Shinshu University HOMEJAPANESEAccess / Campus Map

Shinshu University Researcher DirectoryShinshu University Researcher Directory

Search by Researcher / Research Field
Search by Category

CHINO Tsunehide

Academic OrganizationAcademic Assembly School of Humanities and Social Sciences Institute of ArtsTEL+81 263 37 2291
Education and Research OrganizationFaculty of Arts "Cultural Informaition Theory and Social Science, Department of Arts"FAX
PositionAssociate ProfessorMail Addresschino[at]shinshu-u.ac.jp (Please replace [at]to @)
Address3-1-1, Asahi, Matsumoto City 390-8621Web site

Profile

Research Field
Sociology
Environmental Sociology
Social Governance
Sustainability Studies
Current Subject
Sociology of Environmental Policy and Environmental Movements
Keywords:Environmental Sociology, A Theory of Policy Process, Environmental Policy, Environmental Movement, Agenda-Setting Mechanism
Energy Policy and "Energiewende"
Keywords:Renewable Energy, Community Power, Nuclear Energy, Nuclear Fuel Cycle Policy
Social Technology for Community-Based Resource Management
Keywords:Community-Based Resource Management, Adaptive Governance, Community-Based Collaboration
Academic Societies
Academic Societies
The Japanese Association for Environmental Sociology
The Japan Sociological Society
International Sociological Association, Research Committee on Environment and Society (RC24)
Association of Regional and Community Studies
The Tohoku Sociological Society

Committee of Academic Societies
2019-2021 , The Japanese Association for Environmental Sociology , Chair, Research Committee
2017-2019 , The Japanese Association for Environmental Sociology , Member, Executive Committee
2015-2017 , The Japanese Association for Environmental Sociology , Member, Executive Committee
2013-2015 , The Japanese Association for Environmental Sociology , Editor, the Journal of Environmental Sociology
2011-2013 , The Japanese Association for Environmental Sociology , Vice Chair, Research Committee
Academic Background
Graduate School
Hosei University , (Graduate School of Policy Sciences) , 2012
Hosei University , (Graduate School of Policy Sciences) , 2003

College
Hosei University , (Faculty of Social Sciences) , 2001

Degree
Doctor of Policy Sciences , Hosei University
Research Career
Research Career
2013-2014 , Associate Professor, Faculty of Policy Studies, Iwate Prefectural University
2010-2013 , Lecturer, Faculty of Policy Studies, Iwate Prefectural University

Research

Books, Articles, etc.
Books
人と自然との関係
群馬県みなかみ町 , みなかみ町の自然とくらし , :71-79 2016(Feb. 01)
Author:茅野恒秀


再生可能エネルギーの意志ある波のゆくえ:エネルギー政策の経路依存と構造転換
人文書院 , 小熊英二・赤坂憲雄編著『ゴーストタウンから死者は出ない:東北復興の経路依存』 , :185-210 2015(Jul. 10)
Author:茅野恒秀


多様な主体による森林管理と地域づくり
築地書館 , 蔵治光一郎・保屋野初子編『緑のダムの科学』 , :126-140 2014(Aug. 08)
Author:茅野恒秀


環境政策と環境運動の社会学:自然保護問題における解決過程および政策課題設定メカニズムの中範囲理論
ハーベスト社 2014(Mar. 28)
Author:茅野恒秀


「むつ小川原開発・核燃料サイクル施設問題」研究資料集
東信堂 2013(Feb. 28)
Author:舩橋晴俊,金山行孝,茅野恒秀


多様な生業戦略のひとつとしての再生可能エネルギーの可能性:岩手県葛巻町の取り組みを手がかりに
明石書店 , 赤坂憲雄・小熊英二編著『「辺境」からはじまる:東京/東北論』 , :224-254 2012(May 20)
Author:茅野恒秀


自然保護問題
弘文堂 , 舩橋晴俊編,『環境社会学』 , :94-109 2011(Mar. 30)
Author:茅野恒秀


青森県六ヶ所村の現在
ミネルヴァ書房 , 鳥越皓之・帯谷博明編,『よくわかる環境社会学』 , :165 2009(Apr. 20)
Author:茅野恒秀


赤谷プロジェクト
ミネルヴァ書房 , 鳥越皓之,帯谷博明編『よくわかる環境社会学』 , :37 2009(Apr. 20)
Author:茅野恒秀


Articles
遠隔地域間連携による「ウッドスタート」の創発的効果:サステイナビリティと地域再生をめぐるネオ内発的視座
サステイナビリティ研究,(9):65-79 2019(Mar. 15)
Author:茅野恒秀


国有林における「資源化のダイナミズム」の喪失と再生:赤谷プロジェクトの展開を通じて
国立歴史民俗博物館研究報告,(215):171-197 2019(Feb. 28)
Author:茅野恒秀


自治体原子力行政の「自治」を問う
科学,87(4):383-387 2017(Apr. 01)
Author:茅野恒秀


地域における再生可能エネルギー事業化の現状と課題:「統合事業化モデル」再考
サステイナビリティ研究,6:21-36 2016(Mar. 15)
Author:茅野恒秀


再生可能エネルギー拡大の社会変動と地域社会の応答:固定価格買取制度(FIT)導入後の住民意識を中心に
信州大学人文科学論集,3:45-61 2016(Mar. 15)
Author:茅野恒秀


東日本大震災津波被災地における生活復興過程:2011年と2013年の大船渡市民横断調査をもとに
総合政策,17(1):21-40 2015(Nov. 25)
Author:堀篭義裕,阿部晃士,茅野恒秀
Keywords:東日本大震災、生活復興、大船渡市、横断調査、共分散構造分析


過疎地域の地域づくりを支える人的ネットワーク:岩手県葛巻町の事例
日本森林学会誌,96:221-228 2014(Aug. 01)
Author:八巻一成,茅野恒秀,藤崎浩幸,林雅秀,比屋根哲,金澤悠介,齋藤朱未,柴崎茂光,高橋正也,辻竜平


固定価格買取制度(FIT)導入後の岩手県の再生可能エネルギー
サステイナビリティ研究,4:27-40 2014(Mar. 15)
Author:茅野恒秀


大船渡市における復興計画の策定過程と住民参加
社会学年報,42:31-42 2013(Jul. 19)
Author:茅野恒秀,阿部晃士


大船渡市における震災9カ月後の生活と意識:復興過程に関するパネル調査の起点
総合政策,14(2):149-160 2013(May 30)
Author:阿部晃士,堀篭義裕,茅野恒秀


被災地における郵送調査の実施過程:岩手県大船渡市での取り組み
社会と調査,10:76-80 2013(Mar. 30)
Author:阿部晃士,堀篭義裕,茅野恒秀


Interactive influences of distance from seed source and management practices on tree species composition in conifer plantations.
Forest Ecology and Management,283:48–55 2012(Nov. 01)
Author:Takuo Nagaike,Taku Fujita,Seiichi Dejima,Tsunehide Chino,Seiji Matsuzaki,Yoichiro Takanosee,Kazuaki Takahashi
Keywords:Ecological restoration; Functional types; Habitat affinity; Strata; Tending


沿岸域管理における環境政策と環境運動:海の自然保護をめぐる史的考察
総合政策,13(1):1-20 2011(Dec. 26)
Author:茅野恒秀


河川法改正の政策過程と河川技術官僚の課題意識:1997年河川法改正を検証する
環境社会学研究,17:126-140 2011(Nov. 20)
Author:茅野恒秀


プロジェクト・マネジメントと環境社会学:環境社会学は組織者になれるか、再論
環境社会学研究,15:25-38 2009(Oct. 31)
Author:茅野恒秀


協働による渓流環境の復元の試み:赤谷プロジェクトにおける新たな治山事業
土木学会誌,94(7):22-24 2009(Jul. 15)
Author:茅野恒秀


自然公園・国立公園(いわゆる自然保護地域)と地方分権
季刊環境研究,142:157-160 2006(Sep. 29)
Author:茅野恒秀


使用済み核燃料中間貯蔵施設の誘致過程:青森県むつ市を事例として
法政大学大学院紀要,56:171-187 2006(Mar. 31)
Author:茅野恒秀,川口創,吉川世海


核燃料サイクル施設と住民意識:青森県六ヶ所村における住民意識調査報告
環境社会学研究,11:253-261 2005(Oct. 25)
Author:茅野恒秀


国有林野における保護林制度の政策過程
環境社会学研究,9:171-184 2003(Oct. 31)
Author:茅野恒秀

Research Grants
Grants‐in‐aid for Scientific Research(Research Representative)
2014 - 2016 , 「地域資源管理の社会技術」の構築に関する環境社会学的研究 , 若手研究(B)
2011 - 2013 , 環境サステイナビリティ「先進地」における地域社会の応答に関する研究 , 若手研究(B)

Grants‐in‐aid for Scientific Research(Researcher)
2019 - 2022 , 震災被災地の「日常の再構築過程における意識調査:地域社会の分断・格差に着目して , 基盤研究(C)
2016 - 2018 , 震災被災地の復興過程における住民意識調査:復興政策の意図せざる結果の解明 , 基盤研究(C)
2012 - 2015 , エネルギーの地域自主管理システムの構築に関する環境社会学的研究 , 基盤研究(C)
2012 - 2014 , 三陸沿岸災害復興の総合政策学 , 基盤研究(B)
2011 - 2014 , 公共圏を基盤にしてのサステイナブルな社会の形成─規範的原則と制御可能性の探究 , 基盤研究(A)
2011 - 2012 , 人的ネットワークからみた環境保全型産業・地域の成立要因 , 基盤研究(B)