信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

松島 憲一  マツシマ ケンイチ

教員組織学術研究院(農学系)電話番号0265-77-1639
教育組織農学部 農学生命科学科 植物資源科学コースFAX番号0265-77-1700
職名准教授メールアドレスmatuken@shinshu-u.ac.jp
住所〒399-4598 長野県上伊那郡南箕輪村8304ホームページURLhttps://matuken8.wixsite.com/plant-breeding
https://www.facebook.com/kmatsushima2

更新日:2021/09/30

プロフィール

兼担研究科・学部
大学院(博士課程) 大学院総合医理工学研究科 総合理工学専攻 生物‣生命科学分野
大学院(修士課程) 総合理工学研究科 農学専攻 生物資源科学分野 植物資源生産学ユニット
研究分野
植物遺伝育種学
現在の研究課題
トウガラシ遺伝資源の探索・収集・評価および系統分類
キーワード:トウガラシ , 植物遺伝資源
トウガラシの辛味成分含量等諸形質の遺伝解析
キーワード:トウガラシ , DNAマーカー , カプサイシノイド , 遺伝解析 , 連鎖解析
長野県など中山間地・高冷地での栽培に適したトウガラシ品種の開発および伝統品種の再評価
キーワード:トウガラシ , 地域資源 , 中山間地 , 在来品種 , 伝統品種
ソバの関する遺伝育種学的研究
キーワード:ソバ , Fagopyrum esculentum , Fagopyrum spp. , 品種育成 , 地域特産
所属学会
所属学会
園芸学会
日本熱帯農業学会
学歴
出身大学院
1993 , 信州大学 , 農学研究科 , 園芸農学専攻

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1991 , 信州大学 , 農学部 , 園芸農学科

取得学位
博士(農学) , 岐阜大学大学院(連農・信州大)
研究職歴等
研究職歴
2014- , 信州大学 学術研究院(農学系) 准教授
2007-2014 , 信州大学大学院 農学研究科 機能性食料開発学専攻 准教授
2005-2007 , 信州大学大学院 農学研究科 機能性食料開発学専攻 助教授
2002-2005 , 信州大学大学院 農学研究科 機能性食料開発学専攻 助手
2001-2001 , (独)農業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター 水田作研究部 水田作総合研究チーム 研究員
1999-2001 , 農林水産省 九州農業試験場 総合研究部 総合研究第一チーム 研究員

研究職歴以外の職歴
2001-2002 , 農林水産省 農村振興局 計画部 資源課 専門官
1997-1999 , 農林水産省 経済局 国際部 技術協力課 総括係長
1993-1995 , 農林水産省 農林水産技術会議事務局 企画調査課 係員

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
書籍等出版物
トウガラシの伝播と文化史, ファーラム人間の食 食の文明論 ホモ・サピエンス史から探る(池谷和信 編) , 131-136
農文協 2021(Mar. 30)
Author:松島憲一


トウガラシとその辛味成分等の機能性, スパイス・ハーブの機能と応用(森川敏生監修) , 193-204
シーエムシー出版 2020(Oct. 27)
Author:松島憲一


トウガラシの品種いろいろの話, 今さら聞けないタネと品種の話きほんのき(農文協編) , 106-111
農文協 2020(Sep. 05)
Author:松島憲一


とうがらしの世界
講談社撰書メチエ 2020(Jul. 10)
Author:松島憲一


辛い大図鑑・唐辛子説明書, プレジデントムックかんたんdancyuぜんぶ辛いっ! , 10-14
プレジデント社 2016(Jul. 29)
Author:松島憲一


トウガラシの研究 走査型電子顕微鏡でとらえたトウガラシの細部, おいしさの科学 トウガラシの戦略 (「おいしさの科学」企画委員会編) 3 , 24
NTS 2012(Apr. 13)
Author:根本典子・松島憲一


世界トウガラシ紀行, おいしさの科学 トウガラシの戦略 (「おいしさの科学」の企画委員会) 3 , 48
NTS 2012(Apr. 13)
Author:池野雅文・松島憲一


辛いか甘いかトウガラシ, おいしさの科学 トウガラシの戦略 (「おいしさの科学」企画委員会編) 3 , 26
NTS 2012(Apr. 13)
Author:松島憲一


森と共存するブータンの山菜利用, 森林サイエンス2(信州大学農学部森林科学研究会編・小池正雄監修) , 250-269
川辺書林 2011(Mar.)
Author:松島憲一


辺境で激辛トウガラシの誕生か?-ネパール, トウガラシ讃歌(山本紀夫編著) , 169-178
八坂書房 2010(Apr.)
Author:松島憲一


Edible Wild Plants of Bhutan -And Their Associated Traditional Knowledge-
Graduate School of Agriculture, Shiunshu University, Japan and Council for Renewable Natural Resources Research of Bhutan, Ministry of Agriculture, Royal Government of Bhutan 2008(Aug.)
Author:Matsushima,K., M.Minami, K.Nemoto, N.K.Pradhan, L.Thapa, D.Delma


野菜の流行り廃り―全国区になった伝統野菜・水菜と野沢菜を例にとって, 野菜万歳 風俗学としての農と食 (現代風俗研究会編) , 16-22
新宿書房 2008
Author:松島憲一


ニッポンとうがらし物語, 野菜万歳 風俗学としての農と食 (現代風俗研究会編) , 165-178
新宿書房 2008
Author:松島憲一


大豆~古くて新しい作物~, 信州大学公開講座 食と健康 , 22-27
信州大学・SBC信越放送・カントリープレス 2005(Jun.)
Author:松島憲一,矢ヶ崎和弘,村沢久司


辛くて赤いトウガラシのチカラ, みすずかる信濃の健康志向食品 , 61-76
郷土出版社 2003(Sep.)
Author:松島憲一,南峰夫


(植物生産分野(水稲)5項目を担当), 熱帯農業事典
養賢堂 2003
Author:松島憲一


論文
Drought Stress Induced an Increase in the Pungency and Expression of Capsaicinoid Biosynthesis Genes in Chili Pepper (Capsicum annuum L.)
,90 2021(Sep. 17)
Author:R. M. S. M. B. Rathnayaka, Fumiya Kondo, Sudasinghe S. Prabandaka, K. Nemoto, K. Matsushima


Relationship between Salinity Stress and the Contents of Sugar, Glutamic Acid and Capsaicinoids in the Fruit of Chili pepper (Capsicum spp.)
Tropical Agriculture and Development,65(2):84-96 2021(Jun.)
Author:R. M. S. M. B. Rathnayaka, M. Minami, K. Nemoto, S. P. Sudasinge, K. Matsushima


Relationship between the soluble solids metric Brix and other traits in Capsicum peppers
Bulletin Shinshu University Alpine Field Center,19:55-69 2021(Mar. 31)
Author:Rathnayaka Mudiyanselage Sangeeth Maduranga Bandara RATHNAYAKA, Mika KOBAYASHI, Mineo MINAMI, Kazuhiro NEMOTO, Kenichi MATSUSHIMA


Effects of adding a commercial capsaicin fertilizer on the feeding behavior of sika deer (Cervus nippon)
Animal Science Journal,92(1) 2021(Mar. 07)
Author:Yuichiroh Shiiba, Ken‐ichi Takeda, Kenichi Matsushima


Collaborative Exploration of Plant Genetic Resources in Southern Cambodia, 2019
Annual Report on Exploration and Introduction of Plant Genetic Resources,36:128-147 2021(Mar. 01)
Author:Sathya Prabandaka SUDASINGHE, Leakhena MAT, Katsuya BANDO, Komei YAMAGUCHI, Sophany SAKHAN, Makara OUK, Kenichi MATSUSHIMA


Collaborative Exploration of Capsicum Plant Genetic Resources in Northwest Myanmar, 2019
Annual Report on Exploration and Introduction of Plant Genetic Resources,36:159-172 2021(Mar. 01)
Author:Fumiya KONDO, Ohm Mar Saw, Kenichi MATSUSHIMA


The pungent-variable sweet chili pepper ‘Shishito’ (Capsicum annuum) provides insights regarding the relationship between pungency, the number of seeds, and gene expression involving capsaicinoid biosynthesis
Molecular Genetics and Genomics,296:591–603 2021(Feb. 18)
Author:Fumiya Kondo, Kanami Hatakeyama, Ayana Sakai, Mineo Minami, Kazuhiro Nemoto, Kenichi Matsushima


とうがらしの世界ーとうがらしの辛さの秘密ー
GREEN AGE,48(2):38-41 2021(Feb. 15)
Author:松島憲一


トウガラシ(Capsicum spp.)の分類と花
植調,54(10):22-23 2021(Jan. 26)
Author:松島憲一


Relationship Between Water Supply and Sugar and Capsaicinoids Contents in Fruit of Chili Pepper (Capsicum annuum L.)
The Horticulture Journal,90(1):58-67 2020(Dec. 01)
Author:R. M. S. M. B. Rathnayaka, Minemo Minami, Kazuhiro Nemoto, Sudasinghe Sathya Prabandaka, Kenichi Matsushima


Parthenocarpy Induced Fluctuations in Pungency and Expression of Capsaicinoid Biosynthesis Genes in a Japanese Pungency-variable Sweet Chili Pepper ‘Shishito’ (Capsicum annuum)
The Horticulture Journal,90(1):48-57 2020(Nov. 11)
Author:Fumiya Kondo, Kanami Hatakeyama, Ayana Sakai, Mineo Minami, Kazuhiro Nemoto, Kenichi Matsushima


Collaborative Exploration of Plant Genetic Resources in Northern Cambodia, 2018
Annual Report on Exploration and Introduction of Plant Genetic Resources,35:162-184 2020(Mar. 31)
Author:Kondo, F., S. Layheng, M. Tokuda, R. M. S. M. B. Rathnayaka, S. Sophany, K. Matsushima


Collaborative Exploration for Amaranthus and Capsicum Genetic Resources in Mid and Far Western Nepal, October and November 2016
Annual Report on Exploration and Introduction of Plant Genetic Resources,35:218-230 2020(Mar. 31)
Author:Nemoto, K., K. Matsushima, N. Tomooka, Y. Takahashi, D. M. S. Dongol, S. Sharma, B. K. Josh, K. H. Ghmire, D. S. Sherestha, M. N. Paudel


トウガラシの歴史と遺伝的辛味制御機構
FFIジャーナル,224(4):411-418 2019(Oct. 01)
Author:松島憲一


日本における唐辛子とその食文化
VESTA,115 2019(Jul. 12)
Author:松島 憲一


長野、岐阜の辛味 食文化と在来品種―唐辛子、わさび、辛味大根―
VESTA,115 2019(Jul. 12)
Author:松島憲一


Collaborative Exploration of Capsicum and Cucurbitaceae Vegetable Genetic Resources in Eastern Nepal, February 2018
Annual report on Exploration and Introduction of Plant Genetic Resources,34:215-227 2019(Mar. 30)
Author:Sugiyama, M. H.Sato, K.Matsushima, M.N.Paudel, D.S.Sherestha, A.Karkeejaya, S.Karki


Collaborative Exploration of Plant Genetic Resources in Eastern Cambodia, 2017
Annual report on Exploration and Introduction of Plant Genetic Resources,34:118-136 2019(Mar. 30)
Author:Mastsushima,K., S.Layheng, K.Hatakeyama, S.Kurumada, S.Sophany


ネパールのトウガラシ等の野菜遺伝資源とその食文化
農業,1641(-):58-63 2018(Aug. 01)
Author:松島憲一


トウガラシ在来品種を用いた研究動向と遺伝資源としての保全と利用
農業および園芸,93(8):707-713 2018(Aug. 01)
Author:松島憲一


Molecular Cloning, Expression and Characterization of a Squalene Synthase Gene from Grain Amaranth (Amaranthus cruentus L.)
Japan Agricultural Research Quarterly,50(4):307-317 2016(Oct. 01)
Author:Young-Jun PARK, Kazuhiro NEMOTO, Mineo MINAMI, Kenichi MATSUSHIMA, Tomohide NOMURA1), Jun-ichi KINOSHITA1), Tomotaro NISHIKAWA


Collaborative Survey of Amaranthus and Capsicum Genetic Resources in Nepal, February 2016
Annual report on Exploration and Introduction of Plant Genetic Resources,32:227-241 2016(Mar. 31)
Author:Kazuhiro NEMOTO, Kenichi MATSUSHIMA, Bal Krishna JOSHI, Krishna Hari GHIMIRE, Genki SUDA, Kanami HATAKEYAMA


長野県駒ヶ根市の在来作物 : 駒ヶ根市農林産物資源調査結果
信州大学農学部紀要,52:41-48 2016(Mar. 28)
Author:松島 憲一・竹村 真奈美・畠山 佳奈実・須田 元輝・山谷 美紀生・馬場 真優子・根本 和洋・南 峰夫
Keywords:在来品種, さわし柿, 中馬, 養蚕, 割柿


A low-pungency S3212 genotype of Capsicum frutescens caused by a mutation in the putative aminotransferase (p-AMT) gene
Molecular Genetics and Genomics,:pp 1-8 2015(Jun. 06)
Author:Young-Jun Park, Tomotaro Nishikawa, Mineo Minami, Kazuhiro Nemoto, Tomohiro Iwasaki, Kenichi Matsushima


トウガラシ栽培における果実の辛味変動とその要因
特産種苗,20:18-21 2015(Apr.)
Author:松島憲一


長野県中山間地におけるトウガラシ産地形成 : 在来品種の復活と新品種の開発・導入
特産種苗,(20):7-10,図巻頭1p 2015(Apr.)
Author:松島 憲一;


Comparison of seasonal growth and yield performances of Japanese cabbage varieties in Nagano, Japan
Bulletin Shinshu University Alpine Field Center,13:131-136 2015(Mar. 31)
Author:OWAH, James Daiwarkollie; NEMOTO, Kazuhiro; MATSUSHIMA, Ken-ich; MINAMI, Mineo


平成25年度ネパール環境教育海外研修報告およびネパール環境意識調査結果
信州大学農学部紀要,51:25-37 2015(Mar. 27)
Author:松島, 憲一; 坂本, 奈々; 澤田, 純平; 藤原, 亜沙美; 牧内, 和隆; 根本, 和洋; 南, 峰夫


Collaborative Exploration of the Solanaceae and Cucurbitaceae Vegetable Genetic Resources in Cambodia, 2014
Annual report on Exploration and Introduction of Plant Genetic Resources,31:169-187 2015(Feb. 28)
Author:Hiroshi MATSUNAGA, Kenichi MATSUSHIMA, Katsunori TANAKA, Sim THEAVY, Seang LAYHENG, Ty CHANNA, Yu TAKAHASHI, Norihiko TOMOOKA


A rapid and reliable PCR-restriction fragment length polymorphism (RFLP) marker for the identification of Amaranthus cruentus species
BREEDING SCIENCE,64(4):422-426 2014(Dec.)
Author:Park, Young-Jun; Nishikawa, Tomotaro; Matsushima, Kenichi; Minami, Mineo; Nemoto, Kazuhiro;


Molecular characterization and genetic diversity of the starch branching enzyme (SBE) gene from Amaranthus: the evolutionary origin of grain amaranths
MOLECULAR BREEDING,34(4):1975-1985 2014(Dec.)
Author:Park, Young-Jun; Nishikawa, Tomotaro; Matsushima, Kenichi; Minami, Mineo; Tomooka, Norihiko; Nemoto, Kazuhiro;


下伊那郡大鹿村において食用とされる野生植物について
信州大学農学部紀要,49(1・2):43-50 2013(Mar. 14)
Author:松島憲一・根本和洋・敦川亜紀子・加藤友希・大崎正太・西田弥生・南峰夫


長野県在来トウガラシ品種‘ぼたんこしょう’(Capsicum annuum L.)果実の抗酸化成分および呈味成分の貯蔵中変化
園芸学研究,11(3):379-385 2012(Sep. 30)
Author:野中 大樹, 松島 憲一, 南 峰夫, 根本 和洋, 濵渦 康範
Keywords:Brix, 伝統野菜, フルクトース, グルコース, 小型反射式光度計


Rapid Rutin Accumulation during Spear Elongation in Asparagus
HORTSCIENCE,47(5):599-602 2012(May)
Author:Motoki, Satoru; Kitazawa, Hiroaki; Kawabata, Tomonori; Sakai, Hiroaki; Matsushima, Ken-ichi; Hamauzu, Yasunori;


Use and conservation of edible wild plants in Bhutan
Journal of the Faculty of Agriculture Shinshu Unversity,48(1・2):75 2012(Mar. 27)
Author:Matsushima, K.,M.Minami, K.Nemoto


品種および収穫時期の違いが長期どり栽培されたアスパラガス(Asparagus officinalis L.)の破断応力およびルチン含量ならびにそれらの収穫後変化に及ぼす影響
日本食品保蔵科学会誌,38(5):207-212 2012
Author:元木 悟・北澤裕明・酒井浩晃・松島憲一・演渦康範


ブータン王国の山菜利用とGNH
科学,81(6):548-551 2011(Jun.)
Author:松島憲一


ブータン王国南部および西部地域における食用野生植物利用とその伝統知識に関する調査報告(第六次調査)
信州大学農学部紀要,47(1・2):41-68 2011(Mar.)
Author:松島憲一・南峰夫・根本和洋・Kinlay TSHERING・北村和也・中谷達明・加藤友希


Effects of Storage Temperature on the Postharvest Quality of Three Asparagus Cultivars Harvested in Spring
JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE,80(1):76-81 2011(Jan.)
Author:Kitazawa, Hiroaki; Motoki, Satoru; Maeda, Tomoo; Ishikawa, Yutaka; Hamauzu, Yasunori; Matsushima, Ken-ichi; Sakai, Hiroaki; Shiina, Takeo; Kyutoku, Yasushi;


Genetic diversity and expression analysis of granule bound starch synthase I gene in the New World grain amaranth (Amaranthus cruentusL.)
Journal of Cereal Science,53:298-305 2011
Author:Young-Jun Park, Kazuhiro Nemoto, Tomotaro Nishikawa, Kenichi Matsushima, Mineo Minami, and Makoto Kawase


Origin and evolution of the waxy phenotype inAmaranthus hypochondriacus:evidence from the genetic diversity in the Waxy locus
Molecular Breeding,03 2010(Dec.)
Author:Young-Jun Park, Kazuhiro Nemoto, Tomotaro Nishikawa, Kenichi Matsushima, Mineo Minami and Makoto Kawase


冷涼な地域での栽培に適したトウガラシ‘ロコト’(Capsicum pubescensRuiz.&Pav. )および‘ぼたんこしょう’(C. annuumL.)の機能性成分
園芸学研究,9(2):243-248 2010(Apr.)
Author:松島憲一・Orapin Saritnum・濵渦康範・安達 諒・原田浩平・南 峰夫・根本和洋
Keywords:遺伝資源,カプサイシン,カロテノイド,γ-アミノ酪酸,総フェノール


Waxy strains of three amaranth grains raised by different mutations in the coding region
Molecular Breeding,25(4):623-635 2010(Apr.)
Author:Young-Jun Park • Kazuhiro Nemoto •Tomotaro Nishikawa • Kenichi Matsushima •Mineo Minami • Makoto Kawase
Keywords:Grain amaranth, Waxy protein, Waxy mutant, Nonsense mutation


ブータン王国におけるRNR(Renewable Natural Resources) 研究に関わる行政・研究組織とその活動
信州大学農学部紀要,46(1・2):161-167 2010(Mar.)
Author:松島憲一・南峰夫・根本和洋
Keywords:農業,林業,畜産,研究,行政,ブータン王国


ブータン王国東部および南東部地域における食用野生植物利用とその伝統知識に関する春季調査報告(第五次調査)
信州大学農学部紀要,46(1・2):55-80 2010(Mar.)
Author:松島憲一・南峰夫・Kinlay Tshering・Laximi Thapa・濱渦康範・伊藤卓也・矢崎健至・根本和洋
Keywords:健康効果,食用植物,伝統知識,野生植物,ブータン王国,同名異種


ブータン王国西部および北西部地域における食用野生植物利用とその伝統知識に関する秋季調査報告(第四次調査)
信州大学農学部紀要,46(1・2):31-53 2010(Mar.)
Author:松島憲一・南峰夫・Kinlay Tshering・Laximi Thapa・浅井浩太郎・河村篤紀・村井克好・根本和洋
Keywords:健康効果,食用植物,伝統知識,野生植物,ブータン王国,植物性油脂


Molecular cloning and characterization of granule bound starch synthase I cDNA from a grain amaranth (Amaranthus cruentusL.)
Breeding Science,59(4):351-360 2009(Dec.)
Author:Young-Jun Park, Kazuhiro Nemoto, Tomotaro Nishikawa, Kenichi Matsushima, Mineo Minami and Makoto Kawase
Keywords:A. cruentus, grain amaranth, GBSSI, cDNA cloning, starch


キダチトウガラシ(Capsicum frutescensL) ‘S3212’系統の未熟果実色の遺伝
農業生産技術管理学会誌,16(2・3):77-79 2009(Dec.)
Author:オラピン サリットナム・松島憲一・南峰夫・根本和洋
Keywords:Capsicum frutescens,Capsicum chinense, 遺伝解析, 優性上位


ブータン王国における野生植物の食用利用
信州大学農学部紀要,45(1・2):49-54 2009(Mar.)
Author:松島憲一・南峰夫・根本和洋
Keywords:健康効果,食用植物,伝統知識,ブータン王国,野生植物


トウガラシ (Capsicumspp.) 遺伝資源の特性評価
信州大学農学部AFC報告,7:77-86 2009(Mar.)
Author:松島憲一・辻旭弘・Orapin Saritnum・南峰夫・根本和洋・池野雅文
Keywords:遺伝資源,果実形質,カプサイシノイド,トウガラシ


レタスの部位と生育ステージによるセスキテルペンラクトン含量の差異
園芸学研究,8(1):13-17 2009
Author:荒川浩二郎・南峰夫・中村浩蔵・松島憲一・根本和洋
Keywords:HPLC, 機能性成分, 成分育種, 選抜, 試料採取法


Genetic Relationship of Galangal (Alpinia galangaWilld.) in Thailand by RAPD Analysis
SABRAO Journal,41(1):69-76 2009
Author:O. Saritnum, P. Sruamsiri, M. Minami,K.I. Matsushima, K.Nemoto
Keywords:Alpinia galanga; cluster analysis; galangal; medicinal plant; RAPD; Zingiberaceae; 1 '-acetoxychavicol acetate


ブータン王国西部地域における食用野生植物利用とその伝統知識に関する調査報告(第三次調査)
信州大学農学部紀要,44(1・2):9-20 2008(Mar.)
Author:松島憲一・根本和洋・南峰夫・Dawa DELMA・Laximi THAPA・梅田明稔・大川龍・小澤俊輔・辻旭弘
Keywords:健康効果,食用植物,伝統知識,野生植物,ブータン王国


野菜の機能性に関する品種開発と研究
農耕と園芸,63(2):100-103 2008
Author:松島憲一


山形, 鳥取, 兵庫, 京都, 佐賀, 福岡, 大分, 長野県におけるマメ科植物遺伝資源の多様性保全2007年
植物遺伝資源探索導入調査報告書,24:9-19 2008
Author:友岡 憲彦・加賀 秋人・伊勢村 武久・黒田 洋輔・Asta Taman・松島 憲一 ・根本 和洋 ・Duncan A. Vaughan


Lactuca属とCichorium属におけるセスキテルペンラクトン含量の変異
園芸学研究,7(4):499-504 2008
Author:荒川浩二郎・南峰夫・中村浩蔵・松島憲一・根本和洋
Keywords:HPLC, 遺伝変異, 苦味, 成分育種, 薬用植物


Inheritance of Few-pungent Trait in Chili Pepper 'S3212' (Capsicum frutescens)
Journal of the JapaneseSociety for Horticultural Science,77(3):265-269 2008
Author:Orapin Saritnum・Mineo Minami・Kenichi Matsushima・Yasuhiro Minamiyama・Masashi Hirai・Toshiro Baba・Hiromi Bansho
Keywords:capsaicinoids, cleaved amplified polymorphic sequence (CAPS), inheritance, pungency, random amplified polymorphic DNA (RAPD)


東ブータンにおける食用野生植物利用とその伝統知識に関する調査報告(第二次調査)
信州大学農学部紀要,43(1・2):43-59 2007(Mar.)
Author:松島憲一・根本和洋・南峰夫・Dawa DELMA・Laximi THAPA・中野将宜・増田倫久
Keywords:健康効果,食用植物,伝統知識,野生植物,ブータン王国


タイ北部Chiang Mai県およびLamphun県における食用野生植物の利用とその伝統知識に関する調査報告
信州大学農学部紀要,43(1・2):61-72 2007(Mar.)
Author:松島憲一・南峰夫・Orapin SARITNUM・Pittaya SRUAMSIRI・渡邉篤史・根本和洋
Keywords:健康効果,食用野生植物,タイ王国,ChiangMai,伝統知識


レタスにおけるSesquiterpene Lactones分析用試料の調整方法
北陸作物学会報,42:120-124 2007
Author:荒川浩二郎・田中雅透・中村浩蔵・南峰夫・石田了・六角啓一・松島憲一・根本和洋


ブータン王国における食用野生植物の利用とその伝統知識に関する調査報告(第一次)
信州大学農学部紀要,42(1・2):37-47 2006(Mar.)
Author:松島憲一;根本和洋;中島紀昌;Dawa Dema;Laximi Thapa;渡邊篤史;前川郁;馬場敏郎;松下岳


RAPD法によるトウガラシ属の類縁関係の解析および種の同定
園芸学研究,4(3):259-264 2005(Sep.)
Author:小仁所邦彦,南峰夫,松島憲一,根本和洋
Keywords:RAPD, 類縁関係, 種の同定, トウガラシ


播種期の違いが普通ソバ(Fagopyrum esculentum)の種子ルチン含量と生育に及ぼす影響
北陸作物学会報,40:90-92 2005(Jul.)
Author:玉春恵美子,南峰夫,松島憲一,根本和洋


子実用アマランサスにおける短日条件から長日条件への変更が花芽形成と発達に及ぼす影響
北陸作物学会報,40:100-101 2005(Jul.)
Author:山戸潤,根本和洋,南峰夫,松島憲一


ダッタンソバ(Fagopyrum tataricum)におけるエチルメタンスルフォネート(EMS)処理条件の検討
北陸作物学会報,40(5):93-95 2005(Jul.)
Author:高橋一平,南峰夫,松島憲一,根本和洋


トウガラシ属(Capsicumspp.)におけるカプサイシノイドの種間および種内変異の解析
園芸学研究,4(2):153-158 2005(Jun.)
Author:小仁所邦彦,南峰夫,松島憲一,根本和洋
Keywords:変異, HPLC, 遺伝資源, 果実形質, カプサイシノイド, トウガラシ


播種期がアマランサス2系統(関東2号・GA5252)の収量および諸形質に及ぼす影響
信州大学農学部AFC報告,3:33-36 2005(Mar.)
Author:山戸潤,根本和洋,南峰夫,松島憲一
Keywords:Amaranthus cruentus,アマランサス,収量,播種期


代かき同時土中点播機の点播形状の改善
九州沖縄農業研究センター研究資料,61:11-21 2005(Mar.)
Author:田坂浩平・松島憲一・脇本賢三・吉永悟志


代かき作溝同時土中点播技術の開発
九州沖縄農業研究センター研究資料,61:23-28 2005(Mar.)
Author:田坂浩平・松島憲一・脇本賢三・吉永悟志


水稲湛水直播栽培における酸素発生剤種子被覆による石灰窒素薬害回避
九州沖縄農業研究センター研究資料,91:35-42 2005(Mar.)
Author:松島憲一・脇本賢三・田坂浩平・吉永悟志・大森博昭


水稲種子への酸素発生剤と薬剤の混和被覆が出芽に与える影響
九州沖縄農業研究センター研究資料,91:29-34 2005(Mar.)
Author:松島憲一・田坂浩平・脇本賢三・吉永悟志


播種期が普通ソバ(Fagopyrum esculentum)の種子ルチン含量と生育に及ぼす影響
北陸作物学会報,(40):90-92 2005
Author:玉春恵美子;南 峰夫;松島憲一;根本和洋


Inter- and Intra- Specific Variation of Capsaicinoid Content and Composition inChili Pepper(Capsicumspp.)
Proceedings 10th International Congress of SABRAO,:B-17 2005
Author:Matsushima,K., M.Minami, K.Nemoto and K.Konisho


Genetic Diversity ofGalanga (Alpiniaspp.) in Thailandas Determined by Ramdomly Amplified Polymorphic DNA Marker
Proceedings 10th International Congress of SABRAO,:B-29 2005
Author:Saritnum,O., M.Minami, K.Matsushima, K.Nemoto, and P.Sruamsiri


水稲湛水直播栽培における害虫貝防除時の薬害回避に関する研究
信州大学農学部AFC報告,2:1-22 2004(Mar.)
Author:松島憲一
Keywords:イミダクロプリド剤,酸素発生剤,本稲湛本直播栽培,スクミリンゴガイ,石灰窒素


水稲湛水直播栽培におけるスクミリンゴガイ防除への石灰窒素利用
信州大学農学部紀要,40(1・2):19-25 2004(Feb.)
Author:松島憲一
Keywords:酸素発生剤,代かき,水稲湛水直播,スクミリンゴガイ,石灰窒素


代かき同時土中点播機の播種深度決定要因の解析
農業機械学会誌,66(5):107-116 2004
Author:田坂幸平,吉永悟志,松島憲一,関正裕,高橋仁康,脇本賢三


異なる日長条件下におけるAmaranthus hypochondriacusの出穂反応について
北陸作物学会報,39:64-65 2004
Author:山戸潤・南峰夫・松島憲一・根本和洋


トウガラシはどこから来てどこにいくのか?-起源・伝播とこれからの育種-
農耕と園芸,59(2):130-133 2004
Author:松島憲一


水稲湛水直播栽培における酸素発生剤種子被覆および代かきによる石灰窒素の出芽障害緩和
日本作物学会紀事,72(3):282-289 2003(Sep.)
Author:松島憲一,脇本賢三,吉永悟志,田坂幸平,大森博昭
Keywords:酸素発生剤, 代かき, 水稲湛水直播, スクミリンゴガイ, 石灰窒素, 薬害


水稲打込み式代かき同時土中点播機の点播形状の改善
農業機械学会誌,64:167-176 2003
Author:田坂幸平,吉永悟志,松島憲一,脇本賢三


住民参加による農村地域の水環境管理のための計画策定
圃場と土壌,34(9):2-8 2002(Sep.)
Author:松島憲一


酸素発生剤とイミダクロプリド剤を混和被覆した水稲種子の湛水土中出芽性
日本作物学会紀事,71(3):389-393 2002(Sep.)
Author:松島憲一,田坂幸平,吉永悟志,脇本賢三
Keywords:イミダクロプリド剤, 酸素発生剤, 出芽, 水稲, 湛水直播, 薬害


酸素発生剤と農薬を混和被覆した水稲種子の打込み播種時の剥離率
九州農業研究,64:144 2002(May)
Author:田坂浩平,松島憲一,高橋仁康,関正裕


石灰窒素の散布が湛水土中直播栽培の出芽に及ぼす影響
日本作物学会紀事,71(1):11-16 2002(Mar.)
Author:松島憲一,脇本賢三,吉永悟志,田坂幸平,大森博昭
Keywords:出芽, 水稲, スクミリンゴガイ, 石灰窒素, 湛水直播, 薬害


暖地の湛水直播栽培における土中点播水稲の生育特性―後期重点施肥による成育特性の変化と収量性の向上―
日本作物学会紀事,71:328-334 2002
Author:吉永悟志,竹牟礼穣,脇本賢三,田坂幸平,松島憲一,下坪訓次


椎葉村の伝統的焼畑農耕文化
比較文化研究,53(2):151-159 2001(Jul.)
Author:松島憲一・西川芳昭・笹原和哉・八田浩一


湛水土中直播栽培における水稲育成系統「西海238号」の特性評価
日本作物学会九州支部会報,67:1-3 2001(May)
Author:松島憲一,脇本賢三,吉永悟志,田坂浩平


コートジボアールにおける食用農産物の市場事情
熱帯農業,45(1):64-74 2001(Mar.)
Author:松島憲一
Keywords:アビジャン,市場,国際協力,コートジボアール,西アフリカ,農産物


暖地の湛水直播栽培における土中点播水稲の生育特性―散播水稲との生育特性の差異―
日本作物学会紀事,70:541-547 2001
Author:吉永悟志,脇本賢三,田坂幸平,松島憲一,富樫辰志,下坪訓次


打込み式代かき同時土中点播栽培による湛水直播水稲の耐倒伏性向上―播種様式および苗立ち密度が耐倒伏性に及ぼす影響―
日本作物学会紀事,70:186-193 2001
Author:吉永悟志・脇本賢三・田坂幸平・松島憲一・富樫辰志・下坪訓次


打込み式代かき同時土中点播栽培による湛水直播水稲の耐倒伏性向上―耐倒伏性向上および安定化のための点播条件-
日本作物学会紀事,70:194-201 2001
Author:吉永悟志,脇本賢三,田坂幸平,松島憲一,富樫辰志,下坪訓次


湛水土中直播栽培における水稲育成系統「西海232号」の特性評価
日本作物学会九州支部会報,66(1):25-27 2000(May)
Author:松島憲一,脇本賢三,吉永悟志,田坂浩平


湛水直播栽培における播種後の落水管理が施肥窒素の動態および水稲の生育・収量に及ぼす影響
日本作物学会紀事,69:186-193 2000
Author:吉永悟志,西田瑞彦,脇本賢三,田坂幸平,松島憲一,富樫辰志,下坪訓次


ブルキナファソの農業・農村
国際農林業協力,22(1):19-23 1999(Apr.)
Author:松島憲一


コートジボアールの農業・農村
国際農林業協力,21(10), 36-43,21(10):36-43 1999(Mar.)
Author:松島憲一


トウガラシにおける辛味成分含量の経時的変化
北陸作物学会報,34:128-129 1999
Author:豊田美和子;井上匡;小仁所邦彦;松島憲一;南峰夫;根本和洋
Keywords:トウガラシ・辛味成分含量・カプサイシン・登熟期


RAPD法によるトウガラシ(Capsicumspp.)の変異分析
北陸作物学会報,34(5):144-146 1999
Author:小仁所邦彦,井上匡,豊田美和子,南峰夫,松島憲一,根本和洋,氏原暉男.
Keywords:遺伝変異・トウガラシ・RAPD


Quantitative Analysis of Capsaicinoid in Chilipepper(Capsicumsp.) by High Performance Liquid Chromatography - Operating Condition, Sampling and Sample Preparation -
J.Fac.Agr.Shinshu Univ.,34(2):97-102 1998(Mar.)
Author:M.Minami,K.Matsushima,A.Ujihara
Keywords:Capsicum,chili pepper,capsaicinoid,HPLC analysis,metaxenia


講演・口頭発表等
ししとう(Capsicum annuum)の極低辛味性に寄与する2遺伝子座Shql3・Shql7の同定
園芸学研究 20(別2)122 2021(Sep. 11)
Presenter:近藤文哉・山口萌絵・根本和洋・永野惇・松島憲一


長野県伊那市における普通ソバ(Fagopyrum esculentum)の結実・圃場標高と訪花昆虫の関係.
日本作物学会講演会要旨集 251:113 2021(Mar. 29)
Presenter:宮地 ひかる, 根本 和洋, 松島 憲一


鳥取県在来甘トウガラシ品種‘三宝大甘長’(Capsicum annuum)における非辛味性原因遺伝子の特定.
園芸学研究20(別1):104 2021(Mar. 28)
Presenter:山口萌絵・近藤文哉・根本和洋・松島憲一


単為結果処理によって辛味変動が生じた‘ししとう’ (Capsicum annuum)果実に おけるトランスクリプトーム解析.
園芸学研究20(別1):105 2021(Mar. 28)
Presenter:近藤文哉・山口萌絵・根本和洋・松島憲一


キダチトウガラシ(Capsicum frutescens)のへた離れ性を制御する遺伝子の発現解析.
園芸学研究20(別1):107 2021(Mar. 28)
Presenter:楯晋太朗・根本和洋・松島憲一


Drought Stress Induced Increase of Pungency and Expression of Capsaicinoid Biosynthesis Genes in Chili Pepper (Capsicum annuum L.)
Hort. Res.(JAPAN) 20(supl.1): 261 2021(Mar. 28)
Presenter:Rathnayaka R. M. S. M. B., F. Kondo, S. P. Sudasinghe, K. Nemoto, K. Matsushima


Relationship between Soil Phosphorus with Capsaicinoid, Sugar and Glutamic Acid Content in Chili Pepper
Res.Toropic.Agric 14(EX1):33-34. 2021(Mar. 17)
Presenter:Sudasinghe.S.P., R.M.S.M.B. Rathnayaka, Kazuhiro Nemoto, Kenichi Matsushima


History of Cannabis (Ganja) as an Economic Crop in Bangladesh from the Late 18th Century to 1989
Res.Tropic Agric. 14(EX.1) 1-2. 2021(Mar. 16)
Presenter:Rahman Md. Atiar, Kazuhiro Nemoto, Ken-Ichi Matsushima, Shaikh Bokhtear Uddin, A.K.M. Golam Sarwar


Traditional cultivation and production system of cannabis by the Ganja Society in Naogaon, Bangladesh
Res.Tropic Agric. 14(EX.1) 3-4. 2021(Mar. 16)
Presenter:Rahman Md. Atiar, Kazuhiro Nemoto, Ken-Ichi Matsushima, Shaikh Bokhtear Uddin, A.K.M. Golam Sarwar


カンボジア収集トウガラシ (Capsicum spp.)遺伝資源の辛味成 分含量の分布と諸形質との関係.
熱帯農業研究14(別1):11-12 2021(Mar. 16)
Presenter:小原正史・畠山佳奈実・徳田真帆・山崎晶絵・根本和洋・松島憲一


ミャンマー北西部ザガイン地方域より収集したトウガラシ遺伝資源(Capsicum spp.)の 特性評価
熱帯農業研究14(別1):7-8 2021(Mar. 16)
Presenter:海野研太郎・Ohm Mar Saw・近藤文哉・根本和洋・松島憲一


カンボジア東部および南部収集トウガラシ(Capsicum spp.)遺伝資源の評価
熱帯農業研究 13 別2 5-6 2020(Nov. 07)
Presenter:小原正史,畠山佳奈実,車田翔平,南峰夫,根本和洋,松島憲一


Effect of Environmental Stress on Growth and Yield in Chili Pepper
Res. Tropic, Agric. 13 ex2 15-16 2020(Nov. 07)
Presenter:Rathnayaka R.M.S.M.B, S. P. Sudasinghe, Kazuhiro Nemoto, Kenichi Matsushima


辛味が変動したししとう(Capsicum annuum)果実におけるカプサイシノイド合成関連遺伝子の発現解析
育種学研究 22 別1 115 2020(Mar. 28)
Presenter:近藤文哉・根本和洋・松島憲一


‘ししとう’(Capsicum annuum)果実の単為結果処理が辛味変動および辛味成分合成関連遺伝子発現におよぼす影響
園芸学研究 19 別1 331 2020(Mar. 21)
Presenter:近藤文哉・根本和洋・松島憲一


ネパール産トウガラシ遺伝資源未同定系統の種同定に向けた複数遺伝子領域の配列解析
園芸学研究 19 別1 163 2020(Mar. 21)
Presenter:板東克哉・千葉一樹・B.K.Joshi・H.J.Gimire・D.S.Shrestha・根本和洋・松島憲一


国内産トウガラシ在来品種(Capsicum annuum)の多型解析による遺伝的類縁関係の解明
園芸学研究 19 別1 162 2020(Mar. 21)
Presenter:車田翔平・根本和洋・南峰夫・朴永俊・松島憲一


Effect of salinity stress in soil on the taste component in chili pepper (Capsicum spp.)
Hort. Res. (Japan) 19 supple. 1 157 2020(Mar. 21)
Presenter:Rathbayaka R.M.S.M.B, S.P.Sudasinghe, K. Nemoto, K. Matsushima


Effect of the phosohorus level in Soil for capsaicinoid and sugar content in chili pepper (Capsicum spp.)
Hort. Res. (Japan) 19 supple. 1 158 2020(Mar. 21)
Presenter:Sudasinghe S.P., R.M.S.M.B. Rathnayaka, K. Nemoto, K. Matsushima


Collaborative exploration of Capsicum plant genetic resources in Northwest Myanmar
Res. Tropic. Agric. 12 Ex.1 15-16 2020(Mar. 17)
Presenter:Kondo, F., S. Yoshida, Ohm Mar Saw, K. Shimomura, N. Yomooka, K.Matsushima


ネパール中西部・極西部より収集したトウガラシ(Capsicum spp.)遺伝資源の評価
熱帯農業研究 13 別1 87-88 2020(Mar. 17)
Presenter:小原正史・鈴木雅之・B.K.Joshi・ H.K.Ghimire・D.S.Shrestha・南峰夫・根本和洋・松島憲一


ネパール産トウガラシ遺伝資源の種同定に向けたSSRマーカーによる多型解析
熱帯農業研究 13 別1 85-86 2020(Mar. 17)
Presenter:徳田真帆・車田翔平・千葉一樹・B.K.Joshi・ H.K.Ghimire・D.S.Shrestha・根本和洋・松島憲一


Collaborative exploration of plant genetic resources in Southern Camnodia
Res. Tropic. Agric. 12 Ex.1 17-18 2020(Mar. 17)
Presenter:K.Yamaguchi, K. Nanodo, S.P. Sudasinghe, M. Leakhena, S. Sophany, Matsushima.


ミャンマーザガイン管区におけるウリ科遺伝資源の探索
熱帯農業研究 13 別1 47-48 2020(Mar. 17)
Presenter:下村晃一郎・松島憲一・近藤文哉・吉田沙樹・友岡紀彦・Ohm Mar Saw


‘ししとう’(Capsicum annuum)果実における辛味強度,種子数および辛味成分合成関連遺伝子発現の関係
2019年度育種学会中部地区談話会講演要旨集 2019(Nov. 30)
Presenter:近藤文哉・根本和洋・松島憲一


普通ソバ(Fagopyrum esculentum)における高ルチン含量優良系統の育成(5)
2019年度育種学会中部地区談話会講演要旨集 2019(Nov. 30)
Presenter:坂井邑嘉・南峰夫・谷口岳志・根本和洋・松島憲一


Collaborative Exploration of Plant Genetic Resouces in Northern Cambodia
熱帯農業研究 12 別1 21-22 2019(Mar. 16)
Presenter:Tokuda, M., S.Layheng, R.M.S.M.B Rathnayaka, F.Kondo, S.Sophany, O.Makara, K.Matsushima


普通ソバ(Fagopyrum esculentum)における高ルチン含量優良系統の育成(4)
平成30年育種学会中部地区談話会講演要旨集 2018(Oct. 28)
Presenter:松島憲一・馬場真優子・谷口岳志・山口秀和・後藤和美・根本和洋・坂井邑嘉・南峰夫


単為結果トウガラシ果実の辛味成分合成関連遺伝子の発現解析
園芸学研究 17 別2 260 2018(Sep. 22)
Presenter:近藤文哉・畠山佳奈実・朴永俊・根本和洋・南峰夫・松島憲一


千曲川・信濃川流域在来トウガラシ‘ぼたんこしょう’系統群の DNA 多型解析による類縁関係の類推
園芸学研究 17 別2 514 2018(Sep. 22)
Presenter:車田翔平・根本和洋・南峰夫・松島憲一


AFLP法を用いた国内産トウガラシ在来品種(Capsicum annuum)の遺伝的類縁関係の解析
園芸学会東海支部平成30年度研究発表要旨 2018(Sep. 04)
Presenter:車田翔平・根本和洋・南峰夫・松島憲一


長野県在来カブ品種「清内路赤根」集団内における S ハプロタイプの優劣関係
育種学研究 2018(Mar. 25)
Presenter:須田 元輝, 大岡 彩夏, 朴 永俊, 南 峰夫, 松島 憲一, 根本 和洋


滋賀県長浜市余呉町の在来トウガラシ品種‘よのみ’の果実特性と利用法
園芸学研究 17 別1 203 2018(Mar. 24)
Presenter:畠山佳奈実・大石高典・黒田未寿・野間直彦・車田翔平・須田元輝・根本和洋・松島憲一


ネパール西部におけるマメ科作物と近縁野生種の探索、2016年
熱帯農業研究 11 別1 61-62 2018(Mar. 10)
Presenter:友岡憲彦・高橋有・D.M.S.Dongol・根本和洋・松島憲一・S.Sharma・D.S.Shrestha・G.D.Joshi・K.H.Ghimire・ B.K.Joshi・ M.N.Paudel


Exploration of plant genetic resources in Eastern Cambodia
Research for Tropical Agriculture 11 ex.1 47-48 2018(Mar. 10)
Presenter:Kurumada,S., S.Layheng, K.Hatakeyama, S.Sophany, K.Matsushima


トウガラシ属植物(Capsicum spp.)の種間接ぎ木親和性の評価
第25回日本育種学会中部地区談話会研究発表会 2017(Dec. 02)
Presenter:松島憲一、篠原花菜、車田翔平、根本和洋、南峰夫


キダチトウガラシ(Capsicum frutescens)におけるへた離れ性について
第25回日本育種学会中部地区談話会研究発表会 2017(Dec. 02)
Presenter:松島憲一、一井映里奈、畠山佳奈実、根本和洋、南峰夫


Evaluation of genetic resources of Capsicum spp. collected in central Nepal.
Research for Tropical Agriculture 10 ex.2 25-26 2017(Oct. 22)
Presenter:K.Chiba, M.N.Paudel, B.K.Joshi, H.K.Ghimire, D.S.Shrestha, Khatakeyama, G.Suda, M.Minami, K.Nemoto, K.Matsushima.


マレーシア西海岸より収集したトウガラシ(Capsicum spp.)遺伝資源の評価
熱帯農業研究 10 別2 23-24 2017(Oct. 21)
Presenter:畠山佳奈実・鈴木直樹・根本和洋・松永啓・友岡憲彦・南峰夫・松島憲一


Evaluation and characterization of genetic resources of Amaranthus spp. collected in central Nepal
Research for Tropical Agriculture 10 ex2 63-64 2017(Oct. 21)
Presenter:Munakata, Y., M.N.Paudel, B.K.Josh, H.K.Ghimire, D.S.Shrestha, K.Hatakeyama, G.Suda, M.Minami, K.Matsushima, K.Nemoto


Collaborative Exploration for Amaranthus and Capsicum genetic resources in Nepal 2016
Research for Toropical Agriculture 10 ex.2 65-66 2017(Oct. 21)
Presenter:K.nemoto, K.Matsushima, K.Shimomura, K.Yashiro, D.S.Shresyha, D.M.S.Dongol, K.D.Josh, B.K.Joshi, H.K.Ghimire, M.N.Paudel


SSR マーカーを用いた国内産トウガラシ在来品種(Capsicum annuum)の遺伝的類縁関係
園芸学研究 16 別2 211 2017(Sep. 02)
Presenter:車田翔平・朴永俊・南峰夫・根本和洋・松島憲一


Effects of water supply on the sugar, glutamic acid and capsaicinoid content in chili pepper (Capsicum annuum)
Horticultural Research (JAPAN) 16 ex.2 177 2017(Sep. 02)
Presenter:Rathnayaka,R.M.S.M.B, Y.Park, M.Minami, K.Nemoto, K.Matsushima


トウガラシ・ピーマン類(Capsicum annuum)の呈味成分含量の評価
園芸学研究 16 別1 350 2017(Mar. 19)
Presenter:畠山佳奈実・北沢美嘉・朴永俊・根本和洋・南峰夫・北村創・松島憲一


ネパール西部および極西部におけるウリ科遺伝資源の探索
熱帯農業研究 10 別1 2017(Mar. 11)
Presenter:下村晃一郎・八城和敏・根本和洋・松島憲一・Thanh-Thy Duong・Deepa Singh Sherestha・Santosh Sharma・Ganesh Datt Joshi


普通ソバ(Fagopyrum esculentum)における高ルチン含量優良系統の育成(3)
第24回育種学会中部地区談話会講演要旨集 2016(Nov. 19)
Presenter:馬場真優子・谷口岳志・南峰夫・松島憲一・根本和洋・塩川正則


トウガラシ属(Capsicum spp.)における果実の多汁性形質を支配する遺伝子の同定
園芸学会東海支部会平成28年度研究発表会要旨 2016(Oct. 20)
Presenter:岩崎倫大・朴永俊・根本和洋・南峰夫・北村創・松島憲一


ネパール中部地区で収集されたアマランサス・トウガラシ遺伝資源
熱帯農業研究 9 別2 21-22 2016(Oct. 08)
Presenter:根本和洋・松島憲一・B.K.Joshi・H.K.Gimire・須田元輝・畠山佳奈実


カンボジア西部地域より収集したトウガラシ(Capsicum spp.)遺伝資源の評価
熱帯農業研究 9 別2 15-16 2016(Oct. 08)
Presenter:畠山佳奈実・松島憲一・松永啓・友岡憲彦・Sakhan Sophany・朴永俊・根本和洋・南峰夫


単為結果処理によるトウガラシ果実中のCapsaicin, DihydrocapsaicinおよびCapsiateの増加
園芸学研究 15 別2 2016(Sep. 10)
Presenter:畠山佳奈実・朴永俊・根本和洋・南峰夫・松島憲一


カンボジア西部・東部の在来メロンにおける果実および種子の多様性
育種学研究 18 別1 2016(Mar. 21)
Presenter:田中克典・Duong Thanh Thy・山下洋士・松永啓・松島憲一・Seang Layheng・Simso Teavy・Sankhan Sophany・友岡憲彦・加藤鎌司


キヌア(Chenopodium quinoa)における新規GBSS遺伝子の同定と発現解析
第23回育種学会中部地区談話会講演要旨集 2015(Nov. 21)
Presenter:木下純一・根本和洋・朴永俊・南峰夫・松島憲一・西川智太郎


日本在来カブ品種(Brassica rapa ssp.rapa)におけるSハプロタイプの遺伝的多様性および特性
第23回育種学会中部地区談話会講演要旨集 2015(Nov. 21)
Presenter:野村朋秀・根本和洋・朴永俊・南峰夫・松島憲一


普通ソバ(Fagopyrum esculentum)における高ルチン含量優良系統の育成(2)
第23回育種学会中部地区談話会講演要旨集 2015(Nov. 21)
Presenter:馬場真優子・谷口岳志・丸山秀幸・南 峰夫・松島憲一・根本和洋・塩川正則


長野県信濃町在来トウガラシ品種‘ぼたごしょう’の呈味成分および機能性成分含量について
園芸学会東海支部平成26年度研究発表要旨 2015(Aug. 22)
Presenter:松島憲一・岩崎倫大・南峰夫・根本和洋


アマランサスのイオンビーム照射M2集団におけるセシウム超九州系統の選抜
熱帯農業研究 8 別1 3-4 2015(Mar. 15)
Presenter:根本和洋・木下純一・長谷純宏・南峰夫・松島憲一


カンボジア西部地域におけるトウガラシ(Capsicum spp.)遺伝資源の探索結果について
熱帯農業研究 8 別1 2015(Mar. 14)
Presenter:松島憲一・松永啓・田中克典・友岡憲彦・高橋有・Simso Theavy・Seang Layheng・Ty Channa


キヌアにおける顆粒性デンプン合成酵素遺伝子(GBSS)の同定および発現解析
熱帯農業研究 8 別1 2015(Mar. 14)
Presenter:根本和洋・小嶋紗英香・朴永俊・西川智太郎・南峰夫・松島憲一


ソバ属種間雑種 (Fagopyrum esculentum × F.cymosum) 後代における稔性回復
第22回育種学会中部地区談話会講演要旨集 2014(Nov. 22)
Presenter:小池賢人・南 峰夫・松島憲一・根本和洋


普通ソバ(Fagopyrum esculentum)における高ルチン含量優良系統の育成
第22回育種学会中部地区談話会講演要旨集 2014(Nov. 22)
Presenter:岡田愛弓・丸山秀幸・宮本恵理・高橋栄里・南峰夫・吉田清志・松島憲一・根本和洋


Edible wild Plants in Bhutan
14th Congress of International Society of Ethnobiology 2014(Jun. 01)
Presenter:Matsushima, K-I., M.Minami


Edible wild fern and their traditional knowledge in Bhutan
14th Congress of International Society of Ethnobiology 2014(Jun. 01)
Presenter:Minami, M., K-I. Matsushima


DNA多型解析による日本の在来トウガラシ品種の類縁関係
園芸学研究 13 別1 126 2014(Mar. 29)
Presenter:松島憲一・伊藤卓也・南峰夫・根本和洋・北村和也


S3212(Capsicum frutescens)とC.annuum品種の種間交雑による雑種作出
育種学会中部地区談話会第21会講演要旨集 2013(Nov. 30)
Presenter:松島憲一・山本真利奈・雑賀友実・南峰夫・根本和洋


Sハプロタイプを使用とした長野県在来カブ品種‘諏訪紅蕪’の遺伝的多様性の評価
長野県園芸研究会第44回研究発表会講演要旨 2013(Mar. 06)
Presenter:山下英吾・根本和洋・南峰夫・松島憲一


長野県の在来トウガラシ品種の諸特性
長野県園芸研究会第44回研究発表会講演要旨 2013(Mar. 06)
Presenter:松島憲一・北村和也・桂川直也・南峰夫・根本和洋


トウガラシ種間交配とそれにより発生した裂果症状について
長野県園芸研究会第44回研究発表会講演要旨 2013(Mar. 06)
Presenter:松島憲一・雑賀友実・南峰夫・根本和洋


トウガラシ辛味成分定量への近赤外分光光度計の利用
長野県園芸研究会第44回研究発表会講演要旨 2013(Mar. 06)
Presenter:松島憲一・川口奏子・南峰夫・根本和洋


大鹿村で食用利用されている野生植物
長野県園芸研究会第40回研究発表会講演要旨 2013(Mar. 06)
Presenter:松島憲一・根本和洋・敦川亜紀子・加藤友希・大崎正太・西田弥生・南峰夫


トウガラシ属近縁種・野生種と栽培種Capsicum annuumの交雑親和性に関する研究
第20回育種学会中部地区談話会講演要旨 2012(Dec. 08)
Presenter:加藤友希・松島憲一・南峰夫・根本和洋


分子マーカーを用いたグアテマラ産アマランサス遺伝資源の見直し
熱帯農学研究 5 別1 15 2012(Mar. 31)
Presenter:根本和洋・敦川亜紀・朴永俊・南峰夫・松島憲一


Capsicum cardenasii×C.pubescens種間雑種の果実形質の遺伝
第43回研究発表会講演要旨 2012(Mar. 08)
Presenter:野中大樹・松島憲一・南峰夫・根本和洋


‘伏見甘長’ (Capsicum annuum)果実の単為結果により発生する苦味について
第43回研究発表会講演要旨 2012(Mar. 08)
Presenter:松島憲一・中澤未尋・桂川あやな・南峰夫・根本和洋・濵渦康範


冷涼な中山間地域の栽培に適したCapsicum pubescens多収系統の選抜
第19回育種学会中部地区談話会講演要旨集 2011(Dec. 10)
Presenter:野中大樹・松島憲一・南峰夫・根本和洋


遺伝資源評価のためのルチン含量分析に適したアスパラガス試料調製方法の検討
熱帯農業研究 4 2 1-2 2011(Sep.)
Presenter:野中大樹・松島憲一・伊藤卓也・K.Tshering・元木悟・酒井浩晃・濵渦康範・南峰夫・根本和洋
Keywords:アスパラガス ルチン 乾燥 遺伝資源


機能性成分分析に適したアスパラガス若茎サンプルの試料調製方法
長野県園芸研究会第42会講演会要旨集 2011(Mar.)
Presenter:松島憲一・伊藤卓也・Kinlay Tshering・元木悟・酒井浩晃・濱渦康範・南峰夫・根本和洋


長野県上伊那地域への導入へ向けたCapsicum baccatumの栽培諸形質および機能性成分の評価
長野県園芸研究会第42会講演会要旨集 2011(Mar.)
Presenter:伊藤卓也・松島憲一・高坂浩・寺部茜・南峰夫・根本和洋


甘トウガラシの機能性を高める育種素材の評価
園芸学研究 10 別1 151 2011(Mar.)
Presenter:小西あや子・松島憲一


長野県在来品種‘ぼたんこしょう’(C. annuum)果実中のアスコルビン酸・グルタミン酸・糖類含量
園芸学研究 10 別1 251 2011(Mar.)
Presenter:野中大樹・松島憲一・南峰夫・根本和洋・濵渦康範


単為結果が極低辛味系統S3212(Capsicum frutescens)の辛味に与える影響
園芸学研究 10 別1 352 2011(Mar.)
Presenter:桂川あやな・松島憲一・南峰夫・根本和洋・濵渦康範


ブータン王国南部・西部地域で食用利用される野生植物について
熱帯農業研究 3 別1 23-24 2011(Mar.)
Presenter:松島憲一・南峰夫・根本和洋・Kinlay Tshering・北村和也・中谷達明・加藤友希


窒素およびリンの施用量がトウガラシ辛味成分含量に与える影響
園芸学研究 9 別2 488 2010(Sep.)
Presenter:北村和也・松島憲一・川口奏子・南峰夫・根本和洋


キダチトウガラシ(Capsicum frutescens)系統S3212が有する極低辛味性に連鎖したマーカーの開発
園芸学研究 9 別2 161 2010(Sep.)
Presenter:桂川あやな・松島憲一・Orapin Saritnum・平井正志・南山泰宏・三村裕・南峰夫・根本和洋・千菊夫・中嶌美幸


長野県在来カブ・ツケナ品種‘保平蕪’におけるSハプロタイプを指標とした遺伝的多様性の評価
長野県園芸研究会第41回研究発表会講演要旨 2010(Mar.)
Presenter:根本和洋・加藤智也・南峰夫・松島憲一・西川芳昭・小澤俊輔


長野県在来カブ・ツケナ品種‘清内路赤根’,‘黒瀬カブ’,‘源助かぶ菜’におけるSハプロタイプの多様性
長野県園芸研究会第41回研究発表会講演要旨 2010(Mar.)
Presenter:小澤俊輔・根本和洋・南峰夫・松島憲一・朴永俊・西川智太郎・西川芳昭


ロコトトウガラシ(Capsicum pubescens)多収性品種の育成に向けた選抜
長野県園芸研究会第41回研究発表会講演要旨 2010(Mar.)
Presenter:松島憲一・野中大樹・南峰夫・根本和洋


長野県在来カブ・ツケナ品種におけるSハプロタイプの多様性
育種学研究 12 別1 227 2010(Mar.)
Presenter:小澤俊輔・根本和洋・南峰夫・松島憲一・朴永俊・西川智太郎・西川芳昭


Local varieties of chili pepper(Capsicumspp.) in Bhutan
Research for Rropical Agriculture 3 Ex.1 75-76 2010(Mar.)
Presenter:Kinlay Tsering, Kenichi Matsushima, Laxmi Thapa, Mineo Minami, Kazuhiro Nemoro


収穫時期,品種および保存方法の違いがアスパラガスの品質に及ぼす影響
園芸学研究 9 別1 174 2010(Mar.)
Presenter:元木悟・濵渦康範・川畑朋崇・松島憲一・酒井浩晃・北澤裕明・前田智雄・重盛勲


東南アジア原産トウガラシ系統の青枯病抵抗性評価
園芸学研究 9 別1 106 2010(Mar.)
Presenter:三村裕・吉川正巳・松島憲一・平井正志


ピーマン及びトウガラシにおけるネコブセンチュウ抵抗性素材の評価
園芸学研究 9 別1 105 2010(Mar.)
Presenter:杉田亘・藺牟田真作・松島憲一・前畑祐喜・溝辺真・南峰夫・黒木利美・根本和洋・長田龍太郎


長野県在来カブ品種‘清内路赤根’における品種内の形態的な変異と採種者の根形に対する認識
育種学会中部地区談話会第17回講演会要旨集 2009(Dec.)
Presenter:小澤俊輔・根本和洋・南峰夫・松島憲一・西川芳昭


ブータン王国東部・東南部地域で利用される食用野生植物について
熱帯農業研究 2 別2 17-18 2009(Oct.)
Presenter:松島憲一・南峰夫・Kinlay Tshering・Laximi Thapa・濵渦康範・伊藤卓也・矢崎健至・根本和洋


長野県在来カブ品種‘保平蕪’における自家採種の現況および集団内の形態的な遺伝的多様性の把握
長野県園芸研究会第40回研究発表会講演要旨 2009(Mar.)
Presenter:小澤俊輔・根本和洋・南峰夫・松島憲一・西川芳昭


ブータン王国西部、北部および南部地域で利用される食用野生植物について
熱帯農業研究 2 別1 23-24 2009(Mar.)
Presenter:松島憲一・南峰夫・Kinlay Tshering・Laximi Thapa・浅井浩太郎・河村篤紀・村井克好・根本和洋


ブータン王国で食用利用されているシダ植物について
熱帯農業研究 2 別1 25-26 2009(Mar.)
Presenter:松島憲一・松本定・南峰夫・Dawa Delma・Kinlay Tshering・Laximi Thapa


アスパラガス遺伝資源の機能性成分分析に適した試料調製方法
長野県園芸研究会第40回研究発表会講演要旨 2009(Mar.)
Presenter:松島憲一・今井憲治・Kinlay Tshering・Laxmi Thaps・元木悟・酒井浩晃・濱渦康範・南峰夫・根本和洋


土壌成分の違いがトウガラシの生育・収量・辛味成分含量に与える影響
園芸学会東海支部大会・第39回長野県園芸研究会合同大会研究発表要旨 2008
Presenter:川口奏子・松島憲一・室賀豊・中谷まゆみ・南峰夫・根本和洋


長野県在来カブ品種‘清内路赤根’における集団内の系統間変異
園芸学会東海支部大会・第39回長野県園芸研究会合同大会研究発表要旨 2008
Presenter:小澤俊輔・根本和洋・南峰夫・松島憲一・西川芳昭


ロコトトウガラシ(Capsicum pubescens)および長野県在来トウガラシ品種ぼたんこしょう(C.annuum)の機能性成分について
園芸学研究 7 別1 135 2008
Presenter:原田浩平・松島憲一・安達諒・濱渦康範・南峰夫・根本和洋・近藤君夫


ロコトトウガラシ(Capsicum pubescens) とトウガラシ野生種ウルピカ(C.cardenasii) の種間雑種を用いた種子色の遺伝解析
園芸学研究 7 別1 143 2008
Presenter:松島憲一・番匠弘美・馬塲敏郎・南 峰夫・根本和洋


ブータン王国西部地域で利用される食用野生植物について
熱帯農業研究 1 別1 91-92 2008
Presenter:松島憲一・根本和洋・南峰夫・Dawa Delma・Laximi Thapa・梅田明稔・大川龍・小澤俊輔・辻旭弘


Development of Cleaved Amplified Polymorphic (CAPS) Marker Linked to a Few-pungency Gene in Chili Pepper (Capsicum frutescens)
Horticultural Research (JAPAN) 7 Supl.1 143 2008
Presenter:Saritnum,O., K.Matsushima, M.Hirai, Y.Minamiyama, M.Minami, T.Baba, K. Nemoto


長野県北信地域のトウガラシ在来品種「ぼたんこしょう」の機能性成分の評価
育種学会中部地区談話会第15回講演会要旨集 2007
Presenter:安達諒・松島憲一・原田浩平・濱渦康範・南峰夫・根本和洋・近藤君夫・川口奏子


Inheritance of few-pungent trait inCapsicum frutescens
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science 6 Supl.1 132 2007
Presenter:Saritnum, O., M. Minami, K. Matsushima, Y. Minamiyama, M. Hirai, H. Bansho, K. Nemoto and T. Baba.


Identitification of RAPD Marker Linked to Few-pungent Trait inCapsicum frutescensUsing a Bulked Segregation Anlysis
育種学会中部地区談話会第15回講演会要旨集 2007
Presenter:Saritnum,O., K.Matsushima, M.Hirai, Y.Minamiyama, M.Minami, T.Baba, K. Nemoto
Abstract:1


長野県におけるロコトトウガラシ(Capsicum pubescens)の生育特性
園芸学会雑誌 35 別2 260 2006
Presenter:松島憲一;南竜二;南峰夫;根本和洋
Abstract:1


ロコトトウガラシ(Capsicum pubescens)の登熟に伴うカプサイシノイド含量の推移
長野県園芸研究会第37回研究発表会講演要旨 2006
Presenter:松島憲一;原田浩平;南竜二;南峰夫;根本和洋
Abstract:1


ブータン王国東部地域で利用される食用野生植物について
熱帯農業 50 別2 55-56 2006
Presenter:松島憲一;根本和洋;南峰夫;Dawa Delma;Laximi Thapa;中野将宣;増田倫久
Abstract:0


トウガラシ種間雑種を用いた果実重の遺伝解析
長野県園芸研究会第37回研究発表会講演要旨 2006
Presenter:松島憲一;馬場敏郎;番匠弘美;南峰夫;根本和洋;Orapin Saritnum
Abstract:1


トウガラシ種間雑種(Capsicum frutescens×C.chinense)F2世代における未熟果実色
育種学会中部地区談話会第14回講演会要旨集 2006
Presenter:馬場敏郎;松島憲一;番匠弘美;南峰夫;根本和洋;Orapin Saritnum
Abstract:1


タイ王国チェンマイおよびその近郊で利用される食用野生植物について
熱帯農業 50 別2 57-58 2006
Presenter:松島憲一;南峰夫;Orapin Saritnum;Pittaya Sruamsiri;渡辺篤史;根本和洋
Abstract:1


Capsaicinoid Contents in F2Generation of Interspecific Hybrid of Chili Pepper (Capsicum frutescens×C.chinense)
育種学会中部地区談話会第14回講演会要旨集 2006
Presenter:Saritnum O.;M.Minami;K.Matsushima;H.Bansho;K.Nemoto;T.Baba
Abstract:1


播種期の違いがロコトトウガラシ(Capsicum pubescens)の生育に及ぼす影響
長野県園芸研究会第36回研究発表会講演要旨 2005
Presenter:南竜二;松島憲一;南峰夫;根本和洋


ロコトトウガラシ(Capsicum pubescens)とトウガラシ野生種・ウルピカ(C.cardenasii)の種間雑種の種子色
長野県園芸研究会第36回研究会要旨 2005
Presenter:番匠弘美;松島憲一;南竜二;南峰夫;根本和洋;朴永俊
Abstract:1


マルチおよび夜間トンネル栽培がロコトトウガラシ(Capsicum pubescens)の生育・収量に及ぼす影響
平成17年度園芸学会東海支部研究発表要旨 2005
Presenter:南竜二;松島憲一;南峰夫;根本和洋
Abstract:0


マルチおよび栽培地の違いがロコトトウガラシ(Capsicum pubescens)の生育・収量に及ぼす影響
園芸学会雑誌 34 別2 422 2005
Presenter:南竜二;松島憲一;南峰夫;根本和洋
Abstract:0


ブータン王国で利用される食用野生植物について
熱帯農業 49 別2 69-70 2005
Presenter:松島憲一;中島紀昌;根本和洋;Dawa Dema;Laximi Thapa;前川郁;渡辺篤史;馬塲敏郎;松下岳;N.K.Pradhan;南峰夫
Abstract:1


ネパール産トウガラシ・ダーレクルサニと栽培種トウガラシの類縁関係
長野県園芸研究会第36回研究会要旨 2005
Presenter:松島憲一;番匠弘美;南峰夫;小仁所邦彦;松浦和哉;根本和洋
Abstract:1


西アフリカ産トウガラシの諸特性およびRAPD分析
熱帯農業 48 別1 61-62 2004
Presenter:松島憲一;小仁所邦彦;松浦美和子;守屋志保;南 峰夫;根本和洋;Deola Naibakelao


栽培地の違いがCapsicum pubescensの生育と収量に及ぼす影響
園芸学会雑誌 73 別2 395 2004
Presenter:南竜二;松島憲一;南峰夫;小仁所邦彦;根本和洋


ロコトトウガラシ(Capsicum pubescens)の諸特性
長野県園芸研究会第35回研究発表会講演要旨 2004
Presenter:松島憲一;南竜二;南峰夫;小仁所邦彦;根本和洋
Abstract:1


トウガラシ属栽培種における果実形質と辛味成分含量の種間および種内変異
園芸学会雑誌 73 別2 394 2004
Presenter:小仁所邦彦;松島憲一;番匠弘美;南竜二;南峰夫;根本和洋


トウガラシ遺伝資源の辛味成分
長野県園芸研究会第35回研究発表会講演要旨 2004
Presenter:松島憲一;番匠弘美;小仁所邦彦;南 竜二;南 峰夫;根本和洋


RAPD分析によるサトイモ(Colocasia esuculentaSCHOTT)エグイモ品種群の変異
熱帯農業 48 別2 65-66 2004
Presenter:根本和洋;鈴木見和;小西達夫;小仁所邦彦;南峰夫;松島憲一
Abstract:1


長野県青木村に自生するサトイモ(石芋)のRAPD分析
長野県園芸研究会第34回研究発表会講演要旨 2003
Presenter:鈴木見和;根本和洋;南峰夫;松島憲一


ミャンマー産トウガラシ(Capsicumspp.)の諸特性と辛味成分
長野県園芸研究会第34回研究発表会講演要旨,66-67 2003
Presenter:松島憲一;小仁所邦彦;松浦美和子;井上 匡;南 峰夫;根本和洋
Abstract:0


ミャンマー(マンダレー・ラーショー)の市場における農産物調査
熱帯農業 47 別1 93-94 2003
Presenter:中島紀昌;遠藤靖典;高橋一平;鈴木見和;松島憲一;南峰夫;根本和洋
Abstract:0


RAPD analysis of giant galanga (Alpinaspp.) varaieties in Thailand.
長野県園芸研究会第34回研究発表会講演要旨 2003
Presenter:Orapin S.;S.Pitaya;B.Venun;M.Minami;K.Matsushima
Abstract:0


西アフリカ産トウガラシの諸特性と辛味成分
育種学会中部地区談話会第10回講演会要旨集 2002
Presenter:松島憲一;小仁所邦彦;松浦美和子;守屋志保;南峰夫;根本和洋
Abstract:1


酸素発生剤とイミダクロプリド剤を混和被覆した水稲種子の湛水土中出芽性
日本作物学会紀事 70 別2 181-182 2001
Presenter:松島憲一;田坂幸平;吉永悟志;脇本賢三


石灰窒素の基肥施用が酸素供給剤被覆水稲種子の出芽に及ぼす影響
日本作物学会紀事 69 別2 162-163 2000
Presenter:松島憲一;脇本賢三;田坂幸平;吉永悟志
Abstract:1


ミャンマー・イラワジ川流域における農産物調査
熱帯農業 44 別1 121-122 2000
Presenter:松島憲一;田熊秀行


コートジボアールにおける農産物調査
熱帯農業 44 別1 119-120 2000
Presenter:松島憲一
Abstract:1


アジア各地から収集したトウガラシの辛味成分
育種学雑誌 45 別2 247 1995
Presenter:南峰夫;松島憲一;松浦和哉;氏原暉男
Abstract:0


中南米およびスペインから収集したトウガラシの諸特性と辛味成分について
育種学雑誌 43 別1 243 1993
Presenter:松島憲一;岡田英之;全雪琴;南峰夫;氏原暉男;藤森信一
Abstract:1


ネパール産トウガラシの辛味成分の評価
育種学雑誌 42 別2 522-523 1992
Presenter:南峰夫;全雪琴;松島憲一;唐沢傳英;氏原暉男


ネパール産トウガラシの諸特性と標高の関係
育種学雑誌 42 別1 334-335 1992
Presenter:松島憲一;南峰夫;氏原暉男


タイから収集したトウガラシ(Capsicumspp.)の諸特性と辛味成分について
熱帯農業30-31 1992
Presenter:松島憲一;全雪琴;南峰夫;唐沢傳英;氏原暉男


ネパールで収集したトウガラシについて
育種学雑誌 41 別2 176-177 1991
Presenter:南峰夫;松島憲一;氏原暉男


Drought Stress Induced Increase of Pungency and Expression of Capsaicinoid Biosynthesis Genes in Chili Pepper (Capsicum annuum L.).
Hort.Res.(Japan) 20 (supl.1): 261
Presenter:Rathnayaka R.M.S.M.B., F.Kondo, S.P.Sudasinghe, K.Nemoto, K.Matsushima


MISC
世界が恋する唐辛子
TRANSIT,53:70 2021(Sep. 15)
Author:鯨井隆正(著)、松島憲一(監修)


世界のトウガラシ類とその機能性
野菜情報,207:2 2021(Jun.)
Author:松島憲一


信州の伝統野菜採種の手引き
2021(Mar.)
Author:宮澤雅子・曽我江里・山戸潤・上杉壽和・松島憲一・坂元秀彦・芹澤啓明・清水偉孝・関功介・清原佑介
Abstract:ナス、トウガラシ、キュウリ、カボチャ、シロウリを担当


首狩り族のトウガラシ 植物遺伝資源探索<ミャンマー>
産直コペル,46 2021(Feb. 10)
Author:松島憲一


78番目と79番目の伝統野菜 高遠てんとうなんばんと芝平なんばん
産直コペル,45 2020(Dec. 10)
Author:松島憲一


お墓にこしょうを供えましょう 鹿児島県のこしょう花
産直コペル,44:34 2020(Oct. 10)
Author:松島憲一


Q:トウガラシは世界に何種類ありますか?A:わかりません。
産直コペル,43:30 2020(Aug. 10)
Author:松島憲一


「とうがらしの世界」とその謎
本・読書人の雑誌,45(8):44 2020(Jul. 22)
Author:松島憲一


疫病退散唐辛子
産直コペル,42:32 2020(Jun. 10)
Author:松島憲一


昆虫食は伝統的食文化
産直コペル,41:32 2020(Apr. 10)
Author:松島憲一


全国在来かぶらサミットに参加して~その多様性と伝統的採種法~
産直コペル,40:32 2020(Feb. 10)
Author:松島憲一


牧大根と自家採種
産直コペル,39:40 2019(Dec. 10)
Author:松島憲一


カンボジアのカボチャ 植物遺伝資源探索〈カンボジア編〉
産直コペル,38 2019(Oct. 10)
Author:松島憲一


とうがらし生産量日本一!?ー大田原の栃木三鷹ー
産直コペル,37:40 2019(Aug. 10)
Author:松島憲一


山の山菜、湖畔の山菜(茅野市ちの地区)
suwazine,6:21 2019(Jul. 01)
Author:松島憲一


農家とシェフを繋げる活動
産直コペル,36:22 2019(Jun. 10)
Author:松島憲一


保平蕪ととうじそば
産直コペル,35:42 2019(Apr. 10)
Author:松島憲一


風穴の漬け菜、安曇の稲核菜
産直コペル,34:54 2019(Feb. 10)
Author:松島憲一


昭和20年の記録を残す「野麦(ささのみ)のすいとん」(富士見町落合)
suwazine,5:21 2019(Feb. 01)
Author:松島憲一


1300年前の記憶ー山形県鶴岡市越沢集落の三角そばー
産直コペル,33:50 2018(Dec. 10)
Author:松島憲一


失われた村のきゅうりー羽淵キウリー
産直コペル,32:42 2018(Oct. 10)
Author:松島憲一


村人総出で収穫-花岡胡椒-
産直コペル,31:42-43 2018(Aug. 10)
Author:松島憲一


モーウィと瓜二つ「乙事赤うり」(富士見町乙事)
suwazine,04:23 2018(Jul. 01)
Author:松島憲一


大人になっても食べ続けて欲しい-羽広菜-
産直コペル,30:42-43 2018(Jun. 10)
Author:松島憲一


高原のみずみずしさ-番所きゅうり-
産直コペル,29:40-41 2018(Apr. 10)
Author:松島憲一


千曲川、信濃を越えれば信濃川-かぐらなんばん-
産直コペル,28:44-45 2018(Feb. 10)
Author:松島憲一


また来い(鯉)「鯉の旨煮」(諏訪全域)
suwazine,03:23 2018(Feb. 01)
Author:松島憲一


“福幸”の蕎麦と唐辛子
産直コペル,27:46-47 2017(Dec. 10)
Author:松島憲一


山村のナスはモッチモチの大型ナス
産直コペル,26:42-43 2017(Oct. 10)
Author:松島憲一


限界集落の星、鈴ヶ沢南蛮
産直コペル,25:40-41 2017(Aug. 10)
Author:松島憲一


やたらと旨い「ぼたんこしょう」
産直コペル,24:38-39 2017(Jun. 10)
Author:松島憲一


「信州の伝統野菜」制度のめざすものは
産直コペル,23:28-19 2017(Apr. 10)
Author:松島憲一


山国の海産物「寒天」(茅野市)
suwazine,02:21 2017(Feb. 01)
Author:松島憲一


「糸萱かぼちゃ」(茅野市糸萱)
suwazine,01:19-22 2017(Feb. 01)
Author:松島憲一


筑後平野の粉もん文化
Vesta,96:29 2014(Nov. 01)
Author:松島憲一


トウガラシの辛味の秘密 (夏! 香辛野菜が主役) -- (熱いぞトウガラシ)
現代農業,92(8):96-101 2013(Aug.)
Author:松島憲一


辛い大図鑑・唐辛子説明書
料理男子,9:42-45 2013(Jul. 10)
Author:松島憲一(監修)・瀧岡健太郎(撮影)・石出和香子(文)


日本トウガラシの刺激的な魅力
やさい畑,(夏号):33-41 2012(Jul. 03)
Author:松島憲一(監修)・丹野清志(撮影・文)・池田雅人(撮影)


やさいにだってワケがある なぜトウガラシは辛くなったのか
NHKテレビテキスト趣味の園芸やさいの時間,(51(6月)):92 2012(May 21)
Author:松島憲一


唐辛子を加工した薬味のいろいろ
食生活,(106(6月)):36 2012(May 10)
Author:松島憲一


トウガラシ ナス科
別冊現代農業 農家が教える品種とことん活用読本,:86-88 2011(Sep.)
Author:松島憲一


色彩を楽しむトウガラシ
NHKテレビテキスト趣味の園芸,461(8月):8-19 2011(Jul.)
Author:松島憲一


トウガラシ辛味成分の機能性
平成22年度野菜茶業課題別研究会資料ナス・ピーマン類の生産を取り巻く現状と今後の研究方向,:72-75 2010(Nov.)
Author:松島憲一


野菜の機能性用語小辞典
農耕と園芸,63(2):109-114 2008
Author:濱渦康範・河原岳志・近藤誠・松島憲一


激辛トウガラシの愉悦
やさい畑,(夏号):21,25,29 2006(Jun. 16)
Author:松島憲一(監修・撮影)・深沢次郎(撮影)・北村寛和(撮影)・石井雄司(撮影)・丹野清志(撮影)・甘利眞一(撮影)・松村千恵子(文)・北村路人(文)


旅するとうがらし(12回連載)
農耕と園芸,61(3)-62(2):32-33 2006
Author:松島憲一


内蒙古のエンバク麺
麺の世界,3:26-29 2006
Author:松島憲一


長崎・島原半島のサツマイモ押し出し麺「六兵衛」
麺の世界,5:43-33 2006
Author:松島憲一


信州の粉物
麺の世界,7:48-50 2006
Author:松島憲一
Abstract:1


山間地域における野菜・山菜類に対する効能の認識について
第16回食文化研究助成成果報告書,:15-24 2006
Author:松島憲一
Abstract:0


ブータン王国の即席麺
麺の世界,6:32-35 2006
Author:松島憲一
Abstract:1


麺と薬味の健康機能性
麺の世界,2:68-73 2005(Jul.)
Author:松島憲一
Abstract:0


ブータン王国のソバ料理
麺の世界,2:32-35 2005(Jul.)
Author:松島憲一
Abstract:0


長友大先生講演「ソバの研究五十年を回顧する」記録と注釈
麺の世界,1:15-24 2005(Apr.)
Author:松島憲一
Abstract:0


秘めたる力を発見タカキビの魅力
やさい畑,(夏):95 2005
Author:松島憲一


言葉としての「ちゃんぽん」の変遷
麺の世界,4:41-47 2005
Author:松島憲一


代かき同時土中点播直播稲作を核とした暖地の水田輪作体系
九州沖縄農業研究成果情報,:5-6 2004
Author:森田弘彦;山下浩;古畑昌巳;脇本賢三;吉永悟志;冨樫辰志;松島憲一;田坂幸平;関正裕;楠田宰;福嶌陽;和田節;市瀬克也;遊佐陽一;杉浦直幸;土屋一成;西田瑞彦;原嘉隆;草佳那子;児嶋清;住吉正;川名義明;大段秀記;倉知哲朗;井上裕之;笹倉修司;田口善勝;久保田哲史;笹原和哉;岡本正弘;梶亮太;田谷省三
Abstract:0


とうがらし.COM. (12回連載)
農耕と園芸,59(3)-60(2):41-47 2004
Author:松島憲一


西アフリカを食べ尽くせ (11回連載)
食の科学,299-309:121-122 2003
Author:松島憲一


暖地水稲の湛水土中点播栽培における播種後水管理に適する基肥窒素肥料
平成12年度九州沖縄農業研究成果情報,:45-46 2002
Author:吉永悟志;脇本賢三;松島憲一;田坂幸平;西田瑞彦


乗用管理機を利用した水稲の作溝同時湛水点播技術
九州沖縄農業研究成果情報,:613-614 2002
Author:田坂幸平;松島憲一;吉永悟志;脇本賢三
Abstract:1


酸素発生剤と薬剤を混和被覆した水稲種子の打込み播種時の剥離程度と出芽性
九州沖縄農業研究成果情報,:27-28 2002
Author:田坂幸平;松島憲一;吉永悟志;関正裕;高橋仁康;脇本賢三


水稲の湛水土中直播におけるスクミリンゴガイ防除のための石灰窒素の散布と出芽
九州農業研究成果情報,:43-44 2001
Author:松島憲一;脇本賢三;吉永悟志;田坂幸平
Abstract:0


水稲の湛水直播栽培では播種震度の耐倒伏性への影響は少ない
平成12年度九州農業研究成果情報,21(10):29-30 2001
Author:吉永悟志;脇本賢三;松島憲一;田坂幸平


打ち込み式湛水土中点播直播栽培における水稲育成系統「西海238」の直播適正
平成11年度九州農業研究成果情報,:3-4 2000
Author:脇本賢三;松島憲一;田坂幸平;吉永悟志;梶亮太;深浦壮一;平林秀介;福岡律子;岡本正弘


水稲直播用代かき同時土中点播機の改良による点播形状・点播株率の向上
平成11年度九州農業研究成果情報,34:1-2 2000
Author:田坂幸平;脇本賢三;吉永悟志;松島憲一
Abstract:1

共同研究等希望テーマ
トウガラシ等の機能性を有する園芸・香辛料作物に関する遺伝・育種学的研究 , 植物遺伝育種学
伝統品種および食用野生植物などの地域資源の再評価と育種 , 植物遺伝育種学
トウガラシ遺伝資源の収集・評価および系統分類 , 植物遺伝育種学
研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2008 - 2010 , 健康機能性を有する食用野生植物資源についてのブータン王国における現地調査 , 基盤研究B

科学研究費補助金(研究分担者)
2018 - 2022 , アジア・オセアニアにおけるトウガラシ属植物の遺伝資源・文化資源の体系化 , 基盤研究B

受託事業
2018 - 2022 , 海外植物遺伝資源の民間等への提供促進 (PGRAsia)
2014 - 2018 , 機能性を有し機械収穫に適する高品質新品種の育成と「信州ひすいそば」 ブランドの強化
2014 - 2017 , 海外遺伝資源農海外植物遺伝資源の収集・提供強化 (PGRAsia)

その他公的資金
2009 - 2009 , 突発的辛味発現のない野菜用トウガラシ品種育成に向けたDNAマーカー開発

その他
2010 - 2010 , 近年見出された在来トウガラシ品種を用いた日本産トウガラシ品種の類縁関係の解明
2005 - 2007 , ブータン王国における山菜等野生植物利用とそれに関する伝統知識の伝承について
2005 - 2006 , ロコトトウガラシの健康機能性を活かした加工食品の開発
2005 - 2005 , 山間地域における野菜・山菜類に対する効能の認識について
2003 - 2003 , ロコットトウガラシ(Capsicum pubescens)の高冷地栽培適性の評価

教育活動実績

授業等
2020 , 前期 , 植物遺伝育種学
2020 , 前期 , 遺伝学 , 分担(教員3名)
2020 , 前期 , 蔬菜園芸学 , 分担(教員2名)
2020 , 前期 , 植物生理学 , 分担(教員5名)
2020 , 前期 , Plant Science , 主担当(教員11名)
2020 , 前期 , 農学の視点からみた自然科学と技術の歩み , 分担(教員7名)
2020 , 前期 , 森林サイエンス , 分担(教員12名)
2020 , 前期 , 農山村と環境 , 分担(教員6名)
2020 , 前期 , 植物資源生産学特論 Ⅰ , 分担(教員5名)
2020 , 後期 , 植物資源科学概論 , 分担(教員11名)
2020 , 後期 , 食と植物の文化論 , 主担当(教員4名)
2020 , 後期 , 植物資源生産学特論Ⅱ , 分担(教員5名)

社会活動実績

社会活動等
公開講座
2011 - 2011 , 「大鹿村の取り組み「食の宝探しプロジェクト」現状と課題」(信州直売所学校第2期)
20101029 - 20101029 , 「農業関連施策の概要を知ろう」(山ぶどうワイン等による地域特産による“まちおこし”実戦講座<平成21年度信州大学農学部農商工等人材育成事業>)
20080907 - , 実習「ソバ・アマランサスを使った料理」(アマランサスとソバ・第三の穀類「擬穀類」)

放送公開講座
2016 - , 「県内産食材で未来を切り拓け!」(「超独創的×高校生 信大の食にまつわる大研究!」)
2004 - , 「大豆-古くて新しい作物-」(食と健康 信州の風土が生んだ豊かな食材)

講演会
20181023 - , 「機能性を有し機械収穫に適する高品質新品種の育成と「信州ひすいそば」ブランドの強化」(農業・食品産業分野の研究成果発表会-イノベーションのタネから実へ-)
20110920 - , 「ブータンにおける野生植物資源の利用と保全」(信州大学農学部国際セミナー2011中山間地域における植物遺伝資源の利用と保全-ネパール及びブータンと日本における現状と課題-)
201011 - , 「トウガラシ辛味成分の機能性」(野菜茶業課題別研究会、ナス・ピーマン類の生産を取り巻く現状と今後の研究方向)
20091015 - , 「ブータン王国におけるRNRに関わる行政・研究組織と活動」(信州大学農学部国際セミナー2009・ブータン王国における RNR (Renewable Natural Resource)利用にもとづく持続的発展)
20081122 - , 「ブータン王国における野生植物の食用利用」(信州大学農学部国際シンポジウム2008『 持続的な森林との共生 』- ブータン王国における野生植物の食用利用 -)

学外審議会・委員会
2016 - , 信州伝統野菜認定委員会 , 座長

その他社会活動
20110821 - 20110826 , NHK教育・趣味の園芸「色彩を楽しむトウガラシ」 , 講師

管理運営実績

管理運営実績
学内兼務職
2020 - , 学部長補佐 , 産学官連携担当