小穴 こず枝 (オアナ コズエ)   

医学部 保健学科 病因・病態検査学 

特任准教授(教育) 

学位

  • 博士(工学), 信州大学

研究分野

  • その他, 病態検査学
  • 細菌学, 細菌学(含真菌学)

経歴

  • 2015年
    信州大学学術研究院保健学系 准教授
  • 2014年 - 2015年
    信州大学学術研究院保健学系 助教
  • 2007年 - 2014年
    信州大学医学部保健学科 助教

学歴

  • 2002年, 信州大学, 工学系研究科, 生物機能工学

論文

  • 80歳代男性患者の菌血症よりActinotignum schaaliiが分離された一症例
    赤羽貴行、村山範行、名取達矢、春日恵理子、小穴こず枝、川上由行
    日赤検査, 51, 34-39, 2018年
  • 基質拡張型β-ラクタマーゼ産生Escherichia coliの分子疫学解析
    三水夕季、稲垣幹人、長野則之、大崎裕介、小坂駿介、数本恭子、小穴こず枝
    長臨技会誌, 7, 8-15, 2018年
  • Characterization of first hemin-requiring Pseudomonas aeruginosa small-colony variants from the blood of an octogenarian male-patient with double pneumonitis
    Nagano N, Nakaya H, Nagata M, Nishizawa T, Kawahara R, Matsumoto T, Oana K, Kawakami Y
    J Infect Chemother, 23(12), 852-855, 2017年
  • 排尿障害を有する患者からCorynebacterium urealyticumを分離した尿路感染症の一例
    赤羽貴行、村山範行、原寛彰、村田靖、名取達矢、春日恵理子、清水貴浩、三浦信樹、中島英恵、小穴こず枝、川上由行
    日赤検査, 50, 45-50, 2017年
  • 新規なカルガペネマーゼ鑑別ディスクセットの有用性評価
    大崎裕介、久保亮一、 齋藤さとみ、小坂駿介、小穴こず枝、長野由紀子、長野則之
    第28回日本臨床微生物学会総会, 2017年
  • 当院救急部における肺炎球菌細胞壁抗原検出試薬(ラビラン®肺炎球菌)の有用性の検討
    赤羽貴行、村山範行、小穴こず枝、川上由行
    日赤検査, 49, 46-49, 2016年
  • 当院における抗酸菌検査の状況-LAMP法導入後の臨床への成果を含め-
    赤羽貴行、村山範行、小穴こず枝
    長臨技会誌, 5, 1-4, 2016年
  • 第三世代セファロスポリン系薬耐性Salmonella spp.の解析.
    齋藤さとみ、郡美夫、遠藤康伸、原田崇浩、外山雅美、小穴こず枝、長野由紀子、長野則之.
    第27回日本臨床微生物学会総会, 2016年
  • Notable alkaline tolerance of Kocuria marina isolate from blood of a pediatric patient with continuous intravenous epoprostenol therapy
    Horiuchi A, Hidaka E, Shimabukuro A, Yasukochi A, Nakamura T, Oana K, Kawakami Y
    J Infect Chemother, 21(9), 680-686, 2015年
  • Applicability assessment of ceramic microbeads coated with hydroxyapatite-binding silver/titanium dioxide ceramic composite earthplus™ to the eradication of Legionella in rainwater storage tanks for household use
    Oana K, Kobayashi M, Yamaki D, Sakurada T, Nagano N, Kawakami Y
    Int J Nanomedicine, 10, 4971-4979, 2015年
  • 当院職員における流行性ウイルス感染症に対する抗体価保有状況について
    赤羽貴行、高橋郁美、大塚百合子、高橋一豊、佐々木由美、床尾万寿雄、滝美保、村山範行、小穴こず枝、川上由行
    日赤検査, 48, 25-28, 2015年
  • 長野県安曇野・大北地域におけるフルオロキノロン耐性大腸菌と抗菌薬使用密度の検討
    赤羽貴行、冨永等、太田貴大、村山範行、小穴こず枝
    第52回日臨技関東甲信支部医学検査学会, 2015年
  • Bath water contamination with Legionella and nontuberculous mycobacteria in 24-hour home baths, hot springs, and public bathhouses in Nagano prefecture, Japan.
    Kobayashi, M; Oana, K; Kawakami, Y
    Jpn J Infect Dis., 67, 276-281, 2014年
  • Incidence of Legionella and heterotrophic bacteria in household rainwater tanks in Azumino, Nagano prefecture, Japan.
    Kobayashi, M; Oana, K; Kawakami, Y
    Microbiol Immunol, 58(1), 15-21, 2014年
  • 膵体部癌患者の血液培養からFusobacterium mortiferumが検出された一症例
    赤羽貴行,村山範行,堀内一樹,小穴こず枝,川上由行
    日赤検査, 47, 11-15, 2014年
  • Clostridium difficile 抗原迅速診断キット (C. DIFF QUIK CHEK コンプリート) の有用性に関する検討
    赤羽貴行,久住裕俊,村山範行,小穴こず枝,川上由行
    日赤検査, 46, 12-16, 2013年
  • Isolation of an X-factor-dependent but porphyrin-positive Escherichia coli from urine of a patient with hemorrhagic cystitis
    Matsumoto, T; Kawakami, Y; Sueki, A; Kasuga, E; Oana, K; Horiuchi, K; Kato, M; Honda, T
    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 19(4), 764-766, 2013年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • First isolation of carbon dioxide-dependent Proteus mirabilis from an uncomplicated cystitis patient with Sjögren's syndrome.
    Oana K, Yamaguchi M, Nagata M, Washino K, Akahane T, Takamatsu YU, Tsutsui C, Matsumoto T, Kawakami Y
    Jpn J Infect Dis, 66, 241-244, 2013年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • First isolation of oleate-dependent Enterococcus faecalis small-colony variants from the umbilical exudate of a paediatric patient with omphalitis
    Kubota, N; Kuzumoto, K; Hidaka, E; Yoshizawa, K; Yumoto, K; Oana, K; Ogiso, Y; Nakamura, T; Kawakami, Y
    JOURNAL OF MEDICAL MICROBIOLOGY, 62, 1883-1890, 2013年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Characterization of CIA-1, an Ambler Class A Extended-Spectrum β-Lactamase from Chryseobacterium indologenes
    Matsumoto T, Nagata M, Ishimine N, Kawasaki K, Yamauchi K, Hidaka E, Kasuga E, Horiuchi K, Oana K, Kawakami Y, Honda T
    Antimicrobi Agents Chemother, 56(1), 588-590, 2012年
  • A群溶連菌迅速検査時の培養法併用の有用性に関する一考察 -A群溶連菌迅速検査時の現状および臨床背景も踏まえて-
    赤羽貴行,大庭恵美子,石曽根俊哉,村山範行,小穴こず枝,川上由行
    日赤検査, 45(2), 11-16, 2012年
  • 頸部リンパ節腫瘤よりM. tuberculosis が分離された一例
    赤羽貴行、村山範行、江濱陵子、佐々木由美、床尾万寿雄、小穴こず枝、川上由行
    第48回日赤医学会総会, 2012年
  • Isolation and molecular characterization of catalase-negative Staphylococcus aureus from sputum of a patient with aspiration pneumonia.
    Horiuchi K, Matsumoto T, Hidaka E, Nagata M, Kasuga E, Sugano M, Oana K, Kawakami Y, Honda T
    Jpn J Infect Dis, 65, 439-441, 2012年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • A case of wound dual infection with Pasteurella dagmatis and Pasteurella canis resulting from a dog bite - limitations of Vitek-2 system in exact identication of Pasteurella species
    Akahane, T.; Nagata, M.; Matsumoto, T.; Murayama, N.; Isaka, A.; Kameda, T.; Fujita, M.; Oana, K.; Kawakami, Y.
    Eur J Med Res, 16(12), 531-536, 2011年12月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • 安曇野赤十字病院におけるStreptococcus dysgalactiae subsp. equisimilis の検出状況と薬剤感受性成績
    赤羽貴行,村山範行,小穴こず枝,川上由行
    日赤検査, 44(1), 13-16, 2011年
  • Bactericidal activities of woven cotton and nonwoven polypropylene fabrics coated with hydroxyapatite-binding silver/titanium dioxide ceramic nanocomposite “Earth-plus”
    Kasuga E, Kawakami Y, Matsumoto T, Hidaka Ei, Oana K, Yamaki D, Sakurada T, Honda T
    Int J Nanomedicine, 6, 1937-1943, 2011年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Successful Cessation of Transmitting Healthcare-Associated Infections due to Burkholderia cepacia Complex in a Neonatal Intensive Care Unit in a Japanese Children's Hospital
    Kuzumoto K, Kubota N, Ishii K, Yumoto K, Ogiso Y, Nakamura T, Katsuyama T, Oana K, Kawakami Y
    Eur J Med Res, 16(12), 537-42, 2011年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • カルバペネム系薬剤に感性を示すIMP-1型 Metallo-β-lactamase産生腸内細菌
    春日恵理子,松本竹久,金井信一郎,小穴こず枝,本田孝行,川上由行
    感染症学雑誌, 84(5), 569-574, 2010年
  • 臨床分離Chryseobacterium indologenes が保有するIND-Type β-Lactamase 遺伝子の解析
    永田美香,松本竹久,松原未樹,春日恵理子,小穴こず枝,川上由行
    日本臨床微生物学雑誌, 20(3), 203-206, 2010年
  • Simple broad-spectrum protocol using labiase for bacterial cell lysis to prepare genomic DNA for pulsed-field gel electrophoresis analysis
    Oana K, Kawakami Y, Hayashi T, Ohnishi M.
    Microbiol Immunol., 53(1), 45-48, 2009年
  • Laboratory appraisal of optimal gaseous conditions for growth of zoonotic Helicobacter felis ATCC 49179.
    Shiohara M, Kawakubo M, Matsumoto T, Kumagai T, Yamauchi K, Oana K, Ota H, Kawakami Y.
    Microbiol Immunol., 53(5), 251-258, 2009年
  • Phylogeny of a novel “Helicobacter heilmannii” organism from a Japanese patient with chronic gastritis based on DNA sequence analysis of 16S rRNA and urease genes.
    Matsumoto T, Kawakubo M, Shiohara M, Kumagai T, Hidaka E, Yamauchi K, Oana K, Matsuzawa K, Ota H, Kawakami Y.
    J Microbiol., 47(2), 201-207, 2009年
  • 安曇野赤十字病院におけるPasturella症の検討-1999年~2008年の症例について-
    赤羽貴行,石曽根俊哉,村山範行,小穴こず枝,川上由行
    日赤検査, 42(1), 20-23, 2009年
  • Nisseria meningitides による尿道炎の1例
    赤羽貴行,村山範行,村田靖,皆川倫範,小穴こず枝,川上由行
    安曇野赤十字病院医報, 17, 15-17, 2009年
  • ESBL産生菌検出用に新規開発されたChromID ESBL培地の評価
    春日恵理子,松本竹久,日高恵以子,小口はるみ,金井信一郎,小穴こず枝,山内一由,本田孝行,川上由行
    JARMAM, 20(1・2), 1-8, 2009年
  • First case of bacteremia due to chromosome-encoded CfxA3-β-lactamase-producing Capnocytophaga sputigena in a pediatric patient with acute erythroblastic leukemia
    Matsumoto T, Matsubara M, Oana K, Kasuga E, Suzuki T, Hidaka E, Shigemura T, Yamauchi K, Honda T, Ota H, Kawakami Y
    Eur. J. Med. Res., 13(3), 133-135, 2008年
  • 腹水からYersinia enterocolitica が検出された1症例
    赤羽貴行,保坂力,村山範行,小穴こず枝,川上由行
    日赤検査, 41(1), 16-19, 2008年
  • In vivo bactericidal activities of Japanese rice-fluid against H. pylori in a Mongolian gerbil model
    Ishizone S, Maruta F, Suzuki K, Miyagawa S, Takeuchi M, Kanaya K, Oana K, Hayama M, Kawakami Y, Ota H
    Int. J. Med. Sci., 4, 203-208, 2007年
  • Evaluation of BacT/Alert 3D SA Bottles for accurate detection of Mycobacterium with special reference to Mycobacterium abscessus
    Kasuga E, Matsumoto T, Oana K, Shiohara M, Okabe T, Yamauchi K, Honda T, Ota H, Kawamaki Y.
    Eur. J. Med. Res., 12(1), 43-46, 2007年
  • 当院におけるClostridium difficile関連下痢症/腸炎検査のtoxinA 迅速診断キット「ユニクイック」の評価
    赤羽貴行,保坂力,村山範行,加藤はる,小穴こず枝,川上由行
    日赤検査, 40(1), 16-19, 2007年
  • Proposal of a simplified technique for staining bacterial spores without applying heat – successful modification of Moeller’s method -
    Hayama M, Oana K, Kozakai T, Umeda S, Fujimoto J, OtaH, and Kawakami Y. 
    Eur. J. Med. Res., 12(8), 356-359, 2007年
  • First isolation of Dysgonomonas mossii from intestinal juice of patient with pancreatic cancer
    Matsumoto T, Kawakami Y, Oana K, Honda T, Yamauchi K, Okimura Y, Shiohara M, and Kasuga E.
    Arch. Med. Res., 37(7), 914-916, 2006年
  • In vitro bactericidal activities of Japanese rice-fluid against Helicobacter pylori strains.
    Kawakami Y, Oana K, Hayama M, Ota H, Takeuchi M, Miyashita K, Matsuzawa T, Kanaya K.
    Int. J.Med. Sci., 3(3), 112-116, 2006年
  • H.pyloriの最近5年間における耐性獲得推移
    川上由行,沖村幸枝,小穴こず枝,太田浩良,勝山努
    日本臨床, 63(Suppl 11), 203-208, 2005年
  • 嫌気用培地の管理変更に伴う嫌気性菌の検出状況と薬剤感受性
    保坂力,赤羽貴行,村山範行,小穴こず枝,川上由行
    日赤検査, 39(1), 17-19, 2005年
  • 入院時の患者鼻腔内M. catarrhalisの保菌状況に関する一考察
    赤羽貴行,保坂力,村山範行,小穴こず枝,川上由行
    日赤検査, 39(1), 20-26, 2005年
  • Physical and genetic map of Enterococcus faecium ATCC19434 and demonstration of intra- and interspecific genomic diversity in enterococci
    Oana K, Okimura Y, Kawakami Y, Hayashida N, Shimosaka M, Okazaki M, Hayashi T, Ohnishi M.
    FEMS Microbiol. Lett., 207, 133-139, 2002年
  • Molecular and epidemiological study of the first outbreak of vanB type vancomycin-resistant Enterococcus faecalis in Japan
    Oana K, Kawakami Y, Ohnishi M, Ishikawa M, Hirota M, Tozuka M, Atarashi K, Baba K, Fujiki K, Okazaki M, Honda T and Hayashi T.
    Jpn. J. Infect. Dis., 54(1), 17-22, 2001年
  • Neisseria gonorrhoeaeによる腹膜炎の一例
    赤羽貴行,川上由行,小穴こず枝
    感染症学雑誌, 75(10), 894-897, 2001年
  • First outbreak of vancomycin-resistant enterococcus (VRE) in Japan
    Atarashi, K; Baba, K; Fujiki, K; Takamoto, T; Nishimura, H; Oana, K; Honda, T; Katsuyama, T; Seki, N; Suzuki, H; Inase, N; Yoshizawa, Y
    CLINICAL INFECTIOUS DISEASES, 31(1), 386, 2000年WebofScience
  • Limitations of Vitek GPS-418 cards in exact detection of vancomycin-resistant enterococci with the vanB genotype
    Okabe T, Oana K, Kawakami Y, Yamaguchi M, Takahashi Y, Okimura Y, Honda T, and Katsuyama T.
    J. Clin. Microbiol., 38(6), 2409-2411, 2000年WebofScience
  • In vitro activities of rabeprazole, a novel proton pump inhibitor, and its thioether derivative alone and in combination with other antimicrobials against recent clinical isolates of Helicobacter pylori
    Kawakami Y, Akahane T, Yamaguchi M, Oana,K, Takahashi Y, Okimura Y, Okabe T, Gotoh A, and Katsuyma T.
    Antimicrob. Agents. Chemother., 44(2), 458-461, 2000年WebofScience電子ジャーナル
  • Helicobacter pyloriの薬剤感受性試験とその今日的意味
    川上由行,小穴こず枝
    JARMAM, 11(2), 69-77, 2000年

MISC

  • 臨床検査学教育における採血実習の現状とあり方について-採血実習に関するアンケート調査-
    高宮脩,小穴こず枝
    臨床検査学教育, 3(1), 23-29, 2011年
  • Aeromonas属菌の分類と同定―臨床微生物学ではどこまで必要か?
    川上由行,小穴こず枝
    Medical Technology, 38(7), 731-735, 2010年
  • ピロリ菌とその臨床細菌学周辺余話
    川上由行,小穴こず枝
    農工研通信(社団法人長野県農村工業研究所), (150), 2-12, 2009年
  • バチルス属 (Genus Bacillus)
    小穴こず枝、羽山正義、川上由行
    感染と抗菌薬, 9(4), 318-320, 2006年
  • 米糖化液の抗Helicobacter pylori活性
    川上由行,小穴こず枝
    農工研通信(社団法人長野県農村工業研究所), 2(136), 2-9, 2005年
  • H.pylori感染診断法 培養法
    川上由行,小穴こず枝,太田浩良,沖村幸枝,岡部忠志,山口 勝,赤羽貴行
    Madical Technology, 32(8), 801-807, 2004年
  • ギラン・バレー症候群の病因因子の解明とその予防に関する研究
    高昌星,植田秀穂,小穴こず枝,川上由行,市川元基,武富保,川岸久太郎
    厚生労働科学研究費補助金特定疾患対策研究事業・特定疾患の微生物学的原因究明に関する研究.平成14年度総括・分担研究報告書, 6(5), 70-72, 2003年
  • 胃炎および消化性潰瘍患者におけるHelicobacter pylori感染を迅速にスクリーニングするための胃生検材料直接グラム染色法の有用性
    川上由行,小穴こず枝
    Helicobacter Research, 6(5), 409-411, 2002年
  • ブラジルにおける初代分離Helicobacter pylori 株のメトロニダゾールおよびクラリスロマイシン耐性
    川上由行,小穴こず枝
    Helicobacter Research, 6(5), 412-414, 2002年
  • ギラン・バレー症候群の病因因子の解明とその予防に関する研究
    高昌星,小穴こず枝,川上由行
    厚生労働科学研究費補助金特定疾患対策研究事業・特定疾患の微生物学的原因究明に関する研究.平成13年度総括・分担研究報告書, 38(6), 44-48, 2002年
  • クラリスロマイシン耐性 Helicobacter pylori
    山口勝,川上由行,小穴こず枝,勝山努
    臨床検査, 45(8), 851-856, 2001年

講演・口頭発表等

  • β-ラクタム系薬選択圧下におけるB群レンサ球菌のβ-ラクタム系薬耐性化への実験的考察
    小出将太、小坂駿介、大崎裕介、谷口唯、林 航、前山佳彦、小穴こず枝、木村幸司、長野由紀子、荒川宜親、長野則之
    第29回日本臨床微生物学会総会, 2018年, 日本臨床微生物学会
  • 愛玩動物臨床由来株におけるCTX-M-27 ESBL産生E. coli B2-O25b-ST131-H30Rクローンの優位性とコリスチン・チゲサイクリン同時耐性K. pneumoniae ST37クローンの出現
    谷口唯、前山佳彦、大崎裕介、林 航、小出将太、小坂駿介、小穴こず枝、玉井清子、長野由紀子、荒川宜親、長野則之
    第29回日本臨床微生物学会総会, 2018年, 日本臨床微生物学会
  • ヒト、愛玩動物、鶏肉由来基質特異性拡張型-ラクタマーゼ遺伝子の周辺構造の比較解析
    林 航、谷口唯、大崎裕介、前山佳彦、小出将太、小坂駿介、小穴こず枝、長野由紀子、荒川宜親、長野則之
    第29回日本臨床微生物学会総会, 2018年, 日本臨床微生物学会
  • ペニシリン低感受性B群レンサ球菌sequence type 1の長期的流行に認められた血清型の集団的変遷事象へのcapsular switchingの関わり
    小坂駿介、長野由紀子、鈴木匡弘、小出将太、大崎裕介、谷口唯、林航、小穴こず枝、木村幸司、荒川宣親、長野則之
    第29回日本臨床微生物学会総会, 2018年, 日本臨床微生物学会
  • BTB培地非発育でESBL産生性のCO2要求性Proteus mirabilisが分離された急性腎盂腎炎の一例
    曽我英司、秋山美貴、大崎裕介、林航、松本竹久、小穴こず枝、長野則之、川上由行
    第29回日本臨床微生物学会総会, 2018年, 日本臨床微生物学会
  • Third-generation cephalosporin-resistant non-typhoidal Salmonella isolated from human feces in Japan
    Saito S, Koori Y, Ohsaki Y, Osaka S, Oana K, Nagano Y, Arakawa Y, Nagano N.
    Jpn J Infect Dis 70 3 301-304, 2017年
  • 愛玩動物の臨床材料由来薬剤耐性Enterobacteriaceaeの分子学的特性解析
    前山佳彦、齋藤さとみ、小坂駿介、大崎裕介、小穴こず枝、玉井清子、長野由紀子、長野則之
    第28回日本臨床微生物学会総会, 2017年, 日本臨床微生物学会
  • Actinognum schaaliiによる敗血症の一例
    赤羽貴行、春日恵理子、名取達矢、小穴こず枝、川上由行
    第28回日本臨床微生物学会総会, 2017年, 日本臨床微生物学会
  • 双頚双角子宮内貯留物からPasteurella bettyaeが分離された一症例
    三水夕季、大西博美、澤田佳奈、春日恵理子、名取達矢、冨永等、小穴こず枝
    第28回日本臨床微生物学会総会, 2017年, 日本臨床微生物学会
  • B群レンサ球菌高病原性クローンST17における-ラクタム系薬低感受性株出現の可能性
    小出将太、小坂駿介、大崎裕介、谷口唯、林 航、前山佳彦、小穴こず枝、長野由紀子、長野則之
    第12回日本臨床検査学教育学会学術大会, 2017年, 日本臨床検査学教育学会
  • 愛玩動物、鶏肉由来基質特異性拡張型-ラクタマーゼ遺伝子の周辺構造の比較解析
    林 航、谷口唯、大崎裕介、前山佳彦、小出将太、小坂駿介、小穴こず枝、長野由紀子、長野則之
    第12回日本臨床検査学教育学会学術大会, 2017年, 日本臨床検査学教育学会
  • 愛玩動物臨床材料由来オキシイミノセファロスポリン系薬耐性Enterobacteriaceaeの分子疫学解析
    谷口唯、前山佳彦、大崎裕介、林 航、小出将太、小坂駿介、小穴こず枝、長野由紀子、長野則之
    第12回日本臨床検査学教育学会学術大会, 2017年, 日本臨床検査学教育学会
  • 新規なカルバペネマーゼ鑑別ディスクセットの有用性評価.
    大崎裕介、久保亮一、Jonathan Hobson、Mya Davies、齋藤さとみ、小坂駿介、小穴こず枝、長野由紀子、長野則之.
    第45回薬剤耐性菌研究会, 2016年, 薬剤耐性菌研究会
  • 当院救急部における肺炎球菌細胞壁抗原検出試薬(ラピラン®肺炎球菌)の有用性の検討
    赤羽貴行、小穴こず枝、川上由行
    第89回日本感染症学会総会, 2015年, 感染症学会
  • オキシイミノセファロスポリン系薬耐性Salmonella spp.の分子学的解析
    齋藤さとみ、小穴こず枝、長野由紀子、長野則之
    第10回日本臨床検査学教育学会学術大会, 2015年, 日本臨床検査学教育学協議会
  • 臍炎部から分離されたオレイン酸栄養要求性Enterococcus facalis Small-colony variant.
    久保田紀子,葛本佳以,小穴こず枝,川上由行
    第25回日本臨床微生物学会総会, 2014年, 日本臨床微生物学会
  • Mueller-Hinton培地に発育不能な臨床分離Staphylococcus aureus株の解析
    鷲野恵一,南雲啓二,白石淑子,赤羽貴行,小穴こず枝,川上由行
    第24回日本臨床微生物学会総会, 2013年, 日本臨床微生物学会
  • Capnocytophaga属菌におけるcfxA型β-Lactamase遺伝子とTransposon Tn4555との関連性
    松本竹久,春日恵理子,堀内一樹,根岸達哉小穴こず枝,川上由行
    第24回日本臨床微生物学会総会, 2013年, 日本臨床微生物学会
  • 膵体部癌患者の血液培養からFusobacterium mortiferumが検出された一症例.
    赤羽貴行,小穴こず枝,川上由行
    第87回日本感染症学会総会, 2013年, 感染症学会
  • Chryseobacterium indologenesの保有する染色体性Ambler Class A Extended-Spectrum β-Lactamase CIA-1の特徴
    松本竹久,春日恵理子,堀内一樹,小穴こず枝,川上由行
    第23回日本臨床微生物学会総会, 2012年, 日本臨床微生物学会
  • 分子生物学的手法による糸状菌の同定
    堀内一樹,松本竹久,永田美香,春日恵理子,小穴こず枝,川上由行
    第23回日本臨床微生物学会総会, 2012年, 日本臨床微生物学会
  • Clostridium difficile 抗原迅速診断キット(C. DIFF QUIK CHEK コンプリート)の有用性に関する検討
    赤羽貴行,村山範行,小穴こず枝,川上由行
    第61回日本医学検査学会, 2012年, 日本臨床衛生検査技師会
  • 安曇野赤十字病院における薬剤感受性成績の検討
    赤羽貴行,石曽根俊哉,村山範行,江濱陵子,小穴こず枝,川上由行
    第18回日赤検査学術大会, 2011年, 日本赤十字社
  • 当院小児科由来におけるA群溶連菌迅速検査の現状および背景について
    赤羽貴行,大庭恵美子,石曽根俊哉,村山範行,小穴こず枝,川上由行
    第48回関東甲信地区医学検査学会, 2011年, 関東甲信地区医学検査学会
  • 当院で分離されたDysgonomonas 属菌の細菌学的特徴
    松本竹久,松原未樹,春日恵理子,沖村幸枝,永田美香,小穴こず枝、川上由行
    第21回日本臨床微生物学会総会, 2010年, 日本臨床微生物学会
  • 長野県中信地区におけるESBL産生菌の動向
    手塚佳子,永田美香,鷲野恵一,赤羽貴行,松本竹久,春日恵理子,小穴こず枝,川上由行
    第21回日本臨床微生物学会総会, 2010年, 日本臨床微生物学会
  • Chryseobacterium indologenes におけるAmbler class B β-lactamase の解析
    永田美香,松本竹久,松原未樹,春日恵理子,小穴こず枝,川上由行
    第21回日本臨床微生物学会総会, 2010年, 日本臨床微生物学会
  • 分子生物学的手法を用いた糸状菌の同定
    永田美香,川上由行,日高恵以子,松本竹久,春日恵理子,鈴木剛史,熊谷俊子,小穴こず枝
    第46回関東甲信地区医学検査学会, 2010年, 関東甲信地区医学検査学会
  • セラミック複合材「e+(アースプラス)」による抗菌効果の評価
    春日恵理子,川上由行,松本竹久,日高恵以子,金井信一郎,小穴こず枝,桜井司,本田孝行
    第84回日本感染症学会総会, 2010年, 日本感染症学会
  • 高温高圧・糖化処理をした米糖化液の抗菌作用
    平野葉実,入澤友啓,岡大貴,竹内正彦,深井洋一,小穴こず枝,川上由行,野口治子,内野昌孝,高野克己
    日本食品科学工学会第57回大会, 2010年, 日本食品科学工学会
  • 犬咬傷によるPasteurella dagmatisとPasteurella canisの重複感染の1例
    赤羽貴行,村山範行,伊坂晃,路昭遠,亀田徹,藤田正人,松本竹久,永田美香,小穴こず枝,川上由行
    第46回日赤医学会総会, 2010年, 日本赤十字社
  • Salmonella Enteritidis による尿路感染症の一例
    赤羽貴行,村山範行,海川尚子,床尾万寿雄,小穴こず枝,川上由行
    第45回日赤医学会総会, 2009年, 日本赤十字社
  • 信大病院におけるChryseobacterium indologenes の解析
    永田美香,松本竹久,小穴こず枝,春日恵理子,鈴木剛史,日高惠以子,岡部忠志,熊谷俊子,本田孝行,川上由行
    第36回長野県臨床検査学会, 2009年, 長野県臨床衛生検査技師会
  • Helicobacter felisの培養における至適ガス環境に関する検討
    塩原真弓,松本竹久,春日恵理子,小穴こず枝,川上由行
    第20回日本臨床微生物学会総会, 2009年, 日本臨床微生物学会
  • Streptococcus dysgalactiae subsp. equisimilis の検出状況と薬剤感受性成績
    赤羽貴行,村山範行,川上由行,小穴こず枝
    第17回日赤検査学術大会, 2009年, 日本赤十字社
  • Nisseria meningitidisによる尿道炎の1例
    赤羽貴行,村山範行,小穴こず枝,川上由行
    第45回関東甲信地区医学検査学会 4 203-208, 2008年, 関東甲信地区医学検査学会
  • 臨床検査学教育における採血実習の現状-アンケート調査-
    高宮脩,小穴こず枝
    第3回日本臨床検査学教育学会学術大会 41 9 703-708, 2008年, 日本臨床検査学教育学会
  • 加温操作を要しない「新しい芽胞染色法」の提案
    藤本純光,小堺智文,梅田修平,岩崎祐樹,松原未樹,松本竹久,春日恵理子,赤羽貴行,羽山正義,小穴こず枝,川上由行
    第19回日本臨床微生物学会総会, 2008年, 日本臨床微生物学会
  • 臨床分離株 Capnocytophaga spp.の保有する薬剤耐性因子の解析
    松原未樹,松本竹久,小穴こず枝,沖村幸枝,川上由行
    第19回日本臨床微生物学会総会, 2008年, 日本臨床微生物学会
  • Ambler Class A Extended-Spectrum Cfx A β-Lactamase 産生 Capnocytophaga sputigena による敗血症の1症例
    松本竹久,松原未樹,小穴こず枝,春日恵理子,川上由行
    第19回日本臨床微生物学会総会, 2008年, 日本臨床微生物学会
  • 臨床分離株 Capnocytophaga 属菌の保有する薬剤耐性因子の解析
    松原未樹,松本竹久,小穴こず枝,春日恵理子,鈴木剛史,日高惠以子,沖村幸枝,山内一由,川上由行
    第35回長野県臨床検査学会, 2008年, 長野県臨床衛生検査技師会
  • 「ChromID ESBL培地」の基礎的検討
    春日恵理子,松本竹久,岡部忠志,日高惠子,山内一由,本田孝行,小穴こず枝,川上由行
    第20回臨床微生物迅速診断研究会総会, 2007年, 臨床微生物迅速診断研究会
  • 長期間排菌するNTM症患者由来株の疫学的検討
    沖村幸枝,小穴こず枝,松本竹久,塩谷美保,春日恵理子,塩原真弓
    第17回日本臨床微生物学会総会, 2006年, 日本臨床微生物学会
  • BacT/Alert 3DシステムSAボトルからのMycobacterium abscessus検出に関する検討
    春日恵理子,松本竹久,岡部忠志,山内一由,本田孝行,小穴こず枝,川上由行
    第19回臨床微生物迅速診断研究会総会, 2006年, 臨床微生物迅速診断研究会
  • 米糖化液の抗Helicobacter pylori作用
    小穴こず枝,川上由行
    第16回日本臨床微生物学会総会, 2005年, 日本臨床微生物学会
  • 院時の患者日鼻腔内M. catarrhalisの保菌状況に関する一考察
    赤羽貴行,保坂力,村山範行,川上由行,小穴こず枝
    第15回日本赤十字社医学検査学会, 2005年, 日本赤十字社
  • 細胞壁溶解酵素Labiaseを利用したパルスフィールドゲル電気泳動用サンプルプラグの作成
    小穴こず枝,沖村幸枝,岡部忠志,川上由行
    第15回日本臨床微生物学会総会, 2004年, 日本臨床微生物学会
  • 1週間の間隔を経て発症した肺炎球菌による髄膜炎・肺血症の双子例
    保坂力,赤羽貴行,村山範行,天野芳郎,川上由行,小穴こず枝,河合博
    第32回長野県臨床検査学会, 2004年, 長野県臨床検査学会
  • 一週間の間隔を経て発症した肺炎球菌による髄膜炎・肺血症の双子例
    赤羽貴行,保坂力,村山範行,天野芳郎,川上由行,小穴こず枝,河合博
    第17回信州『日和見』感染懇談会, 2004年, 信州『日和見』感染懇談会
  • Campylobacter jejuniおよび末梢神経における GM1 ガングリオシドの局在に関する研究
    高昌星,植田秀穂,小穴こず枝,川上由行,市川元基,武富保,川岸久太郎
    第15回日本神経免疫学会学術集会, 2003年, 日本神経免疫学会学

担当経験のある科目_授業

  • 病原体検査学
    信州大学
  • 細菌検査学実習
    信州大学
  • 犠牲物と感染
    信州大学
  • 血液形態検査学実習
    信州大学
  • 血栓止血検査学実習
    信州大学

所属学協会

  • 日本臨床衛生検査技師会
  • 日本感染症学会
  • 日本臨床微生物学会
  • 日本環境感染学会
  • 臨床微生物迅速診断研究会
  • 日本ブドウ球菌研究会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • ペニシリン低感受性B群レンサ球菌の病原性に関わる莢膜多糖体の血清型変化事象の解析
    科学研究費補助金, 日本学術振興会, 基盤(C)
    2015年
  • ペニシリン低感受性B群レンサ球菌の病原性に関わる莢膜多糖体の血清型変化事象の解析
    科学研究費補助金, 日本学術振興会, 基盤(C)
    2015年
  • 安曇野における水資源有効活用としての雨水貯留水の生物学的・医学的解析
    科学研究費補助金, 日本学術振興会, 挑戦的萌芽研究
    2012年 - 2014年
  • 安曇野における水資源有効活用としての雨水貯留水の生物学的・医学的解析
    科学研究費補助金, 日本学術振興会, 挑戦的萌芽研究
    2012年 - 2014年
  • 安曇野における水資源有効活用としての雨水貯留水の生物学的・医学的解析
    科学研究費補助金, 日本学術振興会
    2012年 - 2014年
  • 長野県産果実&米糖化液のブレンドによる健康機能付加の新規飲料開発
    受託研究, 社団法人長野県農村工業研究所
    2011年
  • 米および穀類等の液状化による機能性食品素材の開発
    受託研究, 社団法人長野県農村工業研究所
    2008年 - 2008年
  • ヘリコバクター・ハイルマニー感染症解明ための分離培養法確立と臨床細菌学的研究
    科学研究費補助金, 日本学術振興会, 基盤(C)
    2008年
  • 米および穀類等の液状化による機能性食品素材の開発
    受託研究, 社団法人長野県農村工業研究所
    2007年 - 2007年
  • ヘリコバクター・ハイルマニー感染症解明ための分離培養法確立と臨床細菌学的研究
    科学研究費補助金, 日本学術振興会, 基盤(C)
    2007年
  • 米および穀類等の液状化による機能性食品素材の開発
    受託研究, 社団法人長野県農村工業研究所
    2006年 - 2006年
  • ヘリコバクター・ハイルマニー感染症解明ための分離培養法確立と臨床細菌学的研究
    科学研究費補助金, 日本学術振興会, 基盤(C)
    2006年
  • 米糖化液の抗Helicobacter pylpri作用に関する共同研究
    受託研究, 社団法人長野県農村工業研究所・長野興農株式会社
    2005年
  • ゼリー飲料「GOHANDY」の抗ピロリ作用に関する共同研究
    共同研究, 株式会社ポッカコーポレーション
    2005年
  • 日本初の院内感染症由来VRE株に存在する線状DNA分子の分子遺伝学的解析
    科学研究費補助金, 文部科学省, 萌芽研究
    2004年 - 2005年
  • 米糖化液の抗Helicobacter pylpri作用に関する共同研究
    受託研究, 社団法人長野県農村工業研究所・長野興農株式会社
    2004年
  • 院内感染症由来VRE株の線状プラスミド様DNA分子の分子遺伝学的解析
    財団法人信州医学振興会
    2003年
  • Enterococcus faecium ATCC19434株染色体DNAの遺伝学的解析
    財団法人ホクト生物科学振興財団
    1999年
  • Enterococcus に関する分子生物学的解析
  • バンコマイシン耐性腸球菌およびメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の疫学的研究

産業財産権

  • 抗菌作用を有する米糖化液, 特許第4942133号, 特許公開2006-169153, 特願2004-362502, 特許権
    川上由行,小穴こず枝,竹内正彦,松澤恒友,宮下和博,金谷清身,田口計哉