小宅 一彰 (オヤケ カヅアキ)   

学術研究院(保健学系)

医学部 保健学科 応用理学療法学 

准教授 

学位

  • 博士(保健学), 信州大学大学院
  • 修士(理学療法学), 山形県立保健医療大学大学院
  • 学士(理学療法学), 山形県立保健医療大学

研究キーワード

    脳卒中, 運動生理学, リハビリテーション心理学

研究分野

  • リハビリテーション科学, リハビリテーション
  • リハビリテーション科学, 理学療法

電話番号

    0263-37-2408

メールアドレス

    k_oyake★shinshu-u.ac.jp

経歴

  • 2023年
    信州大学 医学部保健学科理学療法学専攻 准教授
  • 2019年 - 2023年
    信州大学 医学部保健学科理学療法学専攻 助教
  • 2017年 - 2019年
    国際医療福祉大学 成田保健医療学部理学療法学科 助教
  • 2016年 - 2017年
    日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2016年
    東京湾岸リハビリテーション病院 外部研究員
  • 2009年 - 2016年
    東京湾岸リハビリテーション病院 リハビリテーション部 理学療法士

学歴

  • 2014年 - 2017年, 信州大学大学院, 医学系研究科, 保健学専攻
  • 2007年 - 2009年, 山形県立保健医療大学大学院, 保健医療学研究科, 理学療法学分野
  • 2003年 - 2007年, 山形県立保健医療大学, 保健医療学部, 理学療法学科

委員歴

  • 2024年 - 2024年
    学術誌編集部編集委員長, 長野県理学療法士会
  • 2023年
    会計幹事・ホームページ管理, 国立大学理学療法士・作業療法士教育施設協議会
  • 2019年
    学術誌編集部部員, 長野県理学療法士会
  • 2017年 - 2019年
    査読委員, 理学療法科学
  • 2016年
    倫理審査外部委員, 東京湾岸リハビリテーション病院
  • 2013年 - 2019年
    学術誌編集部部員, 千葉県理学療法士会

受賞

  • 2024年
    信州大学医学部保健学科同窓会, 若手優秀論文賞: Comparison of the Sit-up Test and Head-up Tilt Test for Assessing Blood Pressure and Hemodynamic Responses in Healthy Young Individuals
    受賞者: 小宅一彰
  • 2018年
    Taiwan Movement Disorder Society, Travel Grant Award: The mediate effects of anodal tDCS combined with patterned electrical stimulation on temporal gait asymmetry in patients with stroke
    受賞者: Kudo Daisuke, Maeda Kazuhei, Tatemoto Tsuyoshi, Yasui Takahito, Oyake Kazuaki, Tanabe Shigeo, Yamaguchi Tomofumi
  • 2018年
    国際医療福祉大学学会, 学術大会優秀演題: 脳卒中患者における全身持久力の低下に関連する運動生理機能の解明
    受賞者: 小宅一彰、百瀬公人、馬場保人、伊藤菜緒、須田祐貴、村山潤、用田歩、近藤国嗣、大高洋平、河野健一
  • 2016年
    公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団, 第24回総合リハビリテーション賞: 力学的エネルギー交換率の歩行効率指標としての妥当性―脳卒中片麻痺患者および健常者における検討
    受賞者: 井上靖悟, 山口智史, 小宅一彰, 田辺茂雄、近藤国嗣、大高洋平.

論文

  • Applying a Motivational Instructional Design Model to Stroke Rehabilitation: A Feasibility Study on Occupational and Swallowing Therapies
    Kazuaki Oyake, Shota Watanabe, Ayano Takeuchi, Taiki Yoshida, Takashi Shigematsu, Yuuki Natsume, Shigeki Tsuzuku, Kunitsugu Kondo, Ichiro Fujishima, Yohei Otaka, Satoshi Tanaka
    Archives of Rehabilitation Research and Clinical Translation, in press, 2024年05月10日, 査読有り
    筆頭著者
  • Comparisons of heart rate variability responses to head-up tilt with and without abdominal and lower-extremity compression in healthy young individuals: a randomized crossover study
    Kazuaki Oyake, Miyuki Katai, Anzu Yoneyama, Hazuki Ikegawa, Shigeru Kani, Kimito Momose
    Frontiers in Physiology, 14, 1269079, 2024年01月08日, 査読有り
    筆頭著者, 責任著者電子ジャーナル
  • A multicenter explanatory survey of patients’ and clinicians’ perceptions of motivational factors in rehabilitation
    Kazuaki Oyake, Katsuya Yamauchi, Seigo Inoue, Keita Sue, Hironobu Ota, Junichi Ikuta, Toshiki Ema, Tomohiko Ochiai, Makoto Hasui, Yuya Hirata, Ayaka Hida, Kenta Yamamoto, Yoshihiro Kawai, Kiyoto Shiba, Akihito Atsumi, Tetsuyuki Nagafusa, Satoshi Tanaka
    Communications Medicine, 3, 78, 2023年06月06日, 査読有り
    筆頭著者電子ジャーナル
  • Physical Therapists Use Different Motivational Strategies for Stroke Rehabilitation Tailored to an Individual’s Condition: A Qualitative Study
    Kazuaki Oyake, Keita Sue, Motofumi Sumiya, Satoshi Tanaka
    Physical Therapy, 103(6), pzad034, 2023年06月05日, 査読有り
    筆頭著者, 責任著者電子ジャーナル
  • Blood Pressure Reduction Cut-Points for Orthostatic Hypotension in Stroke Survivors Using a Sit-up Test: A Multicenter Cross-Sectional Study
    Kazuaki Oyake, Takaki Tateishi, Jun Murayama, Naoki Shijima, Tasuku, Sekizuka, Yohei Otaka, Kimito Momose
    Journal of Hypertension, 41(1), 83-89, 2023年01月01日, 査読有り
    筆頭著者電子ジャーナル
  • Comparison of the Sit-up Test and Head-up Tilt Test for Assessing Blood Pressure and Hemodynamic Responses in Healthy Young Individuals
    Kazuaki Oyake, Jun Murayama, Takaki Tateishi, Ayumi Mochida, Mao Matsumoto, Masahiro Tsujikawa, Kunitsugu Kondo, Yohei Otaka, Kimito Momose
    Blood Pressure Monitoring, 27(2), 79-86, 2022年04月01日, 査読有り
    筆頭著者電子ジャーナル
  • Response to Letter to the Editor: Poststroke Fatigue at Admission is Associated with Independence Levels of Activities of Daily Living at Discharge From Subacute Rehabilitation Wards
    Kazuaki Oyake, Yohei Otaka, Daisuke Matsuura, Kaoru Honaga, Naoki Mori, Kunitsugu Kondo
    Archives of Physical Medicine and Rehabilitation, 102(10), 2049-2050, 2021年07月10日, 査読有り
    筆頭著者電子ジャーナル
  • Cardiorespiratory responses to exercise related to post-stroke fatigue severity
    Kazuaki Oyake, Yasuto Baba, Yuki Suda, Jun Murayama, Ayumi Mochida, Yuki Ito, Honoka Abe, Kunitsugu Kondo, Yohei Otaka, Kimito Momose
    SCIENTIFIC REPORTS, 11, 12780 (2021), 2021年06月17日, 査読有り
    筆頭著者電子ジャーナル
  • A single bout of constant-load exercise test for estimating the time constant of oxygen uptake kinetics in individuals with stroke
    Kazuaki Oyake, Yasuto Baba, Yuki Suda, Jun Murayama, Ayumi Mochida, Yuki Ito, Honoka Abe, Kunitsugu Kondo, Yohei Otaka, Kimito Momose
    Annals of Rehabilitation Medicine, 45(4), 304-313, 2021年06月17日, 査読有り
    筆頭著者電子ジャーナル
  • Post-stroke fatigue at admission is associated with independence levels of activities of daily living at discharge from subacute rehabilitation wards
    Kazuaki Oyake, Yohei Otaka, Daisuke Matsuura, Kaoru Honaga, Naoki Mori, Kunitsugu Kondo
    Archives of Physical Medicine and Rehabilitation, 102(5), 849-855, 2021年05月, 査読有り
    筆頭著者電子ジャーナル
  • Sit-up試験を用いた起立時血圧応答評価の妥当性検証
    小宅一彰、林萌加、杉本穂高、百瀬公人
    理学療法研究・長野, 49(1), 14-21, 2021年03月31日, 査読有り
    筆頭著者
  • Cardiorespiratory mechanisms underlying the impaired oxygen uptake kinetics at exercise onset after stroke.
    Kazuaki Oyake, Yasuto Baba, Yuki Suda, Jun Murayama, Ayumi Mochida, Kunitsugu Kondo, Yohei Otaka, Kimito Momose
    Annals of Physical and Rehabilitation Medicine, 62(2), 101465, 2021年02月08日, 査読有り
    筆頭著者電子ジャーナル
  • Motivational Strategies for Stroke Rehabilitation: A Delphi Study
    Kazuaki Oyake, Makoto Suzuki, Yohei Otaka, Kimito Momose, Satoshi Tanaka
    Archives of Physical Medicine and Rehabilitation, 101(11), 1929-1936, 2020年08月01日, 査読有り
    筆頭著者電子ジャーナル
  • 脳卒中リハビリテーションにかかわる医療従事者が動機づけ方略を学ぶ機会についてのアンケート調査
    小宅一彰、田中悟志
    リハビリテーション教育研究, 27(1), 8-13, 2020年07月01日, 査読有り
    筆頭著者
  • Motivational Strategies for Stroke Rehabilitation: A Descriptive Cross-Sectional Study
    Kazuaki Oyake, Makoto Suzuki, Yohei Otaka, Satoshi Tanaka
    Frontires in Neurology, 11, 553, 2020年06月10日, 査読有り
    筆頭著者電子ジャーナル
  • Cardiorespiratory factors related to the increase in oxygen consumption during exercise in individuals with stroke
    Kazuaki Oyake,Yasuto Baba,Nao Ito,Yuki Suda et al.
    PLOS ONE, 14(10), e0217453, 2019年10月09日, 査読有り
    筆頭著者電子ジャーナル
  • Unilateral Arm Crank Exercise Test for Assessing Cardiorespiratory Fitness in Individuals with Hemiparetic Stroke
    Oyake Kazuaki, Yamaguchi Tomofumi, Oda Chihiro, Kudo Daisuke, et al.
    BioMed Research International, 2017(2017), 6862041, 2017年12月, 査読有り
    筆頭著者電子ジャーナル
  • Validity of gait asymmetry estimation by using an accelerometer in individuals with hemiparetic stroke.
    Oyake K, Yamaguchi T, Sugasawa M, Oda C, et al.
    Journal of Physical Therapy Science, 29(2), 307-311, 2017年02月, 査読有り
    筆頭著者電子ジャーナル
  • 力学的エネルギー交換率の歩行効率指標としての妥当性―脳卒中片麻痺患者および健常者における検討.
    井上靖悟, 山口智史, 小宅一彰, 田辺茂雄、他
    総合リハビリテーション, 43(11), 1049-1054, 2015年11月, 査読有り電子ジャーナル
  • 回復期脳卒中患者の歩行能力に関連する身体機能.
    藤本修平, 小宅一彰, 山口智史、田辺茂雄、他
    理学療法科学, 29(4), 627-631, 2014年, 査読有り電子ジャーナル
  • 回復期脳卒中片麻痺患者の歩行効率に短下肢装具が与える影響: 力学的エネルギーによる検討.
    井上靖悟, 小宅一彰, 山口智史、田辺茂雄、他
    総合リハビリテーション, 41(7), 661-665, 2013年07月, 査読有り電子ジャーナル
  • 短下肢装具の着用が回復期脳卒中患者の歩行変動性に及ぼす影響
    小宅一彰, 山口智史、田辺茂雄、横山明正、他
    総合リハビリテーション, 41(2), 183-186, 2013年, 査読有り
    筆頭著者電子ジャーナル
  • 高齢者の歩行において重力の利用を低下させる原因.
    小宅一彰, 三和真人.
    理学療法学, 37(2), 70-77, 2010年, 査読有り
    筆頭著者電子ジャーナル

MISC

  • リハビリテーション意欲を高める動機づけ要因
    小宅一彰
    臨床栄養, 144(2), 170-172, 2023年
    筆頭著者, 責任著者
  • 脳卒中患者のリハビリテーション治療に対するモチベーション
    大高洋平、吉田太樹、小宅一彰、田中悟志、大須理英子
    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 59(3), 260-264, 2022年
  • 応用動作における動作分析と動作練習のポイント
    森井和枝、小宅一彰
    理学療法, 34(3), 196-203, 2018年
  • 重度片麻痺を有する脳卒中患者の回復過程における歩行速度と下肢筋力の関係: シングルケースによる縦断的検討.
    理学療法の科学と研究, 6(1), 3-6, 2015年

講演・口頭発表等

  • 『新時代の適応するための論文投稿』~「理学療法研究・⾧野」への投稿ポイントと採択率の高めかた~
    小宅一彰
    第53回長野県理学療法学術大会, 2024年06月16日
  • 生活期脳卒中患者における短下肢装具の使用状況と装具の有無による歩行変数および転倒恐怖心の変化量との関係-単変量解析による中間解析-
    四十万直起、小宅一彰、深町光太郎、依田英樹、百瀬公人
    第12回日本支援工学理学療法学会学術大会, 2023年12月16日
  • 外来リハビリテーション利用者における活動量モニタリング実施者と非実施者の属性の比較
    馬場保人、井上靖悟、里村茉純、菅澤昌史、用田歩、村越夏未、近藤国嗣、小宅一彰
    第10回日本地域理学療法学会学術集会, 2023年12月16日
  • 起立性低血圧と重症化予防
    小宅一彰
    第29回日本神経理学療法学会サテライトカンファレンス宇都宮, 2023年11月11日
  • 外来理学療法患者における活動量モニタリング実施状況の調査
    里村茉純、井上靖悟、馬場保人、菅澤昌史、用田歩、村越夏未、近藤国嗣、小宅一彰
    第7回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会, 2023年11月03日
  • リハビリテーション医療での動機づけ要因に関する患者と医療者の認識: 多施設共同記述的横断研究
    小宅一彰、山内克哉、井上靖悟、須江慶太、永房鉄之、田中悟志
    第60回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2023年07月01日
  • Cardiac autonomic mechanism underlying the attenuation of heart rate response to head-up tilt with lower-body compression in healthy adults
    Kazuaki Oyake, Miyuki Katai, Anzu Yoneyama, Hazuki Ikegawa, Shigeru Kani, Kimito Momose
    World Physiotherapy Congress 2023, 2023年06月02日
  • Estimation of one repetition maximum for unilateral leg press based on the skeletal muscle mass of unilateral lower extremity
    Kio Fuhushima, Keita Sue, Kazuaki Oyake, Kimito Momose
    World Physiotherapy Congress 2023, 2023年06月02日
  • 起立時の心拍数増加を抑える圧迫療法の効果に関連する要因: 健常成人での基礎的研究
    小宅一彰、米山杏、片井美由紀、百瀬公人
    第6回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会, 2022年11月05日
  • 回復期脳卒中患者における起立性低血圧および起立性高血圧の有病率:縦断的観察研究
    関塚祐、小宅一彰、須江慶太、百瀬公人
    第6回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会, 2022年11月05日
  • Ⅲ.「身体活動量」:脳卒中者の活動・参加につなげる身体活動量マネジメント
    小宅一彰
    第20回日本神経理学療法学会学術大会, 2022年10月15日, 招待無し
  • 脳腫瘍摘出術後患者の退院後生活における身体活動量の実態と,入院期リハビリテーション評価との関連
    大澤 竜司,大野 智貴,伊藤  駿,小宅 一彰,野嶌 一平,堀内 博志
    第20回日本神経理学療法学会学術大会, 2022年10月15日
  • 開頭脳腫瘍摘出術が身体症状と運動機能に及ぼす影響
    大野 智貴, 大澤 竜司, 伊藤 駿, 小宅 一彰, 野嶌 一平, 長峰 広平
    第20回日本神経理学療法学会学術大会, 2022年10月15日
  • モチベーションを科学する
    小宅一彰
    第44回日本呼吸療法医学会学術集会, 2022年08月06日, 招待有り
  • 脳卒中患者におけるSit-up試験を用いた起立性低血圧の評価: 多施設横断研究
    小宅一彰、立石貴樹、四十万直起、関塚祐、大高洋平、百瀬公人
    第59回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2022年06月24日
  • 身体下部への圧迫療法が起立時の心拍変動に及ぼす影響: 若年女性での予備研究
    小宅一彰、片井美由紀、米山杏、百瀬公人
    第2回日本物理療法研究会学術大会, 2022年02月19日
  • 回復期病棟退院時の階段昇降能力は退院後の生活範囲と関連する: 脳卒中患者を対象とした後方視研究
    馬場保人、井上清悟、小宅一彰、渡辺伊吹、辻川将弘、近藤国嗣
    第40回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2021年09月04日
  • 嚥下訓練の動機づけ方略に関するフィージビリティ(実行可能性)研究
    竹内彩乃, 夏目裕希, 小宅一彰, 鈴木さくら, 高辻光加, 重松孝, 國枝顕二郎, 都竹茂樹, 藤島一郎, 田中悟志
    第22回日本言語聴覚学会, 2021年06月18日
  • ABILITY OF THE CARDIORESPIRATORY SYSTEM TO ADAPT TO EXERCISE IS IMPAIRED IN INDIVIDUALS WITH SEVERE POST-STROKE FATIGUE
    Kazuaki Oyake, Yasuto Baba, Yuki Suda, Jun Murayama, Ayumi Mochida, Yuki Ito, Honoka Abe, Kunitsugu Kondo, Yohei Otaka, Kimito Momose
    World Physiotherapy Congress 2021, 2021年04月09日
  • 道具の自己選択は自主トレーニング量を増加させるか:二重盲検化クロスオーバー比較試験の中間解析
    神谷 亮, 神谷 将人, 重松 孝, 谷 恵介, 小宅 一彰, 藤島 一郎, 田中 悟志
    第18回日本神経理学療法学会学術大会, 2020年11月28日
  • 脳卒中後疲労は運動開始時における心拍出量の増加速度と関連する
    小宅一彰、馬場保人、須田裕貴、村山潤、用田歩、近藤国嗣、大高洋平、百瀬公人
    第57回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2020年08月19日
  • 起立性低血圧を呈する頚髄損傷患者の起立時循環応答の解析:単一症例での検討
    村山潤、小宅一彰、秋本知則、井上靖悟、近藤国嗣
    日本予防理学療法学会第6回サテライト集会inYamataga, 2020年07月04日
  • 脳卒中患者における運動開始時の酸素摂取量の応答速度は心拍出量の応答速度と関連する
    馬場保人、小宅一彰、須田祐貴、村山潤、用田歩、近藤国嗣、大高洋平
    第4回 日本心血管理学療法学術集会, 2019年09月14日
  • Post-stroke fatigue is more related to the time constant of oxygen-uptake kinetics at the onset of submaximal exercise than oxygen consumption at peak exercise
    Kazuaki Oyake, Yasuto Baba, Nao Ito, Yuki Suda, Jun Murayama, Ayumi Mochida, Kunitsugu Kondo, Yohei Otaka, Kimito Momose
    13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress, 2019年06月09日
  • Physiological responses during a graded exercise in individuals with post-stroke fatigue
    Kazuaki Oyake, Kimito Momose, Yasuto Baba, Nao Ito, Yuki Suda, Jun Murayama, Ayumi Mochida, Kunitsugu Kondo, Yohei Otaka
    World Confederation for Physical Therapy congress 2019, 2019年05月11日, 招待有り
  • 病棟での自主的な歩行練習を促すためにARCSモデルを応用した一例
    用田歩、小宅一彰、忽那岳志、秋山藍子、大高洋平、近藤国嗣、田中悟志
    回復期リハビリテーション病棟協会 第33回研究大会, 2019年02月21日
  • Immediate effects of anodal tDCS combined with patterned electrical stimulation on temporal gait asymmetry in patients with stroke
    Daisuke Kudo, Kazuhei Maeda, Tsuyoshi Tatemoto, Takahito Yasui, Kazuaki Oyake, Shigeo Tanabe, Tomofumi Yamaguchi
    4th Taiwan International congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, 2018年11月23日
  • ARCSモデルに基づいたリハビリテーションにおける動機づけ方略の分類化
    Kazuaki Oyake, Kunitsugu Kondo, Satoshi Tanaka
    日本教育工学会 第34回全国大会, 2018年09月28日
  • 脳卒中患者における全身持久力の低下に関連する運動生理機能の解明
    小宅一彰、百瀬公人、馬場保人、伊藤菜緒、須田祐貴、村山潤、用田歩、近藤国嗣、大高洋平、河野健一
    第8回 国際医療福祉大学学会誌, 2018年08月26日
  • 理学療法学生の臨床実習における学生の組み合わせ特性に関する研究 性別、学業成績(f-GPA)、情動知能による検討
    志村 圭太, 竹内 真太, 西田 裕介, 河野 健一, 糸数 昌史, 小宅 一彰, 櫻井 陽子, 宮森 隆行, 森井 和枝, 山口 将希, 牧原 由紀子, 町田 和
    国際医療福祉大学学会誌 23 抄録号 69, 2018年08月
  • 脳卒中患者において回復期病棟入院時の慢性疲労感は退院時の日常生活活動制限と関連する
    小宅一彰、大高洋平、松浦大輔、補永薫、森直樹、近藤国嗣
    第14回日本疲労学会総会・学術集会, 2018年05月18日
  • 運動後に生じる疲労感と慢性疲労感および心拍数増加の関係:健常成人での予備的検討
    伊藤菜緒,小宅一彰,馬場保人,須田祐貴,卜部美樹,近藤国嗣,大高洋平
    第23回千葉県理学療法士学会, 2018年03月
  • 新人教育を通じて共に学び育つ共育体制を目指した取り組み効果ーアンケートによる現状把握ー
    井上靖悟,田中悟志,小宅一彰,守屋耕平,松永玄,補永薫,近藤国嗣,大高洋平
    第31回回復期リハビリテーション病棟協会第31回研究大会in岩手, 2018年02月
  • 回復期脳卒中患者における非麻痺側上肢での運動負荷試験による全身持久力の縦断的変化
    小宅一彰、山口智史、工藤大輔、佐久間達生、木下琴枝、近藤国嗣、大高洋平、百瀬公人
    第52回日本理学療法学術大会, 2017年05月
  • 脳卒中患者における酸素摂取量の時定数と最高酸素摂取量の関係.
    馬場保人、小宅一彰、小田ちひろ、工藤大輔、佐久間達生、木下琴枝、近藤国嗣、大高洋平
    第52日本理学療法学術大会, 2017年05月
  • 脳卒中患者における低強度運動中のガス交換比による全身持久力の推定
    木下琴枝、小宅一彰、小田ちひろ、工藤大輔、佐久間達生、近藤国嗣、大高洋平.
    第52日本理学療法学術大会, 2017年05月
  • Effectiveness of single-arm crank exercise test for assessing cardiorespiratory fitness in individuals with hemiparetic stroke
    Oyake Kazuaki, Yamaguchi Tomofumi, Oda Chihiro, Kudo Daisuke, Sakuma Tatsuki, Kinosita Kotoe, Inoue Seigo, Kondo Kunitsugu, Otaka Yohei, Momose Kimito
    ACPT Congress 2016, 2016年10月
  • 非麻痺側上肢運動は脳卒中片麻痺患者の全身持久力評価として有効か?
    小宅一彰、山口智史、小田ちひろ、工藤大輔、佐久間達生、木下琴枝、井上靖悟、近藤国嗣、大高洋平、百瀬公人
    第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月
  • 回復期リハビリテーション病院の退院時における脳卒中片麻痺患者の全身持久力.
    工藤大輔、小宅一彰、山口智史、小田ちひろ、佐久間達生、木下琴枝、井上靖悟、近藤国嗣、大高洋平.
    第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月
  • 回復期脳卒中患者における非麻痺側上肢運動による全身持久力評価の特徴
    小田ちひろ、小宅一彰、山口智史、工藤大輔、佐久間達生、木下琴枝、井上靖悟、近藤国嗣、大高洋平.
    第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月
  • 片側上肢運動負荷試験による全身持久力評価は下肢運動負荷試験との基準関連妥当性がある
    小宅一彰、山口智史、小田ちひろ、工藤大輔、井上靖悟、近藤国嗣、大高洋平、百瀬公人
    第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月
  • 片側上肢運動負荷試験において負荷強度の違いが運動時間と最高酸素摂取量に及ぼす影響
    工藤大輔、小宅一彰、山口智史、小田ちひろ、井上靖悟、近藤国嗣、大高洋平
    第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月
  • 脳卒中片麻痺患者の回復期において歩行の非対称性改善と歩行速度増加には相関関係がある.
    小田ちひろ、小宅一彰、山口智史、田辺茂雄、近藤国嗣、大高洋平
    第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月
  • 科学的根拠に基づいた医療の創設を目指す回復期リハビリテーション病院の取り組み
    井上靖悟、大高洋平、山口智史、小宅一彰、大須理英子、田中悟志、倉山太一、坂田祥子、補永薫、近藤国嗣.
    第50回 日本理学療法学術大会, 2015年06月
  • 携帯端末を用いた歩行解析ソフトウェアの開発
    小宅一彰、倉山太一、安田恒、大須理英子、大高洋平
    第52回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2015年05月
  • Validity of cardiorespiratory fitness assessment by exercise testing using a single-arm crank ergometer
    Oyake Kazuaki, Yamaguchi Tomofumi, Oda Chihiro, Kudo Daisuke, Inoue Seigo, Kondo Kunitsugu, Otaka Yohei, Momose Kimito
    WCPT Congress 2015, 2015年05月
  • 重度片麻痺を有する脳卒中患者の回復過程における歩行速度と下肢筋力の関係: シングルケースによる縦断的検討
    品川あさみ、立本将士、小宅一彰、杉田翔、近藤国嗣、大高洋平
    第33回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2014年10月
  • 脳卒中患者における小型無線加速度計を用いた歩行非対称性評価の推定
    小宅一彰、山口智史、菅澤昌史、小田ちひろ、田辺茂雄、横山明正、近藤国嗣、大高洋平
    第49回日本理学療法学術大会, 2014年05月
  • 加速度計を用いた歩行周期時間測定の検者間信頼性および真値の推定制度に歩行速度が及ぼす影響.
    菅澤昌史、小宅一彰、山口智史、田辺茂雄、近藤国嗣、大高洋平.
    第49回日本理学療法学術大会, 2014年05月
  • 異なる歩行速度において歩行非対称性が酸素費用に及ぼす影響.
    小田ちひろ、小宅一彰、山口智史、近藤国嗣、大高洋平
    第49回日本理学療法学術大会, 2014年05月
  • 脳卒中患者における歩行時の力学的仕事量と歩行速度の関係.
    井上靖悟、小宅一彰、山口智史、田辺茂雄、近藤国嗣、大高洋平.
    第49回日本理学療法学術大会, 2014年05月
  • 目標設定が回復期脳卒中患者の内発的動機づけに与える効

担当経験のある科目_授業

  • 体と心のリハビリテーションを考えるゼミ
    信州大学
  • 理学療法評価法Ⅰ
    信州大学
  • 理学療法評価法Ⅱ
    信州大学
  • 先端理学療法学特論
    信州大学
  • 理学療法評価法実習
    信州大学
  • 臨床能力演習
    信州大学
  • 運動療法基礎論
    信州大学
  • 臨床基礎実習
    信州大学
  • 臨床実習Ⅰ
    信州大学
  • 臨床実習Ⅱ
    信州大学
  • 臨床実習Ⅲ
    信州大学
  • 物理療法基礎論
    信州大学
  • 臨床物理療法
    信州大学
  • 理学療法治療法実習
    信州大学
  • リハビリテーション概論
    信州大学
  • 理学療法治療法
    信州大学
  • 卒業研究
    信州大学
  • 神経疾患の理学療法(含む演習)
    信州大学

所属学協会

  • 日本教育工学会
  • 日本疲労学会
  • 日本基礎理学療法学会
  • 日本神経理学療法学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 身体下部への圧迫療法が起立時の自律神経機能に及ぼす影響
    長野県科学振興会
    2022年06月28日 - 2023年03月31日
  • 脳卒中患者における起立性低血圧の治療ターゲットとなる原因メカニズムの解明
    科学研究費補助金, 若手研究
    2021年04月 - 2026年03月
  • 脳卒中患者における病的な疲労感と全身持久力の関係: 新たな運動療法の開発を目指して
    科学研究費補助金, 若手研究
    2018年04月 - 2021年03月
  • 重度運動麻痺患者の全身持久力を客観的に捉える評価手法の確立
    科学研究費補助金, 特別研究員奨励費
    2016年04月 - 2017年03月
  • 脳卒中患者の運動耐容能に関する研究
  • 脳卒中後疲労に関する研究
  • 脳卒中リハビリテーションにおける動機づけ方略の開発
  • 脳卒中患者の起立性低血圧に関する研究
  • リハビリテーション意欲を高めるための体系的介入プログラムの開発とその効果検証
    科学研究費補助金, 挑戦的研究(萌芽)

メディア報道

  • 第29回日本神経理学療法学会サテライトカンファレンス
    週刊医学界新聞, 2023年12月04日, 新聞・雑誌

学術貢献活動

  • 査読
    Applied Sciences, 2023年
  • 査読
    BMJ Open, 2023年
  • 査読
    Scientific Reports, 2023年
  • 査読
    Journal of NeuroEngineering and Rehabilitation, 2023年
  • 査読
    European Journal of Neurology, 2022年
  • 査読
    Journal of Multidisciplinary Healthcare, 2022年
  • 査読
    Frontiers in Public Health, 2022年
  • 査読
    Journal of Clinical Medicine, 2022年
  • 査読
    International Journal of Environmental Research and Public Health, 2022年
  • 査読
    Journal of Cardiovascular Surgery and Heart Diseases, 2021年
  • 査読
    Frontiers in Neurology, 2021年
  • 査読
    Progress in Rehabilitation Medicine, 2021年
  • その他
    長野県理学療法士会学術誌編集部, 2019年
  • 査読
    理学療法科学, 2017年 - 2019年
  • その他
    千葉県理学療法士会学術誌編集部, 2014年 - 2018年

その他

  • 専門理学療法士(基礎理学療法)
    2022年04月
  • 回復期セラピストマネージャー
    2015年01月
  • 認定理学療法士(ひとを対象とした基礎領域)
    2012年04月
  • 理学療法士
    2007年05月

論文指導

  • 2020年, 1, 0, 1, 0
  • 2021年, 2, 0, 2, 0, 1, 0, 1, 0
  • 2022年, 2, 0, 2, 0