西澤 理 (ニシザワ オサム)   

医学部附属病院 泌尿器科 

特任教授 

学位

  • 医学博士

研究分野

  • 神経泌尿器科学

経歴

  • 2014年
    信州大学医学部附属病院 特任教授
  • 1996年 - 2014年
    信州大学 教授
  • 1980年 - 1996年
    秋田大学(泌尿器科) 講師
  • 1975年 - 1980年
    秋田大学(泌尿器科) 助手
  • 1973年 - 1975年
    八戸市立市民病院 外科研修医

学歴

  • 1983年 - 1984年, クイーンズ大学(カナダ・キングストン)、マギル大学(カナダ・モントリオール)文部省在外研究員
  • 1973年, 東北大学, 医学部

受賞

  • 1990年
    日本医師会医学研究助成費

論文

  • Cold stress induces lower urinary tract symptoms
    Imamura, T; Ishizuka, O; Nishizawa, O
    Int J Urol, 20(7), 661-669, 2013年07月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Male lowerurinary tract symptoms and α(1) (D) -adrenoceptors.
    Ishizuka O, Imamura T, Kurizaki Y, Nishizawa O, Andersson KE
    Int J Urol, 20(1), 73-78, 2013年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Comparison of efficacy and safety of 1- and 3-month luteinizing hormone-releasing hormone agonist depots as initial therapiesfor prostate cancer.
    Ishizuka, O; Nishizawa, O; Nishizawa, S; Satoh, T; Wajiki, M; Kiyokawa, H; Inoue, Y; Kobayashi, S; Mizusawa, H; Nakagawa, T
    Int J Clin Oncol, 18(3), 524-530, 2013年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • The Relationship between α1-AdrenergicReceptors and TRPM8 Channels in Detrusor Overactivity Induced by Cold Stress inOvariectomized Rats.
    Noguchi W, Ishizuka O, Imamura T, Kurizaki Y, Yamagishi T, Yokoyama H, Lei Z,Silwal SG, Nishizawa O, Andersson KE
    J Urol, 189(5), 1975-1981, 2012年12月12日WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Bone Marrow-Derived Cells Implanted into Radiation-Injured Urinary Bladders Reconstruct Functional Bladder Tissues in Rats
    Imamura, T; Ishizuka, O; Lei, Z; Hida, S; Sudha, GS; Kato, H; Nishizawa, O
    TISSUE ENGINEERING PART A, 18(15-16), 1698-1709, 2012年08月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Relationship between expression of β3-adrenoceptor mRNA in bladder mucosa and urodynamic findings in men with lower urinary tract symptoms.
    Kurizaki Y, Ishizuka O, Imamura T, Ishikawa M, Ichino M, Ogawa T, Nishizawa O,
    Neurourol Urodyn, 32(1), 88-91, 2012年06月12日WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Advantage of self-tailored mesh for vaginal prolapse.
    Nishizawa O, Kato H, Ishizuka O
    Int J Urol, 19(6), 494-5, 2012年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Implantation of autologous bone-marrow-derived cells reconstructs functional urethral sphincters in rabbits
    Imamura, Tetsuya; Ishizuka, Osamu; Kinebuchi, Yoshiaki; Kurizaki, Yoshiki; Nakayama, Tsuyoshi; Ishikawa, Masakuni; Nishizawa, Osamu
    TISSUE ENGINEERING PART A, 17(41098), 1069-1081, 2011年04月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Randomized Controlled Trial to Treat Benign Prostatic Hyperplasia with Overactive Bladder Using an Alpha-blocker Combined with Anticholinergics.
    Nishizawa O, Yamaguchi O, Takeda M, Yokoyama O, for the TAABO Study Group
    LUTS, 3(1), 29-35, 2011年
  • Implantation of autologous bone-marrow-derived cellsreconstructs functional urethral sphincters in rabbits.
    Imamura T, Ishizuka O, Kinebuchi Y, Kurizaki Y, Nakayama T, Ishikawa M, Nishizawa O
    Tissue Eng Part A, 17(7-8), 1069-1081, 2011年
  • Early efficacy of an alpha 1 adrenoceptor antagonist, naftopidil, againt lower urinary tract symptoms suggestive of benign prostatic hyperplasia.
    Ishizuka O, Nishizawa O, Takeda M, Nomura T, Kagawa S
    LUTS, 3, 79-85, 2011年
  • Relation between expression of α1-adrenoceptor mRNAs in bladder mucosa and urodynamic findings in men with lower urinary tract symptoms.
    Kurizaki Y, Ishizuka O, Imamura T, Ichino M, Ogawa T, Igawa Y, Nishizawa O, Andersson KE
    Scand J Urol Nephrol, 45(1), 15-19, 2011年
  • Analysis of the pressure-flow study in weak detrusor patients with benign prostatic hypertrophy.
    Tanabe T, Ishizuka O, Ichino M, Ogawa T, Imamura T, Kurizaki Y, Iijima K,Nishizawa O
    LUTS, 3, 109-112, 2011年
  • Randomized Controlled Trial to Treat Benign Prostatic Hyperplasia with Overactive Bladder Using an Alpha-blocker Combined with Anticholinergics.
    Nishizawa O, Yamaguchi O, Takeda M, Yokoyama O, for the TAABO Study Group
    LUTS, 3(1), 29-35, 2011年
  • Predictive factors for the effect of the ホア1-D/A adrenoceptor antagonist naftopidil on subjective and objective criteria in patients with neurogenic lower urinary tract dysfunction.
    Takeda M, Homma Y, Araki I, Kakizaki H, Yamanishi T, Yokota T, Gotoh M, Igawa Y, Seki N, Takei M, Yoshida M, Sugaya K, Nishizawa O; Japanese Naftopidil Neurogenic Lower Urinary Tract DysfunctionStudy Group
    BJU Int, 108(1), 100-107, 2011年
  • Analysis of the pressure-flow study in weak detrusor patients with benign prostatic hypertrophy
    Tanabe, T., Ishizuka, O., Ichino, M., Ogawa, T., Imamura, T., Kurizaki, Y., Iijima, K, Nishizawa, O
    LUTS, 3, 109-112, 2011年
  • Solifenacin as add-on therapy for overactive bladder symptoms in men treated for lower urinary tract symptoms--ASSIST, randomized controlled study
    Yamaguchi O, Kakizaki H, Homma Y, Takeda M, Nishizawa O, Gotoh M, Yokoyama O, Seki N, Yoshida M; ASSIST Study Group
    Urology, 78(1), 126-133, 2011年
  • IJU this issue
    Nishizawa O
    Int J Urol, 18(10), 683, 2011年
  • 私はこう治療する 過活動膀胱
    西沢 理,齊藤徹一
    診断と治療, 99(2), 2131-2135, 2011年
  • 日本排尿機能学会主導研究TAABO試験(前立腺肥大症の過活動膀胱症状に対するα遮断薬・抗コリン薬併用療法試験)
    西沢 理,山口 脩,武田正之,横山 修,TAABO試験グループ
    排尿障害プラクティス, 19(3), 267-271, 2011年
  • Stethoscope641 診療ガイドラインのガイド(22) 過活動膀胱診療ガイドライン 過活動膀胱診療ガイドラインをガイドする.
    西沢 理,山岸 梓
    日本医師会雑誌, 140(10), GU85-GU88, 2011年
  • Effects of CL316,243, a beta 3-adrenoceptor agonist, and intravesical prostaglandin E2 on the primary bladder afferent activity of the rat.
    Aizawa N, Igawa Y, Nishizawa O, Wyndaele JJ
    NEUROUROLOGY AND URODYNAMICS, 29(5), 771-776, 2010年
  • Stimulation ofskin menthol receptors stimulates detrusor activity in conscious rats.
    Chen Z, Ishizuka O, Imamura T, Aizawa N, Kurizaki Y, Igawa Y, Nishizawa O, Andersson KE
    NEUROUROLOGY AND URODYNAMICS, 29(3), 506-511, 2010年
  • Autologous bone-marrow-derived mesenchymal stem cell transplantation into injured rat urethral sphincter.
    Kinebuchi Y, Aizawa N, Imamura T, Ishizuka O, Igawa Y, Nishizawa O
    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 17, 359-368, 2010年
  • Expression of α1-adrenergic receptor subtypes and angitensin Ⅱ type 1 receptor in the prostate of spontaneously hypertensive rats.
    Nakayama T, Imamura T, Ishizuka O, Nishizawa O
    信州医学雑誌, 58(3), 103-114, 2010年
  • CXCR3 binding chemokine and TNFSF14 over expression in bladder urothelium of patients with ulcerative interstitial cystitis.
    Ogawa T, Homma T, Igawa Y, Seki S, Ishizuka O, Imamura T, Akahane S, Homma Y, Nishizawa O
    JOURNAL OF UROLOGY, 183, 1206-1212, 2010年
  • 自家骨髄幹細胞移植による臓器再生療法
    石塚 修,今村哲也,西沢 理
    日本臨床, 59(3), 467-468, 2010年
  • 冷えと夜間頻尿
    石塚 修,今村哲也,陳  忠,中山 剛,栗崎功己,小川輝之,市野みどり,井川靖彦,西沢 理
    Urology View, 8(3), 33-39, 2010年
  • 排尿機能検査.ウロダイナミクス
    石塚 修,市野みどり,小川輝之,井川靖彦,西沢 理
    臨床検査, 54(7), 772-776, 2010年
  • 【泌尿器科検査のここがポイント】 尿路機能検査 尿流動態検査法 尿流測定 尿流測定の適応,方法,臨床的意義,尿流曲線を理解するためのポイントについて教えてください
    石塚 修, 西沢 理
    臨床泌尿器科, 64(4), 128-130, 2010年
  • 【泌尿器科検査のここがポイント】 尿路機能検査 尿流動態検査法 排尿困難な患者への尿流測定 尿流測定の検査をするとき,排尿ができない患者や尿量が少ない患者にはどのように対処するのがよいでしょうか?
    石塚 修, 西沢 理
    臨床泌尿器科, 64(4), 131-132, 2010年
  • 【泌尿器科検査のここがポイント】 尿路機能検査 尿流動態検査法 プレッシャーフロースタディ プレッシャーフロースタディの適応,方法,臨床的意義,結果を理解するためのポイントを教えてください
    石塚 修, 西沢 理
    臨床泌尿器科, 64(4), 133-135, 2010年
  • 診断の指針治療の指針 自家骨髄幹細胞移植による臓器再生療法
    石塚 修, 今村哲也, 西沢 理
    綜合臨床, 59(3), 467-468, 2010年
  • 【日常診療に使えるガイドライン特集 より良い診療を目指して】 症候編 尿失禁 小児・女性・高齢者
    鈴木尚徳, 塚田 学, 西沢 理
    綜合臨床, 59(増刊), 753-756, 2010年
  • 【排尿障害】 脊髄障害からみた排尿障害
    西沢 理, 下島雄治, 岸蔭貴裕
    脳21, 13(3), 258-262, 2010年
  • 【腎・泌尿器癌 基礎・臨床研究のアップデート】 腎癌 臨床研究 診断 腎癌の診断と分類 症候と診断
    西沢 理, 鈴木尚徳, 塚田 学, 岡田和也
    日本臨床, 68(増刊号4 腎・泌尿器癌), 73-75, 2010年
  • 冷えストレスと過活動膀胱
    西沢 理, 石塚 修, 今村哲也
    日本医事新報, 4475, 74-75, 2010年
  • Differentiation of smooth muscle cells from human amnioticmesechymal cells implanted in the freeze-injured mouse urinary bladder.
    Minagawa T, Imamura T,Ishizuka O, Igawa Y, Nishizawa O
    EUROPEAN UROLOGY, 58(2), 299-306, 2010年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • The Microenvironment of Freeze-Injured Mouse Urinary Bladders Enables Successful Tissue Engineering
    Imamura, Tetsuya; Yamamoto, Tokunori; Ishizuka, Osamu; Gotoh, Momokazu; Nishizawa, Osamu
    TISSUE ENGINEERING PART A, 15(11), 3367-3375, 2009年11月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • 【小児泌尿器科診療の焦点】 二分脊椎症に伴う下部尿路機能障害の診断と治療. 7(4):78-84
    井川靖彦,西沢 理
    Urology View, 7(4), 78-84, 2009年
  • An extract(THC-002) of Ba-Wei-Die-Huang-Wan inhibits expression of tachykinins, and P2X3 and TRPV1 receptors, and inhibits ATP-induced detrusor overactivity in spontaneously hypertensive rats.
    Imamura T, Ishizuka O, Zhong C, Ogawa T, Nakayama T, Kurizaki Y, Tanabe T, Nishizawa O, Andersson KE
    NEUROUROLOGY AND URODYNAMICS, 28(6), 529-534, 2009年
  • The microenvironment of freeze-injured mouse urinary bladders enables successful tissue engineering.
    Imamura T, Yamamoto T, Ishizuka O, Gotoh M, Nishizawa O
    Tissue Engineering parts A, 15(11), 3367-3375, 2009年
  • Clinical guidelines for overactive bladder.
    Yamaguchi O, Nishizawa O, Takeda M, Yokoyama O, Homma Y, Kakizaki H, Obara K, Gotoh M, Igawa Y, Seki N, Yoshida M,Neurogenic Bladder Society
    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 16(2), 126-142, 2009年
  • 尿路系の子宮内膜症.30:28-31,2009
    井川靖彦,西沢 理
    日本エンドメトリオーシス学会会誌, 30, 28-31, 2009年
  • 【知っておきたい泌尿器科の知識 その病態と治療】 腎盂尿管移行部狭窄症
    井川靖彦,西沢 理
    小児外科, 41(10), 1028-1035, 2009年
  • 【排泄障害の臨床】 排泄障害の病態と疾患 排尿障害 排尿機能とその障害
    石塚 修,西沢 理
    Modern Physician, 29(11), 1539-1542, 2009年
  • 【泌尿器科領域の漢方療法 エキスパートに聞く】 漢方療法の実際 男性排尿障害と漢方療法.
    石塚 修,今村哲也,中山 剛,栗崎功己,西沢 理
    臨床泌尿器科, 63(12), 949-952, 2009年
  • 質問BOX 頻尿に対する漢方薬の効果について
    石塚 修,西沢 理
    泌尿器ケア, 14(3), 253-255, 2009年
  • 【LUTS 新たなエビデンス】 漢方製剤の臨床効果 牛車腎気丸を中心として
    石塚 修,山西友典,後藤百万,舛森直哉,菅谷公男,吉田正貴,西沢 理
    Urology View, 7(1), 81-84, 2009年
  • 【直腸癌治療の新知見】 直腸癌術後の排尿・性機能障害に対する治療 泌尿器科医の立場から
    小川輝之, 西沢 理
    大腸癌Frontier, 2(3), 253-256, 2009年
  • 間質性膀胱炎と膀胱水圧拡張術
    小川輝之,石塚 修,西沢 理
    松本市医師会報, 488, 24-26, 2009年
  • 【各種尿路変向術の遠隔成績とQOL】 禁制代用膀胱造設術
    加藤晴朗,井川靖彦,西沢 理
    排尿障害プラクティス, 17(3), 198-207, 2009年
  • α1ブロッカー治療は結局タムスロシン塩酸塩(ハルナール)に帰着する
    北村唯一,河邉香月,西沢 理,野間健司
    泌尿器外科, 22(7), 889-899, 2009年
  • 【前立腺疾患の実地診療と最近の動向】 前立腺肥大症に対する薬物療法の実際
    西沢 理
    日本医師会雑誌, 138(2), 292-296, 2009年
  • 過活動膀胱治療の問題点
    西沢 理
    Human Science, 20(2), 22-25, 2009年
  • 【神経因性膀胱の話題】 概念と診断. 37(11):
    西沢 理,鈴木尚徳,横山 仁,塚田 学
    総合リハビリテーション, 37(11), 995-1001, 2009年
  • 【泌尿器科における各種ガイドラインの読み方】 過活動膀胱治療薬の臨床評価方法に関するガイドライン
    西沢 理,鈴木尚徳,横山 仁,塚田 学
    泌尿器外科, 22(11), 1419-1422, 2009年
  • 腎癌に同時併発し,術前診断が困難であった腎周囲脂肪肉腫の1例
    杵渕芳明,石塚 修,皆川倫範,西沢 理,下条久志
    泌尿器科紀要, 55(9), 571-574, 2009年
  • 外傷性腎被膜下リンパ嚢腫を伴うPage kidneyの1例
    皆川倫範,加藤晴朗,杵渕芳明,山口建二,古畑誠之,矢ヶ崎宏紀,石塚 修,井川靖彦,西沢 理
    日本泌尿器科学会雑誌, 100(6), 646-649, 2009年
  • Effects of natriuretic peptides on intracavernous pressure and blood pressure in conscious rats.
    Aizawa N, Ishizuka O, Ogawa T, Mizusawa H, Igawa Y, Nishizawa O, Andersson KE
    The Journal of Sexual Medicine, 5(10), 2312-2317, 2008年
  • Role of α1-Adrenergic Receptors in Detrusor Overactivity Induced by Cold Stress in Conscious Rat.
    Chen Z, Ishizuka O, Imamura T, Aizawa N, Igawa Y, Nishizwa O, Andersson KE
    NEUROUROLOGY AND URODYNAMICS, 28(3), 251-256, 2008年
  • The nature of high-pressure voiding in small boys and its relation with the influence of a transurethral catheter.
    Ichino M, Igawa Y, Seki S, Iijima K, Ishizuka O, Nishizawa O
    NEUROUROLOGY AND URODYNAMICS, 27(4), 319-823, 2008年
  • Effects of intravesical capsaicin, resiniferatoxin and ATP on primary bladder afferent activity of the rat.
    Igawa Y, Aizawa N, Iijima K, Wyndaele JJ, Andersson K-E, Nishizawa O
    NEUROUROLOGY AND URODYNAMICS, 27(7), 709-711, 2008年
  • Catheterization:possible complications and their prevention and treatment.
    Igawa Y, Wyndaele JJ, Nishizawa O
    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 15(6), 481-485, 2008年
  • Cold Environment Stress Induces Detrusor Overactivity via Resiniferatoxin-Sensitive Nerves in Conscious Rats.
    Imamura T, Ishizuka O, Aizawa N, Chen Z, Ogawa T, Nakayama T, Tanabe T, Nishizwa O
    NEUROUROLOGY AND URODYNAMICS, 27, 348-352, 2008年
  • Gosha-jinki-gan Reduces Transmitter Protein and Sensory Receptors Associated with C Fiber Activation Induced by Acetic Acid in Rat Urinary Bladder
    Imamura T, Ishizuka O, Aizawa N, Chen Z, Ogawa T, Nakayama T, Tanabe T, Nishizwa O
    NEUROUROLOGY AND URODYNAMICS, 27, 832-837, 2008年
  • 副腎褐色細胞腫自然破裂により多臓器不全をきたした1例
    三村裕次, 田辺智明, 関口幸男, 中山淳, 井川靖彦 , 西澤理
    信州医学雑誌, 55(4), 191-198, 2007年08月リポジトリ

MISC

  • 糖尿病性下部尿路機能障害の概念・特徴・診断・治療
    市野みどり,井川靖彦,小川輝之,石塚 修,西沢 理
    日本臨床, 66(増刊号9), 436-440, 2008年
  • 廃用症候群のリハビリテーションの実学.泌尿器科的問題に対する対応.
    石塚 修,西沢 理
    Jpn J Rehabili Med リハビリテーション医学, 45(7), 422-426, 2008年
  • 【プライマリケアにおける下部尿路機能障害へのアプローチ】 下部尿路機能障害の診断
    市野みどり,井川靖彦,石塚 修,西沢 理
    Progress in Medicine, 28(6), 1357-1360, 2008年
  • 治療の最前線:腎細胞癌の分子標的治療
    杵渕芳明,石塚 修,西沢 理
    信州医学雑誌, 56(6), 403-404, 2008年
  • 【過活動膀胱を再考する】 過活動膀胱診療ガイドライン・ダイジェスト版について
    西沢 理,山口 脩,吉田正貴
    泌尿器外科, 21(4), 581-587, 2008年
  • 治療法紹介 薬物療法 過活動膀胱 イミダフェナシン
    西沢 理,山本哲平,鈴木 中
    排尿障害プラクテイス, 16(3), 251-255, 2008年
  • 国際前立腺会議からの報告 LUTS:Etiology and Patient Assessment(下部尿路症状:病因,患者評価,治療効果の予測)
    西沢 理
    排尿障害プラクテイス, 16(3), 245-250, 2008年
  • 夜間頻尿
    西沢 理,武田正之
    泌尿器外科, 21(7), 971-973, 2008年
  • 小腸出血に対するアルゴンプラズマ凝固法が原因と思われる膀胱粘膜下腫瘍
    川上雅子,飯島和芳,野口 渉,西沢 理
    臨床泌尿器科, 62(7), 517-520, 2008年
  • Implanted Mouse Bone Marrow-Derived Cells Reconstruct Layered Smooth Muscle Structures in Injured Urinary Bladders.
    Imamura T, Kinebuchi Y, Ishizuka O, Seki S, Igawa Y, Nishizawa O
    Cell Transplantation, 17, 267-278, 2008年
  • Leptomenigeal Metastasis in a Patient with an Extragonadal Germ Cell Tumor
    Kinebuchi Y, Ishikawa M, Ishizuka O, Nisizawa O, Hongo K
    Clinical Medicine Oncology, 2, 371-374, 2008年
  • Direct induced of layerd tissues from mouse embryonic stem cells: potential for differentiation into urinary tract tissue.
    Kinebuchi Y, Johkura K, Sasaki K, Imamura T, Mimura Y, Nishizawa O
    Cell and Tissue Research, 311, 605-615, 2008年
  • Leiomyosarcoma of the urinary bladder in a patient with bilateral retinoblastoma.
    Minagawa T, Okaneya T, Kamigaito T, Nishizawa S, Ogawa T, Kawakami M, Nakayama T, Imamura T, Kato H, Nishizawa O
    International Journal of Urology, 15, 548-550, 2008年
  • Therapeutic effects of endothelin-A receptor antagonist on bladder overactivity in rats with chronic spinal cord injury.
    Ogawa T, Sasatomi K, Hiragata S, Seki S, Nishizawa O, Chermansky CJ, Pflug BR, Nelson JB, Chancellor MB, Yoshimura N
    Urology, 71, 341-345, 2008年
  • CEAがマーカーとして有用であった原発性女子尿道癌.
    皆川倫範,加藤晴朗,川上雅子,石塚 修,井川靖彦,西沢 理
    臨床泌尿器科, 62, 523-526, 2008年
  • Three-dimensionalculture system for differentiation of mice embryonic stem cell into hepatocyte-like cells.
    Imamura T, Kinebuchi Y, Ishizuka O, Seki S, Igawa Y, Nishizawa O
    Journal of Organ Dysfunction, 4, 57-64, 2008年
  • Guidelines for management of urinary incontinence.
    Nishizawa O, Ishizuka O, Okamura K, Gotoh M, Hasegawa T, Hirao Y
    International Journal of Urology, 15, 857-874, 2008年
  • 今さら聞けない泌尿器科の疑問・質問 大特集:泌尿器科検査についての疑問・質問.
    石塚 修,西沢 理
    泌尿器ケア, 13, 264-268, 2008年
  • 回腸新膀胱作成におけるSEROUS-LINED TUNNEL法による尿管吻合術.
    加藤晴朗,小林晋也,井川靖彦,西沢 理,清河英雄
    Audio-Visual Journal of JUA, 2008年
  • Role of 5-HT receptor antagonists in mediating intracavernous pressure response induced by fluvoxamine in conscious rats
    Aizawa N,Ishizuka O,Ogawa T,Mizusawa H,Igawa Y,Nishizawa O
    The Journal of Sexual Medicine, 4(4 Pt 2), 1108-1116, 2007年
  • Transplantation of preserved human amniotic membrane for bladder augmentation in rats
    Iijima K,Igawa Y,Imamura T,Moriizumi T,Nikaido T,Konishi I,Nishizawa O
    Tissue Engineering, 13(3), 513-524, 2007年
  • Defining overactive bladder as hypersensitivity
    Yamaguchi O,Honda K,Nomiya M,Shishido K,Kakizaki H,Tanaka H,Yamanishi T,Homma Y, Takeda M,Araki I,Obara K,Nishizawa O,Igawa Y,Goto M,Yokoyama O,Seki N,Takei M,Yoshida M
    Neurourology and urodynamics, 26(6 Suppl), 904-907, 2007年
  • 尿検査所見の乏しい急性腎盂腎炎による敗血症性ショックの1例
    皆川倫範,今村 浩,堤 圭治,杵渕芳明,石川雅邦,道面尚久,西沢 理,岡元和文
    日本集中治療学会雑誌, 14(3), 337-338, 2007年
  • 二分脊椎への多面的アプローチ,ライフステージからみた治療・ケア(2) 尿路管理
    井川靖彦,西沢 理
    Journal of Clinical Rehabilitation, 16(4), 329-335, 2007年
  • 神経因性膀胱.小児外科 39(8):
    井川靖彦,市野みどり,関  聡,西沢 理
    小児外科, 39(8), 902-908, 2007年
  • 神経因性尿失禁の診療について
    井川靖彦,西沢 理
    排尿障害プラクティス, 14(4), 365-371, 2007年
  • 二分脊椎症による下部尿路機能障害の診療ガイドライン
    井川靖彦,西沢 理
    日本脊髄障害医学会雑誌, 20(1), 24-25, 2007年
  • 過活動膀胱の新しい治療
    井川靖彦,西沢 理
    Urology View, 15(1), 88-91, 2007年
  • ボツリヌストキシン膀胱壁内注入療法
    井川靖彦,関  聡,西沢 理
    信州医学雑誌, 55(6), 371-372, 2007年
  • 高齢者の排尿障害に対する薬物治療:前立腺肥大症
    石塚 修,今村哲也,相澤直樹,小川輝之,市野みどり,関  聡,井川靖彦,西沢 理
    Geriatric Medicine, 45(4), 413-417, 2007年
  • 膀胱過活動に対する牛車腎気丸・八味地黄丸の抑制作用に関する基礎的検討
    石塚 修,今村哲也,相澤直樹,佐藤智哉,陳  忠,井川靖彦,西沢 理
    Journal of Traditional Medicines, 24(suppl), 59, 2007年
  • 乳幼児VUR症例における下部尿路機能障害
    市野みどり,井川靖彦,関  聡,石塚 修,西沢 理
    排尿障害プラクティス, 15(1), 39-44, 2007年
  • 過活動膀胱の疫学
    西沢 理,井川靖彦,石塚 修,関  聡
    Urology View, 5(1), 14-19, 2007年
  • 女性のLUTS,OAB,尿失禁
    西沢 理,田辺智明,小川輝之,上野 学
    排尿障害プラクティス, 14(4), 316-322, 2007年
  • 前立腺肥大症に対する頻尿治療薬の意義
    西沢 理,小川輝之,平形志朗,中藤 亮
    Urology View, 5(6), 51-55, 2007年
  • 膀胱洗浄.ここが聞きたい泌尿器科処置・手術とトラブル対処法
    石塚 修,西沢 理
    臨床泌尿器科, 増刊号, 38-41, 2007年
  • 腎盂洗浄.ここが聞きたい泌尿器科処置・手術とトラブル対処法
    石塚 修,西沢 理
    臨床泌尿器科, 増刊号, 42-43, 2007年
  • Natural History and Etiology of High Pressure Voiding in Male Infants
    Ichino M,Igawa Y,Seki S,Ishizuka O,Nishizawa O
    Journal of Urology, 178, 2561-2566, 2007年
  • Relapsed prostate cancer with neuroendocrine differentiation and high serum level of CEA without elevation of PSA: A case report
    Kinebuchi Y,Noguchi W,Irie K,Nakayam T,Kato H,Nishizawa O
    International Journal of Urology, 14, 147-149, 2007年
  • Testicular cancer with tumor thrombus extending to the inferior vena cava successfully removed using veno-venous bypass: A case report
    Kinebuchi Y,Noguchi W,Irie K,Nakayama T,Kato H,Nishizawa O
    International Journal of Urology, 14, 458-460, 2007年
  • 後腹膜腔出血に対し塞栓術とプレドニゾロンが奏効した後天性血友病Aの1例
    皆川倫範,平林秀光,藤田 顕,岩下具美,今村 浩,西沢 理,岡元和文
    日本救急医学会雑誌, 18, 4157-4163, 2007年
  • Martius labial-rotation flap で修復した尿道膣婁の2例
    皆川倫範, 加藤晴朗, 井上博夫, 永井 崇, 小口智彦, 小林晋也, 西沢 理
    泌尿器科紀要, 53, 481-483, 2007年
  • 膀胱過活動に対する牛車腎気丸の抑制作用に関する基礎的検討
    石塚 修,今村哲也,田辺智明,中山 剛,相澤直樹,小川輝之,関  聡,市野みどり,井川靖彦,西沢 理
    産婦人科 漢方研究のあゆみ, 24, 10-16, 2007年
  • 脊髄性排尿障害
    井川靖彦,西沢 理
    西沢 理編:よくわかって役に立つ排尿障害のすべて., 132-147, 2007年
  • 神経因性膀胱の病態と分類
    井川靖彦,西沢 理
    後藤百万編:下部尿路機能障害へのアプローチ, 25-31, 2007年
  • 過活動膀胱の治療 3.外科的治療
    井川靖彦,西沢 理
    過活動膀胱のマネジメント.改訂版, 75-87, 2007年
  • 女性尿失禁
    石塚 修,西沢 理
    西沢 理編:よくわかって役に立つ排尿障害のすべて, 56-64, 2007年
  • 下部尿路障害とは ―定義と疫学―.
    石塚 修,西沢 理
    西沢 理編:これだけは知っておきたい日常診療のポイント, 8-16, 2007年
  • 下部尿路症候群
    西沢 理,石塚 修,小川輝之
    腎と透析, 485-487, 2007年
  • 尿路・泌尿器用薬
    西沢 理
    松澤祐次,永井良三,奥村勝彦編:治療薬Up-to-Date 2007, 442-444, 2007年
  • 排尿困難
    西沢 理
    今日の治療指針 2007年版, 816, 2007年
  • 前立腺肥大症患者における過活動膀胱とその治療
    西沢 理,小川輝之
    泌尿器疾患治療の新しいストラテジー, 267-273, 2007年
  • 尿失禁
    西沢 理,道面尚久,鈴木都史郎
    ガイドライン外来診療, 348-353, 2007年
  • 一般内科医が理解すべき下部尿路機能障害に関する用語集
    小川輝之,井川靖彦,西沢 理
    クリニカ, 33(6), 339-343, 2006年
  • Symptom assessment tool for overactive bladder syndrome--overactive bladder symptom score.
    Homma Y, Yoshida M, Seki N, Yokoyama O, Kakizaki H, Gotoh M, Yamanishi T, Yamaguchi O, Takeda M, Nishizawa O
    Urology, 68(2), 318-323, 2006年
  • Annular rectal constriction due to infiltration by bladder cancer
    Kobayashi S, Kato H, Iijima K, Kinebuchi Y, Igawa Y, Nishizawa O
    Hinyokika Kiyo, 52(7), 569-572, 2006年
  • Dopaminergic mechanisms controlling urethral function in rats
    Ogawa T, Seki S, Masuda H, Igawa Y, Nishizawa O, Kuno S, Chancellor MB, de GroatWC, Yoshimura N
    Neurourology and urodynamics, 25(5), 480-489, 2006年
  • Bladder overactivity and hyperexcitability of bladder afferent neurons after intrathecal delivery of nerve growth factor in rats
    Yoshimura N, Bennett NE, Hayashi Y, Ogawa T, Nishizawa O, Chancellor MB, de Groat WC, Seki S
    The Journal of Neuroscience, 26(42), 10847-10855, 2006年
  • Effects of goshajinkigan (niu-che-sen-qi-wan) for resiniferatoxin-sensitive afferents on detrusor overactivity induced by acetic acid in conscious rats
    Zhang X, Ishizuka O, Tanabe T, Satoh T, Nakayama T, Imamura T, Nishizawa O
    The American Journal of Chinese Medicine, 34(2), 285-293, 2006年
  • 骨盤骨折に伴う後部尿道断裂の吻合術
    加藤晴朗,新垣義孝
    日本外傷学会雑誌, 20(3), 265-271, 2006年
  • 【下部尿路機能障害 プライマリ・ケアのサポート】 下部尿路機能障害のプライマリ・ケアを知る 過活動膀胱のプライマリ・ケア
    井川靖彦, 西沢 理
    薬局, 57(11), 3071-3079, 2006年
  • 神経因性膀胱における尿路管理法と外科療法
    井川靖彦,市野みどり,関  聡,西沢 理
    小児科診療, 68(9), 96-105, 2006年
  • プライマリ・ケア医のための下部尿路障害の診かた:夜間頻尿
    石塚 修,田辺智明,中山 剛,今村哲也,市野みどり,関  聡,井川靖彦,西沢 理
    治療, 88(3), 411-415, 2006年
  • 治療法紹介 ハルンケア
    石塚 修,今村哲也,田辺智明,中山 剛,今村哲也,小川輝之,相澤直樹,市野みどり,関  聡,井川靖彦,西沢 理
    排尿障害プラクティス, 14(1), 95-102, 2006年
  • 更年期と排尿障害
    小川輝之,石塚 修,西沢 理
    臨床泌尿器科, 60(10), 725-728, 2006年
  • 排尿障害治療薬
    小川輝之,石塚 修,西沢 理
    新薬展望2006(医薬ジャーナル), 42(増刊), 334-339, 2006年
  • 薬物と排尿障害
    小川輝之,井川靖彦,関  聡,西沢 理
    カレントテラピー, 24(1), 61-65, 2006年
  • 血管病変と出血 持続勃起症
    加藤晴朗,川上雅子,西沢 理
    Urology View, 4(5), 73-75, 2006年
  • 高齢者前立腺癌の特徴と課題
    加藤晴朗,川上雅子,西沢 理
    泌尿器外科, 19(12), 1391-1395, 2006年
  • 下部尿路症状(LUTS)診療の最前線 過活動膀胱の治療
    関  聡, 井川靖彦, 西沢 理
    臨床泌尿器科, 60(11), 817-821, 2006年
  • 【腎・尿路疾患の診療指針'06】 泌尿器科疾患 下部尿路症候群
    西沢 理, 石塚 修, 小川輝之
    腎と透析, 61(増刊), 485-487, 2006年
  • 【後期高齢者 リハビリテーションの視点から】 後期高齢者の排泄のケア
    西沢 理, 上野 学, 鈴木都史郎, 道面尚久
    Journal of Clinical Rehabilitation, 5(12), 1141-1146, 2006年
  • 【過活動膀胱】 過活動膀胱診療ガイドライン
    西沢 理, 道面尚久, 鈴木都史郎
    クリニカルプラクティス, 25(10), 968-971, 2006年
  • 国際尿失禁会議からの報告 尿失禁に対する薬物治療:尿失禁(薬物療法)
    西沢 理
    排尿障害プラクティス, 14(3), 264-269, 2006年
  • 【泌尿器科再生医療の最前線】 尿失禁に対する幹細胞治療の現状と将来
    西沢 理, 杵渕芳明, 今村哲也, 石塚 修
    Urology View, 4(4), 104-108, 2006年
  • 【前立腺疾患 新しい治療法を理解するために】 前立腺肥大症 治療 α1ブロッカー
    西沢 理, 杵渕芳明, 田辺智明, 中山 剛, 中沢昌樹
    Modern Physician, 26(6), 984-987, 2006年
  • 【これだけは知っておきたい一般医における排尿障害のEBM】 女性尿失禁に対する診療ガイドライン
    西沢 理, 石塚 修, 田辺智明, 中山 剛, 中沢昌樹
    EBMジャーナル, 7(4), 604-609, 2006年
  • 排尿障害と加齢 高齢女性の排尿障害 尿失禁
    西沢 理, 田辺智明, 杵渕芳明, 中沢昌樹
    ジェロントロジーニューホライズン, 18(2), 144-150, 2006年
  • 【過活動膀胱up to date】 過活動膀胱の新しい定義と疫学
    西沢 理, 杵渕芳明, 田辺智明, 中山 剛, 中沢昌樹
    Pharma Medica, 24(2), 9-12, 2006年
  • 排尿障害の鑑別診断
    西沢 理,杵渕芳明,田辺智明,中山 剛
    総合リハビリテーション, 34(1), 41-46, 2006年
  • 女性尿失禁に関する診療ガイドライン
    西沢 理,石塚 修,田辺智明,中山 剛,中沢昌樹
    EBMジャーナル, 7(4), 76-81, 2006年
  • 尿失禁に対する幹細胞治療の現状と将来
    西沢 理,杵渕芳明,今村哲也,石塚 修
    Urology View, 4(4), 104-108, 2006年
  • Alveolar soft part sarcoma of the retroperitoneum
    Ishikawa M, Ishizuka O, Nakayama T, Kobayashi S, Igawa Y, Nishizawa O, Sugimoto K, Yamashita T, Matsushita T
    International Journal of Urology, 13(10), 1355-1357, 2006年
  • Improvement of polyuria, bladder sensation and bladder capacity following renal transplantation
    Mizusawa H, Ishizuka O, Igawa Y, Komiyama M, Iwata K, Nishizawa O
    International Journal of Urology, 13(5), 614-616, 2006年
  • 血液透析患者におけるインターロイキン2の血中濃度推移 ―局所再発性腎癌に対するインターロイキン2治療経験からの検討
    石塚 修,田辺智明,中山 剛,杵渕芳明,小川輝之,西沢 理
    癌と化学療法, 33(3), 389-390, 2006年
  • 間質性膀胱炎に対するレジニフェラトキシン膀胱内注入療法の経験
    高橋 聡,井上隆太,市原浩司,舛森直哉,塚本泰司,柳瀬雅裕,井川靖彦,西沢 理
    泌尿器科紀要, 52, 911-913, 2006年
  • Relapsed prostate cancer with neuroendocrine differentiation and high serum level of CEA without elevation of PSA: A case report
    Kinebuchi Y, Noguchi W, Irie K, Nakayama T, Kato H, Nishizawa O
    International Journal of Urology, 14, 147-149, 2006年
  • 神経因性膀胱って何?
    石塚 修,西沢 理
    徹底ガイド 排泄ケアQ&A.ナーシングケアQ&A, 32-33, 2006年
  • 夜間頻尿の治療戦略
    石塚 修,西沢 理
    泌尿器疾患治療のNew Strategy, 2006年
  • 過活動膀胱
    西沢 理
    上島国利・久保木富房監修:レジデントハンドブック・Case Study:抗不安薬・睡眠薬抗うつ薬・気分安定薬の使い方, 262-265, 2006年
  • Ⅲ 自律神経による身体機能調節とその異常
    西沢 理,井川靖彦,石塚 修
    後藤由夫,本郷道夫編:排尿.自律神経の基礎と臨床 改訂3版, 204-210, 2006年

書籍等出版物

  • 臨床泌尿器科 64 (4)増刊
    石塚 修,西沢 理, 尿流測定;尿流動態検査法.泌尿器検査のここがポイント
    医学書院, 128-130 2010年
  • 臨床泌尿器科 64 (4)増刊
    石塚 修,西沢 理, 排尿困難な患者への尿流測定;尿流動態検査法.泌尿器検査のここがポイント
    医学書院, 131-132 2010年
  • 臨床泌尿器科 64 (4)増刊
    石塚 修,西沢 理, プレッシャーフロースタデイ:尿流動態検査法.泌尿器検査のここがポイント
    医学書院, 133-135 2010年
  • 西沢 理編
    共著, インフォームドコンセントのための図説シリーズ 過活動膀胱
    医薬ジャーナル社, 2009年
  • 西沢 理監修
    井川靖彦,石塚 修, 共著, 下部尿路機能ポケットマニュアル2009
    メデイカルレビュー社, 2009年
  • 西沢 理監修,武田正之,高橋 悟,後藤百万,大森 栄,西村かおる編:~泌尿器科医のための~ 前立腺肥大症に伴う排尿障害Q&A ―排尿障害の現在と展望を知る―
    井川靖彦,西沢 理, 共著, 排尿障害の障害の症状が改善しない時はどのように対応したらよいでしょうか? 難治例に遭遇した際の判断について教えてください
    株式会社先端医学社, 97-100 2009年
  • 平尾佳彦編:よくわかって役に立つ前立腺肥大症のすべて
    石塚 修,西沢 理, 共著, 排尿検査士の役割
    永井書店, 98-100 2009年
  • 穴澤貞夫,後藤百万,高尾良彦,本間之夫,前田耕太郎編:排泄リハビリテーション 理論と臨床
    石塚 修,西沢 理, 共著, 排尿機能の生理
    中山書店, 46-50 2009年
  • 日本排尿機能学会,夜間頻尿診療ガイドライン作成委員会編:夜間頻尿診療ガイドライン
    石塚 修,鈴木康之,武井実根雄,西沢 理, 共著, 膀胱蓄尿障害.病因と発症機序
    ブラックウェルパブリッシング, 19-20 2009年
  • 日本排尿機能学会,夜間頻尿診療ガイドライン作成委員会編:夜間頻尿診療ガイドライン
    石塚 修,鈴木康之,武井実根雄,西沢 理, 共著, 膀胱蓄尿障害.前立腺肥大症,過活動膀胱,間質性膀胱炎
    ブラックウェルパブリッシング, 43-44 2009年
  • 後藤百万,小川 修,筧 善行,出口 隆,鈴木孝治編:EBM 泌尿器疾患の治療
    石塚 修,西沢 理, 共著, 下部尿路機能障害に対する漢方薬治療の有効性は?
    中外医学社, 327-331 2009年
  • 松田公志,中川昌之,冨田善彦編:新Urologic Surgeryシリーズ4 良性腎疾患・副腎・後腹膜の手術
    西沢 理,鈴木尚徳,横山 仁, 共著, 【Ⅲ 後腹膜疾患に対する手術】後腹膜線維化症に対する手術:尿管剥離術
    メジカルビュー社, 174-179 2009年
  • 西沢 理監修,武田正之,高橋 悟,後藤百万,大森 栄,西村かおる編:~泌尿器科医のための~ 前立腺肥大症に伴う排尿障害Q&A ―排尿障害の現在と展望を知る―
    西沢 理, 単著, 前立腺肥大症に伴う排尿障害診療の現在と問題点
    株式会社先端医学社, 8-12 2009年
  • 病気と薬 パーフェクトBOOK
    西沢 理, 単著, 前立腺肥大症
    株式会社南山堂, 991-993 2009年
  • 病気と薬 パーフェクトBOOK
    西沢 理, 単著, 過活動膀胱
    株式会社南山堂, 996-998 2009年
  • 山口 脩,西沢 理,塚本泰司,武田正之編:New Concepts of BPH/LUTS
    石塚 修,西沢 理, 共著, BPHとLUTSの諸症状の発生メカニズム
    リッチヒルメディカル, 2008年
  • 山口 脩,西沢 理,塚本泰司,武田正之編:New Concepts of BPH/LUTS
    井川靖彦,西沢 理, 共著, Male LUTSにおけるBOOの診断法と臨床的意義
    リッチヒルメディカル, 61-66 2008年
  • 村井 勝,塚本泰司,小川 修編:最新泌尿器科診療指針
    西沢 理, 単著, 排尿機能障害
    永井書店, 89-103 2008年

講演・口頭発表等

  • 腹圧性尿失禁症例の筋収縮タイミングと症状およびQOLの検討.
    佐々木涼子, 若田真実, 矢花由佳, 百瀬公人, 齋門良紀, 岸蔭貴裕, 平林直樹, 西澤 理
    第27回日本排尿機能学会, 2020年10月16日

担当経験のある科目_授業

  • 泌尿器科学
    信州大学

所属学協会

  • 日本脊髄障害医学会
  • 日本排尿機能学会
  • 日本老年泌尿器科学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 間質性膀胱炎の遺伝子発現解析とバイオマーカーの検討
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2008年 - 2010年
  • 排尿制御法に関する研究
  • 排尿障害の外科的治療法に関する研究
  • 排尿機構の生理薬理学的研究