濱田 州博 (ハマダ クニヒロ)   

繊維学部 

前学長 名誉教授 

学位

  • 工学博士, 東京工業大学

研究キーワード

    機能物質化学, 物理化学, 複合材料

研究分野

  • 高分子材料, 高分子・繊維材料
  • 高分子化学, 高分子化学
  • 家政学、生活科学, 染色・整理

電話番号

    0263-37-2100

ホームページURL

経歴

  • 2014年 - 2015年
    信州大学学術研究院(繊維学系) 教授
  • 2002年 - 2014年
    信州大学繊維学部 教授
  • 1996年 - 2002年
    信州大学繊維学部 助教授
  • 1988年 - 1996年
    信州大学繊維学部 助手
  • 1987年 - 1988年
    通商産業省工業技術院繊維高分子材料研究所 研究員

学歴

  • 1995年 - 1996年, ノースカロライナ州立大学繊維学部(米国)
  • 1987年, 東京工業大学, 理工学研究科, 高分子工学専攻
  • 1984年, 東京工業大学, 理工学研究科, 高分子工学専攻
  • 1982年, 東京工業大学, 工学部, 高分子工学科

委員歴

  • 2014年 - 2016年
    副会長, 繊維学会
  • 2006年 - 2010年
    理事, 繊維学会
  • 2004年 - 2010年
    繊維学会誌 編集委員, 繊維学会
  • 1997年 - 1999年
    企画委員, 繊維学会
  • 1997年 - 1999年
    東海支部 代議員, 日本化学会
  • 1993年 - 1995年
    繊維学会誌 編集委員, 繊維学会

受賞

  • 2001年
    繊維学会, 繊維学会賞受賞
    繊維内部の微視的環境解析と新規助剤開発及び超分子染色加工法に関する基礎的研究
  • 1992年
    繊維学会, 繊維学会論文賞(祖父江記念賞)受賞
    低分子プローブによる高分子内環境の探索に関する研究

論文

  • Reproduction Mechanism of SS Cross-Links in Permed Hair by the Washing after Reduction with Thioglycolic Acid
    Kazuyuki Suzuta, Kunihiro Hamada, and Kozo Arai
    SEN’I GAKKAISHI, 71(2), 112-120, 2015年
  • Dye Aggregation and Interaction of Dyes with a Water-Soluble Polymer in Inkjet Ink for Textiles
    Ju-Young Park, Yuichi Hirata and Kunihiro Hamada
    Coloration Technology, 128(3), 184-191, 2012年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Relationship between the Dye/additive Interaction and Inkjet Ink Droplet Formation
    Ju-Young Park, Yuichi Hirata, and Kunihiro Hamada
    DYES AND PIGMENTS, 95(3), 502-511, 2012年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Interaction between Dyes and Surfactants in Inkjet Ink for Textiles
    Ju-Young Park, Yuichi Hirata and Kunihiro Hamada
    J. Oleo Sci., 60(12), 627-637, 2011年
  • Effects of Polymer Molecular Weight on the Interaction between Acid Dyes and Poly(vinylpyrrolidone) in Inkjet Ink for Textiles
    Ju-Young Park, Yuichi Hirata, and Kunihiro Hamada
    Sen’i Gakkaishi,, 67(11), 233-239, 2011年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • リヨセル繊維の膨潤とけん縮加工
    笠原勝次, 佐々木博昭, 呑海信雄, 高岸 徹, 濱田州博
    繊維学会誌, 66(1), 1-6, 2010年
  • Introduction of Various Quaternary Ammonium Salts as Cationic Binding Sites in Partially-hydrolyzed Poly(ethylene-co-vinyl acetate) Films
    Y. Hirata, T. Kawasumi, K. Hamada
    Desalination and Water Treatment,, 17(3), 127-134, 2010年
  • Sorption of water vapor of EVAL/PAA Blend nano-nonwovens modified by Layer-by-layer technique
    T. Kozu, Y. Hirata, K. Hamada
    Desalination and Water Treatment,, 17(1-3), 2-9, 2010年
  • 塩素系防縮羊毛の強伸度におよぼす中性洗剤の影響
    岡部孝之, 濱田州博, 曽我和世, 中村 愛, 岡田倫子, 上甲恭平,
    繊維学会誌, 65(6), 151-155, 2009年
  • 酸化剤/酵素処理羊毛の酸性染料に対する染色性
    長嶋直子, 高岸 徹, 濱田州博, 田原 充
    繊維学会誌, 65(10), 267-275, 2009年
  • オゾン/酵素処理羊毛の酸性染料に対する染色性
    長嶋直子, 高岸 徹, 濱田州博, 田原 充
    繊維学会誌, 65(11), 292-301, 2009年
  • パルスコロナ/酵素処理羊毛の酸性染料に対する染色性
    長嶋直子, 高岸 徹, 濱田州博, 田原 充
    繊維学会誌, 65(11), 302-309, 2009年
  • 塩素系防縮羊毛の強伸度におよぼす市販アルカリ洗剤の影響
    岡部孝之, 濱田州博, 曽我和世, 中村 愛, 岡田倫子, 上甲恭平
    繊維学会誌, 64(9), 259-264, 2008年
  • セラック処理クロイ加工羊毛の酵素分解性と染色性
    岡部孝之, 濱田州博, 清水麻巳, 松本 史, 上甲恭平
    繊維学会誌, 63(6), 60-67, 2007年
  • 防縮加工羊毛の酸性染色に及ぼす助剤効果
    岡部孝之, 笠井大輔, 小林菜由, 椎名俊彦, 竹田満美, 濱田州博, 上甲恭平
    繊維学会誌, 63(5), 123-129, 2007年
  • 綿繊維の液体アンモニア処理-実用機によるマーセライズ処理との比較及び組合せ-
    柳内雄一, 濱田州博, 清水義雄
    繊維学会誌, 62(4), 81-88, 2006年
  • Interaction between an acid dye and bolaform electrolytes containing a benzene ring as a spacer group
    Yamada, R; Hamada, K
    Coloration Technology, 122(3), 162-167, 2006年
  • ボラ型電解質の新規助剤としての可能性
    濱田州博
    染色研究, 48(1), 1-8, 2004年01月
  • Sorption ofan Acid Dye by a Silk Fiber in thePresence of Bolaform Electrolytes Containing Pyridine Rings
    Kunihiro Hamada, Xiang-Rong Wang
    Coloration Technology, 119(6), 331-335, 2003年WebofScience
  • Synthesis and Characterization of a Poly(amide amine) Dendrimer Dislfide Having Hydroxy Groups as the Terminals
    Yutaka Takaguchi, Keiko Saito, Shinji Suzuki, Kunihiro Hamada, Kazuchika Ohta, Jiro Motoyoshiya, Hiromu Aoyama
    Bull. Chem. Soc. Jpn., 75(6), 1347-1351, 2002年06月WebofScience電子ジャーナル
  • Control of the Binding and Sorption using Bolaform Electrolytes
    Kunihiro Hamada
    Current Trends in Polymer Science, 7, 1-21, 2002年
  • Disperse Dyeing of Nylon 6 Fiber Using Gemini Surfactants Containing Ammonium Cations as Auxiliaries
    Tae-Soo Choi, Yoshio Shimizu, Hirofusa Shirai, Kunihiro Hamada
    Dyes Pigm, 48(3), 217-226, 2001年WebofScience
  • Disperse Dyeing of Polyester Fiber Using Gemini Surfactants Containing Ammonium Cations as Auxiliaries
    Tae-Soo Choi, Yoshio Shimizu, Hirofusa Shirai, Kunihiro Hamada
    Dyes Pigm, 50(1), 55-65, 2001年WebofScience
  • Solubilization of Disperse Dyes into Cationic Gemini Surfactants Micelles
    Tae-Soo Choi, Yoshio Shimizu, Hirofusa Shirai, Kunihiro Hamada
    Dyes Pigm, 45(2), 145-152, 2000年WebofScience
  • Sorption of Fluorinated Azo Dyes Containing Two Sulfonate Groups by a Nylon 6 Film
    Kunihiro Hamada, Ken-ichi Oshiki, Hirofusa Shirai
    Sen'i Gakkaishi, 55(12), 584-589, 1999年12月WebofScience
  • Mobility of spin probes in micelles of cationic gemini surfactants having dodecyl groups
    Tae-Soo Choi, Hiroshi Ichikawa, Jiahe Qian, Yoshio Shimizu, Hirofusa Shirai, Kunihiro Hamada
    Sen'i Gakkaishi, 55(12), 597-603, 1999年12月WebofScience
  • Effects of a Bolaform Electrolyte on the Sorption of Acid Dyes by a Silk Fiber
    Kunihiro Hamada, Jiahe Qian, Masaru Mitsuishi
    J. Soc. Dyers Colour, 115(4), 136-140, 1999年WebofScience
  • Permeation of Acid Dyes through Fibroin Membranes
    Daisuke Yoshida, Wu Jun, Hideki Sugihara, Kunihiro Hamada, Tsutomu Ishiwatari, Masaru Mitsuishi
    J. Seric. Sci. Jpn, 67(3), 183-189, 1998年
  • Effects of a Bolaform Electrolyte on the Sorption of Acid Dyes by a Nylon 6 Film
    Kunihiro Hamada, Hiroshi Haizuka, Ayumi Yamazaki
    J. Appl. Polym. Sci, 69(11), 2247-2254, 1998年WebofScience電子ジャーナル
  • Interaction between Water­Soluble Polymers and Azo Dyes Containing Fluorine Atoms. Part 4. Comparison with Azo Dyes Having Different Chain Length of Alkyl Groups
    Kunihiro Hamada, Eiju Miyawaki
    Dyes Pigm., 38(1-3), 147-156, 1998年WebofScience電子ジャーナル
  • Degradation of an Azo Dye by Sodium Hypochlorite in Aqueous Surfactant Solutions
    Kunihiro Hamada, Masumi Nishizawa, Daisuke Yoshida, Masaru Mitsuishi
    Dyes Pigm., 36(4), 313-322, 1998年WebofScience電子ジャーナル

MISC

  • 繊維教育のこれからの課題と展望
    濱田州博
    一般社団法人日本衣料管理協会会報, (193), 1, 2021年07月
    責任著者
  • 信州大学の産学官連携体制
    濱田州博
    ドリーマテックス, 5, 4-5, 2021年
  • 繊維・ファイバー工学分野における今後の教育
    濱田州博
    繊維学会誌, 76(3), P95, 2020年
  • 染色化学:4つのフェーズと3つの論
    濱田州博
    繊維学会誌, 74(12), P590-P596, 2018年
  • 大学間連携と学会
    濱田州博
    繊維学会誌, 71(2), P65, 2015年
  • 染料・染色・機能加工
    濱田州博
    繊維学会誌, 70(9), 392-402, 2014年
  • 大学における繊維教育の新展開
    濱田州博
    繊維学会誌, 70(9), 609-615, 2014年
  • 綿の染色に及ぼすボラ型電解質の助剤効果
    濱田州博
    Cellulose Commun., 21(4), 168-171, 2014年
  • 「染色」研究者、討論の場
    濱田州博
    繊維学会誌, 70(5), P145, 2014年
  • 第11回アジア繊維会議(The 11th Asian Textile Conference)
    濱田州博
    染協ニュース, 278, 2-6, 2012年
  • (独)日本学術振興会産学協力研究委員会繊維・高分子機能加工第120委員会について
    濱田州博
    加工技術, 47(8), 465-468, 2012年
  • 信州大学繊維学部創立100周年(前編)-繊維学部の現状と進路-
    濱田州博
    繊維トレンド, 87, 28-33, 2011年
  • 信州大学繊維学部創立100周年(後編)-グローバルに見た繊維教育研究と次世代に向けた取り組み-
    濱田州博
    繊維トレンド, 88, 36-40, 2011年
  • 信州大学繊維学部:次の100年に向けた取り組み
    濱田州博
    染協ニュース, 268, 6-10, 2011年
  • ファイバーイノベーション・インキュベーターの設立
    濱田州博
    Web Journal, 121, 7-11, 2011年
  • 世界の繊維系大学・研究機関
    濱田州博
    染協ニュース, 272, 10-15, 2011年
  • 信州大学繊維学部:染色化学研究室の紹介
    濱田州博
    JTCCインフォメーション, 566, 4, 2010年
  • 第4回繊維の染色・機能加工に関する国際会議
    濱田州博
    染協ニュース, 257, 2-6, 2010年
  • ファイバーイノベーション・インキュベーター 信州大学繊維学部:次の100年に向けた新たな産学官連携の取組
    濱田州博
    加工技術, 45(10), 617-624, 2010年
  • 信州大学繊維学部:100周年の節目を迎えて
    濱田州博
    繊維学会誌, 66(9), 299, 2010年
  • インクジェット用機能性インクの開発
    濱田州博
    繊維機械学会誌, 63(7), 357-361, 2010年
  • 信州大学繊維学部:創立100周年を迎えて
    濱田州博
    繊維製品消費科学, 51(12), 888-889, 2010年
  • 染色加工における情報発信の場
    濱田州博
    JTCCインフォメーション, 559, 1, 2009年
  • 韓国染色加工学会設立20周年記念染色加工国際会議に出席して
    濱田州博
    染協ニュース, 245, 2-6, 2009年
  • The 10th Asian Textile Conference (ATC-10)と4th International Symposium on Dyeing and Finishing of Textiles(ISDF2009) レビュー
    濱田州博
    加工技術, 44(12), 771-775, 2009年
  • インクジェット用機能性インクの開発
    濱田州博
    加工技術, 44(12), 739-743, 2009年
  • 第10回アジア繊維会議
    濱田州博
    繊維学会誌, 65(11), 433-437, 2009年
  • 染色・加工分野
    濱田州博
    繊維製品消費科学, 50(10), 795-802, 2009年
  • 新規染色助剤「ボラ型電解質」の促染効果
    濱田州博
    染織経済新聞, 2424, 20-25, 2008年
  • アメリカ国立繊維センターフォーラムに参加して
    濱田州博
    染協ニュース, 229, 2-5, 2008年
  • IFATCC(国際染色加工学会連合)第21回会議
    濱田州博
    染織経済新聞, 2425, 16-20, 2008年
  • 新しい染色助剤としてのボラ型電解質
    濱田州博
    加工技術, 43(10), 654-659, 2008年
  • 第3回染色加工国際会議報告
    濱田州博
    染協ニュース, 217, 8-12, 2007年
  • 信州大学21世紀COEプログラムにおける染色・機能加工
    濱田州博
    染協ニュース, 205, 2-6, 2006年

書籍等出版物

  • 最新テキスタイル工学Ⅱ
    濱田州博(西松豊典編), 共著, 染色加工・機能加工(第5章)
    繊維社, 195-227 2014年
  • 機能性繊維の最新技術
    濱田州博, 繊維の高次機能加工
    シーエムシー出版, 85-91 2009年
  • はじめて学ぶ繊維
    濱田州博, 繊維はなぜ染まるの
    工業調査会, 147-160 2008年
  • 繊維の百科事典
    共著
    丸善, 2002年03月
  • 日本学術振興会繊維・高分子機能加工第120委員会編
    日本学術振興会繊維・高分子機能加工第120委員会編, 共著, 染色加工の事典
    朝倉書店, 1999年06月

講演・口頭発表等

  • Effects of the Universities Including the Academic Field for Textiles and Textile Education in the Future
    Kunihiro Hamada
    Asia Nonwovens Exhibition and Conference, ANEX2018, 2018年
  • Strategy for Next Century of“Textiles” at Shinshu University
    Kunihiro Hamada
    14th Asian Textile Conference, 2017年
  • 世界の繊維系大学の取組と繊維教育の今後
    濱田州博
    第47回繊維学会夏季セミナー, 2017年, 繊維学会
  • 繊維の異分野融合と教育
    濱田州博
    日本繊維機械学会創立70周年記念講演会, 2017年, 日本繊維機械学会
  • Shinshu University: Education, Research & Social Contribution Activity
    Kunihiro Hamada
    1st International Symposium on Advanced Fiber Technology and Material Application 2016, 2016年
  • Shrink Proofing and Dyeability of Wool Fibers Treated Using S-Carboxymethyl Alanyl Disulfide Keratin (CMADK)
    Kunihiro Hamada, Ryota Sugiyama, Kenjiro Watanabe, Yuichi Hirata, Naoko Nagashima, Masako Shinozuka
    14th AUTEX World Textile Conference 2014, 2014年
  • Research&Development of Advanced Fibers at Shinshu University
    Kunihiro Hamada
    13th AUTEX World Textile Conference 2013, 2013年
  • Research Topics for Recycle, Inkjet Printing, and Nanofiber Dyeing
    Kunihiro Hamada
    11th Asian Textile Conference, 2011年, 招待有り
  • Influence of Poly(vinylpyrrolidone) in the Aqueous Solutions Including the Dye and the Surfactants in Inkjet Ink
    Ju-Young Park, Yuichi Hirata, and Kunihiro Hamada:
    6th International Conference on Advanced Fiber/Textile Materials 2011 in UEDA, 2011年
  • Behavior of Acid Dyes in Aqueous Solutions Including Both Polymer and Surfactants
    Ju-Young Park, Yuichi Hirata, and Kunihiro Hamada
    11th Asian Textile Conference, 2011年
  • The Influence of Surfactants in the Aqueous Solutions Including the Dyes and Poly(vinylpyrrolidone) in Inkjet Ink
    Ju-Young Park, Yuichi Hirata, and Kunihiro Hamada
    4th International Symposium on High-Tech Fiber Engineering for Young Researchers, 2011年
  • Recent Development in Dyeing and Finishing
    K. Hamada、S. Nakamura, S. Kiuchi, K. Natsume, Y. Hirata,
    39th Textile Research Symposium at IIT Delhi, 2010年12月, 招待有り
  • Thermodynamic Behavior on the Binding of the Polymers and Acid Dyes in Inkjet Ink for Textiles
    J-Y. Park, Y. Hirata, K. Hamada
    2nd International Conference on Advanced Textile Materials&Manufacturing Technology, 2010年10月
  • Strategy for Next Century of Shinshu University
    K. Hamada
    7th International Silk Conference (ISC2010), 2010年09月
  • Thermodynamic Behavior on the Binding of the Surfactants and Acid Dyes inInkjet Ink for Textiles
    J-Y. Park, Y. Hirata, K. Hamada
    International Conference of Future Textile 2010, 2010年07月
  • Interaction between Acid Dyes and Surfactants in Inkjet Ink for Textiles
    J-Y. Park, Y. Hirata, K. Hamada
    3rd International Conference on Dyeing and Finishing, 2010年03月
  • Micelle Formation Behavior of Gemini Surfactants Having Phthalate Ester Isomers as Spacer Chain
    Y. Toishi, Y. Hirata, T. Sato, K. Hamada
    10th Asian Textile Conference (ATC-10), 2009年09月
  • Binding of an Acid and Reactive Dye with Ink-jet Pre-treatment Agent, Pullulan
    K. Natsume, R. Yamada, Y. Hirata, K. Hamada
    4th International Symposium on Dyeing and Finishing of Textiles, 2009年09月
  • Disperse Dyeing of Polyester Microfiber
    Y. Mitsuyo, Y. Hirata, K. Hamada
    4th International Symposium on Dyeing and Finishing of Textiles, 2009年09月
  • Dyeability of Acid Dyes on Wool Fabrics Treated for Zero-AOX Shrinkproofing
    N. Nagashima, T. Takagishi, K. Hamada, M. Tahara
    4th International Symposium on Dyeing and Finishing of Textiles, 2009年09月
  • Effect of Layer-by-Layer Treatment on Dyeability of Electrospun Nanofiber Nonwovens with Cationic and Anionic Dyes was Studied
    T. Kouzu, Y. Hirata, K. Hamada
    4th International Symposium on Dyeing and Finishing of Textiles, 2009年09月
  • Effect of γ-Ray Irradiation on Shape and Size of Surfactant Aggregation
    K. Manno, Y. Hirata, T. Sato, K. Hamada, S. Takahashi, S. Hasegawa, Y. Maekawa
    4th International Symposium on Dyeing and Finishing of Textiles, 2009年09月
  • Synthesisof Bolaform Electrolytes Containing Aminomethylpyridine Structures and Their Application as Auxiliaries
    M. Murashige, Y. Hirata, K. Hamada
    4th International Symposium on Dyeing and Finishing of Textiles, 2009年09月
  • Synthesis of Bolaform Electrolytes Containing Cyanopyridinium Cations and Their Properties
    A. Ikeda, Y. Hirata, K. Hamada
    4th International Symposium on Dyeing and Finishing of Textiles, 2009年09月
  • Application of Bolaform Electrolytes as Auxiliaries of Cotton Dyeing
    K. Hamada, S. Shirakami, R. Yamada, Y. Hirata
    The International Conference on Dyeing and Finishing, 67-68, 2009年03月
  • Interaction between Acid Dyes and Additives in Inkjet Ink
    J-Y. Park, Y. Hirata, K. Hamada
    5th International Conference on Adovanced Fiber/Textile Materials 2009 in Ueda., 2009年
  • Interaction between acid dyes and water-soluble polymers in inkjet ink
    J. Park, Y. Hirata, K. Hamada
    7th East Asian Symposium on Polymers for Advanced Technologies (EASPAT 2009), 2009年
  • Application of Bolaform Electrolytes as Dyeing Auxiliaries for Acid Dyeing of Nylon 6
    Kunihiro Hamada, Ryuji Yamada, Yuichi Hirata
    21st IFATCC International Congress, 2008年
  • Treatment of Wastewater using the Complexes Formed between a Polyelectrolyte and Bolaform Electrolytes
    Kunihiro Hamada, Satoko Shimazu, Yuichi Hirata
    Future Textiles Conference 2008, 2008年
  • Effects of Bolaform Electrolytes as Dyeing Auxiliaries on Acid Dyeing of Cashmere Fiber
    Tuyatsetseg Chuluun, Mami Takeda, Yuichi Hirata, Kunihiro Hamada, Kyohei Joko
    The 4th International Conference on Advanced Fiber/Textile Materials, 2007年12月
  • Application of Bolaform Electrolytes as Auxiliaries for Acid Dyeing of Wool
    Kunihiro Hamada, Amelia Masae Morita, Mayuko Masuda, Sachiko Sano
    2007 China-Japan Symposium on Highpolymers and Fibers, 2007年
  • Structural Change, Aggregation, and Reactivity of Reactive Dyes in Cotton Dyeing
    Yoshitsugu Ogiwara, Yuichi Hirata, Kunihiro Hamada
    International Fiber Conference 2006, 2006年
  • DyeingAbility of the Cashmere Fibers Scoured in Supercritical Carbon Dioxide Fluid
    Tuyatsetseg Chuluun, Yuichi Hirata, Kunihiro Hamada, Kyohei Joko
    International Symposium in Kyoto on Dyeing and Finishing of Textiles 153-154, 2006年
  • Effects of Bolaform Electrolytes Containing 4-Aminomethylpyridinium Cations on Acid Dyeing of Nylon 6 Film
    Kengo Hara, Yuichi Hirata, Kunihiro Hamada
    International Symposium in Kyoto on Dyeing and Finishing of Textiles 161-162, 2006年
  • Degradation Behavior of a Reactive Dye by Rongalit
    Yoshitsugu Ogiwara, Yuichi Hirata, Kunihiro Hamada
    International Symposium in Kyoto on Dyeing and Finishing of Textiles 121-122, 2006年

所属学協会

  • 日本化学会
  • 繊維学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 研究助成
    受託事業
    2003年
  • 研究助成
    受託事業
    2001年
  • ボラ型電解質による高分子に対する低分子収着の制御
    受託研究, 資生堂
  • 毛髪中の染料拡散に関する研究
    受託研究, 資生堂
  • 超臨界流体を用いた高分子材料の機能化に関する研究
    受託研究, エコログリサイクリングジャパン
  • ボラ型電解質及びジェミニ界面活性剤の合成とその染色助剤等への応用に関する研究
  • フッ素含有染料の水溶性高分子,界面活性剤ミセル,包接化合物等に対する結合に関する分光学的研究
  • 微視的環境探索用低分子プローブの合成とその物性に関する研究
  • 高分子電解質・ボラ型電解質錯合体による染色廃液からの染料の除去に関する研究
  • インクジェット用機能性インクに関する研究

提供可能な資源(試作品、実験材料、データ等)

  • ・種々の構造を有するカチオン性ボラ型電解質・アンモニウムカチオン型ジェミニ界面活性剤・フッ素含有酸性染料・超臨界二酸化炭素流体を用いた分散染料抽出法, ・Various cationic bolaform electrolytes・Ammonium cationic type of gemini surfactants・Fluroinated acid dyes・Extraction method of disperse dyes using super critical carbon dioxide fluid