新藤 隆行 (シンドウ タカユキ)   

学術研究院(医学系)

先鋭領域融合研究群 バイオメディカル研究所 

教授 

学位

  • 医学博士, 東京大学

研究キーワード

    循環器病学, 発生工学

研究分野

  • 循環器内科学, 循環器内科学
  • 代謝、内分泌学, 内分泌学

電話番号

    0263-37-2578

メールアドレス

    tshindo★shinshu-u.ac.jp

経歴

  • 2004年
    信州大学医学部医学科 教授
  • 2002年
    東京大学大学院医学系研究科 助教

学歴

  • 1998年, 東京大学
  • 1991年, 東京大学

委員歴

  • 評議員, 日本動脈硬化学会
  • 理事, 日本心血管内分泌代謝学会
  • 理事, 日本心脈管作動物質学会
  • 評議員, 日本血管生物医学会
  • 評議員 , 日本高血圧学会
  • 評議員, 日本内分泌学会

受賞

  • 2023年
    松尾壽之賞
  • 2014年
    老年病研究所 ダビンチ賞
  • 2010年
    信州大学医学部特別賞
  • 2009年
    高峰譲吉研究奨励賞
  • 2006年
    科学技術分野の文部科学大臣表彰
  • 2006年
    国際高血圧学会 JSH Award
  • 2005年
    岡本研究奨励賞
  • 2005年
    Vascular Biology Innovation Conference 最優秀賞
  • 2003年
    日本臨床分子医学会学術奨励賞
  • 2003年
    東大医師会医学賞
  • 2002年
    International symposium on cardiovascular remodeling and function (CVRF) YIA最優秀賞
  • 2002年
    日本高血圧学会YIA最優秀賞
  • 2002年
    アメリカ心臓病学会Arnold-Katz award
  • 2002年
    国際血管生物医学会YIA最優秀賞
  • 2002年
    日本循環器学会YIA優秀賞
  • 2001年
    日本血管細胞生物学会YIA優秀賞
  • 1999年
    日本血管細胞生物学会YIA奨励賞
  • 1999年
    日本心血管内分泌代謝学会YIA最優秀賞
  • 1999年
    日本臨床分子医学会学術奨励賞
  • 1998年
    日本心脈管作動物質学会学会賞

論文

  • Role of adrenomedullin-2/intermedin in the pathogenesis of neovascular age-related macular degeneration.
    Kakihara S, Matsuda Y, Hirabayashi H, Imai A, Iesato Y, Sakurai T, Kamiyoshi A, Tanaka M, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Zhao Y, Zhang Y, Guo Q, Li P, Onishi N, Murata T, Shindo T.
    Lab Invest., 103(4), 100038, 2023年
  • Calcitonin gene-related peptide is not involved in neuropathic pain induced by partial sciatic nerve ligation in mice.
    Ishida K, Tanaka S, Shen D, Matsui S, Fuseya S, Shindo, Kawamata M.
    Neurosci Lett., 778, 136615, 2022年
  • Studies on safety and efficacy of particles containing a mixture of hydroxyapatite–argentum–titanium oxide (HAT) and sheets coated with HAT particles to be used in masks to improve nasal allergy: I. In vitro studies.
    Okazaki N, Yamaki D, Takei T, Shimizu M, Kamatani N, Shindo T.
    The Allergy in Practice, 42(3), 37-46, 2022年
  • Studies on safety and efficacy of particles containing a mixture of hydroxyapatite-argentum-titanium oxide (HAT) and sheets coated with HAT particles to be used in masks to improve nasal allergy: II. Cellular, in vivo, and clinical studies.
    Okazaki N, Yamaki D, Takei T, Shimizu M, Kamatani N, Shindo T.
    Eur Arch Otorhinolaryngol., 279(9), 4425-4433, 2022年
  • Receptor activity modifying protein RAMP sub-isoforms and their functional differentiation, which regulates functional diversity of adrenomedullin.
    Shindo T, Tanaka M, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Sakurai T.
    Biology., 11(5), 788, 2022年
  • An Myh11 single lysine deletion causes aortic dissection by reducing aortic structural integrity and contractility.
    Negishi K, Aizawa K, Shindo T, Suzuki T, Sakurai T, Saito Y, Miyakawa T, Tanokura M, Kataoka Y, Maeda M, Tomida S, Morita M, Kario K, Nagai R, Imai Y.
    Sci Rep., 12(1), 8844, 2022年
  • エネルギー代謝制御におけるAM, AM2の機能分化と相互作用
    神吉昭子、桜井敬之、新藤隆行
    メディカルサイエンスダイジェスト, 48(6), 306-308, 2022年
  • Mid-regional pro-adrenomedullin is a novel biomarker for arterial stiffness as the criterion for vascular failure in a cross-sectional study.
    Koyama T, Kuriyama N, Suzuki Y, Saito S, Tanaka R, Iwao M, Tanaka M, Maki T, Itoh H, Ihara M, Shindo T, Uehara R.
    Sci Rep., 11(1), 305, 2021年
  • Adrenomedullin-RAMP2 system ameliorates subretinal fibrosis by suppressing epithelial-mesenchymal transition in age-related macular degeneration.
    Tanaka M, Kakihara S, Hirabayashi K. Imai A, Toriyama Y, Iesato Y, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Tanaka M, Cui N, Wei Y, Zhao Y, Aruga K, Yamauchi A, Murata M, Shindo T.
    Am J Pathol., 191(4), 652-668, 2021年
  • Production of single- and multiple-gene-modified mice via maternal SpCas9-based gene editing.
    Sakurai T, Shindo T.
    STAR Protoc., 2(2), 100509, 2021年
  • Adrenomedullin-RAMP2 and -RAMP3 systems regulate cardiac homeostasis during cardiovascular stress.
    Cui N, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Tanaka M, Tanaka M, Wei Y, Kakihara S, Zhao Y, Aruga K, Kawagishi H, Nakada T, Yamada M, Shindo T.
    Endocrinology., 162(3), 1-20, 2021年
  • Adrenomedullin-RAMP2 system ameliorates pulmonary fibrosis by regulating TGF-β-Smads pathway and differentiation of myofibroblasts.
    Wei Y, Tanaka M, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Cui1 N, Kakihara S, Zhao Y, Aruga K, Sanjo H, Shindo T.
    Endocrinology., 162(8), 1-22, 2021年
  • アドレノメデュリンの機能の多様性を制御する受容体活性調節タンパクRAMPサブアイソフォームとその機能分化
    新藤隆行
    血管, 44(2), 1-7, 2021年
  • Production of genetically engineered mice with higher efficiency, lower mosaicism, and mulitiplexing capability using maternally expressed Cas9.
    Sakurai T, Kamiyoshi A, Kawate H, Watanabe S, Sato M, Shindo T.
    Sci Rep., 10(1):1091,, 2020年
  • Placental extract ameliorates liver fibrosis in a methionine- and choline-deficient diet-induced mouse model of non-alcoholic steatohepatitis.
    Yamauchi A. Tone T, Tokedo A, Igarashi K, Sugimoto K, Miyai H, Deng D, Nakamura J, Lim HS, Kaku T, Hirano E, Shindo T.
    Biomedical Research., 41(1), 1–12, 2020年
  • Deficiency of the adrenomedullin-RAMP3 system suppresses metastasis through the modification of cancer-associated fibroblasts.
    Dai K, Tanaka M, Kamiyoshi A, Sakurai T, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Cui N, Wei Y, Tanaka M, Kakihara S, Matsui S, Shindo T.
    Oncogene., 39(9), 1914-1930, 2020年
  • Investigation of the therapeutic mechanism of subthreshold micropulse laser irradiation in retina.
    Hirabayashi K, Kakihara S, Tanaka M, Shindo T, Murata T.
    Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol., 285(5), 1039-1047, 2020年
  • アドレノメデュリン−RAMP3系欠損は、癌関連線維芽細胞のポドプラニン(PDPN)発現を抑制し、臓器間転移を抑制する
    戴昆、田中愛、神吉昭子、桜井敬之、市川優佳、河手久香、崔南奇、田中正明、Wei Yangxuan、柿原伸次、新藤隆行
    血管, 43(3), 1-8, 2020年
  • Bindel-PCR: a novel and convenient method for identifying CRISPR/Cas9-induced biallelic mutants through modified PCR using Thermus aquaticus DNA polymerase
    Sakurai T, Kamiyoshi A, Takei N, Watanabe S, Sato M , Shindo T.
    Sci Rep, 9:9923., 2019年
  • Regulation of cardiovascular development and homeostasis by the adrenomedullin-RAMP system
    Shindo T, Tanaka M, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Yamauchi A, Sakurai T
    Peptides., 111, 55-61, 2019年
  • Development of a mouse iron overload-induced liver injury model and evaluation of the beneficial effects of placenta extract on iron metabolism
    Yamauchi A. Kamiyoshi A, Sakurai T, Miyazaki H, Hirano E, Lim HS, Kaku T, Shindo T. Development of a mouse iron overload-induced liver injury model and evaluation of the beneficial effects of placenta extract on iron metabolism
    Heliyon., 10;5(5):e01637, 2019年
  • Placental extract suppresses cardiac hypertrophy and fibrosis in an angiotensin II-induced cachexia model in mice
    Yamauchi A, Kamiyoshi A, Sakurai T, Miyazaki H, Hirano E, Lim HS, Kaku T, Shindo T.
    Heliyon., 5(10):e02655., 2019年
  • Development of a novel model of central retinal vascular occlusion and therapeutic potential of adrenomedullin-RAMP2 system
    Hirabayashi K, Tanaka M, Imai A, Toriyama Y, Iesato Y, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Tanaka M, Dai K, Cui N, Wei Y, Nakamura K, Iida S, Matsui S, Yamauchi A, Murata T, Shindo T
    Am J Pathol., 189(2), 449-466, 2019年
  • Endogenous Calcitonin Gene-Related Peptide Deficiency Exacerbates Postoperative Lymphedema by Suppressing Lymphatic Capillary Formation and M2 Macrophage Accumulation.
    Matsui S, Tanaka M, Kamiyoshi A, Sakurai T, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Dai K, Cui N, Wei Y, Tanaka M, Kakihara S, Nakamura K, Yamauchi A, Ishida K, Tanaka S, Kawamata M, Shindo T.
    Am J Pathol., 189(12), 2487-2502, 2019年
  • Porcine placental extract facilitates memory and learning in aged mice.
    Yamauchi A, Tone T, Sugimoto K, Lim HS, Kaku T, Tohda C, Shindo T, Tamada K, Mizukami Y, Hirano E.
    Food Sci Nutr., (7), 2995–3005, 2019年
  • RAMP3 deficiency enhances postmenopausal obesity and metabolic disorders
    Liu T, Kamiyoshi A, Tanaka M, Iida S, Sakurai T, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Hirabayashi K, Dai K, Cui N, Tanaka M, Wei Y, Nakamura K, Matsui S, Yamauchi A, Shindo T
    Peptides., 110, 10-18, 2018年
  • Endogenous calcitonin gene-related peptide suppresses ischemic brain injuries and progression of cognitive decline
    Zhai L, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Tanaka M, Xian X, Hirabayashi K, Dai K, Cui N, Tanimura K, Liu T, Wei Y, Tanaka M, Tomiyama H, Yamauchi A,Igarashi K, Shindo T
    J Hypertens., 36(4), 876-891, 2018年
  • Endogenous Calcitonin Gene-Related Peptide Regulates Lipid Metabolism and Energy Homeostasis in Male Mice.
    Liu T, Kamiyoshi A, Sakurai T, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Yang L, Tanaka M, Xian X, Imai A, Zhai L, Hirabayashi K, Dai K, Tanimura K, Liu T, Cui N, Igarashi K, Yamauchi A, Shindo T.
    Endocrinology., 158(5), 1194-1206, 2017年
  • Vasoprotective Activities of the Adrenomedullin-RAMP2 System in Endothelial Cells.
    Xian X, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Tanaka M, Koyama T, Kawate H, Yang L, Liu T, Imai A, Zhai L, Hirabayashi K, Dai K, Tanimura K, Liu T, Cui N, Igarashi K, Yamauchi A, Shindo T.
    Endocrinology., 158(5), 1359−1372, 2017年
  • Adrenomedullin suppresses vascular endothelial growth factor-induced vascular hyperpermeability and Inflammation in retinopath
    Imai A, Toriyama Y, Iesato Y, Hirabayashi K, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Tanaka M, Liu T, Xian X, Zhai L, Dai K, Tanimura K, Liu T, Cui N, Yamauchi A, Murata T, Shindo T"
    Am J Phthol., 187(5), 999-1015, 2017年
  • アドレノメデュリン-RAMP2系は転移前土壌形成を抑制し、癌転移を抑制する
    田中愛、小山晃英、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、劉甜、羨鮮、今井章、翟留玉、平林一貴、戴昆、谷村圭哉、劉騰、崔南奇、新藤隆行
    血管, 40(3), 101-106, 2017年
  • Placental extract ameliorates non-alcoholic steatohepatitis (NASH) by exerting protective effects on endothelial cells
    Yamauchi A, Kamiyoshi A, Koyama T, Iinuma N, Yamaguchi S, Miyazaki H, Hirano E, Kaku T, Shindo T
    Heliyon., 2017年電子ジャーナル
  • Fluorescent protein tagging of endogenous protein in brain neurons using CRISPR/Cas9-mediated knock-in and in utero electroporation techniques.
    Uemura T, Mori T, Kurihara T, Kawase S, Koike R, Satoga M, Cao X, Li X, Yanagawa T, Sakurai T, Shindo T, Tabuchi K.
    Sci Rep, 6, 35861, 2016年10月電子ジャーナル
  • アドレノメデュリンは、複数の受容体システムAM1R、AM2R"を介し、血管・リンパ管の分化と脈管系恒常性を制御する
    山内啓弘, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 河手久香, 田中愛, 劉甜, 羨鮮, 今井章, てき留玉, 平林一貴, 大和慎治, 載昆, 崔南奇, 劉騰, 五十嵐恭子, 新藤隆行
    血管, 39(3), 101-105, 2016年09月
  • 新しい生体内ホメオスターシス維持機構に基づくアンチエイジング法の開発
    新藤隆行, 桜井敬之, 神吉昭子
    コスメトロジー研究報告, 24, 112-116, 2016年09月
  • The endothelial adrenomedullin-RAMP2 system regulates vascular integrity and suppresses tumour metastasis.
    Tanaka M, Koyama T, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Liu T, Xian X, Imai A, Zhai L, Hirabayashi K, Owa S, Yamauchi A, Igarashi K, Taniguchi S, Shindo T.
    Cardiovasc Res, 111(4), 398-409, 2016年09月電子ジャーナル
  • Effects of Adrenomedullin on Doxorubicin-Induced Cardiac Damage in Mice.
    Yoshizawa T, Takizawa S, Shimada S, Tokudome T, Shindo T, Matsumoto K.
    Biol Pharm Bull, 39(5), 737-46, 2016年05月電子ジャーナル
  • Adrenomedullin: A potential therapeutic target for retinochoroidal disease.
    Iesato Y, Yuda K, Chong KT, Tan X, Murata T, Shindo T, Yanagi Y.
    Prog Retin Eye Res, 52, 112-29, 2016年05月電子ジャーナル
  • A non-inheritable maternal Cas9-based multiple-gene editing system in mice.
    Sakurai T, Kamiyoshi A, Kawate H, Mori C, Watanabe S, Tanaka M, Uetake R, Sato M, Shindo T.
    Sci Rep, 6, 20011, 2016年01月電子ジャーナル
  • Rac1-Mediated Activation of Mineralocorticoid Receptor in Pressure Overload-Induced Cardiac Injury.
    Ayuzawa N, Nagase M, Ueda K, Nishimoto M, Kawarazaki W, Marumo T, Aiba A, Sakurai T, Shindo T, Fujita T.
    Hypertension, 67(1), 99-106, 2016年01月電子ジャーナル
  • Importance of Endogenous Atrial and Brain Natriuretic Peptides in Murine Embryonic Vascular and Organ Development.
    Tokudome T, Kishimoto I, Shindo T, Kawakami H, Koyama T, Otani K, Nishimura H, Miyazato M, Kohno M, Nakao K, Kangawa K.
    Endocrinology, 157(1), 358-67, 2016年01月電子ジャーナル
  • 【抗腫瘍血管新生療法の新展開】 アドレノメデュリン-RAMP2シグナル
    新藤隆行, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 田中愛, 小山晃英
    細胞工学, 35(1), 33-38, 2015年12月
  • カルシトニン遺伝子関連ペプチドは炎症性疼痛に関与するが術後痛には関与しない
    石田公美子, 川股知之, 田中聡, 新藤隆行, 川真田樹人
    麻酔, 64(増刊), S230-S237, 2015年11月
  • アドレノメデュリン RAMP2系の病態生理学的意義
    新藤優佳, 桜井敬之, 神吉昭子, 河手久香, 小山晃英, 吉沢隆浩, 新藤隆行
    お茶の水医学雑誌, 63(2), 331-338, 2015年07月
  • 白色脂肪-褐色脂肪間の新しい機能制御系に基づく、メタボリックシンドロームと血管合併症の治療戦略
    新藤隆行, 桜井敬之, 神吉昭子
    代謝異常治療研究基金研究業績集, 42, 23-27, 2015年01月
  • Pathophysiological roles of adrenomedullin-RAMP2 system
    Ichikawa-Shindo Y, Sakurai T, Kamiyoshi A, Kawate H, Koyama T, Yoshizawa T, Shindo T.
    Ochanomizu igaku zasshi, 63(2), 331-338, 2015年
  • Pathophysiological Function of Endogenous Calcitonin Gene-Related Peptide in Ocular Vascular Diseases
    Toriyama Y, Iesato Y, Imai A, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Yamauchi A, Igarashi K, Tanaka M, Liu T, Xian X, Zhai L, Owa S, Murata T, Shindo T.
    Am J Pathol., 185(6), 1783-1794, 2015年電子ジャーナル
  • Adrenomedullin-RAMP2 System in Vascular Endothelial Cells
    Koyama T, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Shindo T.
    J. Atheroscler. Thromb, 22(7), 647-653, 2015年電子ジャーナル
  • Pathophysiological roles of adrenomedullin-RAMP2 system in acute and chronic cerebral ischemia
    Igarashi K, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Yamauchi A, Toriyama Y, Tanaka M, Liu T, Xian X, Imai A, Zhai L, Owa S, Arai T, Shindo T.
    Peptides., 62, 21-31, 2014年
  • Functional differentiation of RAMP2 and RAMP3 in their regulation of vascular system
    Yamauchi A, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Igarashi K, Toriyama Y, Tanaka M, Liu T, Xian X, Imai A, Zhai L, Owa S, Arai T, Shindo T.
    J Mol Cell Cardiol., 77, 73-85, 2014年
  • Adrenomedullin-RAMP2 System Suppresses ER Stress-Induced Tubule Cell Death and Is Involved in Kidney Protection
    Uetake R, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Iesato Y, Yoshizawa T, Koyama T, Yang L, Toriyama Y, Yamauchi A, Igarashi K, Tanaka M, Kuwabara T, Mori K, Yanagita M, Mukoyama M, Shindo T.
    PLOS ONE, 9(2), e87667, 2014年
  • Calcitonin Gene-related Peptide Is Involved in Inflammatory Pain but Not in Postoperative Pain.
    Ishida K, Kawamata T, Tanaka S, Shindo T, Kawamata M.
    Anesthesiology., 121(5), 1068-79, 2014年
  • Pathophysiological roles of adrenomedullin and its receptor activity modifying system.
    Shindo T, Sakurai T, Kamiyoshi A, Shindo Y, Kawate H, Koyama T.
    Folia Pharmacol. Jpn, 143(5), 232-235, 2014年
  • アドレノメデュリン受容体システムの機能分化と、血管・リンパ管の制御機構
    山内啓弘、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、五十嵐恭子、鳥山佑一、田中愛、劉甜、羨鮮、翟留玉、大和慎治、荒居琢磨、新藤隆行
    リンパ学, 37(2), 57-61, 2014年
  • アドレノメデュリン-RAMP2システムによる、白色脂肪、褐色脂肪の脂質、エネルギー代謝制御
    神吉昭子、桜井敬之、河手久香、新藤優佳、植竹龍一、山内啓弘、五十嵐恭子、鳥山佑一、田中愛、劉甜、羨鮮、今井章、翟留玉、大和慎治、新藤隆行
    血管, 37(4), 135-139, 2014年
  • 血管の恒常性維持と慢性臓器障害の予防と治療〜アドレノメデュリン-RAMP2システムによる血管と臓器の恒常性維持機構〜
    新藤隆行
    未病と抗老化, 23, 46-50, 2014年
  • 血管、臓器恒常性を制御する生体内システム アドレノメデュリンとその受容体活性調節システムの病態生理学的意義
    新藤隆行、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、小山晃英
    日薬理誌, 143(5), 232-235, 2014年
  • A single blastocyst assay optimized for detecting CRISPR/Cas9 system-induced indel mutations in mice.
    Sakurai T, Watanabe S, Kamiyoshi A, Sato M, Shindo T.
    BMC Biotechnol., 14(1), 69, 2014年電子ジャーナル
  • Endogenous CGRP protects against neointimal hyperplasia following wire-induced vascular injury
    Yang L, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Yoshizawa T, Koyama T, Iesato Y, Uetake R, Yamauchi A, Tanaka M, Toriyama Y, Igarashi K, Shindo T.
    J Mol Cell Cardiol., 59, 55-66, 2013年
  • Vascular Endothelial Adrenomedullin-RAMP2 System Is Essential for Vascular Integrity and Organ Homeostasis
    Koyama T, Ochoa-Callejero L, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Iinuma N, Arai T, Yoshizawa T, Iesato Y, Lei Y, Uetake R, Okimura A, Yamauchi A, Tanaka M, Igarashi K, Toriyama Y, Kawate H, Adams R.H, Kawakami H, Mochizuki N, Martínez A, Shindo T
    Circulation, 127(7), 842-853, 2013年
  • Novel regulation of cardiac metabolism and homeostasis by the adrenomedullin-RAMP2 system
    Yoshizawa T, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Iesato Y, Koyama T, Uetake R, Yang L, Yamauchi A, Tanaka M, Toriyama Y, Igarashi K, Nakada T, Kashihara T, Yamada M, Kawakami H, Nakanishi H, Taguchi R, Nakanishi T, Akazawa H, Shindo T.
    Hypertension, 61(2), 341-351, 2013年
  • Adrenomedullin-RAMP2 System Is Crucially Involved in Retinal Angiogenesis
    Iesato Y, Toriyama Y, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Yoshizawa T, Koyama T, Uetake R, Yang L, Yamauchi A, Tanaka M, Igarashi K, Murata T, Shindo T
    Am J Pathol., 182(6), 2380-2390, 2013年
  • アドレノメデュリン-RAMP2システムは、小胞体ストレス誘導性細胞死を抑制し、腎保護的に働く
    植竹龍一、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、吉沢隆浩、小山晃英、家里康弘、楊磊、鳥山佑一、山内啓弘、五十嵐恭子、田中愛、新藤隆行
    血管, 36(3), 89-93, 2013年
  • 「心血管ホルモンの最前線」 心血管系におけるadrenomedullin-RAMP2系の病態生理学的意義
    新藤隆行、桜井敬之、神吉昭子、市川優佳
    心臓, 45(12), 1490-1493, 2013年
  • Regulation of adrenomedullin and its family peptide by RAMP system
    Shindo T, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Shimoyama N, Iinuma N, Arai T, Miyagawa S.
    Curr Prot Pept Sci., 14(5), 347-367, 2013年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Structural basis for extracellular interactions between calcitonin receptor-like receptor and receptor activity-modifying protein 2 for adrenomedullin-specific binding.
    Kusano S, Kukimoto-Niino M, Hino N, Ohsawa N, Okuda K, Sakamoto K, Shirouzu M, Shindo T, Yokoyama S.
    Protein Sci., 21, 199-210, 2012年
  • アドレノメデュリン-RAMP2系による心臓エネルギー代謝制御と恒常性維持
    吉沢隆浩、桜井敬之、神吉昭子、河手久香、新藤優佳、荒居琢磨、小山晃英、家里康弘、楊磊、植竹龍一、山内啓弘、田中愛、川上速人、中西広樹、田口良、新藤隆行
    血管, 35(2), 63-67, 2012年
  • Adrenomedullin-RAMP2 system in cardiovascular development and homeostasis
    Shindo T, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y.
    Curr Hypertens Rev., 7(4), 217-227, 2011年
  • 血管内皮細胞のアドレノメデュリン-RAMP2システムによる血管恒常性維持機構
    小山晃英、桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳,河手久香、荒居琢磨、家里康弘、吉沢隆浩、揚磊、植竹龍一、五十嵐恭子、鳥山佑一、沖村綾乃、山内啓弘、田中 愛、新藤隆行
    血管, 34(4), 153-157, 2011年
  • Induction of LYVE-1/stabilin-2-positive liver sinusoidal endothelial-like cells from embryoid bodies by modulation of adrenomedullin-RAMP2 signaling
    Arai T, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Iinuma N, Iesato Y, Koyama T, Yoshizawa T, Uetake R, Yamauchi A, Yang L, Kawate H, Ogawa S, Kobayashi A, Miyagawa S, Shindo T.
    PEPTIDES, 32(9), 1855-1865, 2011年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Adrenomedullin in sinusoidal endothelial cells play protective roles against cold injury of liver
    Iinuma, Nobuyoshi; Sakurai, Takayuki; Kamiyoshi, Akiko; Ichikawa-Shindo, Yuka; Arai, Takuma; Yoshizawa, Takahiro; Koyama, Teruhide; Uetake, Ryuichi; Kawate, Hisaka; Muto, Shin-ichi; Tagawa, Yoh-ichi; Miyagawa, Shinichi; Shindo, Takayuki
    PEPTIDES, 31(5), 865-871, 2010年05月WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Cardiac fibroblasts are essential for the adaptive response of the murine heart to pressure overload.
    Takeda N, Manabe I, Uchino Y, Eguchi K, Matsumoto S, Nishimura S, Shindo T, Nagai R. 
    J Clin Invest., 120(1), 254-65, 2010年
  • Endogenous a-CGRP mitigates liver fibrosis in chronic hepatitis induced by repeated administration of concanavalin A.
    Kamiyoshi A, Sakurai T, Ichikawa-Shindo Y. Iinuma N, Kawate H, Yoshizawa T, Koyama T, Muto S, Shindo T.
    Liver International., 29(5), 642-9, 2009年
  • Regulation of angiogenesis and vascular integrity by adrenomedullin-RAMP2 system.
    Shindo Y, Sakurai T, Kamiyoshi A, Koyma T, Yoshizawa T, Shindo T. 
    J Soc Circ Res., 32(2), 33-35, 2009年
  • From Bench to Bedside アドレノメデュリンと血管新生
    新藤隆行
    Vascular Medicine, 5(1), 71-6, 2009年
  • Rapid zygosity determination in mice by SYBR Green real-time genomic PCR of a crude DNA solution.
    Sakurai T, Kamiyoshi A, Watanabe S, Sato M, Shindo T.
    Transgenic Res., 17, 149-55, 2008年
  • GPCR modulator protein RAMP2 is essential for angiogenesis and vascular integrity.
    Ichikawa-Shindo Y, Sakurai T, Kamiyoshi A, Kawate H, Iinuma N, Yoshizawa T, Koyama T, Fukuchi J, Iimuro S, Moriyama N, Kawakami H, Murata T, Kangawa K, Nagai R, Shindo T. 
    J Clin Invest., (118), 29-39, 2008年
  • Crystal structure of the human receptor activity-modifying protein 1 extracellular domain
    Kusano S, Kukimoto-Niino M, Akasaka R, Toyama M, Terada T, Shirouzu M, ShindoT, Yokoyama S.
    Protein Sci., 17(11), 1907-14, 2008年
  • Kruppel-like factor 5 causes cartilage degradation through transactivation of matrix metalloproteinase 9.: Shinoda Y, Ogata N,
    Higashikawa A, Manabe I,Shindo T, Yamada T, Kugimiya F, Ikeda T, Kawamura N, Kawasaki Y, Tsushima K, Takeda N, Nagai R, Hoshi K, Nakamura K, Chung UI, Kawaguchi H.
    J Biol Chem., 283(36), 24682-9, 2008年
  • 循環体液調節ペプチドー最近の進歩—アドレノメデュリン受容体の新たな機能—アドレノメデュリンーRAMP2系による血管新生・血管構造安定化作用
    新藤隆行
    循環器科, 64(5), 461-7, 2008年
  • 転写因子KLF5と血管リモデリング
    新藤隆行
    BIO Clinica, 21(7), 643-7, 2008年
  • Adrenomedullin insufficiency increases allergen-induced airway hyperresponsiveness in mice.
    Yamamoto H, Nagase T, Shindo T, Teramoto S, Aoki-Nagase T, Yamaguchi Y, Hanaoka Y, Kurihara H, Ouchi Y
    J Appl Physiol., 102(6), 2361-8, 2007年
  • Azelnidipine, a long-acting dihydropyridine calcium channel blocker, suppresses the development of cardiac hypertrophy and fibrosis in adrenomedullin knock out mice.
    Shindo, T; Niu, P; Kamiyoshi, A; Sakurai, T; Ichikawa, Y; Iinuma, N; Kawate, H
    Circulation, 114(18), 13-13, 2006年WebofScience
  • The synthetic retinoid Am80 reduces scavenger receptor expression and atherosclerosis in mice by inhibiting IL-6
    Takeda, N; Manabe, I; Shindo, T; Iwata, H; Iimuro, S; Kagechika, H; Shudo, K; Nagai, R
    ARTERIOSCLEROSIS THROMBOSIS AND VASCULAR BIOLOGY, 26(5), 1177-1183, 2006年WebofScience
  • Endogenous alpha CGRP protects against concanavalin A-induced hepatitis in mice
    Kainiyoshi, A; Sakurai, T; Ichikawa-Shindo, Y; Fukuchi, J; Kawate, H; Muto, S; Tagawa, Y; Shindo, T
    Biochemical and biophysical research communications, 343(1), 152-158, 2006年WebofScience
  • Significance of the transcription factor KLF5 in cardiovascular remodeling
    Nagai R, Suzuki T, Aizawa K, Shindo T, Manabe I
    J ThrombHaemost, 343, 1569-1576, 2005年
  • Synthetic Retinoid Am80 Suppresses Smooth Muscle Phenotypic Modulation and In-Stent Neointima Formation by Inhibiting KLF5
    Fujiu K, Manabe I, Ishihara A, Oishi Y, Iwata H, Nishimura G, Shindo T, Maemura K, Kagechika H, Shudo K, Nagai R
    Circ Res, 97, 1132-1141, 2005年
  • Kruppel-like transcription factor KLF5 is a key regulator of adipocyte differentiation
    Oishi Y, Manabe I, Tobe K, Tsushima K, Shindo T, Fujiu K, Nishimura G, Maemura K, Yamauchi T, Kubota N, Suzuki R, Kitamura T, Akira S, Kadowaki T, Nagai R
    Cell Metabolism, 1, 27-29, 2005年
  • メタボリックシンドロームの治療標的となる内分泌因子,アドレノメデュリン
    新藤隆行
    Molecular Medicine, 42, 591-64, 2005年
  • 転写因子KLF5を標的とした再狭窄治療の開発
    新藤隆行
    The Circulation Frontier, 97, 201-26, 2005年
  • Protective effects of endogenous adrenomedullin on cardiac hypertrophy, fibrosis and renal damage
    Niu P, Shindo T, Iwata H, Iimuro S, Takeda N, Zhang Y, Ebihara A, Suematsu Y, Kangawa K, Hirata Y, Nagai R
    Circulation, 109, 1789-1794, 2004年
  • Angiogenic effects of adrenomedullin in ischemia and tumor growth
    Iimuro S, Shindo T, Moriyama N, Amaki T, Niu P, Takeda N, Iwata H, Zhang Y, Ebihara A, Nagai R
    Circ Res, 95, 415-423, 2004年
  • Unique roles of G protein-coupled histamine H2 and gastrin receptors in growth and differentiation of gastric mucosa
    Fukushima Y, Matsui T, Saitoh T, Ichinose M, Tateishi K, Shindo T, Fujishiro M, Sakoda H, Shojima N, Kushiyama A, Fukuda S, Anai M, Ono H, Oka M, Shimizu Y, Kurihara H, Nagai R, Ishikawa T, Asano T, Omata M
    Eur J Pharmacol, 502, 243-252, 2004年
  • 細胞生物学講座 転写因子KLF5による心血管リモデリング
    新藤隆行
    細胞, 2004年
  • KLF5/BTEB2, a Kruppel-like zinc-finger type transcription factor, mediates both smooth muscle cell activation and cardiac hypertrophy.
    Nagai R, Shindo T, Manabe I, Suzuki T, Kurabayashi M
    Adv Exp Med Biol, 538, 57-65, 2003年
  • Accelerated cardiac hypertrophy and renal damage induced by angiotensin II in adrenomedullin knockout mice.
    Niu P, Shindo T, Iwata H, Ebihara A, Suematsu Y, Zhang Y, Takeda N, Iimuro S, Hirata Y, Nagai R
    Hypertens Res, 26, 731-736, 2003年
  • Targeted disruption of adrenomedullin and alphaCGRP genes reveals their distinct biological roles.
    Kurihara H, Shindo T, Oh-Hashi Y, Kurihar Y, Kuwaki T
    Hypertens Res, 26, S105-8, 2003年
  • Endothelial responses of the aorta from adrenomedullin transgenic mice and knockout mice.
    Nishimatsu H, Hirata Y, Shindo T, Kurihara H, Suzuki E, Sata M, Satonaka H, Takeda R, Nagata D, Kakoki M, Hayakawa H, Kangawa K, Matsuo H, Kitamura T, Nagai R
    Hypertens Res, 26, S79-84, 2003年
  • Structural and functional characterization of gastric mucosa and central nervous system in histamine H(2) receptor-null mice.
    Fukushima Y, Shindo T, Anai M, Saitoh T, Wang Y, Fujishiro M, Ohashi Y, Ogihara T, Inukai K, Ono H, Sakoda H, Kurihara Y, Honda M, Shojima N, Fukushima H, Haraikawa-Onishi Y, Katagiri H, Shimizu Y, Ichinose M, Ishikawa T, Omata M, Nagai R, Kurihara H, Asano T
    Eur J Pharmacol, 468(1), 47-58, 2003年
  • アンジオテンシンII の作用機構におけるKLF5/BTEB2の役割の解明
    新藤隆行
    内分泌糖尿病科, 16(6), 561-6, 2003年
  • 心血管リモデリングに関わる転写因子KLF5と抑制薬の開発
    新藤隆行
    心臓, 35(1), 2003年
  • アドレノメデュリンの病態生理学的意義と発生工学的手法による機能解析
    新藤隆行
    呼吸, 22(5), 2003年
  • 合成レチノイドによる転写因子KLF5/BTEB2を標的とした心血管保護
    新藤隆行
    IHDフロンティア, 2003年
  • 心筋リモデリングの分子メカニズムと治療への展開 転写因子KLF5/BTEB2の心血管リモデリングにおける意義
    新藤隆行
    循環器専門医, 11(2), 2003年
  • これからの臨床医に必要な分子生物学 分子生物学の基礎知識
    新藤隆行
    Heart View, 7(12), 2003年
  • 転写因子KLF5/BTEB2による心血管リモデリング制御
    新藤隆行
    血圧, 2003年
  • Gene expression in fibroblasts and fibrosis. Involvement in cardiac hypertrophy.
    Gene expression in fibroblasts and fibrosis. Involvement in cardiac hypertrophy.
    Circ Res, 27, 1103-1113, 2002年
  • Protective effect of adrenomedullin against cardiac hypertrophy and renal damage.
    Niu P, Shindo T, Ebihara A, Zhang Y, Kawanami D, Imai Y, Amaki T, Suematsu Y, Nagai R
    J Cardiac Failure, 8, S221, 2002年
  • A disintegrin and metalloproteinase with thrombospondin motifs (ADAMTS)-1 null mutant mice develop renal lesions mimicking obstructive nephropathy.
    Yokoyama H, Wada T, Kobayashi K, Kuno K, Kurihara H, Shindo T, Matsushima K
    Nephrol Dial Transplant, 17, 39-41, 2002年
  • Regulation of angiogenesis by the aging suppressor gene klotho.
    Fukino K, Suzuki T, Saito Y, Shindo T, Amaki T, Kurabayashi M, Nagai R
    Biochem Biophys Res Commun, 293, 332-7, 2002年
  • Role of endogenous adrenomedullin in the regulation of vascular tone and ischemic renal injury. Studies on transgenic/knockout mice of adrenomedullin gene.
    Nishimatsu H, Hirata Y, Shindo T, Kurihara H, Kakoki M, Nagata D, Hayakawa H, Satonaka H, Sata M, Tojo A, Suzuki E, Kangawa K, Matsuo H, Kitamura T, Nagai R
    Circ Res, 90, 657-63, 2002年
  • Attenuation of antigen-induced airway hyperresponsiveness in CGRP-deficient mice.
    Aoki-Nagase T, Nagase T, Oh-Hashi Y, Shindo T, Kurihara Y, Yamaguchi Y, Yamamoto H, Tomita T, Ohga E, Nagai R, Kurihara H, Ouchi Y
    Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol, 283(5), L963-70, 2002年
  • Krüppel-like zinc-finger transcription factor KLF5/BTEB2 is a target for angiotensin II signaling and an essential regulator of cardiovascular remodeling.
    Shindo T, Manabe I, Fukushima Y, Tobe K, Aizawa K, Miyamoto S, Kawai-Kowase K, Moriyama N, Imai Y, Kawakami H, Nishimatsu H, Suzuki T, Morita H, Maemura K, Sata M, Komukai M, Kagechika H, Kadowaki T, Kurabayashi M, Nagai R
    Nature Medicine, 8(8), 856-63, 2002年
  • Resistance to neointimal hyperplasia and fatty streak formation in adrenomedullin overexpression mice.
    Imai Y, Shindo T, Maemura K, Sata M, Saito Y, Kurihara Y, Akishita M, Osuga J, Ishibashi S, Tobe K, Morita H, Oh-hashi Y, Suzuki T, Maekawa H, Kangawa K, Minamino N, Yazaki Y, Nagai R, Kurihara H
    Arterioscler Thromb Vasc Biol, 22(8), 1310-5, 2002年
  • Renal damage and salt-dependent hypertension in aged transgenic mice overexpressing endothelin-1.
    Shindo T, Kurihara H, MaemuraK, Kurihara Y, Ueda O, Suzuki H, Kuwaki T, Ju K-H, Wang Y, Ebihara A, Nishimatsu H, Moriyama N, Fukuda M, Akimoto Y, Hirano H, Morita H, Kumada M, Yazaki Y, Nagai R, Kimura K
    J. Mol. Med, 80(2), 105-16, 2002年
  • アドレノメデュリンの心血管系における役割、ノックアウトマウスを用いた検討
    新藤隆行
    血圧, 9(3), 331-4, 2002年
  • 発生工学的手法からみる循環器疾患  アドレノメデュリンの機能
    新藤隆行
    血管医学, 3(1), 95-101, 2002年
  • Current Topics KLF5/BTEB2は心血管リモデリングに不可欠な調節因子である
    新藤隆行
    実験医学, 20(18), 2658-61, 2002年
  • 遺伝子転写モジュレーターの新展開 KLF5 / BTEB2 による心血管リモデリング
    新藤隆行
    分子心血管病, 3(6), 101-7, 2002年
  • Evidence for the physiological and pathological roles of adrenomedullin from genetic engineering in mice.
    Imai Y, Shindo T, Maemura K, Kurihara Y, Ryozo N, Kurihara H
    Ann N Y Acad Sci, 947, 26-33, 2001年
  • Elevated sympathetic nervous activity in mice deficient in aCGRP.
    Oh-hashi Y,* Shindo T* (*double 1st author), Kurihara Y, Imai T, Wang Y, Morita H, Imai Y, Kayaba Y, Nishimatsu H, Suematsu Y, Hirata Y, Yazaki Y, Nagai R, Kuwaki T, Kurihara H
    Circ Res, 89, 983-90, 2001年
  • Vascular abnormalities and elevated blood pressure in mice lacking adrenomedullin gene.
    Shindo T, Kurihara Y, Nishimatsu H, Moriyama N, Kakoki M, Wang Y, Imai Y, Ebihara A, Kuwaki T, Ju K-H, Minamino N, Kangawa K, Ishikawa T, Fukuda M, Akimoto Y, Kawakami H, Imai T, Morita H, Yazaki Y, Nagai R, Hirata H, Kurihara H
    Circulation, 104, 1964-71, 2001年
  • Vascular smooth muscle cell-directed overexpression of heme oxygenase-1 elevates blood pressure through attenuation of nitric oxide-induced vasodilation in mice.
    Imai T, Morita T, Shindo T, Nagai R, Yazaki Y, Kurihara H, Suematsu M, Katayama S
    Circ Res, 89(1), 55-62, 2001年
  • Diet-induced hyperhomocysteinemia exacerbates neointima formation in rat carotid arteries after balloon injury.
    Morita H, Kurihara H, Yoshida S, Saito Y, Shindo T, Oh-Hashi Y, Kurihara Y, Yazaki Y, Nagai R
    Circulation, 103(1), 133-9, 2001年
  • ADAMTS-1: A metalloproteinase-disintegrin essential for normal growth, fertility, and organ morphologyand function.
    Shindo T, Kurihara H, Kuno K, Yokoyama H, Wada T, Kurihara Y, Imai T, WangY, Oh-hashi Y, Morita H, Ishikawa T, Yazaki Y, Matsushima K
    J Clin Invest, 105(10), 1345-52, 2000年
  • Hypotension and resistance to lipopolysaccharide-induced shock in transgenic mice overexpressing
    Shindo T, Kurihara H, Maemura K, Kurihara Y, Kuwaki T, Izumida T, Minamino N, Ju K, Morita H, Oh-hashi Y, Kumada M, Kangawa K, Nagai R, Yazaki Y
    Circulation, 101(19), 2309-16, 2000年
  • Evidence for association between paraoxonase gene polymorphisms and atherosclerotic diseases.
    Imai Y, Morita H, Kurihara H, Sugiyama T, Kato N, Ebihara A, Hamada C, Kurihara Y, Shindo T, Oh-hashi Y, Yazaki Y
    Atherosclerosis, 149(2), 435-42, 2000年
  • 発生工学的手法によるアドレノメデュリンの機能解析
    新藤隆行
    血圧, 7(3), 269-73, 2000年
  • Responses of blood pressure and catecholamine metabolism to high salt loading in endothelin-1 knockout mice.
    Morita H, Kurihara H, Kurihara Y, Kuwaki T, Shindo T, Oh-hashi Y, Kumada M, Yazaki Y
    Hypertens Res, 22(1), 11-6, 1999年
  • Polymorphism of the methionine synthase gene : association with homocysteine metabolism and late-onset vascular diseases in the Japanese population.
    Morita H, Kurihara H, Sugiyama T, Hamada C, Kurihara Y, Shindo T, Oh-hashi Y, Yazaki Y
    Arterioscler Thromb Vasc Biol, 19(2), 298-302, 1999年
  • エンドセリン-1過剰発現マウスにおける加齢と臓器障害
    新藤隆行
    血圧, 6(3), 1999年
  • Upregulation of endothelin-1 and adrenomedullin gene expression in the mouse endotoxin shock model.
    Shindo T, Kurihara H, Kurihara Y, Morita H, Yazaki Y
    J Cardiovasc Pharmacol, 31, S541-4, 1998年
  • Cardiac sarcoidosis.
    Shindo T, Kurihara H, Ohishi N, Morita H, Maemua K, Kurihara Y, Tsuneyoshi H, Chi H, Yamaoki K, Yazaki Y
    Circulation, 97(13), 1306-7, 1998年
  • Systemic and renal response to salt loading in endothelin-1 knockout mice.
    Morita H, Kurihara H, Kurihara Y, Shindo T, Kuwaki T, Kumada M, Yazaki Y
    J Cardiovasc Pharmacol, (31), S557-60, 1998年
  • Methylenetetrahydrofolate reductase gene polymorphism and ischemic stroke in Japanese.
    Morita H, Kurihara H, Tsubaki S, Sugiyama T, Hamada C, Kurihara Y, Shindo T, Oh-hashi Y, Kitamura K, Yazaki Y
    Arterioscler Thromb Vasc Biol, 18(9), 1465-9, 1998年
  • アドレノメデュリン過剰発現マウスの開発
    新藤隆行
    Molecular Medicine, 35(8), 1998年
  • Genetic polymorphism of 5,10-methylenetetrahydrofolate reductase (MTHFR) as a risk factor forcoronary artery disease.
    Morita H, Taguchi J, Kurihara H, Kitaoka M, Kaneda H, Kurihara Y, Maemura K, Shindo T, Minamino T, Ohno M, Yamaoki K, Ogasawara K, Aizawa T, Suzuki S, Yazaki Y
    Circulation, 95(8), 2032-6, 1997年
  • Nitric oxide synthesis in cardiac myocytes and fibroblasts by inflammatory cytokines.
    Shindo T, Ikeda U, Ohkawa F, Kawahara Y, Yokoyama M, Shimada K
    Cardiovasc Res, 29(6), 813-9, 1995年
  • Nitric oxide synthesis in rat cardiac myocytes and fibroblasts.
    Shindo T, Ikeda U, Ohkawa F, Takahashi M, Funayama H, Nishinaga M, Kawahara Y, Yokoyama M, Kasahara T, Shimada K
    Life Sci., 55(14), 1101-8, 1994年

書籍等出版物

  • Methods Mol Biol. 1874
    Sakurai T, Kamiyoshi A, Ohtsuka M, Gurumurthy CB, Sato M, Shindo T., Isolation and analysis of a genome-edited single-hepatocyte from a Cas9 transgenic mouse line.
    257-271 2019年
  • Springer
    Sakurai T, Shindo T, Sato M, Oocytes Maternal information and functions
    495-510 2017年
  • Results Probl Cell Differ. 63
    Sakurai T, Shindo T, Sato M., Noninheritable maternal factors useful for genetic manipulation in mammals.
    495-510 2017年
  • 血管生物学辞典
    新藤隆行, Heme oxygenase-CO系
    朝倉書店, 123-131 2011年
  • 血管生物学辞典
    新藤隆行, ADAMTS
    朝倉書店, 85-87 2011年
  • 医歯薬出版株式会社
    新藤隆行, Vascular Biology Update 血管新生調節因子  アドレノメデュリンによる血管形成の調節
    2007年
  • Knockout mice and transgenic mice. Nishikimi T eds: Adrenomedullin in Cardiovascular Disease
    Springer, New Jersey, pp 167-173 2005年
  • 矢崎義雄,永井良三編:心血管病学
    新藤隆行, 心臓腫瘍の症候と治療
    朝倉書店,東京, pp 1- 2005年
  • 倉林正彦,山岸昌一編:酸化ストレスナビゲーター
    新藤隆行, 遺伝子調節,KLF5
    メディカルレビュー社,東京, pp 1281-129 2005年
  • 中外医学社
    新藤隆行, Annual Review 循環器2004 1. 循環器の生物学 転写調節と心血管リモデリング
    2004年
  • 日本医学出版
    新藤隆行, 食塩と高血圧 5.発生工学的手法を用いた実験動物
    2002年
  • 医歯薬出版株式会社
    新藤隆行, 高血圧のすべて 7.エンドセリン
    2002年
  • メジカルビュー社
    新藤隆行, 循環器病フロンティア ベーシック&クリニカルサイエンス 4.アドレノメデュリン
    2002年
  • 中山書店
    新藤隆行, 生活習慣病 分子メカニズムと治療 高血圧と血管作動物質 アドレノメデュリン
    2002年
  • 医歯薬出版株式会社
    新藤隆行, 循環器疾患 State of arts Ver.2 発生工学による動脈硬化モデル
    2001年

講演・口頭発表等

  • AM-RAMPシステムによる生体内恒常性制御
    新藤隆行
    第55回日本動脈硬化学会 , 2023年07月09日
  • アドレノメデュリンの投与による、ぶどう膜炎の病態改善効果
    松田順繁、柿原伸次、桜井敬之、神吉昭子、 市川優佳、田中愛、 河手久香、村田敏規、新藤隆行
    第55回日本眼炎症学会 , 2023年07月07日
  • RAMPシステムによる生体内恒常性制御機構の解明と応用展開
    新藤隆行
    第41回内分泌代謝学サマーセミナー, 2023年07月07日
  • AM-RAMPシステムによる生体内恒常性制御
    新藤隆行
    第96回日本内分泌学会, 2023年06月01日
  • Investigation of the therapeutic effect of adrenomedullin on experimental autoimmune uveitis.
    Matsuda Y, Kakihara S, Hirabayashi K, Imai A, Iesato Y, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Tanaka M, Kawate H, Zhao Y, Murata T, Shindo T
    The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2023, 2023年04月23日
  • Role of adrenomedullin-2/intermedin in the pathogenesis of neovascular AMD.
    Kakihara S, Matsuda Y, Hirabayashi K, Imai A, Iesato Y, Sakurai T, Kamiyoshi A, Tanaka M, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Zhao Y, Murata T, Shindo T
    FujiRetina2023  , 2023年03月25日
  • Endogenous adrenomedullin 2 /intermedin exerts cardioprotective effects against pressure overload.
    Zhao Y, Sakurai T, Kamiyoshi K, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Tanaka M, Kakihara S, Matsuda Y, Zhang Y, Guo Q, Li P, Onishi N, Kasahara T, Shindo T.
    第87回日本循環器学会, 2023年03月10日
  • Adrenomedullin-2/intermedin ameliorates pathological angiogenesis and associated inflammation and fibrotic lesions via Meox2.
    Kakihara S, Matsuda Y, Sakurai T, Kamiyoshi K, Tanaka M, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Zhao Y, Zhang Y, Guo Q, Li P, Onishi N, Kasahara T, Shindo T.
    第87回日本循環器学会, 2023年03月10日
  • Vascular homeostatic function of the AM-RAMP2 system and its application to the regulation of lymph node metastasis.
    Tanaka M, Sakurai T, Kamiyoshi K, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Kakihara S, Zhao Y, Matsuda Y, Zhang Y, Guo Q, Li P, Onishi N, Kasahara T, Shindo T.
    第87回日本循環器学会, 2023年03月10日
  • 圧負荷ストレスに対する内因性アドレノメデュリン2/インターメディンの心臓保護作用
    Zhao Yunlu、桜井敬之、神吉昭子、市川優佳、河手久香、田中愛、柿原伸次、松田順繁、Zhang Yan、Guo Qianqian、Li Peixuan、大西菜穂、笠原智貴、新藤隆行
    第52回日本心脈管作動物質学会, 2023年02月10日
  • アドレノメデュリン-RAMP2系による、高内皮細静脈を介したリンパ節転移の制御
    田中愛、桜井敬之、神吉昭子、市川優佳、河手久香、柿原伸次、Zhao Yunlu、松田順繁、Zhang Yan、Guo Qianqian、Li Peixuan、大西菜穂、笠原智貴、新藤隆行
    第52回日本心脈管作動物質学会, 2023年02月10日
  • 癌細胞のRAMP3欠損は、Meflin 陽性の良性癌関連線維芽細胞を誘導し、腫瘍増殖を抑制する
    甲斐健佑、田中愛、桜井敬之、神吉昭子、市川優佳、河手久香、柿原伸次、Zhao Yunlu、松田順繁、Zhang Yan、Guo Qianqian、Li Peixuan、大西菜穂、笠原智貴、新藤隆行
    第52回日本心脈管作動物質学会, 2023年02月10日
  • Role of adrenomedullin-2/intermedin in the pathogenesis of neovascular age-related macular degeneration
    Kakihara S, Matsuda Y, Hirabayashi K, Imai A, Iesato Y, Sakurai T, Kamiyoshi A, Tanaka M, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Zhao Y, Zhang Y, Guo Q, Li P, Onishi N, Murata T, Shindo T
    第26回日本心血管内分泌代謝学会 , 2023年02月08日
  • アドレノメデュリン2の肝臓および代謝制御における病態生理学的意義
    神吉昭子、桜井敬之、新藤優佳、河手久香、田中愛、柿原伸次、Zhao Yunlu、松田順繁、Zhang Yan、Guo Qianqian、Li Peixuan、大西菜穂、笠原智、新藤隆行
    第43回日本肥満学会, 2022年12月02日
  • Adrenomedullin-2 ameliorates neovascular AMD via the upregulation of Meox2
    Kakihara S, Matsuda Y, Hirabayashi K, Imai A, Iesato Y, Sakurai T, Kamiyoshi A, Tanaka M, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Murata T, Shindo T
    第61回日本網膜硝子体学会 , 2022年12月02日
  • AM-RAMP2系の血管恒常性制御を介したリンパ節転移抑制作用
    田中愛、桜井敬之、神吉昭子、市川優佳、河手久香、Guo Qianqia、Li Peixua、大西菜穂、笠原智貴、新藤隆行
    第26回日本心血管内分泌代謝学会, 2022年10月12日
  • 圧ストレス応答におけるアドレノメデュリン2の心保護作用
    Zhao Y, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Tanaka M, Kawate H, Kakihara S, Matsuda Y,Zhang Y, Shindo T
    第26回日本心血管内分泌代謝学会, 2022年10月12日
  • 実験的自己免疫性ぶどう膜炎におけるアドレノメデュリンの治療効果の検討
    松田順繁、柿原伸次、桜井敬之、神吉昭子、市川優佳、田中愛、河手久香、村田敏規、新藤隆行
    第55回日本眼炎症学会, 2022年07月08日
  • Transcriptome analysis of the pathophysiological significance of adrenomedullin 2 in the mouse choroidal neovascularization model.
    Kakihara K, Sakurai T, Kamiyoshi A, Tanaka M, Kawate H, Ichikawa-Shindo Y, Zhao Y, Matsuda Y, Hirabayashi K, Imai A, Iesato Y, Murata T, Shindo T.
    The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2022, 2022年05月14日
  • Investigation of the therapeutic effect of adrenomedullin on experimental autoimmune uveitis.
    Matsuda Y, Kakihara S, Hirabayashi K, Imai A, Iesato Y, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo, Y, Tanaka M, Kawate H, Zhao Y, Murata T, Shindo T.
    The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2022, 2022年05月14日
  • アドレノメデュリン2はヒト網膜色素上皮細胞の上皮間葉転換を抑制する
    柿原伸次、松田順繁、平林一貴、今井章、鳥山佑一、家里康弘、桜井敬之、神吉昭子、田中愛、新藤優佳、河手久香、村田敏規、新藤隆行
    第126回 日本眼科学会, 2022年04月14日
  • Pathophysiological Significance of Adrenomedullin 2 in Hepatic and Metabolic Regulation
    Kamiyoshi A, Sakurai T, Ichikawa-Shindo Y, Hisaka K, Tanaka M, Kakihara S, Zhao Y, Matsuda Y, Aruga K, Kasahara T, Shindo T.
    第86回日本循環器学会, 2022年03月11日
  • Elucidation of the Significance of the Adrenomedullin-RAMP System as a Novel Therapeutic Target for Sarcopenia
    Aruga K, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Hisaka K, Tanaka M, Kakihara S, Zhao Y, Matsuda Y, Kasahara T, Shindo T.
    第86回日本循環器学会, 2022年03月11日
  • Homeostatic Regulation of High Endothelial Venules and Suppression of Lymphatic Metastasis by Adrenomedullin-RAMP2 System
    Tanaka M, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Hisaka K, Kakihara S, Zhao Y, Matsuda Y, Aruga K, Kasahara T, Shindo T.
    第86回日本循環器学会, 2022年03月11日
  • アドレノメデュリン2の肝臓および代謝制御における病態生理学的意義
    神吉昭子、桜井敬之、市川優佳、河手久香、田中愛、柿原伸次、Zhao Yunlu、松田順繁、有賀公亮、新藤隆行
    第25回日本心血管内分泌代謝学会, 2021年12月10日
  • サルコペニア病態におけるアドレノメデュリン-RAMP系の病態生理学的意義
    有賀公亮、桜井敬之、神吉昭子、市川優佳、河手久香、田中愛、柿原伸次、Zhao Yunlu、松田順繁、新藤隆行
    第25回日本心血管内分泌代謝学会, 2021年12月10日
  • AM-RAMP2系による高内皮細静脈の機能制御とリンパ行性転移抑制作用
    田中愛、桜井敬之、神吉昭子、市川優佳、河手久香、柿原伸次、Zhao Yunlu、松田順繁、有賀公亮、新藤隆行
    第25回日本心血管内分泌代謝学会, 2021年12月10日
  • アドレノメデュリンとその受容体活性調節システムによる生体内恒常性制御
    新藤隆行
    第50回日本心脈管作動物質学会, 2021年07月16日
  • アドレノメデュリン-RAMP系による骨格筋制御機構の解明
    有賀公亮、桜井敬之、神吉昭子、河手久香、新藤優佳、田中愛、田中正明、崔南奇、Wei Yangxuan、柿原伸次、Zhao Yunlu、笠原智貴、新藤隆行
    第50回日本心脈管作動物質学会, 2021年07月16日
  • アドレノメデュリン-RAMP2系は、TGF-β-Smads系と筋線維芽細胞の分化を調節することにより、肺線維症を改善する
    Wei Yangxuan、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、田中愛、崔南奇、田中正明、柿原伸次、Zhao Yunlu、笠原智貴、有賀公亮、新藤隆行
    第50回日本心脈管作動物質学会, 2021年07月16日
  • 心血管系ストレス応答に対するアドレノメデュリン-RAMP2系・RAMP3系の機能分化
    崔南奇、桜井敬之、神吉昭子、市川優佳、河手久香、田中愛、田中正明、Wei Yangxuan、柿原伸次、Zhao Yunlu、笠原智貴、有賀公亮、新藤隆行
    第50回日本心脈管作動物質学会, 2021年07月16日
  • アドレノメデュリン2の肥満および脂肪肝における病態生理学的意義
    神吉昭子、桜井敬之、新藤優佳、河手久香、田中愛、崔南奇、田中正明、Wei Yangxuan、柿原伸次、Zhao Yunlu、笠原智貴、有賀公亮、新藤隆行
    第50回日本心脈管作動物質学会, 2021年07月16日
  • AM-RAMP2系の血管恒常性制御による血行性、リンパ行性転移抑制機構の解明
    田中愛、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、崔南奇、田中正明、Wei Yangxuan、柿原伸次、Zhao Yunlu、笠原智貴、有賀公亮、新藤隆行
    第50回日本心脈管作動物質学会, 2021年07月16日
  • 眼内血管新生病におけるアドレノメデュリン2の病態生理学的意義
    柿原伸次、田中正明、平林一貴、今井章、鳥山佑一、家里康弘、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、田中愛、崔南奇、Wei Yangxuan、Zhao Yunlu、有賀公亮、笠原智貴、村田敏規、新藤隆行
    第50回日本心脈管作動物質学会, 2021年07月16日
  • 内因性カルシトニン遺伝子関連ペプチドの欠乏は、リンパ管形成とM2マクロファージ集積を抑制し、術後リンパ浮腫を悪化させる
    松井周平、田中愛、神吉昭子、桜井敬之、新藤優佳、河手久香、崔南奇、Wei Yangxuan、田中正明、柿原伸次、山内啓弘、笠原智貴、有賀公亮、Zhao Yunlu、新藤隆行
    第50回日本心脈管作動物質学会, 2021年07月16日
  • アドレノメデュリン - RAMP1、2、3ネットワーク機構の解明のための新規多遺伝子同時ゲノム編集法の開発
    桜井敬之、神吉昭子、河手久香、渡部聡、佐藤正宏、新藤隆行
    第50回日本心脈管作動物質学会, 2021年07月16日
  • Pathophysiological roles of adrenomedullin-2 in mouse model of ocular neovascularization.
    Kakihara S, Tanaka M, Hirabayash K, Imai A, Toriyama Y, Iesato Y, Sakurai T, Kamiyoshi A, Kawate H, Ichikawa-Shindo Y, Tanaka M, Murata T, Shindo T.
    The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2021, 2021年05月01日
  • 心血管系ストレス応答における、アドレノメデュリン-RAMP2系・RAMP3系の機能分化
    崔南奇、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、新藤隆行
    第94回日本内分泌学会, 2021年04月22日
  • 肥満および脂肪肝におけるアドレノメデュリン2の病態生理学的意義
    神吉昭子、桜井敬之、新藤優佳、河手久香、田中愛、崔南奇、田中正明、Wei Yangxuan、柿原伸次、Zhao Yunlu、笠原智貴、有賀公亮、新藤隆行
    第94回日本内分泌学会, 2021年04月22日
  • 加齢黄斑変性および未熟児網膜症におけるアドレノメデュリン2の病態生理学的意義
    柿原伸次、田中正明、平林一貴、今井章、鳥山佑一、家里康弘、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、田中愛、村田敏規、新藤隆行
    第125回日本眼科学会, 2021年04月08日
  • Adrenomedullin-RAMP2 system regulates vascular endothelial homeostasis, which suppresses hematogenous and lymphogenous metastasis
    Tanaka M, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Cui N, Wei Y, Tanaka M, Kakihara S, Zhao Y, Kasahara T, Aruga K, Shindo T
    第85回日本循環器学会, 2021年03月26日
  • Adrenomedullin-RAMP2 and -RAMP3 systems regulate cardiac homeostasis during cardiovascular stress
    Cui N, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Tanaka M, Wei Y, Tanaka M, Kakihara S, Zhao Y, Kasahara T, Aruga K, Shindo T
    第85回日本循環器学会, 2021年03月26日
  • Adrenomedullin-RAMP2 system ameliorates age-related macular degeneration by suppressing choroidal neovascularization and subretinal fibrosis
    Tanaka M, Kakihara S, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Tanaka M, Cui N, Wei Y, Zhao Y, Kasahara T, Aruga K, Shindo T
    第85回日本循環器学会, 2021年03月26日
  • アドレノメデュリン2の高脂肪食負荷における病態生理学的意義
    神吉昭子、桜井敬之、新藤優佳、河手久香、田中愛、戴昆、崔南奇、魏陽璇、田中正明、柿原伸次、新藤隆行
    第41回日本肥満学会, 2021年03月20日
  • Adrenomedullin-RAMP2 system ameliorates subretinal fibrosis in age-related macular degeneration by suppressing epithelial-mesenchymal transition mediated via TGF-β-ROCK1-CXCR4 pathway
    Tanaka M, Kakihara S, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Tanaka M, Yamauchi A, Murata T, Shindo T
    第24回日本心血管内分泌代謝学会, 2021年03月12日
  • Adrenomedullin-RAMP2 system ameliorates pulmonary fibrosis by regulating TGF-β-Smads pathway and differentiation of myofibroblasts
    Wei Y, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Tanaka M, Cui N, Zhao Y, Aruga K, Shindo T
    第24回日本心血管内分泌代謝学会, 2021年03月12日
  • Adrenomedullin-RAMP2 and -RAMP3 systems regulate cardiac homeostasis during cardiovascular stress
    Cui N, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Tanaka M, Wei Y, Zhao Y, Aruga K, Shindo T
    第24回日本心血管内分泌代謝学会, 2021年03月12日
  • Intermedin/Adrenomedullin 2 deficiency causes obesity and liver dysfunction under high-fat diet
    Kamiyoshi A, Sakurai T, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Tanaka M, Cui N, Wei Y, Zhao Y, Aruga K, Shindo T
    第24回日本心血管内分泌代謝学会, 2021年03月12日
  • Adrenomedullin-RAMP2 system regulates high endothelial venules in lymph nodes and suppresses lymphatic metastasis
    Tanaka M, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Cui N, Wei Y, Zhao Y, Aruga K, Shindo T
    第28回日本血管生物医学会, 2021年03月12日
  • 加齢黄斑変性における、ケモカイン受容体CXCR4の網膜下線維化作用
    田中正明、柿原伸二、平林一貴、今井章、鳥山佑一、家里康弘、田中愛、河手久香、  神吉昭子、新藤優佳、桜井敬之、村田敏規、新藤隆行
    第74回日本臨床眼科学会, 2020年10月15日
  • Blockade of the adrenomedullin-RAMP3 system suppresses metastasis through modification of cancer-associated fibroblasts.
    Dai K, Tanaka M, Sakurai T, Kamiyoshi A, Shindo Y, Kawate H, Cui N, Wei Y, Tanaka M, Kakihara S, Matsui S, Shindo T.
    第84回日本循環器学会, 2020年07月27日
  • Adrenomedullin-RAMP2 and RAMP3 systems regulate cardiac homeostasis against cardiovascular stresses
    Cui N, Sakurai T, Kamiyoshi A, Shindo Y, Kawate H, Tanaka M, Dai K, Wei Y, Tanaka M. Kakihara S, Matsui S, Shindo T.
    Asian Pacific Society of Cardiology Congress 2020 (APSC2020), 2020年07月27日
  • シスプラチン腎障害におけるアドレノメデュリン2の病態生理学的意義
    神吉昭子、桜井敬之、新藤優佳、河手久香、田中愛、戴、崔南奇、魏陽璇、田中正明、柿原伸次、松井周平、中村啓成、新藤隆行
    第93回日本内分泌学会, 2020年07月20日
  • アドレノメデュリン‐RAMP3系の抑制は、癌関連線維芽細胞(CAF)におけるポドプラニンの発現を抑制し、臓器間転移を抑制する
    戴昆、田中愛、神吉昭子、桜井敬之、新藤優佳、河手久香、崔南奇、田中正明、Wei Yangxuan、柿原伸次、新藤隆行
    第93回日本内分泌学会, 2020年07月20日
  • 眼内血管新生病におけるアドレノメデュリン2-RAMP系の病態生理学的意義
    柿原伸次、田中正明、平林一貴、今井章、鳥山佑一、家里康弘、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、田中愛、村田敏規、新藤隆行
    第124回日本眼科学会, 2020年04月27日
  • 加齢黄斑変性における、ケモカイン受容体CXCR4の網膜下線維化作用
    田中正明、柿原伸二、平林一貴、今井章、鳥山佑一、家里康弘、田中愛、河手久香、  神吉昭子、新藤優佳、桜井敬之、村田敏規、新藤隆行
    第124回日本眼科学会, 2020年04月27日
  • アドレノメデュリン‐RAMP3系欠損は、癌関連線維芽細胞のポドプラニン発現を抑制し、臓器間転移を抑制する
    戴昆、田中愛、神吉昭子、桜井敬之、新藤優佳、河手久香、崔南奇、田中正明、Wei Yangxuan、柿原伸次、中村啓成、新藤隆行
    第49回日本心脈管作動物質学会, 2020年02月08日
  • アドレノメデュリン-RAMP2システムによる血管恒常性制御とがん治療への展開
    田中愛
    第49回日本心脈管作動物質学会, 2020年02月08日
  • アドレノメデュリン-RAM2, 3系は、心血管系ストレスに対して、心臓の恒常性を制御する
    崔南奇、神吉昭子、桜井敬之、新藤優佳、河手久香、田中愛、戴昆、田中正明、Wei Yangxuan、柿原伸次、中村啓成、新藤隆行
    第49回日本心脈管作動物質学会, 2020年02月08日
  • アドレノメデュリン-RAMP2系は、抗炎症作用および筋線維芽細胞分化抑制作用により、肺線維症を改善する
    Wei Yangxuan、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、田中愛、戴昆、崔南奇、田中正明、柿原伸次、中村啓成、新藤隆行
    第49回日本心脈管作動物質学会, 2020年02月08日
  • アドレノメデュリン-RAMP2システムの糖尿病合併症への応用  
    新藤隆行
    第49回日本心脈管作動物質学会, 2020年02月07日
  • 血管内皮細胞アドレノメデュリンーRAMP2系の、リンパ節転移における病態生理学的意義
    田中愛、戴昆、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、崔南奇、魏陽璇、田中正明、柿原伸次、松井周平、新藤隆行
    第27回日本血管生物医学会, 2019年12月15日
  • Deficiency of the adrenomedullin-RAMP3 system suppresses cancer metastasis through modification of cancer-associated fibroblasts (CAF)
    戴昆、田中愛、神吉昭子、桜井敬之、新藤優佳、河手久香、崔南奇、魏陽璇、新藤隆行
    第23回日本心血管内分泌代謝学会, 2019年12月14日
  • 加齢黄斑変性におけるアドレノメデュリン-RAMP系の病態生理学的意義
    田中正明、柿原伸次、桜井敬之、神吉昭子、市川優佳、田中愛、河手久香、戴昆、村田敏規、新藤隆行
    第23回日本心血管内分泌代謝学会, 2019年12月14日
  • アドレノメデュリン-RAMP2系は、筋線維芽細胞分化抑制により、肺線維症の病態を改善する
    魏陽璇、神吉昭子、桜井敬之、新藤優佳、河手久香、田中愛、戴昆、崔南奇、新藤隆行
    第23回日本心血管内分泌代謝学会, 2019年12月14日
  • アドレノメデュリン-RAM2, 3系は、心血管系ストレスに対して、心臓恒常性を制御する
    崔南奇、神吉昭子、桜井敬之、新藤優佳、河手久香、田中愛、戴昆、魏陽璇、松井周平、新藤隆行
    第23回日本心血管内分泌代謝学会, 2019年12月14日
  • 脂肪細胞のミトコンドリア機能制御におけるアドレノメデュリン-RAMP2系の病態生理学的意義
    神吉昭子、桜井敬之、新藤優佳、河手久香、田中愛、田中正明、柿原伸次、松井周平、中村啓成、新藤隆行
    第23回日本心血管内分泌代謝学会, 2019年12月14日
  • 閉経後代謝障害におけるRAMP3の病態生理学的意義
    神吉昭子、桜井敬之、新藤優佳、河手久香、田中愛、戴昆、崔南奇、魏陽璇、田中正明、柿原伸次、松井周平、中村啓成、新藤隆行
    日本肥満学会, 2019年11月02日
  • AM-RAMP2系はTGFβ-CXCR4系を抑制し、網膜線維化を抑制する
    田中正明、平林一貴、今井章、鳥山佑一、家里康弘、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、田中愛、山内啓弘、村田敏規、新藤隆行
    日本臨床眼科学会, 2019年10月24日
  • Loss of adrenomedullin-RAMP3 system suppresses inter-organ metastasis by regulation of podoplanin (PDPN) expression in cancer-associated fibroblasts (CAFs)
    Dai K, Tanaka M, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Cui N, Wei Y, Matsui S, Nakamura K, Kakihara S, Yamauchi A, Shindo T.
    日本癌学会, 2019年09月26日
  • AM-RAMP3系の欠損は、癌関連線維芽細胞におけるポドプラニン発現の制御により臓器間転移を抑制する
    戴昆、田中愛、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、平林一貴、崔南奇、魏陽璇、田中正明、松井周平、中村啓成、新藤隆行
    日本がん転移学会, 2019年07月25日
  • 母性Cas9ゲノム編集法は同時多遺伝子変異誘導に効果的である
    桜井敬之、神吉昭子、河手久香、渡部聡、佐藤正宏、新藤隆行
    日本ゲノム編集学会, 2019年06月18日
  • 母性Cas9ゲノム編集法による多因子性疾患モデルマウス作製の試み
    桜井敬之、神吉昭子、田村勝、河手久香、渡部聡、佐藤正宏
    日本ゲノム編集学会, 2019年06月03日
  • Pathophysiological significance of adrenomedullin-RAMP2 system in age-related macular degeneration
    Masaaki Tanaka, Kazutaka Hirabayashi, Yasuhiro Iesato, Akira Imai, Yuichi Toriyama, Takayuki Sakurai, Akiko Kamiyoshi, Yuka Ichikawa-Shindo, Hisaka Kawate, Megumu Tanaka, Akihiro Yamauchi, Toshinori Murata, Takayuki Shindo
    Association for research in Vision and Ophthalmology, 2019年04月28日
  • ヒト網膜色素上皮細胞におけるアドレノメデュリン-RAMP2系の病態生理学的意義
    田中正明、平林一貴、今井章、鳥山佑一、家里康弘、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、田中愛、山内啓弘、村田敏規、新藤隆行
    日本眼科学会, 2019年04月18日
  • Adrenomedullin-RAMP systems protect cardiac homeostasis against cardiovascular stresses.
    Nanqi Cui, Takayuki Sakurai, Akiko Kamiyoshi, Yuka Ichikawa-Shindo, Hisaka Kawate, Megumu Tanaka, Kazutaka Hirabayashi,Kun Dai, Yangxuan Wei, Masaaki Tanaka, Shuhei Matsui, Keisei Nakamura, Shiho Iida, Akihiro Yamauchi, Takayuki Shindo
    日本循環器学会, 2019年03月29日
  • Adrenomedullin-RAMP2 and 3 systems are crucially involved in inter-organ metastasis by modulating podoplanin expression.
    Kun Dai, Takayuki Sakurai, Akiko Kamiyoshi, Yuka Ichikawa-Shindo, Hisaka Kawate, Megumu Tanaka, Kazutaka Hirabayashi, Nanqi Cui, Yangxuan Wei, Megumu Tanaka, Shuhei Matsui, Keisei Nakamura K, Shiho Iida, Akihiro Yamauchi, Takayuki Shindo
    日本循環器学会, 2019年03月29日
  • RAMP3 deficiency enhances postmenopausal obesity and metabolic disorders
    Akiko Kamiyoshi, Takayuki Sakurai, Yuka Ichikawa-Shindo, Hisaka Kawate, Megumu Tanaka, Kazutaka Hirabayashi, Kun Dai, Nanqi Cui, Yangxuan Wei, Masaaki Tanaka, Shuhei Matsui, Keisei Nakamura, Shiho Iida, Akihiro Yamauchi, Takayuki Shindo
    日本循環器学会, 2019年03月29日
  • Endothelial adrenomedullin-RAMP2 system regulates vascular integrity and suppresses tumor metastasis
    Megumu Tanaka, Kun Dai, Takayuki Sakurai, Akiko Kamiyoshi, Yuka Ichikawa-Shindo, Hisaka Kawate, Kazutaka Hirabayashi, Nanqui Cui, Yangxuan Wei, Masaaki Tanaka, Shuhei Matsui, Keisei Nakamura, Shiho Iida, Yamauchi A, Shindo T
    日本循環器学会, 2019年03月29日
  • Development of a retinal vascular occlusion model in mice and analysis of the pathophysiological roles of adrenomedullin
    Kazutaka Hirabayashi, Toshinori Murata, Takayuki Shindo, Masaaki Tanaka, Akira Imai
    Congress of Asia-Pacific Academy of Ophthalmology, 2019年03月06日
  • アドレノメデュリン-RAMP2系による血管恒常性制御機構と、癌転移抑制法への展開
    新藤隆行
    日本心脈管作動物質学会, 2019年02月07日, 招待有り
  • Adrenomedullin-RAMP2 and RAMP3 systems are crucially involved in inter-organ metastasis by modulating podoplanin expression in cancer associated fibroblasts(CAF)
    Kun Dai, Megumu Tanaka, Takayuki Sakurai, Akiko Kamiyoshi, Yuka Ichikawa-Shindo, Hisaka Kawate, Kazutaka Hirabayashi, Nanqi Cui, Yangxuan Wei, Masaaki Tanaka, Keisei Nakamura, Shiho Iida, Akihiro Yamauchi, Takayuki Shindo
    日本血管生物医学会, 2018年12月07日
  • Clarification of the roles of adrenomedullin-RAMP2 system in vascular integrity and tumor metastasis.
    Megumu Tanaka, Kun Dai, Takayuki Sakurai, Akiko Kamiyoshi, Yuka Ichikawa-Shindo, Hisaka Kawate, Kazutaka Hirabayashi, Nanqi Cui, Yangxuan Wei, Masaaki Tanaka, Keisei Nakamura, Shiho Iida, Akihiro Yamauchi, Takayuki Shindo
    国際心臓研究学会日本部会, 2018年12月07日
  • CRVOモデルにおける網膜浮腫のOCT評価
    平林一貴、田中正明、今井章、鳥山佑一、家里康弘、桜井敬之、神吉昭子、市川優佳、田中愛、山内啓弘、村田敏規、新藤隆行
    日本臨床眼科学会 , 2018年10月11日
  • アドレノメデュリン-RAMP2系による脂肪細胞の細胞骨格とエネルギー代謝制御機構
    神吉昭子、桜井敬之、河手久香、新藤優佳、田中愛、平林一貴、戴昆、崔南奇、田中正明、Wei Yangxuan、劉騰、冨山遥、中村啓成、飯田紫帆、松井周平、山内啓弘、新藤隆行
    日本肥満学会, 2018年10月07日
  • Suppression of tumor metastasis through targeting the vascular integrity regulated by AM-RAMP2 system
    田中愛、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、平林一貴、戴昆、崔南奇、Wei Yangxuan、田中正明、冨山遥、山内啓弘、新藤隆行
    日本癌学会, 2018年09月27日, 招待有り
  • 臓器間転移におけるAM-RAMP系の役割の解明
    戴昆、田中愛、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、平林一貴、崔南奇、Wei Yangxuan、冨山遥、山内啓弘、新藤隆行
    日本癌学会, 2018年09月27日
  • Vascular homeostasis regulated by adrenomedullin-RAMP2 system and its application for diabetic vascular complications
    新藤隆行
    日本糖尿病学会, 2018年05月24日, 招待有り
  • Investigation of the therapeutic effect of adrenomedullin on central retinal vein occlusion
    Kazukata Hirabayashi, Toshinori Murata, Yasuhiro Iesato, Akira Imai, Yuichi Toriyama, Masaaki Tnanaka, Takayuki Sakurai, Akiko Kamiyoshi, Yuka Ichikawa-Shindo, Hisaka Kawate, Megumu Tanaka, Akihiro Yamauchi, Takayuki Shindo
    The Association for Research in Vision and Ophthalmology, 2018年04月28日
  • アドレノメデュリンノックアウトマウスを用いたCRVOモデルの病態解析
    平林一貴、田中正明、今井章、鳥山佑一、家里康弘、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、田中愛、山内啓弘、村田敏規、新藤隆行
    日本眼科学会, 2018年04月19日
  • レーザー誘導脈絡膜血管新生におけるアドレノメデュリン-RAMP2系の病態生理学的意義
    田中正明、今井章、鳥山佑一、平林一貴、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、田中愛、山内啓弘、村田敏規、新藤隆行
    2018年04月19日
  • Regulation of cytoskeleton and energy metabolism of adipocytes by adrenomedullin-RAMP2 system
    Kamiyoshi A, Sakurai T, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Tanaka M, Zhai L, Hirabayashi K, Dai K, Cui N, Wei Y, Tanaka M, Tanimura K, Liu T, Tomiyama H, Matsui S, Yamauchi A, Shindo T.
    第82回日本循環器学会, 2018年03月24日
  • Pathophysiological significance of adrenomedullin-RAMP2 system in cardiac myocytes.
    Zhai L, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Tanaka M, Hirabayashi K, Dai K, Cui N, Wei Y, Tanaka M, Tanimura K, Liu T, Tomiyama H, Matsui S, Yamauchi A, Shindo T.
    第82回日本循環器学会, 2018年03月24日
  • Endogenous calcitonin gene-related peptide (CGRP) suppresses ischemic brain injuries and progression of cognitive decline
    Zhai L, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Tanaka M, Hirabayashi K, Dai K, Cui N, Wei Y, Tanaka M, Tanimura K, Liu T, Tomiyama H, Matsui S, Yamauchi A, Shindo T.
    第82回日本循環器学会, 2018年03月24日
  • カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)は、虚血性脳障害および血管性認知症の進展を抑制する。
    翟留玉、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、田中愛、平林一貴、戴昆、崔南奇、田中正明、魏陽璇、劉騰、谷村圭哉、冨山遥、松井周平、山内啓弘、新藤隆行
    第47回日本心脈管作動物質学会, 2018年02月10日
  • 臓器間転移におけるアドレノメデュリン-RAMP系の病態生理学的意義
    戴昆、田中愛、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、翟留玉、平林一貴、崔南奇、田中正明、魏陽璇、劉騰、谷村圭哉、冨山遥、松井周平、山内啓弘、新藤隆行
    第47回日本心脈管作動物質学会, 2018年02月09日
  • サルコペニアモデルにおけるプラセンタ製剤の治療効果
    山内啓弘、高宮義博、平野栄一、宮崎博之、山口俊平、郭太乙、桜井敬之、神吉昭子、河手久香新藤隆行
    第21回日本心血管内分泌代謝学会, 2017年12月10日
  • カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)は、脳虚血および認知機能障害の進展を抑制する
    翟留玉、桜井敬之、神吉昭子、河手久香、新藤優佳、戴昆、崔南奇、魏陽璇、谷村圭哉、新藤隆行
    第21回日本心血管内分泌代謝学会, 2017年12月10日
  • アドレノメデュリン-RAMP2系による血管内皮保護機構の解明
    田中愛、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、戴昆、崔南奇、魏陽璇、山内啓弘、新藤隆行
    第21回日本心血管内分泌代謝学会, 2017年12月10日
  • 循環系ストレス応答におけるアドレノメデュリンーRAMP2系の意義
    崔南奇、大和慎治、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、戴昆、魏陽璇、冨山遥、新藤隆行
    第21回日本心血管内分泌代謝学会, 2017年12月10日
  • 臓器間転移におけるアドレノメデュリン-RAMP系の病態生理学的意義
    戴昆、田中愛、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、崔南奇、魏陽璇、冨山遥、新藤隆行
    第21回日本心血管内分泌代謝学会, 2017年12月10日
  • アドレノメデュリン-RAMP2系による、脂肪細胞の細胞骨格およびエネルギー代謝制御機構
    神吉昭子、桜井敬之、新藤優佳、河手久香、田中愛、翟留玉、平林一貴、田中正明、劉騰、新藤隆行
    第21回日本心血管内分泌代謝学会, 2017年12月10日
  • AM-RAMP2系は、低酸素惹起性血管新生および炎症惹起性血管新生において、二面性を有する
    今井章、家里康弘、平林一貴、田中正明、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、田中愛、翟留玉、戴昆、崔南奇、劉騰、谷村圭哉、魏陽璇、冨山遥、松井周平、山内啓弘、村田敏規、新藤隆行
    第25回日本血管生物医学会 , 2017年12月08日
  • アドレノメデュリン-RAMP2系を標的とした、網膜中心静脈閉塞症の治療法開発
    平林一貴、今井章、鳥山佑一、田中正明、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、田中愛、翟留玉、戴昆、崔南奇、劉騰、谷村圭哉、魏陽璇、冨山遥、松井周平、山内啓弘、村田敏規、新藤隆行
    第21回日本心血管内分泌代謝学会, 2017年12月08日
  • CRVOモデルマウスに対するアドレノメデュリンの治療効果の検
    平林一貴、家里康弘、田中正明、今井章、鳥山佑一、山内啓弘、田中愛、桜井敬之、神吉昭子、市川優佳、村田敏規、新藤隆行
    第71回日本臨床眼科学会, 2017年10月12日
  • アドレノメデュリン-RAMP2系は褐色脂肪細胞とベージュ脂肪細胞の分化を制御する
    神吉昭子、桜井敬之、河手久香、新藤優佳、田中愛、羨鮮、翟留玉、平林一貴、戴昆、崔南奇、田中正明、谷村圭哉、劉騰、冨山遥、魏陽璇、山内啓弘、新藤隆行
    第38回日本肥満学会 , 2017年10月07日
  • 母性Cas9による遺伝子改変マウス作製とそのゲノム編集能の特性
    桜井敬之、神吉昭子、河手久香、渡部聡、佐藤正宏、新藤隆行
    第2回日本ゲノム編集学会, 2017年06月28日
  • Novel mouse model of CRVO by intraperitoneal injection of Rose Bengal with laser radiation
    Hirabayashi K, Imai A, Iesato Y, Toriyama Y, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Tanaka M, Yamauchi A, Murata T, Shindo T.
    The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2017, 2017年05月07日
  • 低酸素惹起性、および炎症惹起性血管新生病において、アドレノメデュリン-RAMP2系は相反する意義を有する
    今井章、平林一貴、家里康弘、鳥山佑一、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、田中愛、劉甜、羨鮮、翟留玉、戴昆、谷村圭哉、劉騰、崔南奇、魏陽璇、山内啓弘、村田敏規、新藤隆行
    第90回日本内分泌学会, 2017年04月20日
  • シンポジウム招待講演 アドレノメデュリンとその受容体調節システムによる血管、臓器恒常性制御
    新藤隆行
    第90回日本内分泌学会, 2017年04月20日
  • ローズベンガル腹腔内注射と低出力レーザー照射による新規CRVOマウスモデルの作製
    平林一貴、家里康弘、今井章、鳥山佑一、山内啓弘、田中愛、桜井敬之、神吉昭子、市川優佳、河手久香、村田敏規、新藤隆行
    第121回日本眼科学会, 2017年04月06日
  • アドレノメデュリン-RAMP2 系は、EndMTと転移前土壌形成を抑制し、癌転移を抑制する
    田中愛、小山晃英、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、劉甜、羨鮮、今井章、翟留玉、平林一貴、載昆、谷村圭哉、劉騰、崔南奇、魏陽璇、山内啓弘、新藤隆行
    第46回日本心脈管作動物質学会, 2017年02月11日
  • Adrenomedullin-RAMP2 system inhibits the endothelial to mesenchymal transition (EndMT) and formation of pre-metastatic niche by maintaining vascular integrity
    Tanaka M, Sakurai T, Kamiyoshi A, Shindo T.
    第33回国際心臓研究学会, 2016年12月16日
  • Adrenomedullin-RAMP2 system inhibits the endothelial-mesenchymal transition and formation of pre-metastatic niche by maintaining vascular integrity
    Tanaka M, Sakurai T, Kamiyoshi A, Ichikawa-Shindo Y, Kawate H, Imai A, Zhai L, Hirabayashi K, Dai K, Cui N, Liu T, Tanimura K, Wei Y, Yamauchi A, Shindo T.
    第24回日本血管生物医学会, 2016年12月08日
  • ゲノム編集のテクニックを使った遺伝子改変モデル動物の作製
    新藤隆行
    第39回日本高血圧学会, 2016年11月06日
  • アドレノメデュリンはRAMP2-3機能分化により、血管-リンパ管恒常性を制御する
    山内啓弘、桜井敬之、神吉昭子、新藤優佳、河手久香、田中愛、劉甜、羨鮮、今井章、翟留玉、平林一貴、大和慎治、戴昆、崔南奇、劉騰、五十嵐恭子、新藤隆行
    第89回日本内分泌学会 , 2016年04月21日
  • アドレノメデュリン-RAMP2系は褐色脂肪細胞の細胞分化とエネルギー代謝を制御する
    神吉昭子, 桜井敬之, 新藤優佳, 河手久香, 田中愛, 劉甜, 羨鮮, 今井章, ZhaiLiuyu, 平林一貴, 大和慎治, 戴昆, 崔南奇, 劉騰, 五十嵐恭子, 山内啓弘, 新藤隆行
    日本内分泌学会雑誌 92 1 246, 2016年04月
  • カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)は、白色脂肪組織の脂肪分解を抑制する
    劉甜, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 河手久香, 田中愛, 羨鮮, 今井章, ZhaiLiuyu, 平林一貴, 大和慎治, 戴昆, 崔南奇, 劉騰, 五十嵐恭子, 山内啓弘, 新藤隆行
    日本内分泌学会雑誌 92 1 210, 2016年04月
  • アドレノメデュリンは、複数の受容体システムAM1、AM2"を介し、血管・リンパ管の分化と脈管系恒常性を制御する"
    山内啓弘, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 河手久香, 田中愛, 劉甜, 羨鮮, 今井章, てき留玉, 平林一貴, 大和慎治, 戴昆, 崔南奇, 劉騰, 五十嵐恭子, 新藤隆行
    血管 39 1 44, 2016年01月
  • アドレノメデュリン-RAMP2システムは、褐色脂肪細胞の細胞分化とエネルギー代謝を制御する
    神吉昭子, 桜井敬之, 新藤優佳, 河手久香, 田中愛, 劉甜, 羨鮮, 今井章, てき留玉, 平林一貴, 大和慎治, 戴昆, 崔南奇, 劉騰, 五十嵐恭子, 山内啓弘, 新藤隆行
    血管 39 1 38, 2016年01月
  • ドキソルビシン心筋症マウスに対するアドレノメデュリンの効果
    吉沢隆浩, 新藤隆行, 徳留健, 松本清司
    血管 39 1 37, 2016年01月
  • アドレノメデュリン-RAMP2システムの血管保護作用
    羨鮮, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 河手久香, 田中愛, 劉甜, 今井章, てき留玉, 平林一貴, 大和慎治, 戴昆, 崔南奇, 劉騰, 五十嵐恭子, 山内啓弘, 新藤隆行
    血管 39 1 37, 2016年01月
  • アドレノメデュリン-RAMP2系の循環系ストレス応答における意義
    大和慎治, 吉沢隆浩, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 河手久香, 田中愛, 劉甜, 羨鮮, 今井章, てき留玉, 平林一貴, 戴昆, 崔南奇, 劉騰, 五十嵐恭子, 山内啓弘, 新藤隆行
    血管 39 1 36, 2016年01月
  • アドレノメデュリンは、糖尿病網膜症における網膜血管透過性亢進を抑制する
    今井章, 鳥山佑一, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 河手久香, 田中愛, 劉甜, 羨鮮, てき留玉, 平林一貴, 大和慎治, 戴昆, 崔南奇, 劉騰, 五十嵐恭子, 山内啓弘, 新藤隆行
    血管 39 1 35, 2016年01月
  • アドレノメデュリン-RAMP2系は、血管内皮間葉系転換と転移前土壌形成を抑制し、癌転移を抑制する
    田中愛, 小山晃英, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 河手久香, 劉甜, 羨鮮, 今井章, てき留玉, 平林一貴, 大和慎治, 戴昆, 崔南奇, 劉騰, 五十嵐恭子, 山内啓弘, 新藤隆行
    血管 39 1 34, 2016年01月
  • カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)は、慢性脳虚血において神経細胞保護に働く
    てき留玉, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 河手久香, 田中愛, 劉甜, 羨鮮, 今井章, 平林一貴, 大和慎治, 戴昆, 崔南奇, 劉騰, 五十嵐恭子, 山内啓弘, 新藤隆行
    血管 39 1 34, 2016年01月
  • カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)欠損は、白色脂肪の脂質代謝を促進し、メタボリック症候群を改善する
    劉甜, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 河手久香, 田中愛, 羨鮮, 今井章, てき留玉, 平林一貴, 大和慎治, 戴昆, 崔南奇, 劉騰, 五十嵐恭子, 山内啓弘, 新藤隆行
    血管 39 1 32, 2016年01月
  • 心脈管作動性ペプチド研究の新展開 アドレノメデュリンとその受容体調節システムによる血管、臓器恒常性制御
    新藤隆行
    血管 39 1 27, 2016年01月
  • 血管作動性因子とその受容体制御システムによる血管、臓器恒常性制御と治療応用
    新藤隆行
    第23回北海道カルディアックセミナー招待講演, 2015年09月26日
  • Vascular adrenomedullin-RAMP2 system is essential for vascular integrity and organ homeostasis
    Shindo T.
    The 10th World Congress for Microcirculation シンポジウム招待講演, 2015年09月24日
  • アドレノメデュリン-RAMP2系は白色および褐色脂肪の脂質代謝と分化を制御する
    神吉昭子, 桜井敬之, 田中愛, 劉甜, 羨鮮, 今井章, てき留玉, 平林一貴, 大和慎治, 新藤隆行
    日本内分泌学会雑誌 91 2 648, 2015年09月
  • 脳虚血におけるカルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)の神経保護作用
    てき留玉, 五十嵐恭子, 桜井敬之, 神吉昭子, 河手久香, 田中愛, 劉甜, 羨鮮, 大和慎治, 新藤隆行
    日本内分泌学会雑誌 91 2 648, 2015年09月
  • アドレノメデュリン-RAMP2系の血管保護作用
    羨鮮, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 山内啓弘, 田中愛, 劉甜, てき留玉, 大和慎治, 新藤隆行
    日本内分泌学会雑誌 91 2 648, 2015年09月
  • カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)は、白色脂肪組織における脂質代謝を制御する
    劉甜, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 山内啓弘, 田中愛, 羨鮮, てき留玉, 大和慎治, 新藤隆行
    日本内分泌学会雑誌 91 2 648, 2015年09月
  • アドレノメヂュリン-RAMP2系の循環系ストレス応答における意義
    大和慎治, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 河手久香, 田中愛, 劉甜, 羨鮮, てき留玉, 新藤隆行
    日本内分泌学会雑誌 91 2 638, 2015年09月
  • アドレノメデュリン-RAMP2系は、血管恒常性と内皮間葉系転換の制御により、癌転移を抑制する
    田中愛, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 河手久香, 劉甜, 羨鮮, てき留玉, 大和慎治, 新藤隆行
    日本内分泌学会雑誌 91 2 634, 2015年09月
  • アドレノメデュリン-RAMP2系による、白色脂肪と褐色脂肪の脂質代謝と分化制御
    神吉昭子, 桜井敬之, 河手久香, 新藤優佳, 山内啓弘, 五十嵐恭子, 田中愛, 劉甜, 羨鮮, 今井章, ZhaiLiuyu, 平林一貴, 大和慎治, 新藤隆行
    肥満研究 21 Suppl. 201, 2015年09月
  • メタボリックシンドロームおよび生活習慣病におけるAM-RAMP2システムの病態生理学的意義の解明
    新藤隆行
    第57回日本老年医学会学術集会 受賞者講演, 2015年06月14日
  • 血管作動性因子とその受容体制御システムによる血管、臓器恒常性制御と治療応用
    新藤隆行
    第1回新潟分子心血管セミナー招待講演, 2015年06月11日
  • メタボリックシンドロームおよび生活習慣病におけるAM-RAMP2システムの病態生理学的意義の解明
    新藤隆行
    日本老年医学会雑誌 52 Suppl. 48, 2015年05月
  • アドレノメデュリン-RAMP2システムによる白色脂肪と褐色脂肪の脂質、エネルギー代謝制御
    神吉昭子, 桜井敬之, 新藤優佳, 河手久香, 山内啓弘, 五十嵐恭子, 鳥山佑一, 田中愛, 劉甜, 羨鮮, 今井章, ZhaiLiuyu, 大和慎治, 新藤隆行
    日本内分泌学会雑誌 91 1 394, 2015年04月
  • RAMP2を標的とした、メタボリックシンドロームの新しい治療戦略
    新藤隆行, 神吉昭子, 桜井敬之
    先進医薬研究振興財団研究成果報告集 2014年度 176-177, 2015年03月
  • 網膜血管透過性亢進に対するアドレノメデュリンの抑制作用
    今井章, 鳥山佑一, 家里康弘, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 河手久香, 新藤隆行, 村田敏規
    日本眼科学会雑誌 119 臨増 331, 2015年03月
  • アドレノメデュリン受容体システムは、RAMPの機能分化により、血管、リンパ管系の恒常性を制御する
    山内啓弘, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 河手久香, 五十嵐恭子, 鳥山佑一, 田中愛, 劉甜, 羨鮮, 今井章, てき留玉, 大和慎治, 新藤隆行
    血管 38 1 50, 2015年01月
  • 腫瘍血管内皮細胞のアドレノメデュリン-RAMP2系の病態生理学的意義の解明
    田中愛, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 河手久香, 山内啓弘, 五十嵐恭子, 鳥山佑一, 劉甜, 羨鮮, 今井章, てき留玉, 大和慎治, 新藤隆行
    血管 38 1 49, 2015年01月
  • アドレノメデュリン-RAMP2システムは、白色脂肪-褐色脂肪間の脂質、エネルギー代謝を制御する
    神吉昭子, 桜井敬之, 新藤優佳, 河手久香, 山内啓弘, 五十嵐恭子, 鳥山佑一, 田中愛, 劉甜, 羨鮮, 今井章, てき留玉, 大和慎治, 新藤隆行
    血管 38 1 48, 2015年01月
  • 脳虚血におけるアドレノメデュリン-RAMP2系の血管および神経保護作用
    五十嵐恭子, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 河手久香, 山内啓弘, 鳥山佑一, 田中愛, 劉甜, 羨鮮, 今井章, てき留玉, 大和慎治, 新藤隆行
    血管 38 1 47, 2015年01月
  • 血管におけるアドレノメデュリン-RAMP2系の抗動脈硬化作用
    羨鮮, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 河手久香, 山内啓弘, 五十嵐恭子, 鳥山佑一, 田中愛, 劉甜, 今井章, てき留玉, 大和慎治, 新藤隆行
    血管 38 1 47, 2015年01月
  • 代謝制御におけるカルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)の病態生理学的意義
    劉甜, 桜井敬之, 神吉昭子, 新藤優佳, 河手久香, 山内啓弘, 五十嵐恭子, 鳥山佑一, 田中愛, 羨鮮, 今井章, てき留玉, 大和慎治, 新藤隆行
    血管 38 1 46, 2015年01月
  • 生理活性ペプチドの最新知見-アドレノメデュリン-RAMPシステムによる血管、臓器の恒常性制御
    新藤隆行
    第18回日本心血管内分泌代謝学会 ワークショップ, 2014年11月22日
  • Vascular endothelial adrenomedullin-RAMP2 system is essential for vascular integrity and organ homeostasis
    Shindo T.
    The Conference on Bioactive Peptides for Cell-Cell Communication 2014 Symposium, 2014年09月11日
  • 今、プラセンタ製剤を再考する−慢性肝障害疾患における新しい治療効果−
    新藤隆行
    第119回日本解剖学会 ランチョンセミナー, 2014年03月29日
  • RAMPシステムによる血管、臓器の恒常性制御
    新藤隆行
    第9回代謝異常とCKDを考える会 学術講演会 招待講演, 2014年01月10日
  • 生理活性ペプチド、タンパク質による新しい心血管系の治療戦略; アドレノメデュリン-RAMP2システムによる血管、臓器恒常性制御
    新藤隆行
    第17回日本心血管内分泌代謝学会  シンポジウム, 2013年11月22日
  • 血管機能を制御するシグナリング機構:アドレノメデュリン-RAMPシステムによる血管機能制御
    新藤隆行
    第21回 日本血管生物医学会 シンポジウム, 2013年09月27日
  • 心血管ホルモンの新展開:アドレノメデュリンとその受容体活性調節システムの病態生理学的意義
    新藤隆行
    第86回 日本内分泌学会 シンポジウム, 2013年04月25日
  • 心脈管作動物質研究の最前線:アドレノメデュリン受容体活性調節システムの病態生理学的意義
    新藤隆行
    第86回 日本薬理学会 シンポジウム, 2013年03月22日
  • アドレノメデュリン―RAMP2システムの脳梗塞における病態生理学的意義の解明
    新藤隆行
    第37回日本脳卒中学会, 2012年04月27日, 招待有り
  • アドレノメデュリン受容体活性調節システムと、その病態生理学的意義
    新藤隆行
    Vascular Conference Vasoactive substance in cultivating advanced researcher, 2012年01月12日, 招待有り
  • アドレノメデュリン受容体活性調節システムとその病態生理学的意義
    新藤隆行
    第3回京都脳腎連関分子病態研究会, 2011年11月06日, 招待有り
  • Vasoactive peptides and their receptor regulation system.
    新藤隆行
    2010年, 招待有り
  • Pathophysiological roles and potential applications of vasoactive peptides and their receptor regulation system.
    新藤隆行
    2010年, 招待有り
  • 心脈管作動性物質による臓器保護作用とその応用
    新藤隆行
    2010年, 招待有り
  • RAMP2 is the Key Determinant of the Vascular Functions of Adrenomedullin
    新藤隆行
    2010年, 招待有り
  • アドレノメデュリンとその受容体システム
    新藤隆行
    2009年, 招待有り
  • アドレノメデュリン受容体活性調節システムとその病態生理学的意義
    新藤隆行
    2009年, 招待有り
  • アドレノメデュリン受容体活性調節システムとその病態生理学的意義
    新藤隆行
    2009年, 招待有り
  • 研究最前線 心血管作動性物質とその病態生理学的意義
    新藤隆行
    2009年, 招待有り
  • 発生および病態におけるアドレノメデュリン-RAMPシステムの意義
    新藤隆行
    2008年, 招待有り
  • 発生および病態におけるアドレノメデュリン-RAMPシステムの意義
    新藤隆行
    2008年, 招待有り
  • Pathophysiological roles of Adrenomedullin-RAMP system in cardiovascular diseases
    新藤隆行
    2008年, 招待有り
  • 動脈硬化に関与する新しい分子機構 アドレノメデュリンと血管疾患
    新藤隆行
    2007年, 招待有り
  • 脈管作動物質の最近のトピックス  アドレノメデュリンとその関連因子の発生、病態における意義
    新藤隆行
    2007年, 招待有り
  • アドレノメデュリンとその関連因子の発生、病態における意義
    新藤隆行
    2007年, 招待有り
  • 動脈硬化研究の最先端と今後の展望 血管病変形成におけるアドレノメデュリンとその受容体システムの意義
    新藤隆行
    2006年, 招待有り
  • 生体情報伝達研究のフロンティア〜アドレノメデュリンと循環器疾患
    新藤隆行
    2006年, 招待有り
  • アドレノメデュリンと循環器疾患
    新藤隆行
    2006年, 招待有り
  • アドレノメデュリンと循環器疾患
    新藤隆行
    2006年, 招待有り
  • Adrenomedullin and cardiovascular disease -Lessons from knockout mice-
    新藤隆行
    2005年, 招待有り
  • 疾患モデル樹立による循環器病発症メカニズムの解明と治療法開拓
    新藤隆行
    2005年, 招待有り
  • 血管作動性物質と血管再生
    新藤隆行
    2005年, 招待有り
  • アドレノメデュリンと循環器疾患
    新藤隆行
    2005年, 招待有り
  • アドレノメデュリンと循環器疾患
    新藤隆行
    2005年, 招待有り
  • 転写因子KLF5の心血管リモデリングにおける役割
    新藤隆行
    2004年, 招待有り
  • Kruppel-like zinc-finger transcription factor KLF5/BTEB2 is a target for angiotensin II signaling and an essential regulator of cardiovascular remodeling
    新藤隆行
    2003年, 招待有り
  • 動脈硬化発生、進展の分子病理 「転写因子KLF5による心血管リモデリング制御」
    新藤隆行
    2003年, 招待有り
  • 転写因子BTEB2/KLF5による心血管リモデリング制御
    新藤隆行
    2002年, 招待有り
  • マウス遺伝子操作によるアドレノメデュリンの機能解析
    新藤隆行
    2001年, 招待有り
  • マウス遺伝子操作によるアドレノメデュリンの機能解析
    新藤隆行
    2001年, 招待有り

所属学協会

  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本高血圧学会
  • 日本内分泌学会
  • 日本脈管学会
  • 日本老年医学会
  • 日本炎症再生学会
  • 日本再生医療学会
  • 日本超音波医学会
  • 国際心臓研究会
  • 日本動脈硬化学会
  • 日本サルコペニア、フレイル学会
  • 日本ゲノム編集学会
  • アメリカ心臓協会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • AMED CREST 生理活性因子の情報制御システムに基づく革新的な医薬品の創出
    2014年 - 2019年
  • 臓器間連携と恒常性を司る、新しい生体内情報制御システムの解明と応用展開
    科学研究費補助金, 基盤研究(B)
    2014年 - 2016年
  • 内閣府 最先端次世代研究開発支援プログラム 新しい血管統合機構に基づく、慢性臓器障害治療薬の開発
    2010年 - 2013年
  • JST 研究成果最適展開支援プログラム A step 本格研究開発 創薬シーズ開発の効率化に向けた次世代疾患モデルマウスの迅速作製技術開発
    2010年 - 2011年
  • JST シーズ発掘試験 医薬研究のための、疾患モデルマウス迅速作製技術の開発
    2009年 - 2009年
  • RAMPによる代謝、血管制御メカニズムの解明と、代謝異常、血管合併症治療への展開
    科学研究費補助金, 基盤研究(B)
    2008年 - 2010年
  • JST さきがけ 代謝と機能制御受容体活性調節タンパクの機能解明と血管新生および血管合併症治療への応用
    2006年 - 2009年
  • 転写因子KLF5の心血管リモデリング制御機構の解明と治療への応用
    科学研究費補助金, 科学研究費補助金 若手研究A
    2003年 - 2004年
  • 動脈硬化, 高血圧, 心不全, 腎不全, 肝不全などのモデル動物を用いた新規治療法の開発
  • 循環作動性ペプチドとその受容体システムの病態生理学的解析
  • 血管再生医学研究
  • 新規遺伝子操作技術の開発、新規胚操作技術の開発、遺伝子操作動物の樹立、解析
  • 新規ゲノム編集技術の開発

産業財産権

  • RAMP2を標的とする血管構造の安定化剤及び血管新生剤, EP1900374, 特許権
    新藤隆行
  • RAMP2を標的とする血管構造の安定化剤及び血管新生剤, US 9,072,777B2, 特許権
    新藤隆行
  • 代謝症候群の治療もしくは予防剤、検査方法、検査薬、及び代謝症候群の治療薬の候補化合物のスクリーニング方法, CNZL200880117473.2, 特許権
    新藤隆行
  • 代謝症候群の治療もしくは予防剤、検査方法、検査薬、及び代謝症候群の治療薬の候補化合物のスクリーニング方法, US 8,858,915 B2, 特許権
    新藤隆行
  • 代謝症候群の治療もしくは予防剤、検査方法、検査薬、及び代謝症候群の治療薬の候補化合物のスクリーニング方法, EP2221065, 特許権
  • RAMP2を標的とする血管構造の安定化剤及び血管新生剤, 4993606, 304422, 特許権
    新藤隆行
  • 代謝症候群の治療もしくは予防剤、検査方法、検査薬、及び代謝症候群の治療薬の候補化合物のスクリーニング方法, 5099856, 071212 , 特許権
    新藤隆行

その他

  • 循環器専門医
    1997年
  • 日本内科学会 総合内科専門医
    1996年
  • 医師免許
    1991年