河原 岳志 (カワハラ タケシ)   

学術研究院(農学系)

農学部 農学生命科学科 動物資源生命科学コース 

准教授 

学位

  • 博士(農学), 九州大学

研究キーワード

    アレルギー, 皮膚角化細胞, 肥満細胞(マスト細胞)

研究分野

  • 動物生産科学, 動物生産科学

経歴

  • 2006年
    信州大学 大学院農学研究科 助教
  • 2002年
    信州大学 大学院農学研究科 助手

学歴

  • 2002年, 九州大学, 生物資源環境科学研究科, 遺伝子資源工学専攻
  • 1998年, 九州大学, 農学研究科, 遺伝子資源工学専攻
  • 1996年, 九州大学, 理学部

論文

  • クロモジ熱水抽出物の抗インフルエンザウイルス活性成分の検討
    河原岳志, 芦部文一朗, 松見 繁
    薬理と治療, 51(2), 193-201, 2023年, 査読有り
  • Lactobacillus crispatus strain KT-11 S-layer protein inhibits rotavirus infection
    Kawahara, T., Shimizu, I., Tanaka, Y., Tobita, K., Tomokiyo, M., Watanabe, I.
    Frontiers in Microbiology, 13, 783879, 2022年, 査読有り
  • クロモジ熱水抽出物のコロナウイルスOC43に対する感染抑制作用
    河原岳志, 芦部文一朗, 松見 繁
    薬理と治療, 50(2), 195-201, 2022年, 査読有り
  • Metabolomic evaluation of different starter culture effects on water-soluble and volatile compound profiles in nozawana pickle fermentation
    Tomita, S., Watanabe, J., Kuribayashi, T., Tanaka, S., Kawahara, T.
    Food Chemistry: Molecular Sciences, 2(30), 100019, 2021年, 査読有り
  • Inhibitory effect of strawberry geranium (Saxifraga stolonifera) on Toll-like receptor 2-mediated inflammatory response in human skin keratinocytes
    Kawahara, T., Ito, A., Kiso. A., Kuwamoto. F.
    Journal of Ethnopharmacology, 275, 114039, 2021年, 査読有り
  • Anti-degranulatory and bile acid-binding activity of extracts prepared from fruits and agro-industrial by-products
    Hamauzu. Y., Kawahara. T.
    Food Bioscience, 43, 101244, 2021年, 査読有り
  • Suppressive effects of hot-water extract of Magnolia obovata on Clostridium perfringens enterotoxin-induced cytotoxicity in human intestinal Caco-2 cells
    Kawahara, T., Fujii, K., Nakajima, K., Fujii, R., Inagaki, S., Yasui, H.
    Planta Medica, 86(3), 198-204, 2020年, 査読有り
  • クロモジ熱水抽出物のインフルエンザウイルス感染抑制メカニズムの検討
    河原岳志, 芦部文一朗, 松見 繁, 丸山徹也
    薬理と治療, 48(8), 1357-1371, 2020年, 査読有り
  • Lactobacillus plantarum Shinshu N-07 isolated from fermented Brassica rapa L. attenuates visceral fat accumulation induced by high-fat diet in mice
    Yin, T., Bayanjargal, S., Fang, B., Inaba, C., Mutoh, M., Kawahara, T., Tanaka, S., Watanabe, J.
    Beneficial Microbes, 11(7), 655-667, 2020年, 査読有り
  • Characterization of Microbiota that Influence Immunomodulatory Effects of Fermented Brassica rapa L.
    Sandagdorj, B., Hamajima, C., Kawahara, T., Watanabe, J., Tanaka, S.
    Microbes and Environments, 34(2), 206-214, 2019年, 査読有り
  • クロモジ熱水抽出物の持続的なインフルエンザウイルス増殖抑制効果
    河原岳志, 芦部文一朗, 松見 繁, 丸山徹也
    薬理と治療, 47(8), 1197-1204, 2019年, 査読有り
  • Effect of Lactobacillus strains on thymus and activation-regulated chemokine expression in keratinocytes and the development of atopic dermatitis-like symptoms
    Kawahara, T., Hanzawa, N., Sugiyama, M.
    Beneficial Microbes, 9(4), 643-652, 2018年, 査読有り
  • Effect of the topical application of an ethanol extract of quince seeds on the development of atopic dermatitis-like symptoms in NC/Nga mice
    Kawahara, T., Tsutsui, K., Nakanishi, E., Inoue, T., Hamauzu, Y.
    BMC Complementary and Alternative Medicine, 17(1), 80, 2017年, 査読有り
  • Effect of oral administration of the IgE-suppressive wild yeast strain Saccharomyces paradoxus P01 on the development of atopic dermatitis-like symptoms in NC/Nga mice
    Kawahara, T., Nakayama, D., Tanaka, K., Yasui H.
    Food Science and Technology Research, 21(2), 223-230, 2015年, 査読有り
  • Inhibitory effect of a hot-water extract of Japanese big-leaf magnolia (Magnolia obovata) on rotavirus-induced diarrhea
    Kawahara, T., Tomono, T., Hamauzu, Y., Tanaka, K., Yasui, H.
    Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine, 2014, 365831, 2014年, 査読有りWebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Suppressive effect of wild Saccharomyces cerevisiae and Saccharomycesparadoxus strains on IgE production of mouse spleen cells
    Kawahara, T., Nakayama, D., Toda, K., Inagaki, S., Tanaka, K., Yasui, H.
    Food Science and Technology Research, 19(6), 1019-1027, 2013年, 査読有りWebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Establishment and characterization of mouse bone marrow-derived mast cell hybridomas
    Kawahara, T.
    EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 318(18), 2385-2396, 2012年, 査読有りWebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Inhibitory effect of fermented grape pomace on degranulation in RBL-2H3 cells and an analysis of its active ingredient
    Kondo K., Nakamura K., Hamauzu Y., Kawahara T., Sansawa, H., Suzuki, M., and Yasui, H.
    Food Science and Technology Research, 17(3), 241-250, 2011年, 査読有り
  • Inhibitory effect of hot-water extract of quince (Cydonia oblonga) on immunoglobulin E-dependent late-phase immune reactions of mast cells
    Kawahara, T., Iizuka, T.
    Cytotechnology, 63(2), 143-152, 2011年, 査読有りWebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Inhibitory effect of heat-killed Lactobacillus strain on immunoglobulin E-mediated degranulation and late-phase immune reactions of mouse bone marrow-derived mast cells
    Kawahara, T.
    ANIMAL SCIENCE JOURNAL, 81(6), 714-721, 2010年, 査読有りWebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Characterization of the bacteriocinogenic lactic acid bacteria Lactobacillus curvatus strain Y108 isolated from Nozawana-zuke pickles
    Kawahara, T., Iida, A., Toyama, Y., Fukuda, K.
    Food Science and Technology Research, 16(3), 253-262, 2010年, 査読有りWebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Anti-allergic effect of a hot-water extract of quince (Cydonia oblonga)
    Shinomiya, H., Hamauzu, Y., and Kawahara, T.
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 73(8), 1773-1778, 2009年, 査読有りWebofScience電子ジャーナル
  • Inhibitory effect of electrolyzed reduced water on tumor angiogenesis
    Ye, J., Li, Y., Hamasaki, T., Nakamichi, N., Komatsu, T., Kashiwagi, T., Teruya, K., Nishikawa, R., Kawahara, T., Osada, K., Toh, K., Abe, M., Tian, H., Kabayama, S., Otsubo, K., Morisawa, S., Katakura. Y., Shirahata, S.
    BIOLOGICAL&PHARMACEUTICAL BULLETIN, 31(1), 19-26, 2008年, 査読有り
  • Oral ingestion of phosphorylated dextrin stimulates antibody responses in mice
    Otani, H. Morimoto, T., Kawahara, T.
    Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 53(4), 354-357, 2007年, 査読有り
  • Catalyser-21™, a mineral water derived from leaf soil, inhibits tumor cell invasion and angiogenesis
    Ye, J., Li, Y., Hamasaki, T., Nakamichi, N., Kawahara, T., Osada, K., Teruya, K., Kato, Y., Toh, K., Abe, M., Katakura, Y., Noguchi, K., Shirahata, S.
    Cytotechnology, 55(2-3), 61-70, 2007年, 査読有り
  • Stimulatory effect of lactic acid bacteria from commercially available pickle "Nozawana-zuke" on cytokine expressions of mouse spleen cells
    Kawahara, T. and Otani, H.
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 70(2), 411-417, 2006年, 査読有り
  • Bovine β-casein (1-28), a casein phosphopeptide, enhances proliferation and IL-6 expression of mouse CD19+cells via Toll-like receptor 4.
    Tobita K, Kawahara T, Otani H.
    Journal of Agricultural Food Chemistry, 54(21), 8013-8017, 2006年, 査読有り
  • Cow's IgG1 and its proteolytic digests stimulate immunoglobulin formation in mouse spleen cell culture
    Mizutani, A., Ohnuki, H., Kawahara, T., and Otani, H.
    Milk Science International - Milchwissenschaft, 62(1), 9-12, 2006年, 査読有り
  • IL-12誘導活性を示す天然葉緑土由来ミネラル水中の複合糖質の構造解析
    加藤祐子,太田雅也,亀井恭平,脇田久伸,河原岳志,他
    分析化学, 54(5), 391-397, 2005年, 査読有り
  • Characterization of casein phosphopeptides from fermented milk products
    Kawahara, T., Aruga, K., and Otani, H.
    Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 51(5), 377-381, 2005年, 査読有り
  • Effect of bovine κ-caseinoglycopeptide on mitogen-induced proliferative responses of spleen cells from different strains of mice
    Otani, H., Horimoto, Y., Matin, M.A., Ohnuki, H., and Kawahara, T.
    Milk Science International - Milchwissenschaft, 60(3), 245-248, 2005年, 査読有り
  • ガン特異的ヒト型モノクローナル抗体の取得
    河原岳志
    信州大学農学部紀要, 41(1-2), 7-14, 2005年, 査読有りリポジトリ
  • Effect of β-casein (1-28) on proliferative responses and secretory functions of human immunocompetent cell lines
    Kawahara, T., Katayama, D., and Otani, H.
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 68(10), 2091-2095, 2004年, 査読有り
  • Stimulatory effect of a casein phosphopeptide (CPP-III) on mRNA expression of cytokines in Caco-2 cells
    Kawahara, T. and Otani, H.
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 68(8), 1779-1781, 2004年, 査読有り
  • Stimulatory effect of a dietary casein phosphopeptide preparation on the mucosal IgA response of mice orally ingested lipopolysaccharide from Salmonella typhimurium
    Otani, H., Nakano, K., and Kawahara, T.
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 67(4), 729-735, 2003年, 査読有り
  • Protective mechanism of reduced water against alloxan-induced pancreatic β-cell damage; Scavenging effect against reactice oxygen species
    Li, Y.P. et al.
    Cytotechnology, 40(4), 139-149, 2002年, 査読有り
  • Establishment of hybridomas producing cancer specific human antibodies from B cell line derived from PBL of a patient with adult T cell leukemia
    Kawahara, T., Ichikawa, A., Katakura, Y., Teruya, K., Yoshida, T., Kikuchi, M., Hashizume, S., and Shirahata, S.
    Cytotechnology, 36(1-3), 171-177, 2001年, 査読有り
  • Role of tachylectins in host defense of the Japanese horseshoe crab Tachypleus tridentatus
    Kawabata, S., et al.
    Advances in Experimental Medicine and Biology, 484, 195-202, 2001年, 査読有り
  • Horseshoe crab acetyl group-recognizing lectins involved in innate immunity are structurally related to fibrinogen
    Gokudan, S., Muta, T., Tsuda, R., Koori, K., Kawahara, T., Seki, N., Mizunoe, Y., Wai, S.N., Iwanaga, S., Kawabata, S.
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the U.S.A., 96(18), 10086-10091, 1999年, 査読有り

MISC

  • Characterizationof cancer specific human monoclonal IgM antibodies produced by hybridomas derived from a patient with adult T-cell leukemia
    Kawahara, T., Ichikawa, A., Katakura, Y., Teruya, K., Yoshida, T., Kikuchi, M., Hashizume, S., and Shirahata, S.
    Animal Cell Technology, 12(18), 219-223, 2001年, 査読有り
  • Anti-tumor activity of Noguchi Catalyser 21™;, a mineral water containing natural leaf soil
    Kawahara, T., Teruya, K., Katakura, Y., Takada, H., and Shirahata, S.
    Animal Cell Technology, 10, 10-12, 2001年, 査読有り

書籍等出版物

  • FFIジャーナル 225 3
    河原岳志, 単著, 信州味噌由来乳酸菌の機能性に着目した発酵長寿プロジェクト
    230-237 2020年
  • アレルギーの臨床 509 38
    河原岳志, 単著, 皮膚角化細胞由来のケモカイン(TARC)抑制によるアトピー性皮膚炎の軽減
    北隆館/ニュー・サイエンス社, 46-50 2018年
  • フレグランスジャーナル 5
    河原岳志、濵渦康範、井ノ上利文, 共著, マルメロ熱水抽出物の塗布によるNC/Nga系マウスにおける皮膚炎抑制効果
    フレグランスジャーナル社, 58-61 2017年
  • Fragrance Journal Korea 6
    Kawahara T., Hamauzu Y, Inoue T., 共著, Effect of topical application of an extract of quince seeds on the development of atopic dermatitis-like symptoms in NC/Nga mice
    99-103 2017年
  • みすずかる信濃の健康志向食品
    信州大学農学部 機能性食料開発学専攻, 共著, ダチョウ肉はヘルシーミート
    みすずかる信濃の健康志向食品, 187-205頁 2003年, 査読有り
  • New Developments and New Applications in Animal Cell Technology 9 4
    Ichikawa, A., Katakura, Y., Kawahara, T., Hashizumu, S., Shirahata, S., 共著, In vitro immunization of human peripheral blood lymphocytes with cholera toxin B subunit
    617-623 2002年, 査読有り

講演・口頭発表等

  • 香辛料のインフルエンザウイルス感染抑制作用
    前川佳彦;葛西雅博;安永 新;河原岳志
    日本栄養・食糧学会 第76回大会, 2022年
  • クロモジ熱水抽出物の抗インフルエンザウイルス活性成分の検討
    河原岳志;芦部文一朗;松見 繁
    第39回 和漢医薬学会, 2022年
  • Bifidobacterium longum KMH001株のヒト腸管上皮細胞におけるコレステロール吸収抑制効果
    西野遥希;大木妙子;渡邉 樹;河原岳志
    日本畜産学会 第130回大会, 2022年
  • 過酸化脂肪酸によるTLR10発現誘導作用の評価
    馬場琢都;河原岳志
    日本畜産学会 第130回大会, 2022年
  • Lactobacillus crispatus KT-11株S-layerタンパク質の構造機能解析
    大木妙子;友清 帝;渡邉 樹;飛田啓輔;田中佑季;河原岳志
    日本畜産学会 第128回大会, 2021年
  • Lactobacillus crispatus KT-11株S-layerタンパク質のヒトロタウイルス感染抑制作用
    河原岳志;大木妙子;飛田啓輔;渡邉 樹
    日本畜産学会 第129回大会, 2021年
  • クロモジ熱水抽出物の即時的な抗インフルエンザ作用プログラム
    河原岳志;芦部文一朗;松見 繁;丸山徹也
    第37回 和漢医薬学会, 2020年
  • ダチョウ脂質構成脂肪酸のヒト皮膚角化細胞における抗炎症作用の解析
    河原岳志;谷岡美季
    日本畜産学会 第125回大会, 2019年
  • クロモジエキスの持続的なインフルエンザウイルス増殖抑制活性
    河原岳志;芦部文一朗;松見 繁;丸山徹也
    178, 2019年
  • クロモジエキスの予防的な抗インフルエンザウイルス作用
    芦部文一郎;秋山季理子;下出明彦;松見 繁;丸山徹也;河原岳志
    日本機能性食品医用学会 第17回大会, 2019年
  • Toll様受容体10誘導作用をもたらすダチョウ脂質成分の解析
    河原岳志;加藤保貴
    日本畜産学会 第124回大会, 2018年
  • Lactobacillus crispatus KT-11株S-layerタンパク質によるロタウイルス感染抑制機構の解析
    志水一誓;友清 帝;渡邉 樹;飛田啓輔;河原岳志
    日本畜産学会 第124回大会, 2018年
  • Lactobacillus crispatus KT-11株S-layerタンパク質のロタウイルス感染抑制機構
    田中佑季;志水一誓;友清 帝;渡邉 樹;飛田啓輔;河原岳志
    酪農科学シンポジウム2018, 2018年
  • ダチョウ脂質のヒト皮膚角化細胞遺伝子発現に及ぼす効果
    河原岳志;田口 丈
    日本畜産学会 第122回大会, 2017年
  • Lactobacillus crispatus KT-11株抽出物のロタウイルス下痢症抑制効果
    志水一誓;河原岳志;友清 帝;渡邉 樹;飛田啓輔
    日本畜産学会 第123回大会, 2017年
  • Lactobacillus属乳酸菌抽出物塗布のアトピー性皮膚炎発症に及ぼす効果
    河原岳志;杉山 京;伊藤綾花;田口 丈
    日本畜産学会 第121回大会, 2016年
  • Lactobacillus属乳酸菌抽出物の塗布によるアトピー性皮膚炎改善効果
    河原岳志;杉山 京;伊藤綾花;田口 丈
    酪農科学シンポジウム2016, 2016年
  • Lactobacillus属乳酸菌の皮膚角化細胞ケモカイン抑制機構の解析
    河原岳志;杉山 京
    日本畜産学会 第119回大会, 2015年
  • 乳酸菌の皮膚角化細胞における脱ユビキチン化酵素誘導によるTARC発現抑制の可能性
    原 大貴;杉山 京;河原岳志
    170, 2015年
  • Lactobacillus属乳酸菌の皮膚角化細胞ケモカイン発現に対する抑制効果
    河原岳志;半澤七海
    日本畜産学会 第118回大会, 2014年
  • 朴葉熱水抽出物中に存在する ロタウイルス感染抑制成分の解析
    河原岳志;友野拓真;濵渦康範;田中勝已;保井久子
    日本農芸化学会 2014年度大会, 2014年
  • 酒造用野生酵母Saccharomyces cerevisiae S03株の NC/Nga系マウスにおけるアトピー性皮膚炎抑制作用
    河原岳志;渡辺毅哉;中山大地;保井久子
    日本農芸化学会 中部支部 第171回 例会, 2014年
  • Lactobacillus属乳酸菌の皮膚角化細胞TARC発現に対する抑制効果
    河原岳志;半澤七海
    酪農科学シンポジウム2014, 2014年, 日本酪農科学会
  • IgE抑制性野生酵母Saccharomyces paradoxus P01株のNC/Nga系マウスにおけるアトピー性皮膚炎抑制作用
    中山大地;田中勝已;保井久子;河原岳志
    日本食品科学工学会 第60回大会, 2013年
  • Saccharomyces属酵母野生株によるブドウ果汁発酵物のマスト細胞脱顆粒反応に及ぼす抑制効果
    西井 慈;中山大地;田中勝已;保井久子;河原岳志
    日本食品科学工学会 第60回大会, 2013年
  • 朴葉熱水抽出物のウェルシュ菌エンテロトキシン誘導性細胞傷害に対する抑制効果
    河原岳志;藤井寿美;田中勝已;保井久子
    日本食品科学工学会 第60回大会, 2013年
  • マウスマスト細胞ハイブリドーマのIgE刺激を介した即時相・遅延相応答
    河原岳志
    日本農芸化学会 2012年度大会, 2012年
  • 朴葉熱水抽出物の ロタウイルス下痢症に及ぼす抑制効果
    友野拓真;田中勝已;保井久子;河原岳志
    日本食品科学工学会 第59回大会, 2012年
  • 木曽町環境資源より分離されたSaccharomyces 属酵母野生株の免疫調節作用
    中山大地;戸田圭亮;田中勝已;保井久子;河原岳志
    日本食品科学工学会 第59回大会, 2012年
  • 脱顆粒反応抑制性乳酸菌のTLR2依存性と活性画分の作用に関する特性付け
    河原岳志;戸田圭亮
    日本畜産学会 弟112回大会, 2010年
  • 脱顆粒反応抑制性乳酸菌の機能解析におけるマウスマスト細胞ハイブリドーマの利用性
    山崎浩史;河原岳志
    日本畜産学会 弟112回大会, 2010年
  • 野沢菜漬由来乳酸菌のマウス骨髄由来マスト細胞に対する脱顆粒反応抑制効果
    戸田圭亮;河原岳志
    日本畜産学会 弟112回大会, 2010年
  • 乳酸菌発酵ブドウ搾りかすの抗アレルギー作用の可能性
    近藤小雪;増田健幸;河原岳志;三沢 宏;鈴木光政;保井久子
    日本農芸化学会 2010年度大会, 2010年
  • 乳酸菌発酵ブドウ搾りかすの抗アレルギー作用の可能性
    近藤小雪;増田健幸;河原岳志;保井久子;三沢 宏;鈴木光政
    日本乳酸菌学会 2010年度大会, 2010年
  • 脱顆粒反応抑制性乳酸菌のマウス骨髄由来マスト細胞遅延相応答に対する抑制効果
    河原岳志;大谷 元
    日本畜産学会 弟110回大会, 2009年
  • 野沢菜漬由来乳酸菌が産生するバクテリオシン様抗菌物質の特性付け
    飯田彩子;河原岳志;大谷 元
    日本畜産学会 弟104回大会, 2008年
  • マルメロ熱水抽出物のアトピー性皮膚炎モデルマウスにおける抗アレルギー作用
    篠原史絵;河原岳志;濱渦康範;大谷 元
    日本農芸化学会 2008年度大会, 2008年
  • マウスマスト細胞におけるZymosanによるFcεRI低下現象の解析
    河原岳志;大谷 元
    日本農芸化学会 2008年度大会, 2008年
  • 発酵乳由来微生物のマウスマスト細胞に及ぼす影響の評価
    河原岳志;大谷 元
    平成20年度 日本酪農科学会, 2008年
  • 発酵乳由来微生物のマウスマスト細胞に及ぼす影響の評価
    河原岳志;大谷 元
    北信越畜産学会 第57回大会, 2008年
  • RBL-2H3細胞の脱顆粒反応に対するマルメロ熱水抽出物の抑制効果
    篠宮史絵;河原岳志;濱渦康範;大谷 元
    日本農芸化学会 2007年度大会, 2007年
  • マウス骨髄マスト細胞由来ハイブリドーマの樹立と特性付け
    河原岳志;大谷 元
    日本農芸化学会 2007年度大会, 2007年
  • 塩分無添加大豆の米麹による発酵物のマウス免疫担当細胞に対する作用
    杉浦庸子;埋橋祐二;河原岳志;大谷 元
    日本農芸化学会 2007年度大会, 2007年
  • 梅肉エキスの脱顆粒反応に及ぼす影響の評価
    飯田彩子;河原岳志;大谷 元
    日本農芸化学会 2006年度大会, 2006年
  • 牛乳IgG1およびその消化物の免疫担当細胞割合への作用
    末田木綿;水谷 文;大貫秀隆;河原岳志;大谷 元
    日本畜産学会大会 第106回大会, 2006年
  • 野沢菜漬由来乳酸菌の産生するバクテリオシン様抗菌物質の特性付け
    外山優子;河原岳志;大谷 元
    日本畜産学会大会 第106回大会, 2006年
  • コウジカビ由来プロテアーゼを用いたIgA生産促進ペプチドの調製
    張鳳梅;河原岳志;大谷 元
    日本畜産学会 弟104回大会, 2005年
  • 牛乳IgG1添加飼料で飼育したマウスの細胞性免疫活性について
    大貫秀隆;水谷 文;河原岳志;大谷 元
    日本畜産学会 弟104回大会, 2005年
  • 牛乳IgG1添加飼料で飼育したマウスの液性免疫応答について
    水谷 文;大貫秀隆;河原岳志;大谷 元
    日本畜産学会 弟104回大会, 2005年
  • カゼインホスホペプチドはTLR4を介して免疫調節を行う!?
    飛田啓輔;河原岳志;大谷 元
    日本畜産学会 弟104回大会, 2005年
  • 野沢菜漬由来乳酸菌の細胞性免疫賦活作用について
    河原岳志;大谷 元
    日本畜産学会 弟104回大会, 2005年
  • 無塩味噌の栄養生理学的研究(その2)三大栄養素消化酵素に対する作用
    田内 遊;明尾一美;落 俊行;小島正明;河原岳志;大谷 元
    日本農芸化学会 2004年度大会, 2004年
  • サイトカインmRNA発現に及ぼす各種食用キノコ抽出物の影響
    中村美鈴;宮代;昌幸;河原岳志;大谷 元
    日本農芸化学会 2004年度大会, 2004年
  • エリンギ(Pleurolus eriyngii)熱水抽出物添加飼料での飼育によるマウス腸管IgAレベルの増強
    今村幸市郎;河原岳志;大谷 元
    日本農芸化学会 2004年度大会, 2004年
  • 経口摂取した牛乳IgGのマウス消化管での消長について
    大貫秀隆;河原岳志;大谷 元
    日本畜産学会 第103回大会, 2004年
  • リンパ球膜上のカゼインホスホペプチド受容体の探索
    飛田啓輔;河原岳志;大谷 元
    日本畜産学会 第103回大会, 2004年
  • 野沢菜漬由来乳酸菌の免疫賦活作用について
    河原岳志;大谷 元
    日本畜産学会 第103回大会, 2004年
  • 牛乳IgGの抗原結合活性は安定である!?
    大貫秀隆;水谷 文;河原岳志;大谷 元
    平成16年度 日本酪農科学会, 2004年
  • 牛乳IgGには細胞レベルでの免疫調節機能が備わっている!?
    水谷 文;大貫秀隆;河原岳志;大谷 元
    平成16年度 日本酪農科学会, 2004年
  • 牛乳IgGは乳房炎予防効果を持つか?
    大貫秀隆;河原岳志;大谷 元
    日本乳房炎研究会第9回学術集会, 2004年
  • 牛乳カゼインを原料にした低抗原性IgA産生促進素材の開発
    張 鳳梅;若月志津枝;河原岳志;大谷 元
    日本畜産学会 第101回大会講演要旨, 2003年
  • 市販カマンベールチーズから調整されるカゼインホスホペプチドの性質
    有賀芳里;河原岳志;大谷 元
    日本畜産学会 第101回大会講演要旨, 2003年
  • 牛乳IgGサブクラスおよびそれらのフラグメントのマウス脾臓細胞の各種機能に及ぼす影響
    大貫秀隆;河原岳志;大谷 元
    日本畜産学会 第101回大会講演要旨, 2003年
  • 牛乳β-カゼインのトリプシン消化によって生じる細胞傷害性ペプチドの分離と特性付け日本畜産学会 第101回大会講演要旨、p224(2003年3月28日)
    江草信太郎;鈴木博之;河原岳志;大谷 元
    日本畜産学会 第101回大会講演要旨, 2003年
  • ヒト株化免疫担当細胞の増殖および分泌機能に及ぼすカゼインホスホペプチドの影響
    片山大祐;河原岳志;大谷 元
    日本畜産学会 第101回大会講演要旨, 2003年
  • リン酸化デキストリン添加試料で飼育したマウス腸管IgA応答の増強
    大谷 元;森元辰徳;若月志津枝;河原岳志
    日本農芸化学会 2003年度大会, 2003年
  • IgA産生促進活性を有する食用キノコの探索
    加納純子;今村幸市郎;河原岳志;大谷 元
    日本農芸化学会 2003年度大会, 2003年
  • カゼインホスホペプチドの腸管上皮形成および機能に及ぼす影響の評価
    河原岳志;大谷 元
    日本農芸化学会 2003年度大会, 2003年
  • 牛乳IgGの安定性に関する検討
    大貫秀隆;河原岳志;大谷 元
    日本畜産学会 第102回大会, 2003年
  • クロカワの腸管IgA産生促進作用について
    加納純子;今村幸市郎;河原岳志;大谷 元
    日本農芸化学会 2003年度関西・中部支部合同大会, 2003年
  • ウシIgGによるIgA産生調節作用に関する研究
    小林澄枝;大貫秀隆;水谷 文;河原岳志;大谷 元
    北信越畜産学会 第52回大会, 2003年
  • カゼインホスホペプチドは乳房炎予防飼料素材とはならないか?
    若月志津枝;河原岳志;大谷 元
    第7回 乳房炎研究会抄録 18-, 2002年
  • 市販乳製品からカゼインホスホペプチド(CPP)の生成とその免疫調節活性
    有賀芳里;木村行啓;大谷 元;河原岳志
    第51回 北信越畜産学会大会講演要旨, 2002年
  • 牛乳カゼインの消化により生じる細胞傷害性ペプチドの特性付け
    鈴木博之;M. A. Matin;河原岳志;大谷 元
    第51回 北信越畜産学会大会講演要旨, 2002年
  • 天然葉緑土ミネラルウオーター(カタライザー21)の抗腫瘍効果
    河原岳志;照屋輝一郎;片倉喜範;高田 浩;白畑實隆
    日本農芸化学会 2002年度大会, 2001年

所属学協会

  • 日本農芸化学会
  • 日本畜産学会
  • 日本酪農科学会
  • 日本食品科学工学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 皮膚における抗炎症作用に着目したダチョウ脂質中の新規機能性分子の解明
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2016年 - 2018年
  • 乳酸菌の皮膚角化細胞炎症応答抑制に基づくアトピー性皮膚炎改善効果の検証
    科学研究費補助金, 若手研究(B)
    2013年 - 2015年
  • 木曽町の地域資源の機能性解析および応用研究
    共同研究, 木曽町、木曽町地域資源研究所
    2012年 - 2012年
  • 木曽町の地域資源の機能性解析および応用研究
    共同研究, 木曽町、木曽町地域資源研究所
    2011年 - 2011年
  • 食品機能評価への応用に向けたマウスマスト細胞ハイブリドーマの特性解析
    科学技術振興機構(JST)
    2010年 - 2010年
  • 乳発酵微生物のマスト細胞におけるToll様受容体2を介した抗アレルギー作用の解明
    科学研究費補助金, 若手研究(B)
    2008年 - 2009年
  • 脱顆粒反応抑制食品成分のマスト細胞と好塩基球における作用の違い
    (財)信州農林科学振興会
    2008年
  • 脱顆粒反応を指標にした卵黄タンパク質のアレルゲン性評価システムの構築
    科学研究費補助金, 若手研究(B)
    2005年 - 2007年
  • マスト細胞、好塩基球からの脱顆粒反応を抑制する食品成分スクリーニング系の開発
    ホクト生物科学振興財団
    2004年
  • カゼインホスホペプチドのIgA産生増強作用に関与する細胞及びレセプター分子の解明
    科学研究費補助金, 若手研究(B)
    2003年 - 2004年
  • 皮膚角化細胞への作用を介して抗炎症作用を示す食品成分の探索
  • 抗ウイルス作用をもつ食品素材の探索と作用機序の解明
  • 食品中の抗アレルギー成分の探索と作用機構の解明
  • 地域に根差した食品素材の機能性の解明

産業財産権

  • マルメロ抽出物, 特許第5896368号, 特願2015-74730, 特許権
    濵渦康範、河原岳志、井ノ上利文

その他

  • 2007年12月20日
  • 2005年11月29日
  • 2004年11月19日
  • 2003年12月11日