山田 哲 (ヤマダ アキラ)   

学術研究院(医学系)

医学部 医学科 画像医学 

教授(特定雇用) 

学位

  • 医学博士, 信州大学(日本)

研究キーワード

    画像診断, 腹部画像診断, 血管内治療, コンピュータ支援診断, 機能画像診断, CAD, IVR

研究分野

  • 放射線科学, 放射線科学
  • 医用システム, 医用システム

電話番号

    0263-37-2650

メールアドレス

    a_yamada★shinshu-u.ac.jp

学歴

  • 2009年 - 2010年, シカゴ大学

委員歴

  • 2021年
    代議員, 日本磁気共鳴医学会
  • 2018年
    代議員, 日本医学放射線学会

受賞

  • 2020年
    第26回肝血流動態イメージ研究会, 板井悠二賞
  • 2018年
    第24回肝血流動態イメージ研究会,, 板井悠二賞
  • 2017年
    第23回肝血流動態イメージ研究会, 板井悠二賞
  • 2015年
    日本核医学会, Annals of Nuclear Medicine Frequently Cited Paper
  • 2013年
    第19回肝血流動態イメージ研究会, 板井悠二賞
  • 2011年
    肝血流動態イメージング研究会, 板井悠二賞
  • 2011年
    北米放射線学会, Certificate of Merit

論文

  • 【Precision Medicine時代のAbdominal Imaging 2022 腹部画像診断の最新動向とすぐそこの未来に備えて 後編 CT XA/DR 核医学】CT 腹部領域における技術の到達点および臨床の最前線 CTによる腹部画像診断の最新動向と未来への展望 腹部画像診断の最新アプリケーションの使用経験.
    山田 哲
    INNERVISION, 2022年
  • 画像でみかける偶発的所見のマネジメント2022 -あなたならどう書く?-】腹部 肝臓 総胆管拡張.
    山田 哲
    画像診断, 2022年
  • 大腸癌肝転移のための画像診断-薬物療法後の評価を中心に-】大腸癌肝転移におけるMRI診断.
    山田 哲
    日独医報, 2022年
  • Editorial for "Preoperative Evaluation of Gd-EOB-DTPA-Enhanced MRI Radiomics-Based Nomogram in Small Solitary Hepatocellular Carcinoma (≤3 cm) With Microvascular Invasion: A Two-Center Study".
    Yamada A
    JMRI, 2022年
  • Gadoxetate-Enhanced MRI as a Diagnostic Tool in the Management of Hepatocellular Carcinoma: Report from a 2020 Asia-Pacific Multidisciplinary Expert Meeting.
    Tan CH, Chou SC, Inmutto N, Ma K, Sheng R, Shi Y, Zhou Z, Yamada A, Tateishi R.
    Korean J Radiol, 2022年
  • Optimization of scan protocol for high temporal resolution magnetic resonance imaging of the liver under single breath-holding using compressed sensing and parallel imaging techniques in a 1.5-T magnetic resonance system
    Fukamatsu F, Yamada A, Hayashihara H, Kitou Y, Fujinaga Y.
    BJR Open, 3(1), 20210018, 2021年
  • Preoperative Arterial Embolization to Avoid Intraoperative Bleeding during Endoscopic Sinus Surgery for Organized Hematoma of the Maxillary Sinus: A Case Series and Literature Review
    Kurozumi M, Takumi Y, Uehara T, Suzuki T, Ohya A, Shinagawa J, Miyagawa J, Tsukahara Y, Yamada A, Tsukada K, Suzuki H, Fujinaga Y.
    Interv Radiol (Higashimatsuyama), 6(3), 102-107, 2021年
  • Higher Enhancement Intrahepatic Nodules on the Hepatobiliary Phase of Gd-EOB-DTPA-Enhanced MRI as a Poor Responsive Marker of Anti-PD-1/PD-L1 Monotherapy for Unresectable Hepatocellular Carcinoma
    Aoki T, Nishida N, Ueshima K, Morita M, Chishina H, Takita M, Hagiwara S, Ida H, Minami Y, Yamada A, Sofue K, Tsurusaki M, Kudo M.
    Liver Cancer, 10(6), 615-628, 2021年
  • MRI-derived proton density fat fraction
    Yoshizawa E, Yamada A.
    J Med Ultrason (2001), 48(4), 497-506, 2021年
  • Quantitative assessment of liver steatosis using ultrasound: dual-energy CT
    Yamada A, Yoshizawa E.
    J Med Ultrason (2001), 48(4), 507-514, 2021年
  • Hepatocellular uptake index obtained with gadoxetate disodium-enhanced magnetic resonance imaging in the assessment future liver remnant function after major hepatectomy for biliary malignancy
    Notake T, Shimizu A, Kubota K, Ikehara T, Hayashi H, Yasukawa K, Kobayashi A, Yamada A, Fujinaga Y, Soejima Y.
    BJS Open, 5(4), zraa048, 2021年
  • High-resolution three-dimensional T1-weighted hepatobiliary MR cholangiography using Gd-EOB-DTPA for assessment of biliary tree anatomy: Parallel imaging versus compressed sensing
    Suzuki T, Aonuma T, Oyama K, Yamada A, Kitoh Y, Adachi Y, Hayashihara H, Nickel MD, Maruyama K, Fujinaga Y.
    Eur J Radiol, 136, 109515, 2021年
  • The peritumoral hypointense rim around hepatocellular carcinoma on T2*-weighted magnetic resonance imaging: radiologic-pathologic correlation
    Tsukahara Y, Okajima Y, Yamada A, Momose M, Uehara T, Shimizu A, Soejima Y, Fujinaga Y.
    World J Surg Oncol, 19(1), 41, 2021年
  • 【主治医が求める読影レポートの書き方】読影レポートの書き方 自由文記載形式と構造化記載形式
    山田 哲
    臨床画像, 2021年
  • 【地力が伸ばせる腹部画像診断:消化器・肝・胆・膵】胃.
    吉澤 恵理子, 山田 哲, 藤永 康成
    臨床画像, 2021年
  • 【肝胆膵の新WHO分類 完全解説】混合型肝癌,肝未分化癌,肝神経内分泌腫瘍
    山田 哲
    画像診断, 2021年
  • 肝内胆管癌を極める】肝内胆管癌の臨床 肝内胆管癌の画像診断(US、CT、MRI、PET-CT).
    山田 哲
    肝胆膵, 2021年
  • シリーズ新潮流 The Next Step of Imaging Technology Vol.13 医療AIはニューノーマルになるか 画像診断・検査に変革をもたらす研究開発と臨床応用の最新動向】領域別画像診断における研究開発のトピックス 4.腹部領域における研究開発のトピックス.
    山田 哲
    INNERVISION, 2021年
  • Correlation of pancreatic T1 values using modified Look-Locker inversion recovery sequence (MOLLI) with pancreatic exocrine and endocrine function.
    Ashihara N, Watanabe T, Kako S, Kuraishi Y, Ozawa M, Shigefuji S, Kanai K, Usami Y, Yamada A, Umemura T, Fujinaga Y
    JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 9, 1805, 2020年
  • Deep learning promotes B-mode ultrasound screening for focal liver lesions.
    Yamada A
    EBioMedicine, 56, 102814, 2020年
  • 【放射線科の働き方改革 生産性を向上するためのIT活用】Model Case 働き方改革を実現するIT活用の最新事例 "Triage Reader"による読影の効率化.35巻2付録 Page28-29
    山田 哲
    INNERVISION, 2020年
  • 腹部造影CTの技術動向と最新トピックス.35巻5号 Page3-6
    山田 哲,政木 勇人,山本 翔太,牧 一之進
    INNERVISION, 2020年
  • Usefulness of breath-hold compressed sensing accelerated three-dimensional magnetic resonance cholangiopancreatography (MRCP) added to respiratory-gating conventional MRCP
    Tokoro, Hirokazu; Yamada, Akira; Suzuki, Takeshi; Kito, Yoshihiro; Adachi, Yasuo; Hayashihara, Hayato; Nickel, Marcel D.; Maruyama, Katsuya; Fujinaga, Yasunari;
    EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 122, 2020年リポジトリ電子ジャーナル
  • 【肝胆膵領域の画像診断-良悪性疾患の鑑別を中心に-】膵充実性腫瘍における良悪性の鑑別.64巻5号 Page681-689
    藤永 康成, 遠藤 優希, 角田 真悠, 水畑 戒, 一戸 記人, 雄山 一樹, 鈴木 健史, 岡島 幸紀, 深松 史聡, 所 博和, 高橋 正明, 山田 哲
    臨床放射線, 2019年
  • 【人工知能が医療を変える!医療分野におけるAI研究開発最前線2019】領域別・画像診断におけるAI研究開発の最前線 腹部領域 CNNの転移学習による肝腫瘤性病変および肝線維化診断の検討.34巻7号 Page35-38
    山田 哲
    INNERVISION, 2019年
  • Gd-EOB-DTPA造影MRIによる肝機能評価. 39: 137-144
    山田 哲
    日本磁気共鳴医学会雑誌, 2019年
  • 【肝画像診断の進歩】CT/MRI診断の進歩 オーバービュー 6:311-316
    岡島 幸紀, 遠藤 優希, 角田 真悠, 水畑 戒, 鈴木 健史, 一戸 記人, 雄山 一樹, 深松 史聡, 伊奈 廣信, 小松 大祐, 高橋 正明,山田 哲,藤永 康成
    消化器・肝臓内科, 2019年
  • Gd-EOB-DTPA造影MRIによる肝機能評価
    山田 哲
    日本磁気共鳴医学会雑誌, 39(4), 137-144, 2019年, 査読有り
  • Dynamic contrast-enhanced computed tomography diagnosis of primary liver cancers using transfer learning of pretrained convolutional neural networks: Is registration of multiphasic images necessary?
    Yamada, Akira; Oyama, Kazuki; Fujita, Sachie; Yoshizawa, Eriko; Ichinohe, Fumihito; Komatsu, Daisuke; Fujinaga, Yasunari;
    INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY, 14(8), 1295-1301, 2019年WebofScience電子ジャーナル
  • Improvement in radiological reading efficiency and residents' education and clinical contribution using the modified reading system "Triage Reader"
    Yamada A, Okajima Y, Yoshizawa E, Fukamatsu F, Mitsui T, Suzuki T, Ichinohe F, Oyama K, Todoroki K, Maehara M, Aonuma T, Nonaka T, Fujinaga Y, Kadoya M
    Jpn J Radiol, 36(11), 649-660, 2018年, 査読有り
  • Quantitative estimation of progression of chronic liver disease using gadoxetate disodium-enhanced magnetic resonance imaging
    Yamada A, Fujinaga Y, Suzuki T, Komatsu D, Kitoh Y, Iwadate Y, Nozaki A, Ueda K, Kadoya M
    HEPATOLOGY RESEARCH, 48, 735-745, 2018年
  • 【マルチモダリティによるAbdominal Imaging 2018【臨床編】Radiomics時代を支える最新診断技術】ITのベネフィット&ポテンシャル 肝perfusion imagingの位置づけと最近の動向.33巻5号 Page51-54
    山田 哲
    INNERVISION, 2018年
  • 肝の画像診断update】肝CT・MRI診断技術の進歩.38巻10号 Page1059-1069
    所 博和, 藤永 康成, 鈴木 健史, 一戸 記人, 雄山 一樹, 山田 哲, 黒住 昌弘, 丸山 克也
    画像診断, 2018年
  • GRASPの腹部ダイナミックMRIへの応用.50巻14号 Page75-80
    藤永 康成, 鈴木 健史, 所 博和, 山田 哲, 林原 勇斗, 愛多地 康雄, 木藤 善浩, 川口 浩和, 丸山 克也
    映像情報Medical, 2018年
  • 急速かつ予後不良な臨床経過を呈した膵腺房細胞癌の1例.63巻5号 Page575-579.
    山田 哲, 藤田 幸恵, 大彌 歩, 上原 剛, 田中 榮司, 角谷 眞澄
    臨床放射線, 2018年
  • 術前診断に造影MRIが有用であった胆嚢粘液癌の1例.51巻6号 Page423-430.
    増尾 仁志, 小林 聡, 横山 隆秀, 清水 明, 本山 博章, 野竹 剛, 北川 敬之, 上原 剛, 山田 哲, 宮川 眞一
    日本消化器外科学会雑誌, 2018年
  • Evaluation of splenic perfusion and spleen size using dynamic computed tomography: Usefulness in assessing degree of liver fibrosis
    Suzuki, Takeshi; Yamada, Akira; Komatsu, Daisuke; Kurozumi, Masahiro; Fujinaga, Yasunari; Ueda, Kazuhiko; Miyagawa, Shinichi; Kadoya, Masumi;
    HEPATOLOGY RESEARCH, 48(1), 87-93, 2018年WebofScience電子ジャーナル
  • Evaluation of hemodynamic imaging findings of hypervascular hepatocellular carcinoma: comparison between dynamic contrast-enhanced magnetic resonance imaging using radial volumetric imaging breath-hold examination with k-space-weighted image contrast reconstruction and dynamic computed tomography during hepatic arteriography
    Kurozumi, Masahiro; Fujinaga, Yasunari; Kitou, Yoshihiro; Yamada, Akira; Ohya, Ayumi; Adachi, Yasuo; Tsukahara, Yoshinori; Nickel, Marcel D.; Maruyama, Katsuya; Uehara, Takeshi; Miyagawa, Shin-ichi; Kadoya, Masumi;
    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 36(4), 295-302, 2018年WebofScience電子ジャーナル
  • Compartment model analysis of intravenous contrast-enhanced dynamic computed tomography in hepatic hemodynamics: a validation study using intra-arterial contrast-enhanced computed tomography
    Komatsu, Daisuke; Yamada, Akira; Suzuki, Takeshi; Kurozumi, Masahiro; Fujinaga, Yasunari; Ueda, Kazuhiko; Kadoya, Masumi;
    HEPATOLOGY RESEARCH, 48(10), 829-838, 2018年WebofScience電子ジャーナル
  • Improvement in radiological reading efficiency and residents' education and clinical contribution using the modified reading system "Triage Reader"
    Yamada, Akira; Okajima, Yukinori; Yoshizawa, Eriko; Fukamatsu, Fumiaki; Mitsui, Takayuki; Suzuki, Takeshi; Ichinohe, Fumihito; Oyama, Kazuki; Todoroki, Keisuke; Maehara, Mana; Aonuma, Takanori; Nonaka, Tomofumi; Fujinaga, Yasunari; Kadoya, Masumi;
    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 36(11), 649-660, 2018年WebofScience電子ジャーナル
  • 肝perfusion imagingの位置づけと最近の動向
    山田 哲
    INNERVISION, 33(5), 51-54, 2018年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • 急速かつ予後不良な臨床経過を呈した膵腺房細胞癌の1例
    山田 哲,藤田幸恵,大彌 歩,上原 剛,田中榮司,角谷眞澄
    臨床放射線, 63(5), 575-579, 2018年リポジトリ
  • Evaluation of user input methods for manipulating a tablet personal computer in sterile technique
    Yamada A, Komatsu D, Suzuki T, Kurozumi M, Fujinaga Y, Ueda K, Kadoya M
    Int J CARS, 12, 718-722, 2017年
  • Neuroendocrine tumor of the common bile duct.
    Hosoda K, Kobayashi A, Shimizu A, Kitagawa N, Ito T, Yamada A, Miyagawa S
    SURGERY, 160, 525-526, 2016年
  • 【肝胆膵の鑑別診断のポイント】(第1章)肝臓 肝嚢胞性病変(単発〜数個以内)の鑑別.36巻4号 Page s66-s71
    山田 哲, 角谷 眞澄
    画像診断, 2016年
  • 【肝胆膵の鑑別診断のポイント】(第1章)肝臓 多発性(無数)肝嚢胞の鑑別.36巻4号 Page s72-s75
    山田 哲, 角谷 眞澄
    画像診断, 2016年
  • Features of acute liver congestion on gadoxetate disodium-enhanced MRI in a rat model: Role of organic anion-transporting polypeptide 1A1.
    Shimizu A, Kobayashi A, Motoyama H, Sakai H, Yamada A, Yoshizawa A, Momose M, Kadoya M, Miyagawa S.
    J Magn Reson Imaging, 42, 828-836, 2015年
  • Biliary tract variations of the left liver with special reference to the left medial sectional bile duct in 500 patients.
    Furusawa N, Kobayashi A, Yokoyama T, Shimizu A, Motoyama H, Kanai K, Arakura N, Yamada A, Kitou Y, Miyagawa S
    Am J Surg, 210, 351-356, 2015年
  • 肝嚢胞性疾患
    山田哲、角谷眞澄、上田和彦、藤永康成、小松舞、吉澤恵理子、鈴木健史、田端克彦
    画像診断, 35, 158-169, 2015年
  • 【肝良性腫瘍および類似病変の病理・画像診断update】肝嚢胞性疾患.35巻2号 Page158-169
    山田 哲, 角谷 眞澄, 上田 和彦, 藤永 康成, 小松 舞, 吉澤 恵里子, 鈴木 健史, 田端 克彦
    画像診断, 2015年
  • Hepatic infarction complicated with acute pancreatitis precisely diagnosed with gadoxetate disodium-enhanced magnetic resonance imaging
    Maruyama M, Yamada A, Kuraishi Y, Shibata S, Fukuzawa S, Yamada S, Arakura N, Tanaka E, Kadoya M, Kawa S
    Intern Med, 53, 2215-2221, 2014年
  • 【肝造影検査Update 2014】造影ダイナミックMRIの進歩.34巻7号 Page696-706
    藤永 康成, 大彌 歩, 山田 哲, 上田 和彦, 木藤 善浩, 上田 仁, 丸山 克也, 角谷 眞澄
    画像診断, 2014年
  • 【読影に必要な異常ガス像の画像診断】肝・胆・膵.30巻10号 Page1080-1094
    高橋 正明, 小松 大祐, 所 博和, 金子 貴久子, 藤田 顕, 塚原 嘉典, 山田 哲, 黒住 明子, 黒住 昌弘, 藤永 康成, 上田 和彦, 角谷 眞澄
    臨床画像, 2014年
  • Radial volumetric imaging breath-hold examination (VIBE) with k-space weighted image contrast (KWIC) for dynamic gadoxetic acid (Gd-EOB-DTPA)-enhanced MRI of the liver: advantages over Cartesian VIBE in the arterial phase
    Fujinaga, Y; Ohya, A; Tokoro, H; Yamada, A; Ueda, K; Ueda, H; Kitou, Y; Adachi, Y; Shiobara, A; Tamaru, N; Nickel, MD; Maruyama, K; Kadoya, M
    EUROPEAN RADIOLOGY, 24(6), 1290-1299, 2014年WebofScience電子ジャーナル
  • テクニカルタームから読み解くMRIの動向 3D Radial VIBE
    山田 哲,藤永康成,上田 仁,丸山克也,上田和彦,角谷眞澄
    INNERVISION, 9, 33-35, 2013年
  • 胆管内乳頭状腫瘍(肝MCNとの画像的鑑別点)
    深松史聡,山田 哲,浅香志穂,清水 明,角谷眞澄
    The Liver Cancer Journal, 5, 228-233, 2013年
  • 珍しいが知っておきたい疾患File 生理検査編(File 6) 線毛性前腸性肝嚢胞.41巻1号 Page106-108
    山田 哲, 角谷 眞澄
    Medical Technology, 2013年
  • MRI造影剤の薬物動態と臨床応用.33巻2号 Page242-253
    山田 哲, 角谷 眞澄
    画像診断, 2013年
  • 【悪性腫瘍の病期診断-治療法と予後の分岐点を見極める-】肝・胆道.33巻4号 Page s101-s116
    高橋 正明, 山田 哲, 藤田 顕, 所 博和, 大彌 歩, 柳澤 新, 黒住 昌弘, 角谷 眞澄
    画像診断, 2013年
  • 【Step up MRI 2013 テクニカルタームから読み解くMRI最新動向】テクニカルタームから読み解くMRIの動向 3D Radial VIBE.28巻9号 Page33-36
    山田 哲, 藤永 康成, 上田 仁, 丸山 克也, 上田 和彦, 角谷 眞澄
    INNERVISION, 2013年
  • 目で見る肝癌 胆管内乳頭状腫瘍(肝MCNとの画像的鑑別点).5巻4号 Page228-233
    深松 史聡, 山田 哲, 浅香 志穂, 清水 明, 角谷 眞澄
    The Liver Cancer Journal, 2013年
  • MRI造影剤の薬物動態と臨床応用
    山田 哲,角谷眞澄
    画像診断, 33, 242-254, 2013年, 査読有りWebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Gd-EOB-DTPA造影MRIによる定量的肝機能評価
    山田哲
    日独医報, 58(2), 49-56, 2013年リポジトリ電子ジャーナル
  • 【肝癌-治療計画・支援のための画像診断】各論 肝細胞癌の術前画像診断 系統的亜区域切除のための術前画像診断.14巻3号 Page199-204
    小林 聡, 清水 明, 山田 哲, 横山 隆秀, 中田 岳成, 本山 博章, 角谷 眞澄, 宮川 眞一
    肝胆膵画像, 2012年
  • 【肝癌-治療計画・支援のための画像診断】各論 肝細胞癌の術前画像診断 TACEのための術前画像診断.14巻3号 Page225-232
    黒住 昌弘, 上田 和彦, 山田 哲, 藤永 康成, 角谷 眞澄
    肝胆膵画像, 2012年
  • 【マルチモダリティによるAbdominal Imaging 2012 臨床編 注目の診断技術は日常診療を変えるか?】話題の技術・診断法の臨床応用 EOB造影3T MRIによる肝臓診断の有用性と課題 撮像シーケンス・パラメータの適正化を中心に.27巻5号 Page63-65
    藤永 康成, 山田 哲, 木藤 善浩, 上田 仁, 角谷 眞澄
    INNERVISION, 2012年
  • 【いわゆる良性腫瘍のマリグナントプログレッション】肝細胞性腫瘍:異型結節(デスプラジア結節)/早期肝細胞癌と高分化型細胞癌(古典的) EOB低信号・非多血結節の追跡調査.65巻3号 Page435-438
    上田 和彦,塚原 嘉典, 山田 哲, 田中 榮司, 宮川 眞一, 角谷 眞澄
    肝・胆・膵, 2012年
  • 【肝内胆管癌と細胆管細胞癌】診断 細胆管細胞癌の臨床所見と画像診断.74巻11号 Page1163-1168
    小林 聡, 清水 明, 山田 哲, 下條 久志, 宮川 眞一
    外科, 2012年
  • 【肝細胞癌のすべて2012】進行肝癌の診断 画像診断 CTHA、CTAP.65巻6号 Page1100-1109
    上田 和彦, 塚原 嘉典, 松下 美奈, 柳澤 新, 山田 哲, 渡辺 智治, 松下 剛, 黒住 昌弘, 川上 聡, 金子 智喜, 藤永 康成, 田中 榮司, 宮川 眞一, 角谷 眞澄
    肝・胆・膵, 2012年
  • 【ROUTINE CLINICAL MRI 2013 BOOK】Radial VIBE法の基礎と腹部領域への応用.44巻14号 Page131-136
    藤永 康成, 大彌 歩, 所 博和, 山田 哲, 塩原 綾, 田丸 尚道, 愛多地 康雄, 木藤 善浩, 上田 仁, 丸山 克也, 角谷 眞澄
    映像情報Medical, 2012年
  • Quantitative Evaluation of Liver Function within MR Imaging
    Yamada, A
    OMICS Journal of Radiology, 1, e109, 2012年, 査読有り
  • MRIによる肝予備能の診断 -肝胆道系特異性造影剤の有用性
    山田哲、上田和彦、藤永康成、黒住昌弘、角谷眞澄
    肝胆膵画像, 13, 65-70, 2011年
  • Cystic lesion:画像診断のkey point:腹部
    山田哲、丸山舞、小松大祐、黒住昌弘、藤永康成、上田和彦、角谷眞澄
    臨床画像, 27, 47-59, 2011年
  • 【Cystic lesion 画像診断のkey point】腹部.27巻1号 Page47-59
    山田 哲, 丸山 舞, 小松 大祐, 黒住 昌弘, 藤永 康成, 上田 和彦, 角谷 眞澄
    臨床画像, 2011年
  • 【肝画像診断 US・CT・MRIのNext Stage】MRIによる肝予備能の診断 肝胆道系特異性造影剤の有用性.13巻1号Page65-70
    山田 哲, 上田 和彦, 藤永 康成, 黒住 昌弘, 角谷 眞澄
    肝胆膵画像, 2011年
  • 【肝細胞癌update 2012】診断 肝細胞癌のCT、MRI.74巻2号 Page149-156
    山田 哲, 藤永 康成, 角谷 眞澄, 黒住 昌弘, 上田 和彦
    外科, 2011年
  • Quantitative evaluation of liver function with use of Gadoxetate disodium-enhanced MR Imaging
    Akira Yamada, Takeshi Hara, Feng Li, Yasunari Fujinaga, Kazuhiko Ueda, Masumi Kadoya, Kunio Doi
    Radiology, 260(3), 727, 2011年
  • 【知っておくべき炎症性疾患の画像所見 研修医必携!】上腹部.55巻12号 Page1599-1609
    藤永 康成, 塚原 嘉典, 大彌 歩, 山田 哲, 渡辺 智治, 黒住 昌弘, 上田 和彦, 角谷 眞澄
    臨床放射線, 2010年
  • Gigantic bronchial artery aneurysm treated with transcatheter arterial embolization: a case report.
    Yajima N, Tsutsui H, Yoshioka T, Kasai H, Tomita T, Kumazaki S, Koyama J, Yazaki Y, Kinoshita O, Yamada A, Ueda K, Kadoya M, Amano J, Ikeda U
    Angiology, 59, 757-760, 2009年
  • 【CTHA/CTAPの今日的意義を考える】コロナ濃染の今日的意義.11巻1号 Page25-31
    上田 和彦, 柳澤 新, 山崎 幸恵, 山田 哲, 渡辺 智治, 松下 剛, 黒住 昌弘, 平瀬 雄一, 藤永 康成, 角谷 眞澄, 川森 康博, 松井 修
    肝胆膵画像, 2009年
  • 【ガイドラインに基づいた胆道癌の診断と治療】胆道癌の診断 胆道癌の画像診断(CT、MRI、PET).8巻1号 Page18-23
    黒住 昌弘, 上田 和彦, 山田 哲, 黒住 明子, 藤永 康成, 角谷 眞澄
    コンセンサス癌治療, 2009年
  • 【肝細胞癌の診断と治療 最新動向と将来展望】MRI.54巻3号 Page345-356
    山田 哲, 角谷 眞澄, 上田 和彦, 藤永 康成, 黒住 昌弘, 黒住 明子, 平瀬 雄一, 松下 剛, 渡辺 智治, 柳沢 新, 山崎 幸恵, 大彌 歩
    臨床放射線, 2009年
  • 【肝細胞癌の画像診断と病理・病態 現状と将来展望】多段階発癌・早期肝細胞癌の画像診断と病理・病態 CT・動注CT.29巻6号 Page571-576
    上田 和彦, 柳沢 新, 山崎 幸恵, 渡辺 智治, 山田 哲, 松下 剛, 平瀬 雄一, 黒住 明子, 黒住 昌弘, 藤永 康成, 角谷 眞澄
    画像診断, 2009年
  • 【肝細胞胆道系MRI造影剤のインパクト】肝細胞胆道系MRI造影剤は胆道病変の診断に応用できるか?.11巻5号 Page553-559
    山田 哲, 角谷 眞澄, 上田 和彦, 藤永 康成, 黒住 昌弘, 渡辺 智治, 柳沢 新, 山崎 幸恵, 大彌 歩
    肝胆膵画像, 2009年
  • Contrast Enhanced MDCT 領域別に見るMDCTの検査・診断up-to-date 腹部領域 最新MDCTの時間分解能を生かす造影剤急速静注下多相ダイナミックCT.25巻1号 Page74-78
    山田 哲, 上田 和彦, 佐々木 祥之, 金子 智喜, 渡辺 智治, 宮崎 純子, 黒住 昌弘, 藤永 康成, 角谷 眞澄
    INNERVISION, 2009年
  • 【肝脂肪沈着の病態と画像 肝脂肪沈着の画像診断】肝脂肪沈着のMRI診断.10巻1号 Page35-43
    山田 哲, 角谷 眞澄, 藤永 康成, 八田 朋子, 上田 和彦
    肝胆膵画像, 2008年
  • 【当直医のための消化器救急診療マニュアル】救急対応の基本 救急医療に役立つ画像診断 CTを中心に.20巻6号 Page725-732
    上田 和彦, 山田 哲, 渡辺 智治, 松下 剛, 黒住 昌弘, 藤永 康成, 角谷 眞澄
    消化器内視鏡, 2008年
  • Usefulness of 67Ga SPECT and integrated low-dose CT scanning (SPECT/CT) in the diagnosis of cardiac sarcoidosis.
    Momose M, Kadoya M, Koshikawa M, Matsushita T, Yamada A
    Ann Nucl Med, 21, 545-551, 2007年
  • 【肝区域性・領域性異常の画像と病態】A-Pシャントの画像診断.9巻2号 Page133-142
    上田 和彦, 杉山 由紀子, 塚原 嘉典, 古川 智子, 八田 朋子, 柳澤 新, 山崎 幸恵, 山田 哲, 渡辺 智治, 松下 剛, 黒住 昌弘, 黒住 明子, 平瀬 雄一, 川上 聡, 金子 智喜, 藤永 康成, 百瀬 充浩, 角谷 眞澄
    消化器画像, 2007年
  • 画像診断と病理 Mucinous cystic tumor(MCT).27巻6号 Page654-655
    山田 哲, 上田 和彦, 角谷 眞澄, 福島 万奈, 浅野 功治, 石井 恵子, 名取 恵子, 増田 雄一, 宮川 雄輔, 宮川 眞一
    画像診断, 2007年
  • 【肝胆膵における画像診断の新展開】診断装置・手法の進歩 肝胆膵におけるMRIの最近の進歩と臨床的意義.55巻4号 Page563-573
    山田 哲, 角谷 眞澄, 高橋 正明, 藤田 顕, 高橋 加奈, 杉山 由紀子, 塚原 嘉典, 古川 智子, 八田 朋子, 大彌 歩, 山崎 幸恵, 柳沢 新, 渡辺 智治, 松下 剛, 平瀬 雄一, 黒住 明子, 黒住 昌弘, 川上 聡, 金子 智喜, 藤永 康成, 百瀬 充浩, 上田 和彦
    肝・胆・膵, 2007年
  • Serial assessment of left ventricular function in various patient groups with Tl-201 gated myocardial perfusion SPECT.
    Wei L, Kadoya M, Momose M, Kurozumi M, Matsushita T, Yamada A
    Radiat Med, 25, 65-72, 2006年
  • 【肝胆膵での粘液産生腫瘍と嚢胞性腫瘍】肝胆膵での粘液産生腫瘍 管腔内乳頭状腫瘍/嚢胞性腫瘍 胆管内乳頭状腫瘍の画像.52巻2号 Page227-233
    上田 和彦, 古川 智子, 柳澤 新, 山田 哲, 渡辺 智治, 松下 剛, 黒住 昌弘, 川上 聡, 金子 智喜, 藤永 康成, 百瀬 充浩, 唐木田 修, 角谷 眞澄, 増本 純也, 石井 恵子, 新倉 則和, 越知 泰英, 三輪 史郎, 宮川 眞一, 中沼 安二
    肝・胆・膵, 2006年
  • 【上腹部消化器系のCT・MRIお勧め撮像法】肝臓の悪性疾患.22巻9号 Page985-991
    上田 和彦, 杉山 由紀子, 塚原 嘉典, 古川 智子, 長谷川 朋子, 柳澤 新, 山崎 幸恵, 山田 哲, 渡辺 智治, 松下 剛, 黒住 昌弘, 川上 聡, 金子 智喜, 藤永 康成, 百瀬 充浩, 角谷 眞澄
    臨床画像, 2006年
  • Evaluation of 2-deoxy-2-[18F]fluoro-D-glucose positron emission tomography in gastric carcinoma: relation to histological subtypes, depth of tumor invasion, and glucose transporter-1 expression.
    Akira Yamada, Kazuhiro Oguchi, Mana Fukushima, Yutaka Imai, Masumi Kadoya
    Ann Nucl Med, 20(9), 358, 2006年
  • 【肝良性腫瘍および腫瘍類似病変の画像診断】肝嚢胞性疾患.25巻3号 Page246-258
    山田 哲, 古川 智子, 宮崎 純子, 松下 剛, 黒住 昌弘, 藤永 康成, 上田 和彦, 角谷 眞澄, 香田 渉, 蒲田 敏文
    画像診断, 2005年
  • 【マルチモダリティによるAbdominal Imaging(臨床編) 日常臨床における戦略と選択】膵腫瘤 膵腫瘤における診断の現状とそれぞれの検査法における工夫点 信州大学医学部附属病院.20巻6号 Page48-52
    藤永 康成, 古川 智子, 高須 美奈, 宮崎 純子, 柳沢 新, 渡辺 智治, 山田 哲, 上田 和彦, 角谷 眞澄
    INNERVISION, 2005年
  • 【膵腫瘍の画像診断】MRI.21巻6号 Page608-617
    金子 智喜, 高須 美奈, 宮崎 淳子, 古川 智子, 柳沢 新, 渡辺 智治, 山田 哲, 松下 剛, 平瀬 雄一, 黒住 昌弘, 藤永 康成, 上田 仁, 上田 和彦, 角谷 眞澄
    臨床画像, 2005年
  • 【肝の循環動態 基礎から臨床への展開】血流動態からみた肝の病態 その新たな展開:肝細胞癌 CT・MRI.51巻3号 Page413-419
    上田 和彦, 柳澤`新, 山田 哲, 渡辺 智治, 松下 剛, 黒住 昌弘, 藤永 康成, 百瀬 充浩, 唐木田 修, 角谷 眞澄
    肝・胆・膵, 2005年
  • 【癌取扱い規約からみた悪性腫瘍の病期診断と画像診断】消化器癌 肝.50巻11号 Page1387-1398
    角谷 眞澄, 黒住 昌弘, 藤永 康成, 上田 和彦, 百瀬 充浩, 金子 智喜, 川上 聡, 平瀬 雄一, 松下 剛, 山田 哲, 渡辺 智治, 柳沢 新
    臨床放射線, 2005年
  • 自己免疫性肝炎の急性増悪後に認めた腫瘤性変化の2例.7巻2号 Page271-276.
    上田 和彦, 藤永 康成, 柳沢 新, 山田 哲, 渡辺 智治, 松下 剛, 黒住 昌弘, 平瀬 雄一, 川上 聡, 金子 智喜, 百瀬 充浩, 唐木田 修, 角谷 眞澄, 松井 修
    消化器画像, 2005年
  • MRI読影講座 血流と信号強度.52巻1号 Page45-46
    山田 哲
    信州医学雑誌, 2004年
  • 肝胆膵領域の画像診断】肝疾患 肝嚢胞性疾患の診断 感染症を含む.49巻11号 Page1414-1425
    山田 哲, 角谷 眞澄
    臨床放射線, 2004年
  • 【包括医療と肝胆膵画像 検査の流れはどう変わる?】肝良性病変の効率的画像診断.6巻6号 Page741-751
    上田 和彦, 藤永 康成, 柳沢 新, 山田 哲, 渡辺 智治, 松下 剛, 黒住 昌弘, 川上 聡, 金子 智喜, 百瀬 充浩, 唐木田 修, 角谷 眞澄
    消化器画像, 2004年
  • 画像診断学講座 Common diseaseの画像診断 腱板断裂のMRI.51巻2号 Page101-102
    植田 瑞穂, 小岩井 慶一郎, 山田 哲, 角谷 眞澄
    信州医学雑誌, 2003年
  • Evaluation of central nervous system involvement in nasal lymphomas.
    Shikama N, Oguchi M, Sasaki S, Shinoda A, Nishikawa A, Arakawa K, Koiwai K, Mochizuki K, Yamada A, Watanabe T, Kadoya M
    Nihon Igaku Hoshasen Gakkai Zasshi, 61, 342-346, 2001年

書籍等出版物

  • 肝胆膵のCT・MRI
    山田 哲
    メディカル・サイエンス・インターナショナル, 56-65,152-157,212-216 2016年
  • Abdomen and thoracic imaging: an engineering & clinical perspective
    Yamada A, Quantitative Evaluation of Liver Function Within MR Imaging.
    Springer, 2014年
  • 動画で身につく肝疾患の基本手技 インターベンション治療の秘訣
    山田 哲,上田和彦, 肝腫瘍の診断 2)MRI
    38-44 2013年
  • 2012-2013 肝疾患 Review
    山田 哲, 肝細胞癌の画像診断の最近の進歩 CT/MRI,2012-2013
    日本メディカルセンター, 40-46 2012年
  • 画像診断別冊肝胆膵の画像診断 CT・MRIを中心に
    山田 哲
    学研メディカル秀潤社, 174-191 2010年

講演・口頭発表等

  • New methods and technologies for disease screening : Artificial Intelligence and disease screening.
    Yamada A
    RSNA, 2022年
  • Automatic Evaluation of Appropriateness for Abdominal Dynamic Contrast-Enhanced CT Phases Using Deep Convolutional Neural Network Trained by Quantitative Index for Dynamic Contrast-Enhanced CT Phases.
    Yamada A
    RSNA, 2022年
  • 「消化器・消化管 びまん性肝疾患 びまん性肝疾患の画像診断(教育講演)」
    山田 哲
    第41回日本画像医学会, 2022年
  • 「腹部造影 CT 診断における AI の臨床応用(招待講演)」
    山田 哲
    RAD_IPM_WEBカンファレンス, 2022年
  • 「Gd-EOB-DTPA 造影 MRI コンパートメントモデル解析による免疫チェックポイント 阻害薬治療抵抗性肝細胞癌 subtype 推定の検討」
    山田 哲
    第28回 肝血流動態・機能イメージ研究会, 2022年
  • 「画像診断におけるAIの臨床応用と画像診断医の役割(招待講演)」
    山田 哲
    第24回関西Radiology Update講演会, 2022年
  • 「画像診断医と AI (Artificial Intelligence) の共生を目指した IA (Intelligence Amplification) 読影環境構築の試み(招待講演)」
    山田 哲
    Bayer Abend 2022, 2022年
  • 「医療機器のイノベーション 医療現場で期待されるハンズフリーソリューション 音声認識による医療機器の操作(招待講演)」
    山田 哲
    日本医療機器学会, 2022年
  • 「Dual Energy CT: 臨床応用の可能性と課題,将来展望(イブニングセミナー)」
    山田 哲
    日本腹部放射線学会, 2022年
  • 「臨床に役立つ腹部領域の画像診断〜知っておくべき勘どころをおさえる〜(招待講演)」
    山田 哲
    ゲルべ・Webセミナー, 2022年
  • 「腹部領域の画像診断のポイントと撮影技術の重要性(招待講演)」
    山田 哲
    信州CTセミナー, 2022年
  • 「機械学習を用いた腹部造影CT時相適切性の自動評価」
    山田 哲
    日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2022年
  • 「肝転移におけるMRI診断(ランチョンセミナー)」
    山田 哲
    第50回 日本磁気共鳴医学会大会, 2022年
  • 「放射線診療におけるAIの潜在的臨床応用可能性:放射線診断専門医・IVR専門医の視点から
    山田 哲
    第80回日本医学放射線学会学術集会, 2021年
  • 「肝線維化ステージ予測における脾腎静脈造影比と深層学習を用いた脈管セグメンテーションの有用性」
    山田 哲
    第80回日本医学放射線学会学術集会, 2021年
  • 「肝線維化ステージ予測における脾腎静脈造影比と深層学習を用いた脈管セグメンテーションの有用性
    山田 哲
    第57回日本肝臓学会総会, 2021年
  • 上腹部画像診断のおさえておくべきポイント(ランチョンセミナー)」
    山田 哲
    第34回日本腹部放射線学会, 2021年
  • Tensilica HiFi DSPによる音声認識デバイス操作と仮想現実(VR)技術を用いた画像診断支援AIシステムの実践(特別講演)」
    山田 哲
    CadenceLIVE 2021 Japan, 2021年
  • 「信州大学病院におけるTACE診療の現状と将来展望:LEN-TACE療法の最適化に向けた信大モデルの提言(招待講演)」
    山田 哲
    HCC クリニカルWebセミナー, 2021年
  • 「視線追跡型VRヘッドセットと音声認識コマンド操作による人工知能学習用教師ラベル作成ならびに読影環境構築の試み」
    山田 哲
    日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2021年
  • Imaging of liver fibrosis. 第79回日本医学放射線学会学術集会(Web開催)
    山田 哲
    2020年
  • The point in WHO classification of the tumors 5th edition: combined hepatocellular-cholangiocarcinoma and undifferentiated primary liver carcinoma. 第79回日本医学放射線学会学術集会(Web開催)
    山田 哲
    2020年
  • 「時間encoding-decoding造影CTによる新たな腹部画像診断の可能性」
    山田 哲
    最先端CT研究会, 2020年
  • 「事前学習済みたたみ込みニューラルネットワークの転移学習による肝原発性悪性腫瘍の組織型診断の検討(ワークショップ)」
    山田 哲
    第56回日本肝臓学会総会, 2020年
  • 「医師が取り組むAI研究:腹部画像診断・IVR治療におけるAIの潜在的臨床応用可能性(特別講演)」
    山田 哲
    日本医用画像工学会大会, 2020年
  • 「音声認識操作による非接触術中画像閲覧システムの開発(特別講演)」
    山田 哲
    CadenceLIVE 2020 Japan, 2020年
  • 「Radiomics時代を迎えた肝画像診断 脾造影CT画像の時相補正radiomics解析による肝線維化診断(シンポジウム)」
    山田 哲
    第43回日本肝臓学会東部会, 2020年
  • 複数加振周波数MRエラストグラフィによる簡便的肝粘弾性特性推定方の基礎的検討.
    山田 哲
    55回日本肝臓学会総会, 2019年, 招待有り
  • オプティカルフロー解析によるMRエラストブラフィ至適計測点の自動決定および肝硬度計測再現性の検討.
    山田 哲
    第25回肝血流動態•機能イメージ研究会, 2019年
  • 読影業務と画像所見の「見える化」が変える、これからの画像診断
    山田 哲
    第38回日本画像医学会学術集会ランチョンセミナー, 2019年
  • 「0読影システム」による読影業務の効率化および質向上の検討:第2報.
    山田 哲
    第78回日本医学放射線学会総会, 2019年
  • ポスター発表ブース2 34. その他(座長).
    山田 哲
    第78回日本医学放射線学会総会, 2019年
  • 肝予備能の定量的画像診断
    山田 哲
    城北Radiology Forum, 2019年
  • 肝臓のMRI診断
    山田 哲
    第26回Radiology Expert Seminar, 2019年
  • 定量的MR imaging biomarkerを用いたびまん性肝疾患の画像診断
    山田 哲
    第12回びまん性肝疾患の画像研究会講演会, 2019年
  • 「ビューア組み込み型定量的血流動態解析アプリケーションの可能性」,第7回PSPユーザー会(横浜)
    山田 哲
    2019年
  • 「定量的肝 MR imaging の臨床応用」第30回中部MAGNETOM研究会(松本)
    山田 哲
    2019年
  • Alternative linear-processing method for calculating parameters of the liver from multi-frequency MR elastograms.
    Yamada A
    ISMRM 27th Annual Meeting & Exhibition, 2019年
  • Dynamic contrast-enhanced CT diagnosis of primary liver cancers using transfer learning of pre-trained convolutional neural network: Is manual registration of multi-phasic images by radiologists needed?
    Yamada A
    Computer Assisted Radiology Surgery, 2019年
  • Virtual dynamic contrast-enhanced CT (vDCE-CT): a novel method for quantification of tissue perfusion and reconstruction of DCT-CT image at temporal window using routine abdominal DCE-CT protocol.
    Yamada A
    RSNA, 2019年
  • Automatic determination of optimal point for reproducible liver stiffness measurement in MR elastography with use of optical flow estimation of phase images.
    Yamada A
    European Congress of Radiology, 2019年
  • Quantitative evaluation of liver function with use of MR imaging. " ICMRI (Seoul)
    Yamada A
    2019年
  • 「定量的肝 MR imaging の基礎と臨床応用〜血流解析から肝機能解析まで〜」第23回 Tokyo Contrast Enhanced Liver MR meeting(東京)
    山田 哲
    2018年
  • 「定量的肝画像診断の基礎と臨床応用 〜血流解析から肝機能解析まで〜」第6回兼六画像診断研究会(金沢)
    山田 哲
    2018年
  • 「EOB-MRIによる肝機能評価」第46回日本磁気共鳴医学会大会(金沢)
    山田 哲
    2018年
  • 「肝の定量的MR Imaging」第51回長野県MR研究会Ⅱ(小諸)
    山田 哲
    2018年
  • Evaluation of T1 measurement methods of the liver in chronic liver disease." ECR (Vienna)
    Yamada A
    2018年
  • 「MR imaging biomarker による新たな肝画像診断」,第76回日本医学放射線学会学術集会(横浜)
    山田 哲
    2017年
  • A paradoxical systemic bias in Gd-EOB-DTPA-enhanced T1 relaxometry of the liver: a comparison of SMART1Map and MOLLI." ISMRM (Honolulu)
    Yamada A
    2017年
  • 「造影 CT を用いた腹部血流動態診断」,第11回信州CT技術ミーティング(松本)
    山田 哲
    2016年
  • 「定量的DCE-MRIの臨床応用」,第44回日本磁気共鳴医学会大会(さいたま)
    山田 哲
    2016年
  • 「肝嚢胞性疾患の画像診断」,第52回日本医学放射線学会秋季臨床大会(東京)
    山田 哲
    2016年
  • Quantification of liver function by MRI". Catholic Medical Center International Radiology Symposium 2015 (Seoul)
    Yamada A
    2016年
  • Role for EOB MRI for liver function." ICMRI (Seoul)
    Yamada A
    2016年
  • The change and interrelation of quantitative hepatic MR imaging biomarkers in the course of chronic hepatitis." ISMRM (Singapore)
    Yamada A
    2016年
  • The liver-to-spleen enhancement difference normalized by phantoms (LSED_NP20): a new signal-intensity-based index for hepatocellular uptake function of the liver easily available in clinical practice using Gd-EOB-DTPA-enhanced MR imaging." ESGAR (Prague)
    Yamada A
    2016年
  • Differential diagnosis of difficult cases." APLIS (Beiging)
    Yamada A
    2016年
  • Intrahepatic cholangiocarcinoma and combined HCC/CCC in cirrhotic patient: how to diagnose? " RSNA (Chicago)
    Yamada A
    2016年
  • 「MRIテクスチャ解析」,第34回日本画像医学会(東京)
    山田 哲
    2015年
  • 「肝嚢胞性疾患」,第51回日本医学放射線学会秋季臨床大会(盛岡)
    山田 哲
    2015年
  • 「こんな時はEOB!〜MR造影剤の選択法〜」第62回関東支部研究発表大会(長野)
    山田 哲
    2015年
  • Quantitative estimation of peak enhancement time and density of aorta from a single phase contrast-enhanced abdominal CT
    Yamada A, Ueda K, Suzuki T, Tabata K, Komatsu M, Komatsu D, Yanagisawa S, Kurozumi M, Fujinaga Y, Kadoya M
    ACAR2015, 2015年
  • Quantification of liver function by MRI". Catholic Medical Center International Radiology Symposium 2015 (Seoul)
    Yamada A
    2015年
  • Gd-EOB-DTPA造影MRIによる肝線維化評価:信号強度およびテクスチャー解析による検討
    山田 哲
    第1回びまん性肝疾患の画像研究会, 2014年
  • コンパートメントモデル解析における血流動態定量精度の向上:入力補正アルゴリズムの利用
    山田 哲
    第73回日本医学放射線学会総会, 2014年
  • Single-level dynamic CTHAとコンパートメントモデルを用いた肝細胞癌の血流動態解析:分化度予測への応用
    山田 哲,上田和彦,黒住昌弘,藤永康成,角谷眞澄
    第50回日本肝癌研究会, 2014年
  • 臨床医のための肝・胆・膵MRI:肝臓領域(講演)
    山田 哲
    第61回日本消化器画像診断研究会, 2014年
  • 「肝血流動態・機能の定量的画像解析」,広島画像診断講演会(広島)
    山田 哲
    2014年
  • 「肝血流動態・機能の定量的画像解析」,第55回信州放射線談話会(長野)
    山田 哲
    2014年
  • 「画像診断の新たな展開—画像形態診断から組成・機能診断 EOB-MRI」,第14回関西肝血流動態・機能イメージ研究会(大阪)
    山田 哲
    2014年
  • 「肝嚢胞性疾患の画像診断」,第61回消化器画像研究会(奈良)
    山田 哲
    2014年
  • 「肝画像診断の最先端 EOB-MRIからMR-Elastographyまで」,第9回信州肝胆膵外科先端医療研究会(松本)
    山田 哲
    2014年
  • Quantitative prediction of histological grade of hepatocellular carcinoma by nonlinear compartment model analysis of gadoxetate disodium-enhanced MR imaging
    Yamada A, Ueda K, Yanagisawa S, Kurozumi M, Fujinaga Y, Maruyama K, Kadoya M
    ESGAR2014, 2014年
  • Computer-assisted identification of feeding arteries during selective transarterial chemoembolization of hepatocelluar carcinoma using CT during hepatic angiography and region growing technique
    Yamada A, Ueda K, Yanagisawa S, Kurozumi M, Fujinaga Y, Kadoya M
    Computer Assisted Radiology 28th International Congress and Exhibition, 2014年
  • Compartment model analysis (CMA) of hemodynamics in hepatocellular carcinoma with use of single-level dynamic CT during hepatic arteriography (SLD-CTHA): A comparison with outcome of trans-arterial chemo-embolization (TACE)
    Yamada A, Ueda K, Tsukahara Y, Ohya A, Yanagisawa S, Matsushita T, Kurozumi K, Fujinaga Y, Kadoya M
    The 15th Asian Oceanian Congress of Radiology, 2014年
  • Texture analysis of non-enhanced and Gadoxetate disodium-enhanced MR imaged of the lover: A comparison with histological grade of liver fibrosis
    Yamada A
    RSNA 2014, 2014年
  • 「肝癌診療におけるEOB造影MRIの有用性」,先端医療センター(神戸)
    山田 哲
    2013年
  • 「脂肪肝のMRI診断」日本超音波学会第86回学術集会(大阪)
    山田 哲
    2013年
  • 「肝の良性病変,偽病変(血管腫,限局性結節性過形成,血流儀病変)」.Advanced Imaging Multimodality Seminars Abdominal Imaging 2013(東京)
    山田 哲
    2013年
  • 「EOB-MRIによる部分肝機能評価」JDDW2013(東京)
    山田 哲
    2013年
  • Quantitative evaluation of hepatocellular uptake function with use of gadolinium disodium-enhanced MR imaging: comparison of dynamic pharmacokinetic analysis and static signal intensity analysis
    Yamada A, Yanagisawa S, Kurozumi M, Fujinaga Y, et al
    ESGAR 2013, 2013年
  • Quantitative evaluation of segmental liver reserve with use of gadoxetate disodium-enhanced MR imaging." 65th Annual congress of the Korean surgical society (Seoul)
    Yamada A
    2013年
  • 「粘液産生胆管腫瘍の画像診断」,第13回北海道消化器画像・MIT研究会(札幌)
    山田 哲
    2012年
  • 「EOB造影MRIの基礎と臨床」,第24回新潟MR画像研究会(新潟)
    山田 哲
    2012年
  • 教育講演:肝MR造影剤の基礎と臨床応用
    山田 哲
    日本磁気共鳴医学会大会, 2012年, 日本磁気共鳴医学会
  • 教育講演:良性腫瘤の鑑別 肝嚢胞性腫瘤
    山田 哲
    日本医学放射線学会総会, 2012年, 日本医学放射線学会
  • 「肝内胆道系悪性腫瘍の画像診断:嚢胞性腫瘍」,第47回日本医学放射線学会秋季臨床大会(下関)
    山田 哲
    2011年
  • 「肝細胞癌診療におけるEOB造影MRIの有用性・留意点・新たな可能性」,第47回日本医学放射線学会秋季臨床大会(下関)
    山田 哲
    2011年
  • 「生体機能の画像診断」第39回日本放射線技術学会秋季学術大会画像分科会(神戸)
    山田 哲
    2011年
  • Computerized Estimation of Segmental Liver Reserve after Transcatheter Arterial Chemoembolization by Use of Gadoxetate Disodium-enhanced MR imaging." RSNA (Chicago)
    Yamada A
    2011年
  • 「肝嚢胞性疾患の鑑別」,第46回日本医学放射線学会秋季臨床大会(横浜)
    山田 哲
    2010年
  • Quantitative evaluation of liver function using gadoxetate disodium (Gd-EOB-DTPA) enhanced MR imaging." SPIE Medical Imaging (San Diego)
    Yamada A
    2010年
  • Quantitative Evaluation of Segmental Liver Reserve after Transcatheter Arterial Chemoembolization by Use of Gadoxetate Disodium-enhanced MR imaging." RSNA (Chicago)
    Yamada A
    2010年
  • Computerized Analysis of Liver Function Using Gadoxetate Disodium-enhanced MR Imaging." RSNA (Chicago)
    Yamada A
    2010年
  • 「肝臓CT検査と機能診断」,長野県CT撮影技術研究会第6回CTセミナー(松本)
    山田 哲
    2009年
  • 「肝嚢胞性疾患:peribiliary cyst, polycystic disease, foregut cyst など」,第68回日本医学放射線学会学術集会(横浜)
    山田 哲
    2009年
  • 「肝細胞癌の診断と治療 最新動向と将来展望:MRI」,第67回日本医学放射線学会学術集会(横浜)
    山田 哲
    2008年
  • “The Usefulness of Image Processing Technique Based on Additive Color Mixture Principle: Application to Dynamic MR Imaging in the Detection of Prostate Cancer within Post Biopsy Change.”, RSNA 94th Scientific Assembly and Annual Meeting (Chicago)
    Yamada A
    2008年

所属学協会

  • 2021年
    日本医用画像工学会
  • 2009年
    国際光工学会
  • 2006年
    日本IVR学会
  • 2006年
    北米放射線学会
  • 2006年
    欧州放射線学会
  • 2006年
    日本肝癌研究会
  • 2006年
    日本腹部放射線研究会
  • 2005年
    日本核医学会
  • 2000年
    日本放射線医学学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 定量的肝MRイメージングバイオマーカーによる客観的肝疾患診断アルゴリズムの開発
    科学研究費補助金
    2019年 - 2023年
  • 定量的肝MRイメージングバイオマーカーによる客観的肝疾患診断アルゴリズムの開発
    2019年 - 2021年
  • 機能イメージング技術を用いた局所肝予備能計測方法に関する研究
    科学研究費補助金
    2011年 - 2013年
  • 機能イメージング技術を用いた局所肝予備能計測方法に関する研究
    科学研究費補助金
    2011年 - 2013年

産業財産権

  • 血流動態解析システム、血流動態解析方法、およびプログラム, 特許第6491391号, 特許権
    山田 哲,政木 勇人
  • 血流動態解析システム、血流動態解析方法、およびプログラム, 特許第6604618号, 特許権
    山田 哲,八木 裕子,政木 勇人,牧 一之進,和田 恒,瀬古 保次,杉浦 希望
  • 造影CTスキャン装置,造影CTスキャン装置の作動方法,及び造影CTスキャン像を得るための方法, 特許6899666, 特許権
    山田 哲

社会貢献活動

  • AFS南信支部・国際交流ボランティア
    2020年
  • 山形少年サッカークラブ・指導員
    2019年

学術貢献活動

  • その他
    Japanese Journal of Radiology, 2022年
  • 査読
    European Radiology
  • 査読
    Jaournal of Magnetic Resonance Imaging

その他

  • 日本サッカー協会公認C級コーチ
    2021年
  • 日本ディープラーニング協会 E 資格 2020#1
    2020年
  • 日本ディープラーニング協会 G 検定 2019#3
    2019年
  • 日本IVR学会専門医
    2013年
  • 検診マンモグラフィ読影認定医
    2007年
  • 日本医学放射線学会・放射線診断専門医
    2005年
  • 医師免許
    2000年
  • 実用英語技能検定準一級
    1993年