池田 正人 (イケダ マサト)   

農学部 

名誉教授 特任教授 

学位

  • 農学博士(1995.1.23 論農博 第1966号), 京都大学

研究分野

  • 応用微生物学

経歴

  • 2024年
    信州大学  名誉教授 特任教授
  • 2016年 - 2023年
    信州大学大学院総合理工学研究科食品生命科学分野 分野長
  • 2016年 - 2023年
    信州大学農学部農学生命科学科生命機能科学コース コース主任/コース長
  • 2016年 - 2017年
    山口大学大学院創成科学研究科 非常勤講師
  • 2014年 - 2016年
    信州大学農学部応用生命科学科 学科長
  • 2013年 - 2014年
    信州大学大学院総合工学系研究科 専攻長
  • 2012年 - 2013年
    京都大学大学院農学研究科 非常勤講師
  • 2009年 - 2010年
    信州大学大学院工学系研究科 非常勤講師
  • 2004年
    信州大学農学部  教授
  • 2000年 - 2004年
    協和発酵工業(株)東京研究所  主任研究員
  • 1995年 - 1996年
    カリフォルニア大学バークレー校  博士研究員
  • 1995年 - 2000年
    協和発酵工業(株)技術研究所  主任研究員
  • 1993年 - 1995年
    協和発酵工業(株)技術研究所
  • 1983年 - 1993年
    協和発酵工業(株)東京研究所

学歴

  • 1983年, 京都大学, 農学研究科, 農芸化学専攻
  • 1981年, 京都大学, 農学部, 農芸化学科

委員歴

  • 2014年 - 2018年
    「バイオサイエンスとインダストリー」編集委員長, バイオインダストリー協会
  • 2010年 - 2012年
    本部評議員, 日本農芸化学会
  • 2007年 - 2010年
    中部支部連絡評議員, 日本農芸化学会
  • 2005年 - 2007年
    本部評議員, 日本農芸化学会
  • 2004年 - 2012年
    中部支部評議員, 日本農芸化学会
  • 2003年 - 2004年
    Advisory Comittee, Metabolic Engineering V
  • 2003年
    「バイオサイエンスとインダストリー」編集幹事委員 (~2020), バイオインダストリー協会

受賞

  • 2021年
    Spotlight article [米国微生物学会誌(Appl Environ Microbiol) ]
  • 2020年
    日本農芸化学会2020年度大会トピックス演題選出(1598演題中の31演題)
  • 2011年
    研究奨励賞(天野エンザイム)
  • 2005年
    Most-Cited Paper Award (日本農芸化学会英文誌)
  • 2002年
    所長賞(協和発酵工業 東京研究所)
  • 2002年
    論文賞(日本農芸化学会英文誌)

論文

  • Metabolic engineering to produce palmitic acid or palmitoleic acid in an oleic acid-producing Corynebacterium glutamicum strain.
    Takeno S, Hirata Y, Kitamura K, Ohtake T, Aoki K, Murata N, Hayashi M, Ikeda M
    Metab. Eng., 78, 148-158, 2023年07月電子ジャーナル
  • A futile metabolic cycle of fatty acyl-CoA hydrolysis and resynthesis in Corynebacterium glutamicum and its disruption leading to fatty acid production.
    Ikeda M,Takahashi K, Ohtake T, Imoto R, Kawakami H, Hayashi M, Takeno S
    Appl. Environ. Microbiol., 87(4), e02469-20, 2021年02月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • The accD3 gene for mycolic acid biosynthesis as a target for improving fatty acid production by fatty acid-producing Corynebacterium glutamicum strains.
    Takeno S, Murata N, Kura M, Takasaki M, Hayashi M, Ikeda M
    Appl. Microbiol. Biotechnol., 102(24), 10603–10612, 2018年12月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • In vivo roles of fatty acid-biosynthetic enzymes in biosynthesis of biotin and α-lipoic acid in Corynebacterium glutamicum.
    Ikeda M, Nagashima T, Nakamura E, Kato R, Ohshita M, Hayashi M, Takeno S
    Appl. Environ. Microbiol., 83(19), e01322-17, 2017年10月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Lysine Fermentation: History and Genome Breeding
    Ikeda M
    Adv. Biochem. Eng. Biotechnol., 159, 73-102, 2017年05月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • L-Lysine production independent of the oxidative pentose phosphate pathway by Corynebacterium glutamicum with the Streptococcus mutans gapN gene.
    Takeno S, Hori K, Ohtani S, Mimura A, Mitsuhashi S, Ikeda M
    Metab. Eng., 37, 1-10, 2016年09月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • A third glucose uptake bypass in Corynebacterium glutamicum ATCC 31833
    Ikeda M.; Noguchi N.; Ohshita M.; Senoo A.; Mitsuhashi S.; Takeno S.
    Appl. Microbiol. Biotechnol., 99(6), 2741-2750, 2015年03月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Development of Fatty Acid-Producing Corynebacterium glutamicum Strains.
    Takeno S, Takasaki M, Urabayashi A, Mimura A, Muramatsu T, Mitsuhashi S,Ikeda M
    Appl. Environ. Microbiol., 79(21), 6776-6783, 2013年11月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Development of biotin prototrophic and hyper-auxotrophic Corynebacterium glutamicum strains.
    Ikeda M, Miyamoto A, Mutoh S, Kitano Y, Tajima M, Shirakura D, Takasaki M, Mitsuhashi S, Takeno S
    Appl. Environ. Microbiol., 79(15), 4586-4594, 2013年08月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Significance of the Cgl1427 gene encoding cytidylate kinase in microaerobic growth of Corynebacterium glutamicum.
    Takeno S, Shirakura D, Tsukamoto N, Mitsuhashi S,Ikeda M
    Appl. Microbiol. Biotechnol., 97(3), 1259-1267, 2013年01月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Sugar transport systems in Corynebacterium glutamicum: features and applications to strain development.
    Ikeda M
    Appl. Microbiol. Biotechnol., 96(5), 1191-1200, 2012年12月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Identification and application of a different glucose uptake system that functions as an alternative to the phosphotransferase system in Corynebacterium glutamicum.
    Ikeda M.; Mizuno Y.; Awane S.; Hayashi M.; Mitsuhashi S.; Takeno S.
    Appl. Microbiol. Biotechnol., 90(4), 1443-1451, 2011年05月, 査読有りWebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Engineering of Corynebacterium glutamicum with an NADPH-generating glycolytic pathway for L-lysine production.
    Takeno S.; Murata R.; Kobayashi R.; Mitsuhashi S.;Ikeda M.
    Appl. Environ. Microbiol., 76(21), 7154-7160, 2010年11月, 査読有りWebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Elucidation of genes relevant to the microaerobic growth of Corynebacterium glutamicum.
    Ikeda M.; Baba M.; Tsukamoto N.; Komatsu T.; Mitsuhashi S.; Takeno S.
    Biosci. Biotech. Biochem., 73(12), 2806-2808, 2009年12月, 査読有りWebofScience電子ジャーナル
  • Reengineering of a Corynebacterium glutamicum L-arginine and L-citrulline producer.
    Ikeda M.; Mitsuhashi S.; Tanaka K.; Hayashi M.
    Appl. Environ. Microbiol., 75(6), 1635-1641, 2009年05月, 査読有りWebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • The Cgl1281-encoding putative transporter of the cation diffusion facilitator family is responsible for alkali-tolerance in Corynebacterium glutamicum.
    Takeno S.; Nakamura M.; Fukai R.; Ohnishi J.;Ikeda M.
    Arch. Microbiol., 190(5), 531-538, 2008年11月WebofScience電子ジャーナル
  • Characterization of mutations induced by N-methyl-N'-nitro-N-nitrosoguanidine in an industrial Corynebacterium glutamicum strain.
    Ohnishi J.; Mizoguchi H.; Takeno S.;Ikeda M.
    Mutat. Res., 649(1-2), 239-244, 2008年01月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Anaerobic growth and potential for amino acid production by nitrate respiration in Corynebacterium glutamicum.
    Takeno S.; Ohnishi J.;Komatsu T.; Masaki T.; Sen K.;Ikeda M.
    Appl. Microbiol. Biotechnol., 75(5), 1173-1182, 2007年07月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • アミノ酸発酵を変革するゲノムからのアプローチ
    池田正人
    信州大学農学部紀要, 42(1-2), 1-7, 2006年03月リポジトリ
  • Transcriptome analysis reveals global expression changes in an industrial L-lysine producer of Corynebacterium glutamicum.
    Hayashi M.; Ohnishi J.; Mitsuhashi S.; Yonetani Y.; Hashimoto S.;Ikeda M.
    Biosci. Biotech. Biochem., 70(2), 546-550, 2006年WebofScience電子ジャーナル
  • Comparisons of potentials for L-lysine production among different Corynebacterium glutamicum strains.
    Ohnishi J.;Ikeda M.
    Biosci. Biotech. Biochem.,, 70(4), 1017-1020, 2006年WebofScience電子ジャーナル
  • Disruption of malate:quinine oxidoreductase increases L-lysine production by Corynebacterium glutamicum.
    Mitshuhashi S.; Hayashi M.; Ohnishi J.;Ikeda M.
    Biosci. Biotechnol. Biochem., 70(11), 2803-2806, 2006年WebofScience電子ジャーナル
  • A genome-based approach to create a minimally mutated Corynebacterium glutamicum strain for efficient L-lysine production.
    Ikeda M.;Ohnishi J.;Hayashi M.;Mitsuhashi S.
    J. Ind. Microbiol. Biotechnol.,, 33(7), 610-615, 2006年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • A leuC mutation leading to increased L-lysine production and rel-independent global expression changes in Corynebacterium glutamicum.
    Hayashi M.;Mizoguchi H.;Ohnishi J.;Mitsuhashi S.;Yonetani Y.;Hashimoto S.;Ikeda M.
    Appl. Microbiol. Biotechnol., 72(4), 783-789, 2006年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Towards bacterial strains overproducing L-tryptophan and other aromatics by metabolic engineering..
    Ikeda M.
    Appl. Microbiol. Biotechnol., 69(6), 615-626, 2006年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • A novel gnd mutation leading to increased L-lysine production in Corynebacterium glutamicum.
    Ohnishi J.; Katahira R.; Mitsuhashi S.; Kakita S.;Ikeda M.
    FEMS Microbiol. Lett., 242(2), 265-274, 2005年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • A gene homologous to β-type carbonic anhydrase is essential for growth of Corynebacterium glutamicum under atmospheric conditions.
    Mitsuhashi S.; Ohnishi J.; Hayashi M.;Ikeda M.
    Appl. Microbiol. Biotechnol., 63(5), 592-601, 2004年WebofScience電子ジャーナル
  • Amino acid production processes.
    Ikeda M.
    Adv. Biochem. Eng. Biotechnol. vol. 79. Microbial production of L-amino acids, 1-35, 2003年WebofScience
  • Significance of the non-oxidative route of the pentose phosphate pathway for supplying carbon to the purine-nucleotide pathway in Corynebacterium ammoniagenes.
    Kamada N.; Yasuhara A.;Ikeda M.
    J. Ind. Microbiol. Biotechnol., 30(2), 129-132, 2003年WebofScience電子ジャーナル
  • Efficient 40°C fermentation of L-lysine by a new Corynebacterium glutamicum mutant developed by genome breeding.
    Ohnishi J.; Hayashi M.; Mitsuhashi S.;Ikeda M.
    Appl. Microbiol. Biotechnol., 62(1), 69-75, 2003年WebofScience電子ジャーナル
  • The Corynebacterium glutamicum genome: features and impacts on biotechnological processes.
    Ikeda M.; Nakagawa S.
    Appl. Microbiol. Biotechnol., 62(2-3), 99-109, 2003年WebofScience電子ジャーナル
  • A novel methodology employing Corynebacterium glutamicum genome information to generate a new L-lysine-producing mutant.
    Ohnishi J.; Mitsuhashi S.; Hayashi M.; Ando S.; Yokoi H.; Ochiai K.;Ikeda M.
    Appl. Microbiol. Biotechnol., 58(2), 217-223, 2002年WebofScience電子ジャーナル
  • Transcriptome analysis of acetate metabolism in Corynebacterium glutamicum using a newly developed metabolic array.
    Hayashi M.; Mizoguchi H.; Shiraishi N.; Obayashi M.; Nakagawa S.; Imai J.; Watanabe S.; Ota T.;Ikeda M.
    Biosci. Biotech. Biochem., 66(6), 1337-1344, 2002年WebofScience電子ジャーナル
  • Effect of transketolase modifications on carbon flow to the purine-nucleotide pathway in Corynebacterium ammoniagenes.
    Kamada N.; Yasuhara A.; Takano Y.; Nakano T.;Ikeda M.
    Appl. Microbiol. Biotechnol., 56(5-6), 710-717, 2001年WebofScience
  • Mechanism of the incidental production of a melanin-like pigment on 6-demethylchlortetracycline production in Streptomyces aureofaciens.
    Nakano T.; Miyake K.;Ikeda M.; Mizukami T.; Katsumata R.
    Appl. Environ. Microbiol., 66(4), 1400-1404, 2000年WebofScience電子ジャーナル
  • Development of an industrially stable process for L-threonine fermentation by an L-methionine-auxotrophic mutant of Escherichia coli.
    Okamoto K.;Ikeda M.
    J. Biosci. Bioeng., 89(1), 87-89, 2000年WebofScience電子ジャーナル
  • Cloning of the transketolase gene and the effect of its dosage on aromatic amino acid production in Corynebacterium glutamicum.
    Ikeda M.; Okamoto K.; Katsumata R.
    Appl. Microbiol. Biotechnol., 51(2), 201-206, 1999年WebofScience電子ジャーナル
  • Molecular analysis of the Corynebacterium glutamicum transketolase gene.
    Ikeda M.; Kamada N.; Takano Y.; Nakano T.
    Biosci. Biotech. Biochem., 63(10), 1806-1810, 1999年WebofScience電子ジャーナル
  • Hyperproduction of tryptophan by Corynebacterium glutamicum with the modified pentose phosphate pathway.
    Ikeda M.; Katsumata R.
    Appl. Environ. Microbiol., 65(6), 2497-2502, 1999年WebofScience電子ジャーナル
  • A transketolase mutant of Corynebacterium glutamicum.
    Ikeda M.; Okamoto K.; Katsumata R.
    Appl. Microbiol. Biotechnol., 50(3), 375-378, 1998年WebofScience電子ジャーナル
  • Molecular cloning of an extremely thermostable esterase gene from the hyperthermophilic archaeon Pyrococcus furiosus in Escherichia coli.
    Ikeda M.; Clark D. S.
    Biotechnol. Bioeng., 57(5), 624-629, 1998年WebofScience電子ジャーナル
  • A novel system with positive selection for the chromosomal integration of replicative plasmid DNA in Corynebacterium glutamicum.
    Ikeda M.; Katsumata R.
    Microbiology, 144, 1863-1868, 1998年WebofScience電子ジャーナル
  • Hyperproduction of L-threonine by an Escherichia coli mutant with impaired L-threonine uptake.
    Okamoto K.; Kino K.;Ikeda M.
    Biosci. Biotech. Biochem., 61(11), 1877-1882, 1997年WebofScience電子ジャーナル
  • Tryptophan production by transport mutants of Corynebacterium glutamicum.
    Ikeda M.; Katsumata R.
    Biosci. Biotech. Biochem., 59(8), 1600-1602, 1995年WebofScience電子ジャーナル
  • Cloning of the ATP phosphoribosyl transferase gene of Corynebacterium glutamicum and application of the gene to L-histidine production.
    Mizukami T.; Hamu A.;Ikeda M.; Oka T.; Katsumata R.
    Biosci. Biotech. Biochem., 58(4), 635-638, 1994年WebofScience電子ジャーナル
  • Fermentative production of tryptophan by a stable recombinant strain of Corynebacterium glutamicum with a modified serine-biosynthetic pathway.
    Ikeda M.; Nakanishi K.; Kino K.; Katsumata R.
    Biosci. Biotech. Biochem., 58(4), 674-678, 1994年WebofScience電子ジャーナル
  • Transport of aromatic amino acids and its influence on overproduction of the amino acids in Corynebacterium glutamicum.
    Ikeda M.; Katsumata R.
    J. Ferment. Bioeng., 78(6), 420-425, 1994年WebofScience電子ジャーナル
  • Hyperproduction of tryptophan in Corynebacterium glutamicum by pathway engineering.
    Katsumata R.;Ikeda M.
    Nat. Biotechnol., 11(8), 921-925, 1993年WebofScience電子ジャーナル
  • Phenylalanine production by metabolically engineered Corynebacterium glutamicum with the pheA gene of Escherichia coli.
    Ikeda M.; Ozaki A.; Katsumata R.
    Appl. Microbiol. Biotechnol., 39(3), 318-323, 1993年WebofScience電子ジャーナル
  • Metabolic engineering to produce tyrosine or phenylalanine in a tryptophan-producing Corynebacterium glutamicum strain.
    Ikeda M.; Katsumata R.
    Appl. Environ. Microbiol., 58(3), 781-785, 1992年WebofScience
  • Plasmids and insecticidal activity of delta-endotoxin crystals from Bacillus thuringiensis var. israelensis.
    Himeno M.;Ikeda M.; Sen K..; Koyama N.; Komano T.; Yamamoto H.; Nakayama I.
    Agric. Biol. Chem., 49(3), 573-580, 1985年

MISC

  • コリネ型細菌の持つ特異な脂肪酸代謝とその応用
    池田正人
    バイオサイエンスとインダストリー, 80(3), 243-245, 2022年05月
  • 代謝工学の基礎と発酵生産プロセスの実際 ―Super cell-factoryの創製を目指して―
    池田正人 [Invited]
    NTSセミナー、(株)エヌ・ティー・エス、12月5日, 2019年12月
  • アミノ酸生産菌の再構築
    池田正人 [Invited]
    発酵と代謝研究会・第2回勉強会「ゲノム編集・セルフクローニング育種の課題を考える」、バイオインダストリー協会、1月22日, 2019年01月
  • ミュータンス菌型糖代謝による新規発酵技術
    竹野誠記,池田正人
    ケミカルエンジニヤリング, 62(9), 625-633, 2017年09月
  • <今日の話題> コリネ型細菌による脂肪酸生産 ― アミノ酸生産菌で脂肪酸やビオチンをつくれるか?
    池田正人
    化学と生物, 53(10), 659-662, 2015年10月
  • <巻頭言> 後生畏るべし
    池田正人
    バイオサイエンスとインダストリー, 72(4), 2014年07月
  • コリネ型アミノ酸生産菌のもつ潜在的なグルコース輸送バイパス
    池田正人
    化学と生物, 50, 283-288, 2012年04月
  • L-arginine and L-citrulline: production technology in genomic era
    Ikeda M.
    AMINO ACID, 37, 92, 2009年WebofScience電子ジャーナル
  • <生物工学研究者の進む道> 研究を志す君へ
    池田正人
    生物工学会誌, 86(2), 86-87, 2008年03月
  • 優良な遺伝形質を集めて生産菌をつくる
    池田正人
    バイオサイエンスとインダストリー, 66, 495-498, 2008年
  • ゲノム科学をアミノ酸発酵に取り入れて
    池田正人
    バイオサイエンスとインダストリー, 63(1), 23-26, 2005年
  • <バイオの窓> 我が道・我が仕事
    池田正人
    バイオサイエンスとインダストリー, 61(10), 33, 2003年10月
  • アミノ酸生産菌Corynebacterium glutamicumにおける酢酸代謝のトランスクリプトーム解析
    林幹朗, 溝口寛, 白石紀彦, 大林正也, 中川智, 今井順一, 渡辺慎哉, 太田紀夫, 池田正人
    日本農芸化学会誌, 77, 1246-1247, 2003年電子ジャーナル
  • 遺伝子解析の物質生産研究への応用
    久我哲郎, 池田正人
    日本農芸化学会誌, 77, 501-503, 2003年電子ジャーナル
  • ゲノム時代を迎えたL-アミノ酸キラルテクノロジー : ‘ゲノム育種’へのチャレンジ
    池田 正人
    ファルマシア, 39, 523-527, 2003年
  • <ジャーナルクラブ> “優れた”微生物を創る
    池田正人
    化学と生物, 40(4), 245-246, 2002年04月
  • アミノ酸・核酸発酵菌の糖代謝とその改造戦略
    池田正人
    バイオサイエンスとインダストリー, 59, 306-309, 2001年
  • 深まるアミノ酸発酵: 膜輸送系への展開
    池田正人, 勝亦瞭一
    化学と生物, 38, 240-246, 2000年
  • 高発酵収率を得るためのペントースリン酸経路の改造戦略
    池田正人
    バイオサイエンスとインダストリー, 58, 197-198, 2000年
  • 発酵法によるL-スレオニン高生産技術
    岡本和之, 池田正人
    Bio Industry, 15, 54-66, 1998年

書籍等出版物

  • Microbiology monographs 23, Corynebacterium glutamicum
    Ikeda M.; Takeno S., Recent advances in amino acid production.
    Springer, 175-226 2020年04月
    ISBN:10.1007/978-3-030-39267-3_7
  • Adv. Biochem. Eng. Biotechnol. 159
    Yokota A &Ikeda M (Editors), Amino Acid Fermentation
    Springer, 2017年05月
    ISBN:978-4-431-56518-5
  • 生命のビッグデータ利用の最前線
    池田正人, シーケンス革命がもたらしたコリネ菌育種の新規方法論
    シーエムシー出版, 129-137 2014年04月30日
  • Microbiology monographs 23, Corynebacterium glutamicum
    Ikeda M.; Takeno S., Amino acid production by Corynebacterium glutamicum.
    Springer, 107–147 2013年, 査読有り
  • 微生物を活用した新世代の有用物質生産技術
    池田正人, ゲノム情報のコリネ菌育種への展開
    シーエムシー出版, 78-85 2012年09月03日
  • Manual of Industrial Microbiology and Biotechnology, 3rd Edition Section III, Chapter 16
    Ikeda M.; Takeno S., Genetic engineering of Corynebacteria.
    ASM Press, 225-237 2010年, 査読有り
  • ポイントがわかる分子生物学(第2版)
    池田正人, 微生物細胞による物質生産<農学、薬学への応用>
    丸善(株), 128-129 2010年
  • バイオプロダクション 4
    池田正人, アミノ酸生産菌のゲノム育種
    コロナ社, 63-67 2006年
  • バイオテクノロジー総覧 第3章
    池田正人, ゲノム時代を迎えたL-アミノ酸キラルテクノロジー
    通産資料出版会, 496-505 2005年
  • Handbook ofCorynebacterium glutamicum
    Ikeda M., Tryptophan production.
    CRC Press;, 489-509 2005年
  • Methods in Biotechnology, Vol. 18: Microbial Processes and Products
    Ikeda M.; Ohnishi J.; Mitsuhashi S., Genome breeding of an amino acid-producing Corynebacterium glutamicum mutant.
    Humana Press Inc., 179-189 2005年
  • ゲノミクス・プロテオミクスの新展開 第4編 第1章
    池田正人, アミノ酸生産菌のゲノミクスと育種への応用
    エヌ・ティー・エス, 967-973 2004年
  • キラル医薬中間体のプロセス技術 第3章 第5節
    池田正人, L-アミノ酸工業的製法
    技術情報協会, 245-256 2001年
  • 発酵ハンドブック
    池田正人, L-グルタミン発酵
    共立出版, 146-147 2001年
  • 発酵ハンドブック
    勝亦瞭一, 池田正人, L-トリプトファン発酵
    共立出版, 298-300 2001年

講演・口頭発表等

  • ビオチン要求性細菌における脂肪酸からビオチンへの代謝変換
    池田正人 [Invited]
    日本農芸化学会シンポジウム、名城大学、3月18日, 2018年03月, 日本農芸化学会シンポジウム、名城大学、3月18日
  • コリネ菌における脂肪酸合成経路の代謝工学
    池田正人 [Invited]
    日本農芸化学会シンポジウム、明治大学、3月30日, 2014年03月, 日本農芸化学会シンポジウム、明治大学、3月30日, 招待有り
  • アミノ酸を生み出す菌の作り方
    池田正人 [Invited]
    第3回有用微生物応用研究会、長野市ものづくり支援センター、10月11日, 2013年10月, 第3回有用微生物応用研究会、長野市ものづくり支援センター、10月11日, 招待有り
  • Design of Streptococcus mutans-type redox metabolism in Corynebacterium glutamicum.
    Ikeda M. [Invited]
    The 13th Swiss-Japanese Joint Meeting onBiotechnology and Bioprocess Development, Walzenhausen, Switzerland, November 4-7, 2012年11月, 招待有り
  • アミノ酸発酵菌における酸素の意義を考える
    池田正人 [Invited]
    日本生物工学会シンポジウム、神戸国際会議場、10月26日, 2012年10月, 日本生物工学会シンポジウム、神戸国際会議場、10月26日, 招待有り
  • Engineering of Glutamic Acid Bacteria on the model of the unique redox metabolism of Tooth Decay Bacteria.
    Ikeda M. [Invited]
    15th International Biotechnology Symposium and Exhibition (IBS2012), Daegu, Korea, September 16-21, 2012年09月, 招待有り
  • PTS-independent glucose uptake routes in Corynebacterium glutamicum.
    Ikeda M. [Invited]
    2012 International Meeting of the Microbiological Society of Korea, Seoul, Korea, May 3-4, 2012年05月, 招待有り
  • コリネ型アミノ酸生産菌がもつ潜在的なグルコース輸送バイパス
    池田正人 [Invited]
    日本農芸化学会シンポジウム、京都女子大学、3月25日, 2012年03月, 日本農芸化学会シンポジウム、京都女子大学、3月25日, 招待有り
  • From genome to producers in Glutamic acid bacteria.
    Ikeda M. [Invited]
    International Union of Microbiological Societies 2011Congress (IUMS 2011), Sapporo, September 6-10, 2011年09月, 招待有り
  • Redesign of Corynebacterium glutamicum redox metabolism on the model of Streptococcus mutans.
    Ikeda M. [Invited]
    BIT's 4th Annual World Congress of Industrial Biotechnology, Dalian, China, April 25-29, 2011年04月, 招待有り
  • アミノ酸発酵菌の代謝工学
    池田正人 [Invited]
    微生物資源ワークショップ 「微生物によるものつくりの新展開」、玉川大学、11月27日, 2010年11月, 招待有り
  • アミノ酸発酵菌の低酸素適応性の改変に臨む
    池田正人 [Invited]
    信州生物工学シンポジウム 「微生物バイオテクノロジーの展開」、信州大学繊維学部、10月1日, 2010年10月, 招待有り
  • 常温性コリネ型アミノ酸生産菌による高温発酵と生育上限温度の規定要因
    池田正人 [Invited]
    日本農芸化学会シンポジウム、東京大学、3月30日, 2010年03月, 日本農芸化学会シンポジウム、東京大学、3月30日, 招待有り
  • ゲノム時代の発酵生産菌育種
    池田正人 [Invited]
    植物微生物研究会 第19回研究交流会 特別講演、あがたの森文化会館、松本市、9月9日, 2009年09月, 招待有り
  • ゲノム情報に基づくアミノ酸生産菌の再構築
    池田正人 [Invited]
    日本遺伝学会 第81回大会シンポジウム「遺伝学のゲノム革命と次世代シーケンサー」、信州大学理学部、9月16日, 2009年09月, 招待有り
  • L-Arginine and L-citrulline: production technology in genomic era.
    Ikeda M. [Invited]
    11th International Congress on Amino Acids, Peptides and Proteins, Vienna,Austria, August 3-7, 2009年08月, 招待有り
  • Re-engineering of an L-arginine and L-citrulline producer of Corynebacterium glutamicum.
    Ikeda M. [Invited]
    The 11th Swiss-Japanese Joint Meeting on Biotechnology and Bioprocess Development, Minusio, Switzerland, October 26-29, 2008年10月, 招待有り
  • Incorporating genomics into classical amino acid fermentation.
    Ikeda M. [Invited]
    BIT's 1st Annual World Congress of Industrial Biotechnology, Hangzhou, China, May 18-21, 2008年05月, 招待有り
  • Advanced approach using genome information to generate amino acid producers.
    Ikeda M. [Invited]
    The 14th Japanese-German Workshop on Enzyme Technology, Kanazawa, November 16-18, 2007年11月, 招待有り
  • Reverse engineering of Corynebacterium amino acid producers.
    Ikeda M. [Invited]
    Annual Meeting of Society for Industrial Microbiology, Denver, USA, July 29-August 2, 2007年07月, 招待有り
  • 優良な遺伝形質を集めて生産菌をつくる
    池田正人 [Invited]
    発酵と代謝研究会シンポジウム「アミノ酸発酵誕生50年」、東京、7月13日, 2007年07月, 招待有り
  • アミノ酸発酵菌の酸素要求性とその改変に臨む
    池田正人 [Invited]
    東京大学生物生産工学研究センターシンポジウム、東京大学、12月11日, 2006年12月, 招待有り
  • Incorporating Corynebacterium glutamicum genomics into classical amino acid fermentation.
    Ikeda M. [Invited]
    10th International Congress on the Genetics of Industrial Microorganisms (GIM), Prague, Czech Republic, June 24-28, 2006年06月, 招待有り
  • A genome-based approach for strain development in Corynebacterium glutamicum.
    Ikeda M. [Invited]
    2006 International Meeting of the Microbiological Society of Korea, Daegu, Korea, May 3-4, 2006年05月, 招待有り
  • Unraveling the mystery of an industrial lysine producer by genomics.
    Ikeda M. [Invited]
    Annual Meeting of Society for Industrial Microbiology, Chicago, USA, August 21-25, 2005年08月, 招待有り
  • ゲノム科学でリジン工業菌株の謎に迫る
    池田正人 [Invited]
    日本農芸化学会シンポジウム、札幌、3月30日, 2005年03月, 招待有り
  • ゲノム科学が明かすアミノ酸発酵
    池田正人 [Invited]
    日本農芸化学会中部支部設立50周年記念講演会、名古屋大学、1月29日, 2005年01月, 招待有り
  • New methodology using genome information to generate an efficient lysine-producing strain.
    Ikeda M. [Invited]
    Genetics and Molecular Biology of Industrial Microorganisms Conference&Biotechnology of Microbial Products Conference, San Diego, USA, November 14-18, 2004年11月, 招待有り
  • ゲノム科学をアミノ酸発酵に取り入れて
    池田正人 [Invited]
    21世紀COEプログラム「微生物機能の戦略的活用による生産基盤拠点」, 2004年07月, 21世紀COEプログラム「微生物機能の戦略的活用による生産基盤拠点」産学官ミニシンポジウム、信州大学、7月23日, 招待有り
  • ゲノム科学を統合した育種法の開発
    池田正人 [Invited]
    日本農芸化学会シンポジウム、広島大学、3月31日, 2004年03月, 招待有り
  • Genome breeding in Corynebacterium glutamicum.
    Ikeda M. [Invited]
    13th International Symposium on the Biology ofActinomycetes. Melbourne, Australia, December 1-5, 2003年12月, 招待有り
  • Genome breeding in Corynebacterium glutamicum.
    Ikeda M. [Invited]
    The 12th Japanese-German Workshop on Enzyme Technology, Ohtsu, November 16-18, 2003年11月, 招待有り
  • ゲノム時代を迎えたアミノ酸発酵
    池田正人 [Invited]
    発酵と代謝研究会シンポジウム、学士会館、7月11日, 2003年07月, 発酵と代謝研究会シンポジウム、学士会館、7月11日, 招待有り
  • Genome breeding of amino acid producing Corynebacterium glutamicum.
    Ikeda M. [Invited]
    Metabolic Engineering IV - Applied System Biology, Italy, October 6-11, 2002年10月, 招待有り
  • ゲノム育種”へのチャレンジ
    池田正人 [Invited]
    日本農芸化学会シンポジウム、東北学院大学、3月, 2002年03月, 日本農芸化学会シンポジウム、東北学院大学、3月, 招待有り
  • Strategies to modify central metabolism for improved fermentation in amino acid-&nucleotide-production strains.
    Ikeda M. [Invited]
    KSAM International Symposium - Metabolic Engineering for Bioconversion, Korea, June 20-23, 2001年06月, 招待有り
  • アミノ酸・核酸発酵菌の糖代謝とその改造戦略
    池田正人 [Invited]
    日本農芸化学会シンポジウム、立命館大学、3月, 2001年03月, 日本農芸化学会シンポジウム、立命館大学、3月, 招待有り
  • アミノ酸スーパープロデューサーの創製をめざして
    池田正人 [Invited]
    日本農芸化学会シンポジウム、東京農業大学、4月, 1997年04月, 日本農芸化学会シンポジウム、東京農業大学、4月, 招待有り
  • 芳香族アミノ酸生産菌の分子育種
    池田正人 [Invited]
    日本化学工学会先端技術セミナー, 1993年, 日本化学工学会先端技術セミナー, 招待有り
  • Corynebacterium glutamicum トリプトファン高生産菌の分子育種
    池田正人 [Invited]
    日本発酵工学会東日本支部シンポジウム, 1990年, 日本発酵工学会東日本支部シンポジウム, 招待有り
  • コリネ型細菌芳香族アミノ酸生産菌の分子育種
    池田正人 [Invited]
    日本発酵工学会シンポジウム, 1987年, 日本発酵工学会シンポジウム, 招待有り

担当経験のある科目_授業

  • 代謝生化学
    信州大学
  • 微生物学
    信州大学
  • 応用微生物学
    信州大学
  • 応用微生物学特論
    信州大学

所属学協会

  • バイオインダストリー協会
  • 日本生物工学会
  • 日本農芸化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • コリネ型細菌の脂肪酸膜輸送と2種のABCトランスポーター:機能、調節、そして応用
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2024年 - 2026年
  • コリネ型細菌のビオチン排出輸送体の同定と発酵への応用
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2021年 - 2023年
  • コリネ型細菌による中鎖脂肪酸生産技術の開発
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2018年 - 2020年
  • コリネ菌による脂質およびビオチン生産基盤の開発
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2015年 - 2017年
  • コリネ型アミノ酸生産菌における還元力高産生宿主の開発
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2012年 - 2014年
  • コリネバクテリウム・グルタミクムの酸素要求性改変への代謝工学
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2009年 - 2011年
  • 好気性コリネ型アミノ酸生産菌の酸素要求性改変
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2006年 - 2008年

産業財産権

  • Recombinant coryneform bacterium for producing L-tryptophan, US5407824, 特許権
  • Process for producing L-tryptophan, US5447857, 特許権
  • Process for producing L-tryptophan, US5563052, 特許権
  • Process for stably maintaining recombinant plasmids in serine auxotrophic microorganisms belonging to the genus Corynebacterium or Brevibacterium, US5595894, 特許権
  • Process for producing L-tryptophan, L-tyrosine or L-phenylalanine, US5605818, 特許権
  • Process for producing L-tryptophan in serine auxotrophic microorganisms belonging to the genus corynebacterium or brevabacterium, US5624828, 特許権
  • Process for producing L-amino acid, US5629180, 特許権
  • Method for producing L-isoleucine with a fermentation process, US5695972, 特許権
  • Process for producing L-leucine, US5744331, 特許権
  • Process for producing L-amino acids by fermentation, US5919670, 特許権
  • Process for producing L-amino acids by fermentation, US6143552, 特許権
  • Method for producing metabolites biologically synthesized via phosphoribosyl pyrophosphate, US6258554, 特許権
  • Transaldolase gene, US7005284, 特許権
  • Process for producing L-amino acids via fermentation method, US7202060, 特許権
  • Mutant of homoserine dehydrogenase from Corynebacterium and DNA encoding thereof, US7332310, 特許権
  • Mutant isopropylmalate isomerase, US7445915, 特許権
  • Mutated 6-phosphogluconate dehydrogenase, US7524667, 特許権
  • Process for producing L-arginine, L-ornithine or L-citrulline, US7741081, 特許権
  • Mutant 6-phosphogluconate dehydrogenase, US7989191, 特許権
  • Process for producing useful substance, US8530203, 特許権
  • L-トリプトファンの製造法, 特許2656300, 特許権
  • L-トリプトファンの製造法, 特許2967996, 特許権
  • 芳香族アミノ酸の製造法, 特許3036819, 特許権
  • 物質の製造法, 特許3078312, 特許権
  • 芳香族アミノ酸の製造法, 特許3369231, 特許権
  • 発酵法によるL-アミノ酸の製造法, 特許3510331, 特許権
  • 発酵法によるL-ロイシンの製造法, 特許3698758, 特許権
  • 発酵法によるL-イソロイシンの製造法, 特許3717970, 特許権
  • 発酵法によるL-アミノ酸の製造法, 特許3966583, 特許権
  • 微生物の通気培養装置及び二次代謝産物の製造法, 特許4059577, 特許権
  • 変異型6-ホスホグルコン酸デヒドロゲナーゼ, 特許4074251, 特許権
  • ビオチン活性物質の製造法, 特許4104729, 特許権
  • アミノ酸の製造法, 特許4152320, 特許権
  • 変異型イソプロピルリンゴ酸イソメラーゼ, 特許4257215, 特許権
  • ホスホリボシルピロリン酸を経由して生合成される代謝産物の製造法, 特許4294123, 特許権
  • 新規ポリヌクレオチド, 特許4623825, 特許権
  • 発酵法によるL-アミノ酸の製造法, 特許4780749, 特許権
  • L-アルギニン、L-オルニチンまたはL-シトルリンの製造法, 特許4881739, 特許権
  • 有用物質の製造方法, 特許5537818, 特許権
  • 有用物質の製造方法, 特許5833311, 特許権
  • 有用物質の製造方法, 特許5897197, 特許権