CHINO Tsunehide

Academic Assembly School of Humanities and Social Sciences Institute of Arts

Faculty of Arts Department of Arts 

Associate Professor 

Degree

  • Doctor of Policy Sciences, Hosei University

Field Of Study

  • Sociology
  • Environmental Sociology
  • Social Governance
  • Sustainable Energy Policies
  • Sustainability Studies

Career

  • 2013 - 2014
    Associate Professor, Faculty of Policy Studies, Iwate Prefectural University
  • 2010 - 2013
    Lecturer, Faculty of Policy Studies, Iwate Prefectural University

Educational Background

  • 2003 - 2012, Hosei University, Graduate School of Policy Sciences, 政策科学専攻
  • 2001 - 2003, Hosei University, Graduate School of Policy Sciences, 政策科学専攻
  • 1997 - 2001, Hosei University, Faculty of Social Sciences, 社会政策科学科

Member History

  • 2023 - 2025
    Chief Editor, Journal of Environmental Sociology, The Japanese Association for Environmental Sociology
  • 2023 - 2024
    委員, 長野県環境審議会地域と調和した再生可能エネルギー事業の推進に関する専門委員会
  • 2021 - 2022
    奨励賞推薦委員, 環境社会学会
  • 2020
    Member, Board of Directors, Japan Environmental Council
  • 2020
    委員(サステイナブル環境部会長), 伊那市新産業技術推進協議会
  • 2019 - 2022
    委員, 長野県環境審議会地球温暖化対策専門委員会
  • 2019 - 2021
    Chair, Research Committee, The Japanese Association for Environmental Sociology
  • 2017 - 2019
    Member, Executive Committee, The Japanese Association for Environmental Sociology
  • 2015 - 2017
    Member, Executive Committee, The Japanese Association for Environmental Sociology
  • 2013 - 2015
    Editor, the Journal of Environmental Sociology, The Japanese Association for Environmental Sociology
  • 2011 - 2013
    Vice Chair, Research Committee, The Japanese Association for Environmental Sociology

Paper

  • Renewable Energy's Social Acceptance and Environmental Conservation: How Can the Energy Transition Bring About a Desirable Change in Environmental Assessments?
    CHINO Tsunehide
    Research on Environmental Disruption, 53(3), 21-26, Jan. 2024, Invited
    Lead
  • Recycling of Removed Soil and Waste Contaminated by Nuclear Accidents, as a Composite Problem of Nuclear and Environmental Policies
    CHINO Tsunehide
    Research on Environmental Disruption, 53(1), 3-8, Jul. 2023
    Lead
  • An Analytical Perspective of Environmental Sociology on Green Infrastructure: Perspectives on Environmental Governance System Theory.
    CHINO Tsunehide
    Journal of Environmental Sociology, (28), 73-88, Dec. 2022, Refereed, Invited
    Lead
  • On social acceptance of photovoltaic installations in Nagano Prefecture
    茅野恒秀
    Journal of Japan Solar Energy Society, 48(5), 76-81, Sep. 2022, Invited
    Lead, Corresponding
  • 再生可能エネルギー事業が地域経済・社会に与える効果の社会学的測定:長野県中信地域の網羅的調査を通じて
    茅野恒秀
    アサヒグループ学術振興財団 食生活科学・文化、環境に関する研究助成 研究紀要, 35, 191-201, Jun. 2022
    Lead
  • 〈核〉を失った原子力のゆくえ
    茅野恒秀
    現代思想, 49(3), 96-106, 01 Mar. 2021
  • 放射性廃棄物問題の全容と課題:国民的議論の出発点の再定位に向けて
    茅野恒秀
    環境と公害, 50(3), 57-62, 25 Jan. 2021
  • 集落はなぜ共有地をメガソーラー事業に供する意思決定を行ったのか : 霧ヶ峰麓の環境史・開発史からの考察
    茅野恒秀
    信州大学人文科学論集, 7(2), 99-123, 15 Mar. 2020, Refereedリポジトリ
  • 遠隔地域間連携による「ウッドスタート」の創発的効果:サステイナビリティと地域再生をめぐるネオ内発的視座
    茅野恒秀
    サステイナビリティ研究, (9), 65-79, 15 Mar. 2019, Invited電子ジャーナル
  • 国有林における「資源化のダイナミズム」の喪失と再生:赤谷プロジェクトの展開を通じて
    茅野恒秀
    国立歴史民俗博物館研究報告, (215), 171-197, 28 Feb. 2019, Refereedリポジトリ
  • 自治体原子力行政の「自治」を問う
    茅野恒秀
    科学, 87(4), 383-387, 01 Apr. 2017
  • 地域における再生可能エネルギー事業化の現状と課題:「統合事業化モデル」再考
    茅野恒秀
    サステイナビリティ研究, 6, 21-36, 15 Mar. 2016電子ジャーナル
  • 再生可能エネルギー拡大の社会変動と地域社会の応答:固定価格買取制度(FIT)導入後の住民意識を中心に
    茅野恒秀
    信州大学人文科学論集, 3, 45-61, 15 Mar. 2016リポジトリ
  • 東日本大震災津波被災地における生活復興過程:2011年と2013年の大船渡市民横断調査をもとに
    堀篭義裕,阿部晃士,茅野恒秀
    総合政策, 17(1), 21-40, 25 Nov. 2015, Refereedリポジトリ
  • 過疎地域の地域づくりを支える人的ネットワーク:岩手県葛巻町の事例
    八巻一成,茅野恒秀,藤崎浩幸,林雅秀,比屋根哲,金澤悠介,齋藤朱未,柴崎茂光,高橋正也,辻竜平
    日本森林学会誌, 96, 221-228, 01 Aug. 2014, Refereedリポジトリ
  • 固定価格買取制度(FIT)導入後の岩手県の再生可能エネルギー
    茅野恒秀
    サステイナビリティ研究, 4, 27-40, 15 Mar. 2014電子ジャーナル
  • 大船渡市における復興計画の策定過程と住民参加
    茅野恒秀,阿部晃士
    社会学年報, 42, 31-42, 19 Jul. 2013電子ジャーナル
  • 大船渡市における震災9カ月後の生活と意識:復興過程に関するパネル調査の起点
    阿部晃士,堀篭義裕,茅野恒秀
    総合政策, 14(2), 149-160, 30 May 2013リポジトリ
  • 被災地における郵送調査の実施過程:岩手県大船渡市での取り組み
    阿部晃士,堀篭義裕,茅野恒秀
    社会と調査, 10, 76-80, 30 Mar. 2013
  • Interactive influences of distance from seed source and management practices on tree species composition in conifer plantations.
    Takuo Nagaike,Taku Fujita,Seiichi Dejima,Tsunehide Chino,Seiji Matsuzaki,Yoichiro Takanosee,Kazuaki Takahashi
    Forest Ecology and Management, 283, 48–55, 01 Nov. 2012, Refereed
  • 沿岸域管理における環境政策と環境運動:海の自然保護をめぐる史的考察
    茅野恒秀
    総合政策, 13(1), 1-20, 26 Dec. 2011, Refereedリポジトリ
  • 河川法改正の政策過程と河川技術官僚の課題意識:1997年河川法改正を検証する
    茅野恒秀
    環境社会学研究, 17, 126-140, 20 Nov. 2011, Refereed電子ジャーナル
  • プロジェクト・マネジメントと環境社会学:環境社会学は組織者になれるか、再論
    茅野恒秀
    環境社会学研究, 15, 25-38, 31 Oct. 2009, Refereed電子ジャーナル
  • 協働による渓流環境の復元の試み:赤谷プロジェクトにおける新たな治山事業
    茅野恒秀
    土木学会誌, 94(7), 22-24, 15 Jul. 2009
  • 自然公園・国立公園(いわゆる自然保護地域)と地方分権
    茅野恒秀
    季刊環境研究, 142, 157-160, 29 Sep. 2006
  • 使用済み核燃料中間貯蔵施設の誘致過程:青森県むつ市を事例として
    茅野恒秀,川口創,吉川世海
    法政大学大学院紀要, 56, 171-187, 31 Mar. 2006電子ジャーナル
  • 核燃料サイクル施設と住民意識:青森県六ヶ所村における住民意識調査報告
    茅野恒秀
    環境社会学研究, 11, 253-261, 25 Oct. 2005, Refereed電子ジャーナル
  • 国有林野における保護林制度の政策過程
    茅野恒秀
    環境社会学研究, 9, 171-184, 31 Oct. 2003, Refereed電子ジャーナル

MISC

  • 書評 藤田研二郎著『環境ガバナンスとNGOの社会学』
    茅野恒秀
    社会学評論, 74(1), 177 - 178, Jun. 2023
  • The Encyclopedia of Environmental Sociology
    The Japanese Association of Environmental Sociology
    Mar. 2023
  • Current Status and Problems of Photovoltaic Power Generation with Deforestation
    茅野恒秀
    Forest Economy, 75(10), 8 - 9, Jan. 2023, Invited
    Lead電子ジャーナル
  • 書評リプライ 理論と方法の継承とその自律的展開に向けた課題 : 海野道郎氏の書評に応えて
    茅野恒秀・湯浅陽一
    Journal of Environmental Sociology, (28), 168 - 171, Dec. 2022, Invited
    Lead
  • 地域間連携によるウッドスタートの可能性と課題:東京・新宿区ウッドスタート事業の考察
    茅野恒秀
    地域づくり, 333, 30, Mar. 2017, Invited
    Lead

Books and other publications

  • 日本弁護士連合会公害対策・環境保全委員会編『メガソーラー及び大規模風力事業と地域との両立を目指して』
    Contributor, 地域と調和した再生可能エネルギー:地域トラブルの規定要因から照射する基本的視点, 茅野恒秀
    信山社, 25-40 14 Jun. 2024
    ISBN:9784797281729
  • 宮内泰介・三上直之編『複雑な問題をどう解決すればよいのか――環境社会学の実践』((シリーズ 環境社会学講座 6)
    公共圏の活性化によって解決を考える――環境社会学者が社会に果たす役割, Contributor, 茅野恒秀
    新泉社, 232-253 10 Mar. 2024
    ISBN:978-4-7877-2406-9
  • 地域社会はエネルギーとどう向き合ってきたのか(シリーズ 環境社会学講座 2)
    茅野恒秀・青木聡子編, Joint editor
    新泉社, 10 Jul. 2023
  • 丸山康司・西城戸誠編著『どうすればエネルギー転換はうまくいくのか』
    茅野恒秀, Contributor, 「土地問題」としてのメガソーラー問題
    新泉社, 83-101 31 Mar. 2022
  • 環境問題の社会学:環境制御システムの理論と応用
    茅野恒秀・湯浅陽一編著, Joint editor
    東信堂, 05 Aug. 2020
  • みなかみ町の自然とくらし
    茅野恒秀, Contributor, 人と自然との関係
    群馬県みなかみ町, 71-79 01 Feb. 2016
  • 小熊英二・赤坂憲雄編著『ゴーストタウンから死者は出ない:東北復興の経路依存』
    茅野恒秀, Contributor, 再生可能エネルギーの意志ある波のゆくえ:エネルギー政策の経路依存と構造転換
    人文書院, 185-210 10 Jul. 2015
    ISBN:9784409241028
  • 蔵治光一郎・保屋野初子編『緑のダムの科学』
    茅野恒秀, Contributor, 多様な主体による森林管理と地域づくり
    築地書館, 126-140 08 Aug. 2014
    ISBN:4806714804
  • 環境政策と環境運動の社会学:自然保護問題における解決過程および政策課題設定メカニズムの中範囲理論
    茅野恒秀, Single work
    ハーベスト社, 28 Mar. 2014
    ISBN:9784863390546
  • 「むつ小川原開発・核燃料サイクル施設問題」研究資料集
    舩橋晴俊,金山行孝,茅野恒秀, Joint editor
    東信堂, 28 Feb. 2013
    ISBN:9784798901633
  • 赤坂憲雄・小熊英二編著『「辺境」からはじまる:東京/東北論』
    茅野恒秀, Contributor, 多様な生業戦略のひとつとしての再生可能エネルギーの可能性:岩手県葛巻町の取り組みを手がかりに
    明石書店, 224-254 20 May 2012
    ISBN:9784750335889
  • 舩橋晴俊編,『環境社会学』
    茅野恒秀, Contributor, 自然保護問題
    弘文堂, 94-109 30 Mar. 2011
    ISBN:9784335551437
  • 鳥越皓之,帯谷博明編『よくわかる環境社会学』
    茅野恒秀, Contributor, 赤谷プロジェクト
    ミネルヴァ書房, 37 20 Apr. 2009
    ISBN:9784623053247
  • 鳥越皓之・帯谷博明編,『よくわかる環境社会学』
    茅野恒秀, 青森県六ヶ所村の現在
    ミネルヴァ書房, 165 20 Apr. 2009
    ISBN:9784623053247

Courses

  • Sociology: Lecture
    Shinshu University
  • Introduction to Sociology
    Apr. 2018 - Mar. 2020
    信州大学
  • Introduction to Sociology
    Shinshu University
  • Sociology: Lecture
    Shinshu University
  • Sociology: Lecture
    Shinshu University
  • Socioogy: Basic Seminar
    Shinshu University
  • Sociology: Advanced Seminar
    Shinshu University
  • Sociology: Advanced Seminar
    Shinshu University
  • Basic Social Research Practicum
    Shinshu University
  • Sustainable Energy Policies
    Shinshu University

Affiliated academic society

  • International Sociological Association, Research Committee on Environment and Society (RC24)
  • The Japanese Association for Environmental Sociology
  • The Japan Sociological Society
  • The Association of Rural Planning
  • Association of Regional and Community Studies
  • The Tohoku Sociological Society

Research Themes

  • 気候民主主義の日本における可能性と課題に関する研究
    科学研究費補助金, 基盤研究(A)
    2023 - 2026
  • ボトムアップ型の地域脱炭素化戦略構築:「ゼロカーボン集落点検」の手法確立を通じて(公益財団法人旭硝子財団)
    公益財団法人旭硝子財団
    2022 - 2023
  • 日本伝統文化の継承者:その社会階級・社会階層と地域社会での社会関係資本に着目して
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2020 - 2022
  • 再生可能エネルギー事業が地域経済・社会に与える効果の社会学的測定:長野県中信地域の網羅的調査を通じて(公益財団法人アサヒグループ学術振興財団)
    公益財団法人アサヒグループ学術振興財団
    2020 - 2020
  • 震災被災地の「日常の再構築過程における意識調査:地域社会の分断・格差に着目して
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2019 - 2022
  • 地域資源管理と遠隔地域間連携:「資源化のダイナミズム」をめぐる社会学的実証研究
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    01 Apr. 2017 - 31 Mar. 2022
  • 震災被災地の復興過程における住民意識調査:復興政策の意図せざる結果の解明
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    01 Apr. 2016 - 31 Mar. 2019
  • 「地域資源管理の社会技術」の構築に関する環境社会学的研究
    科学研究費補助金, 若手研究(B)
    01 Apr. 2014 - 31 Mar. 2017
  • 保護地域制度が周辺地域の生業変化や資源化に及ぼす影響:持続可能な地域発展における規制のあり方(国立歴史民俗博物館共同研究)
    共同研究, 国立歴史民俗博物館
    2013 - 2015
  • エネルギーの地域自主管理システムの構築に関する環境社会学的研究
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    01 Apr. 2012 - 31 Mar. 2016
  • 三陸沿岸災害復興の総合政策学
    科学研究費補助金, 基盤研究(B)
    01 Apr. 2012 - 31 Mar. 2015
  • 公共圏を基盤にしてのサステイナブルな社会の形成─規範的原則と制御可能性の探究
    科学研究費補助金, 基盤研究(A)
    31 May 2011 - 31 Mar. 2015
  • 環境サステイナビリティ「先進地」における地域社会の応答に関する研究
    科学研究費補助金, 若手研究(B)
    28 Apr. 2011 - 31 Mar. 2014
  • 人的ネットワークからみた環境保全型産業・地域の成立要因
    科学研究費補助金, 基盤研究(B)
    01 Apr. 2011 - 31 Mar. 2013
  • Sociology of Environmental Policy and Environmental Movements
  • Energy Policy and Sustainability Transition
  • Social Technology for Community-Based Resource Management