筒井 歩 (ツツイ アユミ)   

学術研究院(農学系)

農学部 農学生命科学科 生命機能科学コース 

助教 

学位

  • 博士(理学), 明星大学

研究分野

  • 生物有機化学
  • 有機合成化学
  • ケミカルバイオロジー

メールアドレス

    ayumi221★shinshu-u.ac.jp

経歴

  • 2018年
    信州大学学術研究院(農学系) 助教
  • 2017年 - 2018年
    信州大学農学部 助教(特定雇用)
  • 2017年
    理化学研究所 客員研究員
  • 2012年 - 2017年
    理化学研究所 特別研究員
  • 2008年 - 2012年
    北里生命科学研究所 特別研究員

学歴

  • 2005年 - 2008年, 明星大学大学院博士課程, 理工学研究科, 化学専攻
  • 2003年 - 2005年, 明星大学大学院修士課程, 理工学研究科, 化学専攻

論文

  • Generation of cyclic glutathione via the thiolactonization of glutathione and identification of a new radical scavenging mechanism
    Tsutsui, Ayumi; Morishita, Yuta; Furumachi, Hiyori; Fujimoto, Takashi; Hirai, Rina; Fujita, Tomoyuki; Machinami, Tomoya;
    Tetrahedron Letters, 68, 152836., 2021年WebofScience電子ジャーナル
  • Rapid exploration of novel anthelmintic agents from alkyne-​bearing avermectin derivatives via click chemistry
    Hirose, Tomoyasu; Ikeda, Akari; Tsutsui, Ayumi; Omura, Satoshi; Sunazuka, Toshiaki;
    Heterocycles, 101(1), 116-125, 2020年01月WebofScience電子ジャーナル
  • 5-O-Mycaminosyltylonolide antibacterial derivatives: design, synthesis and bioactivity
    Sugawara, Akihiro; Maruyama, Hitomi; Shibusawa, Sho; Matsui, Hidehito; Hirose, Tomoyasu; Tsutsui, Ayumi; Froyman, Robrecht; Ludwig, Carolin; Koebberling, Johannes; Hanaki, Hideaki; Kleefeld, Gerd; Omura, Satoshi; Sunazuka, Toshiaki;
    Journal of Antibiotics, 70(8), 878-887, 2017年08月WebofScience電子ジャーナル
  • Effect of spermine-derived AGEs on oxidative stress and polyamine metabolism
    Tsutsui, Ayumi; Pradipta, Ambara R.; Kitazume, Shinobu; Taniguchi, Naoyuki; Tanaka, Katsunori;
    Organic & Biomolecular Chemistry, 15(32), 6720-6724, 2017年WebofScience電子ジャーナル
  • 1,5-Diazacyclooctanes, as Exclusive Oxidative Polyamine Metabolites, Inhibit Amyloid-beta(1-40) Fibrillization
    Tsutsui, Ayumi; Zako, Tamotsu; Bu, Tong; Yamaguchi, Yoshiki; Maeda, Mizuo; Tanaka, Katsunori;
    ADVANCED SCIENCE, 3(10), 2016年10月WebofScience電子ジャーナル
  • 見過ごされていた共役イミンの環化反応:合成的展開と生体機能制御の可能性
    Ambara R. Pradipta、筒井 歩、田中克典
    有機合成化学協会誌, 74(7), 701-709, 2016年07月
  • Unrecognized Reactivity of N-Alkyl Unsaturated Imines: Synthetic Application and Biological Functions
    Pradipta, Ambara R.; Tsutsui, Ayumi; Tanaka, Katsunori;
    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN, 74(7), 700-709, 2016年07月WebofScience
  • In vivo imaging of advanced glycation end products (AGEs) of albumin: first observations of significantly reduced clearance and liver deposition properties in mice
    Tsutsui, Ayumi; Ogura, Akihiro; Tahara, Tsuyoshi; Nozaki, Satoshi; Urano, Sayaka; Hara, Mitsuko; Kojima, Soichi; Kurbangalieva, Almira; Onoe, Hirotaka; Watanabe, Yasuyoshi; Taniguchi, Naoyuki; Tanaka, Katsunori;
    Organic & Biomolecular Chemistry, 14(24), 5755-5760, 2016年WebofScience電子ジャーナル
  • Exclusive formation of imino[4+4]cycloaddition products with biologically relevant amines: plausible candidates for acrolein biomarkers and biofunctional modulators
    Tsutsui, Ayumi; Pradipta, Ambara R.; Saigitbatalova, Elena; Kurbangalieva, Almira; Tanaka, Katsunori;
    MEDCHEMCOMM, 6(3), 431-436, 2015年WebofScience電子ジャーナル
  • Microfluidic Mixing of Polyamine with Acrolein Enables the Detection of the [4+4] Polymerization of Intermediary Unsaturated Imines: The Properties of a Cytotoxic 1,5-Diazacyclooctane Hydrogel
    Pradipta, Ambara R.; Tsutsui, Ayumi; Ogura, Akihiro; Hanashima, Shinya; Yamaguchi, Yoshiki; Kurbangalieva, Almira; Tanaka, Katsunori;
    Synlett, 25(17), 2442-2446, 2014年10月WebofScience電子ジャーナル
  • Polyamine modification by acrolein exclusively produces 1,5-diazacyclooctanes: a previously unrecognized mechanism for acrolein-mediated oxidative stress
    Tsutsui, Ayumi; Imamaki, Rie; Kitazume, Shinobu; Hanashima, Shinya; Yamaguchi, Yoshiki; Kaneda, Masato; Oishi, Shinya; Fujii, Nobutaka; Kurbangalieva, Almira; Taniguchi, Naoyuki; Tanaka, Katsunori;
    Organic & Biomolecular Chemistry, 12(28), 5151-5157, 2014年WebofScience電子ジャーナル
  • A cascading reaction sequence involving ligand-directed azaelectrocyclization and autooxidation-induced fluorescence recovery enables visualization of target proteins on the surfaces of live cells
    Tanaka, Katsunori; Kitadani, Masataka; Tsutsui, Ayumi; Pradipta, Ambara R.; Imamaki, Rie; Kitazume, Shinobu; Taniguchi, Naoyuki; Fukase, Koichi;
    Organic & Biomolecular Chemistry, 12(9), 1412-1418, 2014年WebofScience電子ジャーナル
  • Stereoselective Synthesis of Ketoses by Aldol Reaction Using Water-Compatible Prolinamide Catalysts in Aqueous Media
    Miura, Daisuke; Fujimoto, Takashi; Tsutsui, Ayumi; Machinami, Tomoya;
    Synlett, 24(12), 1501-1504, 2013年07月WebofScience電子ジャーナル
  • Antimalarial C-9 oxime derivatives from desmycosin, produced by click chemistry
    Tsutsui, Ayumi; Hirose, Tomoyasu; Ishiyama, Aki; Iwatsuki, Masato; Yokota, Arisa; Maruyama, Hitomi; Matsui, Hidehito; Otoguro, Kazuhiko; Hanaki, Hideaki; Omura, Satoshi; Sunazuka, Toshiaki;
    Journal of Antibiotics, 66(3), 191-194, 2013年03月WebofScience電子ジャーナル
  • 2,6,9-Triazabicyclo[3.3.1]nonanes as overlooked amino-modification products by acrolein
    Tsutsui, Ayumi; Tanaka, Katsunori;
    Organic & Biomolecular Chemistry, 11(41), 7208-7211, 2013年WebofScience電子ジャーナル
  • BOROMYCIN DERIVATIVES: SYNTHESIS AND ANTIMALARIAL ACTIVITY IN VITRO AND IN VIVO
    Tsutsui, Ayumi; Furuya, Yujiro; Hirose, Tomoyasu; Kim, Riyon; Masuma, Rokurou; Matsumoto, Atsuko; Takahashi, Yoko; Ishiyama, Aki; Namatame, Miyuki; Otoguro, Kazuhiko; Omura, Satoshi; Sunazuka, Toshiaki;
    Heterocycles, 82(1), 289-295, 2010年WebofScience電子ジャーナル
  • Identification of a Discrete Peroxide Dianion, O-2(2-), in a Two Sodium-(1,6-Anhydro-beta-maltose)(2)-Peroxide Complex
    Kato, Takayuki; Fujimoto, Takashi; Tsutsui, Ayumi; Tashiro, Mitsuru; Mitsutsuka, Yoshihiro; Machinami, Tomoya;
    Chemistry Letters, 39(2), 136-137, 2010年WebofScience電子ジャーナル
  • Novel enantiocontrol system with aminoacyl derivatives of glucoside as enamine-based organocatalysts for aldol reaction in aqueous media
    Tsutsui, Ayumi; Takeda, Hiroshi; Kimura, Masaya; Fujimoto, Takashi; Machinami, Tomoya;
    Tetrahedron Letters, 48(30), 5213-5217, 2007年WebofScience電子ジャーナル
  • Practical aspects of ROESY experiments for identification of bound waters in the cyclic tetrasaccharide
    Kazuo Furihata, Takashi Fujimoto, Ayumi Tsutsui, Tomoya Machinami and Mitsuru Tashiro
    Magnetic Resonance in Chemistry, 43(12), 1044-1048, 2005年, 査読有り
  • Observation of 1,6-anhydro-b-maltose and 1,6-anhydro-b-D-glucopyranose complexed with rubidium by NMR spectroscopy and electrospray ionization mass spectrometry
    Takashi Fujimoto, Satoshi Sakurai, Ayumi Tsutsui, Kazuo Furihata, Tomoya Machinami and Mitsuru Tashiro
    Analytical Sciences, 21(10), 1245-1247, 2005年, 査読有り
  • Identification of bound water molecules in the cyclic tetrasaccharide, cyclo-{→6}-a→-D-Glcp-(1→3)-a→-D-Glcp-(1→6)-a→-D-Glcp-(1→3)-a→-D-Glcp-(1→)
    Kazuo Furihata, Takashi Fujimoto, Ayumi Tsutsui, Tomoya Machinami and Tashiro, Mitsuru
    Carbohydrate Research, 340(12), 2016-2063, 2005年, 査読有り

講演・口頭発表等

  • シミタケTyromyces fissilisから抽出されたアナカルジン酸誘導体によるアセチル化酵素活性阻害の検討
    阿部 修弥、畠山 大、谷井 妃奈、西川 恵理菜、髙平 瑞己、戎田 奈央、御供 駿介、筒井 歩、藤田 智之、葛原 隆
    日本薬学会第143回年会(札幌), 2023年03月26日
  • ショウガ(Zingiber officinate)に含まれる新規含窒素化合物の構造解析
    武永朋巳、大坪弘樹、梅崎友哉、藤本 崇、筒井 歩、藤田智之
    第66回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会(沖縄), 2022年11月06日
  • 食品の加熱により誘導される新規スペルミジン関与型終末糖化産物の同定
    杉浦広季、森下雄太、藤田智之、筒井 歩
    日本糖質学会第41回年会(大阪), 2022年10月01日
  • 新規スペルミジン型終末糖化産物の細胞成分としての同定
    下田優人、藤本 崇、田代 充、藤田智之、筒井 歩
    日本糖質学会第41回年会(大阪), 2022年09月29日
  • 米糠中のマルターゼ阻害成分の検索
    金城渚、篠原瑞希、村上さくら、小林康太、森下雄太、筒井歩、藤田智之
    日本食品科学工学会第69回大会(東京配信/オンライン), 2022年08月26日
  • The effects to HPLC or LC-MS analysis by intermolecular interaction of polyamine analogs
    Koki Sugiura, Yuta Morishita, Takashi Fujimoto, Miyu Takamizawa, Mitsuru Tashiro, Tomoyuki Fujita and Ayumi Tsutsui
    PACIFICHEM 2021(On line), 2021年12月20日, 指定なし
  • グルコースとポリアミン類から誘導される終末糖化産物類縁体の生成と分析
    杉浦広季、森下雄太、藤田智之、筒井 歩
    日本糖質学会第40回年会(鹿児島), 2021年10月27日, 指定なし
  • スペルミジン型終末糖化産物モデルの分子間相互作用
    筒井 歩、藤本 崇、森下 雄太、高見澤美結、杉浦 広季、藤田 智之、田代 充
    日本糖質学会第39回年会(誌上開催), 2020年11月21日
  • グルタチオンの環化とラジカル捕捉機能の新規メカニズム
    古町ひより、森下 雄太、藤本 崇、藤田 智之、筒井 歩
    日本薬学会第140回年会(京都), 2020年03月26日, 日本薬学会
  • スペルミジンおよびプトレシン型AGEsのモデル体合成と細胞に対する挙動
    高見澤美結、森下 雄太、藤本 崇、藤田 智之、筒井 歩
    日本糖質学会第38回年会(名古屋), 2019年08月20日, 日本糖質学会
  • 中高圧処理によって胚乳部へ移行する糠成分について
    田中 愼太郎、佐藤 翼、森下 雄太、筒井 歩、藤田 智之
    日本農芸化学会2019年度大会(東京), 2019年03月26日, 日本農芸化学会
  • ポリアミンの生体内化学反応の可能性
    筒井 歩
    2018年10月26日, 一般社団法人慶応工学会 第125回セミナー「現代科学・技術の最前線」~医療・健康維持に向けた有機化学の最前線~ 2018年10月26日(招待講演、慶應義塾大学), 招待有り
  • 細胞内でのポリアミン関与型AGEsの生成
    筒井 歩、田中 克典
    第37回日本糖質学会年会(仙台), 2018年08月30日
  • シミタケ(Tyromyces fissilis)由来の新規アナカルジン酸類のがん細胞増殖抑制効果
    御供 駿介、森下 雄太、筒井 歩、廣田 満、藤田 智之
    第62回TEAC香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会(長崎)2018年10月13-15日, 2018年
  • 中高圧加工による玄米中の成分移行性の評価
    田中 愼太郎、佐藤 翼、森下 雄太、筒井 歩、藤田 智之
    日本農芸化学会中部支部第183回例会(名古屋)2018年09月15日, 2018年
  • ポリアミン誘導型8員環化合物のアミロイド-β線維化抑制に対する特異性
    筒井 歩、座古 保、藤田 智之、田中 克典
    日本食品科学工学会第64回大会(湘南), 2017年08月
  • スペルミン誘導型AGEsモデルによる酸化ストレスの影響
    筒井 歩・北爪 しのぶ・谷口 直之・田中 克典
    日本化学会第97春季年会(横浜), 2017年03月
  • ポリアミン_AGEsから見る酸化ストレスメカニズム
    筒井 歩・北爪 しのぶ・谷口 直之・田中 克典
    第26回メイラード学会年会(つくば), 2016年11月
  • 蛍光イメージング法によるアルブミンAGEの体内動態
    筒井 歩・小椋 章弘・田原 強・野崎 聡・浦野 清香・尾上 浩隆・渡辺 恭良・谷口 直之・田中 克典
    第35回日本糖質学会年会(高知), 2016年09月
  • アルブミンAGEsの生体内動態と集積
    筒井 歩・小椋 章弘・田原 強・野崎 聡・浦野 清香・渡辺 恭良・田中 克典
    2016年03月, 日本化学会第96春季年会(京田辺)
  • Involvement in oxidative stress and amyloid fibrillization
    Ayumi Tsutsui and Katunori Tanaka
    3rd RIKEN - KFU Workshop (Kazan, Russia), 2016年
  • Polyamine and AGEs
    Ayumi Tsutsui and Katsunori Tanaka
    3rd RIKEN - KFU Workshop (Kazan, Russia), 2016年
  • Oxidative stress-related substance, acrolein, regulates biosystems by reacting with polyamine
    Ayumi Tsutsui, Tamotsu Zako, Tong Bu, Rie Imamaki, Shinobu Kitazume, Naoyuki Taniguchi, Mizuo Maeda and Katsunori Tanaka
    PACIFICHEM 2015 (Honolulu, US), 2015年12月
  • 水に適合するアルドール反応触媒であるプロリナミド糖を用いたケトースの水溶液中での合成
    町並 智也、三浦 大介、藤本 崇、筒井 歩
    第34回日本糖質学会年会(東京), 2015年
  • ポリアミン由来環化化合物によるアミロイド-β-ペプチドの線維化抑制効果
    筒井 歩、座古 保、Bu Tong、山口 芳樹、前田 瑞夫、田中 克典
    日本化学会第95春季年会(船橋), 2015年
  • Polyamine cyclic compounds inhibited fibrillation of amyloid-β-peptide
    Ayumi Tsutsui, Tamotsu Zako, Tong Bu, Yoshiki Yamaguchi, Mizuo Maeda and Katsunori Tanaka
    第51回ペプチド討論会(徳島), 2014年
  • Polyamine-derived [4+4] cycloaddition products as biologically relevant compounds and their effects on Aβ fibrillation
    Ayumi Tsutsui, Tamotsu Zako, Tong Bu, Yoshiki Yamaguchi, Mizuo Maeda and Katsunori Tanaka
    Swiss-Japanese Chemical Biology Symposium 2014, (Bern, Swiss), 2014年
  • 生体内におけるポリアミン環化体の存在とAβ線維化制御の可能性
    筒井 歩、座古 保、Bu Tong、今牧 理恵、北爪 しのぶ、山口 芳樹、谷口 直之、前田 瑞夫、田中 克典
    ケミカルバイオロジー学会 第9回年会(大阪), 2014年
  • 生体反応としてのポリアミンとアクロレイン[4+4]環化反応の可能性
    筒井 歩、今牧 理恵、北爪 しのぶ、山口 芳樹、谷口 直之、田中 克典
    日本化学会第94春季年会(名古屋), 2014年
  • 共役イミン[4+4]環化反応から導かれるポリアミン由来環化化合物の生体機能制御の可能性
    筒井 歩
    2013年03月16日, 天然物ケミカルバイオロジー地区ミニシンポジウム(招待講演:和光), 招待有り
  • 水酸基やアミノ基が活性化する共役イミンの[4+4]環化反応 合成的展開と生体機能制御の可能性
    筒井 歩, Ambara R. Pradipta, 松本 梨沙, 深瀬 浩一, 田中 克典
    第55回天然有機化合物討論会(京都), 2013年
  • [4+4] Cycloaddition of Polyamine-Derived Unsaturated Imines and Their Biological Functions
    Ayumi Tsutsui, Rie Imamaki, Shinobu Kitadsume, Naoyuki Taniguchi and Katsunori Tanaka
    The First Asian Conference for MONODUKURI Strategy by Synthetic Organic Chemistry, (Okinawa, Japan), 2013年

担当経験のある科目_授業

  • 食品バイオサイエンス特論(分担)
    信州大学
  • 統計情報処理演習(分担)
    信州大学
  • 専攻研究
    信州大学
  • 専攻演習
    信州大学
  • 新入生ゼミナール(分担)
    信州大学
  • 食と緑の科学特論(分担)
    信州大学
  • 食品衛生学(分担)
    信州大学
  • 食品化学系実験(分担)
    信州大学
  • 化学英語Ⅱ
    信州大学
  • プレゼンテーション演習
    信州大学
  • 有機化学Ⅰ(分担)
    信州大学

所属学協会

  • 2003年
    日本化学会
  • 日本薬学会
  • 有機合成化学協会
  • 日本ケミカルバイオロジー学会
  • 日本糖質学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 食品中のポリアミンから誘導されるテトラヒドロピリミジン化合物の機能性に関する研究(アサヒグループ財団)
    アサヒグループ財団
    2023年
  • ポリアミンの生体内化学反応によるメチルグリオキサールの毒性軽減メカニズムの解明
    科学研究費補助金, 基盤研究C
    2020年 - 2022年
  • ポリアミン関与型AGEsの分析方法の確立と食品中での同定(ロッテ財団)
    ロッテ財団
    2020年
  • ポリアミンとポリアミン関与型AGEsの酵素分解に関する研究(信州農林科学振興会)
    公益財団法人信州農林科学振興会
    2017年05月
  • シミタケから単離・構造決定されたアナカルジン酸類の誘導化と活性探索(ホクト生物科学振興財団)
    2017年
  • ポリアミンとアクロレイン[4+4]環化反応から導かれる生命現象の解明(理化学研究所・奨励研究)
    理化学研究所
    2012年 - 2017年
  • 非ベンゼン系芳香環トロポロン骨格の新規構築法の開発と抗マラリア薬創製への応用(北里奨励研究賞)
    北里研究所
    2011年 - 2012年
  • リアノジン拮抗活性を有するVerticilide類縁化合物のライブラリー構築(北里奨励研究賞)
    北里研究所
    2008年 - 2012年
  • グルタチオンの新規機能性メカニズム
  • ポリアミンの生体内化学反応

社会貢献活動

  • 食品衛生学
    市民開放授業

学術貢献活動

  • 査読
    Tetrahedron Letters (Elsevier)
  • 査読
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry(日本農芸化学会)

学部内委員会等

  • 2017年05月 - 2018年03月, 教務委員(分野)
  • 2018年04月 - 2019年03月, 学生委員(分野)