山田 健三 (ヤマダ ケンゾウ)   

学術研究院(人文科学系)

人文学部 人文学科 

教授 

学位

  • 文学修士

研究キーワード

    辞書生活史, 書記生活史, 文法史

研究分野

  • 日本語学, 日本語学

経歴

  • 1998年
    信州大学 人文学部 助教授
  • 1996年
    愛知学院大学 教養部 助教授
  • 1991年
    愛知学院大学 教養部 講師
  • 1989年
    愛知女子短期大学 人文学部 講師

学歴

  • 1989年, 名古屋大学, 文学研究科
  • 1983年, 南山大学, 文学部

論文

  • 書記システム原理・試論──言語システムとの対応から──
    山田健三
    信州大学人文科学論集, 11(1), 71-91, 2023年09月15日リポジトリ
  • 「変体仮名」の語誌
    山田健三
    国語語彙史の研究 四十二, 1-34, 2023年03月31日, 査読有り
  • 近代におけるカタカナ先習について近代におけるカタカナ先習について―日本語書記モード史研究のために―
    山田健三
    信州大学人文科学論集, 9(2), 195-207, 2022年03月15日リポジトリ
  • 葛原勾当日記の印判印字システム:印影および現存印判調査結果を中心として
    山田健三
    信州大学人文科学論集, 8(2), 187-204, 2021年03月31日, 査読有り
    筆頭著者, 最終著者, 責任著者リポジトリ
  • 仮名がうごくということ
    山田健三
    ことばの研究, (13), 1-17, 2021年03月01日
    筆頭著者, 最終著者, 責任著者リポジトリ
  • 日本語学を創った人々:亀井孝
    山田健三
    日本語学, 39(1), 66-69, 2020年04月
  • 平安期神楽歌謡文献からみる「平仮名」の位置
    山田健三
    信州大学人文科学論集, 7(2), 229-245, 2020年03月15日リポジトリ
  • 上杉本『伊呂波盡』をめぐって
    山田健三
    国語語彙史研究会編『国語語彙史の研究・三十八』, 2019年04月25日
  • 辞書生活史と言語史:改編本系類聚名義抄異本比較から
    山田健三
    訓点語と訓点資料, (144), 2019年03月, 招待有り
    筆頭著者, 責任著者
  • 仮名をめぐるターミノロジー : 仮名用語再考・再論
    山田健三
    信州大学人文科学論集, 5, 145-156, 2018年03月15日リポジトリ
  • 和名抄にみる古点以前の万葉集
    荻原千鶴、吉井健、北川和秀、村瀬憲夫、金文京、山崎福之、山田健三、荊木美行、西崎亨、大谷雅夫
    万葉集研究, 37, 2017年11月20日
  • 〈かな〉と〈カナ〉のものがたり:日本語史工房への招待
    山田健三
    都留文科大学国語国文学会会報, (131), 2015年12月
  • 仮名のレドゥシール:鈴木広光『日本語活字印刷史』に学ぶ(書評論文)
    山田健三
    名古屋大学国語国文, (108), 2015年11月
  • 「成立期の仮名」をめぐる書記システム上の諸問題
    山田健三
    日本史研究, (639), 2015年11月
  • 連綿句読法 : 書記システムの記述方法をめぐって
    山田健三
    信州大学人文科学論集, 2, 251-271, 2015年03月15日リポジトリ
  • 敬語接頭辞「オ-/ゴ-(御)」の使い分け原理試論: ポライトネス理論の観点から
    山田健三・奥瀬真紀
    信州大学人文科学論集, 1, 223-241, 2014年03月15日リポジトリ
  • 書記用語「万葉仮名」をめぐって
    山田健三
    人文科学論集. 文化コミュニケーション学科編, 47, 15-30, 2013年03月15日リポジトリ
  • 烏丸本徒然草の印刷技法
    山田健三・伊東莉沙
    人文科学論集. 文化コミュニケーション学科編, 46, 1-20, 2012年03月リポジトリ
  • 福州版一切経附載音釈の形成過程
    山田健三
    人文科学論集. 文化コミュニケーション学科編, 43, 1-12, 2009年03月リポジトリ
  • 古辞書をめぐる謎 --- 部首システムの変遷理由 ---
    山田健三
    国文学, 51(4), pp.85-89, 2006年04月
  • 言語史資料としての出土文字資料 --- 日本語書記史記述のために ---
    山田健三
    国文学, 51(4), pp.90-93, 2006年04月
  • 定勝寺蔵大般若経音義について
    山田健三
    内陸文化研究, (4), pp.49-59, 2005年02月
  • 係り結び・再考
    山田健三
    国語国文, (73-11), pp.15-33, 2004年11月
  • 説文部首システムから玉篇部首システムへ
    山田健三
    訓点語と訓点資料, (113), pp.12-48, 2004年09月
  • 異体字とマークアップ
    山田健三
    東洋学へのコンピュータ利用第14回研究セミナー, pp.3-20, 2002年03月
  • 和名類聚抄の掲出項目
    山田健三
    訓点語と訓点資料, (108), pp.1-9, 2001年03月
  • 類聚名義抄―その構造と歴史性―
    山田健三
    『日本語史研究入門』(日本語学臨時増刊号19-11), 220-229, 2000年
  • Windows上のOS依存文字「IBM拡張漢字」について
    山田健三
    人文学と情報処理, 26, 81-88, 2000年
  • 名義抄における切字反切をめぐって
    山田健三
    人文科学論集. 文化コミュニケーション学科編, 34, 69-79, 2000年リポジトリ
  • 類聚名義抄―その構造と歴史性―
    山田健三
    日本語学臨時増刊号 日本語史研究入門, pp.220-229, 1999年09月
  • Windows上のOS依存文字「IBM拡張漢字」について
    山田健三
    人文学と情報処理, (26), pp.81-88, 1999年04月
  • しほといふ文字は何れのへんにか侍らん―辞書生活史から―
    国語国文, 68(12), 1-16, 1999年
  • しほといふ文字は何れのへんにか侍らん―辞書生活史から―
    山田健三
    国語国文, (68-12), pp.1-16, 1998年12月
  • 名義抄における切字反切の典拠
    『言語・文学・文化(東海学園女子短期大学国文学科創設三十周年記念論文集)』和泉書院, 1998年
  • 《展望》語彙(古代)
    山田健三
    文学・語学, 165, 66-67, 1998年
  • 《書評》釘貫亨著『古代日本語の形態変化』を読む
    名古屋大学国語国文学, 80, 1-29, 1997年
  • 名義抄の部首検索システム構築について
    愛知学院大学教養部紀要, 44(4), 169-200, 1997年
  • 名義抄の部首検索システム構築について
    山田健三
    愛知学院大学教養部紀要, (44-4), pp.169-200, 1996年03月
  • 《短信》観智院本類聚名義抄の凡例と部首立てについて
    山田健三
    国語学, (176), pp.57-78, 1993年03月
  • 「学文」と「学問」
    山田健三
    名古屋大学国語国文学, (71), pp.1-16, 1992年12月
  • 『ぎやどぺかどる』の字集にみるキリシタンの漢字学習の成長
    山田健三
    名古屋大学国語国文学, (64), pp.45-57, 1990年07月
  • 言語地図上の〈複合形〉の性格
    山田健三
    日本方言研究会発表会発表原稿集, pp.29-37, 1987年10月
  • 「くさめ」から「くしゃみ」へ
    山田健三
    名古屋大学国語国文学, (59), pp.1-10, 1986年12月
  • 言語地図にみるコンタミネーションの諸相
    山田健三
    名古屋・方言研究会会報, (3), pp.41-49, 1986年04月
  • いろりの座名体系変遷の要因―長野・静岡・愛知県境域―
    山田健三
    南山国文論集, (10), pp.17-33, 1986年03月
  • めだかとコンタミネーション―長野・静岡・愛知県境域―
    山田健三
    名古屋・方言研究会会報, (2), pp.61-71, 1985年03月

MISC

  • 地域社会における人文学の還流:その原理的考察に向けて
    山田健三
    日本学術会議公開シンポジウム「地域と世界に生きる大学:地域社会における知の創造と発展のために」, 2019年02月03日
  • どうして日本はこうなっちゃったんだろう:日本国憲法をめぐる日本語史学的論件
    山田健三
    安保法制撤回を求める信州大学人の会シンポジウム, 2018年10月09日
  • 〈かな〉と〈カナ〉のものがたり:日本語史工房への招待
    山田健三
    都留文科大学国語国文学会講演会, 2015年06月
  • 言語記述のOSとアプリ
    山田健三
    言語学カフェ, 2012年11月
  • (書評)宮澤俊雅『倭名類聚抄諸本の研究』
    山田健三
    日本語の研究, 8(1), pp.122-129, 2012年01月
  • 宋版一切経附載音釈について
    山田健三
    国際ワークショップ「典籍交流(訓読)と漢字情報」(北海道大学), 2006年08月
  • 「係り結び」というフィクション
    山田健三
    平成17年度第2回西三河高等学校国語教育研究会(講演), 2005年10月
  • 「福州版一切経「函別音釈」の版種について」
    岩佐昌暲・岸本恵美・佐々木隆浩・瀬川昌久・関場武・高橋智・武内紹人・田村祐之・手塚恵子・中嶋隆蔵・永富青地・三浦秀一・八尾隆生・山田健三・吉田忠・鱒澤彰夫・住吉朋彦
    科学研究費研究成果報告書, pp.283-314, 2005年03月
  • 漢訳版経附載音釈に関する基礎的研究
    山田健三
    科学研究費研究成果報告書, 2005年02月
  • 宋版一切経附載音釈について
    山田健三
    東アジア出版文化の研究-第1回「善本」と「底本」談話会(於東北大学), 2003年09月
  • 異体字・文字コード・テキスト構造
    山田健三
    長野・ことばの会(於松本市Mウイング, 2001年02月
  • しほといふ文字はいずれのへんにか侍らん
    山田健三
    長野・ことばの会(於松本市中央図書館), 1999年02月
  • 《書評》釘貫亨著『古代日本語の形態変化』を読む
    山田健三
    名古屋大学国語国文学, (80), pp.1-29, 1996年07月
  • 《展望》語彙(古代)
    山田健三
    文学・語学 全国大学国語国文学学会編, (165), pp.66-67, 1995年10月
  • 田島毓堂編 類聚名義抄の注釈的研究―電子計算機による―
    田島毓堂、草川昇、西原一幸、三宅ちぐさ、河野敏宏、加藤博一、菊川恵三、田島優、樋野幸男、山田健三
    科学研究費研究成果報告書, pp.53-64, pp.115-123, 1990年03月

書籍等出版物

  • 和名類聚抄 高山寺本
    山田健三, 単著
    八木書店, 2017年, 査読有り
  • 漢字字体史研究二・字体と漢字情報
    石塚晴通、山田健三、佐藤栄作、岡墻裕剛、横山詔一、斎木正直、賈智、井上幸・方国花、山下真里、萩原義雄、守岡知彦、須永哲矢・堤智昭、藤本灯・高田智和、ガリーナ・ヴォロビヨワ・ヴィクトル・ヴォロビヨフ、永崎研宣、馬場基、宮崎肇、高田祐一、耒代誠仁、石塚晴通・高田智和、池田証寿、安岡孝一、井上聡、山田太造
    勉誠出版, 2016年11月07日, 査読有り
  • 安曇野市方言のいま:安曇野市の言語状態(方言状態)の実態解明と問題分析
    山田健三・白井純・村田聡美・大島亜弓・酒井理沙子, 共著
    2009年
  • 『国際ワークショップ「典籍交流(訓読)と漢字情報」』
    石塚晴通・南豊鉉・李国慶・朴鎭浩・安岡孝一・笹原宏之・朴均轍・落合俊典・Nguyen Thi OANH・小助川貞次・山田健三・師茂樹・高田智和・岡墻裕剛・池田証寿・白井純, 共著, 「宋版一切経附載音釈について」
    北海道大学, pp.92-94 2006年08月
  • 定勝寺編 ブックレット定勝寺
    山本英二・山田健三・鈴木俊幸, 共著, 「定勝寺の大般若経音義」
    第一法友, pp.25-36 2005年06月
  • 田島毓堂編 語彙研究の課題
    田島毓堂・鈴木広光・加藤浩司・広瀬英史・李庸伯・加藤妙子・韓有錫・林立萍・林玉惠・南部忠明・多門靖容・河野敏宏・中澤信幸・山田健三・駒走昭二・櫻井豪人・田島優, 共著, 「キリシタン・ローマ字文献のグロッサリー」
    和泉書院, pp.257-275 2004年03月
  • 山田健三・船津和幸・渡邉匡一・北村明子編 文化の記憶と記録
    船津和幸、吉田正明、小松敬明、山田健三、橋本功、井出万秀、和田敦彦、氏岡真士、下田立行、飯岡詩朗、北村明子、渡邉匡一。, 共著, 「濁音の記憶と記録」
    信州大学人文学部文化コミュニケーション学科, pp.25-33 2003年04月
  • 東海学園国語国文学会記念論文集編集委員会編 言語・文学・文化(東海学園女子短期大学国文学科創設三十周年記念論文集)
    田島優・三宅ちぐさ・小島幸枝・高野春廣・丹羽一彌・寺川みち子・西原一幸・山本いずみ・山田健三・田島毓堂・嘉藤久美子・宮田光・小林幸夫・美濃部重克・郷地知子・田中文雅・田島園子・栗田靖・伊藤淑人・藤井淑禎・井上寿彦・加藤孝男・山下智恵子・近藤洋子・森本素世子・佐久間竜・小島登茂子・渡辺里志・櫻井進・堀田正男・矢野有・丸山竜平, 共著, 「名義抄における切字反切の典拠」
    和泉書院, pp.21-50 1998年04月
  • 『日本古辞書を学ぶ人のために』
    西崎亨/山田健三/江口泰生/萩原義雄/湯浅茂雄/乾善彦/西脇朗子, 共著
    世界思想社, 77頁 1995年
  • 名古屋・ことばのつどい編集委員会編 5. 日本語論究4・言語の変容
    田島毓堂、鈴木広光、山本いずみ、籾山洋介、菅井三実、東弘子、山田健三、丹羽一彌、釘貫亨、池田証寿、加藤浩司、樋野幸男、田島優, 共著, 「言語変化としての「接着」―付論・言語資料としての言語地図―」
    和泉書院, pp.185-217 1994年09月
  • 西崎亨編 日本古辞書を学ぶ人のために
    西崎亨、山田健三、江口泰生、萩原義雄、湯浅茂雄、乾善彦、西脇朗子, 共著
    世界思想社, pp.66-118, pp.364-386 1994年05月
  • 「順〈和名〉粗描」
    山田健三、草川昇、西原一幸、河野敏宏、犬飼守薫、田島優、樋野幸男、加藤浩司、高瀬正一、石川洋子、杉戸清樹、高山倫明、田島毓堂, 共著
    和泉書院, pp.1-22 1991年10月
  • 南山大学方言研究グループ編 信遠三州接境域言語地図集
    山田健三、浅田浩司、滝沢えり子、山田和代, 共著
    私家版

講演・口頭発表等

  • 仮名の歴史を再考する
    山田健三
    第16回ワルシャワ大学日本祭「国際会議:日本伝統文化と文学 ― 形、イメージ、言語」, 2022年10月17日
  • 仮名を見直す
    山田健三
    日本語史研究の新しい視座(広島大学), 2022年01月23日, 招待有り
  • 仮名用語再考・再論
    山田健三
    2016年09月25日, 表記史研究会, 招待有り
  • 草体漢字と字体標準
    山田健三
    2015年10月21日, 国立国語研究所, 招待有り
  • 「いろは手本」考:上杉本『伊呂波盡』をめぐって
    山田健三
    国語語彙史研究会, 2015年04月, 国語語彙史研究会
  • 「成立期の仮名」をめぐる書記システム上の諸問題
    山田健三
    日本史研究会第12回例会, 2014年12月, 日本史研究会
  • 平安期日本語書記システムにおける「平仮名」の位置
    山田健三
    第107回訓点語学会, 2012年10月
  • 係り結び・再考
    山田健三
    名古屋・ことばのつどい250回記念大研究発表会(於名古屋大学), 2003年03月
  • 異体字とマークアップ
    山田健三
    「東洋学へのコンピュータ利用」研究セミナー(於京都大学), 2003年03月
  • 和名類聚抄の掲出項目
    山田健三
    第85回訓点語学会(於福井大学), 2001年10月
  • 名義抄の部首検索システム構築について
    山田健三
    名古屋・ことばのつどい例会(於名古屋大学), 1995年04月
  • パソコンによる漢字文献テキストファイル化における問題
    山田健三
    名古屋・ことばのつどい例会(於名古屋大学), 1991年05月
  • 和名抄に見る源順の表記原理
    山田健三
    名古屋大学国語子国文学研究発表会(於名古屋大学), 1988年12月
  • 言語地図上の〈複合形〉の性格
    山田健三
    日本方言研究会弟45回研究発表会(於椙山女学園大学), 1987年10月
  • 順〈和名〉・粗描
    山田健三
    名古屋・ことばのつどい例会(於名古屋大学), 1987年02月
  • 昭和初期の愛知県下の方言分布-『愛知県方言調査報告第一輯』を地図化して-
    山田健三
    名古屋・方言研究会弟41回例会(於名古屋市立大学), 1986年06月
  • 言語の構造と歴史-いろりの座名を例として-
    山田健三
    弟12回南山大学国語学国文学会研究発表会(於南山大学), 1983年11月

担当経験のある科目_授業

  • 日本語史
    信州大学
  • 日本語学演習
    信州大学
  • 日本語学特論
    信州大学
  • 日本言語文化情報論
    信州大学

所属学協会

  • 国語学会
  • 日本語言語学会
  • 訓点語学会
  • 日本方言研究会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本語の史的研究
  • おもに平安・鎌倉期の古辞書を中心として、言語生活を考察する辞書生活史
  • 日本語史としての大きな流れを、特に文法史、書記史などのレベルで見直す作業を主に行っている。
  • また、言語変化現象そのものにも関心があり、古文献とともに方言資料も扱かう。
  • 日本語書記システム史