信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

宮地 弘一郎  ミヤジ コウイチロウ

教員組織学術研究院(教育学系)電話番号
教育組織教育学部 特別支援教育FAX番号
職名准教授メールアドレス
住所ホームページURL

プロフィール

兼担研究科・学部
教育学研究科
研究分野
発達生理心理学
発達科学
キーワード:生理心理学 , 発達 , 重症心身障害児(者) , 小児病棟 , QOL
現在の研究課題
重症心身障害児の発達評価・援助に関する生理心理学的アプローチ
キーワード:重症心身障害 , 生理心理学 , 瞬目 , 心拍 , ICF
入院児のQOL環境に関する研究
キーワード:入院児 , 生活環境 , QOL
所属学会
所属学会
電子情報通信学会
日本医療保育学会
国際精神生理学会
日本重症心身障害学会
中部人間学会
日本特殊教育学会
北陸心理学会
日本生理心理学会
学歴
出身大学院
2002 , 金沢大学 , 教育学研究科 , 障害児教育専攻

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1998 , 福井大学 , 教育学部 , 養護学校教員養成課程

取得学位
修士(教育学) , 金沢大学

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
書籍等出版物
発達臨床のための生理心理学的アプローチ, 226-251
日本児童研究所(監修)児童心理学の進歩 58, 金子書房 2019
Author:宮地弘一郎, 平野晋吾
Keywords:生理心理学 障害児


視覚・聴覚・言語障害児の理解と援助
西村重稀,水田敏郎(編)新・基本保育シリーズ17 障害児保育, 中央法規出版 2018
Author:宮地弘一郎, 武居渡


視覚・聴覚障害児の理解と援助
西村重稀,水田敏郎(編)基本保育シリーズ17 障害児保育, 中央法規出版 2015
Author:宮地弘一郎, 山崎京子


注意・認知―周りの世界を理解するこころの発達―
平山諭,保野孝弘(編)発達心理学の基礎と臨床 第2巻 脳科学からみた機能の発達, ミネルヴァ書房 2003
Author:水田敏郎, 宮地弘一郎


論文
自閉症の症状について
信州大学教育学部研究論集 ,14:349-369 2020
Author:田巻義孝; 堀田千絵; 宮地弘一郎; 加藤美朗


重症心身障害児(者)病棟の日常における人関連刺激に関する調査 Ⅱ.病室のVTR記録と事例の心拍測定による検討
日本重症心身障害学会誌,45(1):163-168 2020
Author:宮地弘一郎
Keywords:重症心身障害児(者)病棟,関わり,感覚刺激環境


重症心身障害児(者)病棟の日常における人関連刺激に関する調査 Ⅰ.スタッフへの質問紙調査
日本重症心身障害学会誌,45(1):157-162 2020
Author:宮地弘一郎
Keywords:重症心身障害児(者)病棟,関わり,感覚刺激環境


ウェアラブル型アイカメラとタブレット端末を用いた視線情報遠隔共有システムの開発
人間学研究,18:65-74 2019
Author:宮地弘一郎; 渡邉流理也; 山口裕嗣
Keywords:ウェアラブル型アイカメラ,視線,遠隔共有,意図理解


信州大学における特別支援教育臨床実習の新たな取り組み―地域企業と連携した学校農園プロジェクト―
松本大学紀要,16:135-141 2018
Author:小島哲也; 宮地弘一郎; 白神晃子
Keywords:特別支援教育 教育実習 知的障害 臨床実習 地域連携


てんかん分類とてんかん発作分類の変遷について
関西福祉科学大学紀要,21:1-25 2018
Author:田巻義孝; 堀田千絵; 宮地弘一郎; 加藤美朗
Keywords:てんかん てんかん性脳症 てんかん発作 非てんかん性発作


知的障害の理解についての新しい方向性(2):アメリカ知的発達障害学会の定義に基づいて
信州大学教育学部研究論集,12:213-235 2018
Author:田巻義孝; 堀田千絵; 宮地弘一郎; 加藤美朗
Keywords:知的障害の定義の変遷 仮性精神遅滞 真性精神遅滞 インクルーシブ教育


知的障害の理解についての新しい方向性(1):知的障害概念に影響を及ぼした福祉制度を中心に
信州大学教育学部研究論集,12:187-211 2018
Author:田巻義孝; 堀田千絵; 宮地弘一郎; 加藤美朗
Keywords:知的障害に係る用語の変遷 発達障害 ノーマリゼーション 自立生活運動 障害学


入院児のQOL環境に関する調査研究Ⅱ―装飾およびイベントの現状と効果について―
医療と保育,16:30-39 2018
Author:須藤美奈; 宮地弘一郎
Keywords:小児在籍病棟 装飾 イベント


入院児のQOL環境に関する調査研究Ⅰ―小児単独病棟および混合病棟の設備,人的環境,取り組みについて―
医療と保育,16:18-29 2018
Author:宮地弘一郎; 須藤美奈
Keywords:小児在籍病棟 設備 人的環境


重度肢体不自由児のためのアイカメラ用ゴーグル開発に関する基礎研究―デジタルファブリケーションを活用した個人用ホルダの作成―
人間学研究,16:37-45 2018
Author:宮地弘一郎; 蛭田直; 村松浩幸; 渡邉流理也
Keywords:重度肢体不自由 アイカメラ 3Dスキャナ 3Dプリンタ


日本の「国語」の教科書で提示される語彙に関する調査
中國文化大學日本語文學系國際學術研討會論文集 2017
Author:岩男考哲; 宮地弘一郎
Keywords:「国語」教科書 使用語彙 知的障害


脊髄性筋萎縮症Ⅰ型児における,スイッチの活用に関する事例研究―空圧スイッチの改良およびスイッチの機能理解のための教材開発―
教育実践研究 : 信州大学教育学部附属教育実践総合センター紀要,16:179-188 2017
Author:宮地弘一郎,前田菜々子,糀谷由真
Keywords:肢体不自由,AAC,注意機能


脳性麻痺(4):筋ジストロフィー,先天性ミオバチ,代謝性ミオバチ
信州大学教育学部研究論集,10:171-194 2017
Author:田巻 義孝,堀田 千絵,宮地 弘一郎,加藤 美朗


脳性麻痺(3):脳性麻痺に係る包括概念と関連障害
信州大学教育学部研究論集,10:157-170 2017
Author:田巻 義孝,堀田 千絵,宮地 弘一郎,加藤 美朗


脳性麻痺(2):脳性麻痺の部位別分類と病型分類
信州大学教育学部研究論集,9:249-272 2016
Author:田巻 義孝,宮地 弘一郎,堀田 千絵,加藤 美朗


脳性麻痺(1):肢体不自由,脳性麻痺の定義と関連事項
信州大学教育学部研究論集,9:227-248 2016
Author:田巻 義孝,加藤 美朗,堀田 千絵,宮地 弘一郎


特別支援学校教員養成における臨床経験の意義— 附属学校での実習活動による学生の経験と変容過程の分析―
日本教育大学協会研究年報,34:211-220 2016
Author:小島 哲也 , 土屋 英彦 , 宮地 弘一郎 , 土井田 知広 , 角 正行


自閉性障害の神経生物学的及び医学生物学的原因
人間学研究,15:43-54 2016
Author:田巻 義孝,堀田 千絵,宮地 弘一郎,加藤 美朗


医療的ケア度の高い重症児(超重症児)の親における教育に関する意識―就学前後のインタビューから―
人間学研究,15:65-72 2016
Author:中澤みな子; 宮地弘一郎


自閉性障害, アスペルガー障害と関連障害
人間学研究,14:43-62 2015
Author:田巻義孝, 加藤美朗, 堀田千絵, 宮地弘一郎


学習障害の分類とその症状
人間学研究,14:21-37 2015
Author:加藤 美朗 , 宮地 弘一郎 , 田巻 義孝


学習障害概念の変遷について
人間学研究,14:1-19 2015
Author:田巻 義孝 , 加藤 美朗 , 宮地 弘一郎


重症心身障害児の感覚受容発達と援助者のかかわり方との関連性に関する一考察
人間学研究,14:81-89 2015
Author:宮地弘一郎


知的障害児の"伝える姿"に基く教師の支援の効果について (特集 信州大学教育学部附属学校園に関わる教育実践研究 実践報告)
教育実践研究 : 信州大学教育学部附属教育実践総合センター紀要,14:1-12 2013
Author:太田 歩; 宮地 弘一郎; 北澤 公浩;
Keywords:コミュニケーション; 伝える姿; 教師のかかわり方;


重複障害児の初期認知機能発達における感覚と運動の役割
リハビリテーション・エンジニアリング,27(2):79-82 2012
Author:吉川一義; 堤友海; 宮地弘一郎


コミュニケーションに視点をおいた生活単元学習の授業づくり (特集 信州大学教育学部附属学校園に関わる教育実践研究 実践報告)
教育実践研究 : 信州大学教育学部附属教育実践総合センター紀要,13:11-20 2012
Author:森山 朋子; 宮地 弘一郎;
Keywords:生活単元学習; 遊び; コミュニケーション環境;


遊びの生活単元学習における学習活動の評価の試み : 教師のかかわり行動と子どもの表出行動の出現動態から(特集 信州大学教育学部附属学校園に関わる教育実践研究)
教育実践研究 : 信州大学教育学部附属教育実践総合センター紀要,13:1-10 2012
Author:宮地 弘一郎; 山越 薫;
Keywords:知的障害; 生活単元学習; 教師かかわり; 活動環境;


知的障害児のコミュニケーション行動における活動場面の効果 : 附属特別支援学校における授業場面と放課後クラブ場面の比較から (特集 信州大学教育学部附属学校園に関わる教育実践研究 論文(審査付))
教育実践研究 : 信州大学教育学部附属教育実践総合センター紀要,12:1-10 2011
Author:宮地 弘一郎;
Keywords:知的障害; 生活環境; 放課後支援; 行動分析; 主体性;


「ひと」とかかわる環境を重視した生活単元学習の試み (特集 信州大学教育学部附属学校園に関わる教育実践研究 実践報告)
教育実践研究 : 信州大学教育学部附属教育実践総合センター紀要,12:41-50 2011
Author:武重 朋子; 宮地 弘一郎;
Keywords:生活単元学習; 遊び; コミュニケーション環境;


重症心身障害児の生活関連刺激に対する応答性についての心拍および局所脳血流を指標とした評価の試み--視覚刺激に対する反応の乏しい一事例を対象として
人間学研究,7:77-86 2008
Author:宮地 弘一郎; 松島 昭廣; 片桐 和雄;


近赤外分光法(NIRS)による視覚関連脳機能測定
臨床脳波,48(4):195-205 2006
Author:小島治幸,前原吾朗,田谷修一郎,宮地弘一郎,片桐和雄


自己覚醒の企図が睡眠経過中の時間判断に及ぼす影響
生理心理学と精神生理学,24(3):227-235 2006
Author:池田 大樹; 宮地 弘一郎; 林 光緒;
Keywords:self-awakening; time assessment; polysomnogram;


香りと足浴によるリラクセーション効果に関する生理心理学的検討
仁愛大学研究紀要,2:65-72 2003
Author:水田 敏郎; 宮地 弘一郎; 大森 慈子; 藤澤 清; 吉田 和典; 長谷川 智子; 竹田 千佐子;
Keywords:脳波; 睡眠段階; ラベンダー香; 足浴; リラクセーション;


脳波を中心としたポリグラフィを指標とする心理学研究法の試み (1)
仁愛大学研究紀要,2:79-95 2003
Author:藤澤 清; 水田 敏郎; 大森 慈子; 宮地 弘一郎; 青井 利哉; 水上 喜美子;
Keywords:ポリグラフィ; 生理学的指標; 脳波; 皮膚電気活動; 眼球運動; 心電図; 筋電図;


脳波の空間分布特徴に関する情報処理の試み
仁愛大学研究紀要,1:71-83 2002
Author:藤澤 清; 水田 敏郎; 大森 慈子; 宮地 弘一郎; 水上 喜美子;
Keywords:脳波; 空間分析; 時系列分析; 空間分析;


講演・口頭発表等
重度肢体不自由児の生活空間上の視線情報共有に関する検討
日本特殊教育学会第57回大会 2019(Sep.)
Presenter:宮地弘一郎; 渡邉流理也; 堅田明義


重症児における心拍変動と主観評価の関連性に関する実践 研究
日本特殊教育学会第57回大会 2019(Sep.)
Presenter:津瀬直彦; 宮地弘一郎


院内生活をしている視覚障害を伴う重症心身障害児の視聴覚刺激の心拍期待反応による応答性に関する検討
第45回日本重症心身障害学会学術集会 2019(Sep.)
Presenter:渡邉流理也; 宮地弘一郎


日本語を母語とする子供たちが触れる語彙調査
2019年中國文化大學外國語文學院日本語文學系國際學術研討會 2019(May)
Presenter:岩男考哲; 宮地弘一郎


重症心身障害児(者)の日常生活場面における瞬目特徴の検討
日本生理心理学会37回大会 2019(May)
Presenter:宮地弘一郎; 堅田明義; 渡邉流理也


脊髄性筋委縮症Ⅰ型児の顔の運動と数概念の学習に関する検討
日本特殊教育学会第56回大会 2018(Sep.)
Presenter:川隅菫; 宮地弘一郎


重症心身障害児の自発運動を促す映像空間に関する検討
日本特殊教育学会第56回大会 2018(Sep.)
Presenter:宮地弘一郎; 津瀬直彦; 堅田明義


An Attempt to Assess the Processing of Verbs by the Simultaneous Measurements of ERPs and NIRS
19th World Congress of Psychophysiology 2018(Sep.)
Presenter:Koichiro Miyaji, Koki Nakae, Takanori Iwao, Fumito Takahashi, Ruriya Watanabe, Akiyoshi Katada


長期入院患児に対する支援の研究動向
日本医療保育学会第22回大会 2018(Jun.)
Presenter:増田慎平; 宮地弘一郎


小児在籍病棟夜間生活支援の成果と課題-教員志望学生の臨床実習としての効果を中心に-
日本医療保育学会第22回大会 2018(Jun.)
Presenter:宮地弘一郎


動詞文課題における動詞の理解度がN400に及ぼす影響
第36回日本生理心理学会大会 2018(May)
Presenter:中江光貴; 宮地弘一郎


肢体不自由児の動詞使用について
2018年中國文化大學外國語文學院日本語文學系國際學術研討會 2018(May)
Presenter:岩男考哲; 宮地弘一郎


アイカメラを用いた新しい補助・代替コミュニケーション(AAC)のための基礎的検討―生活場面の視線情報共有システムの検討―
中部人間学会17回大会 2017(Dec.)
Presenter:宮地弘一郎, 渡邉流理也


重症心身障害児の援助における評価指標としての瞬目の活用(シンポジウム:教育現場でもまばたきでコミュニケーションしよう!)
日本心理学会第81回大会 2017(Sep.)
Presenter:宮地弘一郎


重症心身障害児を対象とした映像空間の継続的効果―行動観察及び瞬目を用いた検討―
日本特殊教育学会第55回大会 2017(Sep.)
Presenter:津瀬直彦,宮地弘一郎


入院患児のQOL環境に関する調査研究2―壁面装飾・イベントを中心に―
日本医療保育学会第21回大会 2017(Jun.)
Presenter:須藤美奈,宮地弘一郎


入院患児のQOL環境に関する調査研究1―小児入院病棟の現状を中心に―
日本医療保育学会第21回大会 2017(Jun.)
Presenter:宮地弘一郎,増田慎平,須藤美奈


重症心身障害者の精神状態評価の試み―瞬目,心拍と唾液コルチゾールとの関連性の検討―
第23 回精神神経内分泌免疫学(PNEI)研究集会 2017(Mar.)
Presenter:宮地弘一郎


重症心身障害児(者)に対する映像を使用した多重感覚環境の効果(2)―映像コンテンツと行動との関連性を中心に―
日本特殊教育学会第54回大会 2016(Sep.)
Presenter:宮地弘一郎,津瀬直彦


重症心身障害児(者)に対する映像を使用した多重感覚環境の効果(1)―心拍及び瞬目を用いた検討―
日本特殊教育学会第54回大会 2016(Sep.)
Presenter:津瀬直彦,宮地弘一郎


Physiopsychological research about the effect of playing in interpersonal relationship.
18th World Congress of Psychophysiology 2016(Sep.)
Presenter:Koichiro Miyaji, Hitoki Mizumoto, Ruriya Watanabe, Toshiharu Kurita


病棟で生活する重症心身障害児(者)の瞬目と心拍に関する基礎的検討
第34回日本生理心理学会大会 2016(May)
Presenter:宮地弘一郎


表出のきわめて微弱な超重症児の運動発達援助―感覚的強化子と社会的強化子による随意化―
中部人間学会第15回大会 2015(Dec.)
Presenter:宮地弘一郎


就学前重症児の発達保障に関する親の意識について―就学前後のインタビュー調査から―
第41 回日本重症心身障害学会学術集会 2015(Sep.)
Presenter:中澤みな子,宮地弘一郎


重症心身障害病棟におけるかかわり自己評価シートの試み(1)
第41 回日本重症心身障害学会学術集会 2015(Sep.)
Presenter:宮地弘一郎


心拍および瞬目を用いた重症心身障害児の生活評価
日本特殊教育学会第53 回大会 2015(Sep.)
Presenter:宮地弘一郎


重症心身障害病棟におけるかかわり自己評価シートの試み(2)-重障児の感覚刺激受容に及ぼす効果の検討-
日本特殊教育学会第53 回大会 2015(Sep.)
Presenter:宮地弘一郎


音楽聴取における多重感覚環境の心理生理学的効果
第33回日本生理心理学会大会 2015(May)
Presenter:橋本純,宮地弘一郎


視覚的注意に聴覚刺激が及ぼす干渉効果:P300を用いた検討
第33回日本生理心理学会大会 2015(May)
Presenter:津瀬直彦,宮地弘一郎


超重症児の視覚的注意の発達を促す床上活動の検討―心拍,瞬目および視線を指標として―
日本特殊教育学会第52 回大会 2014(Sep.)
Presenter:宮地弘一郎


重症心身障害児の生活リズムを意識した会話かかわりが心拍に及ぼす効果
第32回日本生理心理学会大会 2014(May)
Presenter:宮地弘一郎


重度脳障害児・者への日常的かかわりにおける「間」の効果-心拍による検討-
日本特殊教育学会第51 回大会 2013(Sep.)
Presenter:宮地弘一郎


対人遊びが表情弁別に及ぼす効果―P300 を用いた検討―
第31 回日本生理心理学会大会 2013(May)
Presenter:宮地弘一郎


病棟で生活する重症心身障害児・者の日常刺激環境について
日本特殊教育学会第50 回大会 2012(Sep.)
Presenter:宮地弘一郎


心拍から生活機能を見る
日本特殊教育学会第50 回大会 2012(Sep.)
Presenter:宮地弘一郎


重症心身障害児の生活(づくり)のあり方に関する考察―療育スタッフが持つ意識の職種間の共通点や相違点に着眼して―
第38 回日本重症心身障害学会学術集会 2012(Sep.)
Presenter:中澤みな子,宮地弘一郎


Psychological effects of human interaction in mahjong: A heart-rate study.
16th World Congress of Psychophysiology 2012(Sep.)
Presenter:Koichiro Miyaji, Kei Kasuga, Fumito Takahashi


麻雀における対人環境の違いが心的活動に及ぼす影響―心拍による検討―
第30 回日本生理心理学会大会 2012(May)
Presenter:宮地弘一郎,春日圭


重症心身障害児の刺激応答性と刺激環境との関連性(2) -就学重障児と成人重障者の刺激環境の比較から-
日本特殊教育学会第49回大会 2011(Sep.)
Presenter:宮地弘一郎,松島昭廣


放課後支援事業を活用した学部‐附属特別支援学校間連携による共同研究(2)‐教育実践効果の評価場面としての活用の試み‐
平成22年度日本大学協会研究集会 2010(Nov.)
Presenter:宮地弘一郎・小島哲也・永松裕希・藤森哲・北原幹久


Developmental Changes of Response to Daily-life Stimuli in a Child with Severe Motor and Intellectual Disability Using Heart Rate
International Journal of Psychophisiology 77 3 240 2010(Sep.)
Presenter:Koichiro Miyaji, Akihiro Matsushima, Toshiharu Kurita, Kazuo Katagiri


重症心身障害児の刺激応答性と刺激環境との関連性-表出行動および心拍反応を指標として-
日本特殊教育学会第48回大会 2010(Sep.)
Presenter:宮地弘一郎,吉川和義,片桐和雄


経験が視覚的注意に及ぼす効果-ERPおよび眼球運動からの検討-
第28回日本生理心理学会大会 2010(May)
Presenter:宮地弘一郎

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2020 - 2023 , 重症心身障害児の脳機能状態の解明を目指した安価な個人用脳波電極ホルダーの開発 , 基盤研究(B)
2016 - 2018 , 重度肢体不自由児のインクルージョン促進のための携帯型視線情報共有システム(PESS)の開発 , 挑戦的萌芽研究
2013 - 2015 , 重症心身障害児・者の生活機能拡張・向上のための療育者への間接的介入に関する研究 , 基盤研究C
2010 - 2011 , 重度脳障害児の発達ニーズを踏まえた療育環境のあり方に関する生理心理学的研究 , 若手研究B
2008 - 2009 , 重障児の療育支援における脳機能マッピングを利用した即時評価システムの開発 , 若手研究B

科学研究費補助金(研究分担者)
2019 - 2022 , 小学生の言語的課題の解決に向けた日本語学・心理学の連携的研究 , 基盤研究C
2018 - 2020 , 脳の酸素消費状態の評価に基づいた重度脳障害児の表出行動に伴う活動負荷の解明 , 基盤研究C
2011 - 2015 , 重症心身障がい児の個別の指導計画作成における評価ツールとしての瞬きの活用 , 基盤研究C

受託事業
2015 - , 小児科入院患者の生活支援業務
研究諸活動
学術論文査読件数
信州大学教育学部附属教育実践総合センター
日本デジタル教科書学会
2017-2018 , 埼玉県立大学「子ども・教職研究」編集委員会
2014-2015 , 日本生理心理学会