藤井 千文 (フジイ チフミ)   

学術研究院(医学系)

先鋭領域融合研究群 バイオメディカル研究所 

助教 

学位

  • 博士(理学), 金沢大学
  • 修士(理学), 金沢大学

研究分野

  • 分子腫瘍学
  • 実験病理学
  • 生化学

経歴

  • 2014年
    信州大学学術研究院(医学系)助教 バイオメディカル研究所主担当
  • 2013年 - 2014年
    信州大学大学院医学系研究科助教
  • 2007年 - 2013年
    信州大学医学部医学科助教
  • 2006年 - 2007年
    信州大学医学部医学科助手
  • 2003年 - 2006年
    金沢大学がん研究所助手
  • 2001年 - 2003年
    金沢大学がん研究所非常勤研究員
  • 1999年 - 2000年
    藤花学園尾山台高等学校非常勤講師

学歴

  • 1998年 - 2001年, 金沢大学大学院, 自然科学研究科, 生命科学専攻
  • 1996年 - 1998年, 金沢大学大学院, 理学研究科, 化学専攻
  • 1992年 - 1996年, 金沢大学, 理学部, 化学科

論文

  • 胃腺粘液型糖鎖による生体防御と上皮性腫瘍の悪性化制御機構
    藤井 千文, 中山 淳
    信州医学雑誌, 70(5), 257-269, 2022年10月, 査読有りリポジトリ電子ジャーナル
  • Glycosylation of MUC6 by α1,4-linked N-acetylglucosamine enhances suppression of pancreatic cancer malignancy.
    Yuki A, Fujii C (co-first author, corresponding author), Yamanoi K, Matoba H, Harumiya S, Kawakubo M, Nakayama J.
    Cancer Sci., 113, 576-586, 2022年, 査読有り
    筆頭著者, 責任著者
  • MUC6 expression is a preferable prognostic marker for invasive mucinous adenocarcinoma of the lung.
    Yamanoi K, Fujii C (co-first author), Yuzuriha H, Kumazawa M, Shimoda M, Emoto K, Asamura H, Nakayama J.
    Histochem. Cell Biol., 157, 671-684, 2022年, 査読有り
    筆頭著者
  • α1,4-linked N-acetylglucosamine suppresses gastric cancer development by inhibiting Mucin-1-mediated signaling.
    Fujii C (corresponding author), Harumiya S, Sato Y, Kawakubo M, Matoba H, Nakayama J.
    Cancer Sci., 113, 3852-3863, 2022年, 査読有り
    筆頭著者, 責任著者
  • Cholestenone functions as an antibiotic against Helicobacter pylori by inhibiting biosynthesis of the cell wall component CGL
    Kobayashi J, Kawakubo M, Fujii C, Arisaka N, Miyashita M, Sato Y, Komura H, Matoba H, and Nakayama J
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 118, e2016469118, 2021年, 査読有り
  • Cecal Tumorigenesis in Aryl Hydrocarbon Receptor-Deficient Mice Depends on Cecum-Specific Mitogen-Activated Protein Kinase Pathway Activation and Inflammation
    Matoba H, Takamoto M*, Fujii C*,Kawakubo M, Kasuga E, Matsumura T, Natori T,Misawa K, Taniguchi S, and Nakayama J (*: Corresponding author)
    Am. J. Pathol., 190, 253-268, 2020年, 査読有り
    責任著者
  • Analysis of A4gnt knockout mice reveals an essential role for gastric sulfomucins in preventing gastritis cystica profunda
    Kawakubo M, Komura H, Goso Y, Okumura M, Sato Y, Fujii C, Miyashita M, Arisaka N, Harumiya S, Yamanoi K, Yamada S, Kakuta S, Kawashima H, Fukuda MN, Fukuda M, and Nakayama J
    J. Histtochem. & Cytochem., 67, 759-770, 2019年, 査読有り
  • Annexin A1 expression is correlated with malignant potential of renal cell carcinoma
    Yamanoi M, Yamanoi K1, Fujii C1,2, Fukuda MN, and Nakayama J (1: Contributed equally, 2: Corresponding author)
    Int. J. Urol., 26, 284-290, 2019年, 査読有り
    責任著者
  • Potential Role of ASC, a Proapoptotic Protein, for Determining the Cisplatin Susceptibility of Lung Cancer Cells
    Sakaizawa T, Matsumura T, Fujii C, Hida S, Toishi M, Shiina T, Yoshida K, Hamanaka K, Ito KI, Taniguchi S
    Tohoku J Exp Med, 244, 133-144, 2018年, 査読有り
  • Fascin1 suppresses RIG-I-like receptor signaling and interferon-β production by associating with IκB kinase ϵ (IKKϵ) in colon cancer
    Matsumura T, Hida S, Kitazawa M, Fujii C, Kobayashi A, Takeoka M, Taniguchi SI, Miyagawa SI
    J. Bilo. Chem., 293, 6329-6336, 2018年, 査読有り
  • ASC Induces Apoptosis via Activation of Caspase-9 by Enhancing Gap Junction-Mediated Intercellular Communication.
    Kitazawa M, Hida S, Fujii C, Taniguchi S, Ito K, Matsumura T, Okada N, Sakaizawa T, Kobayashi A, Takeoka M, and Miyagawa S
    PLOS ONE, 12, e0169340, 2017年, 査読有り
  • Gastric gland mucin-specific O-glycan expression decreases with tumor progression from precursor lesions to pancreatic cancer.
    Ohya A, Yamanoi K, Shimojo H, Fujii C, Nakayama J
    Cancer Sci, 108, 1897-1902, 2017年, 査読有り
  • Novel role of ASC as a regulator of metastatic phenotype.
    Okada N1, Fujii C1,2, Matsumura T, Kitazawa M, Okuyama R, Taniguchi S, and Hida S. (1: Contributed equally, 2: Corresponding author)
    Cancer Med., 5, 2487-2500, 2016年, 査読有り
    筆頭著者, 責任著者
  • NFkB2 gene as a novel candidate that epigenetically responds to interval walking training.
    Y. Zhang, S. Hashimoto, C. Fujii, S. Hida, K. Ito, T. Matsumura, T. Sakaizawa, M. Morikawa, S. Masuki, H. Nose, K. Higuchi, K. Nakajima, S. Taniguchi
    Int. J. Sports. Med., 36, 769-775, 2015年, 査読有り
  • Accelerated hepatocellular carcinoma development in mice expressing the Pim-3 transgene selectively in the liver.
    Y. Wu, Y. Y. Wang, Y. Nakamoto, Y-Y. Li, T. Baba, S. Kaneko, C. Fujii, and N. Mukaida
    Oncogene, 29, 2228-2237, 2010年, 査読有り
  • In vivo immunological toxicity in mice of carbon nanotubes with impurities.
    S. Koyama, Y. A. Kim, T. Hayashi, K. Takeuchi, C. Fujii, N. Kuroiwa, H. Koyama, T. Tsukahara, and M. Endo
    Carbon, 47, 1365-1372, 2009年, 査読有り
  • Blocking TNF-a in mice reduces colorectal carcinogenesis associated with chronic colitis.
    B. K. Popivanova, K. Kitamura, Y. Wu, T. Kondo, T. Kagaya, S. Kaneko, M. Oshima, C. Fujii, and N. Mukaida
    J. Clin. Invest., 118, 560-570, 2008年, 査読有り
  • Aberrant Pim-3 expression is involved in gastric adenoma-adenocarcinoma sequence and cancer progression.
    H. C. Zheng, K. Tsuneyama, H. Takahashi, S. Miwa, T, Sugiyama, B. K. Popivanova, C. Fujii, K. Nomoto, N. Mukaida, and Y. Takano
    J. Cancer Res. Clin. Oncol., 134, 481-488, 2008年, 査読有り
  • Proto-oncogene, Pim-3 with serine/threonine kinase activity, is aberrantly expressed in human colon cancer cells and can prevent Bad-mediated apoptosis.
    B. K. Popivanova, Y-Y Li, H. Zheng, K. Omura, C. Fujii, K. Tsuneyama, and N. Mukaida
    Cancer Sci., 98, 321-328, 2007年, 査読有り
  • Implication of ‘Down syndrome cell adhesion molecule’ in the hippocampal neurogenesis of ischemic monkeys.
    T. Yamashima, B. K. Popivanova, J. Guo, S. Kotani, T. Wakayama, S. Iseki, K. Sawamoto, H. Okano, C. Fujii, N. Mukaida, and A. B. Tonchev
    HIPPOCAMPUS, 16, 924-935, 2006年, 査読有り
  • Pim-3, a proto-oncogene with serine/threonine kinase activity, is aberrantly expressed in human pancreatic cancer and phosphorylates Bad to block Bad-mediated apoptosis in human pancreatic cancer cell lines.
    Y-Y. Li, B. K. Popivanova, Y. Nagai, H. Ishikura, C. Fujii, and N. Mukaida
    Cancer Res., 66, 6741-6747, 2006年, 査読有り
  • Esssential contribution of a chemokine, CCL3, and its receptor, CCR1, to hepatocellular carcinoma progression.
    X. Yang, P. Lu, C. Fujii, Y. Nakamoto, J. Gao, S. Kaneko, P. M. Murphy, and N. Mukaida
    Int. J. Cancer, 118, 1869-1876, 2006年, 査読有り
  • Attenuated liver tumor formation in the absence of CCR2 with a concomitant reduction in the accumulation of hepatic stellate cells, macrophages, and neovascularization.
    X. Yang, P. Lu, Y. Ishida, W. A. Kuziel, C. Fujii, and N. Mukaida
    Int. J. Cancer, 118, 335-345, 2006年, 査読有り
  • Aberrant expression of serine/threonine kinase Pim-3 in hepatocellular carcinoma development and its role in the proliferation of human hepatoma cell lines.
    C. Fujii, Y. Nakamoto, P. Lu, K. Tsuneyama, B. K. Popivanova, S. Kaneko, and N. Mukaida
    Int. J. Cancer, 114, 209-218, 2005年, 査読有り
    筆頭著者
  • Spontaneous regression of lung metastasis in the absence of tumor necrosis factor receptor p55.
    Y. Tomita, X. Yang, Y. Ishida, Y. Nemoto-Sasaki, T. Kondo, M. Oda, G. Watanabe, G. N. Chaldakov, C. Fujii, and N. Mukaida
    Int. J. Cancer, 112, 927-933, 2004年, 査読有り
  • hTERT-promoter-based tumor-specific expression of MCP-1 effectively sensitize cervical cancer cells to a low dose of cisplatin.
    M. Nakamura, S. Kyo, T. Kanaya, N. Yatabe, Y. Maida, M. Tanaka, Y. Ishida, C. Fujii, T. Kondo, M. Inoue, and N. Mukaida
    Cancer Gene Ther., 11, 1-7, 2004年, 査読有り
  • Potential interaction between CCR1 and its ligand, CCL3, induced by endogenously produced interleukin-1 in human hepatomas.
    P. Lu, Y. Nakamoto, Y. Nemoto-Sasaki, C. Fujii, H. Wang, M. Hashii, Y. Ohmoto, S. Kaneko, K. Kobayashi, and N. Mukaida
    Am. J. Pathol., 162, 1249-1258, 2003年, 査読有り
  • Pathogenic roles of tumor necrosis factor receptor p55-mediated signals in dimethylnitrosamine-induced murine liver fibrosis.
    K. Kitamura, Y. Nakamoto, M. Akiyama, C. Fujii, T. Kondo, K. Kobayashi, S. Kaneko, and N. Mukaida
    Lab. Invest., 82, 571-583, 2002年, 査読有り
  • Difference in the way of macrophage recognition of target cells depending on their apoptotic states.
    C. Fujii, A. Shiratsuchi, J. Manaka, S. Yonehara, and Y. Nakanishi
    Cell Death Differ., 8, 1113-1122, 2001年, 査読有り
    筆頭著者
  • Essential tyrosine residues in 3-ketosteroid-Δ1-dehydrogenase from Rhodococcus rhodochrous.
    C. Fujii, S. Morii, M. Kadode, S. Sawamoto, M. Iwami, and E. Itagaki
    J. Biochem., 126, 662-667, 1999年, 査読有り
    筆頭著者
  • 3-Ketosteroid-Δ1-dehydrogenase of Rhodococcus rhodochrous:Sequencing of the genomic DNA and hyperexpression, purification, and characterization of the recombinant enzyme.
    S. Morii, C. Fujii, T. Miyoshi, M. Iwami, and E. Itagaki
    J. Biochem., 124, 1026-1032, 1998年, 査読有り

講演・口頭発表等

  • MUC6へのαGlcNAc結合は膵癌細胞の悪性形質の抑制を増強させる
    藤井千文、山ノ井一裕、的場久典、中山淳
    第81回日本癌学会学術総会, 2022年09月
  • 幽門腺型粘液の形質変化は、胃だけでなく諸臓器における悪性度マーカーになる
    山ノ井一裕、藤井千文、中山淳
    第81回日本癌学会学術総会, 2022年09月
  • αGlcNAcとMUC6による膵癌の悪性化制御機構
    藤井千文、結城淳子、山ノ井一裕、的場久典、春宮覚、川久保雅友、中山淳
    第31回日本がん転移学会学術集会, 2022年07月
  • 淡明細胞型腎細胞癌にて悪性度と相関するアネキシンA1は、紡錘細胞型腎細胞癌でも発現した
    山ノ井万里子、藤井千文、山ノ井一裕、中山淳
    第109回日本泌尿器科学会総会, 2021年12月
  • 胃腺粘液特異的糖鎖αGlcNAcによる胃がん細胞でのMUC1シグナル伝達制御
    藤井千文、中山淳
    第79回日本癌学会学術総会, 2021年10月
  • MUC6発現は、粘液産生型肺腺癌における予後良好の指標になる
    山ノ井一裕、藤井千文、中山淳、下田将之
    第79回日本癌学会学術総会, 2021年10月
  • 胃腺粘液特異的糖鎖αGlcNAc結合新規タンパク質の同定と胃がん細胞における役割
    藤井千文、佐藤佳子、春宮覚、川久保雅友、中山淳
    第28回日本がん転移学会学術集会, 2021年07月
  • Sirt3のノックダウンはライディッヒ細胞腫由来細胞株MA-10にROS依存性の細胞死を誘導する
    的場久典、藤井千文、川久保雅友、丸山和晃、中山淳
    第110回日本病理学会総会, 2021年04月
  • αGlcNAcとMUC6による膵癌の悪性化制御機能
    結城淳子、藤井千文、中山淳
    第118回日本内科学会講演会, 2021年04月
  • 胃腺粘液特異的糖鎖αGlcNAcはがん細胞の悪性度を制御する
    藤井千文、中山淳
    第79回日本癌学会学術総会, 2020年10月
  • 胃腺粘液特異的糖鎖αGlcNAcはがん細胞の悪性度を制御する
    藤井千文、中山淳
    第79回日本癌学会学術総会, 2020年10月
  • AhRノックアウトマウスの回盲部における腫瘍発生は回盲部に特異的なMAPK経路の活性化と炎症反応に依存する
    的場久典、高本雅哉、藤井千文、川久保雅友、春日恵理子、松村富穂、名取達矢、三沢健、谷口俊一郎、中山淳
    第109回日本病理学会総会, 2020年07月
  • 胃腺粘液特異的糖鎖αGlcNAcによる胃がん細胞の悪性化制御機構
    藤井千文、佐藤佳子、春宮覚、川久保雅友、中山淳
    第29回日本がん転移学会, 2020年
  • Gastritis Cystica Profundaの発生抑制における胃スルホムチンの役割の解明(神戸)
    川久保雅友、小村仁美、五艘行信、奥村征大、佐藤佳子、藤井千文、宮下聖基、有坂宣彦、春宮覚、山ノ井一裕、山田重徳、角田茂、川島博人、福田道子、福田穰、中山淳
    第60回日本組織細胞化学会総会・学術集会および第13回日中組織細胞化学セミナー合同大会(神戸), 2019年09月
  • Role of gastric gland mucin-specific O-glycan GlcNAc in gastric cancer development
    Chifumi Fujii, Atsuko Yuki, Satoru Harumiya, Kazuhiro Yamanoi, Masatomo Kawakubo, and Jun Nakayama
    ASCB|EMBO meeting 2018(San Diego, USA), 2018年12月
  • 胃腺粘液特異的糖鎖αGlcNAcはがん細胞の浸潤能を制御する
    藤井千文、結城淳子、五十嵐悠真、春宮覚、山ノ井一裕、川久保雅友、中山淳
    第91回日本生化学会大会(京都), 2018年09月
  • 腎細胞がんにおけるAnnexinA1発現の意義
    山ノ井万里子, 山ノ井一裕, 藤井千文, 福田道子, 中山淳
    第77回日本癌学会学術集会(大阪), 2018年09月
  • AhRノックアウトマウスの盲腸への腫瘍発生およびそれに対する腸内細菌叢の影響に関する研究
    的場久典, 藤井千文, 谷口俊一郎, 中山淳
    第77回日本癌学会学術集会(大阪), 2018年09月
  • 胃腺粘液特異的糖鎖であるαGlcNAcによる胃がん細胞の悪性化制御機構
    藤井千文, 中山淳
    第27回日本がん転移学会学術集会(横浜), 2018年07月
  • AhRノックアウトマウスの盲腸への腫瘍発生および腸内細菌叢の影響に関する研究
    的場久典, 藤井千文, 川久保雅友, 春日恵理子, 高本雅哉, 谷口俊一郎, 中山淳
    第107回日本病理学会総会(札幌), 2018年06月
  • 腎細胞がんにおけるAnnexinA1発現の意義
    山ノ井万里子, 藤井千文, 山ノ井一裕, 福田道子, 中山淳
    第106回日本泌尿器科学会総会(京都), 2018年04月
  • 膵癌の発癌過程におけるαGlcNAcの発現意義
    山ノ井一裕、大彌歩、藤井千文、中山淳
    第76回日本癌学会学術総会(横浜), 2017年09月
  • Novel role of ASC as a regulator of metastatic phenotype
    岡田なぎさ、藤井千文、松村富穂、北沢将人、谷口俊一郎、肥田重明、宇原久、奥山隆平
    第41回研究皮膚科学会年次学術大会(仙台), 2016年12月
  • インフラマソーム構成因子ASCの細胞運動における役割
    藤井千文、松村富穂、肥田重明、岡田なぎさ、谷口俊一郎
    第75回日本癌学会学術総会(横浜), 2016年10月
  • ヒト肺癌の悪性形質獲得におけるASCの役割
    境澤隆夫、松村富穂、藤井千文、肥田重明、谷口俊一郎
    第23回日本がん転移学会学術集会(大阪), 2015年07月
  • ASCによるがん細胞転移能の制御機構の解析
    藤井千文、松村富穂、肥田重明、谷口俊一郎
    第23回日本がん転移学会学術集会(金沢), 2014年07月
  • The roles of ASC in cancer cell metastasis
    Chifumi Fujii, Tomio Matshmura, Takao Sakaizawa, Shigeaki Hida, and Shun’ichiro Taniguchi.
    15th International Biennial Congress Metastasis Research Society (Germany), 2014年06月
  • Actin binding protein fascin1 regulates innate immune responses in tumor cells
    松村富穂、藤井千文、谷口俊一郎、肥田重明
    日本免疫学会総会・学術集会, 2013年12月
  • がん細胞でのASC発現低下は細胞運動能を亢進させる
    藤井千文、松村富穂、伊藤賢祐、肥田重明、谷口俊一郎
    第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月
  • 細胞間相互作用を介したASC依存的な腫瘍抑制機能
    伊藤賢祐、北沢将人、藤井千文、肥田重明、谷口俊一郎
    第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月
  • ASCによるがん細胞運動制御機構の解析
    藤井千文、肥田重明、谷口俊一郎
    第22回日本がん転移学会学術集会, 2013年07月
  • ASCによる生体の恒常性維持と腫瘍増殖制御機構の解析
    肥田重明、藤井千文、北沢将大、松村富穂、岡田なぎさ、谷口俊一郎
    第22回日本がん転移学会学術集会, 2013年07月
  • がん細胞におけるfascin1のRIG-Iシグナル抑制機構の解析
    松村富穂、藤井千文、肥田重明、谷口俊一郎
    第22回日本がん転移学会学術集会, 2013年07月
  • がん細胞におけるASCと細胞運動能の相関性の解析
    藤井千文、松村富穂、伊藤賢祐、北沢将人、肥田重明、谷口俊一郎
    第85回日本生化学会大会(福岡), 2012年12月14日
  • Imvolvement of fascin in immune responses through inflammasome activation
    Tomio Matsumura, Chifumi Fujii, Shun’ichiro Taniguchi, and Shigeaki Hida
    第41回日本免疫学会総会・学術集会(神戸), 2012年12月05日
  • がん細胞におけるASCの新規腫瘍抑制機能
    伊藤賢祐、北沢将人、藤井千文、肥田重明、谷口俊一郎
    第71回日本癌学会学術総会(札幌), 2012年09月19日
  • Potential involvement of ASC in cancer progression and metastasis.
    Chifumi Fujii, Shigeaki Hida, Masato Kitazawa, Kensuke Ito, and Shun’ichiro Taniguchi.
    14th International Biennial Congress of the Metastasis Research Society (Australia), 2012年09月02日
  • 繊維肉腫細胞におけるASCの新規癌抑制機能
    北沢将人、肥田重明、岡田なぎさ、松村富穂、藤井千文、竹岡みち子、宮川眞一、谷口俊一郎
    第70回日本癌学会学術総会(名古屋), 2011年10月
  • マクロファージの抗腫瘍作用におけるApoptosis-associated speck-like protein containing a CARD(ASC)の役割
    岡田なぎさ、北沢将人、藤井千文、肥田重明、谷口俊一郎
    第70回日本癌学会学術総会(名古屋), 2011年10月
  • マクロファージの抗腫瘍作用におけるASCの役割
    岡田なぎさ、北沢将人、藤井千文、肥田重明、谷口俊一郎
    第20回日本がん転移学会学術集会・総会(浜松), 2011年06月30日

所属学協会

  • 日本生化学会
  • 日本癌学会
  • 日本がん転移学会
  • 日本免疫学会
  • 米国細胞生物学会
  • 日本組織細胞化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 胃腺粘液特異的糖鎖を指標とした予後不良分化型胃がんの診断・治療法開発
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2023年04月
  • 胃腺粘液糖鎖αGlcNAcの消失による胃がん悪性化の制御機構
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2018年04月 - 2021年03月
  • インフラマソーム構成分子ASCによるがん細胞の転移制御機構の解明
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2014年04月 - 2017年03月
  • アダプタータンパク質ASC下流シグナルを標的とした新規大腸がん治療標的分子の同定
    科学研究費補助金, 若手研究(B)
    2012年04月 - 2014年03月
  • 新規素材カーボンナノチューブの毒性および発がん性評価
    科学研究費補助金, 若手研究(B)
    2009年04月 - 2011年03月

その他

  • 中学校教諭専修免許(理科)
    1998年
  • 高等学校教諭専修免許(理科)
    1998年
  • 甲種危険物取扱者
    1997年
  • 中学校教諭一種免許(理科)
    1996年
  • 高等学校教諭一種免許(理科)
    1996年