小笠原 寛 (オガサワラ ヒロシ)   

学術研究院(繊維学系(基盤研究支援センター))

基盤研究支援センター 

准教授 

学位

  • 博士 (農学), 近畿大学

研究キーワード

    大腸菌, ストレス応答, 転写, バイオフィルム

研究分野

  • 分子生物学
  • ゲノム微生物学

経歴

  • 2021年
    信州大学基盤研究支援センター准教授
  • 2016年 - 2021年
    信州大学基盤研究支援センター助教
  • 2011年 - 2016年
    信州大学ヒト環境科学研究支援センター助教
  • 2009年 - 2010年
    日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2008年 - 2010年
    法政大学兼任講師
  • 2008年 - 2009年
    法政大学生命科学部研究員
  • 2005年 - 2008年
    法政大学マイクロナノテクノロジー研究センター研究員

学歴

  • 2005年, 近畿大学, 農学研究科, 応用生命化学専攻
  • 2002年, 近畿大学, 農学研究科, 応用生命化学専攻
  • 2000年, 近畿大学, 農学部, 農芸化学科

論文

  • Roles of methionine and cysteine residues of the Escherichia coli sensor kinase HprS in reactive chlorine species sensing
    Yamaji, K., Taniguchi, R., Urano, H., Ogasawara, H.
    FEBS Lett., 597, 573-584, 2023年, 査読有り
  • CsgI (YccT) Is a novel Inhibitor of Curli fimbriae formation in Escherichia coli preventing CsgA polymerization and curli gene expression.
    Sano, K., Kobayashi, H., Chuta, H., Matsuyoshi, N., Kato, Y., Ogasawara, H.
    Int. J. Mol. Sci., 24, 4357, 2023年, 査読有り
  • Single-target regulators constitute the minority group of transcription factors in Escherichia coli K-12
    Shimada, T., Ogasawara, H., Kobayashi, I., Kobayashi, N., Ishihama, A.
    Frontiers in Microbiology, 12, 697803, 2021年, 査読有り
  • Cellulose acetate/multi-wall carbon nanotube/Ag nanofiber composite for antibacterial applications
    Jatoi A. W, Ogasawara H, Kim I. S. Ni Q-Q
    Materials Science & Engineering C, 110, 110679, 2020年, 査読有り
  • Novel regulators of the csgD gene encoding the master regulator of biofilm formation in Escherichia coli K-12
    Ogasawara H, Ishizuka T, Hotta S, Aoki M, Shimada T, Ishihama A.
    Microbiology-SGM, 166, 880-890, 2020年, 査読有り
  • Fabrication of antibacterial electrospun cellulose acetate/ silver-sulfadiazine nanofibers composites for wound dressings applications
    Khan M. Q, Kharaghani D, Sanaullah, Shahzad A, Saito Y, Yamamoto T, Ogasawara H, Kim I. S
    Polymer Testing, 74, 39-44, 2019年, 査読有り
  • Polyvinyl alcohol nanofiber based three phase wound dressings for sustained wound healing applications
    Jatoi A. W, Ogasawara H, Kim I. S. Ni Q-Q
    Materials Letters, 241, 168-171, 2019年, 査読有り
  • Characterizations and application of CA/ZnO/AgNP composite nanofibers for sustained antibacterial properties
    Jatoi A. W, Kim I. S. Ogasawara H, Ni Q-Q
    Materials Science & Engineering C, 105, 110077, 2019年, 査読有り
  • Regulatory role of pyruvate-sensing BtsSR in biofilm formation by Escherichia coli K-12.
    Ogasawara H, Ishizuka T, Yamaji K, Kato Y, Shimada T, Ishihama A
    FEMS Microbiol Lett., 366, fnz251, 2019年, 査読有り
  • Dopa-based facile procedure to synthesize AgNP/cellulose nanofiber composite for antibacterial applications
    Jatoi A. W, Ogasawara H, Kim I. S. Ni Q-Q
    Applied Nanoscience, 2019年, 査読有り電子ジャーナル
  • Digestion of peptidoglycan near the cross-link is necessary for the growth of Bacillus subtilis
    Hashimoto, M., Matsushima, H., Suparthana, I., P., Ogasawara, H., Yamamoto, H., Teng, C., Sekiguchi, J.
    Microbiology-SGM, 164, 299-307, 2018年, 査読有り
  • Single-target regulators form a minor group of transcription factors in Escherichia coli K-12.
    Shimada, T., Ogasawara, H., Ishihama, A.
    Nucleic Acids Res., 46, 3921-3936, 2018年, 査読有り
  • Fabrication of electrospun antibacterial PVA/Cs nanofibers loaded with CuNPs and AgNPs by an in-situ method
    Kharaghani D, Khan M. Q, Tamada Y, Ogasawara H, Inoue Y, Saito, Y, Hashmi M, Kim I. S
    Polymer Testing, 72, 315-321, 2018年, 査読有り
  • Cross-regulation between two common ancestral response regulators, HprR and CusR, in Escherichia coli
    Urano H, Yoshida M, Ogawa A, Yamamoto K, Ishihama A, Ogasawara H
    Microbiology-SGM, 163, 243-252, 2017年, 査読有り
  • A structural sketch of RcdA, a transcription factor controlling the master regulator of biofilm formation
    Sugino H, Usui T, Shimada T, Nakano M, Ogasawara H, Ishihama H, Hirata A
    FEBS Lett., 591, 2019-2031, 2017年, 査読有り
  • Role of transcription factor NimR (YeaM) in sensitivity control of Escherichia coli to 2-nitroimidazole.
    Ogasawara H, Ohe S, Ishihama A
    FEMS Microbiol Lett., 362, 1-8, 2015年, 査読有り
  • Cooperative regulation of the common target genes between hydrogen peroxide-response YedVW and copper-response CusSR in Escherichia coli.
    Urano H, Umezawa Y, Yamamoto K, Ishihama A, Ogasawara H
    Microbiology-SGM, 161, 729-738, 2015年, 査読有り
  • Repression of flagellar genes in exponential phase by CsgD and CpxR, two crucial modulators of Escherichia coli biofilm formation.
    Dudin O, Geiselmann J, Ogasawara H, Ishihama A, Lacour S.
    J Bacteriol., 196, 707-715, 2014年, 査読有り
  • Involvement of cAMP-CRP in transcription activation and repression of the pck gene encoding PEP carboxykinase, the key enzyme of gluconeogenesis.
    Nakano M., Ogasawara H., Shimada T., Yamamoto K., Ishihama A.
    FEMS Microbiol. Lett, 355, 93-99, 2014年, 査読有り
  • Identification of the set of genes, including nonannotated morA, under the direct control of ModE in Escherichia coli.
    Kurata T, Katayama A, Hiramatsu M, Kiguchi Y, Takeuchi M, Watanabe T, Ogasawara H, Ishihama A, Yamamoto K.
    J Bacteriol, 195, 4496-4505, 2013年, 査読有り
  • Screening of promoter-specific transcription factors: multiple regulators for the sdiA gene involved in cell division control and quorum sensing.
    Shimada K, Ogasawara H, Yamada K, Shimura M, Kori A, Shimada T, Yamanaka Y, Yamamoto K, Ishihama A.
    Microbiology-SGM, 159, 2501-2512, 2013年, 査読有り
  • A novel regulation targets of the metal response BasS-BasR two-component system of Escherichia coli.
    Ogasawara H., Shinohara S, Yamamoto K, Ishihama A
    Microbiology-SGM, 158, 1482-1492, 2012年, 査読有り
  • A novel regulator RcdA of the csgD gene encoding the master regulator of biofilm formation in Escherichia coli.
    Shimada T, Katayama Y, Kawakita S, Ogasawara H, Nakano M, Yamamoto K, Ishihama A
    Microbiologyopen, 1, 381-394, 2012年, 査読有り
  • Role of the biofilm master regulator CsgD in cross-regulation between biofilm formation and flagellar synthesis
    Ogasawara, H., Yamamoto, K., Ishihama, A.
    Journal of Bacteriology, 193, 2587-2597, 2011年, 査読有り
  • Regulatory role of MlrA in transcription activation of csgD, the master regulator of biofilm formation in Escherichia coli.
    Ogasawara, H., Yamamoto, K., Ishihama, A.
    FEMS Microbiology Letters, 312, 160-168, 2010年, 査読有り
  • Regulation of the Escherichia coli csgD promoter: interplay between five transcription factors.
    Ogasawara, H., Yamada, K., Kori, A., Yamamoto, K., Ishihama, A.
    Microbiology-SGM, 156, 2470-2483, 2010年, 査読有り
  • The transcription regulator AllR senses both allantoin and glyoxylate and controls a set of genes for degradation and reutilization of purines.
    Hasegawa A., Ogasawara H., Kori A., Teramoto J., Ishihama A.
    Microbiology-SGM, 154, 3366 – 3378, 2008年, 査読有り
  • Involvement of multiple transcription factors for metal-induced spy gene expression in Escherichia coli.
    Yamamoto K., Ogasawara H., Ishihama A.
    Journal of Biotechnology, 133, 196-200, 2008年, 査読有り
  • PdhR (pyruvate dehydrogenase complex regulator) controls the respiratory electron transport system in Escherichia coli.
    Ogasawara H., Ishida Y., Yamada K., Yamamoto K., Ishihama A.
    Journal of Bacteriology, 189, 5534-5541, 2007年, 査読有り
  • Genomic SELEX Search for Target Promoters under the Control of PhoQP-RstBA Signal Relay Cascade.
    Ogasawara H., Hasegawa A., Kanda E., Miki T., Yamamoto K., Ishihama A.
    Journal of Bacteriology, 189, 4791-4799, 2007年, 査読有り
  • Negative regulation of DNA repair gene (uvrA) expression by ArcA/ArcB two-component system in Escherichia coli.
    Ogasawara H., Teramoto J., Yamamoto S., Hirao K., Yamamoto K., Ishihama A., Utsumi R.
    FEMS Microbiology Letters, 251, 243-249, 2005年, 査読有り
  • Negative regulation of DNA repair gene (ung) expression by the CpxR/CpxA two-component system in Escherichia coli K-12 and induction of mutations by increased expression of CpxR.
    Ogasawara H., Teramoto J., Hirao K., Yamamoto K., Ishihama A., Utsumi R.
    Journal of Bacteriology, 186, 8317-8325, 2004年, 査読有り
  • Identification and molecular characterization of the Mg2+ stimulon of Escherichia coli.
    Minagawa S., Ogasawara H., Kato A., Yamamoto K., Eguchi Y., Oshima T., Mori H., Ishihama A., Utsumi R.
    Journal of Bacteriology, 185, 3696-3702, 2003年, 査読有り
  • Novel mode of transcription regulation of divergently overlapping promoters by PhoP, the regulator of two-component system sensing external magnesium availavility.
    Yamamoto K., Ogasawara H., Fujita N., Utsumi R., Ishihama A.
    Molecular Microbiology, 45, 423-438, 2002年, 査読有り

MISC

  • 細菌アミロイドファイバーの制御と機能性材料としての利用
    大山壮哉, 松吉志, 小笠原寛
    アグリバイオ(北隆館), 7(10), 893-896, 2023年
    最終著者, 責任著者
  • Regulation of the E. coli csgD gene encoding the master regulator of biofilm formation: Interplay between multiple transcription factors.
    Ogasawara, H., Kori, A., Yamada, K., Yamamoto, K., Ishihama, A.
    In: Proc. 2009 Internatl. Symp. Micro-Nano Mechatronics Human Sci. (Fukuda, T. et al., eds), IEEE (Institute of Electrical and Electronics Engineers), 186-189, 2009年, 査読有り
    筆頭著者
  • Multi-scale genetics of transcription network: Understanding the regulatory roles of all 300 transcription factors from a single organism Escherichia coli.
    Ishihama A., Ogasawara H., Shimada T., Teramoto J., Hasegawa A., Umezawa Y., Yabuki K., Ishida Y., Inaba T., Kori A., Yamada K., Kitai Y., Kobayashi N., Kato D., and Yamamoto K.
    In Micro-Nano Mechatronics and Human Science (Fukuda, T., ed.), IEEE (Institute of Electrical and Electronics Engineers), 21-27, 2007年, 査読有り
  • Transcription factor promoter interaction networks.
    Ishihama A, Shimada T, Ogasawara H, Teramoto J, and Yamamoto K
    In Micro-Nano Mechatronics and Human Science (Fukuda, T., ed.), IEEE (Institute of Electrical and Electronics Engineers), 165-169, 2005年, 査読有り

書籍等出版物

  • バイオフィルム革新的制御技術
    小笠原寛(分担), 共著, 「大腸菌のバイオフィルム形成と遺伝子発現制御機構」
    NTS, 85-92 2023年
  • Methods in Molecular Biology
    Shimada, T., Ogasawara, H., Ishihama, A., 共著, Genomic SELEX Screening of Regulatory Targets of Escherichia coli Transcription Factors
    Springer, 49-69 2018年, 査読有り
  • Survival and Death in Bacteria
    Eguchi Y, Minagawa S, Ogasawara H, Yamamoto K, Utsumi R, 共著, Signal transduction network for environmental adaptation in Escherichia coli
    Research Signport, 69-76 2005年, 査読有り

講演・口頭発表等

  • バクテリアセルロース生産菌Komagataeibacter hanseniiと光合成微生物の共生体形成機構の解明
    北川景脩、櫻澤煕、山中茂、森川英明、村上泰、小笠原寛
    日本農芸化学会2023年度大会, 2023年, 招待無し
  • 大腸菌Curli形成阻害因子CsgIの機能解析とCurli高生産システムの構築
    松吉志、忠田大岳、小林弘明、小笠原寛
    第19回21世紀大腸菌研究会, 2023年, 招待無し
  • 大腸菌のCurli形成制御に関する包括的解析
    小笠原寛、大山壮哉、松吉志、堀田修平、佐野晃太郎、石塚俊行、加藤佑輝、島田友裕、石浜明
    第19回21世紀大腸菌研究会, 2023年, 招待無し
  • 大腸菌のCurli形成制御機構における植物由来成分の作用機序
    大山壮哉、堀田修平、冨田紗礼、前川雄飛、小笠原寛
    第2回総合微生物学研究会, 2023年, 招待無し
  • 産業応用展開が見込まれる大腸菌アミロイドファイバー高生産システムの構築
    松吉志、小笠原寛
    第2回総合微生物学研究会, 2023年, 招待無し
  • 大腸菌ROS/RCS感知センサーHprSの機能解析
    谷口瑠美音、山路幸太郎、浦野浩行、小笠原寛
    第1回総合微生物学研究会, 2022年, 招待無し
  • 光合成微生物人工共生系によるナノセルロース生産システムの構築
    北川景脩、櫻澤煕、山中茂、森川英明、村上泰、小笠原寛
    第1回総合微生物学研究会, 2022年, 招待無し
  • 大腸菌のアミロイド線維形成制御に関する包括的研究
    小笠原寛、大山壮哉、前川雄飛、石塚俊行、堀田修平、山路幸太郎、島田友裕、石浜明
    第45回日本分子生物学会年会, 2022年, 招待有り
  • 大腸菌Curli線毛形成阻害因子YccTの細胞内局在性に関わる分子機構の解明
    忠田大岳、小林弘明、佐野晃太郎、小笠原 寛
    第44回日本分子生物学会年会, 2021年, 招待無し
  • グラム陰性細菌酸化ストレスセンサーHprSの膜貫通領域に位置するCysの機能的役割
    谷口瑠美音、山路幸太郎、浦野浩行、小笠原寛
    第44回日本分子生物学会年会, 2021年, 招待無し
  • 大腸菌ペリプラズムタンパク質YccTによるアミロイド線維形成制御機構
    小林 弘明、佐野 晃太郎、加藤 佑輝、○小笠原 寛
    日本農芸化学会2020大会, 2020年, 招待無し
  • ピルビン酸応答二成分制御系BtsS/Rによるバイオフィルム形成制御機構の解明
    山路幸太郎、石塚俊行、島田友裕、石浜明、小笠原寛
    日本農芸化学会2020大会, 2020年, 招待無し
  • 光合成微生物人工共生体を用いたナノセルロース生産システムの構築
    櫻澤煕、山中茂、森川英明、村上泰、小笠原寛
    日本農芸化学会2020大会, 2020年, 招待無し
  • Curli線毛形成阻害因子YccTの機能ドメインの同定
    忠田大岳、小林弘明、佐野晃太郎、小笠原寛
    第43回日本分子生物学会年会, 2020年, 招待無し
  • 大腸菌二成分制御系HprS/HprRの次亜塩素酸応答における作用機序
    山路幸太郎、谷口瑠美音、小笠原寛
    第43回日本分子生物学会年会, 2020年, 招待無し
  • 細菌ペリプラズム空間における過酸化水素感知センサーHprSの機能解析
    山路幸太郎、浦野浩行、小笠原寛
    第42回日本分子生物学会年会, 2019年, 招待無し
  • 大腸菌ペリプラズムタンパク質YccTによるアミロイド線維形成阻害能の解明
    小林弘明、佐野晃太郎、加藤佑輝、小笠原寛
    第42回日本分子生物学会年会, 2019年, 招待無し
  • 大腸菌K-12株のゲノム転写制御ネットワークにおけるSignal-target regulatorsの機能解析
    島田友裕、小笠原寛、石浜明
    第41回日本分子生物学会年会, 2018年, 招待無し
  • TetR-Family大腸菌転写因子RcdAによるBiofilm master regulator遺伝子csgD発現活性化機構の解明
    堀田修平,島田友裕,平田章,石浜明, 小笠原寛
    第41回日本分子生物学会年会, 2018年, 招待無し
  • 大腸菌ペリプラズムタンパク質YccTによるCurli線毛形成阻害メカニズムの解明
    小林弘明,佐野晃太郎,加藤佑輝,小笠原寛
    第41回日本分子生物学会年会, 2018年, 招待無し
  • 大腸菌の遊走性とバイオフィルム形成に関わる新規転写因子の機能解明
    前田尚奎, 増井祥平, 石浜明, 小笠原寛
    第41回日本分子生物学会年会, 2018年, 招待無し
  • 大腸菌ペリプラズムタンパク質YccTによるアミロイド線維形成抑制機構の解明
    佐野晃太郎、加藤佑輝、〇小笠原寛
    日本農芸化学会2017年度大会, 2017年, 招待無し
  • 大腸菌アミロイド線維形成に関与する新規遺伝子群の同定と機能解明
    井出有佳里、加藤佑輝、杉本真也、小笠原寛
    第40回日本分子生物学会年会, 2017年, 招待無し
  • バイオフィルム統括制御因子CsgDによって制御される新規アミロイド線維形成抑制因子YccTの機能解明
    佐野晃太郎、加藤佑輝、小笠原寛
    第10回日本ゲノム微生物学会年会, 2016年, 招待無し
  • 大腸菌バイオフィルム形成統括因子CsgDの新規発現制御機構の解明
    石塚俊行、太田あず佐、石浜明、〇小笠原寛
    第10回日本ゲノム微生物学会年会, 2016年, 招待無し
  • 大腸菌アミロイドファイバー形成制御に関わる新規遺伝子機能の解明
    井出有佳里、加藤佑輝、小笠原寛
    第39回日本分子生物学会年会, 2016年, 招待無し
  • 大腸菌の遊走性とバイオフィルム形成を制御する新規転写因子の同定と機能解明
    増井祥平、石塚俊行、石浜明、小笠原寛
    第39回日本分子生物学会年会, 2016年, 招待無し
  • 大腸菌新規アミロイド線維形成抑制因子YccTの機能解明
    佐野晃太郎、小笠原寛
    第39回日本分子生物学会年会, 2016年, 招待無し
  • 大腸菌べん毛マスターレギュレーターFlhDCの新規転写調節因子の同定と機能解明
    増井祥平、石塚俊行、石浜明、小笠原寛
    第38回日本分子生物学会年会, 2015年, 招待無し
  • 大腸菌バイオフィルム形成統括因子CsgDの新規転写制御因子の同定と機能解明
    石塚俊行、小笠原寛、石浜明
    第38回日本分子生物学会年会, 2015年, 招待無し
  • バイオフィルム統括制御因子CsgDによって制御される新規Curli線毛抑制機構の解明
    佐野晃太郎、小笠原寛
    第38回日本分子生物学会年会, 2015年, 招待無し
  • 機能未知二成分制御系YehT/YehUによるバイオフィルム形成抑制機構の解明
    石塚俊行、石浜明、小笠原寛
    日本農芸化学会2015年度大会, 2015年, 招待無し
  • 大腸菌バイオフィルム形成統括制御因子CsgDの新規発現調節機構の探索と機能解析
    小笠原寛、石塚俊行、石浜明
    第8回日本ゲノム微生物学会年会, 2014年, 招待無し
  • 異なる環境シグナルを認識するふたつの二成分制御系YedV/YedW, CusS/CusRによる共通標的遺伝子発現制御機構の解明
    浦野浩行、石浜明、小笠原寛
    第37回日本分子生物学会年会, 2014年, 招待無し
  • CRP(cyclic AMP recepter protein)によるバイオフィルム形成調節因子MlrAの発現制御機構の解明
    小笠原寛、小口卓也、佐野晃太郎、島田友裕、石浜明
    第37回日本分子生物学会年会, 2014年, 招待無し
  • PS-TF (promoter-specific TF) screening systemによる大腸菌多因子プロモーター解析
    小笠原寛
    遺伝研研究集会「大腸菌ゲノム転写研究全体像の分析と転写データベース構築」, 2013年, 招待有り
  • 細菌のふたつの生存形態間バランスの多因子による制御機構
    小笠原寛
    遺伝研研究集会「細菌細胞の増殖と代謝研究会(スイッチング制御)」, 2013年, 招待無し
  • PS-TF screeningによる大腸菌バイオフィルム統括制御因子csgDプロモーター特異的転写因子の探索
    小笠原寛、石塚俊行、石浜明
    第36回日本分子生物学会年会, 2013年, 招待無し
  • ひとつのプロモーターを制御するすべての転写因子のPS-TF法による探索: 大腸菌細胞分裂分化制御因子SdiA遺伝子プロモーター
    石浜明、島田佳織、小笠原寛、島田友裕、山田佳代子、郡彩子、山本兼由、川岸郁郎
    第36回日本分子生物学会年会, 2013年, 招待無し
  • 細菌細胞によるアミロイド様線維蛋白応答機構の解明
    加藤佑輝、石浜明、小笠原寛
    第36回日本分子生物学会年会, 2013年, 招待無し
  • 大腸菌機能未知二成分制御系YedV/YedW による遺伝子発現制御機構の解明
    浦野浩行、石浜明、小笠原寛
    第36回日本分子生物学会年会, 2013年, 招待無し
  • 大腸菌バイオフィルム形成統括制御因子CsgDの発現と機能の解析
    小笠原寛、山本 兼由、石浜 明
    第6回日本ゲノム微生物学会年会, 2012年, 招待無し
  • 亜鉛による大腸菌バイオフィルム形成統括因子CsgDの発現抑制機構
    小笠原寛、山本 兼由、石浜 明
    第35回日本分子生物学会年会, 2012年, 招待無し
  • 高グルコース環境下におけるバイオフィルム形成統括因子CsgDの発現制御機構の解明
    小口卓也、島田友裕、石浜明、小笠原寛
    第35回日本分子生物学会年会, 2012年, 招待無し
  • プロモーター特異的転写因子(PS-TF)探索法の開発と大腸菌細胞分裂制御因子SdiA遺伝子調節転写因子の探索
    島田佳織、志村美樹、山田佳代子、郡彩子、小笠原寛、島田友裕、山本兼由、石浜明
    第35回日本分子生物学会年会, 2012年, 招待無し
  • バイオフィルム統括転写調節因子CsgDの機能解明
    小笠原寛、山本 兼由、石浜 明
    日本農芸化学会2011年度大会, 2011年, 招待無し
  • バイオフィルム統括転写因子CsgDの機能解析
    小笠原寛、山本 兼由、石浜 明
    第八回21世紀大腸菌研究会, 2011年, 招待無し
  • 大腸菌機能未知転写因子YiaUの制御標的遺伝子群の同定と機能解明
    村山里枝、島田友裕、小笠原寛、片山泰徳、郡彩子、山田佳代子、石浜 明
    第34回日本分子生物学会年会, 2011年, 招待無し
  • 大腸菌のモリブデン応答転写因子ModEレギュロンの解明
    木口悠也、倉田竜明、平松優和、小笠原寛、石浜明、山本兼由
    第34回日本分子生物学会年会, 2011年, 招待無し
  • 亜鉛による大腸菌csgDプロモーターの発現抑制機構
    小笠原寛、山本 兼由、石浜 明
    第34回日本分子生物学会年会, 2011年, 招待無し
  • 多因子が関与する転写因子CsgDの発現制御機構の解明
    小笠原寛、山田佳代子、郡 彩子、山本 兼由、石浜 明
    日本農芸化学会2010年度大会, 2010年, 招待無し
  • バイオフィルム形成統括制御遺伝子csgDの多因子による転写制御機構
    小笠原寛、山田佳代子、郡 彩子、山本 兼由、石浜 明
    第七回21世紀大腸菌研究会, 2010年, 招待無し
  • Fe(Ⅲ)に応答する大腸菌転写因子BasRの転写制御ネットワークの解明
    篠原翔太、小笠原寛、山本 兼由、石浜 明
    第33回日本分子生物学会年会, 2010年, 招待無し
  • 大腸菌機能未知転写因子YeaMの標的遺伝子の同定と制御機構の解明
    大江星菜、長谷川明子、山田佳代子、小笠原寛、石浜明
    第33回日本分子生物学会年会, 2010年, 招待無し
  • バイオフィルム形成統括制御遺伝子csgDの多種類転写因子による転写制御機構
    小笠原寛、郡 彩子、山田佳代子、山本 兼由、石浜 明
    第33回日本分子生物学会年会, 2010年, 招待無し
  • Control of biofilm formation by Escherichia coli: Interplay between multiple transcription factors
    Ogasawara H, Kori A, Yamada K, Yamamoto K, and Ishihama A
    20th Internatl. Symp. Micro-NanoMechatronics Human Sci., Symp. “Systems Cell Engineering by Multi-scale Manipulation.”, 2009年, 招待無し
  • Growth phase-dependent regulation of csgD, the master regulator of biofilm formation: Interplay between multiple transcription factors
    Ishihama, A., Ogasawara, H., Shimada, T., Teramoto, J., Kori,A., Yamada, K., Yamamoto, K
    3rd Internatl. Conf. Environmental, Industrial and Applied Microbiology (BioMicroWorld2009), 2009年, 招待有り
  • 細菌の環境金属応答のゲノム制御
    石浜 明,, 小笠原 寛、島田友祐、寺本 潤
    メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2009, 2009年, 招待有り
  • 細菌の生存戦略としてのバイオフィルム形成: 遺伝子制御ネットワークと転写因子群
    石浜 明・小笠原 寛・島田友祐・寺本 潤・小林尚貴・郡 彩子・山田佳代子・山本兼由
    第82回日本生化学会大会シンポジウム「細菌の生存戦略をめぐる新たな展開」, 2009年, 招待有り
  • 多因子が関与する大腸菌Curli線毛発現制御機構の解明
    小笠原寛 郡彩子 山田佳代子 山本兼由 石浜明
    日本農芸化学会2009年度大会, 2009年, 招待無し
  • モリブデンを感知する転写因子ModEに制御される新規遺伝子
    平松優和、小笠原寛、石浜明、山本兼由
    第8回微生物研究会, 2009年, 招待無し
  • モリブデンを感知する転写因子ModEに制御される新規非翻訳RNA
    平松優和、小笠原寛、石浜明、山本兼由
    第82回日本生化学会大会, 2009年, 招待無し
  • 大腸菌機能未知転写因子YidZの制御標的遺伝子群の同定と制御機能解析
    片山泰徳、小笠原 寛、郡 彩子、山田佳代子、石浜 明
    第32回日本分子生物学会年会, 2009年, 招待無し
  • Regulatory roles of nucleoid-associated proteins in Escherichia coli.
    Ishihama, A., Teramoto, J., Ogasawara, H., Shimada, T. Yamamoto, K
    第32回日本分子生物学会年会, 2009年, 招待無し
  • Growth phase-depending regulation of csgD, the master regulator of curli fimbriae formation: Interplay between multiple transcription factors.
    Ogasawara, H., Kori, A., Yamada, K., Yamamoto, K., Ishihama, A
    第32回日本分子生物学会年会, 2009年, 招待無し
  • Novel non-coding RNA regulated by ModE in Escherichia coli.
    Hiramatsu, M., Ogasawara, H., Ishihama, A. Yamamoto, K
    第32回日本分子生物学会年会, 2009年, 招待無し
  • The E.coli csgD promoter for control of biofilm formation: Interplay between eight transcription factors in promoter binding.
    Ogasawara H, Kori A.,Yamada K., Yamamoto K., Ishihama A.
    JSPS-DST Asian Academic Seminar 2008, 2008年, 招待無し
  • Negative regulation of DNA repair gene (ung) expression by CpxR/CpxA two-component system in Escherichia coli K-12 and increased expression of CpxR.
    Ogasawara H, Teramoto J, Hirao K, Yamamoto K, Ishihama A, and Utsumi R.
    Gordon Research Conference., 2004年, 招待無し
  • Mg2+ regulon in Escherichia coli K-12: DNA microarray-directed identification of PhoP binding site
    Ogasawara H, Minagawa S, Yamamoto K, Ishihama A, Oshima T, Mori H and Utsumi R.
    The 4th International workshop of Advanced Genomics. From Genomics to Proteomics., 2001年, 招待無し

担当経験のある科目_授業

  • バイオインフォマティクス(分担)
    2022年10月 - 2023年03月
    信州大学
  • 遺伝子解析技術論(分担)
    2022年10月 - 2023年03月
    信州大学
  • 応用微生物学特論
    2022年10月 - 2023年03月
    信州大学
  • 応用微生物学
    2022年10月 - 2023年03月
    信州大学
  • 微生物機能工学特論(分担)
    2022年10月 - 2023年03月
    信州大学
  • 新入生ゼミナール(分担)
    2022年04月 - 2022年09月
    信州大学
  • 応用生物科学ゼミナール(分担)
    2022年04月 - 2022年09月
    信州大学
  • 応用生物科学実験Ⅰ(分担)
    2022年04月 - 2022年09月
    信州大学
  • バイオファイバー概論(分担)
    2022年04月 - 2022年09月
    信州大学
  • バイオインフォマティクス(分担)
    2021年10月 - 2022年03月
    信州大学
  • 遺伝子解析技術論(分担)
    2021年10月 - 2022年03月
    信州大学
  • 応用微生物学特論
    2021年10月 - 2022年03月
    信州大学
  • 情報科学演習(分担)
    2021年10月 - 2022年03月
    信州大学
  • 新入生ゼミナール(分担)
    2021年04月 - 2021年09月
    信州大学
  • 応用生物科学実験Ⅰ(分担)
    2021年04月 - 2021年09月
    信州大学
  • バイオファイバー概論(分担)
    2021年04月 - 2021年09月
    信州大学
  • バイオインフォマティクス(分担)
    2020年10月 - 2021年03月
    信州大学
  • 応用微生物学特論
    2020年10月 - 2021年03月
    信州大学
  • 情報科学演習(分担)
    2020年10月 - 2021年03月
    信州大学
  • 新入生ゼミナール(分担)
    2020年04月 - 2020年09月
    信州大学
  • 遺伝子解析技術論(分担)
    2020年04月 - 2020年09月
    信州大学
  • 応用生物科学実験Ⅰ(分担)
    2020年04月 - 2020年09月
    信州大学
  • 生物繊維資源学(分担)
    2020年04月 - 2020年09月
    信州大学
  • バイオインフォマティクス(分担)
    2019年10月 - 2020年03月
    信州大学
  • 応用微生物学特論
    2019年10月 - 2020年03月
    信州大学
  • 情報科学演習(分担)
    2019年10月 - 2020年03月
    信州大学
  • 微生物機能工学特論(分担)
    2019年10月 - 2020年03月
    信州大学
  • 新入生ゼミナール(分担)
    2019年04月 - 2019年09月
    信州大学
  • 遺伝子解析技術論(分担)
    2019年04月 - 2019年09月
    信州大学
  • 応用生物科学実験Ⅰ(分担)
    2019年04月 - 2019年09月
    信州大学
  • バイオインフォマティクス(分担)
    2018年10月 - 2019年03月
    信州大学
  • 応用微生物学特論
    2018年10月 - 2019年03月
    信州大学
  • 情報科学演習(分担)
    2018年10月 - 2019年03月
    信州大学
  • 新入生ゼミナール(分担)
    2018年04月 - 2018年09月
    信州大学
  • 遺伝子解析技術論(分担)
    2018年04月 - 2018年09月
    信州大学
  • 応用生物科学実験Ⅰ(分担)
    2018年04月 - 2018年09月
    信州大学

所属学協会

  • 日本分子生物学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本ゲノム微生物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 細菌バイオフィルム形成制御における植物由来天然有機化合物の作用機序の解明
    科学研究費補助金, 基盤研究C
    2021年 - 2023年
  • 細菌ペリプラズム空間における酸化的損傷タンパク質の新規修復機構の解明
    科学研究費補助金, 基盤研究C
    2018年 - 2021年
  • 細菌バイオフィルム形成阻害に関わる分子機構の解明
    科学研究費補助金, 若手研究B
    2015年 - 2017年
  • 細菌のふたつの生存形態間バランスの多因子による制御機構の解明, (日本学術振興会、二国間交流事業・共同研究)
    共同研究
    2014年 - 2015年
  • 細菌アミロイドファイバー形成制御に関与する新規遺伝子機能の解明 (ホクト生物科学振興財団研究奨励金)
    ホクト生物科学振興財団
    2014年
  • 細菌の細胞間交信・細胞集合における環境シグナル感知伝達機構の解明
    科学研究費補助金, 若手研究B
    2012年 - 2013年
  • ダイズ根粒菌Bradyrhizobium Japonicum USDA10株のアミロイド様線維蛋白の機能解明
    平成24年度信州大学若手研究者萌芽研究支援事業
    2012年 - 2012年
  • 細菌細胞表層制御による細胞増殖,形態,機能維持メカニズムの解明 (基盤研究A)
    科学研究費補助金, 基盤研究(A)
    2011年 - 2012年
  • バイオフィルム形成初期におけるcurli繊毛発現機構の研究
    科学研究費補助金, 日本学術振興会特別研究員奨励費
    2009年 - 2010年
  • 細菌の表層ストレス応答機構の研究
  • 細菌のバイオフィルム形成過程における遺伝子発現制御機構の研究