公文 富士夫 (クモン フジオ)   

理学部 

特任教授 名誉教授 

学位

  • 理学博士, 京都大学

研究分野

  • 固体地球科学, 地質学

メールアドレス

    shkumon★shinshu-u.ac.jp

経歴

  • 1998年
    信州大学 理学部 教授
  • 1988年
    信州大学 理学部 助教授
  • 1983年
    信州大学 理学部 助手
  • 1981年
    学術振興会 奨励研究員

学歴

  • 1981年, 京都大学, 理学研究科
  • 1974年, 京都大学, 理学部

受賞

  • 1981年
    日本地質学会研究奨励賞

論文

  • 長野県長野市信更町,後期更新世高野層から採取したTKN2004コアの花粉分析
    叶内, 敦子; 河合, 小百合; 公文, 富士夫
    第四紀研究, 54(2), 69-86, 2015年電子ジャーナル
  • 琵琶湖堆積物コアBIW08-B における過去28 万年間の珪藻化石群集変動
    永安浩一・公文富士夫・竹村恵二
    第四紀研究, 53(6), 297-309, 2014年12月01日電子ジャーナル
  • Late Pleistocene variation in lignin and fatty acids from core TKN-2004 in a small mountain basin in central Japan
    Yamamoto, M., Ohira, F. and Kumon, F.
    Geochemical Journal, 48, 207-217, 2014年03月31日WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Climate changes for the past 52 ka clarified by total organic carbon concentrations and pollen composition in Lake Biwa, Japan
    Kigoshi, T., Kumon, F., Hayashi, R., Kuriyama, M., Yamada, K, Takemura, K.
    Quaternary International, 333, 2-12, 2014年01月28日WebofScience電子ジャーナル
  • Late Quaternary climates of East Asia elucidated from the total organic carbon contents of cored sediments (MD179-3304, 3312) off Joetsu City, Japan Sea
    Urabe,T., Kuriyama, M., Mastumoto, R. and Kumon, F.
    Journal of Asian Earth Science, 90, 209-217, 2014年WebofScience電子ジャーナル
  • 日本海MD179航海において採取されたコアの層相と対比: 上越沖海鷹海脚周辺
    角和, 善隆; 中嶋, 健; 公文, 富士夫;松本, 良; 仲村, 祐哉; 大井, 剛志; 富山, 隆將; 町山, 栄章
    石油技術協会誌, 78(1), 97-103, 2013年電子ジャーナル
  • 日本海MD179航海において採取されたコアの層相と対比: 上越海丘から北海道南西沖まで
    角和, 善隆; 中嶋, 健; 公文, 富士夫; 松本, 良; 仲村, 祐哉; 大井, 剛志; 富山, 隆將; 町山, 栄章
    石油技術協会誌, 78(1), 104-112, 2013年電子ジャーナル
  • 日本における湖沼掘削
    公文富士夫
    地学雑誌, 122, 273-290, 2013年, 査読有り電子ジャーナル
  • 長野県野尻湖における過去4.5 万年の湖水位変動とその要因
    中村祐貴・井内美郎・井上卓彦・近藤洋一・公文富士夫・長橋良隆
    第四紀研究, 52(5), 203-212, 2012年10月01日電子ジャーナル
  • 中部山岳地域における第四紀後期の気候変動
    公文富士夫・河合小百合・木越智彦
    地学雑誌, 122, 571-590, 2012年08月25日, 査読有りリポジトリ電子ジャーナル
  • 紀伊半島四万十累帯の粗粒砕屑岩組成と後背地の変遷
    公文富士夫・別所孝範・バリー-ロザー
    地団研専報, 59, 193-216, 2012年08月15日
  • Paleolithic cultures of MIS 3 to MIS 1 in relation to climate changes in the central Japanese islands
    Kudo, Y., Kumon
    Quaternary International, 248, 22-31, 2012年WebofScience電子ジャーナル
  • Historical change of phytoplankton in a eutrophic lake in Japan as determined by analysis of photosynthetic pigments in a lakebed sediment core
    Watanabe, K., Park, H.-D., and Kumon, F.
    Environmental Earth Science, 66, 2293-2300, 2012年WebofScience電子ジャーナル
  • 長野市南部,更新世後期高野層の化学組成からみた約14~4万年前の珪藻生産性とその規制要因,第四紀研究
    伊藤拓馬・谷澤新司・公文富士夫・飯島耕一・坂本竜彦
    第四紀研究, 49, 369-382, 2010年11月, 査読有り
  • Use of flood chronology for detailed environmental analysis: a case study of Lake Kizaki in the northern Japanese Alps, central Japan
    Ito, T., Iwamoto, H., Kamiya, K. Fukushima, T. and Kumon, F.
    ENVIRONMENTAL EARTH SCIENCES, 60(8), 1607-1618, 2010年, 査読有りWebofScience電子ジャーナル
  • Millennial-scale variability in vegetation records from the East Asian Islands: Taiwan, Japan and Sakhalin
    Hikaru Takahara, Yaeko Igarashi, Ryoma Hayashi, Fujio Kumon, Ping-Mei Liewe,Masanobu Yamamoto, Sayuri Kawai, Tadamichi Oba,Tomohisa Irino
    Quaternary ScienceReviews, 29(21-22), 2900-2917, 2010年
  • 中部山岳地域の湖沼堆積物の有機炭素含有率を指標とした過去16万年間の気候変動復元
    公文富士夫,田原敬治
    地質学雑誌, 115(7), 344-356, 2009年08月リポジトリ
  • 最終間氷期の環境変動一日本列島陸域と周辺海域の比較と統合-
    公文富士夫,山本正伸,長橋良隆,青池寛
    地質学雑誌, 115(7), 301-310, 2009年07月リポジトリ
  • 野尻湖堆積物に基づく中部日本の過去7.2万年間の詳細な古気候復元
    公文富士夫・河合小百合・井内美郎
    旧石器研究, 5, 3-10, 2009年リポジトリ
  • Calcareous duricrust, Al Qasim Province, Saudi Arabia: Occurrence and origin
    Khalifa, M.A., Kumon, F. and Yoshida, K.,
    Quaternary International, 209, 163-174, 2009年, 査読有り
  • Natural and anthropogenic aquatic environmental changes reconstructed by paleolimnological analyses in Lake Kitaura, central Japan
    Naya, T., Tanimura, Y., Kanai, Y., Kumon, F. and Amano, K.
    Jour. Paleolimnology, 37, 547-563, 2007年
  • High-resolution reconstruction of late Pleistocene climate based on TOC content in a 54m sediment core drilled from Takano Formation, central Japan
    Tawara, T; Kumon, F; Nagahashi, Y; Kakuta, N; Nozue, Y
    Journal of the Sedimentological Society of Japan, 64, 37-41, 2007年リポジトリ電子ジャーナル
  • 長野県,高野層ボーリングコア(TKN-2004)に挟在する広域テフラ層の層序と編年
    長橋良隆・佐藤孝子・竹下欣宏・田原敬治・公文富士夫
    第四紀研究, 46(4), 305-325, 2007年リポジトリ
  • 湖沼の生物源粒子が陸源性粒子集団に及ぼす変化と木崎湖の洪水間隔
    伊藤拓馬・公文富士夫
    堆積学研究, 65, 15-27, 2007年リポジトリ
  • 長野県,高野層のボーリングコア試料の全有機炭素(TOC)含有率変動に基づく更新世後期の古気候変動の復元
    田原敬治, 公文 富士夫, 長橋良隆, 角田尚子, 野末泰宏
    地質学雑誌, 112(9), 568-579, 2006年09月リポジトリ
  • 湖底堆積物中の有機炭素含有率と湖水中の生物生産性,および気象要素との関係-長野県,木崎湖における21年間の湖沼観測からの検証-
    公文富士夫・金丸絹代・田原敬治・角田尚子・山本雅道・林 秀剛
    地質学雑誌, 111(10), 599-609, 2005年10月リポジトリ
  • 白駒池堆積物から推定される古環境
    野末泰宏・福島和夫・公文富士夫
    陸水学雑誌, 66(2), 81-92, 2005年02月電子ジャーナル
  • Estimation of sources and inflow of dioxins and polycyclic aromatic hydrocarbons from the sediment core of Lake Suwa, Japan
    Ikenaka, Y; Eun, H; Watanabe, E; Kumon, F; Miyabara, Y
    Environmental Pollution, 138(3), 529-537, 2005年WebofScience
  • 湖底堆積物からみた諏訪湖における汚染物質の集積過程
    公文富士夫,池中良徳
    第14回環境地質学シンポジウム論文集, 323-328, 2004年12月リポジトリ
  • 信州,木崎湖における最近の堆積物の年代と堆積速度
    公文富士夫・田原敬治・山本雅道
    山地水環境教育研究センター研究報告, 3, 77-84, 2004年04月リポジトリ
  • Characteristics of bottom surface sediments in relation to wind and wave action in Lake Kitaura, central Japan.
    Naya, T., Amano, K., Okada, M., Nakazato, R., Kumon, F. and Nirei, H.
    Jour. Geol. Soc. Japan, 110, 1-10, 2004年01月リポジトリ
  • 古気候指標としての湖沼堆積物中の全有機炭素・全窒素含有率の有効性
    公文富士夫
    第四紀研究, 42(3), 195-204, 2003年05月リポジトリ
  • 野尻湖湖底堆積物中の有機炭素・全窒素含有率および花粉分析に基づく約25,000~6,000年前の気候変動
    公文富士夫・河合小百合・井内美郎
    第四紀研究, 42(1), 13-26, 2003年01月リポジトリ
  • Holocene climate variability as deduced from the organic carbon and diatom records in the sediments of Lake Aoki, central Japan.
    Adhikari, D.P. Kumon, F. and Kawajiri K.
    地質学雑誌, 108, 249-265, 2002年04月リポジトリ
  • Climatic changes during the past 1300 years as deduced from the sediments of Lake Nakatsuna, central Japan
    Adhikari, D.P. and Kumon, F
    Limnology, 2, 157-168, 2001年12月電子ジャーナル
  • 岐阜県荘川村,御手洗川支流松山谷に分布する手取層群の堆積相
    公文富士夫,梅澤貴司
    地球科学, 55(6), 321-328, 2001年11月リポジトリ
  • 紀伊半島四万十帯,音無川層群のタービダイト砂岩の化学組成.
    公文富士夫,龍野敏晃
    地質学論集, (57), 91-96, 2000年09月
  • 砕屑岩研究の現状と21世紀への展望
    公文富士夫・君波和雄・保柳康一
    地質学論集, (57), 1-8, 2000年08月
  • Sedimentary features of the seismo-turbidites, Lake Biwa, Japan
    Shiki, T; Kumon, F; Inouchi, Y; Kontani, Y; Sakamoto, T; Tateishi, M; Matsubara, H; Fukuyama, K
    Sedimentary Geology, 135(1-4), 37-50, 2000年08月WebofScience
  • Climatic records during the last 40,000 years in Lake Nojiri, central Japan.
    Kumon, F. Ohno, R., Sakai, T. and Sakai, J.
    In Mikami, T.(ed.) Proceedings of the International Conference on the Climatic Change and Variability - Past, Present and Future -. Intern. Geographical Union, Comm. Climatology,, 41-44, 2000年03月
  • 長野県北西部,青木湖の成因と周辺の最上部第四紀層
    多 里英,公文富士夫,小林舞子,酒井潤一
    第四紀研究, 39(1), 1-13, 2000年01月リポジトリ
  • 湖底堆積物中の地震や洪水の記録-湖成タービダイト-
    公文富士夫
    月刊地球, 22(3), 156-161, 2000年
  • 「砕屑岩組成と堆積・造構環境」
    公文富士夫,君波和雄,保柳康一,竹内誠,武蔵野実,宮本隆実(編)
    地質学論集, (57), 2000年
  • 日本列島のペルム紀~白亜紀砂岩の改訂BI図と後背地の造構場.
    君波和雄,公文富士夫,宮本隆実,鈴木茂之,竹内 誠,吉田孝紀
    地質学論集, (57), 9-18, 2000年
  • 飯縄火山南東麓の逆谷地泥炭層
    富樫 均・酒井潤一・公文富士夫・小林舞子
    長野県自然保護研究所紀要, 2, 33-41, 1999年
  • An oceanic fragment in the Upper Cretaceous Miyama Formation of the Shimanto Belt, Kii Peninsula, Japan
    Kumon, F., Matsuyama, H.and Musashino, M.
    Mem. Geol. Soc. Japan, (48), 100-109, 1997年06月リポジトリ
  • 紀伊半島四万十累層群の上部白亜系龍神層に挟まれる酸性凝灰岩のフィッショントラック年代とその意義
    木村克己・別所孝範・坂本孝彦・公文富士夫・鈴木博之
    地質学雑誌, 102(2), 116-124, 1996年02月リポジトリ
  • Turbidites as records of intense palaeoearthquakes in Lake Biwa, Japan
    Yoshio, I; Kinugasa, Y; Kumon, F; Nakano, S; Yasumatsu, S; Shiki, T
    Sedimentary Geology, 104(1-4), 117-125, 1996年WebofScience
  • Modal and chemical compositions of the representative sandstones from the Japanese Islands and their tectonic implications
    F. Kumon, and K. Kiminam i
    In Kumon, F. and Yu, K-M.(eds.), Sandstone petrology in relation to tectonics, 135-151, 1994年リポジトリ
  • 古地震の震度指示者としての琵琶湖タービダイト
    井内美郎・衣笠善博・公文富士夫・安松貞夫・中野 聰・志岐常正
    地質学論集, 39, 61-70, 1994年
  • 砂岩の鉱物組成・化学組成と「造構場」
    公文, 富士夫;
    地球科学, 47(5), 465-469, 1993年09月リポジトリ
  • 日本列島の代表的砂岩のモード組成と造構場
    公文富士夫・君波和雄・足立 守・別所孝範・川端清司・楠 利夫・西村年晴・岡田博有・大上和良・鈴木茂之・寺岡昜司
    地質学論集, (38), 385-401, 1993年03月リポジトリ
  • 琵琶湖底表層堆積物の粒径分布
    公文富士夫・紙谷敏夫・須藤浩一・井内美郎
    地質学論集, (39), 53-60, 1993年03月リポジトリ
  • 古地震の震度指示者としての琵琶湖タービダイト
    井内美郎,衣笠善博,公文富士夫,安松貞夫,中野聴志,志岐常正
    地質学論集, 39, 61-70, 1993年03月リポジトリ
  • 沈降天秤法と比重計法の組合せによる泥質砂堆積物の粒度分析法
    岸 誠一・公文富士夫
    堆積学研究会報, (38), 101-106, 1993年リポジトリ
  • 火成弧に由来する砂岩の化学組成
    君波和雄・公文富士夫・西村年春・志岐常正
    地質学論集, (38), 361-372, 1992年03月
  • 四国東部の四万十帯白亜系の砂岩における斜長石粒子の曹長石化
    公文富士夫
    地質学論集, (38), 281-290, 1992年03月リポジトリ
  • 野尻湖の湖底ボーリング試料と音波反射層との対比
    公文富士夫・井内美郎
    地質学論集, (36), 167-178, 1990年11月リポジトリ
  • 泥質堆積物の粒度分析における超音波篩分法と比重計法の比較
    公文富士夫
    堆積学研究会報, (33), 57-61, 1990年11月リポジトリ
  • 長野県諏訪湖北方の新第三系横河川累層の中新世放散虫化石
    公文富士夫・佐藤玲子・小坂共栄
    信州大・理・紀要, 25(1), 25-33, 1990年10月リポジトリ
  • 音波探査による野尻湖底堆積物の層序と形成史
    野尻湖地質グループ音波探査サブグループ(井内美郎・公文富士夫・近藤洋一・鈴木一久)
    地団研専報, (32), 23-36, 1988年07月
  • Shimanto Belt in the Kii Peninsula, Southwest Japan
    Kumon, F., Suzuki, H., Nakazawa, K., Tokuoka, T., Harata, T., Kimura, K., Nakaya, S., Ishigami, T. and Nakamura, K.
    Modern Geology, 12, 71-96, 1988年
  • 紀伊西部中津村周辺の日高川層群美山累層 -紀伊半島四万十累帯の研究(その11)-
    紀州四万十帯団体研究グループ(公文富士夫ほか20名)
    地球科学, 40(4), 274-293, 1986年11月
  • Stratigraphic change of the coarse clastic rocks of the Shimanto Supergroup in eastern Shikoku, Southwest Japan
    Kumon, Fujio
    In Nasu et al..(eds.) Formation of active ocean margins, TERRAPUB, 819-833, 1986年07月リポジトリ
  • 紀伊半島半島四万十累帯日高川層群の改訂ジュラ紀最後期-白亜紀放散虫化石群集
    公文富士夫・松山尚典・中條健次
    化石, (41), 17-27, 1986年リポジトリ
  • 近畿地方北部,田倉山火山の地質と岩石
    田倉山団体研究グループ(小滝篤夫ほか13名)
    地球科学, 38(1), 143-160, 1985年01月
  • 近畿地方北部,田倉山火山周辺の第四紀堆積層
    田倉山団体研究グループ(小滝篤夫ほか12名)
    地球科学, 38(1), 31-43, 1984年05月
  • Environment of deposition of Cretaceous chert from the Shimanto Belt, Kii Peninsula, Southwest Japan
    Nakazawa, K., Kumon, F., Kimura, K., Matsuyma, H. and Nakajo, K.
    In Iijima, A., Hein, J.R. and Siever, R.(eds.), Siliceous deposits in the Pacific region. Devlpt. Sedmentl, (36), 395-412, 1984年01月電子ジャーナル
  • 四万十累帯日高川層群の寺そま層と白馬層について-紀伊半島四万十累帯の研究(その10)-
    紀州四万十団体研究グループ(鈴木博之ほか16名
    地球科学, 37(5), 235-249, 1983年09月
  • Coarse clastic rocks of the Shimanto Supergroup in eastern Shikoku and Kii Peninsula, Southwest Japan
    Kumon, Fujio
    Mem. Fac. Sci., Kyoto Univ., Ser. Geol..&Miner, 49, 63-109, 1983年リポジトリ
  • 紀伊半島四万十帯日高川層群の白亜紀放散虫化石。
    松山尚典・公文富士夫・中條健次
    大阪微化石研究会誌特別号, (5), 371-382, 1982年リポジトリ
  • 徳島県南部の四万十累帯白亜系
    公文富士夫
    地質学雑誌, 87(5), 277-295, 1981年05月リポジトリ
  • Occurrence of Cretaceous shallow-sea bivalves from the northern border of Shimanto trrain, Kii Peninsula, Southwest Japan
    K. Nakazawa, F. Kumon, and K. Kimura
    Trans. Proc. Palaeont. Soc. Japan, N.S, (113), 15-29, 1979年04月リポジトリ
  • 1976年9月,台風17号豪雨による小豆島での災害について
    公文富士夫・池田 碩・天野滋・志岐常正・飯田義正
    地球科学, 33(1), 26-42, 1979年01月
  • Shimanto geosyncline and Kuroshio Paleoland
    T. Harata, K. Hisatomi, F. Kumon, K. Nakazawa, M. Tateishi, H. Suzuki, and T. Tokuoka
    Jour. Phys. Earth, 357-366, 1978年リポジトリ
  • 和歌山県竜神村南部の日高川層群-紀伊半島四万十累帯の研究(その8)-
    紀州四万十帯団体研究グループ(原田哲朗ほか10名)
    地球科学, 31(6), 250-262, 1977年11月
  • 1974年7月の小豆島内海町での土石流災害について
    池田 碩・志岐常正・公文富士夫・飯田義正・山田 清
    地球科学, 31(1), 31-39, 1977年01月
  • 室戸半島北東部,徳島県宍喰町周辺の四万十累層群古第三系-層位学的・堆積学的検討-
    公文富士夫・井内美郎
    地質学雑誌, 82(6), 383-394, 1976年06月リポジトリ

MISC

  • 湖底コアの粒度と有機炭素・窒素含有率からみた畑谷大沼の古環境変遷
    公文富士夫・大友紘
    科学研究費補助金研究成果報告書, 208-227, 2003年03月
  • 烏丸半島学術ボーリング試料の堆積相と粒度分析から見た琵琶湖南湖周辺の古環境変遷.
    公文富士夫・今井 肇
    琵琶湖博物館研究報告, (12), 61-74, 1999年
  • 琵琶湖深層ボーリング資料から見た近江盆地の構造運動と堆積環境.
    公文富士夫
    琵琶湖博物館研究報告, (12), 155-162, 1999年
  • 琵琶湖のタービダイトと古地震
    公文富士夫・井内美郎・安松貞夫
    月刊地球,号外, (8), 118-122, 1993年09月
  • 湖沼汚染底質の浄化手法に関する研究
    石原丈実・井内美郎・斎藤文紀・片山 肇・宮田雄一郎・稲崎富士・大久保泰邦・松永恒雄・寺島 滋・寺島美南子・安田 聰・斎藤英二・渡辺和明・宮崎純一・竹内三郎・吉川秀樹・沖野外輝夫・公文富士夫・川村 実
    平成4年度国立機関公害防止等試験研究成果報告書, 50ー1~20, 1993年07月
  • 加速器14C年代測定による野尻湖層の編年-野尻湖における火山灰層序および人類考古の研究に関連して
    沢田 健・公文富士夫・秋山雅彦・中村俊夫・中井伸之・有田陽子・野尻湖人類考古グループ
    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書, (4), 164-176, 1993年03月
  • Permian brachiopods of the Kapp Starostin Formation, west Spitsbergen
    K.Nakaura, J. Tazawa and F. Kumon
    Investigation of the Upper Carboniferous: Upper Permian succession of West Spitsbergen, 77-95, 1992年03月

書籍等出版物

  • BAR International Series 2352
    Kumon, F., Kawai, S. and Inouchi, Y., 共著, High-resolution climate reconstruction during the past 72 ka from pollen, total organic carbon (TOC) and total nitrogen (TN) analyses of the drilled sediments in Lake Nojiri, central Japan.
    Arhaeopress, 1-12 2012年
  • 仁科三湖の地形と堆積物から見た糸-静線の活動像
    公文富士夫・井内美郎,塚原弘昭, 共著, 地震と防災
    信濃毎日新聞社, 89-106 2004年04月
  • 堆積物と堆積岩
    保柳康一・公文富士夫・松田博貴, 共著, 砕屑粒子の運動,珪質堆積物,砂岩と礫岩,湖沼堆積物
    共立出版, 6-14,51-59,94-106,113-115 2004年04月
  • 仁科三湖の地形と堆積物から見た糸-静線の活動像
    公文富士夫・井内美郎, 共著
    塚原弘昭編著,地震と防災信濃毎日新聞社, 89-106頁 2002年
  • Lake Kizaki: Limnology and Ecology of a Japanese Lake
    F. Kumon, 単著, Paleolimnological studies
    Blackhuys Publishers, 55-62 2001年
  • 57
    共著, 砕屑岩組成と堆積・造構環境
    地質学論集, 2000年09月
  • 新版 砕屑物の研究法
    共著
    地学団体研究会, 1998年09月
  • 見る知る信州の自然大百科
    共著
    郷土出版社, 322-325, 327-329, 332-333, 346-347 1997年07月
  • 新版 地学事典
    共著
    平凡社, 1996年10月
  • 信州の地質めぐり
    地学団体研究会松本支部編(編集委員黒田吉益ほか19名), 共著
    郷土出版社, 8-23, 72-87, 98-107, 186-193 1995年07月
  • 信州の四億年
    公文富士夫, 共著, 湖底に刻まれた記憶を読む
    郷土出版社, 47-70 1994年09月
  • Proceedings of 29th IGC, Part A
    共著, Sandstone petrology in relation to tectonics.
    VSP, Utrecht, 67-194 1994年
  • The Japanese Scientific Expeditions to Svalbard, 1983-1988
    Nakazawa, K. Suzuki, H., Kumon, F. and Winsnes, T.S, 共著
    Kyoikusha, 173-214 1990年
  • 6
    公文富士夫・鈴木博之, 共著, 近畿地方 第2章 (2)日高川帯
    共立出版社, 92-100 1987年07月

担当経験のある科目_授業

  • 物循基礎実習Ⅰ・Ⅱ
    信州大学
  • 地球システム解析学実習I
    信州大学
  • 地球システム解析学実習II
    信州大学
  • システム解析学セミナー
    信州大学
  • 科学英語
    信州大学
  • 山岳地堆積論
    信州大学
  • 地学概論II
    信州大学
  • 地球環境史学
    信州大学
  • 陸水系堆積論
    信州大学
  • 堆積岩岩石学
    信州大学

所属学協会

  • 2000年
    日本第四紀学会
  • 1984年 - 2010年
    SEPM
  • 1984年
    国際堆積学会(IAS)
  • 1984年
    アメリカ地質学会
  • 1980年
    日本堆積学学会
  • 1974年
    日本地質学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本列島における過去40万年間の古気候変動の高精度解析
    科学研究費補助金, 学術振興会, 基盤研究(B)
    2008年 - 2006年
  • 「湖沼堆積物に基づく古環境変動の高精度解析-中部山岳地域を例として-」
    科学研究費補助金, 学術振興会, 基盤研究(B)
    2005年 - 2003年
  • 古気候学
    1999年 - 2015年
  • 湖沼堆積学
    1983年 - 2015年
  • 砂岩岩石学
    1975年 - 2002年

社会貢献活動

  • 信州の山と人々の暮らし
    SBC公開講座, 2008年01月19日 - 2008年02月23日
  • 第四紀学会評議員, 2007年08月01日 - 2013年07月31日
  • 第四紀学会 編集幹事, 2007年08月01日 - 2009年07月31日
  • 日本地質学会, 2006年05月20日 - 2008年05月20日