MASUHARA Hiroaki

Academic Assembly School of Humanities and Social Sciences Institute of Social Sciences

Faculty of Economics and Law Department of Economics 

Professor 

Degree

  • 博士(経済学), Hitotsubashi University
  • 修士(経済学), Hitotsubashi University
  • 学士(経済学), Hitotsubashi University

Research Keyword

    Demand for Medical Care, Microeconometrics

Field Of Study

  • Public economics and labor economics, Health Economics
  • Economic statistics, Applied Econometrics

Mail Address

    masuhara★shinshu-u.ac.jp

Career

  • 2021
    信州大学経法学部 教授
  • 2016 - 2021
    信州大学経法学部 准教授
  • 2015 - 2016
    広島国際大学医療経営学部医療経営学科 准教授
  • 2011 - 2015
    広島国際大学医療経営学部医療経営学科 専任講師
  • 2009 - 2011
    広島国際大学医療福祉学部医療経営学科 専任講師
  • 2007 - 2009
    国立長寿医療センター研究所長寿政策・在宅医療研究部長寿医療経済研究室 室員
  • 2005 - 2007
    国立長寿医療センター研究所長寿政策科学研究部長寿医療経済研究室 室員
  • 2005 - 2005
    財団法人医療科学研究所 非常勤研究員
  • 2004 - 2005
    日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2003 - 2004
    日本学術振興会特別研究員(DC2)

Educational Background

  • 2001, Hitotsubashi University, Graduate School, Division of Economics
  • 2014, Hitotsubashi University, Graduate School, Division of Economics
  • 1999, Hitotsubashi University, Faculty of Economics

Paper

  • Relationship among COVID-19, mobility, and food service vouchers in Japan
    Hiroaki MASUHARA, Kei HOSOYA
    Applied Economics, 56(4), 375-397, Jan. 2024, Refereed電子ジャーナル
  • 診療報酬制度:インセンティブ構造からの分析
    増原宏明, 細谷圭, 林行成
    社会保障法研究, 18, 141-187, Oct. 2023
  • 薬価基準制度がもたらすインセンティブ構造-総額管理手法を見据えて-
    林行成, 増原宏明, 細谷圭
    社会保障法研究, 18, 189-223, Oct. 2023
  • Stringent regulatory policies for COVID-19 and economic rationality
    Kei HOSOYA, Hiroaki MASUHARA
    Applied Economics Letters, 30(17), 2307-2314, Aug. 2023, Refereed電子ジャーナル
  • Supplementary note to Masuhara and Hosoya (2022)
    Hiroaki MASUHARA, Kei HOSOYA
    The Kokugakuin University Economic Review, 71(2), 21-78, Mar. 2023
  • Japanʟs Response to the COVID-19 Pandemic: Focusing on the Healthcare System and Human Behavior
    Hiroaki MASUHARA, Kei HOSOYA
    Journal of Social Security Research (SHAKAI HOSHO KENKYU), 7(3), 184-199, Dec. 2022電子ジャーナル
  • What impacts do human mobility and vaccination have on trends in COVID-19 infections? Evidence from four developed countries
    Hiroaki MASUHARA, Kei HOSOYA
    RIETI Discussion Paper Series, 22-E-087, Sep. 2022
  • Convergent movement of COVID-19 outbreak in Japan based on SIR model
    Hiroaki MASUHARA, Kei HOSOYA
    Economic Analysis and Policy, 73, 29-43, Mar. 2022, Refereed
    Lead電子ジャーナル
  • Multi-episode count data estimation for health care demand
    Hiroaki MASUHARA
    Economics Bulletin, 41(4), 2281-2290, Dec. 2021, Refereed
    Lead
  • Issues Concerning the Reorganization of Communities in Mountainous Regions: Perspectives on Resident Autonomy and Environmental Conservation in Sakuho Town, Nagano Prefecture
    武者忠彦, 井上信宏, 西村直子, 増原宏明
    信州大学経法論集, 11, 19-39, Oct. 2021リポジトリ
  • コロナショックと日本の医療体制:状況報告と論点整理
    増原宏明,細谷圭
    RIETI Discussion Paper Series, 21-P-003, Mar. 2021
  • Impact of Future Design on Workshop Participants’ Time Preferences
    Naoko Nishimura, Nobuhiro Inoue, Hiroaki Masuhara, and Tadahiko Musha
    Sustainability, 12(18), 7796, 21 Sep. 2020, Refereed電子ジャーナル
  • Impact of Future Design on Workshop Participants’ Time Preferences
    Naoko Nishimura, Nobuhiro Inoue, Hiroaki Masuhara, and Tadahiko Musha
    Faculty of Economics and Law Shinshu University Staff Paper Serie, 3(No.20-01), 1-23, Aug. 2020リポジトリ
  • 長野県松本市におけるフューチャー・デザインの研究と実践:フューチャー・デザイン・ワークショップ マニュアル 基本編
    西村直子・井上信宏・武者忠彦・増原宏明・山沖義和
    Faculty of Economics and Law Shinshu University Staff Paper Serie, 2(No.19-01), 1-30, Mar. 2020リポジトリ
  • Identifying finite mixture models in the presence of moment-generating function: application in medical care using a zero-inflated binomial model
    Hiroaki MASUHARA
    Economics Bulletin, 39(2), 1529-1537, 15 Jun. 2019, Refereed
  • 医療用医薬品の納入価格と流通チャネル形態
    櫻井秀彦,丹野忠晋,増原宏明,林行成,山田玲良
    JSMDレビュー, 3(1), 11-18, Apr. 2019, Refereed
  • 医療用医薬品の流通分析─卸の機能と情報提供サービスに関する実証研究─
    櫻井秀彦,丹野忠晋,増原宏明,林行成,恩田光子,山田玲良
    流通研究, 19(1), 1-10, Dec. 2016, Refereedリポジトリ電子ジャーナル
  • 有限混合モデルの個数特定化のための検定統計量に関する一考察
    増原宏明
    医療経営論叢, 8, 61-76, Mar. 2016, Refereed
  • 保険者医療費データによる生涯医療費シミュレーションのための統計理論
    増原宏明,小西幹彦,丁井雅美,林行成
    日本医療経営学会誌, 9(1), 47-56, Feb. 2016, Refereed
  • 医療機関における大規模災害時の緊急参集システム
    丁井雅美,北村晃,小笠原雅人,増原宏明,小西幹彦,林行成
    モバイル学会誌, 5(1), 1-8, 2015, Refereed
  • 医療経営における費用配賦の統計学的考察:観察不可能な費用と有限混合分布モデ
    増原宏明,小西幹彦,丁井雅美,林行成
    日本医療経営学会誌, 7(1), 23-29, Sep. 2013, Refereed
  • 医療経営における成果主義的報酬システムの検討
    林行成,丁井雅美,小西幹彦,増原宏明
    日本医療経営学会誌, 7(1), 15-22, Sep. 2013, Refereed
  • Hurdle and non-hurdle specifications of finite mixture count data models for medical care demand
    Hiroaki MASUHARA
    医療経営論叢, 4, 57-67, Mar. 2013, Refereed
  • Semiparametric specifications of unobserved heterogeneity in count data models: an application to medical care utilization
    Hiroaki MASUHARA
    医療経営論叢, 3, 41-49, Mar. 2012, Refereed
  • 人工透析患者における外来受診行動についての分析
    西川浩平,増原宏明,荒井由美子
    季刊社会保障研究, 44(4), 460-472, Mar. 2009, Refereed
  • Semi-nonparametric count data estimation with an endogenous binary variable
    Hiroaki MASUHARA
    Economics Bulletin, 3(42), 1-13, Aug. 2008, Refereed
  • Semi-nonparametric estimation of regression-based survival models
    Hiroaki MASUHARA
    Economics Bulletin, 3(61), 1-12, Nov. 2007, Refereed
  • 就業期累積医療費と医療貯蓄勘定~レセプトデータを用いたシミュレーション例~
    増原宏明
    フィナンシャル・レビュー, 80, 94-116, Mar. 2006
  • 1999年7月老人保健適用者外来薬剤費一部負担無料化の効果
    増原宏明,村瀬邦彦
    季刊社会保障研究, 40(4), 360-372, Mar. 2005, Refereed
  • 老人保健制度と外来受診-健康保険レセプトデータを用いた count data 分析-
    増原宏明
    季刊社会保障研究, 40(3), 266-276, Dec. 2004, Refereed
  • Finite Mixture モデルを用いた受診行動の比較分析
    増原宏明
    医療と社会, 14(3), 35-50, Dec. 2004
  • 医療保険と患者の受診行動-国民健康保険と組合健康保険のレセプトデータによる分析-
    増原宏明,今野広紀,比佐章一,鴇田忠彦
    季刊社会保障研究, 38(1), 1-13, Jun. 2002

Books and other publications

  • コロナショックの経済学
    増原宏明,細谷圭, Joint work, コロナショックと日本の医療体制
    中央経済社, 19-41 Apr. 2021
  • 医療経済学15講
    細谷圭,林行成,増原宏明, Joint work
    新世社, Nov. 2018
  • 博士学位請求論文
    Hiroaki MASUHARA, Single work, Essays on Unobserved Heterogeneity and Endogeneity in Health Econometrics
    一橋大学大学院経済学研究科, 1-112 Jul. 2014, Refereed
  • MBAのためのミクロ経済学入門Ⅱ ゲーム・情報と経営戦略
    クレプス, D., 【翻訳】中泉真樹,尾近裕幸,熊本尚雄,林行成,細谷圭,増原宏明, Joint work
    東洋経済新報社, 3-34 Mar. 2009
  • MBAのためのミクロ経済学入門Ⅰ 価格と市場
    クレプス, D., 【翻訳】中泉真樹,尾近裕幸,熊本尚雄,林行成,細谷圭,増原宏明, Joint work
    東洋経済新報社, 61-174 Mar. 2008
  • 医療と介護の世代間格差:現状と改革
    田近栄治,佐藤主光ほか, Joint work
    東洋経済新報社, 11-13 Sep. 2005
  • 日本の医療改革-レセプトデータによる経済分析-
    鴇田忠彦ほか, Joint work
    東洋経済新報社, 137-155 Sep. 2004

Lectures, oral presentations, etc.

  • 医療施設のWebサイトの情報アクセシビリティ評価
    丁井雅美・吉川愛・小西幹彦・増原宏明・林行成・吉村朋代・白髪昌世
    グローバルシンポジウム2011, 02 Sep. 2011
  • 医療関連情報を用いた統計的推測の試み
    小西幹彦・増原宏明・林行成・丁井雅美・吉村朋代・白髪昌世
    グローバルシンポジウム2011, 02 Sep. 2011
  • 医療経営における成果主義的報酬システムに関する経済学的検討
    林行成・吉村朋代・丁井雅美・小西幹彦・増原宏明・白髪昌世
    グローバルシンポジウム2011, 02 Sep. 2011
  • 医療経営における費用配賦の統計学的考察:有限混合分布モデルによる接近
    増原宏明・小西幹彦・吉村朋代・丁井雅美・林行成・白髪昌世
    グローバルシンポジウム2011, 02 Sep. 2011
  • 高齢者医療費のセミパラメトリックシミュレーション
    増原宏明,荒井由美子
    日本老年社会科学会,パシフィコ横浜・インターコンチネンタルホテル, 20 Jun. 2009
  • 医療費自己負担割合の上昇が高齢者の外来受診に与えた影響
    花岡智恵,増原宏明,荒井由美子
    日本老年社会科学会,パシフィコ横浜・インターコンチネンタルホテル, 20 Jun. 2009
  • 高齢者医療における自己負担率低下が外来受診日数に与える影響
    西川浩平,増原宏明,荒井由美子
    日本老年社会科学会,大阪府立大学, 28 Jun. 2008
  • 高齢者医療における自己負担率低下が外来医療費に与える影響
    増原宏明,西川浩平,荒井由美子
    日本老年社会科学会,大阪府立大学, 28 Jun. 2008
  • 平成18年における都道府県別在宅死亡割合と医療・社会的指標との関連
    安部幸志,増原宏明,荒井由美子
    日本老年社会科学会,大阪府立大学, 28 Jun. 2008
  • Medical expenditure of patients with Alzheimer's disease: do the rich spend more?
    Masuhara, H.,Arai, Y.
    IPA 2007 Osaka Silver Congress, International Psychogeriatrics, Osaka International Convention Center, 17 Oct. 2007
  • 死亡前医療費のセミ・ノンパラメトリック分析;国民健康保険診療報酬明細書による一例
    増原宏明,荒井由美子
    日本経済学会秋季大会,日本大学, 24 Sep. 2007
  • 終末期医療費と所得格差;国民健康保険診療報酬明細書による一例(その2)
    増原宏明,荒井由美子
    日本老年社会科学会,札幌教育文化会館, 20 Jun. 2007
  • 終末期医療費と所得格差;国民健康保険診療報酬明細書による一例(その1)
    荒井由美子,増原宏明
    日本老年社会科学会,札幌教育文化会館, 20 Jun. 2007
  • 高齢期までの累積医療費格差の分析―セミパラメトリックモデルによるシミュレーション例―
    増原宏明,田近栄治,荒井由美子
    日本老年社会科学会,関西学院大学, 25 Jun. 2006
  • Trends in Demographics and Survival for Patients (pts) with Advanced Non-Small Cell Lung Cancer (NSCLC)
    Kubota K, Masuhara H, Hosoya K, Yoh K, Niho S, Goto K, Ohmatsu H, Nishiwaki Y, Saijo N
    The 42nd American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting, 04 Jun. 2006
  • 有限混合タイプ2 Tobitモデルの比較と医療費の推定
    増原宏明
    日本経済学会春季大会,福島大学, 03 Jun. 2006
  • 1997年9月健康保険制度改定と外来受診-組合健康保険レセプトデータによる分析-
    増原宏明
    日本経済学会秋季大会,明治大学, 13 Oct. 2003
  • 老人健康保健制度と外来受診-組合健康保険レセプトデータによるcount data分析-
    増原宏明
    日本経済学会春季大会,大分大学, 14 Jun. 2003

Courses

  • Health Care System
    Shinshu University
  • Social Research on Community-based Integrated Care System
    Shinshu University
  • Seminar in Economics Ⅰ
    Shinshu University
  • Seminar in Economics Ⅱ
    Shinshu University
  • Health Economics
    Shinshu University
  • Introductory Microeconomics
    Shinshu University
  • Health Care Policy
    Shinshu University
  • 応用経済学演習Ⅰ
    Shinshu University
  • 解析手法論
    Shinshu University
  • 社会課題別PBL A
    Shinshu University

Affiliated academic society

  • Oct. 2002
    Japanese Economic Association
  • Jul. 2007
    Japan Health Economic Association

Research Themes

  • イノベーションの創出と普及に関する競争と保護の関係の解明
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2022 - 2026
  • 健診,診療(医科・歯科),介護と予後を解析する機械学習を活用した大規模研究
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2022 - 2024
  • 長野県国民健康保険診療報酬明細書を用いた保険料率統一と高齢者医療費の分析
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    01 Apr. 2021 - 31 Mar. 2025
  • 包括的地域保健データに基づく歯周病と全身疾患の関連に関する研究
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2019 - 2021
  • 仮想将来世代による新しい市民討議手法の開発と効果測定-将来人の思考プロセスは何か
    科学研究費補助金, 挑戦的研究(萌芽)
    2018 - 2020
  • 識別不可能な有限混合モデルの推定と要素密度の個数特定化のための検定統計量の開発
    科学研究費補助金, 若手研究(B)
    01 Apr. 2014 - 31 Mar. 2017
  • 健康の内生性を考慮した高齢者の受診行動・退職行動のセミパラメトリック分析
    科学研究費補助金, 若手研究(B)
    01 Apr. 2009 - 31 Mar. 2012
  • レセプトデータでみる医療費適正化政策の有効性評価に関する研究
    科学研究費補助金, 厚生労働科学研究費補助金
    2007 - 2008
  • 高齢者の医療費の地域格差に関する研究
    国立長寿医療センター
    2006 - 2008
  • 医療需要関数の推定
  • 医療費シミュレーション
  • 非線形ミクロ計量経済学モデルの開発

Media Coverage

  • どう読み解く『病床再編 入院最小限に』
    中国新聞, 03 Dec. 2014, Paper
  • どうなる暮らし 新政権誕生 上 高齢者医療
    中国新聞, 18 Sep. 2009, Paper

Academic Contribution Activities

  • Others
    公益財団法人 医療科学研究所, 2005