野見山 哲生 (ノミヤマ テツオ)   

学術研究院(医学系)

医学部 医学科 衛生学公衆衛生学 

教授 

学位

  • 博士(医学), 慶應義塾大学

研究分野

  • 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む, 衛生学・公衆衛生学

電話番号

    0263-37-2622

メールアドレス

    prev_env★shinshu-u.ac.jp

経歴

  • 2019年
    信州大学副医学部長(兼務)
  • 2014年
    信州大学医学部産業衛生学講座(兼務、責任教員)
  • 2010年
    信州大学医学部小児環境保健疫学研究センター長(兼務)
  • 2007年
    信州大学(医学部) 教授
  • 2003年 - 2006年
    信州大学(医学部) 助教授
  • 2002年 - 2003年
    信州大学(医学部) 講師
  • 2000年 - 2002年
    慶応義塾大学(医学部) 助手
  • 1998年 - 2000年
    ルーバンカトリック大学(医学部・公衆衛生大学院) ポストドクトラルフェロー
  • 1996年 - 1998年
    慶応義塾大学(医学部) 助手

学歴

  • 1992年 - 1996年, 慶應義塾大学, 医科学研究科
  • 1986年 - 1992年, 産業医科大学, 医学部

委員歴

  • 副会長、理事, 長野県農村医学会
  • 代議員, 日本産業衛生学会
  • 代議員, 日本衛生学会
  • 評議員, 日本微量元素学会
  • 理事, 日本職業・災害医学会
  • 代議員, 日本職業・災害医学会
  • 理事, 日本産業衛生学会
  • 北陸甲信越地方会 地方会長, 日本産業衛生学会
  • 許容濃度等に関する委員会 委員長, 日本産業衛生学会
  • 理事長, 信州公衆衛生学会
  • Editorial Board Member, Scientific Reports
  • Editorial Board Member, International Journal of Environmental Research and Public Health
  • Editorial Board Member, Hygiene

受賞

  • 2023年
    中央労働災害防止協会, 緑十字賞
  • 2018年
    松本市医師会, 松本市医師会表彰
  • 2017年
    厚生労働省, 厚生労働大臣表彰(厚生労働大臣功績賞)
  • 2016年
    長野県医師会, 長野県医師会表彰
  • 2013年
    長野県労働局, 長野労働局長功績賞
  • 2005年
    日本産業衛生学会, 日本産業衛生学会奨励賞
  • 1998年
    かなえ医学振興財団 研究助成受賞
  • 1995年
    中央労働災害防止協会30周年記念論文 奨励賞

論文

  • Associations between prenatal exposure to per- and polyfluoroalkyl substances and wheezing and asthma symptoms in 4-year-old children: The Japan Environment and Children's Study.
    Atagi T, Hasegawa K, Motoki N, Inaba Y, Toubou H, Shibazaki T, Nakayama FS, Kamijima M, Tsukahara T, Nomiyama T, the Japan Environment and Children’s Study (JECS).
    Environ Res, 240(1), Article 117499, 2024年01月電子ジャーナル
  • Impact of dog and/or cat ownership on functional constipation at 3 years of age: the Japan Environment and Children’s study.
    Motoki N, Inaba Y, Toubou H, Hasegawa K, Shibazaki T, Tsukahara T, Nomiyama T; Japan Environment and Children’s Study (JECS) Group.
    BMC Pediatr, 23(1), 595, 2023年11月電子ジャーナル
  • Association between the number of teeth and incident prediabetes among middle-aged adults with periodontal disease: A retrospective cohort analysis of Japanese claims data.
    Hasegawa K, Sakurai A, Mizuki M, Kurita H, Tsukahara T, Nomiyama T.
    BMJ OPEN, 13(1), e075527, 2023年11月電子ジャーナル
  • Impact of breastfeeding during infancy on functional constipation at 3 years of age: The Japan Environment and Children’s Study.
    Motoki N, Inaba Y, Toubou H, Hasegawa K, Shibazaki T, Tsukahara T, Nomiyama T, the Japan Environment and Children’s Study (JECS).
    Int Breastfeed J, 18(1), 57, 2023年11月電子ジャーナル
  • 大学生の性自認及び性的指向に関する意識調査
    大野武丸, 石出結子, 岡村槙, 鴨川隼弥, 倉橋徹, 齊藤海斗, 山本百香, 塚原照臣, 野見山哲生
    信州公衆衛生雑誌, 18(1), 62-63, 2023年08月リポジトリ
  • Associations between long-term care-service use and service- or care-need level progression: a nationwide cohort study using the Japanese Long-Term Care Insurance Claims database.
    Hasegawa K, Tsukahara T, Nomiyama T.
    BMC Health Serv Res, 23, Article number: 577 (2023), 2023年07月電子ジャーナル
  • Short-term associations of low-level fine particulate matter (PM2.5) with cardiorespiratory hospitalizations in 139 Japanese cities.
    Hasegawa K, Tsukahara T, Nomiyama T.
    Ecotoxicol Environ Saf, 258, 114961, 2023年06月電子ジャーナル
  • Carcinogenicity of anthracene, 2-bromopropane, butyl methacrylate, and dimethyl hydrogen phosphite.
    Cattley RC, Kromhout H, Sun M, Tokar EJ, Abdallah MA, Bauer AK, Broadwater KR, Campo L, Corsini E, Houck KA, Ichihara G, Matsumoto M, Morais S, Mráz J, Nomiyama T, Ryan K, Shen H, Toyoda T, Vähäkangas K, Yakubovskaya MG, Yu IJ, DeBono NL, de Conti A, El Ghissassi F, Madia F, Mattock H, Pasqual E, Suonio E, Wedekind R, Benbrahim-Tallaa L, Schubauer-Berigan MK.
    Lancet Oncol, 24(5), 431-432, 2023年05月電子ジャーナル
  • Effects of work-family life support program on the work-family interface and mental health among Japanese dual-earner couples with a preschool child: A randomized controlled trial.
    Shimazu A, Fujiwara T, Iwata N, Kato Y, Kawakami N, Maegawa N, Nakao M, Nomiyama T, Takahashi M, Tayama J, Watai I, Arima M, Hasegawa T, Matsudaira K, Matsuyama Y, Miyazawa Y, Shimada K, Takahashi M, Watanabe M, Yamaguchi A, Adachi M, Tomida M, Chen D, Doi S, Hirano S, Isokawa S, Kamijo T, Kobayashi T, Matsuzaki K, Moridaira N, Nitto Y, Ogawa S, Sakurai M, Sasaki N, Tobayama M, Yamauchi K, Obikane E, Odawara M, Sakka M, Takeuchi K, Tokita M.
    J Occup Health, 65, e12397, 2023年01月電子ジャーナル
  • Short-term associations of ambient air pollution with hospital admissions for ischemic stroke in 97 Japanese cities.
    Hasegawa K, Tsukahara T, Nomiyama T.
    Environ Sci Pollut Res, 29(52), 78821-78831, 2022年11月電子ジャーナル
  • Impact of maternal dyslipidemia on infant neurodevelopment: The Japan Environment and Children’s Study.
    Motoki N,Inaba Y, Shibazaki T, Misawa Y, Ohira S, Kanai M, Kurita H, Tsukahara T, Nomiyama T, the Japan Environment, Children's Study (JECS) Group.
    Brain Dev, 44(8), 520-530, 2022年09月電子ジャーナル
  • Insufficient gestational weight gain and infant neurodevelopment at 12 months of age: The Japan Environment and Children's Study.
    Motoki N, Inaba Y, Shibazaki T, Misawa Y, Ohira S, Kanai M, Kurita H, Tsukahara T, Nomiyama T.
    EUROPEAN JOURNAL OF PEDIATRICS, 181(3), 921-931, 2022年05月
  • Occupational exposure limits for acetaldehyde, 2-bromopropane, glyphosate, manganese and inorganic manganese compounds, and zinc oxide nanoparticle, and the biological exposure indices for cadmium and cadmium compounds and ethylbenzene, and carcinogenicity, occupational sensitizer, and reproductive toxicant classifications.
    Araki A, Azuma K, Endo G, Endo Y, Fukushima T, Hara K, Harada K, Hori H, Horie S, Horiguchi H, Ichiba M, Ichihara G, Ishitake T, Ito A, Ito Y, Iwasawa S, Kakamu T, Kamijima M, Karita K, Kawai T, Kawamoto T, Kishi R, Kumagai S, Matsumoto A, Miyagawa M, Miyauchi H, Morimoto Y, Nagano K, Naito H, Nakajima T, Nakano M, Nomiyama T, Okuda H, Okuda M, Omae K, Sato K, Sobue T, Suwazono Y, Takebayashi T, Takeshita T, Takeuchi A, Takeuchi A, Tanaka S, Tsuj M, Tsukahara T, Ueno S, Ueyama J, Umeda Y, Yamamoto K, Yamano Y, Yamauchi T and Yano E.
    J Occup Health, 63, e12294., 2021年11月
  • Maternal Alcohol Consumption and Risk of Offspring with Congenital Malformation: The Japan Environment and Children’s Study.
    Kurita H, Motoki N, Inaba Y, Shibazaki T, Misawa Y, Ohira S, Kanai M, Tsukahara T, Nomiyama T & The Japan Environment & Children's Study (JECS) Group.
    Pediatr Res, 90(2), 479-486, 2021年08月電子ジャーナル
  • コロナ禍における学生の人間関係と学習意欲・満足度の相関に関する調査
    田邊恵司, 石神遼吾, 大西零, 菊池亮介, 小島優奈, 小原真樹, 小林拓, 近藤圭佑, 田村大地, 土屋智洋, 原晶太朗, 水木将, 塚原照臣, 野見山哲生
    信州公衆衛生雑誌, 16(1), 58-59, 2021年08月リポジトリ
  • Association between pesticide usage during pregnancy and neonatal hyperbilirubinemia requiring treatment: The Japan Environment and Children’s Study.
    Shibazaki T, Motoki N, Misawa Y, Ohira S, Inaba Y, Kanai M, Kurita H, Nakazawa Y, Tsukahara T, Nomiyama T, the Japan Environment & Children’s Study (JECS) Group.
    Pediatr Res, 89(6), 1565-1570, 2021年05月電子ジャーナル
  • Cumulative incidence of autism spectrum disorder before school entry in a thoroughly screened population.
    Sasayama D, Kudo T, Kaneko W, Kuge R, Koizumi N, Nomiyama T, Washizuka S, Honda H.
    J Autism Dev Disord, 51(4), 1400-1405, 2021年04月電子ジャーナル
  • Short-Term Associations of Ambient Fine Particulate Matter (PM2.5) with All-Cause Hospital Admissions and Total Charges in 12 Japanese Cities.
    Hasegawa K, Toubou H, Tsukahara T, Nomiyama T.
    International Journal of Environmental Research and Public Health, 18(8), 2021年04月電子ジャーナル
  • 幼児の睡眠の問題と母親の睡眠行動・養育環境の関係.
    元木倫子、島﨑雅士、上條怜音、笹尾祐介、中込健人、中村真波、新田温生、白旭坤、星影彰太郎、松井寛郎、山口廉之助、吉田真介、長谷川航平、當房浩一、水木将、上條知子、塚原照臣、野見山哲生.
    信州公衆衛生雑誌, 15(2), 45-54, 2021年03月リポジトリ
  • Effects of lactoferrin on prevention of acute gastrointestinal symptoms in winter: A Randomized, double-blinded, placebo-controlled trial for staff of kindergartens and nursery schools in Japan.
    Mizuki M, Tsukahara T, Oda H, Tanaka M, Yamauchi K, Abe F, Nomiyama T.
    International Journal of Environmental Research and Public Health, 17(24), 2020年12月電子ジャーナル
  • Occupational exposure limits for ethyl benzene, dimethyl terephthalate and hydrogen fluoride, and carcinogenicity and reproductive toxicant classifications.
    Araki A, Azuma K, Endo G, Endo Y, Fukushima T, Hara K, Harada K, Hori H, Ichiba M, Ichihara G, Ito A, Ito Y, Iwasawa1 S, Kakamu T, Kamijima M, Karita K, Katoh T, Kawai T, Kawamoto T, Kishi R, Kumagai S, Kusaka Y, Miyagawa M, Miyauchi H, Morimoto Y, Nagano K, Naito H, Nakajima T, Nakano M, Nomiyama T, Okuda H, Okuda M, Omae K, Sato K, Sobue T, Suwazono Y, Takebayashi T, Takeshita T, Tsukahara T, Tsunoda M, Ueyama J, Umeda Y, Yamamoto K, Yamano Y, Yamauchi T, Yano E.
    J Occup Health, 62, e12151, 2020年09月
  • Effects of lactoferrin on sleep conditions in children aged 12-32 months: a preliminary, randomized, double-blind, placebo-controlled trial.
    Miyakawa M, Kubo S, Oda H, Motoki N, Mizuki M, Tsukahara T, Tanaka M, Yamauchi K, Abe F, Nomiyama T.
    Nat Sci Sleep, 12(9), 671-677, 2020年09月
  • Effects of Lactoferrin-Fortified Formula on Acute Gastrointestinal Symptoms in Children Aged 12–32 Months: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Trial.
    Noriko Motoki, Masaru Mizuki, Teruomi Tsukahara, Momoko Miyakawa, Shutaro Kubo, Hirotsugu Oda, Miyuki Tanaka, Koji Yamauchi, Fumiaki Abe, Tetsuo Nomiyama
    Frontiers in Pediatrics, 8, 233, 2020年05月電子ジャーナル
  • The Preventive Effect of Lactoferrin-Containing Yogurt on Gastroenteritis in Nursery School Children—Intervention Study for 15 Weeks
    Teruomi Tsukahara, Anri Fujimori, Yuka Misawa, Hirotsugu Oda, Koji Yamauchi,Fumiaki Abe, Tetsuo Nomiyama.
    International Journal of Environmental Research and Public Health, 17(7), 2534, 2020年04月電子ジャーナル
  • Risk Factors for Duty-Related Posttraumatic Stress Disorder among Police Officers in the Mt. Ontake Eruption Disaster-Support Task Force.
    Tomoko Kamijo, Teruomi Tsukahara, Akihito Shimazu, Tetsuo Nomiyama.
    International Journal of Environmental Research and Public Health, 17(9), 3134, 2020年04月電子ジャーナル
  • Effects of lactoferrin on subjective skin conditions in winter: A preliminary, randomized, Double-Blinded, Placebo-Controlled Trial
    Hirotsugu Oda, Momoko Miyakawa, Masaru Mizuki, Yuka Misawa, Teruomi Tsukahara, Miyuki Tanaka, Koji Yamauchi, Fumiaki Abe, Tetsuo Nomiyama
    Clinical, Cosmetic and Investigational Dermatology, 12, 875-880, 2019年12月
  • Maternal exposure to housing renovation during pregnancy and risk of offspring with congenital malformation: The Japan Environment and Children's Study.
    Noriko Motoki, Yuji Inaba, Takumi Shibazaki, Yuka Misawa, Satoshi Ohira, Makoto Kanai, Hiroshi Kurita, Yozo Nakazawa, Teruomi Tsukahara, Tetsuo Nomiyama & The Japan Environment & Children’s Study (JECS) Group.
    SCIENTIFIC REPORTS, 9, Article number:11564, 2019年08月
  • Alcohol consumption during pregnancy and risk of placental abnormality: The Japan Environment and Children's Study.
    Satoshi Ohira, Noriko Motoki, Takumi Shibazaki, Yuka Misawa, Yuji Inaba, Makoto Kanai, Hiroshi Kurita, Tanri Shiozawa, Yozo Nakazawa, Teruomi Tsukahara, Tetsuo Nomiyama & The Japan Environment & Children’s Study (JECS) Group.
    SCIENTIFIC REPORTS, 9, Article number: 10259, 2019年07月
  • Occupational exposure limits for cumene, 2,4-dichlorophenoxy acetic acid, silicon carbide whisker, benzyl alcohol, and methylamine, and carcinogenicity, occupational sensitizer, and reproductive toxicant classifications.
    Committee for Recommendation of Occupational Exposure Limits, Japan Society for Occupational Health. Araki A, Azuma K, Endo G, et. al.
    J Occup Health, 61(4), 328-330, 2019年07月
  • ジメチルホルムアミド、ジメチルアセトアミドの経皮吸収と肝障害
    塚原照臣、野見山哲生
    産業医学レビュー, 32(1), 55-63, 2019年05月
  • Criminal mercury vapor poisoning using heated tabacco product.
    Masahito Hitosugi, Misa Tojo, Masateru Kane, Naoto Shiomi, Takeshi Shimizu, Tetsuo Nomiyama.
    Int J Legal Med, 133(2), 479-481, 2019年03月
  • 呼吸用保護具の適切な装着を阻害する要因の検討と装着指導の効果に関する研究
    水木将、伊東黄、梅原舞、小林若菜、佐藤渉、辻野亮、藤田楓、堀谷勇介、米良健輝、森下開、長谷川航平、塚原照臣、野見山哲生
    信州公衆衛生雑誌, 13(2), 81-85, 2019年03月リポジトリ
  • 長野県内保健所における保健医療分野の卒前実習・卒後研修の実施状況に関する調査研究 : 県内保健所に対するアンケート調査から
    長谷川航平、塚田昌大、白井祐二、塚原照臣、野見山哲生
    信州公衆衛生雑誌, 13(2), 86-92, 2019年03月リポジトリ
  • Carcinogenicity of some nitrobenzenes and other industrial chemicals.
    IARC Monographs Vol 123 Group.
    Lancet Oncol, 60(4), 333-335, 2018年11月
  • Occupational Exposure Limits for ethylidene norbornene, ethyleneimine, benomyl, and 2,3-epoxypropyl methacrylate, and classifications on carcinogenicity.
    Araki A, Azuma K, Endo G, et. al.
    J Occup Health, 60(4), 333-335, 2018年07月
  • Occupational exposure limits for ethylene glycol monobutyl ether, isoprene, isopropyl acetate and propyleneimine, and classifications on carcinogenicity, occupational sensitizer and reproductive toxicant.
    Azuma K, Endo G, Endo Y, et. al.
    J Occup Health, 59(4), 364-366, 2017年07月
  • Changes of median nerve conduction velocity in rayon manufacturing workers: A six-year cohort study.
    Yoshioka N, Takebayashi T, Nishiwaki Y, Nomiyama T, Iwasawa S, Sakurai H, Omae K.
    J Occup Health, 59(2), 187-193, 2017年03月
  • Occupational Exposure Limits of lead, dimethylamine, n-butyl-2,3-epoxypropyl ether, and 2-ethyl-1-hexanol and carcinogenicity and occupational sensitizer classification.
    Azuma H, Endo G, Endo Y, et. al.
    J Occup Health, 58(4), 385-387, 2016年09月
  • 木曽地方の無塩漬物「すんき漬け」の摂取とアレルギー疾患に関する疫学的検討
    津田洋子、塚原照臣、野見山哲生
    信州公衆衛生雑誌, 11(1), 3-12, 2016年08月リポジトリ
  • Cross-sectional Observation of the Relationship of Depressive Symptoms with Lifestyles and Parents' Status among Japanese Junior High School Students.
    Hyakutake A, Kamijo T, Misawa Y, Washizuka S, Inaba Y, Tsukahara T, Nomiyama T
    Environ Health Prev Med, 21(4), 265-273, 2016年07月
  • 産業医学に関連する最近の研究-特に、化学物質のリスクアセスメント、メンタルヘルス、喫煙に関して-
    野見山哲生、塚原照臣
    産業医学ジャーナル, 39(4), 67-72, 2016年07月
  • The Relationship between Attitudes toward Suicide and Family History of Suicide in Nagano Prefecture, Japan
    Teruomi Tsukahara, Hiroaki Arai, Tomoko Kamijo, Yoshikiyo Kobayashi, Shinsuke Washizuka, Heihachiro Arito, Tetsuo Nomiyama.
    Int J Environ Res Public Health, 13(6), 623; doi:10.3390/ijerph13060623, 2016年06月電子ジャーナル
  • Control Banding Assesment of Exposure of Offset Printiing Workers to Organic Solvnts. 
    Tsukahara T, Miyauchi H, Kuwada D, Kikuchi T, Tsuda Y, Yanagiba Y, Arito H, Nomiyama T.
    J Occup Health, 58(3), 314-319, 2016年05月
  • Measurement of Fluoride in Human Urine by Headspace Gas Chromatography-Mass Spectrometer.
    Tsuda Y, Otsuka T, Tsukahara T, Nomiyama T
    Biomed Res Trace Elem, 27(1), 15-22, 2016年05月
  • Carcinogenicity of some industrial chemicals.
    Grosse Y, Loomis D, Guyoton KZ, El Ghissassi F, Bonvard V, Bembrahim-Tallaa L, Mattock H, Straif K ; International Agency for Research on Cancer Monograph Working Group.
    Lancet Oncol, 17(4), 419-420, 2016年04月
  • Relationships between Suicidal Ideation and Psychosocial Factors among Residents Living in Nagano Prefecture of Japan.
    Tsukahara T, Arai H, Kamijo T, Kobayashi Y, Washizuka S, Arito H, Nomiyama T
    Environ Health Prev Med, 21(2), 164-172, 2016年03月
  • 病院職員における喫煙状況と喫煙意識に関する調査.
    水木将、新井浩朗、塚原照臣、中島めぐみ、松澤幸範、古川賢一、野見山哲生
    信州公衆衛生雑誌, 10(2), 67-74, 2016年03月リポジトリ
  • 労働者における禁煙の挑戦及び達成に寄与する因子の解明のための研究.
    新井浩朗、水木将、上條ともこ、藤澤美和子、松澤幸範、塚原照臣、野見山哲生
    信州公衆衛生雑誌, 10(2), 61-66, 2016年03月リポジトリ
  • Occupational Exposure to N,N-Dimethylformamide in the Summer and Winter.
    Miyauchi H, Tsuda Y, Minozoe A, Tanaka S, Arito H, Tsukahara T, Nomiyama T.
    Ind Health, 52(6), 512-520, 2014年11月
  • 有機溶剤による健康障害
    野見山哲生
    Medical Practice, 31(9), 1429-1434, 2014年11月
  • Seasonal Difference in Percutaneous Absorption of N,N-Dimethylformamide as Determined Using Two Urinary Metabolites.
    Tsuda Y, Miyauchi H, Minozoe A, Tanaka S, Arito H, Tsukahara T, Nomiyama T.
    J Occup Health, 56(4), 252-259, 2014年08月
  • 薬剤の使用におけるリスクアセスメントと労働衛生管理について
    野見山哲生
    文化財の虫菌害, 67, 9-15, 2014年06月
  • ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチン普及前の小児細菌性髄膜炎の発生頻度
    長野県小児臨床研究グループ 内海雅史,天野芳郎,諸橋文雄,樋口司,牛久英雄,長沼邦明,野見山哲生,稲葉雄二,小池健一.
    日本小児科学会誌, 118(1), 17-22, 2014年01月
  • Comparative study of fibrin and chemical synthetic sealant on dural regeneration and brain damage.
    Ito K, Horiuchi T, Oyanagi K, Nomiyama T, Hongo K
    J Neurosurg, 19(6), 736-743, 2013年12月
  • Beta-3-adrenergic receptor Trp64Arg polymorphism: does it modulate the relationship between exercise and percentage of body fat in Japanese male young adults?
    Nakashima H, Omae K, Nomiyama T, Yamano Y, Takebayashi T, Sakurai Y.
    Environ Health Prev Med, 18(4), 323-329, 2013年07月
  • 麻疹対策の現状に関する研究:長野県内市町村および保健所に対するアンケート調査から
    伊東毅,内村真介,白井エリオ,杉田健一,土橋皓展,長峰広平,藤森美音,塚田昌大,津田洋子,塚原照臣,小林良清,野見山哲生
    信州公衆衛生雑誌, 7(2), 95-107, 2013年03月リポジトリ
  • Accuracy of ECG-based screening for sleep-disordered breathing:a survey 3 of all male workers in a transport company.
    Hayano J, Tsukahara T, Watanabe E, Sasaki F, Kawai K, Kodama I, Nomiyama T, Fujimoto K.
    Sleep Breath, 17(1), 243-251, 2013年01月
  • Effects of weather variability and air pollutants on emergency admissions for cardiovascular and cerebrovascular diseases.
    Hori A, Hashizume M, Tsuda Y, Tsukahara T, Nomiyama T.
    Int J Environ Health Res, 22(5), 416-430, 2012年10月
  • The effects of workplace occupational mental health activities on psychological distress among employees: A multilevel cross-sectional analysis.
    Eguchi H, Tsuda Y, Tsukahara T, Washizuka S, Kawakami N. Nomiyama T.
    J Occup Environ Med, 54(8), 939-947, 2012年08月
  • 医学部教育において,プレテスト結果はポストテスト結果より,期末試験結果と関連する.
    内田満夫,津田洋子,塚原照臣,多田剛,櫻井晃洋,福嶋義光,野見山哲生
    医学教育, 43(3), 181-187, 2012年06月
  • 糖尿病の家族歴が患者の疾患認識に及ぼす影響について-糖尿病と遺伝の関係に関する患者の意識調査から-
    羽深美恵子、櫻井晃洋、山崎雅則、駒津光久、江口尚、野見山哲生、福嶋義光.
    糖尿病, 55(3), 185-192, 2012年03月
  • 上伊那地域における「子どもの健康と環境に関する全国調査」
    堺温哉,津田洋子,塚原照臣,日高義彦,稲葉雄二,金井誠,福嶋義光,野見山哲生.
    信州公衆衛生雑誌, 6(2), 101-106, 2012年03月リポジトリ
  • 呼吸障害指数と肥満度および眠気の自覚症状との関連- 職域における睡眠時無呼吸低呼吸健康診断の結果から-
    塚原照臣、岡野和弘、江口尚、塚原嘉子、津田洋子、漆畑一寿、藤本圭作、野見山哲生.
    信州公衆衛生雑誌, 5(2), 105-109, 2011年08月リポジトリ
  • スクリーニング機器SD-101 を用いた睡眠時無呼吸低呼吸症候群に関する健康管理体制の構築
    塚原照臣、岡野和弘、堀綾、江口尚、塚原嘉子、津田洋子、和田敬仁、漆畑一寿、藤本圭作、野見山哲生.
    産業医学ジャーナル, 34(4), 52-56, 2011年07月
  • 市区町村における環境政策への市民参加の実態調査-パブリック・コメント実施状況と市民公募委員の選任を指標として-
    江口尚、塚原照臣、野見山哲生.
    日本公衆衛生雑誌, 58(6), 457-462, 2011年06月
  • 長野県におけるこんにちは赤ちゃん事業取り組みの現状.
    近藤里栄,塚原照臣,堀綾,和田敬仁,稲葉雄二,金井誠,内田満夫,坂口けさみ,市川元基,野見山哲生.
    信州医学雑誌, 59(3), 169-175, 2011年06月リポジトリ電子ジャーナル
  • 長野県の小規模事業場におけるメンタルヘルス対策の現状.
    津田洋子,塚原照臣,内田満夫,鷲塚伸介,野見山哲生.
    信州医学雑誌, 59(3), 163-168, 2011年06月リポジトリ電子ジャーナル
  • Screening for obstructive sleep apnea by cyclic variation of heart rate.
    Hayano J, Watanabe E, Sasaki F, Fujimoto K, Nomiyama T, Kodama I, Sakakibara H.
    Circ Arrhythm Electrophysiol, 4(1), 64-72, 2011年01月
  • 職業性曝露,日常飲酒が無い若年者の尿中メタノール濃度及びその日間変動.
    伊藤実幸,繁永大輔,高橋拓也,高橋佑介,中田麻,中村篤史,三村哲彦,津田洋子,江口尚,塚原照臣,野見山哲生.
    信州公衆衛生雑誌, 4(2), 25-28, 2010年08月リポジトリ
  • 燻蒸剤曝露による生体影響 ―特に沃化メチル、フッ化スルフリルについて―
    野見山哲生,塚原照臣,津田洋子
    産業医学レビュー, 22(4), 153-165, 2010年02月
  • A novel device (SD-101) with high accuracy for screening sleep apnoea-hypopnoea syndrome
    Agatsuma, Toshihiko; Fujimoto, Keisaku; Komatsu, Yoshimichi; Urushihata, Kazuhisa; Honda, Takayuki; Tsukahara, Teruomi; Nomiyama, Tetsuo
    RESPIROLOGY, 14(8), 1143-1150, 2009年11月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • 母親の育児負担感への寄与因子の検討に関する研究
    岩渕祥子,奥澤聡子,神川洋平,川﨑有亮,中西恵美,贄裕亮,稗田太郎,津田洋子,和田敬仁,野見山哲生
    信州医学雑誌, 57(5), 155-161, 2009年10月リポジトリ電子ジャーナル
  • 高齢者を対象とした脳卒中予防教室における栄養指導活動の効果の検討
    友竹浩之、岡島やよい、南島八重子、小倉奈緒、齋藤陽子、今井奈穂美、佐々木学、野坂俊弥、野見山哲生
    信州公衆衛生雑誌, 3(2), 23-28, 2009年02月リポジトリ
  • 新型インフルエンザ対策の現状に関する研究-長野県内全市町村及び保健所に対するアンケート調査から-
    出田宏和、小橋範之、小林翔太、杉田健一、玉城良、宮城長靖、和田彬快、津田洋子、塚原照臣、和田敬仁、野見山哲生
    信州公衆衛生雑誌, 3(2), 47-52, 2009年02月リポジトリ
  • 解剖学実習におけるホルムアルデヒド暴露防護のための労働衛生保護具(防毒マスクと保護めがね)着用の有効性の検討
    岩澤聡子、津田洋子、内山隆文、丸山康孝、神田博仁、宮内博幸、森泉哲次、野見山哲生、大前和幸、田中茂.
    労働科学, 85, 120-131, 2009年
  • A cross-sectional observation of effect of exposure to N-Methyl-2-Pyrrolidone (NMP) on workers’ health.
    Nishimura S, Yasui H, Miyauchi H, Kikuchi Y, Kondo N, Takebayashi T, Tanaka S, Mikoshiba Y, Omae K, and Nomiyama T.
    Industrial Health, 47, 355-362, 2009年
  • Trichloroethylene liver toxicity in mouse and rat: Microarray analysis reveals species differences in gene expression.
    Sano Y, Nakashima H, Yoshioka N, Etho N, Nomiyama T, Nishiwaki Y, Takebayashi T, Oame K.
    Arch Toxicol, 83, 835-849, 2009年
  • Job strain and arteriosclerosis in three different types of arteries among male Japanese factory workers.
    Michikawa T, Nishiwaki Y, Nomiyama T, Uemura T, O'Uchi T, Sakurai H, Omae K, Takebayashi T.
    Scand J Work Environ Health, 34, 48-54, 2008年
  • Changes in activities of daily living during treatment of late-life depression.
    Saito H, Ichikawa K, Nomiyama T, Tatsumi N, Washizuka S, Hanihara T and Amano N
    Psychogeriatrics, 8, 12-18, 2008年
  • 信州大学における麻疹対策 大学生における麻疹の全国的な流行に対して
    塚原照臣、鷲塚伸介、藤村智子、林弘子、徳原さえ美、武田弘子、児玉邦代、西沢理恵子、布施みどり、湯澤直美、松嶋泰吉、上條耕司、下原浅男、山中章平、野見山哲生、川茂幸
    Campus Health, 45, 191-196, 2008年
  • Immunohistochemical demonstration of proliferating lymphatic vessels in colorectal carcinoma and its clinicopathological significance.
    Omachi T, Kawai Y, Mizuno R, Nomiyama T, Miyagawa S, Ohhashi T, Nakayama J.
    Cancer Lett, 246, 167-172, 2007年
  • The role of trophinin, an adhesion molecule unique to human trophoblasts, in progression of colorectal cancer.
    Harada O, Suga T, Suzuki T, Nakamoto K, Kobayashi M, Nomiyama T, Nadano D, Ohyama C, Fukuda MN, Nakayama J.
    Int J Cancer, 121, 1072-1078, 2007年
  • Prognostic significance of the immunohistochemical staining of cleaved caspase-3, an activated form of caspase-3, in gliomas.
    Kobayashi T, Masumoto J, Tada T, Nomiyama T, Hongo K, Nakayama J.
    Clin Cancer Res., 13, 3868-3874, 2007年
  • 精神科外来における病名記載の実態に関する検討
    角田美穂, 高橋徹, 篠山大明, 中村伸治, 岡田八束, 今井淳子, 鷲塚伸介, 原田謙, 野見山哲生, 天野直二
    信州医学雑誌, 54(6), 387-393, 2006年12月リポジトリ電子ジャーナル
  • 環境中カドミニウム曝露と健康影響 -食品中カドミウムの基準策定を巡る国際的動向から-
    野見山哲生
    信州医学雑誌, 54(4), 175-182, 2006年08月リポジトリ電子ジャーナル
  • Correlation between glial fibrillary acidic protein-positive astrocytes and age in the human hippocampus.
    Takahashi T, Amano N, Asamura H, Nomiyama T, Hanihara T, Nakayama J, Fukushima H.
    Leg Med (Tokyo), 8, 116-118, 2006年
  • ホルムアルデヒドと発がん
    岩澤聡子,野見山哲生,大前和幸
    産業医学ジャーナル, 28, 84-87, 2005年
  • A six year follow up study of the subclinical effects of carbon disulphide exposure on the cardiovascular system
    Takebayashi T, Nishiwaki Y, Uemura T, Nakashima H, Nomiyama T, Sakurai H, Omae K.
    OCCUPATIONAL AND ENVIRONMENTAL MEDICINE, 61, 127-134, 2004年02月
  • 健康な若年女性におけるカドミウムと鉄の摂取と排泄に及ぼす食習慣の影響
    村嶋恵,菊地有利子,熊谷奈美,大前和幸,渡邊昌,赤倉スタディーグループ
    日本衛生学雑誌, 59, 31-37, 2004年01月
  • Six year observational cohort study of the effect of carbon disulphide on brain MRI in rayon manufacturing workers
    Y Nishiwaki, T Takebayashi, T O'Uchi, T Nomiyama, T Uemura, H Sakurai, K Omae
    OCCUPATIONAL AND ENVIRONMENTAL MEDICINE, 61, 225-232, 2004年
  • Comparison of degradation and permeation tests using four organic solvents on chemical protective gloves commercially available in Japan.
    Hiroyuki MIYAUCHI, Shigeru TANAKA, Tetsuo NOMIYAMA, Shun'ichiro IMAMIYA, Yukio SEKI.
    Journal of Science of Labour, 80, 118-122, 2004年
  • Lack of relationship between occupational exposure to carbon disulfide and endocrine dysfunction: A six-year cohort study of the Japanese rayon workers.
    Takebayashi T, Nishiwaki Y, Nomiyama T, Uemura T, Yamauchi T, Tanaka S, Sakurai H, Omae K for the Japanese Rayon Worker's Health Study Group
    Journal of Occupational Health, 45, 111-118, 2003年05月
  • Uptake of cadmium in meals from the digestive tract of young non-smoking Japanese female volunteers.
    Kikuchi Y, Nomiyama T, Kumagai N, Dekio F, Uemura T, Takebayashi T, Nishiwaki Y, Matsumoto Y, Sano Y, Hosoda K, Watanabe S, Sakurai H, Omae K.
    Journal of Occupational Health, 45(1), 43-52, 2003年01月WebofScience
  • 燻蒸剤の毒性
    野見山哲生,大前和幸
    産業医学ジャーナル, 26, 90-93, 2003年
  • Short-term changes in cadmium in feces, blood and urine after dietary cadmium intake in young Japanese females.
    Nomiyama T, Kikuchi Y, Kumagai N, Dekio F, Uemura T, Hosoda K, Sakurai H, Omae K.
    Journal of Occupational Health, 44(6), 429-432, 2002年11月WebofScience
  • Monitoring for N,N-dimethylformamide and N,N-dimethylacetamide with a diffusive sampler using distilled water as an absorbent
    Tanaka S, Nomiyama T, Miyauchi H, Nakazawa M, Yamauchi T, Yamada K, Seki Y.
    AIHA Journal, 63(6), 726-731, 2002年11月WebofScience
  • Cadmium concentration in current Japanese foods and beverages.
    KikuchiY, Nomiyama T, Kumagai N, Uemura T, Omae K.
    Journal of Occupational Health, 44, 240-247, 2002年
  • ジメチルホルムア-ド,ジメチルアセトア-ドの皮膚吸収等に関する最近の知見
    野見山哲生,大前和幸
    産業医学ジャーナル, 25, 88-91, 2002年
  • エチレンオキシドの毒性
    野見山哲生,高島佳代子,西村繁
    セイフティダイジェスト, 4811, 3-7, 2002年
  • Lead induced increase of blood pressure in female lead workers
    Nomiyama K, Nomiyama H, Liu SJ, Tao YX, Nomiyama T, Omae K.
    OCCUPATIONAL AND ENVIRONMENTAL MEDICINE, 59(11), 734-738, 2002年WebofScience
  • Insertion polymorphism of CYP2E1 and urinary N-methylformamide after N,N-dimethylformamide exposure in Japanese workers.
    Nomiyama T, Haufroid V, Buchet J-P, Miyauchi H, Tanaka S, Yamauchi H, Imamiya S, Seki Y, Omae K, Lison D
    International Archives of Occupational and Environmental Health, 74, 519-522, 2001年
  • Investigations on the liver toxicity of a blend of HCFC-123 (2,2-dichloro-1,1,1-trifluoroethane) and HCFC-124 (2-chloro-1,1,1,2-tetrafluoroethane) in guinea pigs.
    Hoet P, Buchet J-P, Sempoux C, Nomiyama T, Rahier J, Lison D
    ARCHIVES OF TOXICOLOGY, 75, 274-283, 2001年
  • N,N-Dimethylformamide: Significance of dermal absorption on workers.
    Miyauchi H, Tanaka S, Nomiyama T, Seki Y, Imamiya S, Omae K
    Journal of Occupational Health, 43, 92-94, 2001年
  • N,N-dimethylformamide: Significance of dermal absorption and adjustment method for urinary N-methylformamide concentration as a biological exposure item.
    Nomiyama T, Nakashima H, Chen LL, Tanaka S, Miyauchi H, Yamauchi H, Sakurai H, Omae K
    International Archives of Occupational and Environmental Health, 74, 224-228, 2001年
  • Does the polymorphism of cytochrome P-450 2E1 affect the metabolism of N,N-dimethylformamide? Comparison of the half-lives of urinary N-methylformamide
    Nomiyama T, Nakashima H, Sano Y, Chen LL, Tanaka S, Miyauchi H, Yamauchi T, Sakurai H, Omae K
    ARCHIVES OF TOXICOLOGY, 74, 755-759, 2001年
  • Acute hepatic dysfunction induced by subchronic N,N-dimethylformamide exposure in the resin synthetic industry
    Nomiyama T, Uehara M, Miyauchi H, Imamiya S, Tanaka S, Seki Y
    Industrial Health, 39, 33-36, 2001年

書籍等出版物

  • 文化財の虫菌害防除と安全の知識 2016年
    野見山哲生,塚原照臣,津田洋子,新井浩朗,水木将, 共著, 殺虫・殺菌処理における健康障害
    公益財団法人 文化財虫菌害研究所, 71-76 2015年11月
  • 文化財の虫菌害防除と安全の知識 2014年
    野見山哲生、塚原照臣、津田洋子., 単著, 殺虫・殺菌処理における健康障害.
    公益財団法人 文化財虫菌害研究所, 69-74 2013年12月
  • 産業安全保健ハンドブック
    野見山哲生(分担執筆), 単著, カドミウム中毒
    労働科学研究所, 902-903 2013年05月
  • 産業保健マニュアル
    野見山哲生(分担執筆), 単著, バナジウム、ニッケルおよびニッケル化合物、ニッケルカルボニル、金属熱、その他の金属、有機溶剤、ベンゼン
    南山堂, 240-246 2013年04月
  • New予防医学・公衆衛生学
    野見山哲生(分担執筆), 単著, 労働負荷
    南江堂, 280-282 2012年05月
  • 文化財の虫菌害防除と安全の知識
    野見山哲生、塚原照臣、津田洋子, 共著, 文化財薫蒸における健康障害
    財団法人文化財虫害研究所, 101-105 2011年12月
  • 高久史麿、尾形悦郎、黒川清、矢崎義雄(監修), 新臨床内科学(第9版)
    野見山哲生、塚原照臣, 共著, カドミウム中毒
    医学書院,東京, pp 1553-1555 2009年
  • 管理栄養士全科のまとめ (編集)
    饗場直美,岡純,奥恒行,君羅満,田中越郎,徳江千代子,野見山哲生,吉池信男,渡邊昌(編集), 共著
    南山堂, 2007年07月
  • 吉川敏一,桜井 弘編:サブリメントデータブック第1版
    野見山哲生, 単著, 「カドミウム」、「水銀」
    オーム社,東京, 260-269 2005年

講演・口頭発表等

  • 長野県内保健所における保健医療分野の卒然実習・卒後研修の実施状況に関する調査研究
    長谷川航平、塚田昌大、白井祐二、塚原照臣、野見山哲生
    信州公衆衛生雑誌 14 1 42-43, 2019年08月, 信州公衆衛生学会, リポジトリ
  • 保護マスクの漏れ率に装着指導、発声等が与える影響に関する調査研究
    水木将、森下開、伊東黄、梅原舞、小林若菜、佐藤渉、辻野亮、藤田楓、堀谷勇介、米良健輝、塚原照臣、野見山哲生
    信州公衆衛生雑誌 13 1 58-59, 2018年08月, 信州公衆衛生学会, リポジトリ
  • 企業のがん対策における産業看護職の役割
    田中, 美保; 藤澤, 美和子; 青木, 智子; 犬飼, 富由子; 野見山, 哲生
    信州公衆衛生雑誌 10 1 20-21, 2015年08月, 信州公衆衛生学会, リポジトリ

担当経験のある科目_授業

  • 医学概論
    信州大学
  • ユニット講義(臨床決断・社会医学)
    信州大学
  • 実用医用統計学特論(博士課程)
    信州大学
  • 社会・環境人間健康学概論(修士課程)
    信州大学
  • 衛生学公衆衛生学
    信州大学
  • 衛生学公衆衛生学実習
    信州大学
  • 臨床腫瘍学
    信州大学
  • 生涯保健学研究法特論(博士課程)
    信州大学

所属学協会

  • 長野県農村医学会
  • 信州医学会
  • 日本労働衛生工学会
  • 日本農村医学会
  • 日本医学教育学会
  • 日本公衆衛生学会
  • 日本疫学会
  • 日本微量元素学会
  • International Commission of Occupational Health (ICOH)
  • Medichem (Occupational and Environmental Health in the Chemical Industry)
  • 日本衛生学会
  • 日本産業衛生学会
  • 日本毒性学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 毛髪及び血中重金属、微量金属と神経発達症との関連に関わる研究
    科学研究費補助金, 基盤研究(B)
    2019年 - 2023年
  • MOCA取扱作業者の曝露実態と発がんを含む健康影響解明のための疫学調査
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2019年 - 2021年
  • 微量金属と神経発達症との関連に関わる研究
    2019年
  • ワーク・ライフ・バランスの向上を通じた労働者・夫婦・親子の健康支援に関する研究
    科学研究費補助金, 基盤研究(A)
    2018年 - 2019年
  • 発達障害の原因,疫学に関する情報のデータベース構築のための研究
    科学研究費補助金, 障害者政策総合研究事業
    2018年 - 2019年
  • 発達障害に関する疫学調査
    2018年
  • オフセット印刷工程の生体影響評価のための疫学調査研究
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2014年 - 2016年
  • 小児喘息患者におけるゲノムDNAメチル化異常の実態調査
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2012年 - 2014年
  • 微小粒子状物質等大気汚染物質の健康影響(循環器、呼吸器疾患)に関する研究
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2012年 - 2014年
  • ビスフェノールAの健康影響評価のための疫学研究調査
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2011年 - 2013年
  • 微小粒子状物質等大気汚染物質の健康影響(循環器、呼吸器疾患)に関する研究
    2010年
  • ホルムアルデヒドの生体影響評価のための疫学調査研究
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2009年 - 2011年
  • 臭化メチル代替くん蒸剤フッ化スルフリルの生体影響解明の為の疫学調査研究
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2008年 - 2010年
  • 医療ネグレクトにおける医療・福祉・司法が連携した対応のあり方に関する研究
    2008年 - 2009年
  • 睡眠時無呼吸症候群簡易検査法開発と生活習慣病との因果関係解明の為の疫学研究
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2006年 - 2008年
  • 小児の健康リスク要因解明に関する研究
    2005年
  • くん蒸剤の代謝と健康影響に関する研究-プロピレンオキシドについて、分子疫学的アプローチによる-
    科学研究費補助金, 若手研究(B)
    2003年 - 2004年
  • 臨床疫学研究
    2003年
  • 化学物質の生体影響解明に係わる研究
    2002年

社会貢献活動

  • 労働衛生指導医(厚生労働省 長野労働局)
  • 長野県警メンタルヘルスアドバイザー(長野県警)

学術貢献活動

  • 企画立案・運営等
    第70回日本職業・災害医学会, オンライン、オンデマンド, 2022年11月05日 - 2022年11月06日
  • 企画立案・運営等
    第94回日本産業衛生学会, まつもと市民芸術館, 2021年05月18日 - 2021年05月21日
  • 企画立案・運営等
    第61回大気環境学会年会, 誌上開催(新型コロナウィルス感染症感染拡大のため), 2020年09月14日 - 2020年10月04日
  • 企画立案・運営等
    第30回日本微量元素学会学術集会, 信州大学医学部旭総合研究棟, 2019年07月06日 - 2019年07月07日
  • 企画立案・運営等
    第42回産業中毒・生物学的モニタリング研究会, 松本市中央公民館, 2014年10月25日 - 2014年10月26日