SEKI YOSHINORI

Academic Assembly School of Humanities and Social Sciences Institute of Education

Faculty of Education Social Science Education 

Professor 

Degree

  • Ph. D, Hitotsubashi University

Field Of Study

  • Humanities & social sciences, Legal theory and history, Legal Theory, Legal Philosophy

Career

  • 2017
    Professor, Shinshu University
  • 2017 - 2017
    Associate Research Fellow, University of London, Birkbeck School of Law
  • 2007 - 2017
    Shinshu University, Faculty of Education
  • 2004 - 2007
    Shinshu University, Faculty of Education
  • 2003 - 2004
    Shinshu University, Faculty of Education
  • 2002 - 2003
    Iwate University, Faculty of Education
  • 2001 - 2002
    日本学術振興会 特別研究員
  • 1999 - 2001
    一橋大学大学院法学研究科 助手

Educational Background

  • 1999, Hitotsubashi University, Graduate School, Division of Law
  • 1994, Hitotsubashi University, Faculty of Law

Member History

  • 2019
    長野県教育委員会コンプライアンス・アドバイザー
  • 2019
    長野県子ども支援委員会委員
  • 2019
    長野市情報公開審査会委員
  • 2017 - 2021
    事務局長, 日本法哲学会
  • 2011
    理事, 日本法哲学会
  • 2004 - 2017
    長野市情報公開審査会委員

Paper

  • 近親婚の正当化から婚姻の多様性について考える
    磯部颯吾; 関 良徳
    信州大学教育学部研究論集, (18), 97-110, Mar. 2024リポジトリ電子ジャーナル
  • The Idea of Communism and “Human Rights” : A Radical Reconstitution by Costas Douzinas
    SEKI YOSHINORI
    信州大学教育学部研究論集, (17), 147-161, Mar. 2023リポジトリ電子ジャーナル
  • Critiques of the Neoliberal Government and Communist Theories of Human Rights
    関 良徳
    信州大学教育学部研究論集, (16), 228-246, Mar. 2022リポジトリ電子ジャーナル
  • 米国の法教育における刑事司法の取扱い ― 教科書STREET LAW の分析と考察 ―
    木村秀徳; 関 良徳
    信州大学教育学部研究論集, (15), 164-178, Mar. 2021リポジトリ電子ジャーナル
  • 家族を主題とする法教育の授業実践―老親の扶養をめぐる模擬審判授業の構想と実践
    武井正樹; 木村秀徳; 常盤直樹; 関 良徳
    教育実践研究, (19), 91-100, Dec. 2020, Not invitedリポジトリ
  • 中学校社会科公民的分野における「家族」の位置
    常盤直樹; 関 良徳
    信州大学教育学部研究論集, (14), 174-188, Mar. 2020, Refereed, Not invitedリポジトリ電子ジャーナル
  • 人権論のパラドクスと抵抗への権利 ―コスタス・ドゥジナスの批判法学
    関 良徳
    一橋法学, 19(1), 63-82, Mar. 2020, Not invitedリポジトリ
  • Book Reviews : What is Rational Thinking in Confrontation with Law and Government?
    関 良徳
    法哲学年報, 145-149, Nov. 2019, Refereed, Not invitedリポジトリ
  • Law and the Governmentality of Neoliberalism : A Legal Analysis on Michel Foucault's Lecture "The Birth of Biopolitics"
    関 良徳
    信州大学教育学部研究論集, (13), 1-18, Mar. 2019, Refereed, Not invitedリポジトリ電子ジャーナル
  • Workshops : Towards Legal Reforms of Sexual Violence Crime
    関 良徳
    法哲学年報, 183-186, 2015, Not invitedリポジトリ
  • 「功利主義の教育は個人の自由と社会の統治を結ぶのか?」
    関 良徳
    日本法哲学会編『功利主義ルネッサンス』, 2011, 43‐46頁, Oct. 2012, Not invited
  • 「セクシュアリティと夫婦の系譜学 ― ミシェル・フーコーにおける統治と倫理」
    関 良徳
    法文化学会編『法文化叢書 夫婦』, (10), 61‐81頁, Aug. 2012, Not invited
  • Collaboration between Teachers and Lawyers in Law-related Education : An Essay on the "Shinshu-Model"
    関 良徳
    法と教育学会編『法と教育』, 3, 11-21, 2012, Refereed, Not invitedリポジトリ
  • Innovation of learning about the constitution through law-related education: a new program of learning about the constitution of the field of civics in junior high school social studies
    岡部 麻衣子; 関 良徳
    Shinshu University journal of educational research and practice, (4), 61-74, Mar. 2011, Refereed, Not invitedリポジトリ電子ジャーナル
  • Law-related education and criticism of law: reconstruction of critical-LRE through the interpretive sociology of law
    関 良徳
    The sociology of law, (75), 90-104, 2011, Refereed, Not invitedリポジトリ
  • A theory of "accumulative" process for law-related education lessons
    岡村 ゆかり; 関 良徳
    Shinshu University journal of educational research and practice, (2), 31-44, Mar. 2010, Refereed, Not invitedリポジトリ電子ジャーナル
  • 「暴力・支配・交渉 -フェミニズムとDV防止法をめぐる問題」
    関 良徳
    法文化学会編『法文化叢書 ネゴシエイション』, (6), 107-129頁, Jun. 2009, Not invited
  • Foucault, Feminism, and Politics
    SEKI Yoshinori
    Journal of the Faculty of Education,Shinshu University, 112(112), 77-88, Aug. 2004, Refereed, Not invitedリポジトリ
  • 「恐れずに話すために -パレーシアと権力」
    関 良徳
    『情況』情況出版, 3(8), 175-187, Oct. 2002, Not invitedリポジトリ
  • Ethics and Politics on US Public Interest Lawyers : An Argument from the Theory of D. Luban
    Seki Yoshinori
    The Hitotsubashi review, 127(1), 21-37, Jan. 2002, Refereed, Not invitedリポジトリ電子ジャーナル
  • Law Norme and Rationality
    Seki Yoshinori
    The Hitotsubashi review, 124(1), 87-102, Jul. 2000, Refereed, Not invitedリポジトリ電子ジャーナル
  • Law, Disciplinary Power and Resistance
    SEKI Yoshinori
    The Annals of Legal Philosophy, (2000), 155-163, 2000, Refereed, Not invitedリポジトリ電子ジャーナル
  • Democracy and Power Relations : Michel Foucault and the Problem of Political Philosophy
    Seki Yoshinori
    Hitotsubashi journal of social sciences, 23(2), 23-44, Jul. 1998, Not invitedリポジトリ電子ジャーナル
  • An Introduction to 'Michel Foucault and the Philosophy of Law and Politics' : French Anti-Nietzscheans and American Foucault
    Seki Yoshinori
    The Hitotsubashi review, 120(1), 68-83, Jul. 1998, Refereed, Not invitedリポジトリ電子ジャーナル
  • The Ethics of Michel Foucault(2・fin) : An Essay on the Conception of "Self-Constitutive Subject"
    Seki Yoshinori
    Hitotsubashi journal of social sciences, 22(3), 25-45, Oct. 1997, Not invitedリポジトリ電子ジャーナル
  • The Ethics of Michel Foucault(1) : An Essay on the Conception of "Self-Constitutive Subject"
    Seki Yoshinori
    Hitotsubashi journal of social sciences, 21(4), 107-131, Jan. 1997, Not invitedリポジトリ電子ジャーナル
  • Alan Hunt and Grey Wickam, Foucault and Law-Towards a Sociology of Law as Governance
    Seki Yoshinori
    Hitotsubashi journal of social sciences, 20(4), 149-156, Jan. 1996, Not invitedリポジトリ電子ジャーナル

MISC

  • 『自由の道徳的イメージ』
    吉良貴之・関 良徳ほか
    20 May 2015

Books and other publications

  • 『もっと問いかける法哲学』
    Joint work, 「セックス・ワーカーになる自由はあるか」
    法律文化社, May 2024
  • 『セクシュアリティと法』
    Joint work, 「性刑法 -誰をどのように守るものであるべきか?」
    法律文化社, Oct. 2017
  • 『問いかける法哲学』
    Joint work, 「裁判員制度は廃止すべきか?」
    法律文化社, Sep. 2016
  • 『法思想史の水脈』
    Joint work, 「ポストモダン法学の思想」
    法律文化社, Apr. 2016
  • B.ゴールダー&P.フィッツパトリック 『フーコーの法』(監訳)
    勁草書房, Sep. 2014
  • 『現代社会思想の海図』
    Joint work, 「フーコー」
    法律文化社, Apr. 2014
  • 『「法」における「主体」の問題』
    Joint work, 「フーコーの「権利」論と主体の問題」
    御茶の水書房, Jul. 2013
  • 『近代法とその限界』
    Joint work, 「フーコーと法の現在 -法の排除から法の再導入へ」
    御茶の水書房, Feb. 2010
  • 『現代法哲学講義』
    Joint work, 「犯罪と刑罰 -受刑者の処遇と犯罪被害者の権利」
    信山社, Apr. 2009
  • 『講座 憲法Ⅰ』
    Joint work, 「差異の政治は自己表出力なき者の人権を擁護しうるのか」
    岩波書店, May 2007
  • 『法の他者』
    Joint work, 「正義と権力 -反転可能性をめぐって」
    御茶の水書房, May 2004
  • 『フーコーの権力論と自由論 -その政治哲学的構成』
    Single work
    勁草書房, Apr. 2001

Lectures, oral presentations, etc.

  • "Foucault and the Concept of Singular Rights"
    Yoshinori Seki
    Critical Legal Conference (UK),, Sep. 2018, Not invited

Courses

  • 法律学Ⅰ
    Shinshu University
  • 法と政治の哲学
    Shinshu University
  • 日本国憲法
    Shinshu University
  • 法律学基礎
    Shinshu University
  • 法律学Ⅱ
    Shinshu University
  • 法律学演習Ⅰ
    Shinshu University
  • 法律学演習Ⅱ
    Shinshu University
  • 法律学演習Ⅰ(大学院)
    Shinshu University
  • 法律学特論(大学院)
    Shinshu University

Affiliated academic society

  • 法と教育学会
  • 法文化学会
  • 法哲学社会哲学国際学会連合(IVR)
  • 日本法社会学会
  • 日本法哲学会

Research Themes

  • 「コミュニズムの理念」と法理論―ネオリベラリズム統治批判以後の批判法学
    科学研究費補助金, 日本学術振興会, 基盤研究(C)
    信州大学
    Apr. 2021 - Mar. 2026
  • ネオリベラリズム統治に対する批判的法理論の分析とポストモダン人権論の構築
    科学研究費補助金
    Apr. 2018 - Mar. 2021
  • 近現代社会における法・権力概念の転換と民主主義及び司法制度に対する影響について
    科学研究費助成事業, 日本学術振興会, 特別研究員奨励費
    一橋大学
    2001 - 2001