信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

寺田 信生  テラダ ノブオ

教員組織学術研究院(保健学系)電話番号
教育組織医学部 保健学科基礎作業療法学 (保健学科 解剖学・組織学担当)FAX番号
職名教授メールアドレスnobuot@shinshu-u.ac.jp
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURLhttp://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/

プロフィール

兼担研究科・学部
大学院総合医理工学研究科 医学系専攻 保健学分野 医療生命科学ユニット
研究分野
解剖学一般(含組織学・発生学)
現在の研究課題
細胞膜骨格を構成する蛋白複合体の解析:  私たちのからだをつくる単位である細胞の境目である細胞膜の直下には「膜骨格」というネット状の蛋白複合体があって、細胞や組織の伸び縮みなど動くときに緩衝機構として働くのみならず、細胞膜内にあるイオンチャネルや接着分子と細胞内にあるシグナル蛋白とも連動をしながら、神経を構成する細胞などで増殖や位置決めに関係する役割を明らかにしてきています。この構造の破綻によって細胞ー組織ー個体の構造が変化して、神経や精神を含んだ未知の病気に関係する可能性を考えて研究をしています。からだの構造や機能に興味があって病気の解明に挑戦する研究をしてみたい大学院生や学部学生を、いつでも歓迎しています。
キーワード:膜骨格
所属学会
所属学会
日本解剖学会
日本神経科学会
日本組織細胞化学会
日本顕微鏡学会 http://microscopy.or.jp/summerschool(電子顕微鏡サマースクール2018 in 信州松本)
日本分子生物学会
日本臨床分子形態学会
学歴
出身学校・専攻等(大学院を除く)
信州大学医学部医学科

取得学位
医学博士 , 山梨大学大学院医学系研究科

免許・資格等
医師
研究職歴等
研究職歴
1999-2002 , USA クリーブランドクリニック 神経科学部門 リサーチフェロー
1997-2011 , 山梨大学医学部解剖分子組織学教室

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
書籍等出版物
生きた状態を反映させた解析をめざす生体内凍結技法(生体内にある可溶性物質の局在をどのように組織切片上で解析できるかを中心に解説しています), 組織細胞化学 , pp.131-141
日本組織細胞化学会編集 2020
Author:寺田信生、齊藤百合花、大野伸彦、上條明生、亀谷清和、大野伸一


機能的細胞構造を探る:電子顕微鏡観察のための凍結技法の基礎, 組織細胞化学 2019 ー組織細胞化学の基礎と応用:分子を観る、細胞を知る、機能を探るー
学際企画 2019
Author:寺田信生、齊藤百合花、大野伸彦、上條明生、大野伸一


Structures and Molecular Composition of Schimidt-Lanterman Incisures(末梢神経ミエリンに形成されるシュミット-ランターマン切痕を構成する蛋白についてまとめました)
Springer BOOK, Myelin, Advances in Experimental Medicine and Biology (跳躍伝導をもたらすミエリンに関する基礎から臨床にわたる総説) 2019
Author:Terada N, Saitoh Y, Kamijo A, Yamauchi J, Ohno N, Sakamoto T


シュミット・ランターマン切痕の膜骨格蛋白による構造と機能への役割 (特集;末梢ミエリンの機能形態とその異常), Peripheral Nerve 28 1, 2-7
2017
Author:齊藤百合花、大野伸彦、山内淳司、寺田信生


In vivo cryotechnique in biomedical research and application for bioimaging of living animal organs (生体内凍結技法を用いて生き物の体の中のどのようなことが明らかにできるかについて、わかりやすくまとめて本にしました。)
Springer 2016
Author:Ohno S, Ohno N, Terada N (Editors)


Membrane skeleton in Schmidt-Lanterman incisure in Schwann cells of peripheral nervous system. (末梢神経系シュワン細胞が形成するシュミット-ランターマン切痕に関わる膜骨格蛋白についての総説), Schwann Cell Development and Pathology; Eds.Sango K. and Yamauchi J. (末梢神経系にあるシュワン細胞の構造と機能に関する最近の知見をまとめ、病気との関連性について解説しています。)
Springer 2014
Author:Terada N, Saitoh Y, Ohno N, Ohno S.


論文
Non-microtubule tubulin-based backbone and subordinate components of postsynaptic density lattices. (細胞骨格Tubulin蛋白の脳シナプス後部構造への関与を見出しました。)
Life Science Alliance,in press 2021
Author:Suzuki T, Terada N, Higashiyama S, Kametani K, Shirai Y, Honda M, Kai T, Li W, Tabuchi K


Mint3 is dispensable for pancreatic and kidney functions in mice. (シグナル蛋白Mint3の臓器局在について検討しました。)
2020(Dec.)
Author:Chung Y, Saitoh Y, Hayashi T, Fukui Y, Terada N, Seiki M, Murakami Y, Sakamoto T.


Scaffold protein Lin7 family in membrane-skeletal protein complex in mouse seminiferous tubules. (精細胞に特異的なシグナル蛋白 Lin7 ファミリーを見出しました。)
Histochemistry and Cell Biology,152:333-343 2019(Dec.)
Author:Kamijo A, Saitoh Y, Sakamoto T, Kubota H, Yamauchi J, Terada N.


The membrane palmitoylated protein, MPP6, is involved in myelin formation in the mouse peripheral nervous system(膜骨格蛋白MPP6が末梢神経でミエリン(髄鞘)形成に関わることを欠損マウスを作製して明らかにしました。)
Histochemistry and Cell Biology,151:385-394 2019(May)
Author:Saitoh Y, Kamijo A, Yamauchi J, Sakamoto T, Terada N.


Electron microscopic observation of photoreceptor cells in directly inserted anesthetized Drosophila into a high-pressure freezing unit(眼球に光照射した麻酔下Drosophilaを直接に高圧凍結して、光受容細胞における色素顆粒の分布変化を秒単位で検討しました。)
Microscopy Research and Technique,82:244-249 2019(Mar.)
Author:Terada H, Saitoh Y, Kametani K, Sakaguchi M, Sakamoto T, Kamijo A, Terada N


Improved Serial Sectioning Techniques for Correlative Light-Electron Microscopy Mapping of Human Langerhans Islets.(連続切片を用いながら電子顕微鏡と光学顕微鏡を相関させてタンパクの局在を検討しました。)
Acta Histochemica et Cytochemica,51:9-20. 2018
Author:Saitoh S, Ohno N, Saitoh Y, Terada N, Shimo S, Aida K, Fujii H, Kobayashi T, Ohno S.


Neuregulin-1 type III knockout mice exhibit delayed migration of Schwann cell precursors (Neuregulinの末梢神経シュワン細胞動態への影響をモデルマウスで検討しました。)
Biochemical and Biophysical Research Communication,486:506-513 2017(Dec.)
Author:Miyamoto Y, Torii T, Tanoue A, Kawahara K, Arai M, Tsumura H, Ogata T, Nagao M, Terada N, Yamamoto M, Takashima S, Yamauchi J.


Deficiency of a membrane skeletal protein, 4.1G, results in myelin abnormalities in the peripheral nervous system(膜骨格蛋白4.1G欠損マウスにおける末梢神経障害とこれに関わる新たな複合体蛋白を見出しました。)
Histochemistry and Cell Biology,148:597-606 2017(Aug.)
Author:Saitoh Y, Ohno N, Yamauchi J, Sakamoto T, Terada N


Renaissance of morphological studies: the examination of functional structures in living animal organs using the in vivo cryotechnique [Review](生体内凍結技法の生物試料への応用について概説しました。)
Anatomical Science International,92:55-78 2017
Author:Ohno S, Saitoh Y, Ohno N, Terada N


Involvement of membrane skeletal molecules in the Schmidt-Lanterman incisure in Schwann cells [Review] (末梢神経シュワン細胞における膜骨格関連蛋白複合体について概説しました。)
Medical Molecular Morphology,49:5-10 2016
Author:Terada N, Saitoh Y, Kamijo A, Ohno S, Ohno N


Immunohistochemical study of the membrane skeletal protein, membrane protein palmitoylated 6 (MPP6) in the mouse small intestine (膜骨格蛋白MPP6の腸管における局在と結合蛋白を明らかにしました。)
Histochemistry and Cell Biology,145:81-92 2016
Author:Kamijo A, Saitoh Y, Ohno N, Ohno S, Terada N


Involvement of the Tyro3 receptor and its intracellular partner Fyn signaling in Schwann cell myelination (シグナル分子Fynの髄鞘(ミエリン)形成への影響について明らかにしました。)
Molecular Biology of the Cell,26:3489-3503 2015
Author:Miyamoto Y, Torii T, Ohno N, Saitoh Y, Nakamura K, Ito A, Ogata T, Terada N, Tanoue A, Yamauchi J


Immuno- and enzyme-histochemistry of HRP for demonstration of blood vessel (マウス胸腺における外因性蛋白HRPの時間分布変化を、凍結技法によって可視化しました。)
Acta Histochemica et Cytochemica,6:273-288 2014
Author:Wu B, Ohno N, Saitoh Y, Bai Y, Huang Z, Terada N, Ohno S


Immunohistochemical study of mouse sciatic nerves under various stretching conditions with “in vivo cryotechnique” (種々伸展下のマウス坐骨神経の形態変化と蛋白局在について、凍結技法を用いて検討しました。)
Journal of Neuroscience Methods,227:181-188 2014
Author:Kamijo A, Saitoh Y, Ohno N, Ohno S, Terada N


Imaging of thrombosis and microcirculation in mouse lungsof initial malanoma metastasis with in vivo cryotechnique. (初期肺転移メラノーマの凝固亢進過程を凍結技法を用いて継時的に可視化しました。)
Microvascular Research,91:73-83 2014
Author:Saitoh Y, Terada N, Ohno N, Hamano A, Okumura N, JinT, Saiki I, Ohno S


Detection of MAPK signal transduction proteins in ischemia/reperfusion model of mouse intestine using in vivo cryotechnique. (虚血早期のマウス小腸における、シグナル蛋白ERKの組織局在を明らかにしました。)
Histochemistry and Cell Biology,140:491-505 2013
Author:Chen J, Terada N, Saitoh Y, Huang Z,Ohno N, Ohno S


Immunohistochemical detection of angiotensin II receptors in mouse cerebellum and adrenal gland using "in vivocryotechnique". (リガンド(アンジオテンシン)に結合したアンジオテンシンIIレセプターの、マウス小脳における局在を明らかにしました。)
Histochemistry and Cell Biology,140:477-490 2013
Author:Huang Z, Ohno N, Terada N, Saitoh Y, Chen J, Ohno S


Involvement of Src in the membrane skeletal complex, MPP6-4.1G, in Schmidt-Lanterman incisures of mouse myelinated nerve fibers in PNS. (シグナル蛋白Srcが、末梢神経シュミット・ランターマン切痕において膜骨格蛋白4.1G-MPP6と蛋白複合体を形成することを見出しました。)
Histochemistry and Cell Biology,140:213-222 2013
Author:Terada N, Saitoh Y, Ohno N, Komada M, Yamauchi J, Ohno S


Immunohistochemical analysis of various serum proteins in living mouse thymus with "in vivo cryotechnique". (マウス胸腺における血清蛋白(アルブミンやIgG)の分布を、凍結技法によって可視化しました。)
Medical Molecular Morphology,45:129-139 2012
Author:Bai Y, Wu B, Terada N, Saitoh Y, Ohno N, Saitoh S, Ohno S.


Microscopic visualization of ATP with luciferin-luciferase reaction inmouse skeletal muscles using "in vivo cryotechnique". (凍結技法を用いて、ATP(アデノシン3リン酸)のマウス筋肉組織切片上での局在を可視化しました。)
Microscopy and Microanalysis,18:1030-1036 2012
Author:Terada N, Saitoh Y, Saitoh S, Ohno N, Fujishita K, Koizumi S, Ohno S


Histochemical analyses and quantum dot imaging of microvascular blood flow with pulmonary edema in living mouse lungs by "in vivo cryotechnique". (凍結技法を用いて、実験動物の正常肺および肺水腫における血流動態を可視化しました。)
Histochemistry and Cell Biology,137:137-151 2012
Author:Saitoh Y, Terada N, Saitoh S, Ohno N, Jin T, Ohno S.


Essential function of protein 4.1G in targeting of membrane protein palmitoylated 6 into Schmidt-Lanterman incisures in myelinated nerves.(膜骨格蛋白4.1G-MPP6蛋白複合体が、末梢神経ミエリン形成する神経線維にあるシュミットランターマン切痕の構築に関与していることを見出しました。)
Molecular and Cellular Biology,32:199-205 2012
Author:Terada N, Saitoh Y, Ohno N, Komada M, Saitoh S, Peles E, Ohno S.


The cytoskeletal adapter protein 4.1G organizes the internodes in peripheral myelinated nerves. (膜骨格蛋白4.1Gが接着分子CADM4と末梢ミエリン形成神経線維で複合体を形成し、4.1G欠損においてイオンチャネルの分布が変化することを見出しました。)
Journal of Cell Biology,196:337-344 2012
Author:Ivanovic A, Horresh I, Golan N, Spiegel I, Sabanay H, Frechter S, Ohno S, Terada N, Möbius W, Rosenbluth J, Brose N, Peles E.


Unusual thyroid carcinoma with excessive extracellular hyaline globules: a case of "hyalinizing papillary carcinoma". (硝子様粒子を含むヒト甲状腺腫瘍の構造を、電子顕微鏡レベルで解析しました。)
Human Pathology,43:932-938 2012
Author:Kondo T, Nakazawa T,Terada N, Nakazawa K, Kawasaki T, Mochizuki K,Yamane T, Ohno S, Katoh R.


Differential distribution of blood-derived proteins in xenografted human adenocarcinoma tissues by in vivo cryotechnique and cryobiopsy(腫瘍移植モデルの血行動態を生体内凍結とクライオバイプシーを用いて解析しました)
MEDICAL MOLECULAR MORPHOLOGY,44(2):93-102 2011(Jun.)
Author:Bai, Yuqin; Ohno, Nobuhiko; Terada, Nobuo; Saitoh, Sei; Nakazawa, Tadao; Nakamura, Nobuki; Katoh, Ryohei; Ohno, Shinichi;


Histological Study and LYVE-1 Immunolocalization of Mouse Mesenteric Lymph Nodes with "In Vivo Cryotechnique"(生体内凍結技法を用いて、LYVE-1を指標としてリンパ節におけるリンパ内皮細胞の構築を明らかにしました)
ACTA HISTOCHEMICA ET CYTOCHEMICA,44(2):81-90 2011
Author:Bai, Yuqin; Wu, Bao; Terada, Nobuo; Ohno, Nobuhiko; Saitoh, Sei; Saitoh, Yurika; Ohno, Shinichi;


Immunolocalization of membrane skeletal protein, 4.1G, in enteric glial cells in the mouse large intestine(大腸の腸管神経叢における膜骨格蛋白4.1Gの局在を見出しました)
NEUROSCIENCE LETTERS,488(2):193-198 2011
Author:Chen, Jiaorong; Terada, Nobuo; Ohno, Nobuhiko; Saitoh, Sei; Saitoh, Yurika; Ohno, Shinichi;


Visualization of microvascular blood flow in mouse kidney and spleen by quantum dot injection with "in vivo cryotechnique"(量子ドット蛍光物質を用いながら生体内凍結して、血行動態を可視化しました)
MICROVASCULAR RESEARCH,80(3):491-498 2010(Dec.)
Author:Terada, Nobuo; Saitoh, Yurika; Saitoh, Sei; Ohno, Nobuhiko; Jin, Takashi; Ohno, Shinichi;


Three-dimensional reconstruction of living mouse liver tissues using cryotechniques with confocal laser scanning microscopy(生体内凍結した肝臓を、共焦点レーザー顕微鏡を用いて3次元再構築イメージングしました)
JOURNAL OF ELECTRON MICROSCOPY,59(6):513-525 2010(Dec.)
Author:Saitoh, Yurika; Terada, Nobuo; Saitoh, Sei; Ohno, Nobuhiko; Fujii, Yasuhisa; Ohno, Shinichi;


Involvement of a membrane skeletal protein, 4.1G, for Sertoli/germ cell interaction(膜骨格蛋白4.1Gの精細胞/支持細胞における局在関係を明らかにしました)
REPRODUCTION,139(5):883-892 2010(May)
Author:Terada, Nobuo; Ohno, Nobuhiko; Saitoh, Sei; Saitoh, Yurika; Komada, Masayuki; Kubota, Hiroshi; Ohno, Shinichi;


Histochemical approach of cryobiopsy for glycogen distribution in living mouse livers under fasting and local circulation loss conditions(肝臓におけるグリコーゲン分布をクライオバイオプシーを用いて明らかにしました)
HISTOCHEMISTRY AND CELL BIOLOGY,133(2):229-239 2010(Feb.)
Author:Saitoh, Yurika; Terada, Nobuo; Saitoh, Sei; Ohno, Nobuhiko; Fujii, Yasuhisa; Ohno, Shinichi;


Immunohistochemical detection of soluble immunoglobulins in living mouse small intestines using an in vivo cryotechnique(可用性蛋白である免疫グロブリンの腸管における分布を生体内凍結を用いて明らかにしました)
JOURNAL OF IMMUNOLOGICAL METHODS,361(1-2):64-74 2010
Author:Shimo, Satoshi; Saitoh, Sei; Terada, Nobuo; Ohno, Nobuhiko; Saitoh, Yurika; Ohno, Shinichi;


Immunoreactivity of Glutamate in Mouse Retina Inner Segment of Photoreceptors With In Vivo Cryotechnique(網膜におけるグルタミン酸の分布を生体内凍結技法を用いて明らかにしました)
JOURNAL OF HISTOCHEMISTRY & CYTOCHEMISTRY,57(9):883-888 2009(Sep.)
Author:Terada, Nobuo; Ohno, Nobuhiko; Saitoh, Sei; Saitoh, Yurika; Ohno, Shinichi;


Involvement of dynamin-2 in formation of discoid vesicles in urinary bladder umbrella cells(膀胱の傘細胞円盤小胞におけるダイナミンの役割を明らかにしました)
CELL AND TISSUE RESEARCH,337(1):91-102 2009(Jul.)
Author:Terada, Nobuo; Ohno, Nobuhiko; Saitoh, Sei; Saitoh, Yurika; Fujii, Yasuhisa; Kondo, Tetsuo; Katoh, Ryohei; Chan, Cheryl; Abraham, Soman N.; Ohno, Shinichi;


Dispensable role of protein 4.1B/DAL-1 in rodent adrenal medulla regarding generation of pheochromocytoma and plasmalemmal localization of TSLC1(副腎における膜骨格蛋白4.1の分布と複合体蛋白を見出しました)
BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR CELL RESEARCH,1793(3):506-515 2009(Mar.)
Author:Ohno, Nobuhiko; Terada, Nobuo; Komada, Masayuki; Saitoh, Sei; Costantini, Frank; Pace, Virgilio; Germann, Paul-Georg; Weber, Klaus; Yamakawa, Hisashi; Ohara, Osamu; Ohno, Shinichi;


Immunolocalization of phospho-Arg-directed protein kinase-substrate in hypoxic kidneys using in vivo cryotechnique(虚血腎におけるリン酸化蛋白出現過程を生体内凍結技法で解析しました)
MEDICAL MOLECULAR MORPHOLOGY,42(1):24-31 2009(Mar.)
Author:Saitoh, Sei; Terada, Nobuo; Ohno, Nobuhiko; Saitoh, Yurika; Soleimani, Manoocher; Ohno, Shinichi;


Application of probe electrospray to direct ambient analysis of biological samples(プローブ質量分析法によって生体物質を解析しました)
RAPID COMMUNICATIONS IN MASS SPECTROMETRY,22(15):2366-2374 2008(Aug.)
Author:Chen, Lee Chuin; Nishidate, Kentaro; Saito, Yuta; Mori, Kunihiko; Asakawa, Daiki; Takeda, Sen; Kubota, Takeo; Terada, Nobuo; Hashimoto, Yutaka; Hori, Hirokazu; Hiraoka, Kenzo;


Application of "in vivo cryotechnique" to detect erythrocyte oxygen saturation in frozen mouse tissues with confocal Raman cryomicroscopy(血管内ヘモグロビン酸素飽和度を生体内凍結ーラマン凍結顕微鏡法を用いて解析しました)
JOURNAL OF STRUCTURAL BIOLOGY,163(2):147-154 2008(Aug.)
Author:Terada, Nobuo; Ohno, Nobuhiko; Saitoh, Sei; Ohno, Shinichi;


Immunofluorescence staining for serum proteins in acute hypertensive mouse kidneys by 'in vivo cryotechnique' combined with pas fluorescent emission(高圧下腎臓における形態と血漿タンパク分布を解析しました)
NEPHROLOGY,13:A28-A29 2008(May)
Author:Li, Zilong; Ohno, Nobuhiko; Terada, Nobuo; Fujii, Yasuhisa; Baba, Takeshi; Ohno, Shinichi;


Distribution of immunoglobulin-producing cells in immunized mouse spleens revealed with "in vivo cryotechnique"(免疫ブロブリン産生細胞の分布を生体内凍結で明らかにしました)
JOURNAL OF IMMUNOLOGICAL METHODS,331(1-2):114-126 2008
Author:Saitoh, Sei; Terada, Nobuo; Ohno, Nobuhiko; Ohno, Shinichi;


Application of cryobiopsy to morphological and immunohistochemical analyses of xenografted human lung cancer tissues and functional blood vessels(腫瘍移植モデルにおける血管分布をクライオバイオプシーで解析しました)
CANCER,113(5):1068-1079 2008
Author:Ohno, Nobuhiko; Terada, Nobuo; Bai, Yuqin; Saitoh, Sei; Nakazawa, Tadao; Nakamura, Nobuki; Naito, Ichiro; Fujii, Yasuhisa; Katoh, Ryohei; Ohno, Shinichi;


Interaction of membrane skeletal protein, protein 4.1B and p55, and sodium bicarbonate cotransporter1 in mouse renal S1-S2 proximal tubules(腎臓における4.1B-p55-NBC(ナトリウム重炭酸トランスポーター)蛋白複合体を見出しました)
JOURNAL OF HISTOCHEMISTRY & CYTOCHEMISTRY,55(12):1199-1206 2007(Dec.)
Author:Terada, Nobuo; Ohno, Nobuhiko; Saitoh, Sei; Seki, George; Komada, Masayuki; Suzuki, Tatsuo; Yamakawa, Hisashi; Soleimani, Manoocher; Ohno, Shinichi;


Immunohistochemical detection of hypoxia in mouse liver tissues treated with pimonidazole using "in vivo cryotechnique"(虚血マーカーであるピモニダゾールを指標にして肝臓における虚血細胞分布を生体内凍結で明らかにしました)
HISTOCHEMISTRY AND CELL BIOLOGY,128(3):253-261 2007(Sep.)
Author:Terada, Nobuo; Ohno, Nobuhiko; Saitoh, Sei; Ohno, Shinichi;


Involvement of follicular basement membrane and vascular endothelium in blood-follicle barrier formation of mice revealed by 'in vivo cryotechnique'(卵巣基底膜の血漿タンパク分布への役割を生体内凍結で明らかにしました)
REPRODUCTION,134(2):307-317 2007(Aug.)
Author:Zhou, Hong; Ohno, Nobuhiko; Terada, Nobuo; Saitoh, Sei; Fujii, Yasuhisa; Ohno, Shinichi;


Raman microscopy of freeze-dried mouse eyeball-slice in conjunction with the "in vivo cryotechnique"(生体物質の網膜内分布を生体内凍結ー凍結置換ーラマン分光法で解析しました)
MICROSCOPY RESEARCH AND TECHNIQUE,70(7):634-639 2007(Jul.)
Author:Terada, Nobuo; Ohno, Nobuhiko; Saitoh, Sei; Fujii, Yasuhisa; Ohguro, Hiroshi;


Conservation and alteration of chromosome territory arrangements in thyroid carcinoma cell nuclei(核内染色質領域の分布を凍結技法を用いて解析しました)
THYROID,17(6):489-496 2007(Jun.)
Author:Murata, Shin-ichi; Nakazawa, Tadao; Ohno, Nobuhiko; Terada, Nobuo; Iwashina, Masanori; Mochizuki, Kunio; Kondo, Tetsuo; Nakamura, Nobuki; Yamane, Tetsu; Iwasa, Satoshi; Ohno, Shinichi; Katoh, Ryohei;


Specific role of the truncated beta IV-spectrin Sigma 6 in sodium channel clustering at axon initial segments and nodes of Ranvier(膜骨格蛋白 β4-スペクトリンのアイソフォームがもつ軸索起始部とランビエ絞輪における役割を明らかにしました)
JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY,282(9):6548-6555 2007
Author:Uemoto, Yoko; Suzuki, So-ichiro; Terada, Nobuo; Ohno, Nobuhiko; Ohno, Shinichi; Yamanaka, Shinya; Komada, Masayuki;


Extracellular space in mouse cerebellar cortex revealed by in vivo cryotechnique(大脳における細胞外スペースを生体内凍結で明らかにしました)
JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY,505(3):292-301 2007
Author:Ohno, Nobuhiko; Terada, Nobuo; Saitoh, Sei; Ohno, Shinichi;

共同研究等希望テーマ
①細胞膜に関連する膜骨格を構築する蛋白の探索とその役割の研究; ②顕微鏡観察のための凍結技法などを利用した動物臓器の適切な試料作製法を追究しています。 , 解剖学・組織学(ヒト、マウスの構造と機能) , 生物の顕微鏡観察のための試料作製法(電子顕微鏡、凍結技法など)について興味がありましたら、気軽に御相談ください。

教育活動実績

授業等
前期 , 系統解剖学(人体構造を器官からみた系統(消化器系、循環器系など)に分類して理解します。); 対象:学部学生、市民公開講座
前期 , 組織学(人体構造を顕微鏡で見るミクロの視点から理解します。); 対象:学部学生、市民公開講座
前期 , 人体の構造と機能(解剖学); 対象:学部学生、市民公開講座
前期 , 医療生命科学特論 「膜骨格の分子形態」(細胞膜のシグナルや構造を保つ蛋白複合体を理解します。); 対象:大学院生
後期 , 中枢神経解剖学(人体の脳・脊髄(中枢神経)の構造と機能を末梢神経と関連付けて理解します。); 対象:学部学生
後期 , 肉眼解剖学実習; 対象:学部学生
後期 , 組織学実習; 対象:学部学生
後期 , 卒業研究 「細胞組織研究法(病気解明の最新技法を学ぶ)」; 対象:学部学生
後期 , 機能障害学特論 「神経の解剖生理学」(神経の構造と機能の解析方法);  対象:大学院生
通年 , 医療生命科学研究 「膜骨格の機能形態学的解析」; 対象:大学院生

社会活動実績

社会活動等
公開講座
例年 - , 市民公開講座; 人体の構造と機能、人体解剖学、人体組織学 (どなたでも、ヒトの体の構造とその機能について学習することができ、わからないことをできる限り解決することができるように授業をしています。) 受講については、信州大学医学部保健学科 http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/healthにお問い合わせください。

出前講座
例年 - ,  「人体の構造と機能」、 「細胞・組織・器官の形と機能」、 「医学~生物学」、「医学研究」の話など、わかりやすく理解できるように説明をします。 希望があればメールでご相談ください。

学会・研究会の主催
2018 8/4 - 8/5 , 第29回 電顕サマースクール 2018 in 信州松本 「生物の電子顕微鏡試料作製法を理解しよう;クライオから3次元コンピュータグラフィックスまで」 , 公益社団法人 日本顕微鏡学会 主催 , 実行委員長 , 多数のご参加をありがとうございました。http://microscopy.or.jp/summerschool