保坂 毅 (ホサカ タケシ)   

学術研究院(農学系)

先鋭領域融合研究群 バイオメディカル研究所 

准教授 

学位

  • 博士 (工学), 山梨大学

研究分野

  • 応用微生物学

経歴

  • 2019年
    信州大学 先鋭領域融合研究群 バイオメディカル研究所 生体分子イノベーション部門ユニット長
  • 2016年
    大阪大学 生物工学国際交流センター 招聘准教授
  • 2014年
    信州大学 先鋭領域融合研究群 バイオメデイカル研究所 准教授
  • 2012年
    信州大学 農学部 応用生命科学科 准教授
  • 2007年 - 2012年
    信州大学ファイバーナノテク国際若手研究者育成拠点 特任助教
  • 2001年 - 2007年
    独立行政法人 食品総合研究所 特別研究員

学歴

  • 2018年, Visiting Researcher, Umeå University/Sweden
  • 2001年, 山梨大学大学院工学研究科博士後期課程物質工学専攻
  • 1996年, 山梨大学工学部化学生物工学科

委員歴

  • 2020年
    理事, 日本放線菌学会
  • 2019年
    中部支部幹事, 日本農芸化学会

受賞

  • 2023年
    日本放線菌学会, 第37回(2023年度)日本放線菌学会大会ポスター発表賞(指導学生)
  • 2022年
    日本放線菌学会, 第36回(2022年度)日本放線菌学会大会ポスター発表賞(指導学生)
  • 2012年
    日本放線菌学会, 平成24年度日本放線菌学会浜田賞
  • 2009年
    日本放線菌学会2009年度学生優秀発表賞 (指導学生)
  • 2005年
    日本農芸化学研究企画賞
  • 2003年
    日本放線菌学会2003年度大会ポスター賞

論文

  • Heterologous production and structure determination of a new lanthipeptide sinosporapeptin using a cryptic gene cluster in an actinobacterium Sinosporangium siamense
    Saito K, Mukai K, Kaweewan I, Nakagawa H, Hosaka T, Kodani S
    Journal of Microbiology, 61, 641-648, 2023年, 査読有り, 招待無し
  • Phenomenological interpretations of the mechanism for the concentration-dependent positive effect of antibiotic lincomycin on Streptomyces coelicolor A3(2)
    Mukai K, Shibayama T, Imai Y, Hosaka T
    Applied and Environmental Microbiology, 89(10), 2023年, 査読有り
    最終著者, 責任著者
  • Heterologous biosynthesis of myxobacterial lanthipeptides melittapeptins
    Kaweewan I, Mukai K, Rukthanapitak P, Nakagawa H, Hosaka T, Kodani S
    Applied Microbiology and Biotechnology, in press, 2023年, 査読有り, 指定なし
  • Unique physiological and genetic features of ofloxacin-resistant Streptomyces mutants
    Hoshino K, Hamauzu R, Nakagawa H, Kodani S, Hosaka T
    Applied and Environmental Microbiology, 88(3), 2022年, 査読有り
    最終著者, 責任著者
  • Lincomycin-induced secondary metabolism in Streptomyces lividans 66 with a mutation in the gene encoding the RNA polymerase beta subunit
    Mukai K, Kobayashi M, Hoshino K, Maruyama T, Hayashi D, Hamauzu R, Hosaka T
    CURRENT MICROBIOLOGY, 77, 2933-2939, 2020年, 査読有り
    最終著者, 責任著者
  • A putative mechanism underlying secondary metabolite overproduction by Streptomyces strains with a 23S rRNA mutation conferring erythromycin resistance
    Hoshino K, Imai Y, Mukai K, Hamauzu R, Ochi K, Hosaka T
    APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 104(5), 2193-2203, 2020年, 査読有り
    最終著者, 責任著者
  • Isolation and structure determination of a new cytotoxic peptide curacozole from Streptomyces curacoi based on genome mining
    Kodani S, Kaweewan I, Komaki H, Hemmi H, Hoshino K, Hosaka T, Isokawa G, and Oyoshi T
    The Journal of Antibiotics, 72, 1-7, 2019年, 査読有り
  • A possible mechanism for lincomycin induction of secondary metabolism in Streptomyces coelicolor A3(2)
    Ishizuka M, Imai Y, Mukai K, Shimono K, Hamauzu R, Ochi K, Hosaka T
    Antonie van Leeuwenhoek, 111, 705-716, 2018年, 査読有り
    最終著者, 責任著者
  • Combined Drug-Resistance Mutations Substantially Enhance Enzyme Production in Paenibacillus agaridevorans
    Funane K, Tanaka Y, Hosaka T, Murakami K, Miyazaki T, Shiwa Y, Gibu S, Inaoka T, Kasahara K, Fujita N, Yoshikawa H, Hiraga Y, Ochi K
    Journal of Bacteriology, 200, e00188-18, 2018年, 査読有り
  • 抗生物質ホルミシスの理解と応用
    保坂 毅
    生物工学会誌(大村智先生ノーベル賞受賞記念特集−微生物由来天然物の実用化と未来−), 94, 399-400, 2016年
    筆頭著者, 責任著者
  • Lincomycin at subinhibitory concentrations potentiates secondary metabolite production by Streptomyces spp.
    Imai Y, Sato S, Tanaka Y, Ochi K, Hosaka T.
    Applied and Environmental Microbiology, 81, 3869-3879, 2015年, 査読有り
    最終著者, 責任著者
  • New strategies for drug discovery: activation of silent or weakly expressed microbial gene clusters
    Ochi K. and Hosaka T.
    APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 97, 87-98, 2013年, 査読有り
  • Development of the ability to produce secondary metabolites in Streptomyces through the acquisition of erythromycin resistance
    Imai Y., Fujiwara T., Ochi K., and Hosaka, T.
    The Journal of Antibiotics, 65, 323–326, 2012年, 査読有り
    最終著者, 責任著者
  • Heterologous expression of plant RelA/SpoT homolog results in increased stresstolerance inSaccharomyces cerevisiae by accumulating the bacterial alarmone ppGpp
    Ochi K., Nishizawa T., Inaoka T., Yamada Y., Hashimoto K., Hosaka T., Okamoto S., Ozeki, Y.
    Microbiology, 158, 2213- 2224, 2012年, 査読有り
  • Rare earth elements activate the secondary metabolite-biosynthesis gene clusters in Streptomyces coelicolor A3(2)
    Tanaka, Y., Hosaka T., and Ochi, K.
    J Antibiot, 63, 477-481, 2010年, 査読有り
  • Antibacterial discovery in actinomycetes strains with mutations in RNA polymerase or ribosomal protein S12
    Hosaka T., Ohnishi-Kameyama M., Muramatsu H., Murakami K., Tsurumi Y., Kodani S., Yoshida M., Fujie A., and Ochi K..
    NATURE BIOTECHNOLOGY, 27(5), 462-464, 2009年, 査読有り
    筆頭著者WebofScience電子ジャーナル
  • Bacterialalarmone, guanosine 5'-diphosphate 3'-diphosphate (ppGpp), predominantly binds the beta' subunit of plastid-encoded plastid RNA polymerasein chloroplasts.
    Sato M., Takahashi K, Ochiai Y, Hosaka T, Ochi K, Nabeta K
    ChemBioChem, 10, 1227-1233, 2009年, 査読有り電子ジャーナル
  • Dramatic activation of antibiotic production in Streptomyces coelicolor by cumulative drug resistance mutations
    Wang G., Hosaka T., and Ochi K.
    Appl Environ Microbiol, 74, 2834-2840, 2008年
  • Identification of the RsmG methyltransferase target as 16S rRNA nucleotide G527 and characterization of Bacillus subtilis rsmG mutants
    Nishimura K., Johansen SK., Inaoka T., Hosaka T., Tokuyama S., Tahara Y., Okamoto S., Kawamura F., Douthwaite S., and Ochi K. .
    J Bacteriol, 189, 6068-6073, 2007年
  • Mutations in rsmG, encoding a16S rRNA methyltransferase, result in low-level streptomycin resistance and antibiotic overproduction in Streptomyces coelicolor A3(2)
    Nishimura, K., Hosaka T., Tokuyama S., Okamoto S., and Ochi K.
    J Bacteriol, 189, 3876-3883, 2007年
  • Increased expression of ribosome recycling factor is responsible for the enhanced protein synthesis during the late growth phase in an antibiotic-overproducing Streptomyces coelicolor ribosomal rpsL mutant
    Hosaka, T., J. Xu, and K. Ochi
    Mol Microbiol, 61, 883-897, 2006年, 査読有り
    筆頭著者
  • Physiological analysis of the stringent response elicited in an extreme thermophilic bacterium, Thermus thermophilus
    Kasai, K., T. Nishizawa, K. Takahashi, T. Hosaka, H. Aoki and K. Ochi
    J Bacteriol, 188, 7111-7122, 2006年
  • EshA accentuates ppGpp accumulation andis conditionally required for antibiotic production in Streptomyces coelicolor A3(2)
    Saito, N., J. Xu, T. Hosaka, S. Okamoto, H.Aoki, M. J. Bibb and K. Ochi.
    J Bacteriol, 188, 4952-4961, 2006年
  • Improvement of alpha-amylase production by modulation of ribosomal component protein S12 in Bacillus subtilis 168
    Kurosawa, K., T. Hosaka, N. Tamehiro, T. Inaoka and K. Ochi
    Appl Environ Microbiol, 72, 71-77, 2006年
  • The novel mutation K87E in ribosomal protein S12 enhances protein synthesis activity during the late growth phase in Escherichia coli
    Hosaka, T., N. Tamehiro, N. Chumpolkulwong, C. Hori-Takemoto, M. Shirouzu, S. Yokoyama and K.Ochi
    Mol Genet Genomics, 271, 317-324, 2004年, 査読有り
    筆頭著者
  • Ribosome engineering and secondary metabolite production
    Ochi, K., S. Okamoto, Y. Tozawa, T. Inaoka, T. Hosaka, J. Xu and K. Kurosawa
    Adv Appl Microbiol, 56, 155-184, 2004年
  • Structural basis for transcription regulation by alarmone ppGpp
    Artsimovitch, I., V. Patlan, S. Sekine, M. N. Vassylyeva, T. Hosaka, K. Ochi, S. Yokoyama and D. G. Vassylyev
    Cell, 117, 299-310, 2004年
  • Effects of Escherichia coli ribosomal protein S12 mutations on cell-free protein synthesis
    Chumpolkulwong, N., C. Hori-Takemoto, T. Hosaka, T. Inaoka, T. Kigawa, M. Shirouzu, K. Ochi and S. Yokoyama
    Eur J Biochem, 271, 1127-1134, 2004年
  • An aberrant protein synthesis activity is linked with antibiotic overproduction in rpsL mutants of Streptomyces coelicolor A3(2)
    Okamoto-Hosoya, Y., T. Hosaka and K. Ochi
    Microbiology, 149, 3299-309, 2003年
  • Innovative approach for improvement of an antibiotic-overproducing industrial strain of Streptomyces albus
    Tamehiro, N., T. Hosaka, J. Xu, H. Hu, N. Otake and K. Ochi
    Appl Environ Microbiol, 69, 6412-6417, 2003年
  • Enhanced expression of S-adenosylmethionine synthetase causes overproduction of actinorhodin in Streptomyces coelicolor A3(2)
    Okamoto, S., A. Lezhava, T. Hosaka, Y. Okamoto-Hosoya and K. Ochi
    J Bacteriol, 185, 601-609, 2003年
  • Acetylacetoin synthase as a marker enzyme for detecting the 2,3-butanediol cycle
    Ui, S., T. Hosaka, K. Mizutani, T. Ohtsuki and A. Mimura
    J Biosci Bioeng, 93, 248-251, 2002年
  • Characterization of the NADH-linked acetylacetoin reductase/2,3-butanediol dehydrogenase gene from Bacillus cereus YUF-4
    Hosaka, T., S. Ui, T. Ohtsuki, A. Mimura, M. Ohkuma and T. Kudo
    J Biosci Bioeng, 91, 539-544, 2001年, 査読有り
  • Separation and properties of two acetylacetoin reductases from Bacillus cereus YUF-4
    Hosaka, T., S. Ui and A. Mimura
    Biosci Biotechnol Biochem, 63, 199-201, 1999年
    筆頭著者
  • Purification andproperties of acetylacetoin synthase from Bacillus sp. YUF-4
    Ui, S., T. Hosaka, K. Mizutani and A. Mimura
    Biosci Biotechnol Biochem, 62, 795-797, 1998年
  • Discovery of a new mechanism of 2,3-butanediol stereoisomer formation Bacillus cereus YUF-4
    Ui, S., T. Hosaka, K. Watanabe, and A. Mimura
    J Biosci Bioeng, 85, 79-83, 1998年

MISC

  • 放線菌の二次代謝に対する抗生物質の濃度依存的活性化作用
    保坂毅、向井慶一郎、石塚美咲、小林桃子
    月刊アグリバイオ, 2018年11月30日
  • 放線菌における抗生物質のホルミシス効果の解析と応用
    保坂 毅,今井 優
    バイオサイエンスとインダストリー, 74, 516-518, 2016年
  • 放線菌の潜在能力発現に関わる薬剤耐性変異の特性解析と抗生物質発掘への応用
    保坂 毅
    日本放線菌学会誌, 28(2), 9-14, 2014年
  • 放線菌の転写及び翻訳系の改変による潜在能力の開発と抗生物質の探索
    保坂毅, 今井優, 藤原達也
    信州大学農学部紀要, 48, 9-15, 2012年03月27日
  • 微生物の「休眠遺伝子」を目覚めさせて新抗生物質を発見
    越智幸三・保坂毅・亀山真由美・村松秀行・村上果菜・鶴海泰久・小谷真也・吉田充・藤江昭彦
    農林水産技術研究ジャーナル, 33(3), 22-25, 2010年
  • 2010 年度日本放線菌学会大会感想記
    保坂毅
    日本放線菌学会誌, 24(2), 17-18, 2010年
  • 放線菌の『休眠遺伝子』覚醒技術の開発
    越智幸三・保坂毅・田中幸徳
    バイオサイエンスとインダストリー, 67(8), 413-417, 2009年
  • リボゾーム工学による微生物からの有用物質発見
    保坂毅, 王国君, 岡本晋, 越智幸三
    月刊バイオインダストリー, 24(10), 59-66, 2007年
  • 放線菌を利用して多量の抗生物質をつくる
    保坂毅, 為広紀正, 越智幸三
    化学と生物, 42, 636-638, 2004年

講演・口頭発表等

  • Molecular physiological studies on actinomycetes for a fundamental understanding of antibiotics
    保坂毅(invited)
    第93回日本細菌学会総会シンポジウム, 2020年02月19日, 招待有り
  • 抗生物質の本質的理解とその応用
    保坂毅(invited)
    微生物ウィーク2019, 2019年07月25日, 招待有り
  • Analysis of mechanisms for antibiotic induction of secondary metabolism
    SHIMONO K, ISHIZUKA M, IMAI Y, OCHI K, and HOSAKA T
    18th International Symposium on the Biology of Actinomycetes (JEJU/KOREA), 2017年
  • 抗生物質の濃度依存的現象「抗生物質ホルミシス」の理解と応用
    保坂 毅 (Invited)
    第68回日本生物工学会大会シンポジウム, 2016年
  • 抗生物質ホルミシスの分子生物学的機構の理解と放線菌の二次代謝研究への応用
    保坂 毅(Invited)
    第10回ゲノム微生物学会年会シンポジウム, 2016年
  • 抗生物質ホルミシスの分子生物学的機構の解析とその応用
    保坂 毅(Invited)
    第5回遺伝研研究会, 2015年
  • Ribosome-targeting antibiotics at subinhibitory concentrations potentiate secondary metabolite production by streptomycetes
    Hosaka T(Invited)
    Society for Industrial Microbiology and Biotechnology Annual Meeting, 2015年
  • Activation of secondary metabolite production in Streptomyces spp. by exposure to subinhibitory concentrations of lincomycin.
    Imai Y., Sato S., Tanaka Y., Ochi K., and Hosaka T.
    IUMS2014 [XIVth International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology], 2014年
  • Activation of the potential to produce secondary metabolites in actinomycetes by modulating the RNA polymerase and/or ribosome
    Hosaka T (invited)
    ISIM2014 (Dalian/China), 2014年
  • Lincomycin at subinhibitory concentrations activates the potential of Streptomyces strains to produce secondary metabolites
    Imai Y., Sato S., Tanaka Y., Ochi K., and Hosaka T.
    17th International Symposium on the Biology of Actinomycetes [ISBA’17](Aydin/Turkey), 2014年
  • 潜在遺伝子活性化による有用放線菌の創出
    保坂毅 (invited)
    平成 21 年度科学交流フォーラム 第 11 回静岡ライフサイエンスシンポジウム, 2010年, 招待有り
  • 微生物の潜在遺伝子活性化による有用二次代謝産物の探索
    保坂毅 (invited)
    山梨大学学術研究会, 2010年
  • 放線菌の潜在的な抗生物質生産力を活性化するRNA ポリメラーゼ変異とリボソーム変異
    保坂毅 (invited)
    日本農芸化学会中部支部 第 157 回例会 若手シンポジウム, 2009年, 招待有り
  • Activation of silent genes in Streptomyces sp. 631689 by generating a spontaneous gentamicin-resistant mutant
    Hosaka, T., T. Fujiwara, Y. Imai, K. Sen and K. Ochi
    15th International Symposium on the Biology of Actinomycetes, 2009年
  • The impact of “ribosome engineering” on antibiotic discovery
    Hosaka T (invited)
    Japan-UK Workshop 2008 (Genomics of Antibiotic-producing Actinomycete: Implicationsand Applications), 2008年, 招待有り

担当経験のある科目_授業

  • 先鋭領域特別講義
    信州大学
  • 生命工学特論
    信州大学
  • 先進応用生命科学特論
    信州大学
  • 遺伝子工学
    信州大学
  • 生化学・分子生物学系実験
    信州大学
  • 応用微生物学
    信州大学
  • ニューバイオテクノロジー入門
    信州大学

所属学協会

  • 日本農芸化学会
  • 日本放線菌学会
  • American Society for Microbiology

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 放線菌の潜在的二次代謝に対する抗生物質の濃度依存的活性化作用の解析
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2018年 - 2020年
  • リボソーム攻撃性抗生物質の活用による糸状菌の潜在的二次代謝能活性化技術の確立
    科学研究費補助金, 挑戦的萌芽研究
    2014年 - 2016年
  • 放線菌の転写・翻訳系改変による潜在能力活性化機構の解明と二次代謝産物発掘への応用
    科学研究費補助金, 若手研究(A)
    2013年 - 2015年
  • 薬剤耐性付与による放線菌からのRNAポリメラーゼ変異株の分離と新抗生物質の探索
    科学研究費補助金, 若手研究 (B)
    2009年 - 2011年
  • 放線菌の潜在遺伝子を覚醒させる薬剤耐性変異を活用した抗生物質探索技術の開発 (ホクト生物科学振興財団研究奨励金)
    ホクト生物科学振興財団
    2009年
  • 微生物の潜在機能誘発メカニズムと有用天然物の効率的生産を目指した「リボゾーム工学」技術の活用 (日本農芸化学会研究資金)
    日本農芸化学会
    2005年
  • 抗生物質の本質的理解に向けた放線菌の分子生理学的研究
  • リボゾーム工学の基礎および応用研究
  • 微生物からの新しい抗菌物質の発掘とその応用

産業財産権

  • 有用代謝産物の生産方法及び代謝産物生産条件のスクリーニング方法, 特許権
    小嶋政信、保坂毅
  • S12 リボソームタンパク質に変異を有する大腸菌細胞抽出液及びそれを用いる無細胞系によるタンパク質の製造方法, 2004-173627, 特許権
    ナムチップ チュンポルクルウォン, 堀千重, 横山茂之, 白水美香子, 木川隆則, 越智幸三, 保坂毅

メディア報道

  • 細菌の休眠状態にある遺伝子を目覚めさせ、従来にない新しい抗生物質を作らせることに成功。国際的な有力科学誌 Nature Biotechnology に掲載 !
    毎日新聞, 2009年05月12日, 新聞・雑誌
  • 休眠遺伝子から新抗生物質作製
    朝日新聞, 2009年05月02日

その他

  • 特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
    2009年
  • 高等学校教諭専修免許(工業)
    2001年