鈴木 俊介 (スズキ シュンスケ)   

学術研究院(農学系)

農学部 農学生命科学科 生命機能科学コース 

准教授 

学位

  • 博士(理学), 東京工業大学

研究分野

  • エピジェネティクス
  • ゲノム生物学, ゲノム生物学
  • 分子生物学, 分子生物学

電話番号

    0265-77-1651

メールアドレス

    ssuzuki★shinshu-u.ac.jp

経歴

  • 2020年
    信州大学 学術研究院(農学系)准教授
  • 2019年
    信州大学 先鋭領域融合研究群 バイオメディカル研究所 生体分子イノベーション部門 併任
  • 2017年 - 2020年
    信州大学 学術研究院(農学系)助教
  • 2014年 - 2019年
    信州大学 先鋭領域融合研究群 バイオメディカル研究所 代謝ゲノミクス部門 併任
  • 2012年 - 2017年
    信州大学 農学部 助教(テニュアトラック)
  • 2009年 - 2012年
    メルボルン大学 理学部 動物学科 研究員(2010- JSPS海外特別研究員)
  • 2006年 - 2009年
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 特任助教

学歴

  • 2003年 - 2006年, 東京工業大学大学院, 生命理工学研究科, 生体システム専攻 博士課程 修了
  • 2001年 - 2003年, 東京工業大学大学院, 生命理工学研究科, 生体システム専攻 修士課程 修了
  • 1997年 - 2001年, 東京工業大学, 生命理工学部, 生体機構学科 卒業
  • 1997年, 愛知県立岡崎高等学校 卒業

論文

  • Generation of chimpanzee induced pluripotent stem cell lines for cross-species comparisons
    Imamura M, Nakai R, Ohnuki M, Hamazaki Y, Tanabe H, Sato M, Harishima Y, Horikawa M, Watanabe M, Oota H, Nakagawa M, Suzuki S, Enard W
    In Vitro Cellular & Developmental Biology - Animal, doi: 10.1007/s11626-024-00853-y, 2024年02月, 査読有り
  • Marsupials have monoallelic MEST expression with a conserved antisense lncRNA but MEST is not imprinted
    Ishihara T, Suzuki S, Newman TA, Fenelon JC, Griffith OW, Shaw G, Renfree MB
    Heredity, 132(1), 5-17, 2024年01月, 査読有り
  • Placental imprinting of SLC22A3 in the IGF2R imprinted domain is conserved in therian mammals
    Ishihara T, Griffith OW, Suzuki S, Renfree MB
    Epigenetics & Chromatin, 15(1), 32, 2022年08月, 査読有り, 招待無し
  • Evolution of the short form of DNMT3A, DNMT3A2, occurred in the common ancestor of mammals
    Ishihara T, Hickford D, Fenelon JC, Griffith OW, Suzuki S, Renfree MB
    Genome Biology and Evolution, 14(7), evac094, 2022年07月, 査読有り, 指定なし
  • Presence of H3K4me3 on paternally expressed genes of the paternal genome from sperm to implantation
    Ishihara T, Griffith OW, Suzuki S, Renfree MB
    Frontiers in Cell and Developmental Biology, 10, 838684, 2022年03月, 査読有り
  • De novo emergence and potential function of human-specific tandem repeats in brain-related loci
    Kim K, Bang S, Yoo D, Kim H, Suzuki S
    Human Genetics, 138(6), 661-672, 2019年06月, 査読有り
  • Novel brain-expressed noncoding RNA, HSTR1, identified at a human-specific variable number tandem repeat locus with a human accelerated region
    Suzuki S, Miyabe E, Inagaki S
    Biochemical and biophysical research communications, 503(3), 1478-1483, 2018年09月, 査読有り
  • Identification of a novel antisense noncoding RNA, ALID, transcribed from the putative imprinting control region of marsupial IGF2R
    Suzuki S, Shaw G, Renfree MB
    Epigenetics & Chromatin, 11(1), 55, 2018年09月, 査読有り
  • Identifying candidate positive selection genes in Korean imported pig breeds
    Lee W, Taye M, Kwon T, Yoon J, Jang D, Suzuki S, Kim H
    Genes & Genomics, 39(5), 557-565, 2017年05月, 査読有り
  • Identification of multiple forms of RNA transcripts associated with human-specific retrotransposed gene copies
    Mori S, Hayashi M, Inagaki S, Oshima T, Tateishi K, Fujii H, Suzuki S
    Genome Biology and Evolution, 8(8), 2288-2296, 2016年08月, 査読有り
  • The cancer-promoting gene fatty acid-binding protein 5 (FABP5) is epigenetically regulated during human prostate carcinogensis
    Kawaguchi K, Kinameri A, Suzuki S, Senga S, Ke Y, Fujii H
    Biochemical Journal, 473(4), 449-461, 2016年02月, 査読有り
  • Identification of a novel PNMA-MS1 gene in marsupials suggests the LTR-retrotransposon-derived PNMA genes evolved differently in marsupials and eutherians
    Iwasaki S, Suzuki S, Pelekanos M, Clark H, Ono R, Shaw G, Renfree MB, Kaneko-Ishino T, Ishino F
    DNA Research, 20(5), 425-436, 2013年10月
  • Postnatal epigenetic reprogramming in the germline of a marsupial, the tammar wallaby
    Suzuki S, Shaw G, Renfree MB
    Epigenetics & Chromatin, 6(1), 14, 2013年06月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • The origin and evolution of genomic imprinting and viviparity in mammals (Review)
    Renfree MB, Suzuki S (Co-first Author), Kaneko-Ishino T
    Philosophical Transactions of the Royal Society B: Biological Sciences, 368(1609), 20120151, 2013年01月, 査読有り
  • GRB10 imprinting is eutherian mammal specific
    Stringer JM, Suzuki S, Pask AJ, Shaw G, Renfree MB
    Molecular Biology and Evolution, 29(12), 3711-3719, 2012年12月
  • Selected imprinting of INS in the marsupial
    Stringer JM, Suzuki S, Pask AJ, Shaw G, Renfree MB
    Epigenetics & Chromatin, 5(1), 14, 2012年08月
  • Promoter-specific expression and imprint status of marsupial IGF2
    Stringer JM, Suzuki S, Pask AJ, Shaw G, Renfree MB
    PLOS ONE, 7(7), e41690, 2012年06月
  • Characterisation of marsupial PHLDA2 reveals eutherian specific acquisition of imprinting
    Suzuki S, Shaw G, Kaneko-Ishino T, Ishino F, Renfree MB
    BMC Evolutionary Biology, 11, 244, 2011年
  • Genome sequence of an Australian kangaroo, Macropus eugenii, provides insight into the evolution of mammalian reproduction and development
    Renfree MB, Papenfuss AT, Deakin JE, Lindsay J, Heider T, Belov K, Rens W,Waters PD, Pharo EA, Shaw G, Wong ES, Lefèvre CM, Nicholas KR, Kuroki Y, Wakefield MJ, Zenger KR, Wang C, Ferguson-Smith M, Nicholas FW, Hickford D, Yu H, Short KR, Siddle HV, Frankenberg SR, Chew KY, Menzies BR, Stringer JM, Suzuki S, Hore TA, Delbridge ML, Mohammadi A, Schneider NY, Hu Y, O'Hara W, Al Nadaf S, Wu C, Feng ZP, Cocks BG, Wang J, Flicek P, Searle SM, Fairley S, Beal K, Herrero J, Carone DM, SuzukiY, Sugano S, Toyoda A, Sakaki Y, Kondo S, Nishida Y, Tatsumoto S, Mandiou I, Hsu A, McColl KA, Lansdell B, Weinstock G, Kuczek E, McGrath A, Wilson P, Men A, Hazar-Rethinam M, Hall A, Davis J, Wood D, Williams S, Sundaravadanam Y, Muzny DM, Jhangiani SN, Lewis LR, Morgan MB, Okwuonu GO, Ruiz SJ, Santibanez J, Nazareth L, Cree A, Fowler G, Kovar CL, Dinh HH, Joshi V, Jing C, Lara F, Thornton R, Chen L, Deng J, Liu Y, Shen JY, Song XZ, Edson J, Troon C, Thomas D, Stephens A, Yapa L, Levchenko T, Gibbs RA, Cooper DW, Speed TP, Fujiyama A, Graves JA, O'Neill RJ, Pask AJ, Forrest SM, Worley KC
    Genome Biology, 12(8), R81, 2011年
  • The evolution of mammalian genomic imprinting was accompanied by the acquisition of novel CpG islands
    Suzuki S, Shaw G, Kaneko-Ishino T, Ishino F, Renfree MB
    Genome Biology and Evolution, 3, 1276-1283, 2011年
  • Retrotransposon silencing by DNA methylation can drive mammalian genomic imprinting
    Suzuki S, Ono R, Narita T, Pask AJ, Shaw G, Wang C, Kohda T, Alsop AE, Marshall Graves JA, Kohara Y, Ishino F, Renfree MB, Kaneko-Ishino T
    PLOS GENETICS, 3(4), e55, 2007年
  • Insulin is imprinted in the placenta of the marsupial, Macropus eugenii
    Ager E, Suzuki S, Pask A, Shaw G, Ishino F, Renfree MB
    DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 309(2), 317-328, 2007年
  • Genomic imprinting of IGF2, p57KIP2 and PEG1/MEST in a marsupial, the tammar wallaby
    Suzuki S, Renfree MB, Pask AJ, Shaw G, Kobayashi S, Kohda T, Kaneko-Ishino T, Ishino F
    Mechanisms of Development, 122(2), 213-222, 2005年

書籍等出版物

  • 有袋類を含めた比較解析から考えるゲノムインプリンティングの進化の謎
    鈴木俊介
    エピジェネティクスの生態学(文一総合出版):185-202, 2017年02月
  • 哺乳類の胎生機構とゲノムインプリンティング機構の起源:レトロトランスポゾン由来の遺伝子PEG10の解析からみえてきたもの
    金児-石野知子, 鈴木俊介, 小野竜一, 石野史敏
    蛋白質 核酸 酵素(共立出版), 52(16):2149-2156, 2007年
  • レトロトランスポゾンの挿入と哺乳類ゲノムインプリンティングの成立
    鈴木俊介, 小野竜一, 石野史敏, 金児-石野知子
    実験医学(羊土社), 10月号:2478-2484, 2007年

講演・口頭発表等

  • Novel brain-expressed lncRNA, HSTR1, identified at a human-specific VNTR locus with a human accelerated region
    Suzuki S
    The 21st Takeda Science Foundation Symposium on Bioscience "Towards Understanding Human Development and Evolution", 2023年01月27日
  • Novel brain-expressed lncRNA, HSTR1, identified at a human-specific VNTR locus with a human accelerated region
    Suzuki S
    Cold Spring Harbor Asia - RNA Biology, 2022年12月06日
  • ヒト特異的lncRNA遺伝子HSTR1の機能解析
    佐藤百花, 今村公紀, 鈴木俊介
    第45回日本分子生物学会年会, 2022年11月30日
  • ゲノム配列からヒト進化の一端を解き明かす!
    佐藤百花, 竹内 亮, 鈴木俊介
    超異分野学会 東京大会, 2022年03月04日
  • 脳関連遺伝子座におけるヒト特異的タンデムリピートの新規出現と潜在的機能
    山内 翔, Kwondo Kim, Sohyun Bang, Heebal Kim, 山下健樹, 鈴木俊介
    第44回日本分子生物学会年会, 2021年12月02日
  • Can paternal H3K4me3 transmission in sperm affect imprinting status of paternally expressed genes after fertilization?
    Ishihara T, Griffith OW, Suzuki S, Renfree MB
    ESA-SRB-ANZBMS, 2021年11月
  • Can paternal H3K4me3 transmission in sperm affect imprinting status of paternally expressed genes after fertilization?
    Ishihara T, Griffith OW, Suzuki S, Renfree MB
    Genetics Society of AustralAsia Conference, 2021年10月
  • The role of paternal histone transmission in establishing genomic imprinting of paternally expressed genes
    Ishihara T, Griffith OW, Suzuki S, Renfree MB
    Epigenetics, 2021年02月
  • ヒト特異的タンデムリピートから転写される脳発現RNA遺伝子HSTR1の同定
    竹内 亮, 鈴木俊介
    第43回日本分子生物学会年会, 2020年12月04日, 日本分子生物学会
  • 脳関連遺伝子座におけるヒト特異的タンデムリピートの新規出現と潜在的機能
    山下健樹, Kwondo Kim, Sohyun Bang, Heebal Kim, 鈴木俊介
    第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月05日, 日本分子生物学会
  • Transmission of a long non-coding RNA in sperm is a candidate mechanism for achieving genomic imprinting through the histone-protamine transition in therian mammals
    Ishihara T, Griffith OW, Suzuki S, Renfree MB
    ESA-SRB-AOTA, 2019年08月18日
  • Emergence of novel CpG islands and genomic imprinting in mammalian evolution
    Suzuki S
    The 2nd International Conference on Tropical Animal Science and Production, 2019年07月10日
  • A novel antisense non-coding transcript on MEST gene locus in a marsupial, the tammar wallaby
    Ishihara T, Griffith OW, Suzuki S, Renfree MB
    Genetics Society of AustralAsia Conference, 2019年07月01日
  • ヒト特異的タンデムリピートから転写される新規脳発現RNA遺伝子HSTR1の同定
    楯 晋太郎, 鈴木俊介
    第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月30日, 日本分子生物学会
  • The impact of de novo tandem repeats on vertebrate genomes
    Bang S, Kim K, Yoo D, Min B, Kim H, Suzuki S
    The 27th International KOGO Annual Conference, 2018年09月05日, Korea Genome Organization
  • (Invited) ヒト特異的タンデムリピートから転写される新規脳発現RNA遺伝子HSTR1
    鈴木俊介
    第34回日本霊長類学会大会自由集会, 2018年07月13日, 日本霊長類学会, 招待有り
  • 有袋類IGF2RのDMRから転写される新規アンチセンスlncRNAの同定
    鈴木俊介, Marilyn Renfree
    第12回日本エピジェネティクス研究会年会, 2018年05月24日, 日本エピジェネティクス研究会
  • ヒト特異的レトロコピーが形成する新規転写産物の同定
    田中 麻紗乃, 林 正晃, 藤井 博, 鈴木俊介
    2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月07日
  • (Invited) Emergence of novel CpG islands and genomic imprinting in mammalian evolution
    Suzuki S
    Reproduction Down Under, 2017年08月12日, 招待有り
  • ヒト特異的レトロコピーが形成する新規転写産物の同定
    林 正晃, 藤井 博, 鈴木俊介
    第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月02日, 日本分子生物学会
  • ヒト特異的レトロコピーが形成する新規キメラ型転写産物の同定
    鈴木俊介, 森 沙織, 稲垣 隼, 大島卓司, 立石 健, 林 正晃
    BMB2015, 2015年12月01日, 日本分子生物学会, 日本生化学会
  • Identification of novel chimeric transcripts associated with human-specific retroposed gene copies
    Mori S, Oshima T, Hayashi M, Inagaki S, Tateishi K, Suzuki S
    29th International Mammalian Genome Conference, 2015年11月09日, IMGS
  • (Invited) ゲノム比較から探る哺乳類ゲノム刷り込みの起源と進化
    鈴木俊介
    日本遺伝学会第87回大会ワークショップ, 2015年09月25日, 日本遺伝学会, 招待有り
  • Identification of novel chimeric transcripts associated with human-specific retroposed gene copies
    Suzuki S, Mori S, Oshima T, Inagaki S, Tateishi K
    Mobile DNA in Mammalian Genomes, 2015年06月17日, FASEB
  • ヒト特異的レトロコピーが形成するキメラ型lncRNAの機能
    森 沙織, 大島卓司, 稲垣 隼, 立石 健, 鈴木俊介
    第9回日本エピジェネティクス研究会年会, 2015年05月25日, 日本エピジェネティクス研究会
  • ヒト特異的にレトロ転移した領域を含む新規キメラ転写産物の機能解析
    森 沙織, 大島卓司, 稲垣 隼, 立石 健, 鈴木俊介
    第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月, 日本分子生物学会
  • Postnatal epigenetic reprogramming in the germline of a marsupial, the tammar wallaby
    鈴木俊介, Geoffrey Shaw, Marilyn B. Renfree
    第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月, 日本分子生物学会
  • (Invited) Origin and evolution of genomic imprinting in mammals
    Suzuki S, Renfree MB, Ishino F
    BIT's 3rd Annual World Congress of Molecular&Cell Biology, 2013年06月, 招待有り
  • 有袋類タマーワラビーの生殖系列における出生後のエピジェネティックリプログラミング
    鈴木俊介, Geoffrey Shaw, Marilyn B. Renfree
    第7回日本エピジェネティクス研究会年会, 2013年05月, 日本エピジェネティクス研究会
  • (Invited) ゲノム比較から探る哺乳類ゲノム刷り込みの起源と進化
    鈴木俊介
    信州実験動物研究会 第77回勉強会, 2012年, 招待有り
  • Postnatal epigenetic reprogramming in the germline of a marsupial, the tammar wallaby
    Suzuki S, Shaw G, Renfree MB
    The 8th Okazaki Biology Conference, Speciation and Adaptation II -Environment and Epigenetics-, 2012年
  • 哺乳類ゲノムインプリンティングの進化は新規CpGアイランドの獲得を伴った
    鈴木俊介, Geoffrey Shaw, 金児-石野知子, 石野史敏, Marilyn Renfree
    第6回日本エピジェネティクス研究会年会, 2012年
  • The evolution of mammalian genomic imprinting was accompanied bythe acquisition of novel CpG islands
    Suzuki S, Shaw G, Kaneko-Ishino T, Ishino F, Renfree MB
    63rd FUJIHARA SEMINAR - A newhorizonof retroposon research, 2012年
  • (Invited) ゲノム比較から探る哺乳類ゲノムインプリンティングの起源と進化
    鈴木俊介
    第44回種生物学シンポジウム, 2012年, 種生物学会, 招待有り
  • 有袋類タマーワラビーの生殖系列における出生後のエピジェネティックリプログラム
    鈴木俊介, Geoffrey Shaw, Marilyn B. Renfree
    第35回日本分子生物学会年会, 2012年, 日本分子生物学会
  • (Invited) Characteriztion of the marsupial PHLDA2 reveals eutherian specific acquisition of imprinting
    Suzuki S, Shaw G, Kaneko-Ishino T, Ishino F, Renfree MB
    The 5th Australian Health&Medical Research Congress, 2010年, 招待有り
  • Characteriztion of the marsupial PHLDA2 revealseutherian specific acquisition of imprinting
    Suzuki S, Shaw G, Ishino F, Renfree MB
    Epigenetics 2009 Australian Scientific Conference, 2009年
  • Retrotranposon silencing by DNA methylation can drive mammalian genomic imprinting
    Suzuki S, Ono R, Narita T, Kohda T, Kohara Y, Ishino F, Renfree MB, Kaneko-Ishino T
    6th NIBB-EMBL joint meeting on evolution of epigenetic regulation, 2008年
  • Retrotransposon silencing by DNA methylation can drive mammalian genomic imprinting
    鈴木俊介, 小野竜一, 成田貴則, 幸田 尚, 小原雄治, 石野史敏, Marilyn B. Renfree, 金児-石野知子
    第2回日本エピジェネティクス研究会年会, 2008年
  • DNAメチル化によるレトロトランスポゾンの不活性化は哺乳類におけるゲノムインプリンティングの進化を促進する
    鈴木俊介, 小野竜一, 成田貴則, 幸田 尚, 小原雄治,石野史敏, Marilyn B. Renfree, 金児-石野知子
    第1回日本エピジェネティクス研究会年会, 2007年
  • DNAメチル化によるレトロトランスポゾンの不活性化は哺乳類におけるゲノムインプリンティングの進化を促進する
    鈴木俊介, 小野竜一,成田貴則, 幸田 尚, 小原雄治, 石野史敏, Marilyn B. Renfree, 金児-石野知子
    第30回日本分子生物学会年会, 2007年
  • Conservation of retrotransposon-derived PEG10 in a marsupial, the tammar wallaby
    Suzuki S, Ono R, Naruse M, Renfree MB, Pask AJ, Shaw G, Kohda T, Ishino F, Kaneko-Ishino T
    International congress of biochemistry and molecular biology, 2006年
  • The insertion of retrotransposon-derived PEG10 in mammalian evolution
    Suzuki S, Ono R, Narita T, Pask AJ, Shaw G, Wang C, Kohda T, Alsop AE, Marshall GravesJA, Kohara Y, Ishino F, Renfree MB, Kaneko-Ishino T
    CSHL meeting on mouse molecular genetics, 2006年
  • 哺乳類進化におけるPEG10の挿入時期とインプリンティング領域の解析
    鈴木俊介, 小野竜一, 成田貴則, Andrew J. Pask, Geoffrey Shaw, 王 長山, 幸田 尚, AmberE. Alsop, Jennifer A. Graves, 小原雄治, 石野史敏, Marilyn B. Renfree, 金児-石野知子
    日本分子生物学会2006フォーラム, 2006年
  • Genomic imprinting of IGF2, CDKN1C and PEG1/MESTin a marsupial, the tammar wallaby
    Suzuki S, Renfree MB, Pask AJ, Shaw G, Kobayashi S, Kohda T, Kaneko-Ishino T, Ishino F
    International symposium on germ cells, epigenetics, reprogramming and embryonic stem cells, 2005年
  • 有袋類タマーワラビーにおけるSGCE相同領域の解析
    鈴木俊介, 小野竜一, 成瀬美衣, Marilyn B. Renfree, Andrew J. Pask, Geoffrey Shaw, 幸田 尚, 石野史敏, 金児-石野知子
    第28回日本分子生物学会年会, 2005年
  • 有袋類 ワラビーにおけるIGF2, p57KIP2, PEG1/MESTのゲノミックインプリンティング
    鈴木俊介, Marilyn B. Renfree, Andrew J. Pask, Geoffrey Shaw, 小林 慎, 幸田 尚, 金児-石野知子, 石野史敏
    第27回日本分子生物学会年会, 2004年
  • 有袋目ワラビーにおけるインプリンティング遺伝子PEG1/MESTの解析
    鈴木俊介, 小林 慎, 幸田 尚, Geoffrey Shaw, Marilyn B. Renfree, 金児-石野知子, 石野史敏
    第26回日本分子生物学会年会, 2003年
  • 有袋類におけるインプリンティング遺伝子のスクリーニング
    鈴木俊介, 小林 慎, 幸田 尚, Marilyn B. Renfree, 金児-石野知子, 石野史敏
    第25回日本分子生物学会年会, 2002年

所属学協会

  • 日本分子生物学会
  • 日本エピジェネティクス研究会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • ヒト加速領域から発現する新規lncRNA HSTR1の標的遺伝子と結合因子の同定
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2023年 - 2025年
  • ヒト/類人猿/マカクiPS細胞を用いた初期神経発生ヘテロクロニーの作動原理の解明
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2023年 - 2025年
  • ヒト特異的転位因子による遺伝子発現調節と脳の進化
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2020年04月01日 - 2023年03月31日
  • 有袋類の胎盤形成におけるPEG10の機能解析
    科学研究費補助金, 国際共同研究強化(B)
    2019年 - 2021年
  • 人類の脳機能の進化に関わる遺伝子群のエンハンサーとして働くヒト特異的転位因子の解析 , 内藤記念科学振興財団
    内藤記念科学振興財団
    2019年
  • ヒト特異的転位因子による脳関連遺伝子の発現調節機構の進化 , 武田科学振興財団
    武田科学振興財団
    2017年 - 2019年
  • ヒト特異的レトロトランスポゾンによる頭蓋骨形成促進遺伝子の発現調節機構の進化 , 住友財団
    住友財団
    2016年 - 2017年
  • ヒト特異的レトロトランスポゾンによる小頭症責任遺伝子の発現調節機構の解析 , 山口育英奨学会
    山口育英奨学会
    2016年 - 2016年
  • 家禽幹細胞の遺伝的特性解析と細胞育種への応用
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2014年 - 2017年
  • 文部科学省 , テニュアトラック普及・定着事業(個人選抜型)
    2012年 - 2015年
  • 有袋類特異的ゲノムインプリンティング領域の探索
    科学研究費補助金, 若手研究(B)
    2008年 - 2009年
  • 哺乳類進化におけるPEG10の挿入時期とインプリンティング領域の解析
    科学研究費補助金, 若手研究(スタートアップ)
    2006年 - 2007年

学術貢献活動

  • 査読
    Inernational Journal of Molecular Sciences, 2023年
  • 査読
    Biomolecules, 2023年
  • 査読
    Nature Communications, 2022年
  • 査読
    AIMS Biophysics, 2022年
  • 査読
    Frontiers in Cell and Developmental Biology, 2022年
  • 査読
    Epigenetics & Chromatin, 2021年
  • 査読
    Genomics, 2019年
  • 査読
    Biochemistry and Biophysics Reports, 2018年
  • 査読
    Reproduction, Fertility and Development, 2018年
  • 査読
    Scientific Reports, 2017年
  • 査読
    Scientific Reports, 2016年
  • 査読
    Genes & Genomics, 2016年
  • 査読
    Epigenomics, 2016年
  • 査読
    Cellular Reprogramming, 2013年
  • 査読
    International Journal of Biological Sciences
  • 査読
    Genome Biology and Evolution