笠原 里恵 (カサハラ サトエ)   

学術研究院(理学系)

理学部 

助教 

学位

  • 博士(農学), 東京大学
  • 修士(教育学), 信州大学

研究キーワード

    陸水環境, 鳥の渡り, 諏訪湖, 生息環境, 食物網, 河川

研究分野

  • 自然共生システム, 鳥類学/河川生態学/陸水学/保全

メールアドレス

    sk_urume★shinshu-u.ac.jp

経歴

  • 2016年 - 2019年
    弘前大学農学生命科学部 研究機関研究員
  • 2015年 - 2016年
    立教大学理学部 特別研究員
  • 2013年 - 2015年
    認定NPO法人バードリサーチ 研究員
  • 2010年 - 2013年
    立教大学理学部 博士研究員
  • 2009年 - 2010年
    一般財団法人 自然環境研究センター 嘱託職員

委員歴

  • 2023年
    構成員, 長野県版レッドリスト改訂 検討会議・専門会議
  • 2020年 - 2021年
    アドバイザー(鳥類), 河川水辺の国勢調査
  • 2019年
    NISTEP専門調査員, 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター
  • 2014年
    検討委員, 千曲川中流域砂礫河原保全再生検討会 

論文

  • Zoonotic potential and antimicrobial resistance of Escherichia spp. in urban crows in Japan-first detection of E. marmotae and E. ruysiae
    Sakaguchi K, Tanabe M, Takizawa S, Kasahara S, Denda T, Koide S, Hayashi W, Nagano Y, Nagano N
    Comparative immunology, microbiology and infectious diseases, 2023年09月電子ジャーナル
  • Genetic analyses of Japanese field vole Alexandromys (Microtus) montebelli winter diet in apple orchards with deep snow cover
    Murano C, Sato JJ, Wada T, Kasahara S, and Azuma N
    Mammal study, 48(4), 2023年07月電子ジャーナル
  • Dietary analysis of the Great Cormorant Phalacrocorax carbo wintering in Aomori Prefecture, using DNA metabarcoding
    Shizuka K, Kasahara S, Azuma N
    Ornithological Science, 22(2), 183-190, 2023年07月
    責任著者電子ジャーナル
  • Emergence of Vibrio cincinnatiensis, a Rare Human Pathogen, in Urban Crows
    Soga E, Sakaguchi K, Takizawa S, Tanabe M, Denda T, Koide S, Hayashi W, Kasahara S, Nagano Y, Nagano N
    Microbiology spectrum, 2022年12月電子ジャーナル
  • DNA多型解析から明らかになったシジュウカラ Parus minor の mixed brood の存在
    中西葉月・笠原里恵・西海功・上田恵介
    日本鳥学会誌, 71(2), 171-177, 2022年10月電子ジャーナル
  • 諏訪湖におけるオウチュウ Dicrurus macrocercus の 長野県初記録
    井川洋・笠原里恵・堀田昌伸
    長野県環境保全研究所研究報告, 17, 109-112, 2021年, 査読有り
  • Frequency of kleptoparasitism by Black Brant Branta bernicla nigricans on Eurasian Coot Fulica atra differs between years and habitats.
    Shimada T, Kasahara S, Kurechi M, Suzuki Y & Higuchi H
    Wildfowl, 70, 94-106, 2020年11月, 査読有り
  • Rice fields along the East Asian-Australasian flyway are important habitats for an inland wader’s migration
    Kasahara S, Morimoto G, Kitamura W, Imanishi S & Azuma N
    SCIENTIFIC REPORTS, 10, 4118, 2020年03月, 査読有り電子ジャーナル
  • 青森県十三湖における風力発電施設建設前のガン・ハクチョウ類の春の渡り状況
    柏木敦士・笠原里恵・高橋雅雄・東信行
    日本鳥学会誌, 68(1), 53-66,, 2019年, 査読有り
  • Effectiveness of vole control by owls in apple orchards.
    Murano C, Kasahara S, Kudo S, Inada A, Sato S, Watanabe K & Azuma N.
    Journal of Applied Ecology, 56, 677-687,, 2019年
  • Male-specific mortality biases secondary sex ratio in Eurasian tree sparrows Passer montanus
    Kato T, Matsui S, Terai Y, Tanabe H, Hashima S, Kasahara S, Morimoto G, Mikami O. K, Ueda K & Kutsukake N
    Ecology and Evolution, 7(24), 10675-10682,, 2017年, 査読有り
  • Badge size of male Eurasian Tree Sparrows (Passer montanus) correlates with hematocrit in the breeding season.
    Matsui S, Kasahara S, Kato T, Izumi H, Morimoto G, Ueda K & Mikami O.K
    Ornithological Science, 16(1), 87-91,, 2017年, 査読有り
  • スズメの通過できない網目サイズと穴掘りによる侵入行動
    山口恭弘・笠原里恵・百瀬浩
    日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌, 54(4), 157-163,, 2015年, 査読有り
  • 福島第一原子力発電所事故後のスズメ目鳥類における生活史段階に応じた吸収線量率の評価.
    Sternalski A・松井晋・Bonzom J-M・笠原里恵・Beaugelin-Seiller K・上田恵介・渡辺守・Adam-Guillermin C
    日本鳥学会誌, 64(2), 161-168,, 2015年, 査読有り
  • 福島第一原発事故後の放射線環境におけるカラ類の蘚類を用いた巣の放射性セシウム濃度.
    松井 晋・Sternalski A・Adam-Guillermin C・笠原里恵・五十嵐 悟・横田清美・渡辺守・上田恵介
    日本鳥学会誌, 64(2), 169-174,, 2015年, 査読有り
  • Radioactive contamination of nest materials of the Eurasian Tree Sparrow Passer montanus due to the Fukushima nuclear accident: the significance in the first year.
    Matsui S, Kasahara S, Morimoto G, Mikami OK, Watanabe M & Ueda K
    Environmental Pollution, 206, 159-162,, 2015年, 査読有り
  • 都市および近郊の小規模樹林地で記録された鳥類の種組成に影響する要因.
    加藤和弘・吉田亮一郎・高橋俊守・笠原里恵・一ノ瀬友博
    ランドスケープ研究, 78(5), 671-676,, 2015年, 査読有り
  • スズメによる電柱への営巣:地域および環境間の比較.
    三上修・菅原卓也・松井晋・加藤貴大・森本元・笠原里恵・上田恵介
    日本鳥学会誌, 63(1), 3-13,, 2014年, 査読有り
  • Conspecific egg removal behaviour in Eurasian Tree Sparrow Passer montanus.
    Kasahara S, Yamaguchi Y, Mikami OK & Ueda K
    Ardea, 102(1), 47-52,, 2014年, 査読有り
  • 都市部と農村部におけるスズメの営巣環境,繁殖時期および巣の空間配置の比較.
    加藤貴大・松井晋・笠原里恵・森本元・三上修・上田恵介
    日本鳥学会誌, 62(1), 16-23,, 2013年, 査読有り
  • 水稲田における水稲の成熟段階および住宅からの距離がスズメ Passer montanus の採食場所選択に与える影響.
    笠原里恵・森本元・山口恭弘・三上修・上田恵介
    日本鳥学会誌, 62(1), 24-30,, 2013年
  • Effects of the climatic conditions of breeding, stopover and wintering sites on the number of juvenile Whooper Swans Cygnus Cygnus wintering in Japan.
    Koyama K, Kasahara S & Abe S
    Ornithological Science, 12(2), 107-115,, 2013年, 査読有り
  • Abundance of birds in Fukushima as judged from Chernobyl.
    Møllera AP, Hagiwara A, Matsui S, Kasahara S, Kawatsud K, Nishiumi I, Suzuki H, Ueda K & Mousseau TA
    Environmental Pollution, 164, 36-39,, 2012年, 査読有り
  • スズメ Passer montanus の巣内雛の成長様式.
    松井晋・笠原里恵・森本元・三上修・上田恵介
    日本鳥類標識協会, 23, 1-11,, 2012年, 査読有り
  • 都市環境に見られる巣立ち後のヒナ数の少なさ~一般参加型調査 子雀ウォッチの解析より~.
    三上修・植田睦之・森本元・笠原里恵・松井 晋・上田恵介
    Bird Research, 7, A1-A12,, 2011年, 査読有り
  • 日本で越冬するカモ類の1996年~2009年における個体数変化の地域的傾向.
    笠原里恵・神山和夫
    日本鳥学会誌, 60(1), 35-51,, 2011年, 査読有り
  • 秋田県大潟村でみつかったスズメの9卵巣.
    松井晋・笠原里恵・三上かつら・森本元・三上修
    Strix, 27, 83-87,, 2011年, 査読有り
  • Population trends of common wintering waterfowl in Japan: participatory monitoring data from 1996 to 2009.
    Kasahara S & Koyama K
    Ornithological Science, 9(1), 23-36,, 2010年, 査読有り
  • 2009年台風18号(台風メーロー)通過後に長野県内で初記録されたシロアジサシ Gygis alba.
    堀田昌伸・林 正敏・笠原里恵
    長野県環境保全研究所研究報告, 6, 71-73,, 2010年, 査読有り
  • 長野県千曲市と埴科郡坂城町におけるモズ Lanius bucephalus の7卵での抱卵および7雛の育雛の観察記録.
    笠原里恵・今西貞夫
    日本鳥学会誌, 58(1), 114-117,, 2009年, 査読有り
  • Food-niche differentiation in sympatric species of kingfishers, the Common Kingfisher Alcedo atthis and the Greater Pied Kingfisher Ceryle lugubris.
    Kasahara S & Katoh K
    Ornithological Science, 7(2), 123-134,, 2008年, 査読有り
  • ヤマセミ Ceryle lugubris の育雛に釣り人の存在が与える影響.
    笠原里恵・加藤和弘
    日本鳥学会誌, 56, 51-57,, 2007年, 査読有り
  • 富山市呉羽丘陵における森林性鳥類群集のラインセンサス調査および国内他地域との比較.
    笠原里恵・藤部崇史・小原秀雄・横畑泰志
    富山大学教育学部研究論集, 4, 83-97,, 2001年, 査読有り

書籍等出版物

  • 知って楽しいカワセミの暮らし
    笠原里恵, 単著
    緑書房, 2023年04月
    ISBN:978-4895318846
  • 遺伝子から解き明かす鳥の不思議な世界(15章:ライチョウをめぐる遺伝的問題)
    上田恵介(編):田中啓太・伊澤栄一・森本 元・相馬雅代・三上かつら・関 伸一・齋藤武馬・杉田典正・泉 洋江・久世貴世・江田真毅・田中康平・綿貫 豊・出口智広・笠原里恵・森さやか・森口紗千子・浅井芝樹・佐藤雪太, 共著
    一色出版, 2019年
  • 野外鳥類学を楽しむ
    上田恵介(編):森本元・斎藤武馬・遠藤菜緒子・田中啓太・濱尾章二・植田睦之・杉田正典・高橋雅雄・鈴木俊貴・三上修・笠原里恵・松井晋・佐藤望・上沖正欣・栄村奈緒子・遠藤幸子・岡久雄二・櫻井麗賀・加藤貴大・橋間清香・徐敬善, 共著
    海遊舎, 2016年
  • 日本鳥類目録 改訂第7版
    日本鳥学会(目録編集委員会、分類専門委員として寄与), 共著
    日本鳥学会, 2012年

所属学協会

  • 2021年
    日本陸水学会
  • 応用生態工学会
  • 日本鳥学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 河川を利用する鳥類の季節移動と遺伝的集団構造の両方からみた国内河川の連結性の検討
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2020年 - 2022年
  • 河川の砂礫地減少の影響を受ける鳥類の渡り経路、越冬地および重要な中継地の解明
    科学研究費補助金
    2017年 - 2019年
  • 砂礫地で繁殖するシギ・チドリ類の渡り経路の解明
    2017年
  • 河川に生息する鳥類の生態と利用環境
    2001年

その他

  • 二級小型船舶操縦士
    2019年

学部内委員会等

  • 2019年, 信州大学自然科学館運営委員会, 委員
  • 2019年, 湖沼高地教育研究センター運営委員会, 委員