • 2009年
    日本農芸化学会関西支部, 若手優秀発表賞
    前立腺がん細胞におけるアンドロゲン受容体シグナルと低酸素シグナルのクロストーク
    三谷 塁一(大阪府立大学)

論文

  • Genistein enhances NAD+ biosynthesis by upregulating nicotinamide phosphoribosyltransferase in adipocytes  
    Watanabe S, Haruyama R, Umezawa K, Tomioka I, Nakamura S, Katayama S, Mitani T (corresponding author).
    Journal of Nutirtional Biochemistry, 121, 109433, 2023年08月28日, 査読有り
    最終著者, 責任著者リポジトリ電子ジャーナル
  • Anti-nucleolin aptamer, iSN04, inhibits the inflammatory responses in C2C12 myoblasts by modulating the β-catenin/NF-κB signaling pathway.
    Yamamoto M, Miyoshi M, Morioka K, Mitani T, Takaya T.
    Biochemical and biophysical research communications, 664, 1-8, 2023年07月05日, 査読有りリポジトリ電子ジャーナル
  • 25-Hydroxyvitamin D increases insulin-stimulated glucose uptake by enhancing adipocyte differentiation
    Nakashima M, Mitani T (corresponding author).
    Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 68(5), 420-428, 2022年10月, 査読有り
    最終著者, 責任著者
  • Isolation, identification, and in vivo evaluation of the novel antihypertensive peptide, VSKRLNGDA, derived from chicken blood cells
    Wongngama W, Roytrakulb S, Mitani T, Katayama S, Nakamura S, Yongsawatdigula J.
    Process Biochemistry, 115, 169-177, 2022年02月15日, 査読有り
  • Genistein regulates adipogenesis by blocking the function of adenine nucleotide translocase-2 in the mitochondria.
    Ikeda T, Watanabe S, Mitani T (corresponding author).
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry,, 2021年11月29日, 査読有り
    最終著者, 責任著者
  • Theobromine enhances the conversion of white adipocytes into beige adipocytes in a PPARγ activation-dependent manner
    Tanaka E, Mitani T (corresponding author), Nakashima M, Yonemoto E, Fujii H, Ashida H.
    The Journal of Nutritional Biochemistry, 100, 108898, 2021年11月05日, 査読有り
    責任著者
  • Production and characterization of chicken blood hydrolysate with antihypertensive properties
    Wongngam W, Mitani T, Katayama S, Nakamura S, Yongsawatdigul J.
    Poultry Science, 99(10), 5163-5174, 2020年07月27日, 査読有り電子ジャーナル
  • Enzymatically synthesized glycogen prevents UVB-induced cell damage in normal human epidermal keratinocytes
    Yoshioka Y, Kitakaze T, Mitani T, Furuyashiki T, Ashida H.
    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, 67(1), 36-42, 2020年05月05日, 査読有り電子ジャーナル
  • Intracellular cAMP contents regulate NAMPT expression via induction of C/EBPβ in adipocytes
    Mitani T, Watanabe S, Wada K, Fujii H, Nakamura S, Katayama S
    Biochemical and biophysical research communications, 522(3), 770-775, 2019年11月30日, 査読有り
    筆頭著者電子ジャーナル
  • Oral immunotherapy with a phosphorylated hypoallergenic allergen ameliorates allergic responses more effectively than intact allergen in a murine model of buckwheat allergy.
    Katayama S, Yamaguchi D, Suzuki Y, Athamneh AMA, Mitani T, Satoh R, Teshima R, Mine Y, Nakamura S.
    Molecular Nutrition & Food Research, 62(21), e1800303, 2018年09月14日, 査読有り電子ジャーナル
  • Soybean-derived glycine-arginine dipeptide administration promotes neurotrophic factor expression in the mouse brain
    Shimizu A, Mitani T, Tanaka S, Fujii H, Maebuchi M, Amiya Y, Tanaka M, Matsui T, Nakamura S, Katayama S.
    Journal of Agricultural and Food Chemistry, 66(30), 7935-7941, 2018年08月01日, 査読有り
  • Long-term diet supplementation with lactobacillus paracasei K71 prevents age-related cognitive decline in senescence-accelerated mouse prone 8.
    Corpuz HM, Ichikawa S, Arimura M, Mihara T, Kumagai T, Mitani T, Nakamura S, Katayama S.
    Nutrients, 10(6), E762, 2018年06月13日, 査読有り電子ジャーナル
  • Theophylline suppresses interleukin-6 expression by inhibiting glucocorticoid receptor signaling in pre-adipocytes
    Mitani T, Takaya T, Harada N, Katayama S, Yamaji R, Nakamura S, Ashida H
    Archives of Biochemistry and Biophysics, 646, 98-106, 2018年05月15日, 査読有り
    筆頭著者WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Methylxanthine derivative-rich cacao extract suppresses differentiation of adipocytes through down-regulation of PPARγ and C/EBPs
    Yamashita Y*, Mitani T*, Wang L, Ashida H. (*Co-first Author)
    Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 64(2), 151-160, 2018年04月30日, 査読有り
    筆頭著者
  • Cyperenoic acid suppresses osteoclast differentiation and delays bone loss in a senile osteoporosis mouse model by inhibiting non-canonical NF-κB pathway.
    Chawalitpong S, Chokchaisiri R, Suksamrarn A, Katayama S, Mitani T, Nakamura S, Athamneh AA, Ritprajak P, Leelahavanichkul A, Aeimlapa R, Charoenphandhu N, Palaga T.
    SCIENTIFIC REPORTS, 8(1), 5625, 2018年04月04日, 査読有り
  • Rutinosylated ferulic acid attenuates food allergic response and colitis by up-regulating regulatory T cells in mouse models.
    Katayama S, Ohno F, Mitani T, Akiyama H, Nakamura S.
    Journal of Agricultural and Food Chemistry, 65(49), 10730-10737, 2017年12月13日, 査読有り電子ジャーナル
  • Caffeine-stimulated intestinal epithelial cells suppress lipid accumulation in adipocytes
    Mitani T, Nagano T, Harada K, Yamashita Y, Ashida H
    Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 63(5), 333-340, 2017年12月08日, 査読有り
    筆頭著者
  • Theobromine suppresses adipogenesis through enhancement of CCAAT-enhancer-binding protein degradation by adenosine receptor A1
    Mitani T, Watanabe S, Yoshioka Y, Katayama S, Nakamura S, Ashida H
    Biochimica et Biophysica Acta (BBA)-Molecular Cell Research, 1864(12), 2438-2448, 2017年09月28日, 査読有り
    筆頭著者WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Solventless extraction methods for immature fruits: Evaluation of their antioxidant and cytoprotective activities
    Heng MY, Katayama S, Mitani T, Ong ES, Nakamura S.
    Food Chemistry, 221, 1388-1393, 2017年04月15日, 査読有りWebofScience電子ジャーナル
  • Role of phosphate groups on antiviral activity of casein phosphopeptide against feline calicivirus as a surrogate for norovirus.
    Lebetwa N, Mitani T, Nakamura S, Katayama S
    Journal of the Science of Food and Agriculture, 97(6), 1939-1944, 2017年04月01日, 査読有り電子ジャーナル
  • Enzymatically synthesized glycogen inhibits colitis through decreasing oxidative stress.
    Mitani T, Yoshioka Y, Furuyashiki T, Yamashita Y, Shirai Y, Ashida H.
    FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE, 106, 355-367, 2017年02月28日, 査読有り
    筆頭著者電子ジャーナル
  • Black soybean seed coat polyphenols prevent AAPH-induced oxidative DNA-damage in HepG2 cells
    Yoshioka Y, Li X, Zhang T, Mitani T, Yasuda M, Nanba F, Toda T, Yamashita Y, Ashida H.
    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, 60(2), 108-114, 2016年12月06日, 査読有り
  • Castration influences intestinal microflora and induces abdominal obesity in high-fat diet-fed mice.
    Harada N, Hanaoka R, Horiuchi H, Kitakaze T, Mitani T, Inui H, Yamaji R.
    SCIENTIFIC REPORTS, 6, 23001, 2016年03月10日, 査読有り
  • Autophagic degradation of the androgen receptor mediated by increased phosphorylation of p62 suppresses apoptosis in hypoxia
    Mitani T, Minami M, Harada N, Ashida H, Yamaji R.
    Cellular Signalling, 27(10), 1994-2001, 2015年10月, 査読有り
    筆頭著者WebofScience電子ジャーナル
  • Luteolin suppresses TCDD-induced wasting syndrome in a cultured adipocyte model
    Ashida H, Harada K, Mishima S, Mitani T, Yamashita Y, Matsumura F.
    Pesticide Biochemistry and Physiology, 120, 14-20, 2015年05月, 査読有りWebofScience電子ジャーナル
  • Resveratrol inhibits hypoxia-inducible factor-1α-mediated androgen receptor signaling and represses tumor progression in castration-resistant prostate cancer
    Mitani T, Harada N, Tanimori S, Nakano Y, Inui H, Yamaji R.
    Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 60(4), 276-282, 2014年08月, 査読有り
    筆頭著者WebofScience
  • Resveratrol reduces the hypoxia-induced resistance to doxorubicin in breast cancer cells
    Mitani T, Ito Y, Harada N, Nakano Y, Inui H, Ashida H, Yamaji R.
    Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 60(2), 122-128, 2014年04月, 査読有り
    筆頭著者WebofScience
  • Identification of carbonyl reductase 1 as a resveratrol-binding protein by affinity chromatography using 4 '-amino-3,5-dihydroxy-trans-stilbene
    Ito Y*, Mitani T*, Harada N, Isayama A, Tanimori S, Takenaka S, Nakano Y, Inui H, Yamaji R. (*Co-first Author)
    Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 59(4), 358-364, 2013年08月, 査読有り
    筆頭著者WebofScience
  • Coordinated action of hypoxia-inducible factor-1 alpha and beta-catenin in androgen receptor signaling
    Mitani T, Harada N, Nakano Y, Inui H, Yamaji R.
    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 287(40), 33594-33606, 2012年09月28日, 査読有り
    筆頭著者WebofScience電子ジャーナル
  • Kelch-like 20 up-regulates the expression of hypoxia-inducible factor-2 alpha through hypoxia- and von Hippel-Lindau tumor suppressor protein-independent regulatory mechanisms
    Higashimura Y, Terai T, Yamaji R, Mitani T, Ogawa M, Harada N, Inui H, Nakano Y.
    Biochemical and biophysical research communications, 413(2), 201-205, 2011年09月23日, 査読有りWebofScience電子ジャーナル
  • Hypoxia enhances transcriptional activity of androgen receptor through hypoxia-inducible factor-1 alpha in a low androgen environment
    Mitani T, Yamaji R, Higashimura Y, Harada N, Nakano Y, Inui H.
    Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology, 123(1-2), 58-64, 2011年01月, 査読有り
    筆頭著者WebofScience電子ジャーナル
  • A yeast bioassay for androgenic and anti-androgenic compounds based on the NH2- and COOH-terminal interaction of androgen receptor
    Ogawa M, Yamaji R, Mitani T, Murata Y, Nakao M, Harada N, Nakano Y, Inui H,
    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 74(9), 1965-1968, 2010年09月, 査読有りWebofScience電子ジャーナル
  • Involvement of three glutamine tracts in human androgen receptor transactivation
    Harada N, Mitani T, Higashimura Y, Yamaji R, Okamoto K, Nakano Y, Inui H.
    Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology, 118(1-2), 77-84, 2010年01月, 査読有りWebofScience電子ジャーナル

MISC

  • 標的タンパク質に基づく食品成分の抗肥満効果-メチルキサンチン類の新規作用-
    三谷塁一
    化学と生物「解説」, 60(11), 586-593, 2022年, 査読有り
    筆頭著者, 責任著者
  • 肝臓のミトコンドリア活性化に及ぼす大豆イソフラボンの効果とその分子機構に関する研究
    三谷塁一
    21, 173-179, 2019年06月01日
    筆頭著者, 最終著者, 責任著者
  • 多機能性を持つMoonlighting Proteins (特集 タンパク質・酵素の隠された機能について,探索とその技術)
    原田直樹, 三谷塁一, 山地亮一
    生化学, 87(3), 279-285, 2015年
  • 抗酸化物質としてのレスベラトロールの多機能性
    三谷塁一, 原田直樹, 山地亮一
    ビタミン, 86(12), 687-689, 2012年12月25日
    筆頭著者

講演・口頭発表等

  • 食品成分の標的タンパク質の同定とそれに基づく機能性発現メカニズムに関する研究
    三谷塁一
    日本農芸化学会中部支部第198回例会(静岡), 2024年06月, 招待有り
  • 肥満関連疾患の予防に資する食品成分とその標的分子に関する研究
    三谷塁一
    第78回日本栄養・食糧学会大会(奨励賞受賞講演)(福岡), 2024年05月, 招待有り
  • 食品成分の標的タンパク質の同定とそれに基づく機能性発現メカニズムに関する研究
    三谷塁一
    日本農芸化学会2024年度大会(奨励賞受賞講演)(東京), 2024年03月, 招待有り
  • NAD+代謝制御酵素の発現調節を介した脂肪細胞の質的制御
    三谷塁一
    日本農芸化学会2024年度大会シンポジウム(東京), 2024年03月, 招待有り
  • カカオ苦味成分であるテオブロミンの脂肪細胞の褐色化誘導効果
    三谷塁一
    第26回チョコレート・ココア国際栄養シンポジウム, 2021年09月, 招待有り

担当経験のある科目_授業

  • 食品化学(分担)
    信州大学
  • 生命機能科学概論(分担)
    信州大学
  • ニューバイオテクノロジー入門(分担)
    信州大学
  • 食品分子機能学特論(分担)
    信州大学
  • 栄養機能化学(分担)
    信州大学
  • 統計・情報処理演習(分担)
    信州大学
  • 食品化学系実験(分担)
    信州大学

所属学協会

  • 2021年
    日本フードファクター学会
  • 2014年
    日本ビタミン学会
  • 2013年
    日本分子生物学会
  • 2012年
    日本栄養・食糧学会
  • 2009年
    日本農芸化学会
  • 2009年
    日本生化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • ホクト生物化学振興財団
    ホクト株式会社
    2021年04月01日
  • 飯島藤十郎記念食品科学振興財団
    飯島藤十郎記念食品科学振興財団
    2021年04月
  • NAD合成系酵素の発現制御機構の解明と食品因子による肥満関連疾患の予防への応用
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2020年04月01日 - 2023年03月31日
  • 公益財団法人東洋食品研究所(食品研究助成金)
    公益財団法人東洋食品研究所
    2020年04月01日
  • 清水純夫研究助成基金
    信州農林科学振興会
    2019年
  • 公益財団法人ロッテ財団「奨励研究助成」
    ロッテ財団
    2019年
  • アディポカインを介した脂肪細胞-脳神経細胞間コミュニケーション仮説の検証と応用
    科学研究費補助金, 若手研究
    2018年04月01日 - 2020年03月31日
  • タカノ農芸化学研究助成財団(一般部門)
    タカノ農芸化学研究助成財団
    2018年
  • 三島海雲記念財団(個人研究奨励金)
    三島海雲記念財団
    2018年
  • 笹川科学研究助成
    日本科学協会
    2017年04月01日
  • 不二たん白質研究振興財団(若手研究者枠)
    不二たん白質研究振興財団(若手研究者枠)
    2017年04月01日
  • メチルキサンチン誘導体の抗肥満効果の検証と高機能化
    科学研究費補助金, 日本学術振興会, 若手研究(B)
    2016年04月01日 - 2018年03月31日
  • 本庄国際奨学財団「食と健康」研究助成金
    本庄国際奨学財団
    2016年04月01日
  • 性ホルモンを標的とした肝臓疾患の分子機構の解明と食品成分による予防
    科学研究費補助金, 日本学術振興会, 特別研究員奨励費(PD)
    2014年04月01日 - 2015年09月30日
  • 機能性食品成分によるがん特異的なアンドロゲン受容体シグナル調節機構の制御
    科学研究費補助金, 日本学術振興会, 特別研究員奨励費(DC2)
    2011年04月01日 - 2013年03月31日

社会貢献活動

  • 第15回長野県看護大学看護研究集会
    長野県, 2019年
  • 青少年のための科学の祭典2018 ブース出展
    野菜からDNAを抽出してみよう, 長野, 2018年
  • 大豆たん白質研究第21回研究報告会
    東京, 2018年
  • 食と健康研究助成金研究成果報告会2017
    東京, 2017年

学術貢献活動

  • 査読
    Bioscience Reports, 2022年01月 - 2022年12月
  • 査読
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2022年01月 - 2022年12月
  • 査読
    International Journal of Molecular Sciences, 2021年01月 - 2021年12月
  • 査読
    Molecules, 2021年01月 - 2021年12月
  • 査読
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2021年01月 - 2021年12月
  • 査読
    Antioxidants, 2020年01月 - 2020年12月
  • 査読
    Molecules, 2020年01月 - 2020年12月
  • 査読
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2020年01月 - 2020年12月
  • 査読
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2019年01月 - 2019年12月

研究生受入

  • 2017年04月01日 - 2017年11月30日, Wongngam Wasana, Thailand, 修士, 鶏血加水分解物による高血圧予防効果に関する研究, 外国人研究員

学部内委員会等

  • 2021年04月01日 - 2023年03月31日, 入試委員会, 生命機能科学コース
  • 2020年04月01日 - 2021年03月31日, 環境内部監査委員会, 委員長
  • 2019年04月01日 - 2020年03月31日, 環境内部監査委員会, 副委員長
  • 2023年04月01日 - 2024年03月31日, 教務委員会, 総合理工学農学専攻 食品生命科学分野
  • 2016年04月01日 - 2017年03月31日, 教務委員会, 総合理工学研究科 農学専攻 食品生命科学分野
  • 2016年04月01日 - 2017年03月31日, 入試委員会, 総合理工学研究科 農学専攻 食品生命科学分野
  • 2017年04月01日 - 2018年03月31日, 学生委員会, 総合理工学研究科 農学専攻 食品生命科学分野
  • 2018年04月01日 - 2019年03月31日, 教務委員会, 生命機能科学コース