石塚 修 (イシヅカ オサム)   

医学部附属病院 泌尿器科 

名誉教授 特任教授 

学位

  • 医学博士, ルンド大学(スウェーデン)
  • 医学博士, 信州大学

研究キーワード

    神経泌尿器科学

研究分野

  • 泌尿器科学, 下部尿路再生医療
  • 泌尿器科学, 泌尿器科低侵襲手術
  • 泌尿器科学, 神経泌尿器科学

電話番号

    0263372661

経歴

  • 2023年
    信州大学医学部附属病院 特任教授
  • 2014年 - 2023年
    信州大学医学部 泌尿器科学教室 教授
  • 2012年 - 2014年
    信州大学医学部附属病院泌尿器科 診療教授
  • 2007年 - 2012年
    信州大学医学部 泌尿器科学教室 准教授
  • 2001年 - 2007年
    信州大学医学部 泌尿器科学教室 助教授
  • 1996年 - 2001年
    信州大学医学部附属病院 泌尿器科 講師
  • 1996年 - 1996年
    信州大学医学部附属病院 泌尿器科 助手
  • 1995年 - 1996年
    市立甲府病院泌尿器科 医長
  • 1992年 - 1995年
    信州大学医学部 泌尿器科学教室 助手
  • 1990年 - 1992年
    佐久総合病院泌尿器科 医師
  • 1988年 - 1990年
    信州大学医学部附属病院 泌尿器科 助手
  • 1987年 - 1988年
    篠ノ井総合病院 泌尿器科 医師
  • 1986年 - 1987年
    信州大学医学部附属病院 泌尿器科 助手
  • 1985年 - 1986年
    山梨県立中央病院 泌尿器科 研修医
  • 1984年 - 1985年
    信州大学医学部附属病院 泌尿器科 研修医

学歴

  • 1993年 - 1995年, ルンド大学 泌尿器科学教室(スウェーデン)
  • 1984年, 信州大学, 医学部

委員歴

  • 2022年 - 2022年
    大会長, 第87回日本泌尿器科学会東部総会
  • 2021年 - 2021年
    第33回日本超音波医学会関東甲信越地方会 大会長, 日本超音波医学会関東甲信越地方会
  • 2021年 - 2021年
    大会長, Pan-Pacific Continence Soceity Meeting 2021
  • 2021年 - 2021年
    第28回日本排尿機能学会 大会長, 日本排尿機能学会
  • 2020年 - 2023年
    常任幹事, 泌尿器漢方研究会
  • 2020年 - 2022年
    保険委員, 日本超音波医学会
  • 2018年 - 2019年
    委員, 科学研究費委員会専門委員 泌尿器科学
  • 2017年 - 2019年
    委員, 長野県医師会医療事故調査制度支援委員会
  • 2017年 - 2019年
    理事, 長野県医師会
  • 2017年 - 2018年
    運営委員長, 信州医学会
  • 2016年 - 2017年
    委員, 科学研究費委員会専門委員 泌尿器科学
  • 2016年 - 2022年
    菊地賞・伊藤賞(論文賞)審査委員, 日本超音波医学会
  • 2016年
    評議員, 老年泌尿器科学会
  • 2016年
    代議員, 日本泌尿器内視鏡学会
  • 2015年 - 2016年
    委員, 科学研究費委員会専門委員 泌尿器科学
  • 2015年
    理事, 長野県アイバンク・臓器移植推進協会
  • 2015年
    世話人, 泌尿器再建再生研究会
  • 2015年
    評議員, 日本尿路結石症学会
  • 2013年 - 2014年
    委員, 科学研究費委員会専門委員 泌尿器科学
  • 2012年 - 2013年
    委員, 科学研究費委員会専門委員 泌尿器科学
  • 2012年 - 2023年
    理事、代議員、排尿機能・神経因性膀胱部会長、専門医制度審議会委員, 日本泌尿器科学会
  • 2010年 - 2015年
    評議員, 長野県アイバンク・臓器移植推進協会
  • 2007年
    運営委員, 日本超音波医学会関東甲信越地方会
  • 2006年
    委員, 長野県健康づくり事業団 前立腺がん検診委員会
  • 2006年 - 2022年
    理事、評議員、専門医制度委員会 委員長、学術委員会 委員、国際委員会 委員, 日本排尿機能学会
  • 2006年
    評議員, 日本メンズヘルス医学会
  • 2004年 - 2017年
    委員, 長野県医師会がん検診検討委員会
  • 2001年
    評議員, 日本脊髄障害医学会

受賞

  • 2021年
    テルモ生命科学振興財団 助成金
  • 2021年
    中冨健康科学振興財団 助成金
  • 2020年
    LUTS Journal, LUTS Best Reviewer Award for 2019
  • 2017年
    日本泌尿器科学会, IJU Reviewers of the Year 2017
  • 2016年
    日本排尿機能学会, LUTS Best Reviewer Award for 2015-16
  • 2015年
    日本泌尿器科学会, IJU Reviewers of the Year 2015
  • 2014年
    日本排尿機能学会, 日本排尿機能学会賞(論文部門)
  • 2007年
    日本泌尿器科学会, 日本泌尿器科学会研究助成
  • 2007年
    日本漢方生薬製剤協会, 日本漢方生薬製剤協会研究助成
  • 2004年
    Pfizer, デトロールLA研究奨学金
  • 2002年
    信州医学振興会, 信州医学振興会研究費助成
  • 2001年
    Abott Laboratories, アボット研究所ED研究賞
  • 2000年
    日本泌尿器科学会信州地方会, 日本泌尿器科学会信州地方会賞
  • 1997年
    笹川医学医療研究財団, 高齢者の医学医療に関する研究助成

論文

  • Development of Bilayered Bone Marrow-derived Cell-Gelatin Grafts for Augmentation Cystoplasty and Reconstruction of Bladder Tissues in Rats
    Inoue, Yoshihiro; Imamura, Tetsuya; Ogawa, Noriyuki; Hara, Hiroaki; Matsumoto, Yuki; Ueno, Manabu; Minagawa, Tomonori; Ogawa, Teruyuki; Ishizuka, Osamu
    Shinshu Medical Journal, 71(3), 167-177, 2023年06月10日リポジトリ電子ジャーナル
  • 過活動膀胱
    斎藤徹一、石塚 修
    日本臨床, 80(6), 959-964, 2023年06月, 査読有り
  • Initial clinical results of fluid dynamic approach for lower urinary tract function using a high-speed video camera.
    Minagawa, T., Saito, T, Ueno, M., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    Int J Urol, 2022年12月, 査読有り電子ジャーナル
  • Cold stress-induced bladder overactivity in type 2 diabetic mellitus rats is mitigated by the combination of a M3-musucarinic antagonist and a β3-adrenergic agonist.
    Hara, H., Imamura, T., Suzuki, A., Ueno, M., Minagawa, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    Low Urin Tract Symptoms, 2022年12月電子ジャーナル
  • A Pilot Prospective Randomized Trial with Cancer Fatigue Scale and Juzentaihoto for Cancer-related Fatigue during Cisplatin-based Chemotherapy for Advanced Urothelial Carcinoma
    Domen Takahisa, Minagawa Tomonori, Hara Hiroaki, Suzuki Ataru, Ogawa Teruyuki, Ishizuka Osamu
    Shinshu Medical Journal, 70(5), 275-284, 2022年10月電子ジャーナル
  • The Combination of α1-adrenergic Receptor Antagonist and Phosphodiesterase 5 Inhibitor Mitigates Cold Stress-induced Detrusor Overactivity through Resiniferatoxin-Sensitive Nerves in Bladder Outlet Obstructed Rats
    Suzuki Ataru, Imamura Tetsuya, Hara Hiroyuki, Ueno Manabu, Minagawa Tomonori, Ogawa Teruyuki, Ishizuka Osamu
    Shinshu Medical Journal, 70(2), 81-90, 2022年04月電子ジャーナル
  • The combination of a1-adrenergic receptor antagonist and phosphodiesterase 5 inhibitor mitigated cold stress-induced detrusor overactivity through resiniferatoxin-sensitive nerves in bladder outlet obstructed rats.
    Suzuki, A., Imamura, T., Hara, H., Ueno, M., Minagawa, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    信州医学雑誌, 70(2), 81-90, 2022年04月, 査読有りリポジトリ電子ジャーナル
  • UDSで捉えるLUTS
    小川輝之、岸蔭貴裕、北原 梓、齋藤徹一、今村哲也、皆川倫範、石塚 修
    排尿障害プラクティス, 30(1), 4-12, 2022年
  • Successful management of testicular primitive neuroectodermal tumor with multiple bone metastases.
    Takasawa, T., Minagawa, T., Domen, T., Fusushima, T., Fujii, Y., Iwaya, M., Koizumi, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    Int J Urol Case Rep, 5(3), 1479-1482, 2022年
  • Autologous bilaered adipose-dereived mesenchymal cell-gelatin sheets reconstruct ureters in rabbits
    Ogawa, N., Imamura, T., Minagawa, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    Tissue Eng. Part A, 28(19-20), 855-866, 2022年, 査読有り
  • Influence of background characteristics in responders of regenerative therapy by periurethral injection of adipose-derived regenerative cells for male stress urinary incontinence
    Yamanishi, T., Ishizuka,O., Shimizu, S., Kobayashi, Y., Kinoshita, F., Yamamoto, T., Mizokami, A., Narimoto, K., Toriyama, K., Kamei,Y., Kuwatsuka,Y., Mizuno,M., Gotoh, M.
    Low Urine Tract Symptoms, 14(4), 273-280, 2022年, 査読有り
  • A pilot prospective randomized trial with cancer fatigue scale and Juzentaihoto for cancer-related fatigue during cisplatin-based chemotherapy for advanced urothelial carcinoma
    Domen, T., Minagawa, T., Hara, H., Suzuki, A., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    Shinshu Medical Journal, 70(5), 275-284, 2022年, 査読有りリポジトリ電子ジャーナル
  • Impact of low-dose tadalafil on adverse events after low-dose-rate brachytherapy for prostate cancer: A bi-center randomized open-label trial
    Minagawa, T., Oguchi, T., Saitou, T., Fukazawa, A., Hashida, I., Koiwai, K., Iijima, K., Kato, H., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    Int. J.Urol., 2021年02月07日, 査読有り
  • Functional and histologic imaging of urinary bladder wall after exposure to psychological stress and protamine sulfate.
    Saito T, Hitchens TK, Foley LM, Singh N, Mizoguchi S, Kurobe M, Gotoh D, Ogawa T, Minagawa T, Ishizuka O, Chermansky C, Kaufman J, Yoshimura N, Tyagi P.
    Sci Rep, 11(1), 2021年, 査読有り
  • Effect of oxybutynin patch versus mirabegron on nocturia-related quality of life in female overactive bladder patients: A multicenter randomized trial.
    Suzuki T, Minagawa T, Saito T, Nakagawa T, Suzuki T, Furuhata M, Hosaka K, Ogawa T, Ishizuka O.
    Int.J.Urol., 28(9), 944-949, 2021年, 査読有り
  • Time-dependent progression of neurogenic lower urinary tract dysfunction after spinal cord injury in the mouse model.
    Saito, T., Gotoh, D., Wada, N., Tyagi, P., Minagawa, T., Ogawa, T., Ishizuka, O., Yoshimura, N.
    Am J Physiol Renal Physiol, 321, F26-F32, 2021年, 査読有り, 招待無し
  • Pleural and pulmonary metastases from nonseminomatous germ cell tumors successfully managed by extrapleural pneumonectomy
    Matsuda, H., Minagawa, T., Agatsuma, H., Uehara, T., Utazu, H., Ogawa, T., Yoshida, K., Ishizuka, O.
    IJU case reports, 4(1), 2021年
  • Clinical Guidelines for Female Lower Urinary Tract Symptoms (second edition)
    Satoru Takahashi, Mineo Takei, Hirotaka Asakura, Momokazu Gotoh, Osamu Ishizuka, Kumiko Kato, Masayasu Koyama, Masami Takeyama, Hikaru Tomoe, Tomonori Yamanishi,Osamu Yokoyama, Masaki Yoshida, Yasukuni Yoshimura and Tsuyoshi Yoshizawa
    Int. J. Urol, 2021年電子ジャーナル
  • 長野県における泌尿器疾患の診療拠点としての信大病院
    石塚 修
    長野医報, 702, 25, 2020年12月01日
  • Recovery of cryo-injured rabbit urethra by biofabricated c-shaped adipose-derived mesenchymal cell structures
    Sudha, S.G., Imamura, T., Shimamura, M., Minagawa, T., Nakazawa, M., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    Shinshu Medical Journal, 68(6), 357-370, 2020年12月リポジトリ電子ジャーナル
  • 前立腺肥大症の薬物療法のクリニカル・パール
    石塚 修
    臨泌, 74(12), 933, 2020年10月
  • Regenerative treatment for male stress urinary incontinence by periurethral injection of adipose-derived regenerative cells: Outcome of the ADRESU study
    Gotoh, M., Shimizu, S., Yamamoto, T., Ishizuka, O., Yamanishi, T., Mizokami, A., Narimoto, K., Toriyama, K., Kamei, Y., Nakayama, S., Kuwatsuka, Y., Mizuno, M., Hirakawa, A.
    Int J Urol, 2020年07月30日, 査読有り電子ジャーナル
  • 尿閉 1)原因検索、生活習慣指導、薬物療法
    鈴木 中、石塚 修
    腎と透析, 89(1), 55, 2020年07月
  • Vorticity in lower urinary tract can be assessed and associates with urinary tract morphology in men
    Minagawa, T., Tezuka, M., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    Neurourol Urodyn, 39(1), 286, 2020年, 査読有り
  • Adequacy of decision-making based on each kidney function estimation method for Japanese living kidney donor candidates: a retrospective observational study
    Hashimoto, K., Harada, M., Yamada, Y., Sugano, M., Minagawa, T., Ogawa, T., Ishizuka, O., Kamijo, Y
    Renal Replacement Therapy, 2020年, 査読有り
  • Safety and efficacy of cabazitaxel in Japanese patients with castration-resistant prostate cancer.
    Yamamoto, T., Ishizuka, O., Oike, H., Shiozaki, M., Haba, T., Oguchi, T., Iijima, K., Kato, H.
    Prostate International, 8, 27, 2020年, 査読有り
  • Salvage radiotherapy versus hormone therapy for prostate-specific antigen failure after radical prostatectomy: A randomized, multicenter, open-label, phase 3 trial (JCOG401).
    Yokomizo, A., Wakabayashi,M., Satoh, T., Hashine, K., Inoue,T., Fujimoto,K., Egawa,S., Habuchi,T., Kawashima,K., Ishizuka,O., Shinohara,N., Sugimoto,M., Yoshino,Y., Nihei,K., Fukuda,H., Tobisu, K., Ke
    Eur Urol, 77(6), 689, 2020年, 査読有り電子ジャーナル
  • The therepeutic effect of Choreito, a traditional Japanese (Kampo) medicine in Japan, on overactive bladder induced by acetic acid in the rats.
    Ueno, M., Minagawa, T., Saito, T., Imamura, T., Nagai, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    LUTS, 2020年, 査読有り電子ジャーナル
  • 腎移植ドナー適応判定におけるクレアチニンクリアランスの妥当性について.腎と透析
    上條祐司、橋本幸始、川崎健治、菅野光俊ら
    腎と透析, 86(6), 67-71, 2019年
  • エンザルタミド導入後の全身倦怠感に対して補中益気湯を使用下去勢抵抗性前立腺癌3症例の検討
    皆川倫範、道面尚久、鈴木都史郎、上野 学ら
    日泌尿会誌, 110(2), 86-91, 2019年
  • Intraoperative detection of inferior vena caval tumor thrombus extending from metastatic lymph node of renal cell carcinoma using ultrasonography
    Minagawa, T., Fukui, D., Shingu, K., Ogawa,T., et al.
    J Med Ultrason, 11(2), 4-10, 2019年
  • Nicotine-induced hypoxia in rat urotherium deteriorates bladder storage funcitons.
    Nagai, T., Imamura, T., Ogawa, T., Minagawa,T., Domen,T., Suzuki, T., Ueno, M., Ishizuka, O.
    Neurourol Urodyn, 38(6), 1560, 2019年
  • Morphological and clinical evaluation of prostatic urethra using modified sonourethrography with retrograde jelly injection.
    Minagawa, T., Daimon, H., Ogawa, N., Saito, T., Suzuki, T., Domen, T., Nagai, T.,
    LUTS, 11(2), 4, 2019年
  • Fluid dynamic assessment of the lower urinary tract: Exploratory research to observe vorticity in the prostatic urethra after transurethral enucleation.
    Minagawa, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    Int J Urol, 26(8), 853, 2019年
  • Intestinal injury by heat conduction from surgical sealing devices.
    Suzuki, T., Hattori, R., Minagawa, T., Uehara, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    JSLS, 2019年電子ジャーナル
  • 原発性膀胱絨毛癌の1例
    道面 尚久、井上 貴浩、原 寛彰、永井 崇、石塚 修
    信州医学雑誌, 66(6), 451-455, 2018年12月10日電子ジャーナル
  • Pharmacological management of interstitial cystitis/bladder pain syndrome and the role cyclosporine and other immunomodulating drugs play.
    Ogawa, T., Ishizuka, O., Ueda, T., Tyagi, P, Chancellor, M.B., Yoshimura, N.
    Expert Rev Clin Pharmacol, 11(5), 495, 2018年, 査読有り
  • Surgical management of neurogenic bladder after spinal cord injury.
    Wyndaele, J.J., Birch, B., Boarau, A., Burks, F., Catrro-Diaz, D., Chartier-Kastler, E., Drake, M., Ishizuka, O., Minagawa, T., Opisso, E., Peters, K., Padilla-Fernandez, B., Reus, C., Sekido, N.
    World J Urol, 36(10), 1569, 2018年, 査読有り
  • FGF2 has distinct molecular functions from GDNF in the mouse germline niche
    Masaki, K., Sakai, M., Kuroki, S., Jo, JI, Hoshina, K., Fujimori, Y., Oka, K., Amano, T.,
    Stem Cell Reports, 10(6), 1782, 2018年, 査読有り
  • Biofabricated structures reconstruct functional urinary bladders in radiation -injured rat bladders
    Imamura, T., Shimamura, S., Ogawa, T., Minagawa, T., et al.
    Tissue Eng Part A, 24(21-22), 1574-1587, 2018年
  • 夜間頻尿に対する抗コリン薬の有用性についての検討―NEOXY Studyの結果もふまえてー
    鈴木都史郎、小川輝之、皆川倫範、石塚 修
    日排尿会誌, 29(2), 383, 2018年
  • Design of a single-arm clinical trial of regenerative therapy by periurethral injection of adipose-derived regenerative cells for male stress urinary incontinence in Japan: the ADRESU study protocol.
    Shimizu, S., Yamamoto, T., Nakayama, S., Hirakawa, A., Kuwatsuka, Y., Funahashi, Y., Matsuoka, Y., Takanari, K., Toriyama, K., Kamei, Y., Narimoto, K., Yamanishi, T., Ishizuka, O., Mizuno, M., Gotoh, M.
    2017年, 査読有り
  • Design of a single-arm clinical trial of regenerative therapy by periurethral injection of adipose-derived regenerative cells for male stress urinary incontinence in Japan: the ADRESU study protocol.
    Shimizu, S., Yamamoto, T., Nakayama, S., et al.
    BMC Urology, 17, 89, 2017年
  • Prevalence and treatment of LUTS in patients with Parkinson disease or multiple system atrophy.
    Ogawa, T., Sakakibara, R., Kuno,S., Ishizuka,O., Kitta,T., Yoshimura, N
    Nat. Rev. Urol., 14, 79-89, 2017年
  • Implantation of autologous bone marrow-derived cells improve erectile dysfunction in spontaneously hypertensive rats
    Ishikawa, M., Imamura, T., Nishizawa, O., Ishizuka,O.
    Shinshu Medical Journal, 65(1), 37-44, 2017年, 査読有り電子ジャーナル
  • 医窓通信 信州大学医学部泌尿器科学教室
    石塚 修、小川輝之
    新医療, 43(2), 76-7, 2016年
  • 人工知能と未来.鉄腕アトムと機動戦士ガンダム
    石塚修
    長野医報, 651, 2-4, 2016年
  • 下部尿路機能再生医療の現況.序文.
    石塚修
    泌尿器外科, 29(1), 1, 2016年
  • Postoperative Mycoplasma hominis infection after robot-assisted laparoscopic radical prostatectomy: a case report.
    Yokoyama, H., Domen, T., Hiragata, S., Ogawa, T., Matsumoto,T., Ishizuka, O.
    Asian J Endosc Surg, 9(2), 146-8, 2016年
  • Modified sonourethrography assists urethral catheterization.
    Minagawa, T., Suzuki, T., Domen, T., Yokoyama, H., Ishikawa, M., Hirakata,S., Nagai, T., Nakazawa, M., Ogawa,T., Ishizuka,O.
    J Med Ultrasonics, 43, 443-8, 2016年
  • Impact of ao-dake-humi, Japanese traditional bamboo foot stimulator, on lower urinary tract symptoms, constipation and hypersensitivity to cold: a single-arm prospective pilot study.
    Minagawa, T., Saitoh, T., Suzuki, T., Somen, T., Yokoyama, H., Ishikawa, M., Hirakata, S., Nagai, T., Nakazawa, M., Ishizuka,O.
    BMC Complementary and Alternative Medicine, 16, 513-20, 2016年
  • 冷えるとなぜトイレが近いのか?
    石塚修
    信州医誌, 64(1), 1-2, 2016年電子ジャーナル
  • Engineered Bone Marrow-Derived Cell Sheets Restore Structure and Function of Radiation-Injured Rat Urinary Bladders
    Imamura, Tetsuya; Ogawa, Teruyuki; Minagawa, Tomonori; Yokoyama, Hitoshi; Nakazawa, Masaki; Nishizawa, Osamu; Ishizuka, Osamu
    Tissue Eng. Part A, 21(9-10), 1600-1610, 2015年03月26日WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Status of urological Kampo-medicine: a narrative review and future vision.
    Minagawa, T., Ishizuka, O.
    Int J Urol, 22(3), 254, 2015年, 査読有り
  • Transient receptor channel superfamily: Role in lower urinary tract function.
    Ogawa, T., Imamura, T., Nakazawa, M., Hiragata, S., Nagai, T., Minagawa, T., Yokoyama, H., Ishikawa, M., Domen, T., Ishizuka, O.
    Int J Urol, 22(11), 994, 2015年, 査読有り
  • Current and emerging drugs for interstitial cystitis/bladder pain syndrome (IC/BPS)
    Ogawa, T., Ishizuka, O., Ueda, T., Tyagi, P., Chancellor, M.B., Yoshimura, N.
    Expert Opin. Emerging Drugs, 20(4), 1, 2015年, 査読有り
  • 高齢者の過活動膀胱に対するオキシブチニン塩酸塩経皮吸収型製剤の有効性および安全性 -2つのランダム化比較試験の併合データを用いたサブグループ解析
    吉田正貴、山口秋人、後藤百万、武田正之
    泌外, 28(7), 1229-1237, 2015年
  • 日本の読者の皆様へ.
    石塚修
    LUTS, 7(2), 1, 2015年
  • ハンドアシストの併用が有効であった腹腔鏡下腎摘除術の2例
    横山 仁, 石塚 修, 小川 輝之, 西澤 理
    信州医学雑誌, 62(5), 303-308, 2014年10月電子ジャーナル
  • モノポーラ電気メス以外の凝固切断装置で生体腎移植を行った人工内耳装着患者の1例
    小川 輝之, 石塚 修, 横山 仁, 上條 祐司, 樋口 誠, 西澤 理
    信州医学雑誌, 62(1), 45-49, 2014年02月電子ジャーナル
  • 前立腺全摘除術における閉鎖リンパ節転移陽性部位の検討
    横山 仁、加藤晴朗、井上博夫、小宮山斎ら
    日泌尿会誌, 105, 3-9, 2014年
  • 高齢者排尿障害の薬物治療
    横山 仁、石塚 修
    WOC Nursing, 2014年
  • 泌尿器科領域の診療ガイドラインにおける漢方薬の位置づけと示されるべきエビデンス ―半テーラーメイド医療への扉―
    皆川倫範、石塚 修
    漢方と最新治療, 2014年
  • 前立腺全摘除術における閉鎖リンパ節転移陽性部位の検討
    横山 仁、加藤晴朗、井上博夫、小宮山斎、米山威久、中沢 功、石塚 修、西沢 理
    日泌尿会誌, 2014年
  • Observation of the interureteric ridge and ureteral origice in a patient with a cystocole using color Doppler ultrasonography via the prolapsed bladder.
    Kurizaki, Y., Ishizuka, O., Imamura, T., Ichino, M., Nishizawa, O.
    J Med Ultrasonics, 2014年
  • Efficacy and safety of advanced renal cell carcinoma patients treated with sorefenib: roles of cytokine pretreatment.
    Suzuki,H., Suzuki,T., Ishizuka,O., Nishizawa, O., Ueno,M.
    2014年
  • Implantation of autologous adipose-derived cells reconstructs functional urethral sphincters in rabbit cryo-injured urethra.
    Sudha, G.S., Imamura, T., Ishizuka, O., Zhang, L., Yamagishi, T., Yokoyama, H., Minagawa, T., Ogawa, T., Kurizaki, Y., Kato, H., Nishizawa, O.
    Tissue Eng. Part A, 20(13-14), 1971-1979, 2014年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Cold stress induces lower urinary tract symptoms
    Imamura, T; Ishizuka, O; Nishizawa, O
    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 20(7), 661-669, 2013年07月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Nocturia Potentially Influences Maintenance of Sexual Function in Elderly Men with Benign Prostatic Hyperplasia.
    Ishizuka O, Matsuyama H, Sakai H, Matsubara A, Nagaoka A, Takahashi S, Takeda M, OzonoS, ShirokiR, Shuin T, Hara I, Kakizaki H, Tsukamoto T, Yamanishi T, Yokoyama O,
    LUTS, 5(2), 75–81, 2013年04月電子ジャーナル
  • 排尿日誌の基本的事項
    石塚 修,西澤 理
    日本排尿機能学会雑誌, 24, 300-3, 2013年
  • 冷えと頻尿.
    石塚修
    LUTSプライマリケア, 14, 14-5, 2013年
  • 信州大学医学部附属病院におけるロボット支援腹腔鏡下手術.
    石塚 修,西澤 理
    長野医報, 611, 23-5, 2013年
  • ロボット支援腹腔鏡下手術について
    石塚 修,西澤 理
    病院21C ハミング, 64, 5, 2013年
  • ロボット手術を経験して
    石塚 修
    松本医師会報, 542, 21-2, 2013年
  • Nocturia Potentially Influences Maintenance of Sexual Function in Elderly Men with Benign Prostatic Hyperplasia.
    Ishizuka O, Matsuyama H, Sakai H, Matsubara et al.
    LUTS, 5, 75-81, 2013年
  • Comparison of efficacy and safety of one- and three-month luteinizing hormone-releaseing hormone agonist depots as initial therapies for prostate cancer.
    Ishizuka O, Nishizawa O, Nishizawa S, Satoh T, et al.
    I J Clin Oncol, 18, 524-30, 2013年
  • Editorial commnet from Dr. Ishizuka to Effect of intrathecal administration of E-series prostaglandin (EP) 1 receptor antagonist in a cyclophosphamide-induced cystitis rat model.
    Ishizuka O
    Int J Urol, 20(2), 240, 2013年電子ジャーナル
  • 腹腔鏡下副腎摘除術202例の検討.
    石塚 修,横山 仁,小川輝之,西澤 理
    信州医誌, 61(4), 225-232, 2013年リポジトリ電子ジャーナル
  • Relationship between expression of ss 3-adrenoceptor mRNA in bladder mucosa and urodynamic findings in men with lower urinary tract symptoms
    Kurizaki, Y; Ishizuka, O; Imamura, T; Ishikawa, M; Ichino, M; Ogawa, T; Nishizawa, O; Andersson, KE
    NEUROUROLOGY AND URODYNAMICS, 32(1), 88-91, 2013年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Male lower urinary tract symptoms and α1D-adrenoceptors
    Ishizuka O, Imamura T, Kurizaki Y, Nishizawa O, Andersson KE
    Int J Urol, 20(1), 73-78, 2013年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • A galenical produced from Ba-Wei-Die-Huang-Wan (THC-002) provides resistance to the cold stress-induceddetrusor overactivity in conscious rats.
    Imamura T, Ishizuka O, Sudha GS, Lei Z, Hosoda T, Noguchi W, Yamagishi T,Yokoyama H, Kurizaki Y, Nishizawa O
    Neurourol Urodyn, Epub ahead of print, Epub ahead of print, 2012年12月31日
  • Editorial Comment from Dr Ishizuka to α1D/A-adrenoceptor antagonist naftopidil for the male lower urinary tract symptoms associated with benign prostatic hyperplasia: Efficacy of dose increase therapy
    Ishizuka O
    Int J Urol, 20(5), 520, 2012年10月19日
  • The Relationship between α1-AdrenergicReceptors and TRPM8 Channels in Detrusor Overactivity Induced by Cold Stress inOvariectomized Rats.
    Noguchi W, Ishizuka O, Imamura T, Kurizaki Y, Yamagishi T, Yokoyama H, Lei Z,Silwal SG, Nishizawa O, Andersson KE
    J.Urol., 189(5), 1975-1981, 2012年10月12日WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Functional roles of transientreceptor potential melastatin 8 (TRPM8) channels in the cold stress-induceddetrusor overactivity pathways in conscious rats.
    Lei Z, Ishizuka O, Imamura T, Noguchi W, Yamagishi T, Yokoyama H, Kurizaki Y, Sudha GS, Hosoda T, Nishizawa O, Andersson KE.
    Neurourol Urodyn, Epub ahead of print, Epub ahead of print, 2012年09月21日
  • Bonemarrow-derived cells implanted into radiation-injured urinary bladdersreconstruct functional bladder tissues in rats.
    Imamura T, Ishizuka O, Lei Z, Hida S, Sudha GS, Kato H, Nishizawa O
    Tissue Eng Part A, 18(15-16), 1698-709, 2012年08月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Relationship between expression of β3-adrenoceptor mRNA in bladder mucosa and urodynamic findings in men with lower urinary tract symptoms.
    Kurizaki Y, Ishizuka O, Imamura T, Ishikawa M, Ichino M, Ogawa T, Nishizawa O,Andersson KE
    Neurourol Urodyn, 32(1), 88-91, 2012年06月12日WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Correlation between bladder mucosal alpha-1D/alpha-1Aadrenoceptor mRNA ratio and lower urinary tract function in benign prostatic obstruction patients.
    Kurizaki Y, Ishizuka O, Imamura T, Ichino M, Ogawa T, Ishikawa M, Nishizawa O
    LUTS, Epub ahead of print, Epub ahead of print, 2012年06月05日
  • Comparison of efficacy and safety of 1-and 3-month luteinizing hormone-releasing hormone agonist depots as initial therapies for prostate cancer
    Ishizuka O, Nishizawa O, Nishizawa S, Satoh T, Wajiki M, Kiyokawa H, Inoue Y,
    Int J Clin Oncol, 18(3), 524-530, 2012年03月03日WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • 韓国のロボット手術について
    石塚 修
    泌尿器ケア, 17(5), 524-5, 2012年
  • 左側下大静脈を伴った右原発性アルドステロン症に対する腹腔鏡下右副腎摘除術の1例.
    横山 仁,齋藤徹一,小口智彦,井上博夫,石塚 修,西沢 理
    泌尿器外科, 25(4), 823-6, 2012年
  • 前立腺肥大症~薬剤をどう使い分けるか~.
    山岸貴裕,石塚 修,西沢 理
    Medicament News, 2103, 7-9, 2012年
  • 前立腺肥大症診療ガイドライン
    石塚 修
    調剤と情報, 18(8), 1157-63, 2012年
  • 前立腺肥大症の治療:その他の治療. 前立腺肥大症の診療最前線 ―薬物療法を中心に―
    石塚 修,西沢 理
    Modern Physician, 32(12), 1461-3, 2012年
  • 前立腺肥大症に対する薬物療法と外科治療の位置づけ
    石塚 修
    Medical ASAHI, 41(9), 37-9, 2012年
  • 前立腺肥大症 ―重要性が増している薬物療法 基本を守り,適切な治療の実践を.
    石塚 修
    Medical Tribune, 45(24), 25, 2012年
  • 冷えを科学する?
    石塚 修
    松本市医師会報, 527, 29-30, 2012年
  • 信州大学医学部附属病院におけるロボット支援手術
    石塚 修
    松医会報, 95, 34-7, 2012年
  • 【排尿障害】 排尿障害をきたす病態 神経疾患に随伴する排尿障害.
    横山 仁,石塚 修,西沢 理
    診断と治療, 100(8), 1335-9, 2012年
  • 【患者説明にそのまま使える! よくわかる泌尿器科検査の知識】 (第3章)排尿機能検査士が行う検査 外尿道括約筋筋電図.
    山岸貴裕,野口 渉,今村哲也,横山 仁,栗崎功己,石塚 修,西沢 理
    泌尿器ケア, 夏季増刊, 276-81, 2012年
  • 【BPHの診療ガイドライン】 BPHの薬物療法 薬物の選択と至適治療.
    石塚 修,山西友典,本間之夫
    排尿障害プラクティス, 20(4), 292-6, 2012年
  • 「前立腺肥大症診療ガイドライン」の薬物療法
    山西友典,石塚 修
    LUTSプライマリケア, 13(8), 10-2, 2012年
  • Videourodynamic examination and tension-free vaginal mesh/transobturatio tape surgery.
    Nishizawa O, Ichino M, Ishikawa M, Tanabe T, Suzuki H, Saito T, Imamura T, Ishizuka O
    LUTS, 4, 110-3, 2012年
  • The relationship between toe temperature and lower urinary tract symptoms.
    Inoue H, Ishizuka O, Imamura T, Yamagishi T, Noguchi W, Yokoyama H, Kurizaki Y,
    LUTS, 4(3), 144-9, 2012年
  • Editorial comment from Dr Ishizuka to periurethral injection ofautologous adipose-derived regenerative cells for the treatment of male stressurinary incontinence: report of three initial cases.
    Ishizuka O
    IntJ Urol, 19(7), 659, 2012年
  • Cold stress and urinary frequency.
    Ishizuka O, Imamura T, Nishizawa O
    LUTS, 4, 67-74, 2012年
  • Autologous bone marrow-derived cells regenerate urethral sphincters.
    Imamura T, Ishizuka O, Nishizawa O
    LUTS, 4, 87-94, 2012年
  • A novel Therrapeutic Aspect for Male LUTS associated with α1-blocker.
    Ishizuka O
    Naftopidil Symposium Highlight of 2nd APPS, Naftopidil Symposium Highlight of 2nd APPS,, Naftopidil Symposium Highlight of 2nd APPS,, 2012年
  • A galenical of traditional Chinese herbal mixture (THC-002) reduces expression of tachykinin peptides within urethras of spontaneously hypertensive rats.
    Ishikawa M, Imamura T, Ishizuka O, Kurizaki Y, Noguchi W, Zhang L, Nishizawa O
    Neurourol Urodyn, 31(1), 201-6, 2012年
  • Advantages of self-tailored mesh for vaginal prolapse
    Nishizawa O, Kato H, Ishizuka O
    Int J Urol, 19(6), 494-5, 2012年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Implantation of autologous bone-marrow-derived cells reconstructs functional urethral sphincters in rabbits.
    Imamura T, Ishizuka O, Kinebuchi Y, Kurizaki Y, Nakayama T, Ishikawa M, Nishizawa O
    Tissue Eng Part A, 17(7-8), 1069-1081, 2011年
  • Early efficacy of an alpha 1 adrenoceptor antagonist, naftopidil,againt lower urinary tract symptoms suggestive of benign prostatic hyperplasia.
    Ishizuka O, Nishizawa O, Takeda M, Nomura T, Kagawa S
    LUTS, 3, 79-85, 2011年
  • Analysis of the pressure-flow study in weak detrusor patients with benign prostatic hypertrophy.
    Tanabe T, Ishizuka O, Ichino M, Ogawa T, Imamura T, Kurizaki Y, Iijima K, Nishizawa O
    LUTS, 3, 109-112, 2011年
  • Large renal aneurysm successfully treated by percutaneous embolization using detachable steel coils
    Ishizuka, O; Takayama, F; Sone, S
    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 13(7), 993-994, 2006年WebofScience
  • Improvement of polyuria, bladder sensation and bladder capacity following renal transplantation
    Mizusawa, H; Ishizuka, O; Igawa, Y; Komiyama, M; Irie, K; Iwata, K; Nishizawa, O
    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 13(5), 616-618, 2006年WebofScience
  • Effects ofgoshajinkigan (Niu-Che-Sen-Qi-Wan) for resiniferatoxin-sensitive afferents on detrusor overactivity induced by acetic acid in conscious rats
    Zhang, XY; Ishizuka, O; Tanabe, T; Satoh, T; Nakayama, T; Imamura, T; Nishizawa, O
    AMERICAN JOURNAL OF CHINESE MEDICINE, 34(2), 285-293, 2006年WebofScience
  • Alveolar soft-part sarcoma of the retroperitoneum
    Ishikawa, M; Ishizuka, O; Nakayama, T; Kobayashi, S; Igawa, Y; Nishizawa, O; Sugimoto, K; Yamashita, T; Matsushita, T
    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 13(10), 1355-1357, 2006年WebofScience
  • 要介護高齢者の排泄ケア.―排尿障害の非薬物療法.切迫性,腹圧性の尿失禁には膀胱訓練は有効,認知症に伴う尿失禁には今後の検討が必要
    石塚 修
    GPnet, 52, 22-23, 2005年
  • 要介護高齢者の排泄ケア.―排尿障害の非薬物療法.介護施設入所者の失禁を減らすのにPrompted voidingは有効
    石塚 修
    GPnet, 52, 20-21, 2005年
  • 男性の尿失禁:その診断と治療
    西沢 理,石塚 修
    性差と医療, 2, 417-421, 2005年
  • 排尿障害に関する診療ガイドライン 尿失禁における排尿障害の診療ガイドライン
    西沢 理,井川靖彦,石塚 修,加藤晴朗,関  聡
    排尿障害プラクテイス, 13, 110-117, 2005年
  • 尿失禁における排尿障害の診療ガイドライン
    西沢 理,井川靖彦,石塚 修,加藤晴朗,関  聡
    排尿障害プラクティス, 13, 22-29, 2005年
  • 二分脊椎症乳児の尿路管理における早期video-urodynamic study(V-UDS)の有用性の検討
    市野みどり,井川靖彦,関  聡,永井 崇,石塚 修,西沢 理
    日本脊髄障害医学会雑誌, 18, 234-235, 2005年
  • 中高年女性の尿失禁とその対策.女性の排尿障害とその対策
    西沢 理,石塚 修,井上博夫,田辺智明
    産婦人科治療, 91, 385-391, 2005年
  • ラットにおける酢酸誘発膀胱過活動における牛車腎気丸の抑制作用の検討
    石塚 修,関  聡,井川靖彦,西澤 理
    日本脊髄障害医学会雑誌, 18, 168-169, 2005年
  • いま夜間頻尿を科学する.日常診療に役立つ夜間頻尿の診断・治療のアルゴリズム
    石塚 修,田辺智明,中山 剛,今村哲也,市野みどり,関  聡,井川靖彦,西沢 理
    Urology View, 3, 32-35, 2005年
  • Prostate-specific antigen, Gleason sum and clinical T stage for predicting the need for radionuclide bone scan for prostate cancer patients in Japan
    Ishizuka O, Tanabe T, Nakayama T, Kawakami M, Kinebuchi Y, Nishizawa O
    Int J Urol, 12(8), 728-732, 2005年WebofScience
  • Importance of transition zone prostate biopsies in patients with gray-zone PSA levels undergoing the ultrasound-guided systematicten-biopsy regimen for the first time
    Ishizuka O, Mimura Y, Oguchi T, Kawakami M, Nishizawa O
    Urol Int, 74(1), 23-26, 2005年WebofScience
  • Epstein-Barr virus-related primary central nervous system lymphoma after cadaveric renal transplantation improved by treatment with high-dose methotrexate followed by irradiation
    Higuchi M, Hata T, Furuya S, Hosaka S, Kamijo Y, Kiyosawa K, Ishizuka O, Nishizawa O, Hora K
    Nephrology, 10(3), 321-324, 2005年WebofScience
  • 過活動膀胱の発生におけるmechano-afferent transduction理論(2) -タキキニン受容体とプロスタグランディン-
    石塚 修,井川靖彦,関 聡,市野みどり,田辺智明,中山 剛,西澤 理
    排尿障害プラクティス, 12, 276-283, 2004年
  • 蓄尿と排尿のメカニズム
    西澤 理,井川靖彦,石塚 修,加藤晴朗,関 聡
    産婦人科の実際, 53, 641-647, 2004年
  • 肺転移巣切除術を併用した化学療法にて完金寛解となった難治性進行性精巣絨毛癌の1例
    石塚 修,佐藤智哉,水野秀紀,水沢弘哉,関 聡,西澤 理
    癌と化学療法, 31, 263-265, 2004年
  • 塩酸テラゾシンの排尿障害および血圧に及ぼす影響
    石塚 修,柏原 剛,西澤 理,井川靖彦,佐藤智哉,市野みどり,小林晋也,加藤晴朗,川上雅子,井上博夫,紺谷和彦
    泌尿器外科, 17, 223-229, 2004年
  • Successful pharmacotherapy for an adult case with prolonged symptoms of postganglionic cholinergic dysautonomia
    Yamamoto K, Kato N, Oide T, Ishizuka O, Ikeda S
    Eur Neurol, 51(4), 244-246, 2004年WebofScience
  • Resection of local recurrence of renal cell carcinoma in a hemodialysis patient 6 years after radical nephrectomy
    Irie K, Ishizuka O, Yokoyama H, Kinebuchi Y, Satoh T, Nishizawa O
    Int J Urol, 11(7), 550-552, 2004年WebofScience
  • A retroperitoneal bronchogenic cyst: Laparoscopic treatment
    Ishizuka O, Misawa K, Nakazawa M, Nishizawa O
    Urol Int, 72(3), 269-270, 2004年WebofScience
  • 過活動膀胱:神経伝達物質研究の最前線
    石塚 修
    Urology View, 1, 20-26, 2003年
  • 過活動膀胱の概念
    西沢 理,井川靖彦,石塚 修,加藤晴朗,関 聡
    泌尿器外科, 16, 1039-1042, 2003年
  • 過活動膀胱の定義
    西沢 理,井川靖彦,石塚 修,加藤晴朗,関 聡
    臨床泌尿器科, 57, 951-954, 2003年
  • 蔓延するSTDの現況と治療的戦略 尿路感染症
    石塚 修,西沢 理
    産婦人科の実際, 52, 2149-2153, 2003年
  • 腎部分切除術におけるmicrowave surgeryの諸問題 ―開放手術と腹腔鏡下手術での比較検討―
    石塚 修,三沢一道,井上博夫,佐藤智哉,井川靖彦,西沢 理
    Journal of Microwave Surgery, 21, 103-106, 2003年
  • 特集高齢者の前立腺疾患.Topios前立腺疾患と過活動膀胱
    石塚 修
    GeriatricMedicine, 41, 1149-1153, 2003年
  • 特集頻尿・尿失禁の病態に応じた診断と治療の実際.過活動型膀胱
    石塚 修
    Progress in Medicine, 23, 2087-2090, 2003年
  • 排尿障害の診療指針
    西沢 理,井川靖彦,石塚 修,加藤晴朗,杵渕芳明,中沢昌樹
    腎臓, 26, 82-86, 2003年
  • 排尿障害の最新治療―外科療法
    杵渕芳明,井川靖彦,石塚 修,加藤晴朗,西沢 理
    臨床と研究, 80, 1473-1478, 2003年
  • 当科における経直腸的超音波ガイド下系統的前立腺生検結果の検討
    石塚 修,酒井宏昌,飯島和芳,石川雅邦,西沢 理
    腎泌予防医雑誌, 11, 81-82, 2003年
  • 尿失禁のガイドラインについて
    西沢 理,井川靖彦,石塚 修,関 聡
    Urology View, 1, 62-71, 2003年
  • カプサイシン・レジニレフェラトキシン,ボツリヌス毒素による治療からみた下部尿路生理機能の再検討
    石塚 修,井川靖彦,佐藤智哉,水沢弘哉,西沢 理
    日本脊髄障害医学会雑誌, 16, 20-21, 2003年
  • Workshop8: Future research needs for the definition/diagnosis of interstitial cystitis
    Bade, J; Ishizuka, O; Yoshida, M
    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 10, S31-S34, 2003年WebofScience
  • The role of capsaicin-sensitive afferents in autonomic dysreflexia in patients with spinal cord injury
    Igawa, Y; Satoh, T; Mizusawa, H; Seki, S; Kato, H; Ishizuka, O; Nishizawa, O
    BJU INTERNATIONAL, 91(7), 637-641, 2003年WebofScience
  • Effects of resiniferatoxin desensitization of capsaicin-sensitive afferents on detrusor over-activity induced by intravesical capsaicin, acetic acid or ATP in conscious rats
    Zhang,XY; Igawa, Y; Ishizuka, O; Nishizawa, O; Andersson, KE
    NAUNYN-SCHMIEDEBERGS ARCHIVES OF PHARMACOLOGY, 367(5), 473-479, 2003年WebofScience
  • 高齢者尿失禁の診断と治療
    横山 修,石塚 修,中田真木,西沢 理
    Geriat.Med, 40, 937-952, 2002年
  • 高齢者の排尿のメカニズム
    石塚 修,西沢 理
    Geriatric Medicine, 40, 889-891, 2002年
  • 長野県における前立腺検診の検討
    石塚 修,佐藤智哉,小林晋也,西澤 理,中村 明,金沢恵美子
    日本腎泌尿器疾患予防医学研究会誌, 10, 14-15, 2002年
  • 排尿のメカニズム
    石塚 修,西沢 理
    Urological Nursing, 7, 530-533, 2002年
  • 尿閉・排尿困難を起こしうる呼吸器疾患治療薬
    石塚 修,西沢 理
    臨床と薬物治療, 21, 228-231, 2002年
  • 女性尿失禁の治療
    石塚 修,西沢 理
    産婦人科治療, 84, 98-102, 2002年
  • 前立腺肥大症の症状(前立腺肥大症なの?老化なの?)
    石塚 修,西沢 理
    Urological Nursing, 7, 1150-1154, 2002年
  • Voiding and incontinence frequencies: variability of diary data and required diary length
    Homma Y, Ando T, Yoshida M, Kageyama S, Takei M, Kimoto K, Ishizuka O, Gotoh M, Hashimoto T
    Neurourol Urodyn, 21, 204-209, 2002年
  • EBMに基づく前立腺肥大症の薬物療法
    石塚 修,西沢 理,平尾佳彦,大島伸一
    泌尿器外科, 15, 1013-1018, 2002年
  • Roles of dopaminergic receptors in bladder and erectile function at the spinal level.
    Ishizuka O, Mizusawa H, Nishizawa O
    Asian J Androl, 4(4), 287-290, 2002年WebofScience
  • Role of supraspinal serotonin receptors for micturition in normal conscious rats.
    Ishizuka O, Gu B-J, IgawaY, Nishizawa O, Pehrson R, Andersson KE
    Neurourol Urodyn, 21(3), 225-230, 2002年WebofScience
  • Role of supraspinal alpha 1-adrenoceptors for voiding in conscious rats with and without bladder outlet obstruction
    Gu B-J, Ishizuka O Igawa Y, Nishizawa O, Andersson KE
    J.Urol., 167(4), 1887-1891, 2002年WebofScience
  • Importance of transition zone biopsies in patients undergoing ultrasound-guided prostate systemic biopsies for the first time.
    Ishizuka O, IijimaK, Ishikawa M, Hirakata S, Nagai T, Ueki T, Nishizawa O
    Urol Int, 69(2), 102-105, 2002年WebofScience
  • Functional role of central muscarinic receptors for micturition in normal conscious rats
    Ishizuka,O., Gu, B.-J., Young, Z.-X, Nishizawa, O., Andersson, K.-E.
    J.Urol., 168(5), 2258-2262, 2002年WebofScience
  • Evidence-based meta-analysis of pharmacotherapy for benign prostatic hypertrophy.
    Ishizuka O, Nishizawa O, Hirao Y, Ohshima S
    Int J Urol, 9(11), 607-612, 2002年WebofScience
  • Effects of NAD-299, a new, highly selective 5-HT1A receptor antagonist, on bladder function in rats.
    Pehrson R, Ojteg G, Ishizuka O, Andersson KE
    Naunyn-Schmiedebergユs Arch Pharmacol, 366(6), 528-536, 2002年WebofScience
  • Effect of apomorphine on intracavernous pressure and blood pressure in conscious, spinalized rats.
    Ishizuka, O., Gu, B.-J., Nishizawa, O., Mizusawa, H., Andersson, K.-E.
    Int.J.Imp.Res., 14(2), 128-132, 2002年WebofScience
  • Animal models for studying penile hemodynamics
    Mizusawa H, Ishizuka O, Nishizawa O
    Asian J Androl, 4(3), 225-228, 2002年WebofScience
  • Role ofdopamine D1 and D2 receptors in the micturition reflex in conscious rats
    Seki, S; Igawa, Y; Kaidoh, K; Ishizuka, O; Nishizawa, O; Andersson, KE
    NEUROUROLOGY AND URODYNAMICS, 20(1), 105-113, 2001年WebofScience
  • Role of supraspinal tachykinins for volume- and L-dopa-induced bladder activity in normal conscious rats
    Ishizuka, O. et al.
    Neurourol.Urodyn., 19(1), 101-109, 2000年WebofScience
  • Role of supraspinal tachykinins for micturition in conscious rats with and without bladderoutlet obstruction
    Gu, BJ; Ishizuka, O; Igawa, Y; Nishizawa, O; Andersson, KE
    NAUNYN-SCHMIEDEBERGS ARCHIVES OF PHARMACOLOGY, 361(5), 543-548, 2000年WebofScience
  • Effects of intravesical capsaicin and resiniferatoxin on distension-induced bladder contraction in conscious rats with and without chronic spinal cord injury
    Komiyama, I; Igawa, Y; Ishizuka, O; Nishizawa, O; Andersson, KE
    J.Urol., 161(1), 314-319, 1999年WebofScience電子ジャーナル
  • Stimulation of bladder activity byvolume, l-dopa and capsaicin in normal conscious rats - effects of spinal a1-adrenoceptors blockade.
    Ishizuka O et al.
    Naunyn-Schmiedeberg's Arch. Pharmacol.,, 355, 787-793, 1997年
  • Effects of spinal a1 adrenoceptors blockade on bladder activity induced by apomorphine in conscious rats with and without outlet obstruction.
    Ishizuka O. et al.
    Neurourol.Urodyn, 16, 191-200, 1997年
  • Micturition in conscious rats with and without outlet obstruction: role of spinal α1 adrenoceptors.
    Ishizuka O. et al.
    Br J Pharmacol, 117, 962, 1996年
  • Tachykinin effects on bladderactivity in conscious, normal rats.
    Ishizuka,O., Mattiasson, A. and Andersson, K.-E.
    J.Urol., 154, 257-261, 1995年
  • Facilitatory effect of pituitary adenylate cyclase activating polypeptide on micturition on normal, conscious rats.
    Ishizuka O. et al.
    Neuroscience, 66, 1009, 1995年
  • Capsaicin-induced bladderhyperactivity in normal conscious rats.
    Ishizuka,O., Igawa,Y., Mattiasson, A. and Andersson, K.-E.
    J.Urol., 152, 525-530, 1994年
  • Role of intrathecal tachykinins for micturition in unanaesthetized rats with and without bladder outlet obstruction.
    Ishizuka O et al.
    Br J Pharmacol, 113(1), 111-116, 1994年WebofScience

書籍等出版物

  • 信州大学医学部附属病院編著, よりよい医療を届けたい― 信大病院の最新治療
    石塚 修, 腹腔鏡手術がさらに進化 ロボット支援下による前立腺がん・腎がん手術. 第3部 さらなる高みを目指して―高度設備と最新の技術.
    バリューメディカル, 106-107 2021年
  • 尿失禁. ガイドライン外来診療2019
    上野 学、石塚 修, 共著
    日経メデイカル開発, 365 2019年
  • 前立腺肥大症. 日常診療に活かす診療ガイドライン UP-TO-DATE 2018-2019
    永井 崇、石塚 修, 共著
    メデイカルレビュー社, 2018年
  • 尿失禁. ガイドライン外来診療2018
    上野 学、石塚 修, 共著
    日経メデイカル開発, 2018年
  • 疾患と治療.ちびナス 泌尿器
    石塚 修
    メデイカ出版, 2018年
  • A Joint SIU-ICUD International consultation
    Wyndaele, J.J., Birch, B., Burks, F., Catrro-Diaz, D., Chartier-Kastler, E., Drake, M., Ishizuka, O., Minagawa, T., Opisso, E., Padilla-Fernandez, B., Peters, K., Reus, C., Sekido, N., 共著, Surgical management of neurogenic bladder after spinal cord injury
    209 2017年
  • 日常診療に活かす診療ガイドライン UP-TO-DATE..(門脇 孝、小室一成、宮地良樹 編)
    永井 崇、石塚 修, 前立腺肥大症. 
    メデイカルレビュー社, 817-21 2016年
  • 下部尿路機能ポケットマニュアル2013,西澤 理(監修)
    石塚 修,井川靖彦
    メディカルレビュー社, 2013年
  • 山浦 晶編:脳神経外科学大系 11
    西沢 理,井川靖彦,石塚 修, 神経因性膀胱 脊椎・脊髄疾患 末梢神経・自律神経疾患
    中山書店,東京, pp 194-200 2005年
  • 泌尿器科領域の治療標準化に関する研究班編:EBMに基づく尿失禁診療ガイドライン
    石塚 修, 女性尿失禁診療ガイドライン
    じほう,東京, pp 57-78 2004年
  • 福井準之助,永田一郎編:女性の泌尿器障害と骨盤底再建
    石塚 修, III各論 A.失禁 1.尿失禁 D.治療 2.手術的療法 a.術前準備
    南山堂,東京, pp 170-174 2004年
  • 福井準之助,永田一郎編:女性の泌尿器障害と骨盤底再建
    石塚 修,井川靖彦,西澤 理, III各論 A.失禁 1.尿失禁 D.治療 2.手術的療法 f.膀胱拡大術
    南山堂,東京, pp 236-239 2004年
  • 福井準之助編:プライマリケアのための高齢者尿失禁のマネジメント
    石塚 修,西澤 理, 尿失禁をおこすメカニズムと分類法について
    医薬ジャーナル社,大阪, pp 18-21 2004年
  • 福井準之助編:プライマリケアのための高齢者尿失禁のマネジメント
    石塚 修,西澤 理, 高齢者尿失禁の診断法の基本
    医薬ジャーナル社,大阪, pp 31-36 2004年
  • レジデントのための下部尿路機能ポケットマニュアル
    井川靖彦,石塚 修,(監修:西澤 理)
    2004年
  • 森田孝子編:周手術期看護
    石塚 修,百瀬悦子,矢野友美,近藤 東,樋口 誠, 臓器移植を受ける患者の看護-腎移植
    学習研究社,東京, pp 384-390 2003年
  • 石河 修,平尾佳彦編:尿失禁治療のストラテジー ~ホームドクターからエキスパートまで~
    石塚 修, 泌尿器科医の治療
    先端医学社,東京, pp 199-200 2003年
  • 石河 修,平尾佳彦編:尿失禁治療のストラテジー:ホームドクターからエキスパートまで~
    石塚 修,西沢 理, エビデンスにもとづく薬物療法
    先端医学社,東京, pp 141-145 2003年
  • 編:医薬ジャーナル 39巻増刊号 別刷
    石塚 修,西沢 理, 最近の新薬を治療にどう活かすか 排尿障害治療薬
    医薬ジャーナル社,大阪, pp 349-353 2003年
  • 編:周術期看護
    石塚 修, 臓器移植を受ける患者の看護
    医師薬出版, pp 384-386 2003年
  • 編:臨床泌尿器科 第57巻 第4号(増刊号)別刷
    石塚 修,西沢 理, ウロダイナミック検査 ―治療効果の予測―
    医学書院,東京, pp 62-66 2003年
  • 排尿動態検査装置,尿失禁治療用機器.医療機器事典 改訂 第7版
    石塚 修,西沢 理
    産業調査会 事典出版センター, 2002年

講演・口頭発表等

  • 「おしっこが近い」と相談されたらどうしますか? -排尿障害の診断と治療について- 最近の排尿障害治療について.
    石塚 修
    日医障害教育講座学術講演会, 2021年09月14日
  • Neurourology and Tissue Engineering: Past and Future in Shinshu, 会長発言.
    石塚 修
    第28回日本排尿機能学会, 2021年09月09日
  • 最近の排尿障害治療について.
    石塚 修
    第911回松本市医師会生涯教育講座 第7回 Web Lecture, 2021年05月27日
  • Implantation of biofabricated autologous adipose derived cell C-type structures regenerate cryo-injured urethra.
    Gautam Silwal S, Imamura, T., Shimamura, M., Minagawa, T., Manabu, U., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    The 51th Annual Meeting of the International Continence Society, 2019年09月06日
  • Observation of vorticity in evacuated urine stream from male urethra using high-speed video-camera.
    Minagawa, T., Tezuka, M., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    The 51th Annual Meeting of the International Continence Society., 2019年09月06日
  • Psychological stress induced by water avoidance stress increases urothelial permeability and bladder pain sensation in rats.
    Saito, T., Tyagi, P., Hitchens, T., Shimizu, T., Mizoguchi, S., Kurobe, M., Gotoh, D., Shimizu, N., Ishizuka, O., Yoshimura, N.
    The 51th Annual Meeting of the International Continence Society, 2019年09月05日
  • Ivermectin-induced activation of mutant glycine receptors delivered to A-fiber bladder afferents by herpes simplex virus vectors driven by a subpopulation-specific neurofilament promoter improves det
    Saito, T., Shimizu, N., Goins, W., Suzuki, T., Shimizu, T., Wada, N., Ishizuka, O., Glorioso, J., Yoshimura, N.
    The 51th Annual Meeting of the International Continence Society, 2019年09月05日
  • Efficacy of ao-dake-humi, Japanese traditional bamboo foot stimulator, on lower urinary tract symptoms, constipation, and hypersensitivity to cold: a multi center cross-over trial.
    Minagawa, T., Inoue, Y., Hara, H., Kitahara, A., Suzuki, A., Suzuki, T., Ueno, M., Domen, T., Nagai, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    The 51th Annual Meeting of the International Continence Society, 2019年09月03日
  • Bladder outlet obstruction significantly correlates with detrusor overactivity in patients with benign prostatic hyperplasia.
    Ogawa, T., Kitahara, A., Imamura, T., Ueno, M., Suzuki, T., Domen, T., Minagawa, T., Ishizuka, O.
    The 51th Annual Meeting of the International Continence Society, 2019年09月03日
  • Impact of low dose tadalafil, phosphodiesterase-5 inhibitor, on adverse events after low dose rate brachytherapy for prostate cancer – a multi center randomized open label trial -.
    Oguchi, T., Minagawa, T., Saitoh, T., Fukazawa, A., Hashida, I., Koiwai, K., Iijima, K., Kato, H., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    The 51th Annual Meeting of the International Continence Society., 2019年09月03日
  • Combined treatment with beta-3 adrenergic receptor agonist and muscarinic receptor antagonist inhibits detrusor overactivity induced by cold stress in diabetic disease rats.
    Hara, H., Imamura, T., Ueno, M., Suzuki, A., Nagai, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    The 14th Pan-pacific continence society annual meeting, 2019年07月13日
  • Biofabricated autologous adipose derived C-type cell structure regenerates cryo-injured urethra in rabbits.
    Sudha, G.S., Imamura, T., Minagawa, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    The 14th Pan-pacific continence society annual meeting, 2019年07月13日
  • Combination of alpha 1 blocker and PDE5 inhibitor mediates detrusor overactivity induced by cold stress in rats with bladder outlet obstruction.
    Suzuki, A., Imamura, T., Ueno, M., Nagai, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    The 14th Pan-pacific continence society annual meeting, 2019年07月13日
  • Biofabricated bone marrow-derived cell structures recover radiation-injured bladders in rats.
    mamura, T., Ogawa, T., Nagai, T., Ueno, M., Minagawa, T., Sudha, SG., Nishizawa, O., Ishizuka, O.
    The 13th Pan-pacific continence society annual meeting, 2018年10月18日
  • Effects of tadalafil on improving hypoxic environment of urothelium and on restoring bladder storage function in the nicotine-treated rat.
    Nagai, T., Imamura, T., Ueno, M., Suzuki, T., Domen, T., Minagawa, T., Ogawa, T., Nishizawa, O., Ishizuka, O.
    The 13th Pan-pacific continence society annual meeting., 2018年10月18日
  • Nocturia QOL evaluation in OAB patients treated with oxybutynin and mirabegron study: NEOXY study.
    Suzuki, T., Saitoh, T., Furuhata, M., Nakagawa, T., Daimon, H., Hosaka, K., Minagawa, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    The 13th Pan-pacific continence society annual meeting, 2018年10月18日
  • Biofabricated autologous adipose derived cell structures reconstruct cryo-injured urethra in rabbits.
    Gautam Silwal S, Imamura, T., Shimamura, M., Minagawa, T., Takashi, N., Manabu, U., Nakazawa, M., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    The 50th Annual Meeting of the International Continence Society, 2018年08月31日
  • Decrease of estrogen influences vessel damage and increase skin temperature receptor channesl which will provoke cold stress related frequency.
    Saito, T., Imamura, T., Nagai, T., Minagawa, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    The 50th Annual Meeting of the International Continence Society, 2018年08月31日
  • Fluid dynamical assessment of lower urinary tract: Exploratory research to observe vorticity in male lower urinary tract using color dopper ultrasonography.
    Minagawa, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    The 50th Annual Meeting of the International Continence Society, 2018年08月30日
  • Exploratory research to observe vorticity in male lower urinary tract using color dopper ultrasonography.
    Minagawa, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    The 50th Annual Meeting of the International Continence Society., 2018年08月30日
  • Results of treatment with abrateron acetate in Japanese castration resistant prostate cancer patients: Deterimining a prognostic factor of long term response
    Ogawa, N., Saito, T., Kitahara, R., Hagimito, T., Utazu, H., Takeda, Y., Ueno, M., Suzuki, T., Domen, T., Nagai, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    7th congress of the Societe Internationale d’Urologie, 2017年10月22日
  • Long term adherence to combination of mirabegron and antimuscarinic drug on overactive bladder symptoms.
    Ogawa, T., Ogawa, N., Saito, T., Nagai, T., Yokoyama, H., Imamura, T., Minagawa, T., Ishizuka, O.
    2017年10月22日
  • Fluid dynamical assessment of lower urinary tract: exploratory research to observe voricity in prostatic urethra after transurethral enuclation using color dopper ultrasonography.
    Minagawa, T., Ogawa, N., Daimon, H., Saito, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    The 49th Annual Meeting of the International Continence Society., 2017年09月15日
  • Correlation between prostatic volume change and lower urinary tract symptoms after low-dose rate brachytherapy for prostate cancer.
    Daimon, H., Minagawa, T., Matsutaka, J., Ogawa, N., Saito, T., Suzuki, T., Domen, N., Ishikawa, M., Hiragata, S., Nagai, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    The 49th Annual Meeting of the International Continence Society., 2017年09月14日
  • A prospective randomized trial to evaluate the prophylactic use of tadalafil versus tamsulosin for lower urinary tract symptoms and erectile dysfunction after low-dose-rate brachytherapy for prostate
    Minagawa, T., Oguchi, T., Daimon, H., Koiwai, K., Kato, H., Hashida, I., Ogawa, T., Kadoya, M., Ishizuka, O.
    The 49th Annual Meeting of the International Continence Society., 2017年09月13日
  • The effect and mechanism of change in neuroreceptors in the bladder and skin with ovarectomised rats.
    Saito, T., Imamura, T., Nagai, T., Gautam Silwal, S., Minagawa, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    The 49th Annual Meeting of the International Continence Society., 2017年09月13日
  • The hypoxic environment decreased both aquaporin 3 and uroplakin 3 expressions and bladder storage functions in spontaneous hypertensive rats.
    Nagai, T., Imamura, T., Saito, T., Ogawa T., Minagawa, T., Domen, T., Suzuki, T., Ogawa, N., Ishizuka, O.
    The 49th Annual Meeting of the International Continence Society., 2017年09月13日
  • The impact of Dai-ken-chu-tou on cold-stress induced detrusor overactivity and neurological receptors in the bladder.
    Saito, T., Minagawa, T., Imamura, T., Gautam Silwal S, Nagai, T., Ogawa, T., Ishizuka, O.
    The 49th Annual Meeting of the International Continence Society, 2017年09月13日
  • 冷えと夜間頻尿とオキシブチニン貼付剤の有用性.蓄尿障害、病態と治療の最前線.
    石塚修
    第23回日本排尿機能学会, 2016年12月07日
  • 前立腺癌におけるPSA検診の重要性と最近の治療戦略.
    石塚修
    第57回日本人間ドック学会ランチョンセミナー, 2016年07月29日
  • 女性OAB薬物治療の長期アウトカム.
    小川輝之、皆川倫範、石塚修
    第104回日本泌尿器科学会総会, 2016年04月24日
  • LUTS治療の新展開.
    石塚修
    第200回宮崎県泌尿器科医会学術講演会, 2016年01月28日
  • 女性OABの診断と治療
    石塚修
    第30回日本女性医学学会学術集会 モーニングセミナー2, 2015年11月08日
  • トランスレーショナルリサーチにより解き明かされてきたα1Dアドレナリン受容体の役割
    石塚修
    第103回日本泌尿器科学会総会 サテライトセミナー10, 2015年04月20日
  • Role of α1D/A antagonist-Naftopidil-for Male LUTS. Focusing on a α1D adrenoceptor subtype and 5-HT.
    Ishizuka O
    4th Innovative symposium for urological excellence, 2015年
  • 腹腔鏡下副腎摘除術開始後の前半101例と後半101例の比較検討.
    石塚 修,横山 仁,小川輝之,山岸貴裕,ほか
    第27回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2013年11月07日
  • 排尿日誌から読み取れることと、再現性、何日つけるかなどの基本的なこと.
    石塚修
    第20回日本排尿機能学会, 2013年09月19日
  • 腹腔鏡下副腎摘出術開始後の前半96例と後半95例の比較検討.
    石塚 修,横山 仁,小川輝之,山岸貴裕,ほか
    第101回日本泌尿器科学会総会, 2013年04月25日
  • 腹腔鏡下副腎摘除術200例の検討.
    石塚修,小川輝之,横山 仁,山岸貴裕,ほか
    第30回信州内分泌談話会, 2013年03月02日
  • 前立腺肥大症診療ガイドラインを踏まえた治療戦略.
    石塚 修
    アボルブ発売3周年発売記念講演会.前立腺肥大症治療フォーラム(日本医師会生涯教育講座), 2012年11月28日
  • 腹腔鏡下副腎摘出術開始後92例と最近の91例の比較検討
    石塚 修,横山 仁,小川輝之,山岸貴裕,鈴木尚徳,鈴木都史郎,上垣内崇行,井上博夫,清河英雄,西沢 理
    第26回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2012年11月23日
  • IJUの現状と将来展望.
    石塚 修
    第77回日本泌尿器科学会東部総会 IJUセミナー, 2012年10月19日
  • OAB治療のNew Approach ―β3刺激薬と抗コリン薬の使い分けを考える.
    石塚 修
    第77回日本泌尿器科学会東部総会 ランチョンセミナー1, 2012年10月18日
  • 腹腔鏡下副腎摘出術157例の検討
    石塚 修,井上博夫,上垣内崇行,横山 仁,栗崎功己,杵渕芳明,清河英雄,西澤秀治,齋藤徹一,常陰明乃,西沢 理
    第100回日本泌尿器科学会総会, 2012年04月21日
  • Towards Robotic Surgery.
    石塚 修
    信州大学医学部泌尿器科学講座開講50周年記念講演会, 2012年04月07日
  • A novel therapeutic aspect for male LUTS associated with alpha 1- blocker, naftopidil: From translational research with a new animal model to clinical study.
    Ishizuka O, Nishizawa O
    The 2nd Congress of Asian Pacific Prostate Society, 2012年04月
  • 通常型電気メスを使用できなかった生体腎移植術の経験.
    石塚 修,西沢 理,栗崎功己,井上博夫,齋藤徹一,横山 仁,鈴木尚徳,加藤晴朗,高橋寧史,原田 真,竹前宏昭,神應太朗,戸田 滋,紺谷佳代子,大久保健太郎,橋本幸始,上條祐司,樋口 誠
    第45回日本臨床腎移植学会, 2012年02月03日
  • 泌尿器科専門医としての薬物治療と外科治療の位置づけと内容に関して.
    石塚 修,西沢 理
    第100回日本泌尿器科学会総会 シンポジウム3-2「前立腺肥大症治療を再考する」, 2012年
  • LUTS資料の最近の話題 ―信州大学における研究を中心としてー.
    石塚 修
    第16回静岡県LUTS研究会

担当経験のある科目_授業

  • 泌尿器科 臨床実習
    信州大学
  • 泌尿器科 臨床実習
    信州大学
  • 泌尿器科 臨床実習
    信州大学
  • 腎・泌尿器 ユニット講義
    信州大学
  • 腎・泌尿器 ユニット講義
    信州大学
  • 神経因性膀胱
    信州大学
  • 臓器移植検査学特論
    信州大学
  • 外科学総論
    信州大学
  • 泌尿器科 臨床実習
    信州大学
  • 腎・泌尿器 ユニット講義
    信州大学
  • 臓器移植検査学特論
    信州大学
  • 神経因性膀胱
    信州大学
  • 外科学総論
    信州大学
  • 泌尿器科 臨床実習
    信州大学
  • 泌尿器科 臨床実習
    信州大学
  • 外科学総論
    信州大学
  • 臓器移植検査学特論
    信州大学
  • 神経因性膀胱
    信州大学
  • 臨床医科学概論
    信州大学
  • 臨床医科学概論
    信州大学
  • 臨床医科学概論
    信州大学

所属学協会

  • 国際泌尿器科学会
  • International Society for sexual and impotence research
  • 日本排尿機能学会
  • 日本泌尿器科学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本超音波医学会
  • 日本移植学会
  • 日本臨床腎移植学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本泌尿器内視鏡学会
  • 日本ロボット外科学会
  • 日本性感染症学会
  • 老年泌尿器科学会
  • 日本性機能学会
  • 日本泌尿器腫瘍学会
  • 日本内分泌外科学会
  • Endourological Society
  • 日本脊髄障害医学会
  • 日本メンズヘルス医学会
  • 日本ミニマム創泌尿器内視鏡学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 間葉系幹細胞を利用した立体構造体を用いた尿路再生療法の検討
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2020年 - 2023年
  • 長期ニコチン摂取が及ぼす腎・膀胱の組織学的機能的影響と禁煙効果の解析
    科学研究費補助金, 基盤研究C
    2020年 - 2022年
  • 平成三十年度 信州大学機能強化促進補助金(医学部医学科)
    2018年 - 2018年
  • 脂肪組織由来幹細胞を用いた細胞培養における培地等の最適化に関する基礎医学研究
    共同研究, ロート製薬
    2017年 - 2020年
  • 間葉系幹細胞を利用した多積層化細胞シートを用いた下部尿路再生療法
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2017年 - 2019年
  • 微小循環改善を介した漢方薬による下部尿路症状治療薬剤の探索
    受託研究, ツムラ
    2017年 - 2017年
  • 末梢血液循環障害を誘発させた自然発症高血圧ラットモデルを利用した冷えストレス排尿筋過活動に対するタダラフィルの薬理効果の考察
    受託研究, 日本新薬
    2017年 - 2017年
  • 再生医療実用化研究事業 「男性腹圧性尿失禁に対する低侵襲再生治療のための、自己ヒト皮下脂肪組織由来再生(幹)細胞分離用医療機器の開発研究」
    2016年 - 2019年
  • 厚生労働科学研究 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業):間質性膀胱炎の患者登録と診療ガイドラインに関する研究
    2016年 - 2019年
  • 遺伝子解析に基づいた間質性膀胱炎に対する新規治療法の開発
    科学研究費補助金, 基盤研究C
    2016年 - 2018年
  • アクアポリンの尿路上皮発現と病態別尿路上皮の形態的機能的変化の解析
    科学研究費補助金, 基盤研究C
    2016年 - 2018年
  • 骨髄および脂肪幹由来細胞を用いた尿道括約筋様構造体による機能的尿道括約筋の再生
    科学研究費補助金, 基盤研究C
    2016年 - 2018年
  • 自家骨髄幹細胞・脂肪組織由来幹細胞を利用した細胞シートを用いた下部尿路再生療法
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2014年 - 2016年
  • ヒト膀胱平滑筋におけるセロトニン受容体の検索およびセロトニン誘発収縮に対するナフトピジルの作用
    受託研究, 旭化成ファーマ
    2012年 - 2013年
  • 冷えストレスによる頻尿とホルモンバランスの研究
    受託研究, 旭化成ファーマ
    2012年 - 2012年
  • 自家骨髄細胞・脂肪細胞による膀胱・尿道括約筋再生療法
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2011年 - 2013年
  • 夜間頻尿に対するハルンケアの改善効果
    受託研究, 大鵬薬品工業
    2011年 - 2011年
  • 加齢に伴う尿道障害に対する生薬エキスHの改善効果検討
    受託研究, 大鵬薬品工業
    2010年 - 2010年
  • 自然発症高血圧ラットにおける下部尿路組織の形態学的変化およびa1交感神経受容体の関与に関する研究
    受託研究, 旭化成ファーマ
    2010年 - 2010年
  • 下部尿路閉塞病態ラットにおける下部尿路組織の形態学的変化およびα1交感神経受容体の関与に関する研究
    受託研究, 旭化成ファーマ
    2009年 - 2009年
  • 自家骨髄幹細胞移植による膀胱再生療法
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2008年 - 2010年
  • 生薬エキスHの下部尿路病態への改善効果の検討(その3)
    受託研究, 大鵬薬品工業
    2008年 - 2008年
  • 生薬エキスHの下部尿路病態への改善効果の検討(その2)
    受託研究, 大鵬薬品工業
    2007年 - 2007年
  • 社団法人日本泌尿器科学会研究助成 「自家骨髄幹細胞移植による膀胱再生療法」
    2007年 - 2007年
  • 日本漢方生薬製剤協会研究助成 自然発症高血圧ラットを用いた八味地黄丸の過活動膀胱抑制作用機序の解明
    2007年 - 2007年
  • 羊膜を使用した膀胱拡大術および尿失禁防止術:ラットでの形態学的、機能的検討
    科学研究費補助金, 基盤研究C2
    2006年 - 2007年
  • 膀胱機能障害に対する新しい治療法の開発:再生医学と薬理学的アプローチの融合
    科学研究費補助金, 基盤研究C
    2006年 - 2007年
  • 生薬エキスHの下部尿路病態への改善効果の検討
    受託研究, 大鵬薬品工業
    2006年 - 2006年
  • 冷えによる膀胱過活動に対するナフトピジルの抑制効果
    受託研究, 旭化成ファーマ
    2006年 - 2006年
  • 神経疾患による排尿障害に対する自己骨髄間質細胞を用いた排尿制御再生治療戦略
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2005年 - 2006年
  • 膀胱過活動を有する高血圧ラットもおける膀胱内無髄C線維に対する生薬エキスHの影響の検討
    受託研究, 大鵬薬品工業
    2005年 - 2005年
  • 膀胱尿路上皮求心性神経伝達系を標的とした膀胱蓄尿障害治療薬の開発
    科学研究費補助金, 基盤研究C
    2004年 - 2005年
  • 冷えによるラットの膀胱過活動に対する生薬エキスHの有効性の検討
    受託研究, 大鵬薬品工業
    2004年 - 2004年
  • 尿失禁患者における塩酸プロピベリンのQOL改善の検討
    受託研究, 大鵬薬品工業
    2004年 - 2004年
  • Detrol LA Research Grants 2004 (Pfizer) “Functional roles of anti-muscarinic drugs and the roles of muscarinic receptor subtypes for centrally induced overactive bladder”
    2004年 - 2004年
  • 脊髄損傷および中枢神経疾患により失われた排尿制御機能に対する細胞移植神経再生治療
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2003年 - 2004年
  • 下部尿路閉塞ラットに対するハルンケアの効果
    受託研究, 大鵬薬品工業
    2003年 - 2003年
  • 脊髄損傷による膀胱過活動に対するトルテロジンの効果
    受託研究, ファイザー製薬
    2003年 - 2003年
  • ベータ受容体および膀胱求心性神経を標的とする膀胱蓄尿障害治療薬の開発
    科学研究費補助金, 基盤研究C2
    2002年 - 2003年
  • 信州医学振興会研究助成 長野県の村落地域における前立腺疾患の啓蒙および検診活動の推進
    2002年 - 2002年
  • 老化促進マウスを用いた加齢に伴う中枢神経回路の再構築による排尿障害の解明
    科学研究費補助金, 基盤研究C
    2001年 - 2002年
  • Abbott Laboratories Erectile Dysfunction Research Awards 2001 “Effects of spinal and peripheral dopamine receptor stimulation on intracavenous pressure and blood pressure in conscious rats with and wi
    2001年 - 2001年
  • 神経可塑性変化による中枢性膀胱過活動の機序の解明と遺伝子治療の可能性の検討
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2000年 - 2002年
  • 排尿反射回路の加齢による変化の解明:中枢から末梢までの統合的アプローチ
    科学研究費補助金, 基盤研究C
    1998年 - 1999年
  • 高齢者の医学医療に関する研究助成(笹川医学医療研究財団)「パーキンソン病に伴う排尿蓄尿障害の発生機序の解明:MPTP誘発パーキンソンラット モデルでの実験的検討」
    1998年 - 1998年
  • 脊髄損傷後の過活動膀胱の発生機序の解明:膀胱求心性神経の可塑性と神経成長因子の 関与
    科学研究費補助金, 基盤研究C
    1997年 - 1998年
  • 高齢者の医学医療に関する研究助成(笹川医学医療研究財団)「脳血管障害者の尿失禁に対するカプサイシン膀胱内注入療法」
    1997年 - 1997年
  • 第25回「成人病研究助成」(三井生命厚生事業団)経腹的超音波ガイド下経尿道的前立腺切除術における超音波探触子保持装置の開発
    1992年 - 1992年
  • 遊離腸管平滑筋移植による尿路括約筋再建
    科学研究費補助金, 奨励研究A
    1992年 - 1992年
  • 下部尿路再生医療
  • 排尿における神経伝達物質の役割
  • 腹腔鏡下泌尿器科手術の研究
  • ロボット支援手術の技術改良

社会貢献活動

  • 信州大学出前講座
    根羽村役場, 長野県根羽村, 2023年01月17日 - 2023年01月17日
  • 男性機能とアンチエイジング.アンチエイジングフェア in 松本
    松本市Mウイング, 2019年01月27日 - 2019年01月27日
  • 夜間頻尿と不眠
    長野県大町市八坂公民館, 長野県大町市, 2018年11月15日 - 2018年11月15日
  • 夜間頻尿と不眠
    松本市白板地区福祉ひろば, 松本市, 2017年10月13日 - 2017年10月13日
  • 前立腺がんの治療のお話.よくわかる泌尿器疾患のお話.~前立腺と女性骨盤底~
    松本市キッセイ文化ホール, 2013年06月16日 - 2013年06月16日
  • 第24回上田地域福寿クラブ連合会定期大会.「夜間頻尿と不眠」
    上田市, 2008年06月05日 - 2008年06月05日
  • よくわかる泌尿器の病気のお話  「増えている前立腺がんのお話 ~どうやって治療するの?~」
    安曇野市, 2008年04月06日 - 2008年04月06日
  • 茅野市高齢者大学教養講座.夜間頻尿と不眠
    茅野市, 2007年08月28日 - 2007年08月28日
  • 信州医学振興会健康講座 「壮年期からの泌尿器疾患」
    松本市, 2007年06月02日 - 2007年06月02日
  • よくわかる前立腺の病気のお話 ―大切な、未来のために-
    松本市, 2006年09月17日 - 2006年09月17日
  • 上伊那医療セミナー「おしっこ」と「睡眠」
    伊那市, 2005年11月19日 - 2005年11月19日
  • 中高年からのおしっこの悩み
    長野県豊科町, 長野県豊科町, 2004年08月31日 - 2004年08月31日
  • よくわかる前立腺の病気の話 大切な未来のために
    松本市, 2003年11月30日 - 2003年11月30日
  • 前立腺肥大症と前立腺癌:受けよう前立腺検診
    長野県坂北村, 長野県坂北村, 2003年05月12日 - 2003年05月12日
  • あなたならどうしますか? —おしっこのもれる時・出にくい時—
    宇都宮市, 2001年05月19日 - 2001年05月19日

メディア報道

  • 前立腺がん検診について.医師会だより
    テレビ信州, 2018年12月22日
  • 前立腺肥大症の保存的治療と薬物療法について
    ラジオNIKKEI, 2013年03月26日
  • 自家骨髄幹細胞移植による臓器再生療法
    ラジオNIKKEI, 2009年01月14日
  • 前立腺の病気 健康ばんざい
    長野放送, 2003年04月26日
  • 前立腺(肥大症とガン) 奥様はホームドクター 
    テレビ信州, 2000年07月24日

学術貢献活動

  • 企画立案・運営等
    第87回日本泌尿器科学会東部総会, 軽井沢町, 2022年10月27日 - 2022年10月29日
  • 企画立案・運営等
    第33回日本超音波医学会関東甲信越地方会, 松本市, 2021年10月16日 - 2021年10月17日
  • 企画立案・運営等
    Pan-Pacific Continence Society Meeting 2021, 松本市, 2021年09月11日 - 2021年09月12日
  • 企画立案・運営等
    第28回日本排尿機能学会, 松本市, 2021年09月09日 - 2021年09月11日
  • LUTS, 2021年05月11日
  • 排尿障害プラクテイス, 2021年04月10日
  • 泌尿器科紀要編集委員会, 2015年04月01日
  • 日本泌尿器科学会編集委員会, 2011年06月 - 2013年04月

論文指導

  • 2020年, 7
  • 2019年, 6, 1, 3
  • 2018年, 8, 1

留学生受入

  • 2019年, 1, 米国泌尿器科学会・日本泌尿器科学会 留学生交換プログラム

研究生受入

  • 2016年04月01日 - 2018年03月31日, 中沢昌樹, 日本, 信州大学医学部, 骨髄および脂肪幹由来細胞を用いた尿道括約筋様構造体による機能的尿道括約筋の再生, 信大独自の特別研究員
  • 2020年04月01日 - 2020年09月30日, Gautam Silwal Sudha, Nepal, Tissue Engineering for lower urinary tract, 外国人研究員
  • 2020年04月01日 - 2021年03月31日, 道面尚久, 日本, 信州大学医学部, 積層型デユアル間葉系幹細胞シートを利用した慢性腎臓病に対する新規治療開発, 信大独自の特別研究員
  • 2019年04月01日 - 2021年03月31日, 永井 崇, 日本, 信州大学医学部, 長期ニコチン摂取が及ぼす腎・膀胱の組織学的機能的影響と禁煙効果の解析, 信大独自の特別研究員

学部内委員会等

  • 2020年.4月 - 2023年.3月, 委員長, 12
  • 2020年.4月 - 2023年.3月, 委員, 12
  • 2015年05月 - 2021年05月10日, 委員, 12
  • 2016年.5月 - 2020年.4月, 委員, 12
  • 2016年.4月 - 2020年.3月, 委員, 12
  • 2019年.4月 - 2020年.3月, 委員長
  • 2017年 - 2018年, 運営委員長
  • 2020年.4月 - 2023年.3月, 委員
  • 2020年.4月 - 2023年.3月, 委員
  • 2018年.4月 - 2019年.3月, 委員

全学委員会・ワーキンググループ等

  • 2020年.4月 - 2021年.3月, ヒトを対象とした倫理委員会, 委員, 12
  • 2017年.4月 - 2023年.3月, 点検評価委員会, 委員

学内兼務職

  • 2017年04月01日 - 2023年03月31日, 信州大学医学部附属病院病院長補佐, 病院機能評価
  • 2020年04月01日 - 2023年03月31日, 信州大学医学部附属病院 中央手術部, 部長
  • 2009年02月01日 - 2023年01月31日, 信州大学医学部附属病院移植医療センター, センター長
  • 2016年10月01日 - 2018年09月30日, 信州大学医学部附属病院血液浄化療法部長