牧野 州明 (マキノ クニアキ)   

理学部 

特任教授 

学位

  • 理学博士

研究分野

  • 固体地球科学, 鉱物学

経歴

  • 1997年
    信州大学 理学部 講師
  • 1991年
    信州大学 理学部 助手
  • 1986年
    京都大学 理学部 研修員

学歴

  • 1986年, 京都大学, 理学研究科
  • 1978年, 京都大学, 理学部

論文

  • 和田峠黒曜岩と石器,地雑
    牧野州明・高橋康・中村由克・向井理史・法橋陽美・津金達郎
    地質学雑誌, 2015年, 査読有り
  • Degradation of Microcystin and Possible Phosphorus Removal Mechanism by Electrochemical Treatment
    Jeon Bong-seok, Han Jisun, Makino Kuniaki, and Park Ho-Dong
    Environmental Engineering Science, 31(9), 525-531, 2014年, 査読有り
  • CCD分光器を用いたアルカリ長石の蛍光スペクトル
    河野俊夫・中野聰志・牧野州明・鹿山雅裕・西戸裕嗣
    岩石鉱物科学, 40, 195-198, 2011年
  • Amazonitic feldspar from pegmatite in the Tanakami Granite pluton, southwest Japan
    Satoshi Nakano and Kuniaki Makino
    J. Min. Pet. Sci, Vol.105, 45-56, 2010年, 査読有り
  • Crystal chemistry of chromian pumpellyite from Osayama, Okayama Prefecture, Japan
    Maki Hamada, Masahide Akasaka, Shizue Seto, and Kuniaki Makino
    American Mineralogist, in press, 2010年, 査読有り
  • X-ray single-crystal and optical spectroscopic study of chromian pumpellyite from Sarani, Urals, Russia
    Mariko Nagashima, Masahide Akasaka, Ko Ikeda, Atsushi Kyono and Kuniaki Makino
    J. Min. Pet. Sci, in press, 2010年, 査読有りWebofScience
  • 浅間火山2004年9月噴出物の石基ガラスの含水量測定
    牧野州明・津金達郎・曽根原崇文・三宅康幸
    火山, 51巻(6), 151-159, 2006年, 査読有りWebofScience
  • 浅間火山2004年噴火噴出物の鉱物粒径分布とマグマの結晶化過程
    津金達郎・牧野州明・三宅康幸・高橋康
    火山, 51巻(2-3), 49-61, 2006年, 査読有りWebofScience
  • 赤外吸収スペクトルから鉱物の何が読み取れるか
    牧野 州明
    地球科学, 59巻, 111-116, 2005年, 査読有り
  • Successive zoning of Al and H in hydrothermal vein quartz
    Miyoshi N., Yamaguchi Y. and Makino K.
    American Mineralogist, Vol.90, 310-315, 2005年, 査読有り
  • 浅間火山2004年9月噴火の本質噴出物について
    三宅康幸・高橋康・津金達郎・牧野州明・角前壽一・西来邦章・福井喬士・信州大学浅間火山04年噴火調査グループ
    火山, 50巻(4), 333-346, 2005年, 査読有りWebofScience
  • Distribution of Fe3+ in a synthetic (Ca, Na)2(Mg, Fe3+)Si2O7-melilite: 57Fe Mossbauer and X-ray Rietveld studies
    Akasaka M., Nagashima M., Makino K. and Ohashi H.
    J. Min. Pet. Sci, Vol.100(1), 229-236, 2005年, 査読有りWebofScience
  • Ti-substitution mechanism in plutonic oxy-kaersutite from the Larvik alkaline complex, Oslo rift, Norway
    Sato H., Yamaguchi Y. and Makino K.
    Mineral. Mag., Vol.68, 687-697, 2004年, 査読有り
  • Magnesiosadanagaite, a new member of the amphibole group from Kasuga-mura, Gifu Prefecture, central Japan
    Banno Y., Miyawaki R., Matsubara S., Makino K., Bunno M., Yamada S. and Kamiya T.
    European Journal of Mineralogy, Vol.16, 177-183, 2004年, 査読有り
  • 57Fe Mossbauer and X-ray Rietveld studies of ferrian prehnite from Kouragahana, Shimane Peninsula, Japan.
    Akasaka M., Hashimoto H., Makino K., and Hino R.
    J. Min. Pet. Sci, Vol.98, 31-40, 2003年, 査読有り
  • 琵琶湖南部,後期白亜紀の野洲花崗岩の岩相変化
    細野高啓, 牧野州明
    地質学雑誌, 108巻, 2010/01/15 0:00:00, 2002年, 査読有り
  • Microtexture and water content of alkali feldspar by Fourier-transform infrared micrspectroscopy.
    Nakano, S., Makino, K. and Eriguchi, T.
    Mineralogical Magazine, Vol.65, 673-681, 2001年, 査読有り
  • 角閃石の塩素導入機構
    牧野州明
    岩石鉱物科学, 29巻, 45-51, 2000年, 査読有り
  • 沈降天秤法による粒度分析の改良と新しいプログラム.
    公文富士夫・牧野州明
    堆積学研究, 50巻, 27-31, 2000年, 査読有り
  • 赤外分光法による角閃石のOH含有量の定量
    牧野州明・三好直哉・山口佳昭
    地球科学, 51巻, 228-232, 1997年, 査読有り
  • Ti-rich hornblende in successively zoned amphibole from thermally metamor- phosed basaltic rock in the Shionomisaki igneous complex.
    Makino, K, T. Yanagida, T., and Yamaguchi, Y.
    Earth Science, Vol.51, 223-227, 1997年, 査読有り
  • Cl incorporation into successively zoned amphiboles from the Ramnes cauldron, Norway.
    Sato, H., Yamaguchi, Y., and Makino, K.
    American Mineralogist, Vol.82, 189-197, 1997年, 査読有り
  • 金峰山石神山溶岩,晶洞中のフッ素エデン閃石.
    牧野州明・冨田克敏・山口佳昭
    岩石鉱物鉱床学雑誌, 91巻, 419-423, 1996年, 査読有り
  • Effect of Chlorine on the crystal structure of a chlorine-rich hastingsite.
    Makino, K., Tomita, K., and Suwa, K.
    Mineralogical Magazine, Vol. 57, 297-305, 1993年, 査読有り
  • カルシウム角閃石の結晶化学-最近の進歩特にホルンブレンドについて
    冨田克敏・牧野州明
    鉱物雑, 22巻, 49-62, 1993年, 査読有り
  • Symmetry of actinolite in low grade metamorphic rock and its implication for the problem of the compositional gap between actinilite and hornblende.
    Shinjoe, H., Makino, K., Tomita K., and Banno, S.
    Mineralogical Journal, Vol. 16, 297-305, 1992年, 査読有り
  • 田上・信楽花崗岩中のアルカリ長石の三斜度
    西村貞浩・中野聡志・冨田克敏・牧野州明
    地質学雑誌, 96巻, 133-142, 1990年, 査読有り
  • Cation distribution in the octahedral sites of horn -blendes.
    Makino, K., and Tomita, K
    AmericanMineralogist, Vol.74, 1097-1105, 1989年, 査読有り
  • 剣山研究グループ) 四国中央部大歩危地域の三波川帯の層序と地質構造.
    加治敦次・牧野州明・森永宏・中山勇・小川棋文・高須晃
    地球科学, 38巻, 53-63, 1984年, 査読有り
  • 河内洋佑氏の<四国・別子地域の三波川帯の層序と構造-特に横臥褶曲の再検討-:討論>に対する回答.
    高須晃・牧野州明
    地球科学, 34巻, 240-244, 1980年, 査読有り
  • 四国・別子地域の三波川帯の層序と構造-特に横臥褶曲の再検討-.
    高須晃・牧野州明
    地球科学, 34巻, 16-26, 1980年, 査読有り

書籍等出版物

  • 「鉱物の科学」
    共著
    東海大出版, 20頁 1994年

講演・口頭発表等

  • 御嶽火山2014年9月噴出物中の粒子について
    牧野州明・三宅康幸・高橋康(信州大学)・御嶽山総合観測班地質チーム
    2015年09月12日, 地質学会
  • 御岳石室山荘付近の堆積物に含まれる粒子について
    牧野州明・三宅康幸・高橋康・御嶽山総合観測班地質チーム
    2014年御嶽山火山噴火に関する総合調査, 2015年03月07日

担当経験のある科目_授業

  • 鉱物岩石学実験
    信州大学
  • 鉱物学
    信州大学
  • 鉱物学実験
    信州大学

所属学協会

  • 日本鉱物学会
  • 日本岩石鉱物鉱床学会
  • 日本地質学会
  • 地学団体研究会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 角閃石、黒雲母の陰イオン(F,Cl,OH)と陽イオンのサイト分布と固溶関係や無水鉱物中(アルカリ長石、水晶、ざくろ石など)の水の存在状態についてFT-IR
  • アルカリ長石の組織