Ashida Atsuko

Academic Assembly School of Medicine and Health Sciences Institute of Medicine

Shinshu University Hospital Center for Clinical Research 

Associate Professor 

Degree

  • 博士(医学), 信州大学

Research Keyword

    melanoma

Field Of Study

  • Life sciences, Dermatology, メラノーマ、皮膚障害

Educational Background

  • 2005 - 2009, 信州大学大学院医学研究科博士課程
  • 1995, 信州大学医学部

Paper

  • Persistent alteration of the skin microbiome in patients with skin rash after receiving EGFR inhibitor treatment
    Atsuko Ashida; Shuta Tomida; Tokuro Iwabuchi; Yuki Sato; Yukiko Kiniwa; Ryuhei Okuyama
    Experimental Dermatology, 81回, P-1049, May 2023リポジトリ電子ジャーナル
  • Analysis of immune‐related adverse events correlated with good prognosis in melanoma treatment and fluctuating blood factors
    Kenta Nakamura; Atsuko Ashida; Yukiko Kiniwa; Ryuhei Okuyama
    The Journal of Dermatology, Apr. 2023リポジトリ電子ジャーナル
  • Immune status and prognosis of stage II and III primary malignant melanoma: An analysis including 77 cases of acral lentiginous melanoma
    Kenta Nakamura; Atsuko Ashida; Yukiko Kiniwa; Ryuhei Okuyama
    The Journal of Dermatology, Apr. 2023リポジトリ電子ジャーナル
  • Clinical history analysis of Japanese melanoma cases and characteristics of melanoma with childhood onset
    Akane Minagawa; Hisashi Uhara; Atsuko Ashida; HIROSHI KOGA; Ryuhei Okuyama
    The Journal of Dermatology, Dec. 2022リポジトリ電子ジャーナル
  • Erythromelalgia Associated with Neuropathy in Sjögren’s Syndrome: A Case Report
    Nano Saito; Atsuko Ashida; Shiho Shirota; Ryuhei Okuyama
    Acta Dermato-Venereologica, Jun. 2022リポジトリ電子ジャーナル
  • Certolizumab pegol treatment for leg ulcers due to rheumatoid vasculitis
    Maureen Tania Meling; Akane Minagawa; Tomomi Miyake; Atsuko Ashida; Ryuhei Okuyama
    JAAD Case Reports, Dec. 2021リポジトリ電子ジャーナル
  • Chemokine level predicts the therapeutic effect of anti-PD-1 antibody (nivolumab) therapy for malignant melanoma
    Kenta Nakamura; Atsuko Ashida; Yukiko Kiniwa; Ryuhei Okuyama
    Archives of Dermatological Research, Nov. 2021リポジトリ電子ジャーナル
  • Case of annular pustular psoriasis/circinate erythematous psoriasis induced by hydroxychloroquine in a patient with systemic lupus erythematosus: Possible association with CARD-14 mutation.
    Hirotaka Midorikawa; Yukiko Kiniwa; Akane Minagawa; Kana Osawa; Takushi Shirai; Tasuku Sano; Kenta Nakamura; Atsuko Ashida; Ken-Ichi Ueno; Takuya Takeichi; Masashi Akiyama; Ryuhei Okuyama
    The Journal of dermatology, 48(9), e440-e442, Sep. 2021リポジトリ電子ジャーナル
  • Usefulness of monitoring circulating tumor cells as a therapeutic biomarker in melanoma with BRAF mutation.
    Yukiko Kiniwa; Kenta Nakamura; Asuka Mikoshiba; Atsuko Ashida; Yasuyuki Akiyama; Atsushi Morimoto; Ryuhei Okuyama
    BMC cancer, 21(1), 287-287, Mar. 2021リポジトリ電子ジャーナル
  • メラノーマ メラノーマの検査・診断 Liquid biopsy
    芦田敦子
    日本臨床, 79(増刊2 皮膚悪性腫瘍(上)), 220-224, 2021リポジトリ
  • Paraneoplastic pemphigus associated with Waldenström's macroglobulinemia.
    Takushi Shirai; Yukiko Kiniwa; Norito Ishii; Takashi Hashimoto; Yasushi Senoo; Kazuhisa Urushihata; Atsuko Ashida; Ryuhei Okuyama
    The Journal of dermatology, 47(5), e200-e201, May 2020リポジトリ電子ジャーナル
  • Detecting copy number alterations of oncogenes in cell-free DNA to monitor treatment response in acral and mucosal melanoma.
    Asuka Mikoshiba; Atsuko Ashida; Kaori Sakaizawa; Yukiko Kiniwa; Ryuhei Okuyama
    Journal of dermatological science, 97(3), 172-178, Mar. 2020リポジトリ電子ジャーナル
  • BRAF Mutation Heterogeneity in Melanoma Lesions.
    Kaori Sakaizawa; Atsuko Ashida; Yukiko Kiniwa; Ryuhei Okuyama
    Acta dermato-venereologica, 100(1), adv00045, Jan. 2020リポジトリ電子ジャーナル
  • Three cases of squamous cell carcinoma associated with voriconazole treatment
    二瓶達也; 芦田敦子; 翠川央高; 永井史緒; 海野俊徳; 久保仁美; 住昌彦; 木庭幸子; 奥山隆平
    Skin Cancer (Web), 35(3), 2020リポジトリ
  • Circulating Tumour DNA Reflects Tumour Burden Independently of Adverse Events Caused by Systemic Therapies for Melanoma
    A Ashida; K Sakaizawa; A Mikoshiba; Y Kiniwa; R Okuyama
    Acta Dermato Venereologica, 2019リポジトリ電子ジャーナル
  • Dacarbazine as third-line treatment for malignant melanoma : Retrospective study of three cases
    中村謙太; 芦田敦子; 中村麗那; 木庭幸子; 奥山隆平
    Skin Cancer (Web), 33(3), 2019リポジトリ
  • 新・皮膚科セミナリウム メラノーマの新しい治療法 メラノーマの遺伝子異常
    芦田 敦子
    日本皮膚科学会雑誌, 128(6), 1301-1308, May 2018リポジトリ
  • メラノーマの遺伝子異常
    芦田敦子
    The Japanese Journal of Dermatology, 128(6), 1301-1308, 2018リポジトリ電子ジャーナル
  • Circulating Tumour DNA for Monitoring Treatment Response to Anti-PD-1 Immunotherapy in Melanoma Patients.
    Atsuko Ashida; Kaori Sakaizawa; Hisashi Uhara; Ryuhei Okuyama
    Acta dermato-venereologica, 97(10), 1212-1218, Nov. 2017リポジトリ電子ジャーナル
  • Distinct phenotype of epidermolysis bullosa simplex with infantile migratory circinate erythema due to frameshift mutations in the V2 domain of KRT5
    Y. Kumagai; N. Umegaki-Arao; T. Sasaki; Y. Nakamura; H. Takahashi; A. Ashida; Y. Tsunemi; M. Kawashima; A. Shimizu; A. Ishiko; K. Nakamura; H. Tsuchihashi; M. Amagai; A. Kubo
    Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology, 31(5), e241-e243, May 2017リポジトリ電子ジャーナル
  • Detection of BRAF(V600K) mutant tumor-derived DNA in the pleural effusion from a patient with metastatic melanoma
    Kaori Sakaizawa; Atsuko Ashida; Hisashi Uhara; Ryuhei Okuyama
    CLINICAL CHEMISTRY AND LABORATORY MEDICINE, 55(4), E92-E95, Apr. 2017, Not invitedWebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Detection of BRAFV600K mutant tumor-derived DNA in the pleural effusion from a patient with metastatic melanoma
    Kaori Sakaizawa, Ashida A, Uhara H , Okuyama R
    Clin Chemi Lab Med, 55(4), e92-e95, Mar. 2017
  • Distinct phenotype of epidermolysis bullosa simplex with infantile migratory circinate erythema due to frameshift mutations in the V2 domain of KRT5
    Y.Kumagai, N. Umegaki-Arao, T. Sasaki,Y. Nakamura, H. Takahashi, A. Ashida, Y. Tsunemi,M. Kawashima, A. Shimizu, A. Ishiko, K. Nakamura,H. Tsuchihashi, M. Amagai, A. Kubo
    European Academy of Dermatology and VenereologyActa Derm Venereol, 31(5), e241-e243, Nov. 2016
  • Quantitative analysis of the BRAF V600E mutation in circulating tumor-derived DNA in melanoma patients using competitive allele-specific TaqMan PCR.
    Atsuko Ashida; Kaori Sakaizawa; Asuka Mikoshiba; Hisashi Uhara; Ryuhei Okuyama
    International journal of clinical oncology, 21(5), 981-988, Oct. 2016リポジトリ電子ジャーナル
  • Acquired epidermodysplasia verruciformis associated with human papillomavirus type 47 in a HIV-infected patient.
    Atsuko Ashida; Akira Shimizu; Ryuhei Okuyama
    The Journal of dermatology, 43(6), 717-8, Jun. 2016リポジトリ電子ジャーナル
  • Quantitative analysis of the BRAFV600E mutation in circulating tumor-derived DNA using competitive allele-specific TaqMan PCR in melanoma patients
    Ashida A, Sakaizawa K, Mikoshiba A, Uhara H , Okuyama R
    Int J Clin Oncol., 21(5), 981-988, May 2016
  • Inhibition of epidermal growth factor receptor induces tumor necrosis factor-α via activation of peroxisome proliferator-activated receptor-γ and nuclear factor-κB in sebocytes: A possible pathogenesis of papulopustular rash.
    Atsuko Ashida; Eisaku Ogawa; Hisashi Uhara; Tomonobu Koizumi; Ryuhei Okuyama
    Journal of dermatological science, 82(1), 53-6, Apr. 2016リポジトリ電子ジャーナル
  • Melanoma with BRAF Mutation in Circulating Cell-free DNA despite no Mutation in the Primary Lesion: A Case Report.
    Atsuko Ashida; Hisashi Uhara; Asuka Mikoshiba; Kaori Sakaizawa; Naomi Kumagai; Hiroshi Koga; Ryuhei Okuyama
    Acta dermato-venereologica, 96(1), 128-9, Jan. 2016リポジトリ電子ジャーナル
  • Histopathological improvement of scleroderma induced by paclitaxel in a patient with breast cancer.
    Atsuko Ohashi; Akane Minagawa; Atsuko Ashida; Hiroshi Koga; Hisashi Uhara; Ryuhei Okuyama
    The Journal of dermatology, 42(12), 1198-9, Dec. 2015リポジトリ電子ジャーナル
  • Clinical characteristics associated with BRAF, NRAS and KIT mutations in Japanese melanoma patients.
    Kaori Sakaizawa; Atsuko Ashida; Aya Uchiyama; Takamichi Ito; Yasuhiro Fujisawa; Dai Ogata; Shigeto Matsushita; Kazuyasu Fujii; Satoshi Fukushima; Yoshitsugu Shibayama; Naohito Hatta; Tatsuya Takenouchi; Jiro Uehara; Ryuhei Okuyama; Naoya Yamazaki; Hisashi Uhara
    Journal of dermatological science, 80(1), 33-7, Oct. 2015リポジトリ電子ジャーナル
  • 信州大学における悪性黒色腫245例(2000~2009年)の臨床統計
    中村謙太、皆川茜、芦田敦子、古賀弘志、木庭幸子、奥山隆平、宇原久
    日本皮膚科学会雑誌, 125(8), 1587-1592, Aug. 2015
  • An Initial Case Report of a Laparoscopic Spleen-Preserving Distal Pancreatectomy for a Patient with a Pancreatic Metastasis of Malignant Melanoma
    Motoyama H, Kobayashi A, Yokoyama T, Shimizu A, Furusawa N , Sakai H, Kitagawa N, Ashida A, Okuyama R, Miyagawa S
    The Shinshu Medical Journal, 63(1), 19-24, Jan. 2015
  • 治療に伴う有害反応対策 抗EGFR抗体薬による皮膚障害とその予防・対策
    御子柴飛鳥; 芦田敦子; 奥山隆平
    日本臨床, 73(増刊4 最新臨床大腸癌学), 612-616, 2015リポジトリ
  • 症候群 Familial atypical multiple mole melanoma syndrome(家族性多発性メラノーマ症候群,家族性異型多発母斑黒色腫症候群)
    芦田敦子; 宇原久
    日本臨床, 73(増刊6 家族性腫瘍学), 99-102, 2015リポジトリ
  • Clinical Review of Malignant Melanoma Patients Treated at Shinshu University between 2000 and 2009
    中村謙太; 皆川茜; 芦田敦子; 古賀弘志; 木庭幸子; 奥山隆平; 宇原久
    日本皮膚科学会雑誌, 125(8), 1587-1592, 2015, Refereedリポジトリ電子ジャーナル
  • 白癬性肉芽腫の1例
    枝光智大、芦田敦子、春日恵理子、井出裕一郎、宇原久、奥山隆平
    皮膚科の臨床, 56(13), 2169-2172, Dec. 2014
  • Toll-like receptor 4 signaling promotes the migration of human melanoma cells.
    Yuko Takazawa; Yukiko Kiniwa; Eisaku Ogawa; Aya Uchiyama; Atsuko Ashida; Hisashi Uhara; Yasufumi Goto; Ryuhei Okuyama
    The Tohoku journal of experimental medicine, 234(1), 57-65, Sep. 2014リポジトリ
  • Fibrosarcomatous variant of dermatofibrosarcoma protuberans with pancreatic metastasis.
    Hiroshi Murata; Atsuko Ohashi; Atsuko Ashida; Hisashi Uhara; Ryuhei Okuyama; Takenari Nakata; Kunihiko Shingu
    International journal of dermatology, 53(2), e140-2, Feb. 2014リポジトリ電子ジャーナル
  • Successful treatment of rheumatoid vasculitis-associated skin ulcer with a TNF-α antagonist.
    Atsuko Ashida; Hiroshi Murata; Yasutomo Mikoshiba; Atsuko Ohashi; Aya Kobayashi; Hiroshi Koga; Hisashi Uhara; Ryuhei Okuyama
    International journal of dermatology, 53(2), e154-6, Feb. 2014リポジトリ電子ジャーナル
  • 5-Hydroxymethylcytosine as a useful marker to differentiate between malignant melanomas and benign melanocytic nevi.
    Ryuhei Uchiyama; Hisashi Uhara; Aya Uchiyama; Eisaku Ogawa; Yuko Takazawa; Atsuko Ashida; Hiroshi Koga; Koichi Hayashi; Yukiko Kiniwa; Ryuhei Okuyama
    Journal of dermatological science, 73(2), 161-3, Feb. 2014リポジトリ電子ジャーナル
  • 長期間症状が遷延している薬剤過敏症症候群(DIHS)の1例
    上條史尚、芦田敦子、 葭矢裕之、佐藤勇樹、小林彩、村田浩、 福澤正男、宇原久、奥山隆平
    J Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 8(1), 38-42, Jan. 2014
  • NRAS mutations in primary and metastatic melanomas of Japanese patients.
    Hisashi Uhara; Atsuko Ashida; Hiroshi Koga; Eisaku Ogawa; Aya Uchiyama; Ryuhei Uchiyama; Koichi Hayashi; Yukiko Kiniwa; Ryuhei Okuyama
    International journal of clinical oncology, 19(3), 544-8, 2014リポジトリ電子ジャーナル
  • Coexpression of EpCAM, CD44 variant isoforms and claudin-7 in anaplastic thyroid carcinoma.
    Toshihiro Okada; Teruo Nakamura; Takayuki Watanabe; Naoyoshi Onoda; Atsuko Ashida; Ryuhei Okuyama; Ken-ichi Ito
    PloS one, 9(4), e94487, 2014リポジトリ電子ジャーナル
  • Combination chemotherapy of carboplatin and paclitaxel for metastatic melanoma.
    Yuki Sato; Hisashi Uhara; Atsuko Ashida; Ryuhei Okuyama
    The Journal of dermatology, 40(12), 1050-1, Dec. 2013リポジトリ電子ジャーナル
  • A case of hypocomplementaemic urticarial vasculitis with a high serum level of rheumatoid factor.
    Atsuko Ashida; Hiroshi Murata; Atsuko Ohashi; Eisaku Ogawa; Hisashi Uhara; Ryuhei Okuyama
    The Australasian journal of dermatology, 54(3), e62-3, Aug. 2013リポジトリ電子ジャーナル
  • Low p53 positivity in verrucous skin lesion in diabetic neuropathy occurring on the dorsum of the foot
    Atsuko Ashida; Yukiko Kiniwa; Aya Kobayashi; Kazuhiko Matsumoto; Ryuhei Okuyama
    International Journal of Dermatology, 52(3), 378-380, Mar. 2013, Not invitedリポジトリ電子ジャーナル
  • 悪性黒色腫 悪性黒色腫の分子生物学 分子生物学:各論 MAPキナーゼ経路:NRAS,BRAF,MEK
    芦田敦子; 木庭幸子; 宇原久; 奥山隆平
    日本臨床, 71(増刊4 皮膚悪性腫瘍), 126-129, 2013, Refereedリポジトリ
  • 悪性黒色腫 悪性黒色腫の分子生物学 分子生物学:各論 チロシンキナーゼ:KIT
    芦田敦子; 木庭幸子; 宇原久; 奥山隆平
    日本臨床, 71(増刊4 皮膚悪性腫瘍), 134-138, 2013, Refereedリポジトリ
  • Clinical courses of drug-induced hypersensitivity syndrome treated without systemic corticosteroids.
    Uhara H, Saiki M, Kawachi S, Ashida A, Oguchi S, Okuyama R
    J Eur Acad Derm Venereol, 27, 722-726, 2013
  • Focal dermal hypoplasia syndrome(Goltz症候群)の男児例
    海野俊徳、芦田敦子、太田由子、佐野葉子、奥山隆平
    小児皮膚学会誌, 32, 83-86, 2013
  • Low p53 positivity in verrucous skin lesion in diabetic neuropathy occurring on the dorsum of the foot
    Ashida A, Kiniwa Y, Kobayashi A, Matsumoto K, Okuyama R
    Int J Dermatol, 52, 378-380, 2013
  • Case of a cutaneous angiomyolipoma in the ear
    Yasutomo Mikoshiba; Hiroshi Murata; Atsuko Ashida; Nana Saito; Hiroshi Koga; Hisashi Uhara; Ryuhei Okuyama
    JOURNAL OF DERMATOLOGY, 39(9), 808-809, Sep. 2012, Not invitedWebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Assessment of BRAF and KIT mutations in Japanese melanoma patients
    Atsuko Ashida; Hisashi Uhara; Yukiko Kiniwa; Misae Oguchi; Hiroshi Murata; Yasufumi Goto; Aya Uchiyama; Eisaku Ogawa; Koichi Hayashi; Hiroshi Koga; Ryuhei Okuyama
    JOURNAL OF DERMATOLOGICAL SCIENCE, 66(3), 240-242, Jun. 2012, Not invitedWebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Assessment of BRAF and KIT mutations in Japanese melanoma
    Ashida A, Uhara H, Kiniwa Y, Oguchi M, Murata H, Goto Y, Uchiyama A, Ogawa E, Hayashi K, Koga H, Okuyama R
    J Dermatological Science, 66(3), 240-242, Jun. 2012
  • A case of epidermolysis bullosa acquisita associated with laryngeal stenosis.
    Yukiko Kiniwa; Atsuko Ashida; Atsuko Ohashi; Ryosuke Kitoh; Shunpei Fukuda; Takashi Hashimoto; Ryuhei Okuyama
    Acta dermato-venereologica, 92(1), 93-4, Jan. 2012リポジトリ電子ジャーナル
  • Assessment of BRAF and KIT mutations in Japanese melanoma patients
    Ashida A, Uhara H, Kiniwa Y, Oguchi M, Murata H, Goto Y, Uchiyama A, Ogawa E, Hayashi K, Koga H, Okuyama R
    J Dermatol Sci, 66:, 240-242, 2012
  • Case of a cutaneous angiomyolipoma in the ear
    Mikoshiba Y, Murata H, Ashida A, Saito N, Koga H, Uhara H, Okuyama R
    J Dermatol, 39, 808-809, 2012
  • メラノサイト特異的タンパク陰性の原発不明悪性黒色腫
    木庭幸子、芦田敦子、高沢裕子、大橋敦子、後藤康文、磯部研一、奥山隆平
    Skin Cancer, 25(3), 353-357, 2011
  • メシル酸ガベキサートによるEosinophilic panniculitisの1例
    芦田敦子、大橋敦子、木庭幸子、奥山隆平
    皮膚科の臨床, 53(12), 1783-1785, 2011
  • Thermal Angioedema Induced by Hot Water
    Kobayashi A, Uhara H, Ashida A, Kiniwa Y, Okuyama R
    Acta Derm Venereol, 91, 343-344, 2011
  • スニチニブによる治療を試みた直腸原発悪性黒色腫の1例
    塩原順子、芦田敦子、久保仁美、高田実、福沢正男
    皮膚病診療, 32(7), 749-752, 2010
  • NADPH oxidase 4 contributes to transformation phenotype of melanoma cells by regulating G2-M cell cycle progression.
    Maki Yamaura; Junji Mitsushita; Shuichi Furuta; Yukiko Kiniwa; Atsuko Ashida; Yasuhumi Goto; Wei H Shang; Makoto Kubodera; Masayoshi Kato; Minoru Takata; Toshiaki Saida; Tohru Kamata
    Cancer research, 69(6), 2647-54, Mar. 2009リポジトリ電子ジャーナル
  • Pathological activation of KIT in metastatic tumors of acral and mucosal melanomas.
    Atsuko Ashida; Minoru Takata; Hiroshi Murata; Kenji Kido; Toshiaki Saida
    International journal of cancer, 124(4), 862-8, Feb. 2009リポジトリ電子ジャーナル
  • Interferon-beta therapy for malignant melanoma: the dose is crucial for inhibition of proliferation and induction of apoptosis of melanoma cells.
    Hitomi Kubo; Atsuko Ashida; Kazuhiko Matsumoto; Toshiro Kageshita; Akifumi Yamamoto; Toshiaki Saida
    Archives of dermatological research, 300(6), 297-301, Jul. 2008リポジトリ電子ジャーナル
  • Establishment of a novel melanoma cell line SMYM-PRGP showing cytogenetic and biological characteristics of the radial growth phase of acral melanomas.
    Hiroshi Murata; Atsuko Ashida; Minoru Takata; Maki Yamaura; Boris C Bastian; Toshiaki Saida
    Cancer science, 98(7), 958-63, Jul. 2007リポジトリ
  • 旋尾線虫によるcreeping disease
    芦田敦子、河内繁雄、斎田俊明
    皮膚科の臨床, 47(5), 749-752, 2005

MISC

  • IL-12発現型がん治療用ウイルスによる悪性黒色腫の革新的ウイルス免疫療法
    奥山 隆平; 松本 和彦; 古賀 弘志; 中村 謙太; 芦田 敦子; 田中 実; 藤堂 具紀
    日本臨床皮膚科医会雑誌, 41(2), 365 - 365, Apr. 2024
  • 皮膚悪性腫瘍のリキッドバイオプシー
    芦田 敦子
    皮膚科, 3(5), 582 - 587, May 2023リポジトリ
  • 悪性黒色腫の不均一性
    中村 謙太; 芦田 敦子; 木庭 幸子; 奥山 隆平
    皮膚科, 2(1), 108 - 115, Jul. 2022
  • Circulating tumor DNAのモニタリングが画像評価より早期に腫瘍量の変化をとらえたBRAF変異悪性黒色腫の2例
    御子柴 飛鳥; 勝家 志歩; 佐野 佑; 芦田 敦子; 奥山 隆平
    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 38回, 156 - 156, May 2022
  • 病期II、III期の悪性黒色腫の原発巣の免疫状態と予後のまとめ
    中村 謙太; 芦田 敦子; 木庭 幸子; 奥山 隆平
    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 38回, 156 - 156, May 2022
  • 増刊号特集 最近のトピックス2022 Clinical Dermatology 2022 3.新しい検査法と診断法 リキッドバイオプシー
    芦田 敦子
    臨床皮膚科, 76(5), 78 - 81, 10 Apr. 2022リポジトリ電子ジャーナル
  • 分子標的薬(抗がん剤)による皮膚障害
    芦田 敦子
    日本皮膚科学会雑誌, 132(1), 79 - 79, Jan. 2022
  • ファモチジンによる小児の中毒性表皮壊死症の1例
    高沢 裕子; 小佐野 めぐみ; 勝家 志歩; 坂井 柚季; 鈴木 里香; 面高 俊和; 中村 謙太; 芦田 敦子; 木庭 幸子; 奥山 隆平; 嶋田 祥子; 西岡 誠; 福山 哲弘
    日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会プログラム・抄録集, 51回, 211 - 211, Nov. 2021
  • 原発性マクログロブリン血症に合併した腫瘍随伴性天疱瘡
    白井 拓史; 木庭 幸子; 芦田 敦子; 奥山 隆平; 妹尾 寧; 漆畑 一寿; 橋本 隆; 石井 文人
    日本皮膚科学会雑誌, 131(11), 2428 - 2428, Oct. 2021
  • Verruciform Xanthoma2例のダーモスコピー所見
    大澤 香奈; 皆川 茜; 芦田 敦子; 奥山 隆平; 福澤 正男
    日本皮膚科学会雑誌, 131(11), 2428 - 2428, Oct. 2021
  • SLE患者において、ヒドロキシクロロキンによる多形紅斑型薬疹が疑われた1例
    翠川 央高; 佐野 佑; 白井 拓史; 大澤 香奈; 中村 謙太; 芦田 敦子; 奥山 隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 131(11), 2429 - 2429, Oct. 2021
  • ステロイドパルス療法を行った円形脱毛症18例のまとめ
    中村 謙太; 白井 拓史; 面高 俊和; 佐野 佑; 御子柴 飛鳥; 代田 志保; 関 智子; 高沢 裕子; 皆川 茜; 芦田 敦子; 木庭 幸子; 奥山 隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 131(11), 2430 - 2430, Oct. 2021
  • 壊死性軟部組織感染症の自験例
    白井 拓史; 翠川 央高; 大澤 香奈; 佐野 佑; 芦田 敦子; 奥山 隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 131(11), 2431 - 2432, Oct. 2021
  • 当科における進行期悪性黒色腫に対する術後補助療法のまとめ
    中村 謙太; 芦田 敦子; 木庭 幸子; 奥山 隆平
    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 37回, 129 - 129, Jun. 2021
  • 進行期メラノーマ患者について血中循環腫瘍DNAによる治療効果予測の検討
    芦田 敦子; 御子柴 飛鳥; 中村 謙太; 木庭 幸子; 奥山 隆平
    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 37回, 167 - 167, Jun. 2021
  • BCGワクチン接種後に皮膚粟粒結核を発症したメンデル遺伝型マイコバクテリア易感染症の男児例
    坂井 柚季; 芦田 敦子; 木庭 幸子; 丸山 悠太; 重村 倫成; 奥山 隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 131(5), 1358 - 1358, May 2021
  • Three cases of squamous cell carcinoma associated with voriconazole treatment
    NIHEI Tatsuya; ASHIDA Atsuko; MIDORIKAWA Hirotaka; NAGAI Fumio; UNNO Toshinori; KUBO Hitomi; SUMI Masahiko; KINIWA Yukiko; OKUYAMA Ryuhei
    Skin Cancer, 35(3), 143 - 149, Mar. 2021リポジトリ電子ジャーナル
  • Summary of adjuvant therapy for advanced malignant melanoma in our department
    NAKAMURA Kenta; ASHIDA Atsuko; KINIWA Yukiko; OKUYAMA Ryuhei
    Skin Cancer, 36(3), 212 - 217, 2021リポジトリ電子ジャーナル
  • 肢端型・粘膜型のメラノーマ患者における血漿中のcell-free DNAのコピー数異常を用いた病勢モニタリング
    御子柴飛鳥; 芦田敦子; 木庭幸子; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 131(1), 128 - 128, 2021リポジトリ
  • 免疫チェックポイント阻害薬を中止後に,ダカルバジンを使用したメラノーマの3例
    中村謙太; 諏訪学; 白井拓史; 面高俊和; 佐野佑; 御子柴育朋; 佐藤勇樹; 三宅知美; 芦田敦子; 木庭幸子; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 131(3), 545 - 545, 2021リポジトリ
  • リキッドバイオプシー(がんの状態を末梢血で知る)
    芦田敦子
    日本皮膚科学会雑誌, 131(5), 1213 - 1213, 2021リポジトリ
  • BCGワクチン接種後に皮膚粟粒結核を発症したメンデル遺伝型マイコバクテリア易感染症の男児例
    坂井柚季; 芦田敦子; 木庭幸子; 丸山悠太; 重村倫成; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 131(5), 1358 - 1358, 2021リポジトリ
  • Hydroxychloroquine投与を契機に膿疱性乾癬を発症したSLEの1例
    翠川 央高; 佐野 佑; 白井 拓史; 大澤 香奈; 中村 謙太; 皆川 茜; 芦田 敦子; 木庭 幸子; 上野 賢一; 奥山 隆平
    日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会プログラム・抄録集, 50回, 214 - 214, Dec. 2020
  • circulating tumor DNA値を参考にencorafenib/binimetinibの用量調整を行った悪性黒色腫の1例
    翠川央高; 佐野佑; 白井拓史; 大澤香奈; 中村謙太; 御子柴飛鳥; 芦田敦子; 木庭幸子; 奥山隆平; 松田順繁
    日本皮膚科学会雑誌, 130(3), 413 - 413, 2020リポジトリ
  • 血中循環腫瘍DNAを用いて病勢評価を行ったKIT変異を有する肢端型メラノーマの2例
    御子柴飛鳥; 芦田敦子; 境澤香里; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 130(3), 416 - 416, 2020リポジトリ
  • 悪性黒色腫の局所性レニン-アンジオテンシン系を介した線維芽細胞の腫瘍免疫応答解析
    中村謙太; 芦田敦子; 木庭幸子; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 130(3), 416 - 416, 2020リポジトリ
  • ニボルマブ,イピリムマブ併用療法における免疫関連副作用の血中因子の解析
    中村謙太; 芦田敦子; 木庭幸子; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 130(5), 1247 - 1247, 2020リポジトリ
  • 日常診療でみる壊死性軟部組織感染症
    白井拓史; 翠川央高; 大澤香奈; 佐野佑; 芦田敦子; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 130(5), 1251 - 1251, 2020リポジトリ
  • 皮疹はこう見る,こう表現する よく見る皮膚疾患を発疹レベルで理解する〈良性腫瘍〉脂漏性角化症
    芦田敦子
    Medicina, 57(11), 1942 - 1943, 2020リポジトリ電子ジャーナル
  • 当科におけるニボルマブ,イピリムマブ併用療法の悪性黒色腫20例のまとめ
    中村謙太; 芦田敦子; 木庭幸子; 奥山隆平
    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 36th, 140 - 140, 2020リポジトリ
  • Skin dysbiosis occurs in EGFR inhibitor-induced skin rash
    芦田敦子; 冨田秀太; 奧山隆平
    日本癌学会学術総会抄録集(Web), 79th, PJ3 - 5, 2020リポジトリ
  • Dacarbazine as third-line treatment for malignant melanoma : Retrospective study of three cases
    NAKAMURA Kenta; ASHIDA Atsuko; NAKAMURA Reina; KINIWA Yukiko; OKUYAMA Ryuhei
    Skin Cancer, 33(3), 196 - 200, Feb. 2019リポジトリ電子ジャーナル
  • HIV感染症を伴い乾癬様皮疹を呈した1例
    佐藤勇樹; 芦田敦子; 牛木淳人; 奥山隆平
    日本乾癬学会学術大会プログラム・抄録集, 34th(11), 2427 - 2427, 2019リポジトリ
  • シェーグレン症候群によるニューロパチーに続発した皮膚紅痛症の1例
    芦田敦子; 代田志保; 奥山隆平; 沼波仁; 木藤健治
    日本皮膚科学会雑誌, 129(3), 394 - 394, 2019リポジトリ
  • 皮膚障害 : EGFR阻害薬による皮膚障害・手足症候群・がん性皮膚潰瘍・褥瘡
    芦田敦子
    Cancer Board Square, 5(1), 122 - 130, 2019リポジトリ電子ジャーナル
  • EGFR阻害薬による皮膚障害とその対策・予防
    芦田敦子; 高沢裕子; 関智子; 境澤香里; 羽生田久美子; 上條史尚; 皆川茜; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 129(4), 562 - 562, 2019リポジトリ
  • 根治的手術後14年にわたり再発を繰り返している外陰部メラノーマの1例
    境澤香里; 面高俊和; 三宅知美; 芦田敦子; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 129(4), 592 - 592, 2019リポジトリ
  • 分子標的治療薬による皮膚障害に対する信州大学皮膚ケア外来での診療
    芦田敦子; 関智子; 東里江; 廣田沙也佳; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 129(5), 1226 - 1226, 2019リポジトリ
  • 末梢血中の腫瘍由来DNAを用いた悪性黒色腫に対するニボルマブの治療効果の評価
    芦田敦子; 境澤香里; 奥山隆平; 宇原久
    日本皮膚科学会雑誌, 129(8), 1647 - 1647, 2019リポジトリ
  • 抗ARS抗体陽性の皮膚筋炎8例の皮膚症状のまとめ
    諏訪学; 木庭幸子; 芦田敦子; 林宏一; 松本和彦; 奥山隆平; 下島恭弘
    日本皮膚科学会雑誌, 129(8), 1648 - 1648, 2019リポジトリ
  • 表皮との連続性を示した悪性黒色腫皮膚転移の3例
    三宅知美; 芦田敦子; 御子柴育朋; 境澤香里; 奥山隆平
    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 35th, 113 - 113, 2019リポジトリ
  • ケモカインによる抗PD-1抗体療法の治療効果予測
    中村謙太; 芦田敦子; 木庭幸子; 奥山隆平
    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 35th, 160 - 160, 2019リポジトリ
  • 小児期発症の病歴を持つメラノーマの病理組織学的検討
    皆川茜; 宇原久; 芦田敦子; 境澤香里; 古賀弘志; 奥山隆平
    日本皮膚病理組織学会抄録集, 35th, 50,31 - 50,31, 2019リポジトリ
  • Circulating tumor DNA reflects tumor burden independently of adverse events caused by systemic therapies for melanoma
    芦田敦子; 境澤香里; 御子柴飛鳥; 奥山隆平
    日本癌学会学術総会抄録集(Web), 78th(12), P - 2343, 2019リポジトリ電子ジャーナル
  • 悪性黒色腫の予後予測因子と抗PD-1抗体療法のバイオマーカーの探索
    諏訪学; 中村謙太; 芦田敦子; 木庭幸子; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 128(2), 234 - 234, 2018リポジトリ
  • 蕁麻疹・痒疹 抗ヒスタミン薬が有効であった日光蕁麻疹の1例
    大橋敦子; 芦田敦子; 御子柴育朋; 村田浩; 奥山隆平
    皮膚科の臨床, 60(13), 1982 - 1983, 2018リポジトリ電子ジャーナル
  • 血液循環腫瘍DNAによるモニタリングが休薬中の病勢把握に有用だったBRAF変異メラノーマの2例
    芦田敦子; 境澤香里; 三宅知美; 御子柴育朋; 奥山隆平
    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 34th, 122 - 122, 2018リポジトリ
  • 黒色を呈した外陰部Bowen病の2例
    三宅知美; 白井拓史; 芦田敦子; 木庭幸子; 清水晶; 奥山隆平
    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 34th, 154 - 154, 2018リポジトリ
  • ケモカインによる悪性黒色腫の抗PD-1抗体療法の治療効果予測
    中村謙太; 芦田敦子; 木庭幸子; 奥山隆平
    日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集, 46th, 105 - 105, 2018リポジトリ
  • ケモカインによる悪性黒色腫の抗PD-1抗体療法の治療効果予測
    中村謙太; 芦田敦子; 木庭幸子; 奥山隆平
    日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集, 46th, 133 - 133, 2018リポジトリ
  • Clinical and genetic characteristics of cutaneous melanoma with clinical history of early childhood onset
    A. Minagawa; H. Uhara; K. Sakaizawa; H. Koga; A. Ashida; R. Okuyama
    JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY, 137(10), S196 - S196, Oct. 2017, Not invitedWebofScienceリポジトリ
  • メラノーマ組織内におけるBRAF変異型とBRAF野生型の腫瘍細胞の分布についての検討
    境澤 香里; 芦田 敦子; 奥山 隆平
    日本癌学会総会記事, 76回, P - 1351, Sep. 2017
  • BRAF K601E変異メラノーマ~血液循環腫瘍DNAを用いて病勢のモニタリングを行った1例~
    芦田敦子; 境澤香里; 三宅知美; 御子柴育朋; 佐野佑; 白井拓史; 古賀弘志; 奥山隆平
    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 33rd, 146 - 146, 2017リポジトリ
  • イピリムマブ投与後に脳症,血球貪食症候群,DICが出現したニボルマブ投与歴を持つ悪性黒色腫の1例
    三宅知美; 御子柴育朋; 佐野佑; 白井拓史; 芦田敦子; 古賀弘志; 宇原久; 宇原久; 奥山隆平
    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 33rd, 160 - 160, 2017リポジトリ
  • 低分子性分子標的薬の未来
    芦田敦子
    日本皮膚科学会雑誌, 127(5), 939 - 939, 2017リポジトリ
  • 小児期発症の病歴を持つメラノーマの特徴
    皆川茜; 宇原久; 芦田敦子; 境澤香里; 古賀弘志; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 127(5), 1140 - 1140, 2017リポジトリ
  • 乳幼児膿疱性乾癬の4例
    御子柴育朋; 佐野佑; 小林彩; 三宅知美; 芦田敦子; 小川英作; 宇原久; 奥山隆平; 杉浦一充
    日本皮膚科学会雑誌, 127(5), 1142 - 1142, 2017リポジトリ
  • メラノーマ患者におけるcirculating tumor DNAによるニボルマブ治療の評価
    芦田 敦子; 境澤 香里; 宇原 久; 奥山 隆平
    日本癌学会総会記事, 75回, P - 2322, Oct. 2016
  • 幼少期に環状浮腫性紅斑を生じたepidermolysis bullosa simplex with mottled pigmentationの2例
    熊谷宜子; 熊谷宜子; 梅垣知子; 佐々木貴史; 芦田敦子; 常深祐一郎; 川島眞; 中村晃一郎; 石河晃; 天谷雅行; 天谷雅行; 久保亮治
    日本皮膚科学会雑誌, 126(5), 2016リポジトリ
  • Epidermolysis bullosa simplex with mottled pigmentationの2家系
    久保亮治; 熊谷宜子; 天谷雅行; 芦田敦子; 芦田敦子; 常深祐一郎; 石河晃
    日本皮膚科学会雑誌, 126(6), 2016リポジトリ
  • BRAFV600E変異を有する体幹四肢メラノーマの形態学的特徴
    皆川茜; 古賀弘志; 境澤香里; 芦田敦子; 宇原久; 奥山隆平
    皮膚かたち研究学会学術大会プログラム・抄録集, 43rd, 2016リポジトリ
  • メラノーマ-基礎から最新薬物療法まで 分子異常
    芦田敦子; 木庭幸子; 宇原久
    カレントテラピー, 34(4), 344 - 349, 2016リポジトリ
  • メラノーマの遺伝子異常
    芦田敦子
    日本皮膚科学会雑誌, 126(5), 747 - 747, 2016リポジトリ
  • 血液循環腫瘍DNAよりBRAF変異が検出できた進行期悪性黒色腫症例
    芦田敦子; 御子柴飛鳥; 熊谷尚美; 境澤香里; 古賀弘志; 宇原久; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 126(5), 975 - 975, 2016リポジトリ
  • HIV感染患者に生じた後天性疣贅状表皮発育異常症の1例
    芦田敦子; 大橋敦子; 奥山隆平; 清水晶
    日本皮膚科学会雑誌, 126(7), 1306 - 1306, 2016リポジトリ
  • BRAF変異を有する悪性黒色腫における免疫応答と予後解析
    中村謙太; 芦田敦子; 木庭幸子; 宇原久; 奥山隆平
    日本臨床免疫学会会誌, 39(4), 423 - 423, 2016リポジトリ電子ジャーナル
  • DICを合併したDIHSの1例
    海野俊徳; 吉川美香; 三宅知美; 小林彩; 内山龍平; 芦田敦子; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 126(11), 2127 - 2127, 2016リポジトリ
  • パクリタキセルにより強皮症様皮膚硬化を呈した1例
    大橋敦子; 芦田敦子; 古賀弘志; 宇原久; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 126(11), 2128 - 2128, 2016リポジトリ
  • 深在性白癬の1例
    枝光智大; 芦田敦子; 奥山隆平; 春日恵理子; 井出裕一郎
    日本皮膚科学会雑誌, 126(11), 2129 - 2129, 2016リポジトリ
  • 肢端黒子型悪性黒色腫の解剖学的分布
    面高俊和; 皆川茜; 古賀弘志; 芦田敦子; 宇原久; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 126(11), 2131 - 2131, 2016リポジトリ
  • 掌蹠色素細胞母斑の免疫組織学的検討
    皆川茜; 古賀弘志; 芦田敦子; 奥山隆平; 百瀬正信
    日本皮膚科学会雑誌, 126(11), 2131 - 2131, 2016リポジトリ
  • 当科における悪性黒色腫245例(2000~2009年)の統計的検討
    中村謙太; 皆川茜; 北澤里美; 芦田敦子; 古賀弘志; 木庭幸子; 宇原久; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 126(11), 2134 - 2135, 2016リポジトリ
  • 進行期メラノーマ患者におけるcastPCR法を用いたBRAFV600E血液循環腫瘍DNAの検出
    芦田 敦子; 境澤 香里; 宇原 久; 奥山 隆平
    日本癌学会総会記事, 74回, P - 3303, Oct. 2015
  • メラノーマ最新情報 日本人におけるMAPK系の遺伝子変異率と遺伝子検査の実際
    芦田敦子; 宇原久
    Monthly Book Derma., (230), 63 - 68, 2015
    https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J03115&link_issn=&doc_id=20150424040008&doc_link_id=40022569264&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40022569264&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gifリポジトリ
  • 日本人の悪性黒色腫のBRAF,NRAS,KIT変異率と臨床所見
    境澤香里; 芦田敦子; 伊東孝通; 藤澤康弘; 緒方大; 松下茂人; 藤井一恭; 福島聡; 柴山慶継; 八田尚人; 竹之内辰也; 上原治朗; 奥山隆平; 山崎直也; 宇原久
    日本皮膚科学会雑誌, 125(4), 940 - 940, 2015リポジトリ
  • 皮膚癌の術後出血が診断の契機となった後天性13因子欠乏症の1例
    三宅知美; 芦田敦子; 宇原久; 奥山隆平; 福澤正男; 一瀬白帝
    日本皮膚科学会雑誌, 125(4), 955 - 955, 2015リポジトリ
  • Benefit of Proactive Therapy Using Topical Steroid for Atopic Dermatitis-Effect of Twice Weekly Topical Application of 0.05% Betamethasone Butyrate Propionate Ointment-
    照井正; 木庭幸子; 芦田敦子; 奥山隆平; 小澤麻紀; 相場節也
    西日本皮膚科, 76(6), 598 - 605, 2014リポジトリ電子ジャーナル
  • 長期間症状が遷延している薬剤過敏症症候群(DIHS)の1例
    上條史尚; 芦田敦子; 葭矢裕之; 佐藤勇樹; 小林彩; 村田浩; 福澤正男; 宇原久; 奥山隆平
    Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 8(1), 38 - 42, 2014
    https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J04984&link_issn=&doc_id=20140207440005&doc_link_id=40019972070&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40019972070&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gifリポジトリ
  • インフルエンザワクチンによるStevens-Johnson症候群の1例
    佐藤勇樹; 葭矢裕之; 御子柴育朋; 芦田敦子; 村田浩; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 124(3), 354 - 354, 2014リポジトリ
  • 膵転移をきたした隆起性皮膚線維肉腫/線維肉腫(DFSP/FS)の1例
    大橋敦子; 芦田敦子; 村田浩; 宇原久; 奥山隆平; 吉田香奈子
    日本皮膚科学会雑誌, 124(3), 355 - 355, 2014リポジトリ
  • 長期間症状が遷延している薬剤過敏症症候群(DIHS)の1例
    上條史尚; 芦田敦子; 葭矢裕之; 佐藤勇樹; 小林彩; 村田浩; 宇原久; 奥山隆平; 福澤正男
    日本皮膚科学会雑誌, 124(3), 355 - 355, 2014リポジトリ
  • 悪性黒色腫との鑑別が難しかったPaget病の1例
    浅井裕子; 芦田敦子; 岩出舞子; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 124(3), 356 - 356, 2014リポジトリ
  • 初期治療にPDAIを用いた尋常性天疱瘡の1例
    海野俊徳; 浅井裕子; 葦矢裕之; 吉川美香; 三宅知美; 上條史尚; 佐藤勇樹; 小林彩; 芦田敦子; 村田浩; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 124(3), 357 - 357, 2014リポジトリ
  • 腎障害を伴った薬剤過敏症症候群(DIHS)の1例
    海野俊徳; 浅井裕子; 三宅知美; 吉川美香; 小林彩; 芦田敦子; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 124(3), 358 - 358, 2014リポジトリ
  • 肢端黒子型悪性黒色腫の解剖学的分布
    面高俊和; 皆川茜; 古賀弘志; 芦田敦子; 宇原久; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 124(4), 829 - 829, 2014リポジトリ
  • 白癬性肉芽腫の1例
    枝光智大; 芦田敦子; 奥山隆平; 春日恵理子; 井出裕一郎
    日本皮膚科学会雑誌, 124(9), 1789 - 1789, 2014リポジトリ
  • BRAF変異をともなう日本人黒色腫患者の臨床的特徴
    宇原久; 境澤香里; 芦田敦子; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 124(10), 1943 - 1943, 2014リポジトリ
  • 白癬性肉芽腫の1例
    枝光智大; 芦田敦子; 春日恵理子; 井出裕一郎; 宇原久; 奥山隆平
    皮膚科の臨床, 56(13), 2169 - 2172, 2014
    https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J01266&link_issn=&doc_id=20141218140020&doc_link_id=40020296123&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40020296123&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gifリポジトリ
  • 日本人の悪性黒色腫患者におけるNRAS遺伝子変異の解析(Assessment of NRAS mutation in Japanese melanoma patients)
    芦田 敦子; 宇原 久; 奥山 隆平
    日本癌学会総会記事, 72回, 518 - 518, Oct. 2013
  • 角化型疥癬の1例
    木藤健治; 安部学朗; 芦田敦子
    日本皮膚科学会雑誌, 123(2), 2013リポジトリ
  • 悪性黒色腫恥骨転移にCDDP動注療法が有効であった1例
    三宅知美; 福沢正男; 藤田幸恵; 松原誠; 大橋敦子; 芦田敦子; 木庭幸子; 宇原久
    日本皮膚科学会雑誌, 123(2), 2013リポジトリ
  • メシル酸ガベキサート(FOY)によるEosinophilic Panniculitisの1例
    芦田敦子; 大橋敦子; 木庭幸子; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 123(2), 168 - 168, 2013リポジトリ
  • 抗HIV薬ツルバダによるスティーブンスジョンソン症候群の1例
    小川英作; 大橋敦子; 芦田敦子; 村田浩; 奥山隆平; 牛木淳人
    日本皮膚科学会雑誌, 123(2), 169 - 169, 2013リポジトリ
  • 治療抵抗性だった落葉状天疱瘡の1例
    芦田敦子; 大橋敦子; 小川英作; 村田浩; 奥山隆平; 斉木実
    日本皮膚科学会雑誌, 123(2), 170 - 170, 2013リポジトリ
  • マイコプラズマ感染により発症したStevens Johnson症候群(SJS)の1例
    御子柴育朋; 大橋敦子; 芦田敦子; 村田浩; 宇原久; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 123(2), 171 - 171, 2013リポジトリ
  • 喉頭狭窄をきたした後天性表皮水疱症の1例
    木庭幸子; 大橋敦子; 芦田敦子; 宇原久; 奥山隆平; 小口真司
    日本皮膚科学会雑誌, 123(2), 171 - 171, 2013リポジトリ
  • 低補体血症性蕁麻疹様血管炎の1例
    芦田敦子; 大橋敦子; 山浦麻貴; 小川英作; 村田浩; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 123(2), 171 - 171, 2013リポジトリ
  • 腹部に生じた隆起性皮膚線維肉腫(DFSP)病変を伴う線維肉腫の1例
    大橋敦子; 芦田敦子; 村田浩; 宇原久; 奥山隆平; 吉田香奈子
    日本皮膚科学会雑誌, 123(2), 172 - 172, 2013リポジトリ
  • 塩酸オロパタジンが有効であった日光蕁麻疹の1例
    大橋敦子; 御子柴育朋; 芦田敦子; 村田浩; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 123(2), 173 - 173, 2013リポジトリ
  • 魚介による口腔アレルギー症候群の1例
    御子柴育朋; 斉藤奈那; 大橋敦子; 芦田敦子; 村田浩; 宇原久; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 123(2), 173 - 173, 2013リポジトリ
  • 石鹸中の加水分解小麦で感作され小麦アレルギーを発症したと考えられた2例
    齊藤奈那; 御子柴育朋; 大橋敦子; 田中飛鳥; 岩出舞子; 芦田敦子; 古賀弘志; 後藤康文; 村田浩; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 123(2), 173 - 173, 2013リポジトリ
  • 小児膿疱性乾癬の1例
    御子柴育朋; 村田浩; 赤羽聡子; 佐藤勇樹; 芦田敦子; 宇原久; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 123(2), 174 - 174, 2013リポジトリ
  • Hydroxyureaによる薬剤性皮膚潰瘍の1例
    佐藤勇樹; 御子柴育朋; 芦田敦子; 村田浩; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 123(2), 174 - 174, 2013リポジトリ
  • 放射線照射部位に生じた皮膚有棘細胞癌の2例
    葭矢裕之; 御子柴育朋; 佐藤勇樹; 芦田敦子; 村田浩; 奥山隆平; 河内繁雄; 土肥庄二郎
    日本皮膚科学会雑誌, 123(2), 175 - 175, 2013リポジトリ
  • Focal dermal hypoplasia syndrome(Goltz症候群)の男児例
    海野俊徳; 芦田敦子; 芦田敦子; 太田由子; 佐野葉子; 奥山隆平
    日本小児皮膚科学会雑誌, 32(2), 173 - 176, 2013リポジトリ
  • 日本人のメラノーマのおけるBRAF,NRAS,KITの遺伝子変異の解析
    芦田敦子; 宇原久; 奥山隆平
    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 29th, 137 - 137, 2013リポジトリ
  • パクリタキセルにより強皮症様皮膚硬化を呈した1例
    大橋敦子; 芦田敦子; 古賀弘志; 宇原久; 奥山隆平
    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 29th, 140 - 140, 2013リポジトリ
  • 日本人の悪性黒色腫患者におけるBRAF、KIT遺伝子変異の解析(Assessment of BRAF and KIT mutations in Japanese melanoma patients)
    芦田 敦子; 宇原 久; 村田 浩; 後藤 康文; 奥山 隆平
    日本癌学会総会記事, 71回, 359 - 359, Aug. 2012
  • 頭部血管肉腫の5例
    葭矢 裕之; 芦田 敦子; 村田 浩; 宇原 久; 奥山 隆平
    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 28回, 132 - 132, Jun. 2012
  • インフリキシマブが著効した乾癬性関節炎の1例
    中村 謙太; 三宅 知美; 内山 龍平; 太田 桂子; 木藤 健治; 芦田 敦子; 古賀 弘志; 宇原 久; 高田 実; 新倉 冬子
    日本皮膚科学会雑誌, 122(2), 417 - 417, Feb. 2012
  • 温熱負荷試験で誘発できた血管浮腫の1例
    小林 彩; 芦田 敦子; 木庭 幸子; 宇原 久
    日本皮膚科学会雑誌, 122(2), 418 - 418, Feb. 2012
  • 足背にできた疣贅様皮疹の1例
    芦田 敦子; 小林 彩; 代田 志保; 木庭 幸子; 松本 和彦
    日本皮膚科学会雑誌, 122(2), 419 - 419, Feb. 2012
  • ステロイドの全身投与を行わずに治療した薬剤性過敏症症候群12例の臨床経過
    斉木実; 宇原久; 河内繁雄; 芦田敦子; 小口真司; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 122(4), 2012リポジトリ
  • 乾癬の治療にTNFα阻害薬を投与中に掌蹠膿疱症様皮疹を生じた2例
    小川英作; 葭矢裕之; 大橋敦子; 佐藤勇樹; 三宅知美; 小林彩; 芦田敦子; 古賀弘志; 村田浩; 宇原久; 奥山隆平
    日本乾癬学会学術大会プログラム・抄録集, 27th, 2012リポジトリ
  • インフリキシマブが著効した乾癬性関節炎の1例
    中村謙太; 三宅知美; 内山龍平; 太田桂子; 木藤健治; 芦田敦子; 古賀弘志; 宇原久; 高田実; 新倉冬子
    日本皮膚科学会雑誌, 122(1), 106 - 106, 2012リポジトリ
  • 温熱負荷試験で誘発できた血管浮腫の1例
    小林彩; 芦田敦子; 木庭幸子; 宇原久
    日本皮膚科学会雑誌, 122(1), 106 - 107, 2012リポジトリ
  • 足背にできた疣贅様皮疹の1例
    芦田敦子; 小林彩; 代田志保; 木庭幸子; 松本和彦
    日本皮膚科学会雑誌, 122(1), 107 - 107, 2012リポジトリ
  • 皮膚型平滑筋肉腫の1例
    三宅知美; 木藤健治; 芦田敦子; 古賀弘志; 林宏一; 斎田俊明; 磯部研一; 窪田恵夢; 浅野功治; 上原剛; 福澤正男; 高田実
    皮膚科の臨床, 54(2), 281 - 285, 2012
    https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J01266&link_issn=&doc_id=20120216120024&doc_link_id=40019197729&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40019197729&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gifリポジトリ
  • 膵転移を生じたDermatofibrosarcoma protuberans with fibrosarcomatous changeの1例
    村田浩; 大橋敦子; 芦田敦子; 奥山隆平; 古澤徳彦; 宮川眞一; 神宮邦彦
    日本皮膚科学会雑誌, 122(4), 1231 - 1231, 2012リポジトリ
  • 右耳介にできた血管筋脂肪腫の1例
    御子柴育朋; 斉藤奈那; 大橋敦子; 芦田敦子; 村田浩; 宇原久; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 122(6), 1598 - 1599, 2012リポジトリ
  • 塩酸オロパタジンが有効であった日光蕁麻疹の1例
    大橋敦子; 御子柴育朋; 芦田敦子; 村田浩; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 122(6), 1605 - 1605, 2012リポジトリ
  • 膿疱を伴う皮膚疾患(2)〈臨床例〉-15)治療に難渋した小児膿疱性乾癬
    御子柴育朋; 芦田敦子; 村田浩; 宇原久; 奥山隆平
    皮膚病診療, 34(7), 683 - 686, 2012リポジトリ
  • シクロスポリンが著効した小児膿疱性乾癬の1例
    御子柴育朋; 村田浩; 赤羽聡子; 佐藤勇樹; 芦田敦子; 宇原久; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 122(9), 2336 - 2336, 2012リポジトリ
  • 長期間症状が遷延している薬剤過敏症症候群(DIHS)の1例
    上條史尚; 芦田敦子; 葭矢裕之; 佐藤勇樹; 小林彩; 村田浩; 宇原久; 奥山隆平; 福澤正男
    Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 6(3), 268 - 268, 2012
    https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J04984&link_issn=&doc_id=20120619530092&doc_link_id=%2Fdl4jedca%2F2012%2F000603%2F095%2F0268-0268%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdl4jedca%2F2012%2F000603%2F095%2F0268-0268%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gifリポジトリ
  • インフルエンザワクチンが原因と考えられたStevens-Johnson症候群の1例
    芦田敦子; 佐藤勇樹; 葭矢裕之; 御子柴育朋; 村田浩; 宇原久; 奥山隆平
    Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 6(3), 274 - 274, 2012
    https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J04984&link_issn=&doc_id=20120619530103&doc_link_id=%2Fdl4jedca%2F2012%2F000603%2F106%2F0274-0274%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdl4jedca%2F2012%2F000603%2F106%2F0274-0274%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gifリポジトリ
  • A case of melanocyte-specific protein-negative melanoma of unknown origin
    木庭幸子; 芦田敦子; 高沢裕子; 大橋敦子; 後藤康文; 礒部研一; 奥山隆平
    Skin Cancer, 25(3), 353 - 357, 2011リポジトリ電子ジャーナル
  • 喉頭狭窄をきたした後天性表皮水疱症の1例
    木庭幸子; 大橋敦子; 芦田敦子; 宇原久; 鬼頭良輔; 福田俊平; 橋本隆; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 121(3), 585 - 585, 2011リポジトリ
  • Verrucous skin lesion on the feet in diabetic neuropathyの1例
    芦田敦子; 大橋敦子; 木庭幸子; 松本和彦; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 121(3), 627 - 627, 2011リポジトリ
  • ラミシールにより生じた急性汎発性発疹性膿疱症(AGEP)の1例
    大橋敦子; 芦田敦子; 木庭幸子; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 121(4), 752 - 752, 2011リポジトリ
  • メシル酸ガベキサート(FOY)によるEosinophilic Panniculitis
    芦田敦子; 大橋敦子; 木庭幸子; 奥山隆平
    日本皮膚科学会雑誌, 121(5), 924 - 924, 2011リポジトリ
  • 抗HIV薬テノホビル・エムトリシタビン(ツルバダ)によると思われるスティーブンスジョンソン症候群の1例
    小川英作; 大橋敦子; 芦田敦子; 村田浩; 奥山隆平; 牛木淳人
    Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 5(3), 268 - 268, 2011
    https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J04984&link_issn=&doc_id=20110705470051&doc_link_id=%2Fdl4jedca%2F2011%2F000503%2F052%2F0268-0268%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdl4jedca%2F2011%2F000503%2F052%2F0268-0268%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gifリポジトリ
  • マイコプラズマ感染により発症したStevens-Johnson症候群の一例
    御子柴育朋; 大橋敦子; 芦田敦子; 村田浩; 宇原久; 奥山隆平
    Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 5(3), 268 - 268, 2011
    https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J04984&link_issn=&doc_id=20110705470052&doc_link_id=%2Fdl4jedca%2F2011%2F000503%2F053%2F0268-0268%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdl4jedca%2F2011%2F000503%2F053%2F0268-0268%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gifリポジトリ
  • Focal dermal hypoplasia syndrome(Goltz syndrome)の1例
    芦田敦子; 太田由子; 佐野葉子
    日本皮膚科学会雑誌, 121(14), 3392 - 3392, 2011リポジトリ
  • メシル酸ガベキサートによるEosinophilic Panniculitisの1例
    芦田敦子; 大橋敦子; 木庭幸子; 奥山隆平
    皮膚科の臨床, 53(12), 1783 - 1785, 2011
    https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J01266&link_issn=&doc_id=20111124130012&doc_link_id=40019058670&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40019058670&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gifリポジトリ
  • 原発不明でメラノサイト特異的タンパク陰性のメラノーマの1例
    木庭 幸子; 大橋 敦子; 高沢 裕子; 芦田 敦子; 後藤 康文; 奥山 隆平
    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集, 26回, 193 - 193, Jun. 2010
  • スニチニブによる治療を試みた直腸原発悪性黒色腫の1例
    塩原順子; 芦田敦子; 久保仁美; 高田実; 福沢正男
    日本皮膚科学会雑誌, 120(1), 75 - 75, 2010リポジトリ
  • ステロイドの全身投与なしで軽快したDrug-induced hypersensitivity syndrome(DIHS)
    芦田敦子; 三宅知美; 内山龍平; 木藤健治; 古賀弘志; 高田実
    日本皮膚科学会雑誌, 120(2), 276 - 277, 2010リポジトリ
  • 胸部平滑筋肉腫の1例
    三宅知美; 中村謙太; 内山龍平; 芦田敦子; 古賀弘志; 林宏一; 上條哲史; 磯部研一; 窪田恵夢; 浅野功治; 上原剛
    日本皮膚病理組織学会会誌, 25(2), 61 - 61, 2010リポジトリ
  • メラノーマ〈臨床例〉-6)スニチニブによる分子標的治療を試みた直腸原発悪性黒色腫
    塩原順子; 芦田敦子; 久保仁美; 高田実; 福澤正男
    皮膚病診療, 32(7), 749 - 752, 2010リポジトリ
  • NADPH oxidase(Nox)4によるG2-M細胞周期進行の新しい調節機構(A Novel link of NADPH oxidase(Nox)4 redox-signaling to G2-M cell cycle progression in melanoma cell proliferation)
    山浦 真貴; 満下 淳地; 古田 秀一; 木庭 幸子; 芦田 敦子; 後藤 泰文; 加藤 真良; 高田 実; 斎田 敏明; 鎌田 徹
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 82回, 3T10a - 5, Sep. 2009
  • メラノーマでは、RAS/RAF/MEK/ERKシグナルはcyclin D、cyclin Eの双方を制御する(Both cyclin D and cyclin E are downstream targets of the RAS/RAF/MEK/ERK pathway in melanoma cells)
    村田 浩; 芦田 敦子; 後藤 康文; 木藤 健治; 高田 実
    日本癌学会総会記事, 68回, 485 - 486, Aug. 2009
  • 転移性肢端型・粘膜型黒色腫では野生型KITが活性化している(Pathological activation of wild-type KIT is common in metastatic tumors of acral and mucosal melanomas)
    芦田 敦子; 村田 浩; 木藤 健治; 高田 実; 斎田 俊明
    日本癌学会総会記事, 67回, 222 - 222, Sep. 2008
  • テガフール配合薬(TS-1)を内服後,強皮症様皮膚変化と関節リウマチを生じた1例
    小川香里; 芦田敦子; 河内繁雄; 高田実; 斎田俊明
    日本皮膚科学会雑誌, 118(7), 1273 - 1273, 2008リポジトリ
  • 異なる進展段階から樹立された肢端黒色腫細胞株におけるMAPK経路の活性化とMEK阻害剤U0126の効果(Activation of the MAPK pathway, and growth inhibitory effect of a MEK inhibitor, U0126, in acral melanoma cell lines)
    芦田 敦子; 村田 浩; 木藤 健治; 高田 実; 斎田 俊明
    日本癌学会総会記事, 66回, 527 - 528, Aug. 2007
  • 異なる進展段階から樹立された肢端黒色腫細胞株におけるRAS/RAF/MEK/ERK経路の活性化とMEK阻害剤U0126の効果
    芦田 敦子; 村田 浩; 高沢 裕子; 高田 実; 斎田 俊明
    日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 32回, 156 - 156, Apr. 2007
  • Cyclin D1遺伝子増幅を示す新しい肢端黒色腫細胞株(SMYM-PRGP)のシグナル伝達経路の解析
    村田 浩; 高田 実; 芦田 敦子; 高木 裕子; 山浦 麻貴; 斎田 俊明
    日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 31回, 157 - 157, Apr. 2006
  • テガフール配合薬(TS-1)を内服後より,強皮症様皮膚症状と関節リウマチを生じた1例
    小川香里; 高木裕子; 井出葉子; 芦田敦子; 河内繁雄
    日本皮膚科学会雑誌, 116(3), 353 - 353, 2006リポジトリ
  • 水平増殖期末端黒子型悪性黒色腫細胞株の樹立とその性質の解析(Establishment and characterization of a cell line derived from the radial growth phase acral melanoma)
    村田 浩; 芦田 敦子; 高田 実; 斎田 俊明
    日本癌学会総会記事, 64回, 206 - 206, Sep. 2005
  • Creeping Disease Due to Spirurid Nematode Larva
    芦田敦子; 河内繁雄; 斎田俊明; 高本雅哉; 赤尾信明
    皮膚科の臨床, 47(5), 749 - 752, 2005リポジトリ
  • 旋尾線虫幼虫によるcreeping diseaseの1例
    芦田敦子; 河内繁雄; 高本雅哉; 赤尾信明
    日本皮膚科学会雑誌, 114(7), 1315 - 1315, 2004リポジトリ
  • 脂漏性角化症と基底細胞癌(BCC)の合併例
    芦田 敦子; 河内 繁雄; 斎田 俊明
    日本皮膚科学会雑誌, 113(10), 1590 - 1590, Sep. 2003
  • CD30陽性cutaneous large T cell lymphoma
    吉沢さえ子; 太田桂子; 宮崎敦; 芦田敦子; 六波羅詩穂; 宇原久; 斎田俊明
    日本皮膚科学会雑誌, 113(5), 815 - 815, 2003リポジトリ
  • ゆう状外観を呈する皮膚病 臨床例 1 温熱性紅斑上に生じたthermal keratosis 慢性ひ素中毒症の合併が疑われた症例
    芦田敦子; 松永るり; 林宏一; 斎田俊明
    皮膚病診療, 22(5), 421 - 424, 2000リポジトリ
  • 蛇行性穿孔性弾力線維症の1例
    芦田敦子; 斎田俊明
    日本皮膚科学会雑誌, 110(7), 1145 - 1145, 2000リポジトリ
  • ケラトアカントーマか,SCCか?
    芦田 敦子; 金児 みわ子; 斎田 俊明
    日本皮膚科学会雑誌, 109(8), 1244 - 1244, Jul. 1999
  • 多発肝転移巣に対しCDDPの経肝動脈性投与を行った肛門管部悪性黒色腫の1例
    林 宏一; 松永 るり; 芦田 敦子; 宇原 久; 斎田 俊明
    日本皮膚科学会雑誌, 109(8), 1246 - 1247, Jul. 1999
  • 壊死性筋膜炎の1例
    松永 るり; 芦田 敦子; 林 宏一; 宇原 久; 斎田 俊明; 渡辺 朋美; 佐藤 新司; 井上 廣司
    日本皮膚科学会雑誌, 109(8), 1245 - 1245, Jul. 1999
  • thermal keratosisを合併し慢性砒素中毒症が疑われた1例
    芦田 敦子; 松永 るり; 林 宏一; 河内 繁雄; 斎田 俊明
    日本皮膚科学会雑誌, 109(8), 1246 - 1246, Jul. 1999
  • 多発性肝転移巣に対しシスプラチンの経肝動脈性投与を行ったこう門管部原発悪性黒色腫
    林宏一; 松永るり; 芦田敦子; 宇原久; 斎田俊明; 安達亙; 梶川昌二; 渡辺智文
    Skin Cancer, 14(2), 220 - 224, 1999リポジトリ電子ジャーナル
  • 壊死性筋膜炎の1例
    松永 るり; 芦田 敦子; 林 宏一; 宇原 久; 斎田 俊明; 渡辺 朋美; 佐藤 新司; 井上 廣司
    日本皮膚科学会雑誌, 108(8), 1086 - 1086, Jul. 1998
  • Sclerodermatous Chronic GVHD(Graft-versus-host Disease).
    芦田敦子; 松本和彦; 小池健一; 斎田俊明
    皮膚科の臨床, 40(4), 641 - 644, 1998リポジトリ
  • 強皮症様病変を呈した慢性GVHDの1例
    芦田 敦子
    日本皮膚科学会雑誌, 107(11), 1419 - 1419, Oct. 1997
  • 家族性良性慢性天疱瘡(Hailey-Hailey病)の1例
    芦田 敦子
    日本皮膚科学会雑誌, 107(11), 1415 - 1415, Oct. 1997
  • A case of infantile fibrosarcoma arising in the abdominal skin.
    芦田敦子; 大久保幸子; 渡辺朋美; 土肥庄二郎; 斎田俊明
    臨床皮膚科, 51(6), 467 - 469, 1997リポジトリ電子ジャーナル

Books and other publications

  • カレントテラピー:メラノーマ-基礎から最新薬物療法まで-
    芦田敦子、宇原久, 分子異常
    Apr. 2016
  • 日本臨床 73 増刊号6
    芦田敦子、宇原久, 家族性腫瘍-家族性腫瘍の最新研究動向-:Familial atypical multiple mole melanoma syndrome
    99-102 Aug. 2015
  • 日本臨床 73 増刊号4
    御子柴飛鳥、芦田敦子、奥山隆平, 最新臨床大腸癌学:抗EGFR抗体薬により皮膚障害とその予防・対策
    612-616 Apr. 2015
  • Monthly Book Derma 230 メラノーマ最新情報
    芦田敦子、宇原久, 日本人におけるMAPK系の遺伝子変異率と遺伝子検査の実際
    63-68 Apr. 2015
  • 皮膚科臨床アセット 17: 皮膚の悪性腫瘍
    芦田敦子、奥山隆平, 分子標的薬 KITを標的とした治療薬
    59-64 Jun. 2014
  • 日本臨床 71 71 増刊号4
    芦田敦子、木庭幸子、宇原久、奥山隆平, 皮膚悪性腫瘍:MAPキナーゼ:NRAS、BRAF、MEK
    126-129 2013
  • 日本臨床 71 71 増刊号4
    芦田敦子、木庭幸子、宇原久、奥山隆平, 皮膚悪性腫瘍 チロシンキナーゼ:KIT
    134-138 2013

Lectures, oral presentations, etc.

  • メラノーマの新しい治療ー未来へー「低分子性分子標的薬の未来」
    芦田敦子
    116回日皮会総会(仙台), Jun. 2017
  • 小児発症の病歴を持つメラノーマの特徴
    皆川茜、宇原久、芦田敦子、境澤香里、古賀弘志、奥山隆平
    116回日皮会総会(仙台), Jun. 2017
  • 乳幼児膿疱性乾癬の4例
    御子柴育朋、佐野佑、小林彩、三宅知美、芦田敦子、小川英作、宇原久、奥山隆平、杉浦一充
    116回日皮会総会(仙台), Jun. 2017
  • BRAFK601E変異メラノーマ〜血液循環腫瘍DNAを用いて病勢のモニタリングを行った1例〜
    芦田敦子、境澤香里、三宅知美、御子柴育朋、佐野佑、白井拓史、古賀弘志、奥山隆平
    33回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会(秋田), Jun. 2017
  • イピリムマブ投与後に脳症、血液貪食症候群、DICが出現したニボルマブ投与歴を持つ悪性黒色腫の1例
    三宅知美、御子柴育朋、佐野佑、白井拓史、芦田敦子、古賀弘志、宇原久、奥山隆平
    33回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会(秋田), Jun. 2017
  • 末梢血中の腫瘍由来DNAを用いた悪性黒色腫に対するニボルマブ治療効果の評価
    芦田敦子、境澤香里、宇原久、奥山隆平
    193回信州地方会(松本), Mar. 2017
  • Quantitative analysis of the BRAFV600E in circulating tumor-drived DNA using competitive allele-specific TaqMan PCR in melanoma patients
    芦田敦子、境澤香里、宇原久、奥山隆平
    30回表皮細胞研究会≪弘前), Nov. 2016
  • Evaluation of response to nivolumab treatment in patients with metastatic melanoma using circulating tumor DNA
    芦田敦子、境澤香里、宇原久、奥山隆平
    75回日本癌学会学術総会(横浜), Oct. 2016
  • 胸水中のcell-free DNAよりBRAFV600Kを検出できた進行期悪性黒色腫の1例
    境澤香里、芦田敦子、宇原久、奥山隆平
    80回東部支部学術大会(浜松), Oct. 2016
  • 血液循環腫瘍DNAよりBRAF変異を検出した進行期悪性黒色腫の1例
    芦田敦子、御子柴飛鳥、境澤香里、古賀弘志、熊谷尚美、宇原久、奥山隆平
    115回日皮会総会(京都), Jun. 2016
  • 幼少期に環状浮腫性紅斑を生じたepidermolysis bullosa simplex with mottled pogmentationの2例
    熊谷宜子、梅垣知子、佐々木貴史、芦田敦子、常深祐一郎、川島眞、中村晃一郎、石河晃、天谷雅行、久保亮治
    115回日皮会総会(京都), Jun. 2016
  • メラノーマの新しい治療法「メラノーマの遺伝子異常」
    芦田敦子
    115回日皮会総会(京都), Jun. 2016
  • HIV感染患者に生じた後天性疣贅状表皮発育異常症の一例
    芦田敦子、大橋敦子、清水晶、奥山隆平
    79回東京・東部支部合同学術大会(東京), Feb. 2016
  • Epidermal growth factor receptor inhibitor induces tumor necrosis factor-α via activation of the PPARγ and NF-κB from sebocytes
    Atsuko Ashida, Eisaku Ogawa, Ryuhei Uchiyama, Hisashi Uhara, Ryuhei Okuyama
    40回日本研究皮膚科学会学術大会総会(岡山), Dec. 2015
  • Detection of BRAFV600Ecirculating tumor DNA using castPCR in patients with advanced melanoma
    Atsuko Ashida, Kaori Sakaizawa, Hisashi Uhara, Ryuhei Okuyama
    74回日本癌学会学術総会(名古屋), Oct. 2015
  • Familial atypical multiple mole melanoma syndrome
    芦田敦子、宇原久
    日本臨床 73 増刊6 99-102, Aug. 2015
  • EGFR阻害薬による皮膚障害とその対策・予防
    芦田敦子、高沢裕子、関智子、境澤香里、羽生田久美子、上條史尚、皆川茜、奥山隆平
    188回信州地方会(松本), Jul. 2015
  • Epidermolysis bullosa simplex with mottled pigmentationの2家系
    久保亮治、熊谷宜子、芦田敦子、常深祐一郎、石河晃、天谷雅行
    377回新潟地方会(新潟), Apr. 2015
  • 日本人の悪性黒色腫のBRAF, NRAS, KIT変異率と臨床所見
    境澤香里、芦田敦子、伊東孝通、藤澤康弘、緒方大、松下茂人、藤井一恭、福島聡、柴山慶継、八田尚人、竹之内辰也、上原治朗、奥山隆平、山﨑直也、宇原久
    114回日皮会総会(横浜), Apr. 2015
  • 皮膚癌の術後出血が診断の契機となった後天性13因子欠乏症の1例
    三宅知美、芦田敦子、宇原久、奥山隆平、福澤正男
    114回日皮会総会(横浜), Apr. 2015
  • Analysis of EGFR inhibitor-induced inflammation in human sebocytes
    芦田敦子、木庭幸子、高沢裕子、内山龍平、宇原久、小川英作、奥山隆平
    28回表皮細胞研究会(鹿児島), Dec. 2014
  • 当科における悪性黒色腫245例(2000〜2009年)の統計的検討
    中村謙太、皆川茜、北澤里美、芦田敦子、古賀弘志、宇原久、奧山隆平
    186回信州地方会(松本), Dec. 2014
  • EGFR阻害剤による皮膚障害とその予防・対策
    芦田敦子
    4回群信合同皮膚カンファレンス(長野), Nov. 2014
  • 掌蹠色素細胞母斑の免疫組織学的検討
    皆川茜、古賀弘志、芦田敦子、奧山隆平、百瀬正信
    184回信州地方会(松本), Mar. 2014
  • 肢端黒子型悪性黒色腫の解剖学的分布
    面高俊和、皆川茜、古賀弘志、芦田敦子、宇原久、奥山隆平
    183回信州地方会(松本), Dec. 2013
  • Assessment of NRAS mutation in Japanese melanoma patients
    芦田敦子、宇原久、奥山隆平
    72回日本癌学会学術総会(横浜), Oct. 2013
  • Analysis of EGF receptor(EGFR) inhibitor-induced inflammation in sebaceous cells
    芦田敦子、木庭幸子、高沢裕子、内山龍平、宇原久、小川英作、奥山隆平
    4回最新医療研究会(松本), Sep. 2013
  • 日本人のメラノーマ患者における BRAF, NRAS, KITの遺伝子変異の解析
    芦田敦子、宇原久、奥山隆平
    29回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会(甲府), Aug. 2013
  • パクリタキセルにより強皮症様皮膚硬化を呈した1例
    大橋敦子、芦田敦子、古賀弘志、宇原久、奥山隆平
    29回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会(甲府), Aug. 2013
  • パクリタキセルにより強皮症様皮膚硬化を呈した1例
    大橋敦子、芦田敦子、古賀弘志、宇原久、奥山隆平
    182回信州地方会(松本), Jul. 2013
  • 深在性白癬の1例
    枝光智大、芦田敦子、奥山隆平、春日恵理子、井出裕一郎
    182回信州地方会(松本), Jul. 2013
  • NRAS mutation in Japanese melanoma patients
    Hisashi Uhara, Atsuko Ashida, Aya Uchiyama, Richie Okuyama
    8th World Congress of Melanoma(ハンブルグ), Jul. 2013
  • DICを合併したDIHSの1例
    海野俊徳、吉川美香、三宅知美、小林彩、内山龍平、芦田敦子、奥山隆平、新倉冬子
    181回信州地方会(松本), Mar. 2013
  • 腎障害を伴った薬剤過敏症症候群の1例
    海野俊徳、浅井裕子、吉川美香、三宅知美、小林彩、芦田敦子、奥山隆平
    180回信州地方会(松本), Dec. 2012
  • Assessment of BRAF and KIT mutations in Japanese melanoma patients
    芦田敦子、宇原久、村田浩、後藤康文、奥山隆平
    71回日本癌学会学術総会(札幌), Sep. 2012
  • 長期間症状が遷延している薬剤過敏症症候群(DIHS)の1例
    上條史尚、葭矢裕之、佐藤勇樹、小林彩、芦田敦子、村田浩、宇原久、奥山隆平、福澤正男
    179回信州地方会(松本), Jul. 2012
  • 悪性黒色腫と鑑別が難しかった乳房外パジェット病
    浅井裕子、芦田敦子、岩出舞子、奥山隆平
    179回信州地方会(松本), Jul. 2012
  • 初期治療にPDAIを用いた尋常性天疱瘡の1例
    海野俊徳、浅井裕子、葭矢裕之、吉川美香、三宅知美、上條史尚、佐藤勇樹、小林彩、芦田敦子、村田浩、奥山隆平
    179回信州地方会(松本), Jul. 2012
  • インフルエンザワクチンが原因と考えられたStevens-Johnson症候群の1例
    芦田敦子、佐藤勇樹、葭矢裕之、御子柴育朋、村田浩、宇原久、奥山隆平
    42回 日本皮膚アレルギー接触皮膚炎学会アレルギー学会総会学術大会(軽井沢), Jul. 2012
  • 上條史尚、葭矢裕之、佐藤勇樹、小林彩、芦田敦子、村田浩、宇原久、奥山隆平、福澤正男
    42回 日本皮膚アレルギー接触皮膚炎学会アレルギー学会総会学術大会(軽井沢), Jul. 2012
  • 頭部血管肉腫の5例
    葭矢裕之、御子柴育朋、中村謙太、斎藤奈那、大橋敦子、御子柴飛鳥、吉川美香、佐藤勇樹、三宅知美、岩出舞子、後藤康文、芦田敦子、小川英作、古賀弘志、村田浩、木庭幸子、宇原久、奥山隆平
    28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会(札幌), Jun. 2012
  • インフルエンザワクチンによるStevens-Johnson症候群の1例
    佐藤勇樹、葭矢裕之、御子柴育朋、芦田敦子、村田浩、奥山隆平
    178回信州地方会(松本), Mar. 2012
  • 膵転移をきたした隆起性皮膚線維肉腫/線維肉腫の1例
    大橋敦子、芦田敦子、村田浩、宇原久、奥山隆平、吉田香奈子
    178回信州地方会(松本), Mar. 2012
  • 小児膿胞性乾癬の1例
    御子柴育朋、村田浩、赤羽聡子、佐藤勇樹、芦田敦子、宇原久、奥山隆平
    177回信州地方会(松本), Dec. 2011
  • Hydroxyureaによる薬剤性皮膚潰瘍の1例
    佐藤勇樹、御子柴育朋、芦田敦子、村田浩、宇原久、奥山隆平
    177回信州地方会(松本), Dec. 2011
  • 放射線部位に生じた皮膚有棘細胞癌の2例
    葭矢裕之、御子柴育朋、佐藤勇樹、芦田敦子、村田浩、宇原久、奥山隆平、河内繁雄、土肥庄二郎
    177回信州地方会(松本), Dec. 2011
  • インフリキシマブが奏効したリウマトイド血管炎の1例
    芦田敦子、御子柴育朋、大橋敦子、小林彩、村田浩、宇原久、奥山隆平
    62回中部支部学術大会(四日市), Nov. 2011
  • 耳介血管脂肪腫の1例
    御子柴育朋、斎藤奈那、大橋敦子、芦田敦子、村田浩、宇原久、奥山隆平
    75回東部支部学術大会(前橋), Sep. 2011
  • 塩酸オロパタジンが有効であった日光蕁麻疹の1例
    大橋敦子、御子柴育朋、芦田敦子、村田浩、奥山隆平
    75回東部支部学術大会(前橋), Sep. 2011
  • マイコプラズマ感染により発症したStevens Johnson 症候群の1例
    御子柴育朋、大橋敦子、芦田敦子、村田浩、宇原久、奥山隆平
    41回日本皮膚アレルギー接触皮膚炎学会総会学術大会(甲府), Jul. 2011
  • ツルバダによるSJSの1例
    小川英作、大橋敦子、芦田敦子、村田浩、奥山隆平
    41回日本皮膚アレルギー接触皮膚炎学会総会学術大会(甲府), Jul. 2011
  • 石鹸中の加水分解小麦で感作され小麦アレルギーを発症したと考えられた2例
    斎藤奈那、御子柴育朋、大橋敦子、田中飛鳥、岩出舞子、芦田敦子、、古賀弘志、後藤康文、村田浩、奥山隆平
    175回信州地方会(松本), Jul. 2011
  • 塩酸オロパタジンが有効であった日光蕁麻疹の1例
    大橋敦子、御子柴育朋、芦田敦子、村田浩、奥山隆平
    175回信州地方会(松本), Jul. 2011
  • 魚介による口腔アレルギー症候群の1例
    御子柴育朋、斎藤奈那、大橋敦子、芦田敦子、村田浩、宇原久、奥山隆平
    175回信州地方会(松本), Jul. 2011