浅村 英樹 (アサムラ ヒデキ)   

学術研究院(医学系)

医学部 医学科 法医学 

教授 

学位

  • 医学博士, 信州大学

研究キーワード

    DNA多型

研究分野

  • DNA多型

経歴

  • 2000年
    信州大学医学部 助手

学歴

  • 1997年, 琉球大学, 医学部

受賞

  • 2007年
    日本法医学会, 日本法医学会学術奨励賞

論文

  • 硬組織からDNA抽出を試みる際の最適部位の検討
    小田切智海,佐藤紀子,塩崎哲也,原山雄太,林德多郎,小林寬也,浅村英樹.
    DNA多型, 30, 65-68, 2022年, 査読有り
  • One Case in which Domestic Unapproved Antidepressant Doxepin Poisoning Was Considered to be the Main Cause of Death.
    Kobayashi K, Shiozaki T, Sato N, Otagiri T, Harayama T, Matsumoto M, Hayashi T, Asamura H.
    法医学の実際と研究, 65, 147-154, 2022年, 査読有り
  • Mutation analysis for 25 Y-STR markers in Japanese population.
    Otagiri T, Sato N, Shiozaki T, Harayama Y, Hayashi T, Kobayashi K, Asamura H.
    50, 101860-101860, 2021年05月, 査読有り
    最終著者
  • Mutation analysis for 25 Y-STR markers in Japanese population.
    Otagiri T, Sato N, Shiozaki T, Harayama Y, Hayashi T, Kobayashi K, Asamura H.
    50, 101860-101860, 2021年05月, 査読有り
    最終著者
  • Mutation analysis for 25 Y-STR markers in Japanese population.
    Otagiri T, Sato N, Shiozaki T, Harayama Y, Hayashi T, Kobayashi K, Asamura H.
    50, 101860-101860, 2021年05月, 査読有り
    最終著者
  • A Case of Infant Suffocation due to Incorrect Use of the Nursing Pillow.
    Sato N, Shiozaki T, Otagiri T, Hayashi T, Kobayashi K, Asamura H.
    64, 183-186, 2021年, 査読有り
    最終著者
  • 腐敗死体におけるDNA鑑定試料の検討.
    小田切智海, 佐藤紀子, 塩崎哲也,原山雄太, 小林寛也, 林德多郎, 浅村英樹
    DNA多型, 28, 78-81, 2020年07月, 査読有り
    最終著者, 責任著者
  • 乳児の水風船による軌道閉塞の一例
    梶原 貴,髙松英司,小田切智海,塩崎哲也,佐藤紀子,小林寛也,林德多郎,浅村英樹
    法医学の実際と研究, 62, 125-128, 2019年
  • Yfiler Plus PCR Amplification kitを用いた日本人集団の多型解析と個人識別機能の評価
    小田切智海,佐藤紀子,塩崎哲也,小林寛也,林德多郎,浅村英樹
    DNA多型, 27, 148-151, 2019年
  • Wild-type ATTR amyloidosis may be associated with unexpected death among the elderly
    Tetsuya Shiozaki, Noriko Sato, Tokutaro Hayashi, Kobayashi K , Hideki Asamura
    Legal Medicine, 41, 2019年
  • 心臓繊維種が死因と考えられた乳児突然死の1例
    林德多郎,塩崎哲也,佐藤紀子,浅村英樹
    法医学の実際と研究, 61, 43, 2018年
  • High-Frequency Heating Extraction Method for Sensitive Drug Analysis in Human Nails
    Takahashi F, Kobayashi M, Kobayashi A, Kobayashi K, Asamura H.
    MOLECULES, 23, doi:10.3390/Molecules23123231, 2018年電子ジャーナル
  • 硬組織試料のDNA抽出法―脱灰処理条件と抽出効率の比較検討―
    永井みどり,佐藤紀子,塩崎哲也,浅村英樹
    DNA多型, 25, 123-126, 2017年07月28日
  • 11 X-STRs mulutiplexシステム及び19INDELs フラグメント解析システムによる日本人集団遺伝子解析
    佐藤紀子,塩崎哲也,永井みどり,太田正穂,浅村英樹
    DNA多型, 25, 161-163, 2017年07月28日
  • Development of Multiple Assays using 46 SNPs for Comprehensive mtDNA Haplogrouping and Application to Highly Degraded DNA.
    Nunotani M, Sato N, Kamei S, Shiozaki T, Hayashi T, Asamura H.
    J Forensic Sci, 61, 472-477, 2016年, 査読有り
  • 10 X-STRs multiplex systemを用いた日本人集団遺伝子解析.
    布谷美弥,佐藤紀子,永井みどり,塩崎哲也,林德多郎,浅村英樹.
    DNA多型, 24, 229-231, 2016年
  • Analysis of 30 insertion-deletion polymorphisms in the Japanese population using th e Investigator DIPplex® kit.
    Nunotani M, Shiozaki T, Sato N, Kamei S, Takatsu K, Hayashi T, Ota M, Asamura H.
    Legal Medicine, 17, 467-470, 2015年
  • 日本人集団における30insertion-deletion多型解析.
    塩崎哲也, 布谷美弥, 佐藤紀子, 亀井佐矢子,髙津香奈絵, 林德多郎, 浅村英樹
    DNA多型, 23, 116-117, 2015年
  • 硬組織における脱灰時間のDNA抽出効率への影響.
    亀井佐矢子,佐藤紀子, 布谷美弥, 髙津香奈絵, 塩崎哲也, 林德多郎, 浅村英樹
    DNA多型, 23, 131-1333, 2015年
  • 抗凝固療法中に関連すると考えられた特発性後腹膜血腫の一剖検例.
    佐藤紀子,塩崎哲也,髙松英司, 布谷美弥, 亀井佐矢子,林德多郎,浅村英樹. 
    法医学の実際と研究., 58, 145-148, 2015年
  • Analysis of Y chromosome haplogroups in Japanese population using short amplicons and its application in forensic analysis.
    Harayama Y, Kamei S, Sato N, Hayashi T, Shiozaki T, Ota M, Asamura H.
    Legal Medicine, 16, 20-25, 2014年
  • Molecular analysis of potassium ion channel genes in sudden death cases among patients administered psychotropic drug therapy: are polymorphisms in LQT genes a potential risk factor?
    Kamei S, Sato N, Harayama Y, Nunotani M, Takatsu K, Shiozaki T, Hayashi T, Asamura H.
    . J Hum Genet., 59, 95-99, 2014年
  • Molecular analysis of potassium ion channel genes in sudden death cases among patients administered psychotropic drug therapy: are polymorphisms in LQT genes a potential risk factor?
    Kamei S, Sato N, Harayama Y, Nunotani M, Takatsu K, Shiozaki T, Hayashi T, Asamura H
    J Hum Genet, 59, 95-99, 2014年
  • Analysis of Y chromosome haplogroups in Japanese population using short amplicons and its application in forensic analysis
    Harayama Y, Kamei S, Sato N, Hayashi T, Shiozaki T, Ota M, Asamura H
    Leg Med, 16, 20-25, 2014年
  • 変性DNAに有効なミトコンドリアDNA系統分類法の開発
    布谷美弥, 佐藤紀子, 原山雄太, 髙津香奈絵, 塩崎哲也, 林德多郎, 太田正穂, 浅村英樹
    DNA多型, 22, 118-120, 2014年
  • 精神病薬服用者の突然死と心臓カリウムチャネル遺伝子変異の関連
    髙津香奈絵, 亀井佐矢子,佐藤紀子, 原山雄太, 布谷美弥, 塩崎哲也, 林德多郎, 太田正穂, 浅村英樹
    DNA多型, 22, 184-186, 2014年
  • 脱法ハーブ吸入後の吐物吸引窒息の一例
    桃澤千昭,小林寛也,塩崎哲也,佐藤紀子,布谷美弥, 亀井佐矢子,林德多郎,浅村英樹
    法医学の実際と研究, 57, 69-73, 2014年
  • Short ampliconに基づいたSNP解析によるY染色体系統分類法と法医 実務試料への応用.
    原山雄太,亀井佐矢子,佐藤紀子,林德多郎,塩崎哲也,太田正穂,浅村英樹
    DNA多型, 21, 193-195, 2013年
  • 経口摂取による急性フッ化水素酸中毒の一剖検例.
    林德多郎, 塩崎哲也,佐藤紀子, 浅村英樹
    法医学の実実際と研究, 56, 139-143, 2013年
  • Trial investigation of post-mortem non-invasive transnasal endoscopy.
    Asamura H, Shiozaki T, Sato N, Hayashi T
    Forensic Science International, 220, 184-190, 2012年
  • 性染色体上SNPs解析法に関する比較検討(第2報)
    原山雄太,沖 貴仁,塚田和彦,林德多郎,太田正穂,浅村英樹
    DNA多型, 20, 187-189, 2012年
  • 地震災害による熱中症の1剖検例.
    林德多郎,塩崎哲也,佐藤紀子,浅村英樹
    法医学の実際と研究, 55, 117-120, 2012年
  • Development of multiplex assay with 16 SNPs on X chromosome for degraded samples.
    Oki T, Hayashi T, Ota M, Asamura H.
    Legal Medicine, 14(1), 11-16, 2012年
  • Y染色体系統分類へのMiniPCR-SNPs法の応用(第2報)
    沖貴仁, 林德多郎, 太田正穂, 浅村英樹
    DNA多型, 19, 221-222, 2011年
  • 短時間で重篤化したMDMA中毒死例
    林德多郎,伊藤誠,沖貴仁,浅村英樹
    法医学の実際と研究, 54, 135-140, 2011年
  • 生物医学研究推進のためのフィリピン産カニクイザルMHCクラスII遺伝子(Mafa-DR-DQ)の多型解析
    太田正穂, 浅村英樹, 田中景子, 北夕紀, 猪子英俊, 椎名隆, 勝山善彦, 小田部耕二, 坂本憲吾, 倉田昌明, 野村護, 山中久, 中川博司
    DNA多型, 19, 47-49, 2011年
  • Unusual body posture after death leading to signs of strangulation.
    Asamura H, Oki T, Ota M, Fukushima H
    Am J Forensic MedPathol, 31, 195-197, 2010年
  • Unusual intracranial stab wounds inflicted with metal tent stakes for a case involving a family murder suicide.
    Oki T, Asamura H, Hayashi T, Ota M.
    Forensic Science Int., 202, 9-21, 2010年
  • 排気ガスの自殺の一事例
    林德多郎,浅村英樹,沖貴仁
    法医学の実際と研究, 53, 71-74, 2010年
  • 劣化試料に対するMiniX-STR法及びMiniXPCR-SNPs法の有効性
    沖貴仁,林德多郎,太田正穂,浅村英樹
    DNA多型., 18, 174-175, 2010年
  • An Unusual Case of Shaken Baby Syndrome Involving a Popular Baby Chair.
    Asamura H, Hayashi T, Oki T, Ota M, Fukushima H.
    Res.Pract.Forens. med., 52, 217-220, 2009年
  • An Unusual Suicide Case of the Combination of Asphyxia.
    Asamura H, Ito M, Fukushima H.
    Am J Forensic Med Pathol., 30, 215-217, 2009年
  • Restriction enzyme analysis of PCR products.
    Ota M, Asamura H, Oki T, Sada M.
    Methods Mol Biol., 578, 405-414, 2009年
  • Evaluation of miniY-STR multiplex PCR systems for extended 16 Y-STR loci.
    Asamura H, Fujimori S, Ota M, Oki T, Fukushima H.
    Int J Legal Med, 122, 43-49, 2008年
  • Population data on 10 non-CODIS STR loci in Japanese population using a newly developed multiplex PCR system.
    Asamura H, Ota M, Fukushima H.
    Forensic Leg Med, 15(8), 519-523, 2008年
  • Y染色体16座位を用いたMiniY-STR multiplex system
    浅村英樹, 沖貴仁, 太田正穂, 福島弘文
    DNA多型, 16, 25-260, 2008年
  • HLA-B トリプレット抗原保有者の遺伝子構造解析とTCRレパートリー解析
    太田正穂, 浅村英樹, 沖貴仁, 福島弘文, 勝山善彦,Siamak Bahram
    DNA 多型, 16, 159-162, 2008年
  • MiniSTR multiplex systems based on non-CODIS loci for analysis of degraded DNA samples.
    Asamura H, Fujimori S, Ota M, Fukushima H.
    Forensic Science Int, 173, 7-15, 2007年
  • 救急蘇生処置に起因する死体変化の検討
    浅村英樹, 沖貴仁, 太田正穂, 福島弘文
    法医学の実際と研究, 50, 147-152, 2007年
  • 劣化DNA試料に有効な常染色体MiniSTR multiplex system
    浅村英樹, 藤森林, 小林寛也, 太田正穂, 沖貴仁, 福島弘文
    DNA多型, 15, 296-298, 2007年
  • 日本人におけるFcレセプター様3遺伝子(FCRL3)の多型解析
    太田正穂, 浅村英樹, 藤森林, 福島弘文, 勝山善彦, 梅村武司
    DNA 多型, 15, 205-207, 2007年
  • Highly sensitive HLA-DNA typing from formalin-fixed and paraffin-embedded tissue samples
    Ota, M; Shimada, K; Asamura,H; Katsuyama, Y; Fukushima, H
    AMERICAN JOURNAL OF FORENSIC MEDICINE AND PATHOLOGY, 27(4), 347-351, 2006年WebofScience
  • Japanese population data for eight X-STR loci using two new quadruplex systems
    Asamura, H; Sakai, H; Ota, M; Fukushima, H
    INTERNATIONAL JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, 120(5), 303-309, 2006年WebofScience
  • MiniX-STR multiplex system population study in Japan and application to degraded DNA analysis
    Asamura, H; Sakai, H; Kobayashi, K; Ota, M; Fukushima, H
    INTERNATIONAL JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, 120(3), 174-181, 2006年WebofScience
  • Allele frequencies of the six miniSTR loci in a population from Japan
    Asamura, H; Uchida, R; Takayanagi, K; Ota, M; Fukushima, H
    INTERNATIONAL JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, 120(3), 182-184, 2006年WebofScience
  • Personal Identification of Femurs with Length Disparity Recovered from Separate Locations
    Asamura H, Sakai H, Ota M, Kobayashi K, Tsukada K, Saito S, Oki T, Fukushima H
    Res Pract Forens Med, 48, 237-239, 2005年
  • Hepatic portal venous gas on postmortem CT scan
    Asamura H, Ito M, Takayanagi K, Kobayashi K, Ota M, Fukushima H
    Legal Medicine, 7, 326-330, 2005年
  • ミニブタの組織適合性抗原(SLA)多型解析
    太田正穂,高柳カヨ子,浅村英樹,勝山善彦,安藤麻子,三吉由佳里,佐田正晴,福島弘文
    DNA多型, 13, 104-107, 2005年
  • 歯牙からのDNA抽出と汚染防止
    福島弘文,浅村英樹,高柳カヨ子,太田正穂
    DNA多型, 13, 183-184, 2005年
  • Molecular genetic analysis of cis-AB phenotype of the ABO blood group system
    Asamura H, Ota M, Takayanagi K, Ando H, Fukushima H
    Res Pract Forens Med, 47, 193-196, 2004年
  • Investigation of mtDNA heteroplasmy discordance between mother and child
    Takayanagi K, Asamura H, Tsukada K, Ota M, Fukushima H
    Progress in Forensic Genetics,ELSEVIER, 10, pp 380-382, 2004年
  • Simultaneous PCR of eight loci for very short Y-STR fragment size
    Tsukada K, Takayanagi K, Asamura H, Ota M, Kobayashi K, Fukushima H
    Progress in Forensic Genetics,ELSEVIER, 10, pp 322-324, 2004年
  • 長野県七五三掛遺跡出土人骨の頭蓋骨および下顎骨のミトコンドリアDNA解析
    浅村英樹,高柳カヨ子,塚田和彦,小林寛也,太田正穂,福島弘文,田中和彦
    DNA多型, 12, 141-142, 2004年
  • 抗HLAクラスI抗体の方法別検出感度と血小板輸血患者における方法別抗体検出率‐AHG-LCT, LIFT, PIFT, M-MPHAおよびFlowPRAの比較
    斉藤敏,太田正穂,勝山善彦,牧島秀樹,玉井豊広,高柳カヨ子,浅村英樹,福嶋弘文
    日本輸血学会雑誌, 50, 753-760, 2004年
  • 毛髪と血液間におけるmtDNA heteroplasmy
    高柳カヨ子,浅村英樹,塚田和彦,太田正穂,福島弘文
    DNA多型, 12, 113-116, 2004年
  • Unusual characteristic patterns of postmortem injuries
    Asamura H, Takayanagi K, Ota M, Kobayashi K, Fukushima H
    JOURNAL OF FORENSIC SCIENCES, 49(3), 592-594, 2004年WebofScience
  • Case of shaken baby syndrome in Japan caused by shaking alone
    Asamura H, Yamazaki K, Mukai T, Ito M, Takayanagi K, Ota M, Fukushima H
    PEDIATRICS INTERNATIONAL, 45, 117-119, 2003年
  • 微量骨組織からのDNA抽出
    浅村英樹,高柳カヨ子,塚田和彦,太田正穂,福島弘文
    DNA多型, 11, 143-146, 2003年
  • 毛髪による人獣鑑別
    高柳カヨ子,浅村英樹,塚田和彦,太田正穂,福島弘文
    DNA多型, 11, 16-18, 2003年
  • シデムシにより短期間で白骨化した2例
    高柳カヨ子,浅村英樹,塚田和彦,太田正穂,吉田利男,福島弘文
    法医学の実際と研究, 46, 143-146, 2003年
  • Multiplex short tandem repeat typing in degraded samples using newly designed primers for the TH01, TPOX, CSF1PO, and vWA loc
    Tsukada K, Takayanagi K, Asamura H, Ota M, Fukushima H
    Legal Medicine, 4, 239-245, 2002年
  • 山中より発見された骨片のDNA分析
    浅村英樹,高柳カヨ子,塚田和彦,太田正穂,福島弘文
    DNA多型, 10, 271-273, 2002年
  • Personal Identification by Mitochondrial DNA Control Region: Cases of Severely Damaged Cadaver Lacking Dental
    Asamura H, Takayanagi K, Ota M, Kurita H, Kurashina K, Fukushima H
    Res Pract Forens Med, 45, 157-161, 2002年
  • STR multiplex systemによる陳旧性血痕からのDNA typing
    塚田和彦,高柳カヨ子,浅村英樹,太田正穂,斉藤敏,福島弘文
    DNA多型, 10, 210-212, 2002年
  • Molecular genetic analysis of the Am phenotype of the ABO blood group system
    Asamura H, Ota M, Takayanagi K, Saito S, Tsukada K, Fukushima H
    VOX SANGUINIS, 83(3), 263-267, 2002年WebofScience
  • Sudden Death of a Youth due to Pulmonary Thromboembolism Associated with Chronic Venous Thrombosis Limbs.
    Asamura H, Ito M, Takayanagi K, Fukushima H.
    Res. Pract. Forens. Med., 44, 249-252, 2001年
  • 死後に発生した横隔膜ヘルニアの1例.
    浅村英樹、高柳カヨ子、伊藤誠、福澤道夫、大西雄太郎、福島弘文.
    法医学の実際と研究, 44, 107-110, 2001年
  • ミトコンドリアDNAのHV2領域-SSCP法によるヘテロプラスミーの解析-
    浅村英樹、高柳カヨ子、塚田和彦、斉藤敏、太田正穂、福島弘文.
    DNA多型, 9, 272-273, 2001年
  • 毛幹部からのDNA抽出法の検討
    高柳カヨ子、浅村英樹、塚田和彦、太田正穂、斉藤敏、福島弘文.
    DNA多型, 9, 59-64, 2001年
  • The Stracture, Frequency, and Forensic Application of the STR Locus D16S543 in the Japanese Population
    C. Liu, M. Ota, Y. Katsuyama, K. Takayanagi, H. Asamura, H. Fukushima.
    J. Forensic Sci., 46(1), 116-119, 2001年
  • Allelic structure and distribution of two STR loci, D8S58O and D22S442, in the Japanese population
    Ota, M; Katsuyama, Y; Liu, CY; Takayanagi, K; Asamura, H; Fukushima, H
    Forensic Science International, 119(1), 82-86, 2001年WebofScience
  • The structure, frequency, and forensic application of the STR locus D16S543 in the Japanese population
    Liu, CY; Ota, MS; Katsuyama, Y; Takayanagi, K; Asamura, H; Fukushima, H
    JOURNAL OF FORENSIC SCIENCES, 46(1), 116-119, 2001年WebofScience
  • Investigation of ACTBP2 mutations in the Japanese population
    C. Liu, K. Takayanagi, H. Asamura, M. Ota, H. Fukushima他2名
    Legal Medicine, 2(2), 75-78, 2000年
  • Application of short tandem repeat of genomic DNA and mitochondrial DNA for identification of mixed-up tissue specimens
    Sano, K; Takayanagi, K; Kaneko, T; Liu, CY; Kinoshita, T; Nakamura, N; Asamura, H; Ito, M; Fukushima, H; Hotchi, M
    PATHOLOGY INTERNATIONAL, 50(1), 1-6, 2000年WebofScience
  • The judgement of a gunshot wound with severe post-mortem changes
    H. Asamura, K. Takayanagi, C. Liu, M. Ota, H. Fukushima
    Legal Medicine, 1(3), 185-187, 1999年
  • D1S80 subtyping by PCR-RFLP: new nomenclature and further characterization
    C. Liu, A.Arakura, K. Takayanagi, H. Asamrua, M. Ota, H. Fukushima
    Legal Medicine, 1(4), 210-216, 1999年
  • Automated Prlfiling of Nine STR Loci: Allele Frequencies in a Japanese population and Paternity Cases
    K. Takayanagi, C. Liu, H. Asamura, M. Ota, H. Fukushima,他4名
    Res. Pract. Forens. Med., 41, 53-56, 1998年

書籍等出版物

  • 死亡時画像検査・法医学改訂2版
    浅村英樹
    2009年
  • 物体検査と個人識別・法医学改訂2版
    福島弘文,浅村英樹,水口清
    2009年
  • Investigation of DNA extraction from hair shafts: Progress in Forensic Genetics 9
    Takayanagi K, Asamura H, Tsukada K, Ota M, Saito S, Fukushima H
    ELSEVIER, Munster, pp 759-764 2003年
  • Multiplex PCR using newly designed primers for very short fragments of TH01, TPOX, CSF1PO, and vWA loc: Progress in Forensic Genetics 9
    Tsukada K, Takayanagi K, Asamura H, Ota M, Saito S, Fukushima H
    ELSEVIER, Munster, pp 755-757 2003年

講演・口頭発表等

  • ペンタフルオロベンジル化固相マイクロ抽出ガスクロマトグラフィー質量分析によるフッ化水素中毒死者の生体試料中フッ化物イオンの評価
    小林寬也,塩崎哲也,佐藤紀子,原山雄太,小田切智海,松本百恵,林德多郎,浅村英樹.
    第44回日本法医学会学術中部地方集会・第69回日本法医学会学術近畿地方集会, 2022年10月15日
  • SNSで集まったパーティー登山の死亡事故.
    矢澤公一,小林寬也,佐藤紀子,塩崎哲也,小田切智海,林德多郎,浅村英樹.
    第43回日本法医学会学術中部地方集会., 2021年10月16日
  • 硬組織から DNA 抽出を試みる際の最適部位の検討.
    小田切智海,佐藤紀子,塩崎哲也,原山雄太,林德多郎,小林寛也,浅村英樹.
    第30回日本DNA多型学会学術集会, 2021年
  • 製剤添加物に着目したグリホサートのスクリーニング分析法.
    小林寛也,塩崎哲也,佐藤紀子,小田切智海,原山雄太,林德多郎,浅村英樹.
    第105次日本法医学会学術全国集会., 2021年
  • 登山関連死における死因究明の重要性(第2報).
    塩崎哲也,小林寛也,佐藤紀子,小田切智海,原山雄太,林德多郎,浅村英樹.
    第105次日本法医学会学術全国集会., 2021年
  • 脱灰・プロテイナーゼK同時処理による硬組織DNA抽出の検討.
    原山雄太,佐藤紀子,小田切智海,塩崎哲也,小林寬也,林德多郎,浅村英樹.
    第105次日本法 医学会学術全国集会., 2021年
  • 陽イオン及び陰イオン交換カラムを組み合わせた前処理による生体試料中グリホサートのGC/MS分析
    小林寛也,塩崎哲也,佐藤紀子,小田切智海,林德多郎,浅村英樹
    第104次日本法医学会学術全国集会, 2020年92月
  • KCNQ1遺伝子上のG643S変異と急死の関連性
    佐藤紀子,小田切智海,塩崎哲也,林德多郎,小林寛也,浅村英樹
    第104次日本法医学会学術全国集会, 2020年92月
  • 長野県における登山関連死の死因究明の現状と課題
    塩崎哲也,佐藤紀子,小田切智海,林德多郎,小林寛也,浅村英樹.
    第104次日本法医学会学術全国集会, 2020年92月
  • ホローポイント弾を用いた頭部射創の3例
    矢澤公一,塩崎哲也,小林寬也,佐藤紀子,小田切智海,林德多郎,浅村英樹
    第42回日本法医学会学術中部地方集会, 2020年10月17日
  • 巨細胞性心筋炎が死因と考えられた乳児突然死の1例
    梶原 貴,塩崎 哲也,佐藤 紀子,小林 寬也,林 德多郎,浅村 英樹
    第41回日本法医学会学術中部地方集会, 2019年
  • 本教室での薬毒物分析の取組みの現状と平成29年実績報告
    小林寛也、塩崎哲也、梶原 貴、佐藤紀子、小田切智海、林德多郎、浅村英樹
    2018年, 第40回日本法医学会学術中部地方集会
  • Y filer® Plus PCR Amplification Kitを用いた日本人集団の多型解析と個人識別能の評価
    小田切 智海, 佐藤 紀子, 塩崎 哲也, 小林 寛也, 林 徳多郎, 浅村 英樹
    2018年, 第27回日本DNA多型学会学術集会
  • Wild-type amyloidosis may be associated with unexpected death in elderly people
    Tetsuya Shiozaki, Noriko Sato, Tokutaro Hayashi, Hideki Asamura
    2018年, 24th Congress of the International Academy of Legal Medicine(IALM) 第102次日本法医学会学術全国集会
  • Three autopsy cases of bacteremia caused by Clostridium perfringens
    Tokutaro Hayashi, Tetsuya Shiozaki, Noriko Sato, Hideki Asamura
    2018年, 24th Congress of the International Academy of Legal Medicine(IALM) 第102次日本法医学会学術全国集会
  • 硬組織試料のDNA抽出法—部位によるDNA抽出量の比較検討—
    佐藤紀子,塩崎哲也,浅村英樹
    2017年12月07日, 第26回日本DNA多型学会学術集会
  • 法医解剖における中毒統計調査に向けた薬物スクリーニングメソッド構築の取り組み
    林 德多郎1,奥田 勝博2,高倉 彩華3,田中 直子3,佐々木 千寿子4,安部 寛子5,船越 丈司6,則竹 香菜子6,前橋 恭子7,那須 亜矢子8,浅村 英樹1(1信州大法医,2旭川医大法医,3香川大法医,4北里大法医,5千葉大法医,6医歯大法医,7慈恵医大法医,8横市大法医)
    2017年11月09日, 日本法科学技術学会第23回学術集会
  • Clostridium perfringens感染を原因とする敗血症で死亡したと考えられた1剖検例
    梶原 貴,塩崎哲也,佐藤紀子,林德多郎,浅村英樹
    2017年10月14日, 第39回日本法医学会学術中部地方集会
  • 高齢者突然死と老人性アミロイドーシスの関連性(第2報)
    塩崎哲也,佐藤紀子,林德多郎,浅村英樹
    2017年06月07日, 第101次日本法医学会学術全国集会
  • 心臓繊維種が死因と考えられた乳児突然死の1例
    林德多郎,塩崎哲也,佐藤紀子,浅村英樹
    2017年06月07日, 第101次日本法医学会学術全国集会
  • 御嶽山火山災害から学んだ死因究明の重要性と課題
    髙松英司,塩崎哲也,林德多郎,浅村英樹.
    2016年, 第36回日本登山医学会
  • 硬組織試料のDNA抽出法の検討—試料の陳旧度に応じた方法の確立—
    永井みどり,佐藤紀子,布谷美弥,塩崎哲也,林德多郎,太田正穂,浅村英樹.
    2016年, 第100次日本法医学会学術全国集会
  • 点滴ラインに酸素吸入カニューレを組み込んだ特異な空気塞栓症の一例.
    塩崎哲也,髙松英司,林德多郎,佐藤紀子,布谷美弥,永井みどり,太田正穂,浅村英樹.
    2016年, 第100次日本法医学会学術全国集会
  • 硬組織試料のDNA抽出法―脱灰処理条件と抽出効率の比較検討―
    永井みどり,佐藤紀子,塩崎哲也,浅村英樹
    2016年, 第25回日本DNA多型学会学術集会
  • 11 X-STRs mulutiplexシステム及び19INDELs フラグメント解析システムによる日本人集団遺伝子解析.
    佐藤紀子,塩崎哲也,永井みどり,太田正穂,浅村英樹.
    2016年, 第25回日本DNA多型学会学術集会
  • 乳児の気道異物による窒息死の一例.
    髙松英司,塩崎哲也,布谷美弥,佐藤紀子,永井みどり,林德多郎,浅村英樹.
    2016年, 第38回日本法医学会学術中部地方集会
  • 5番染色体上STR型でヘテロピークインバランスが認められた事例.
    原山雄太,佐藤紀子,小田切智海,松本百恵,塩崎哲也,小林寛也,林德多郎,浅村英樹.
    第31回日本DNA多型学会学術集会
  • RMplex を用いた日本人集団における RM Y-STR 変異率の解析.
    小田切智海,佐藤紀子,塩崎哲也,松本百恵,原山雄太,林德多郎,小林寛也, 浅村英樹.
    日本DNA多型学会第31回学術集会
  • 少 量 QuEChERS 前処理法と大量注入 GC/MS 法を組合わせた薬毒物スクリーニング 法の検討.
    小林寛也,塩崎哲也,佐藤紀子,小田切智海,原山雄太,林德多郎,浅村英樹.
    第106次日本法医学会学術全国集会
  • 硬組織からのDNA抽出のための最適部位―指の骨を中心とした検討―.
    小田切智海,佐藤紀子,塩崎哲也,原山雄太,林德多郎,小林寬也,浅村英樹.
    第106次日本法医学会学術全国集会

担当経験のある科目_授業

  • 法医学
    信州大学

所属学協会

  • 日本法医学会
  • 日本DNA多型学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • DNA鑑定に最適な硬組織の部位選定のための定量解析に関する研究
    科学研究費補助金
    2020年04月01日 - 2023年03月31日
  • DNA多型の個人識別
  • 親子鑑定への応用
  • 血液型遺伝子の解析