鈴木 香奈子 (スズキ カナコ)   

学術研究院(農学系)

農学部 農学生命科学科 植物資源科学コース 

助教 

学位

  • 農学博士, 東京大学大学院

研究キーワード

    緑肥、有機物、根瘤病、キャベツ、リン溶解、マメ科作物、高冷地

研究分野

  • 作物生産科学, 高冷地生物生産管理学

経歴

  • 2013年 - 2019年
    International Institute of Tropical Agriculture (IITA)、Postdoctoral Fellow, Associate Scientist
  • 2008年 - 2013年
    国際農林水産業研究センター、特別研究員
  • 2001年 - 2003年
    青年海外協力隊、ブルキナファソ 村落開発普及員

学歴

  • 2008年, 東京大学大学院 , 農学生命科学研究科, 農学国際専攻
  • 2001年, 東京大学大学院, 農学生命科学研究科, 農学国際専攻
  • 1999年, 岩手大学, 農学部, 農業生産環境工学科

論文

  • Effect of phosphorus application on the performance of some cowpea lines (on printing)
    Kanako Suzuki, Christian Fatokun, Ousman Boukar
    Agronomy Journal, 2021年, 査読有り
    筆頭著者, 責任著者
  • Increasing pearl millet [Pennisetum glaucum (L.)] productivity by combining micro-dosing of chemical fertilizer and local organic matters in the Sahel region, Niger
    Kanako Suzuki, Kensuke Okada, Takeru Higashimaki
    Tropical Agriculture and Development, 64(4), 189-200, 2020年12月, 査読有り
    筆頭著者, 責任著者
  • 準高冷地において選抜・育成した飼料用極早生ライムギの特性
    畑亮太郎, 野田泰良, 太田岳志, 桶川瑠美, 平嶋千寛, 鈴木香奈子, 小山内光輔, 関根平, 野宮桂, 春日重光
    北陸作物学会報, 55, 19-22, 2020年03月
  • Impact of soil fertility management practices on the nutritional quality of soybean (Glycine max (l.) Merr.) varieties grown in Eastern Zambia
    Alamu E.O., Gondwe T., Akinwale, G., Suzuki K., Chisonga C., Chigeza G., Busie M.
    Congent Food and Agriculture, 5, 1671117, 2019年
  • Responses of Cowpea Genotypes to Indigenous Rock Phosphate Application
    Suzuki, Kanako; Fatokun, Christian; Boukar, Ousmane;
    Agronomy Journal, 110(5), 1960-1973, 2018年WebofScience電子ジャーナル
  • Effects of long-term application of mineral and organic fertilizers on dynamics of nitrogen pools in the sandy soil of the Sahel region, Niger
    Suzuki, Kanako; Matsunaga, Ryoichi; Hayashi, Keiichi; Matsumoto, Naruo; Tobita, Satoshi; Bationo, Andre; Okada, Kensuke;
    AGRICULTURE ECOSYSTEMS & ENVIRONMENT, 242, 76-88, 2017年WebofScience電子ジャーナル
  • Long-Term Effects of Fertilizer and Organic Matter Application on Millet in Niger
    Suzuki, Kanako; Matsunaga, Ryoichi; Hayashi, Keiichi; Matsumoto, Naruo; Tobita, Satoshi; Bationo, Andre; Okada, Kensuke;
    Agronomy Journal, 108(2), 873-883, 2016年WebofScience電子ジャーナル
  • 西アフリカ・ニジェール共和国サヘル地域の村落における農業技術普及の試み -ティラベリ州サイ県サイ市近郊の2村における実証調査の実例-
    鈴木香奈子、大前英、DJIBO Zainabou、東槇健
    熱帯農業研究, 8, 53-66, 2015年
  • Effects of traditional soil management practices on the nutrient status in Sahelian sandy soils of Niger, West Africa
    Suzuki, Kanako; Matsunaga, Ryoichi; Hayashi, Keiichi; Matsumoto, Naruo; Tabo, Ramadjita; Tobita, Satoshi; Okada, Kensuke;
    Geoderma, 223, 1-8, 2014年07月WebofScience電子ジャーナル
  • Effects of Plant Residue, Root Exudate and Juvenile Plants of Rapeseed (Brassica napus L.) on the Germination, Growth, Yield, and Quality of Subsequent Crops in Successive and Rotational Cropping Systems
    Yasumoto, Satoko; Suzuki, Kanako; Matsuzaki, Morio; Hiradate, Shuntaro; Oose, Kenji; Hirokane, Hisako; Okada, Kensuke;
    Plant Production Science, 14(4), 339-348, 2011年10月WebofScience
  • Applicability of phosphate buffer extractable organic nitrogen as an indicator of available nitrogen in the sandy soils of the Sahel zone of Niger, West Africa
    Suzuki, Kanako; Matsunaga, Ryoichi; Hayashi, Keiichi; Matsumoto, Naruo; Tobita, Satoshi; Okada, Kensuke;
    Soil Science and Plant Nutrition, 54(3), 449-458, 2008年06月WebofScience電子ジャーナル

MISC

  • Increasing cowpea productivity in sub-Saharan Africa.
    Suzuki K, Fatokun C, Boukar O
    IITA 2017 Annual Report, 50 years of research and development: serving the African farmers and communities., 29-31, 2017年
  • ニジェールにおける自然資源保全管理のためのガイドラインの整備.
    東槇健、竹中浩一、山田雅一、竹内俊英、廣瀬千佳子、小林勤、宮崎良、清水直也、保久丈太郎、鈴木香奈子、篠原統吾
    国際農林水産業研究成果情報, 2012年
  • 熱帯低肥沃質土壌の可給態窒素量は吸光度測定法で推定できる.
    鈴木香奈子、岡田謙介、林慶一、松永亮一、松本成夫、飛田哲.
    国際農林水産業研究成果情報, 2007年

書籍等出版物

  • Agricultural technique dissemination guide book ; Une utilization efficace de la technique de microdose d’engrais
    Suzuki K., Djibo Z.
    Japan International Research Center for Agricultural Sciences (JIRCAS), 2012年

講演・口頭発表等

  • 高冷地における緑肥作物導入がキャベツ根瘤病の発生に及ぼす影響
    鈴木香奈子
    日本土壌肥料学会 北海道大会, 2021年09月14日, 北海道大学
  • Increasing cowpea productivity by combining rock phosphate and arbuscular mycorrhizal fungi inoculation in sub-Saharan Africa.
    Suzuki K, Fatokun C, Boukar O
    Tropentag 2017, 2017年, University of Bonn
  • Response of cowpea and common bean to low P and drought: traits and yields.
    "5. Belko N., Suzuki K., Burridge J., Duarte N., Ricaurte J., Rao I.M., Lynch J., Fatokun C., Boukar O., Beebe S.E."
    CGIAR Dry-land Creals and Grain Legumes research Programs Review Meeting, 2016年
  • High thorughput plant phenotyping for adaptation to drought-prone and low phosphorus environments in cowpea: Recent progress and future prospects.
    "4. Belko N., Suzuki K., Burridge J.D., Cid P., Worou N., Moukoumbi Y.D., Salack S., Vadez V., Lynch J.P., Sinclair T.R., Fatokun C., Boukar O"
    Pan-African Grain Legume & World Cowpea Conference, 2016年
  • Responses of cowpea genotypes to rock phosphate application.
    Suzuki K, Fatokun C, Boukar O
    Pan-African Grain Legume & World Cowpea Conference, 2016年
  • Effect of phosphorus (P) application on nutrient uptake, biomass, pod and seed formation in cowpea [Vigna unguiculate (L.) Walp].
    Suzuki K, Fatokun C, Boukar O
    The Africa Soil Science Society, 2016年, The 7th International Conference of the Africa Soil Science Society
  • ニジェール共和国のサヘル地域における化学肥料の少量局所施肥(マイクロドーズ)と村内有機物の施用がトウジンビエ(Pennisetum glacume L.)の収量と土壌の肥沃性に及ぼす効果 ~農家圃場における2年間の調査結果を通して~
    鈴木香奈子、岡田謙介、東槇健
    日本熱帯農業学会 第113回, 2013年, 日本熱帯農業学会
  • ニジェール共和国のサヘル地域における化学肥料の少量局所施肥(マイクロドーズ)と村内有機物の施用がトウジンビエ(Pennisetum glaucum L.)の収量と土壌肥沃度に及ぼす影響
    鈴木香奈子、岡田謙介、東槇健
    日本熱帯農業学会 第111回講演会, 2012年, 日本熱帯農業学会

所属学協会

  • 日本土壌肥料学会、日本熱帯農業学会、日本作物学会北陸支部会、American Society of Agronomy、Soil Science Society of America

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 高冷地におけるベニバナインゲンの根の土壌中のリン溶解機能と適切なリン養分の施用量、ビニルマルチ有り無し条件下におけるリン養分施用の影響の特定
    公益財団法人 タカノ農芸化学研究助成財団
    2021年05月 - 2021年05月31日
  • 高冷地地域で栽培したレタスの優位性の指標特定
    共同研究, 長野県
    2020年06月01日 - 2021年03月31日
  • 植物エクソソームを活用したアンチエイジング・スキンケア青汁飲料の開発
    共同研究, ヤクルトヘルスフーズ株式会社
    2020年 - 2022年
  • 高冷地栽培における緑肥を用いた環境保全農法システムの構築
    公益財団法人 信州農林科学振興会
    2019年07月 - 2020年07月
  • アフリカの乾燥サバンナおよびサヘル地域における作物の水および土壌肥沃度利用効率の向上
    受託研究, 外務省
    2013年07月 - 2019年02月
  • キャベツの根瘤病軽減の手法開発、ベニバナインゲンの根の機能解明

社会貢献活動

  • 地元感謝デー
    講師
    長野県南佐久郡南牧村野辺山, 2019年 - 2019年