Shinshu University HOMEJAPANESEAccess / Campus Map

Shinshu University Researcher DirectoryShinshu University Researcher Directory

Search by Researcher / Research Field
Search by Category

Nishiara Mikihiko

Academic OrganizationAcademic Assembly School of Science and Technology Institute of EngineeringTEL+81-26-269-5249
Education and Research OrganizationFaculty of Engineering Electrical and Computer EngineeringFAX+81-26-269-5220
PositionAssociate ProfessorMail Addressmikihiko@shinshu-u.ac.jp
Address4-17-1 Wakasato, Nagano, Nagano, 380-8553 JapanWeb sitehttp://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/engineering/chair/elec001/

Profile

Research Field
Communication/Network engineering
Current Subject
Source Coding and Delay

Academic Societies
Academic Societies
IEEE
IEICE

Committee of Academic Societies
2017- , IEICE
2016- , IEEE
2016- , IEEE
2016- , IEICE
2009- , IEICE
2017-2017 , IEICE
2016-2017 , IEICE
2016-2016 , IEICE
2015-2016 , IEICE
2014-2015 , IEICE
2013-2015 , IEICE
2013-2014 , IEICE
2013-2014 , IEICE
2012-2013 , IEICE
2012-2014 , IEICE
2012-2013 , IEICE
2012-2014 , IEICE
2011-2012 , IEICE
2011-2017 , IEICE
2011-2012 , IEICE
2011-2011 , IEICE
2010-2013 , IEICE
2010-2014 , IEICE
2010-2010 , SITA
2010-2010 , SITA
2007-2008 , SITA
2007-2007 , SITA
2006-2006 , IEICE
2005-2005 , SITA
2003-2004 , SITA
Academic Background
Graduate School
the University of Electro-Communications , (Department of Information Management Science , Graduate School of Information Systems) , 2001
the University of Electro-Communications , (Department of Information Management Science , Graduate School of Information Systems) , 1998

College
Shibaura Institute of Technology , (Faculty of Engineering) , 1992

Degree
Doctor of Engineering , the University of Electro-Communications
Awards
2012
2004

Research

Books, Articles, etc.
Articles
2変数2次の多項式補間法による秘密分散法のアクセス構造
電子情報通信学会論文誌A,Vol.J100-A(No.4):pp.169-178 2017(Apr.)
Author:柏倉英明, 西新幹彦


到着期限のある閉ループ伝送システムにおけるひずみ最小化アルゴリズム
電子情報通信学会論文誌A,Vol.J96-A(No.1):pp.49-55 2013(Jan.)
Author:西新幹彦,岩井祐斗


算術符号を用いた伝送システムにおけるポアソン到着シンボルの遅延
電子情報通信学会論文誌A,Vol.J93-A(No.7):pp.488-492 2010(Jul.)
Author:西新幹彦, 杉原辰徳


反辞書を用いた分岐予測手法
電子情報通信学会論文誌A,Vol.J93-A(No.3):pp.204-206 2010(Mar.)
Author:西新幹彦, 森田啓義, 太田隆博


多項式補間法による強いランプ型しきい値秘密分散法
電子情報通信学会論文誌A,Vol.J92-A(No.12):pp.1009-1013 2009(Dec.)
Author:西新幹彦, 滝澤克則


算術符号における符号語の生成過程の確率モデルについて
電子情報通信学会論文誌A,Vol.J90-A(No.2):pp.170-174 2007(Feb.)
Author:西新幹彦, 渡邊大, 森田啓義


A Framework toward Restoration of Writing Order from Single-Stroked Handwriting Image
IEEE Transactions on Pattern Analysis and Machine Intelligence,:pp.1724-1737 2006(Nov.)
Author:Yu Qiao, Mikihiko Nishiara, Makoto Yasuhara


Coding for Sources That Output Symbols According to Poisson Process
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences,Vol.E89-A(No.10):pp.2906-2913 2006(Oct.)
Author:Mikihiko Nishiara


Multicast Communication for Video Broadcasting Service over IPv4 NetworkUsing IP Option
IEICE Transactions on Communications,Vol.E89-B(No.5):pp.1570-1580 2006(Mar.)
Author:I Gusti Bagus Baskara Nugraha, Sumiya Marugami, Mikihiko Nishiara, Hiroyoshi Morita


On Multiple Smoothed Transmission of MPEG Video Streams
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences,Vol.E88-A(No.10):pp.2844-2851 2005(Oct.)
Author:Dongzhao Sun, Mikihiko Nishiara, Hiroyoshi Morita


マクロブロックタイプを用いたMPEG2圧縮動画像のカット点検出
情報処理学会論文誌,Vol.46(No.SIG15(CVIM12)):pp.51-58 2005(Oct.)
Author:青木真吾, 森田啓義, 荒俣吉壮, 西新幹彦


Arithmetic Coding for countable Alphabet Sources with Finite Precision
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences,Vol.E84-A(No.10):pp.2576-2582 2001(Oct.)
Author:Mikihiko Nishiara, Hiroyoshi Morita


On the AEP of Word-Valued Sources
IEEE Transactions on Information Theory,Vol.46(No.3):pp.1116-1120 2000(May)
Author:Mikihiko Nishiara, Hiroyoshi Morita


Presentations
着払いコスト制約付き通信路符号化について
電子情報通信学会SITAサブソ , 第10回シャノン理論ワークショップ予稿集 , :pp.54-58 2017(Oct.)
Author:西新幹彦


強いランプ型秘密分散法はMDS符号である
電子情報通信学会 , 電子情報通信学会技術研究報告 , IT2017-43:pp.27-30 2017(Sep.)
Author:西新幹彦


最適な2元AIFV符号の幅優先探索アルゴリズム
電子情報通信学会 , 電子情報通信学会技術研究報告 , IT2017-30:pp.79-83 2017(Jul.)
Author:山川誠史,西新幹彦


演算精度の低い算術符号の状態遷移について
電子情報通信学会SITAサブソ , 第39回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 , :pp.505-510 2016(Dec.)
Author:山川誠史,西新幹彦


Decoding Error of Sudoku for Erasure Channels
電子情報通信学会SITAサブソ , International Symposium on Information Theory and Its Applications (ISITA2016) , :pp.61-65 2016(Oct.)
Author:Mikihiko Nishiara, Ryo Hidai


非確率的秘密分散法におけるラテン方陣の整合性について
電子情報通信学会SITAサブソ , 第5回誤り訂正符号のワークショップ 2016(Aug.)
Author:西新幹彦


一人のエージェントを雇ったCEO問題におけるレート・歪み関数
電子情報通信学会SITAサブソ , 第38回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 , :pp.55-60 2015(Nov.)
Author:西新幹彦,渡部健人


最大歪み測度を用いたレート・歪み問題に関する一定理
電子情報通信学会SITAサブソ , 第9回シャノン理論ワークショップ予稿集 , :pp.59-62 2015(Sep.)
Author:西新幹彦,原寛貴


秘密分散法とラテン方陣
電気通信大学 , 森田先生を囲む情報理論のワークショップ 2015(Sep.)
Author:西新幹彦


秘密分散法の非確率的な定義について
電子情報通信学会SITAサブソ , 第4回誤り訂正符号のワークショップ 2015(Sep.)
Author:西新幹彦,大草健人,吉森祐希


非確率的な秘密分散法への一検討
電子情報通信学会SITAサブソ , 第3回誤り訂正符号のワークショップ 2014(Sep.)
Author:西新幹彦,大草健人


数独の消失通信路に対する復号誤り特性
電子情報通信学会 , 電子情報通信学会技術研究報告 , IT-2013-54:pp.1-6 2014(Mar.)
Author:比田井亮, 西新幹彦


到着期限とデータ量制約のある伝送システムにおけるひずみ最小化アルゴリズム
電子情報通信学会SITAサブソ , 第36回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 , :pp.417-421 2013(Nov.)
Author:西新幹彦,金澤秀樹


算術符号の演算精度と状態数と遅延に関する考察
電子情報通信学会SITAサブソ , 第8回シャノン理論ワークショップ予稿集 , :pp.35-40 2013(Oct.)
Author:西新幹彦


パケット間隔で情報を送る通信路の悲観的な符号化について
電子情報通信学会SITAサブソ , 第35回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 , :pp.590-595 2012(Dec.)
Author:西新幹彦,藤山直貴


2変数2次多項式を用いた秘密分散法のアクセス構造
電子情報通信学会 , 2012年総合大会講演論文集 , (AS):pp.23-24 2012(Mar.)
Author:西新幹彦, 柏倉英明


数独の消失通信路に対する復号誤り特性の測定について
電子情報通信学会SITAサブソ , 第34回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 , :pp.555-559 2011(Nov.)
Author:比田井亮, 西新幹彦


Achievability of Maximum Decoding Rate on Sequential Coding
IEEE , 2011 IEEE Information Theory Workshop (ITW2011) , :pp.472-475 2011(Oct.)
Author:Mikihiko Nishiara


2変数2次の多項式補間法による秘密分散法のアクセス構造
電子情報通信学会 , 電子情報通信学会技術研究報告 , IT2011-4:pp.19-24 2011(May)
Author:柏倉英明, 西新幹彦


到着期限のある閉ループ伝送システムにおける歪み最小化アルゴリズム
電子情報通信学会 , 電子情報通信学会技術研究報告 , IT2010-81:pp.81-86 2011(Mar.)
Author:岩井祐斗, 西新幹彦


最大復号レートを達成する逐次符号化順定理
情報理論とその応用学会 , 第33回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 , :pp.345-348 2010(Dec.)
Author:西新幹彦


On Coding for Source with Infinitesimal Time Slots
SITA , International Symposium on Information Theory and Its Applications (ISITA2010) , :pp.78-81 2010(Oct.)
Author:Mikihiko Nishiara


2変数の多項式補間法による秘密分散法のアクセス構造について
電子情報通信学会 , 電子情報通信学会技術研究報告 , IT2009-141:pp.445-448 2010(Mar.)
Author:柏倉英明, 西新幹彦


微小タイムスロットをもつ情報源の符号化について
情報理論とその応用学会 , 第32回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 , :pp.60-63 2009(Dec.)
Author:西新幹彦


多項式補間法による強いランプ型しきい値秘密分散法
電子情報通信学会 , 電子情報通信学会技術研究報告 , IT2009-27:pp.127-129 2009(Jul.)
Author:西新幹彦, 滝澤克則


On Relationship between Loss Probability and Utilization Factor on Real-Time Basis
SITA , International Symposium on Information Theory and Its Applications (ISITA2008) , :pp.800-804 2008(Dec.)
Author:Mikihiko Nishiara


算術符号を用いた伝送システムにおけるポアソン到着シンボルの遅延
電子情報通信学会 , 電子情報通信学会技術研究報告 , IT2008-18:pp.13-16 2008(Jul.)
Author:西新幹彦, 杉原辰徳


実時間符号化における喪失確率と通信路利用率の関係について
情報理論とその応用学会 , 第30回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 , :pp.286-289 2007(Nov.)
Author:西新幹彦


反辞書を用いた分岐予測手法
電子情報通信学会 , 電子情報通信学会技術報告 , CAS2007-38:pp.21-24 2007(Oct.)
Author:西新幹彦, 森田啓義, 太田隆博


Study on Coding for Continuous-Time Markov Chains on Real-Time Basis
IEEE , 2007 IEEE International Symposium on Information Theory , :pp.2896-2899 2007(Jun.)
Author:Mikihiko Nishiara


連続時間マルコフ連鎖に対する実時間符号化について
情報理論とその応用学会 , 第29回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 , :pp.811-814 2006(Dec.)
Author:西新幹彦


On Construction of Reversible Variable-Length Codes Including SynchronizationMarkers as Codewords
IEICE , IEICE Technical Workshop on Information Theory , :pp.141-145 2006(Mar.)
Author:Dongzhoa Sun, Hiroyoshi Morita, Mikihiko Nishiara


Hybrid Protocol for Live Video Streaming
IEICE , IEICE Technical Workshop on Network System 2005(Dec.)
Author:I Gusti Bagus Baskara Nugraha, Mikihiko Nishiara, Hiroyoshi Morita


実時間基準の符号化における誤り確率と平均遅延の達成可能領域に関する考察
情報理論とその応用学会 , 第28回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 , :pp.403-406 2005(Nov.)
Author:西新幹彦


A Prototype of Broadcasting-like Video Streaming Using Unicast Protocol
Technical Committee on Network Systems 2005(Jun.)
Author:I Gusti BagusBaskara Nugraha, Mikihiko Nishiara, Hiroyoshi Morita


アーラン到着に従ってシンボルを出力する情報源の符号化について
情報理論とその応用学会 , 第27回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 , :pp.631-634 2004(Dec.)
Author:西新幹彦


On Multiple Smoothed Transmission of MPEG4 Video Stream
SITA , The 27th Symposium on Information Theory and Its Applications , :pp.803-806 2004(Dec.)
Author:Dongzhao Sun, Hiroyoshi Morita, Mikihiko Nishiara


On Coding for Sources That Output the Symbols According to Poisson Process
SITA , International Symposium on Information Theory and Its Applications (ISITA2004) , :pp.764-768 2004(Oct.)
Author:Mikihiko Nishiara


Multicast Communication for Scalable Video Application using IP Option
International Symposium on Communications and Information Technologies 2004(Oct.)
Author:I Gusti Bagus Baskara Nugraha, Sumiya Marugami, Mikihiko Nishiara, Hiroyoshi Morita


ポアソン過程に従ってシンボルを出力する情報源の符号化について
情報理論とその応用学会 , 第26回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 , :pp.153-156 2003(Dec.)
Author:西新幹彦


On Block Length as Delay on Real-Time Communication
IEEE , 2003 IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2003) , :p.227 2003(Jun.)
Author:Mikihiko Nishiara


実時間通信における遅延としてのブロック長に関する考察
情報理論とその応用学会 , 第25回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 , :pp.159-162 2002(Dec.)
Author:西新幹彦


実時間通信のための情報源符号化に関する考察
情報理論とその応用学会 , 第24回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 , :pp.231-234 2001(Dec.)
Author:西新幹彦


逐次符号による情報源の変換と符号化
情報理論とその応用学会 , 第23回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 , :pp.339-342 2000(Oct.)
Author:西新幹彦, 森田啓義


Almost Surely Complete Parsing and Variable-to-Variable Length Coding
IEEE , 2000 IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2000) , :p.347 2000(Jul.)
Author:Mikihiko Nishiara, Hiroyoshi Morita


概完全分解をするVV符号の符号化逆定理
情報理論とその応用学会 , 第22回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 , :pp.343-346 1999(Nov.)
Author:西新幹彦, 森田啓義


可算アルファベット情報源の算術符号化に関する考察
情報理論とその応用学会 , 第21回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 , :pp.779-782 1998(Dec.)
Author:西新幹彦, 森田啓義


言語アルファベット情報源の漸近等分割性について
情報理論とその応用学会 , 第20回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 , :pp.345-348 1997(Dec.)
Author:西新幹彦, 森田啓義


Others
2変数2次多項式を用いた秘密分散法の意義について
電子情報通信学会SITAサブソ , 第2回誤り訂正符号のワークショップ 2013(Sep.)
Author:西新幹彦


ポアソン過程にしたがってシンボルを出力する情報源の符号化について
日本OR学会 , 待ち行列研究部会 2005(Jul.)
Author:西新幹彦

Research Grants
Grants‐in‐aid for Scientific Research(Research Representative)
2011 - 2013 , 不規則に発生するシンボルに対する符号化の遅延最小化 , 基盤研究(C)
2006 - 2007 , ポアソン過程に従ってシンボルを出力する情報源に対する実時間基準最適符号の構成 , 若手研究(B)

Grants‐in‐aid for Scientific Research(Researcher)
2005 - 2006 , 情報理論的予測に基づく計算機システムの投機処理に関する研究 , 基盤研究(B)
2004 - 2005 , 算術符号の符号語生成過程の解析と系列分布変換への応用 , 基盤研究(C)

Education

Lectures
Advanced Information Processing II
CAD
Digital Signal Processing