城田 徹央 (シロタ テツオウ)   

学術研究院(農学系)

農学部 農学生命科学科 森林・環境共生学コース 

助教 

学位

  • 博士(農学), 九州大学

研究分野

  • 林学

電話番号

    0265-77-1538(直通) 内線2352

メールアドレス

    shirota★shinshu-u.ac.jp

経歴

  • 2014年
    信州大学学術研究院農学系,助教
  • 2009年 - 2014年
    信州大学農学部、助教
  • 2007年 - 2009年
    北海道大学大学院農学研究院、研究院研究員
  • 2005年 - 2007年
    北海道大学低温科学研究所、非常勤研究員
  • 2003年 - 2005年
    北海道大学総合博物館、産学官連携研究員
  • 2000年 - 2003年
    九州大学熱帯農学研究センター、非常勤研究員
  • 1995年 - 1998年
    日本学術振興会、特別研究員DC1

学歴

  • 1995年 - 2000年, 九州大学, 農学研究科, 林業学
  • 1993年 - 1995年, 九州大学, 農学研究科, 林業学
  • 1991年 - 1993年, 九州大学, 農学部, 林学

委員歴

  • 2013年
    学識者, 矢作川流域圏懇談会山部会
  • 1994年 - 1996年
    評議委員, 日本根研究会

受賞

  • 2004年
    日本生態学会, ポスター賞最優秀賞
    共著

論文

  • Spatial relationship between damaged understory and felled trees during the final cutting in a shelterwood forest
    Dai Otsuka,Kai Moriguchi,Tetsuoh Shirota,Tatsuhito Ueki & Masashi Saito
    International Journal of Forest Engineering, 2021年07月06日, 査読有り電子ジャーナル
  • Natural regeneration and artificial thinning for early forest restoration on permanently closed ski slope
    Shirota T., Iwasaki C., Okano T., Oya S.
    INTERNATIONAL JOURNAL OF GEOMATE, 20(82), 115-120, 2021年03月01日, 査読有り電子ジャーナル
  • Characterization of temperature environment on Mikura-jima island, Japan considering vegetation recovery
    Arase T., Okano T., Shirota T., Hino M., Uchida T.
    Journal of GEOMATE, 18(66), 37-43, 2020年, 査読有りWebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • Forest roads cause edge effects on plant species diversity in artificial forests
    Hiroki Kohmori, Tetsuoh Shirota, Tetsuo Okano and Teruo Arase
    INTERNATIONAL JOURNAL OF GEOMATE, 17, 129-134, 2019年08月01日, 査読有りWebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • 高茎草本群落が発達したスキー場休業地における森林回復の可能性
    岩崎千鶴,城田徹央,岡野哲郎,大矢信次郎
    信州大学農学部AFC報告, 17, 27-36, 2019年04月15日, 査読有りリポジトリ
  • Colonization and morphological changes of a sedge restricting regeneration after wind damage in a natural forest in Kiso district, central Japan
    ARASE,Teruo, OKANO,Tetsuo, SHIROTA,Tetsuoh
    INTERNATIONAL JOURNAL OF GEOMATE, 12(31), 100-104, 2016年11月14日, 査読有りWebofScienceリポジトリ
  • Methods of suppressing colonizing sedge to help to establish seedling in a natural forest in Kiso district, central Japan
    ARASE,Teruo, OKANO, Tetsuo, SHIROTA, Tetsuoh
    INTERNATIONAL JOURNAL OF GEOMATE, 32(32), 19-24, 2016年11月14日, 査読有りWebofScienceリポジトリ
  • 長野県の緩傾斜地における車両系伐出作業システムによる伐採・造林一貫作業の生産性
    大矢 信次郎、斎藤 仁志、城田 徹央、大塚 大、宮崎 隆幸、柳澤 信行、小林 直樹
    日本森林学会誌, 98(5), 233-240, 2016年10月31日, 査読有りリポジトリ
  • 長野県北部におけるスギコンテナ苗の活着と初期成長<特集:低コスト再造林に向けたコンテナ苗を活用した研究の状況>
    城田徹央・松山智矢・大塚大・齋藤仁志・岡野哲郎・大矢信次郎
    日本森林学会誌, 98(5), 227-232, 2016年10月01日, 査読有りリポジトリ
  • マメガキの着果数に及ぼす分枝構造の影響
    城田徹央,孝森博樹,岡野哲郎
    信州大学環境科学年報, 38, 19-24, 2016年03月31日, 査読有りリポジトリ
  • イチイシュートの二列互生はいつ形成されるのか?
    岩崎千鶴,飯島健史,西野美樹,城田徹央,岡野哲郎
    信州大学環境科学年報, 38, 43-48, 2016年03月31日, 査読有りリポジトリ
  • 根羽村におけるコンテナ苗の初期成長に対する枝条マルチング効果の検証
    城田徹央,小濱光弘,松山智矢,大塚 大,大矢信次郎,岡野哲郎,齋藤仁志
    信州大学環境科学年報, 38, 71-78, 2016年03月31日, 査読有りリポジトリ
  • 東信地方におけるカラマツコンテナ苗の活着と初期成長
    城田徹央・松山智矢・大矢信次郎・岡野哲郎・大塚大・齋藤仁志・宇都木玄・壁谷大介
    信州大学農学部AFC報告, 14, 13-21, 2016年03月30日, 査読有りリポジトリ
  • 信州大学農学部構内のアカマツ林に自生するサクラ属3種のサイズ構造と空間分布
    城田徹央・宮内郁美・齋藤大・丸山一樹・岡野哲郎
    信州大学農学部AFC報告, 13, 59-67, 2015年03月26日, 査読有りリポジトリ
  • 信州大学農学部構内に自生するサクラ属3種の繁殖開始サイズ
    城田徹央・宮内郁美・齋藤大・丸山一樹・岡野哲郎
    信州大学農学部AFC報告, 13, 69-74, 2015年03月26日, 査読有りリポジトリ
  • 信州大学農学部構内に自生するサクラ属3種の種子サイズ,発芽率および初期成長の比較
    城田徹央・宮内郁美・齋藤大・丸山一樹・岡野哲郎
    信州大学農学部AFC報告, 13, 75-80, 2015年03月26日, 査読有りリポジトリ
  • 枝の表面積計測を目的としたスキャナーとLEDライトボックスを用いた小型円筒体の表面積測定の正確性の検討
    大山可将・城田徹央・安江恒・岡野哲郎
    信州大学農学部AFC報告, 13, 53-58, 2015年03月26日, 査読有りリポジトリ
  • モンゴル北部のカラマツ成熟林における劣勢木のアロメトリー特性
    田邊智子・城田徹央・齋藤大・安江恒・Baatarbileg Nachin
    信州大学農学部AFC報告, 13, 107-112, 2015年03月26日, 査読有りリポジトリ
  • 異なる光環境下に生育するサワラ後継樹の樹冠形
    川谷 尚平,小林 元,清野 達之,城田 徹央
    信州大学農学部AFC報告, 12, 17-23, 2014年03月26日, 査読有りリポジトリ
  • 壮齢ヒノキ人工林における低木層とササの除去による林床植生の変化
    川村奈々・城田徹央・丸山一樹・岡野哲郎
    中部森林研究, 61, 73-74, 2013年05月01日, 査読有り
  • 強度間伐に対する壮齢ヒノキ人工林の林分構造の中期的応答
    城田徹央・伊藤有季・丸山一樹・岡野哲郎
    信州大学AFC報告, 10, 17-26, 2012年03月28日, 査読有りリポジトリ
  • 壮齢ヒノキ人工林における強度間伐後14年間の林床植物の種組成の変化
    城田徹央・森本隆弘・丸山一樹・岡野哲郎
    信州大学AFC報告, 10, 27-37, 2012年03月28日, 査読有りリポジトリ
  • 手良沢山演習林ヒノキ人工林に生育する資源植物
    城田徹央・飯野啓介・丸山一樹・小林元・荒瀬輝夫・岡野哲郎
    信州大学AFC報告, 10, 45-60, 2012年03月28日, 査読有りリポジトリ
  • 南アルプス戸台川河岸段丘上におけるミズナラ実生の成長と生残
    城田徹央,中野大佑,丸山一樹,岡野哲郎
    中部森林研究, 59, 23-26, 2011年, 査読有り
  • 冷温帯上部に植栽されたカラマツ人工林林床における落葉広葉樹12種の展葉パターンの違い
    田中ゆり子,城田徹央,木村誇,岡野哲郎
    信州大学AFC報告, 9, 1-10, 2011年, 査読有りリポジトリ
  • 冷温帯上部に植栽されたカラマツ人工林の広葉樹レフュージアとしての機能の検討
    田中ゆり子,城田徹央,木村誇,岡野哲郎
    信州大学AFC報告, 9, 11-19, 2011年, 査読有りリポジトリ
  • Effect of increased rainfall on water dynamics of Larch (Larix cajanderi) forest in permafrost regions, Russia - an irrigation experiment
    Lopez,C.M.L., Shirota,T., Iwahana,G., Koide,T., Maximov,T.C., Fukuda,M., Saito,H.
    Journal of Forest Research, 15, 2010年04月06日, 査読有りWebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • 戸台川渓畔林におけるミズナラの分布とサイズ構造
    城田徹央,中野大佑,丸山一樹,岡野哲郎
    信州大学AFC報告, 8, 9-16, 2010年03月, 査読有りリポジトリ
  • アカマツ林床に生育するツツジ科低木4種のシュートデザイン,信州大学AFC報告
    城田徹央,岡野哲郎
    信州大学AFC報告, 8, 1-8, 2010年03月, 査読有りリポジトリ
  • 信州大学西駒演習林におけるブナ植栽木の15年間の成長経過
    米山ひかる,城田徹央,岡野哲郎
    信州大学AFC報告, 8, 17-28, 2010年03月, 査読有りリポジトリ
  • アカマツ林床に生育するツツジ科低木4種の樹形比較
    城田徹央,岡野哲郎
    中部森林研究, 58, 41-44, 2010年
  • Effects of change in soil environment associated with heavy precipitation on soil greenhouse gas fluxes in a Siberian larch forest near Yakutsk
    Koide,T., Saito,H., Shirota,T., Iwahana,G., Lopez, C.M.L., Maximov,T.C., Hasegawa,S., Hatano,R
    Soil Science and Plant Nutrition, 2010年, 査読有りWebofScience電子ジャーナル
  • Simulation study of size-structure dynamics with changing spatial pattern of tree sizes in a lattice-planted Japanese cedar (Cryptomeria japonica D. Don) plantation
    Inoue, S., Shirota, T., Mitsuda, Y., Ishii, H., Gyokusen, K.
    Journal of Forest Planning, 15, 11-19, 2009年, 査読有りリポジトリ
  • Effects of individual size, local competition and canopy closure on the stem volume growth in a monoclonal Japanese cedar (Cryptomeria japonica D. Don)plantation.
    Inoue, S., Shirota, T., Mitsuda, Y., Ishii, H., Gyokusen, K.
    Ecological Research, 23, 953-964, 2008年05月08日, 査読有りWebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • 東シベリアにおけるカラマツ林のサイズ構造と地上部現存量の推移
    城田徹央,斎藤秀之,渋谷正人,高橋邦秀,T.C.マキシモフ
    日本森林学会北海道支部論文集, 57, 65-67, 2008年リポジトリ
  • Interannual environmental-soil thawing rate variation and its control on transpiration from Larix cajanderi, Central Yakutia, Eastern Siberia. Journal of Hydrology
    Lopez, L., Saito, H., Kobayashi, Y., Shirota, T., Iwahana, G., Maximov, T.C., Fukuda, M.
    Journal of Hydrogy, 338, 251-260, 2007年WebofScienceリポジトリ電子ジャーナル
  • 「樹形のパイプモデル」は「樹形」をどこまで説明できるだろうか?―スギとヒノキの場合
    城田徹央,作田耕太郎
    生物科学, 54, 163-172, 2003年
  • Comparative study of the root structure of fourevergreen broadleaved woody species in relation to their salt tolerance
    Shirota,T. , Yahata,H.
    Bulletin of Institute of TropicalAgriculture, Kyushu University, 25, 35-41, 2002年
  • Apoplastic pathway in root system of Eunoymus japonicus
    Shirota,T. , Inoue, Y., Yahata,H.
    Bulletin of Institute of Tropical Agriculture, Kyushu University, 25, 27-33, 2002年

MISC

  • ドイツの森林管理に学ぶ
    城田徹央
    造林時報, 209, 14-17, 2020年10月31日
    筆頭著者, 責任著者
  • 高標高地域カラマツ人工林の針広混交林化
    城田徹央
    造林時報, 208, 12-16, 2020年07月31日
    筆頭著者, 責任著者
  • 里山の適切な利用
    城田徹央
    造林時報, 207, 13-17, 2020年04月
  • 2019年度海外農学実習(ドイツ)の報告
    城田 徹央 , 福山 泰治郎 , 宇津木 佑夏 , 小栁津 有香 , 小嶋 宏亮 , 安部 有佳子 , 山﨑 千種
    信州大学農学部AFC報告, 18, 79-83, 2020年03月
    筆頭著者, 最終著者, 責任著者
  • 高標高地域アカマツ林の衰退に伴う樹種転換の検討
    城田徹央
    造林時報, 206, 13-17, 2020年01月31日
  • スギ人工林における種組成と種多様性の推定
    城田徹央
    造林時報, 205, 13-17, 2019年10月31日
  • 生物多様性に対する強度間伐の中・長期的影響
    城田徹央
    造林時報, 204, 13-16, 2019年07月31日
  • 森林路網と生物多様性
    城田徹央
    造林時報, 203, 12-15, 2019年05月31日
  • スキー場跡地における天然更新と森林回復
    城田徹央
    造林時報, 202, 15-18, 2019年03月25日
  • 再造林期におけるコンテナ苗導入
    城田徹央
    造林時報, 201, 14-17, 2019年01月11日
  • 伐採・造林一貫作業システムについて
    森田直宏・木内重明・斎藤仁志・城田徹央・大塚 大
    機械化林業, 739, 13-19, 2015年06月01日
  • An importance of branch-branch interaction within crown of open grown black spruce in central Alaska.
    SHIROTA, Tetsuoh., YASUE, Koh ., OSAWA, Akira
    Abstruct of 4th International Symposium on the Arctic Research, 393-393, 2015年04月29日, 査読有り
  • Branching properties of declining Larix sibirica tree in northern Mongolian boreal forest.
    TANABE,Tomoko., SHIROTA,Tetsuoh., SAITO,Dai., YASUE,Koh., NACHIN,Baatarbileg
    Abstruct of 4th International Symposium on the Arctic Research, 2015年04月29日, 査読有り
  • Spatial patterns and inter-tree interaction in a mature Larix sibirica stand at the northern ecotone Mongolia.
    SAITO,Dai., SHIROTA,Tetsuoh., TANABE,Tomoko., YASUE,Koh., NACHIN,Baatarbileg
    Abstruct of 4th International Symposium on the Arctic Research, 2015年04月29日, 査読有り
  • 根羽村が挑戦する林業イノベーション
    城田徹央
    Rio:豊田市矢作川研究所月報, 182, 1-3, 2014年02月01日
  • 老齢木曽ヒノキ天然生林における林冠木の成長に及ぼすサイズ-空間構造の影響
    齋藤大・城田徹央・岡野哲郎
    中部森林技術交流発表会要旨集平成26年版, 41-49, 2014年
  • Changing precipitation regimes and photosynthetic performance of the East-Siberian taiga
    Saito, H., Shirota, T., Lopez, L., Iwahana, G., Maximov, T., Shibuya, M., Takahashi, K.
    Geophysical Research Abstracts,, (9), 61-64, 2007年, 査読有り
  • A significance of shoot reversion of mature larch trees in Spasskaya Pad: an architectural analysis
    Shirota, T., Saito, H., Maximov, TC.
    Proceedings of 3rd international conference, ‘The Role of Permafrost Ecosystem in Global Climate Change’, Yakutsk, YSC Publishing House SB, RAS., 204-209, 2007年, 査読有り
  • Irrigation increases leaf area index in a mature larch forest in eastern Siberia. In: The Role of Permafrost Ecosystem in Global Climate Change.
    Saito, H., Shirota, T., Lopez, L., Iwahana, G., Maximov, TC., Takahashi, K.
    Proceedings of 3rd international conference, ‘The Role of Permafrost Ecosystem in Global Climate Change’, Yakutsk, YSC Publishing House SB, RAS., 209-206, 2007年, 査読有り
  • Upscaling of aboveground respiration during summer in a mature larch (Larix cajanderi) forest on Siberian permafrost
    Saito, H., Shirota, T., Maximov, TC.
    Proceedings of 3rd international conference, ‘The Role of Permafrost Ecosystem in Global Climate Change’, Yakutsk, YSC Publishing House SB, RAS., 217-221, 2007年, 査読有り
  • The effect of artificial ground-fire on soil water regime in a mature larch forest in eastern Siberia.
    Iwasaki, H., Hasegawa, S., Saito, H., Shirota, T., Sasaki, M., Maximov, TC., Takahashi, K.
    Proceedings of 3rd international conference, ‘The Role of Permafrost Ecosystem in Global Climate Change’, Yakutsk, YSC Publishing House SB, RAS., 221-226, 2007年, 査読有り
  • Ecosystem carbon loss by clear-cutting in a mature larch forest in eastern Siberia.
    Hayasaka N., Saito H., Lopez L., Shirota T., Hatano R., Shibuya M., Maximov, T.C., Takahashi, K.
    Abstruct of International Symposium on The Symptom of Environmental Change in Siberian Permafrost Region, P3, 2005年11月30日, 査読有り
  • Shoot morphology and photosynthetic properties in response to irrigation in a mature larch stand in eastern Siberia.
    Saito H., Shirota T., Sasaki M., Lopez L., Iwahana G., Maximov, T.C., Takahashi, K.
    Abstruct of International Symposium on The Symptom of Environmental Change in Siberian Permafrost Region, RR4, 2005年11月30日, 査読有り
  • Analysis of spatial-size-age structure and fire history of matured larch forest in eastern Siberia.
    Shirota T., Saito H., Maximov TC., Takahashi K.
    Abstruct of International Symposium on The Symptom of Environmental Change in Siberian Permafrost Region, RR5-4, 2005年11月30日, 査読有り
  • Variety in forest structure of matured larch forest in eastern Siberia. International Symposium on “The Symptom of Environmental Change in Siberian Permafrost Region,
    Shirota T. Saito H., Makisimov A., Kononov A., Isaev AP, Maximov TC., Shibuya M., Yajima T., Takahashi K.
    Abstruct of International Symposium on The Symptom of Environmental Change in Siberian Permafrost Region, RR5-3, 2005年11月30日, 査読有り
  • Safe site of larch seedlings in the lightly burnt forest in eastern Siberia.
    Shirota T. Saito H., Maximov, T.C., Isaev, AP., Takahashi, K.
    Abstruct of International Symposium on The Symptom of Environmental Change in Siberian Permafrost Region, RR5-2, 2005年11月30日, 査読有り
  • Shoot amount and branching properties in response to irrigation in mature larch forest in eastern Siberia.
    Shirota T. Saito H., Iwahana G., Lopez L., Maximov, T.C., Takahashi, K.
    Abstruct of International Symposium on The Symptom of Environmental Change in Siberian Permafrost Region, RR5-1, 2005年11月30日, 査読有り
  • 東シベリアに生育するカラマツ「Larix gmelinii」と「L. cajanderi」について
    城田徹央・斎藤秀之・飯村佳代・渋谷正人・高橋邦秀
    北海道の林木育種, 48, 9-12, 2005年, 査読有り
  • Comparison of structure among five mature larch forests in eastern Siberia.
    Shirota T., Saito H., Makisimov A., Kononov A., Isaev AP, Maximov TC., Shibuya M., Yajima T., Takahashi K.
    Proceedings for 2nd Symposium on Water Cycle in Northern Eurasia., 39-42, 2005年, 査読有り
  • Changing precipitation regimes and leaf area in a canopy of mature larch forest in eastern Siberia
    Saito H., Shirota T., Lopez L., Iwahana G., Maximov, T.C., Takahashi, K.
    Proceedings for 2nd Symposium on Water Cycle in Northern Eurasia., 53-53, 2005年, 査読有り
  • Analysis of spatial-size-age structure and fire history of matured larch forest in eastern Siberia
    Shirota T., Saito H., Maximov TC., Takahashi K.
    Proceedings of the Sixth International Conference on Global Change: Connection to the Arctic (GCCA6), 204-206, 2005年, 査読有り
  • Changing precipitation regimes and photosynthetic performance of the East-Siberian taiga.
    Saito H., Komori H., Shirota T., Suzuki M., Lopez L., Iwahana G., Kononov A.V., Kobayashi Y., Hatano R., Koide T., Shibuya M., Maximov, T.C., Fukuda M., Takahashi, K.
    Proceedings of the Sixth International Conference on Global Change: Connection to the Arctic (GCCA6), 199-202, 2005年, 査読有り
  • 永久凍土地帯カラマツ林の樹冠における光合成の生態生理学的研究
    斎藤秀之, 鈴木雅博, 小森弘基, 城田徹央, 高橋邦秀
    北ユーラシア水循環シンポジウム予稿集, 2004年, 査読有り
  • Estimation of the productive structure of Larix cajanderi forest in Spasskaya Pad.
    Shirota, T., Saito, H., Takahashi, K.,Maximov, T.C., Makisimov,A. Kononov, A.V.
    Extended Abstract for International Semi-open Workshop “C/H2O/energy balance and climate over boreal regions with special emphasis oneastern Siberia, 39-42, 2004年, 査読有り
  • Immediate changes in NEP following clear-cutting in a mature larch stand in eastern Siberia.
    Saito H., Shirota T., Lopez L., Iwahana G., Maximov, T.C., Takahashi, K.
    Extended Abstract for International Semi-open Workshop “C/H2O/energy balance and climate over boreal regions with special emphasis on eastern Siberia, 33-38, 2004年, 査読有り
  • Response of transpiration from Larix gmelinii stands to Irrigation in Eastern Siberia
    Lopez L., Saito H., Shirota T., Kobayashi Y., Iwahana G., Takahashi K., Hatano R., Maximov T. and Fukuda M.
    Extended Abstract for International Semi-open Workshop “C/H2O/energy balance and climate over boreal regions with special emphasis on eastern Siberia, 2004年, 査読有り

書籍等出版物

  • 樹木の形と森林の構造(「木本植物の生理生態」)
    城田徹央(小池孝良・北尾光俊・市栄智明・渡辺誠 編), 共著
    共立出版, 70-78 2020年11月25日, 査読有り
  • エコロジカルな環境設計の手引き:1974年より生き続けるエコビレッジ英国CATと地域伝統技術に学ぶ持続可能な環境デザインの実践・活用マニュアル
    上原三知・城田徹央・梅干野成央・岡野哲郎・土本俊和・石田壽一・柳沢究, 共著
    ブイツーソリューション, 1-104 2012年03月20日
  • 森林サイエンス2
    城田徹央, 共著, 樹形づくりを観察する
    川辺書林, 14-33 2011年03月03日
  • The Symptom of Environmental Change in Siberian Permafrost Region
    Shirota T., Saito H., Maximov, T.C., Isaev, AP., Takahashi, K., 共著, Safe site of larch seedlings in the lightly burnt forest in eastern Siberia
    Hokkaido University Press, Sapporo, Japan, 159-162 2006年
  • 根の事典
    根の事典編集員会編, 共著, グラフ理論に基づく根系形態の記述と解析
    朝倉書店, 96-98 1998年

講演・口頭発表等

  • モンゴル北東部における75年生Larix sibirica林の地上部バイオマスと純一次生産
    城田徹央,齋藤大,安江恒,小田(田中)あゆみ,松浦陽次郎, BAYEABAATAR Soronzonbold BAATABILEG Nachin,GERELBAATAR Sukhbaatar
    第68回日本生態学会大会, 2021年03月20日, 日本生態学会, 招待無し
  • 強度間伐後の林冠再閉鎖が下層植生の構造と機能に及ぼす影響(1)低木の樹形
    城田徹央,水谷天哉,藤岡薫子,林亮臣,岡野哲郎
    第10回中部森林学会, 2020年12月06日, 中部森林学会, 招待無し
  • 南アルプス大規模雪崩跡地における高木性樹木の更新初期過程
    宮城昂,城田徹央,岡野哲郎
    第10回中部森林学会, 2020年12月06日, 中部森林学会, 招待無し
  • 強度間伐後の林冠再閉鎖が下層植生の構造と機能に及ぼす影響(3)下層植生のNPPに対する寄与
    林亮臣,藤岡薫子,城田徹央,岡野哲郎
    第10回中部森林学会大会, 2020年12月06日, 中部森林学会, 招待無し
  • 強度間伐後の林冠再閉鎖が下層植生の構造と機能に及ぼす影響(2)クロモジの樹形形成過程の復元
    藤岡薫子,城田徹央,林亮臣,岡野哲郎
    第10回中部森林学会大会, 2020年12月06日, 中部森林学会, 招待無し
  • Early Forest Restoration on the Closed Ski Slope is Enhanced by Natural Regeneration and Artificial Thinning
    SHIROTA Tetsuoh, IWASAKI Chizuru, OKANO Tetsuo, OYA Shinjiro
    GEOMATE2020, 2020年11月13日, GEOMATE, 招待無し
  • ロシア・カラマツ林における森林火災が細根現存量と根呼吸に与える影響
    牧田 直樹 , Semyon Bryanin , 暁 麻衣子 , Jiyoung An , 小林 真 , 高橋 輝昌 , 安江 恒 , 城田 徹央 , 松浦 陽次郎
    第131回日本森林学会大会, 2020年03月30日, 指定なし, リポジトリ
  • 南アルプス全層雪崩跡地における高木性樹木の初期更新
    宮城 昂,城田徹央,岡野哲郎
    第131回日本森林学会大会, 2020年03月28日, 日本森林学会, 招待無し, リポジトリ
  • 南アルプス大規模雪崩跡地における攪乱強度と実生密度の関係
    宮城昂,岡野哲郎,城田徹央
    第132回日本森林学会, 2020年03月21日, 指定なし
  • ヒノキ切株および根系における腐朽過程
    日名子 結衣, 城田 徹央, 岡野 哲郎, 山田 明義
    第9回中部森林学会大会, 2019年, 中部森林学会
  • Change over time in development of root stocks of black spruce growing at upper and lower slopes in interior Alaska
    S. Otake, T. Morishita, Y. Matsuura, K. Noguchi, T. Shirota, R. Ruess, J. Hollingsworth, K. Yasue
    5th International Symposium on Arctic Research, 2018年01月17日, 招待無し
  • Climate responses of radial growth of Larix sibirica and Pinus sibirica growing in Mongolian permafrost.
    K. Yasue, K. Fukushima, Y. Matsuura, K. Shichi, T. Shirota, N. Baatarbileg
    5th International Symposium on Arctic Research, 2018年01月17日, 招待無し, リポジトリ
  • The annual change of defoliation intensity by Lymantria disper and its size dependency of Larix sibirica in Mongolia
    S.Okaniwa, T.Shirota, K.Inoue, Y.Fujioka, T.Tanabe, K.Yasue, T.Okano, N. Baatarbileg, B. Oyunsanaa
    ISAR-5 / Fifth International Symposium on Arctic Research, 2018年01月15日, 招待無し, リポジトリ
  • Underground competition may be occurred among Picea mariana trees in central Alaska
    T.Shirota, K.Yasue, S.Otake, T.Saito, T.Tanabe, M.Dannnoura, Y.Matsuura, K.Noguchi, T.Morishita, R.Ruess, J.Hollingsworth
    ISAR-5 / Fifth International Symposium on Arctic Research, 2018年01月15日, 招待無し, リポジトリ
  • モンゴル北部カラマツ林におけるマイマイガ被害
    城田徹央, 岡庭伸平, 田邊智子, 井上国篤, 藤岡薫子, 安江恒, Baatarbileg, Nachin, Oyunsanaa, Byambasuren
    第65回日本生態学会大会, 2018年01月14日, 日本生態学会, 招待無し, リポジトリ
  • Forest roads cause edge effects on plant species diversity in artificial forests
    KOHMORI,Hiroki., SHIROTA,Tetsuoh, OKANO Tetsuo, ARASE Teruo
    GEOMATE 2017, Tsu, Mie, Japan, 2017年11月21日, GEOMATE, 招待無し
  • Changes in vertical and radial development of roots of black spruce growing in interior Alaska
    Satoko Otake, Tomoaki Morishita, Yojiro Matsuura, Kyotaro Noguchi, Tetsuoh Shirota, Roger Rues, Jamie Hollingsworth, Koh Yasue
    7th International Symposium on Physiological Processes in Roots of Woody Plants, Abstract book, 2017年06月28日, 招待無し
  • アラスカ内陸部におけるクロトウヒ根系の水平分布
    城田徹央・安江恒・檀浦正子・大嶽聡子
    第128回日本森林学会大会, 2017年03月27日, 日本森林学会, 招待無し, リポジトリ
  • 森林路網がスギ人工林内の光環境と種多様性におよぼす影響
    孝森博樹・城田徹央・斎藤仁志・岡野哲郎・白澤紘明
    第128回日本森林学会大会, 2017年03月27日, 日本森林学会, 招待無し, リポジトリ
  • 天然下種更新したカラマツ実生の成長と雑草木の競合
    松永宙樹・斎藤仁志・大塚大・守口海・城田徹央・植木達人・大矢信次郎
    第128回日本森林学会大会, 2017年03月27日, 日本森林学会, 招待無し, リポジトリ
  • スキー場跡地に成立したカラマツ天然更新林分の競争過程
    岩崎千鶴・城田徹央・松永宙樹・岡野哲郎・大矢信次郎
    第128回日本森林学会大会, 2017年03月27日, 日本森林学会, 招待無し, リポジトリ
  • アラスカ内陸部に成育するクロトウヒ一次枝伸張量の気候応答
    田邊智子・城田徹央・兼松真里衣・安江恒・野口亨太郎・岡野哲郎
    第128回日本森林学会大会, 2017年03月27日, 日本森林学会, 招待無し, リポジトリ
  • 健全度の異なるカスミザクラ3個体における辺材率および腐朽率の変動
    山越麻由・城田徹央・山田明義・岡野哲郎
    第128回日本森林学会大会, 2017年03月27日, 日本森林学会, 招待無し, リポジトリ
  • 遺伝子解析によるカスミザクラ衰退木の木材腐朽菌検出
    山越麻由・山田明義・城田徹央・岡野哲郎
    2016年11月13日, 樹木医学会, 招待無し, リポジトリ
  • マツ枯れ発生林分における被害木チップ散布処理が林床の更新様式に与える影響
    城田徹央・納口未来・岡野哲郎
    第6回中部森林学会, 2016年10月22日, 中部森林学会, 招待無し
  • 長野県におけるコンテナ苗の活着と初期成長
    城田徹央・松山智矢・岡野哲郎・齋藤仁志・大矢信次郎
    第127回日本森林学会大会, 2016年03月29日, 日本森林学会, 招待無し, リポジトリ
  • 車両系作業システムによる皆伐・再造林の生産性評価
    大矢信次郎・斎藤仁志・大塚 大・城田徹央
    第127回日本森林学会大会, 2016年03月28日, 日本森林学会, 招待無し, リポジトリ
  • 根羽村スギ人工林における森林内路網が下層植生の構造に与える影響
    孝森博樹・城田徹央・岡野哲郎・齋藤仁志
    第127回日本森林学会大会, 2016年03月28日, 日本森林学会, 招待無し, リポジトリ
  • シベリアカラマツの枝アロメトリーにおけるサイズ依存性
    田邊智子・城田徹央・齋藤 大・Baatarbileg, Nachin・岡野哲郎・安江 恒
    第127回日本森林学会大会, 2016年03月28日, 日本森林学会, 招待無し, リポジトリ
  • イチイシュートの二列互生はいつ形成されるのか?
    岩崎千鶴・西野実樹・飯島健史・岡野哲郎・城田徹央
    第127回日本森林学会大会, 2016年03月28日, 日本森林学会, 招待無し, リポジトリ
  • 浅間山国有林のカラマツコンテナ苗再造林地における雑草木の更新特性
    松山智也・城田徹央・岡野哲郎・齋藤仁志・大矢信次郎
    中部森林学会, 2015年10月03日, 招待無し
  • Scaling on surface area of woody organ in Japanese cypress
    Shirota, T.
    Gordon Research Conference, 2012年07月26日, 招待無し
  • Vertical distribution of vegetation on Mt.Kiso-Komagatake, central Japan
    Shirota,T., Yokoyama,M., Sakamaki,M., Okano,T.
    5th EAFES(East Asian Federation of Ecological Societies), 2012年03月19日
  • Aboveground Net PrimaryProduction for 50 years of the fire-protected Larx cajanderi forests in eastern Sibera
    Shirota T., Maximov T.C., Kononov A., Makismov A., Suzdalov D., Karsanayev S., Lopez L.C., Koide T.,Iwahana G., Kushida K., Takahashi K., Fukuda M., Saito H..
    Second International Sympodium Arctic Research (ISAR2), G5-P25, Hitotsubashi Memorial Hall, Tokyo, Japan, 2010年12月
  • Significance of Microtopography and Cryoturbation in Mature Larch Forest near Yakutsk,Eastern Siberia, Russia
    Yuki Sawada, Go Iwahana, Tetsuoh Shirota, Ryusuke Hatano, Masami Fukuda,Alexander N. Fedorov
    Asian Permafrost Conference 113, 2007年08月, リポジトリ
  • Changing precipitation regimes and photosynthetic performance of the East-Siberian taiga
    Saito, H., Shirota, T., Lopez, L., Iwahana, G., Maximov, T., Shibuya, M., Takahashi, K
    Geophysical Research Abstructs 9 06164, 2007年04月, リポジトリ
  • Ground-fire is not a significant event reducing shoot photosynthesis and stomatal conductance in thecanopy of mature larch stand in eastern Siberia: a filed manipulation experimen
    Saito, H., Takahashi, K. Sasaki, M., Iwasaki, H., Hasegawa, S., Shirota, T., Maximov, T. , M., Shibuya
    4th International Wildland Fire Conferenc, 2007年03月, リポジトリ
  • Shoot amount and branching properties in response to irrigation in mature larch forest in eastern Siberia.
    Shirota T. Saito H., Iwahana G., Lopez L., Maximov, T.C., Takahashi, K.
    International Symposium on The Symptom of Environmental Change in Siberian Permafrost Region, 2005年11月
  • Variety in forest structure of matured larch forest in eastern Siberia. International Symposium on “The Symptom of Environmental Change in Siberian Permafrost Region,
    Shirota T. Saito H., Makisimov A., Kononov A., Isaev AP, Maximov TC., Shibuya M., Yajima T., Takahashi K.
    International Symposium on The Symptom of Environmental Change in Siberian Permafrost Region, 2005年11月
  • Analysis of spatial-size-age structure and fire history of matured larch forest in eastern Siberia.
    Shirota T., Saito H., Maximov TC., Takahashi K.
    International Symposium on The Symptom of Environmental Change in Siberian Permafrost Region, 2005年11月
  • Safe site of larch seedlings in the lightly burnt forest in eastern Siberia.
    Shirota T. Saito H., Maximov, T.C., Isaev, AP., Takahashi, K.
    International Symposium on The Symptom of Environmental Change in Siberian Permafrost Region, 2005年11月, リポジトリ
  • Shoot morphology and photosynthetic properties in response to irrigation in a mature larch stand in eastern Siberia.
    Saito H., Shirota T., Sasaki M., Lopez L., Iwahana G., Maximov, T.C., Takahashi, K.
    International Symposium on The Symptom of Environmental Change in Siberian Permafrost Region, 2005年11月, リポジトリ
  • Ecosystem carbon loss by clear-cutting in a mature larch forest in eastern Siberia.
    Hayasaka N., Saito H., Lopez L., Shirota T., Hatano R., Shibuya M., Maximov, T.C., Takahashi, K.
    International Symposium onThe Symptom of Environmental Change in Siberian Permafrost Region, 2005年11月, リポジトリ
  • Simulation of evolutionary process of tree shape using Cubic Module Model
    Hasegawa S.F., Shirota T., Kohyama T
    4th International Workshop on Functional-Structural Plant Models, 2004年11月
  • Increment of precipitation mitigates the limitation of CO2 uptakein Larix gmelinii stand canopy in eastern Siberia
    SAITO Hideyuki, SUZUKI Masahiro, SHIROTA Tetsuoh, KOMORI Hiroki, TABO Fumiaki, TAKAIKE Taiji, HATTORI Miki, IIJIMA Hayato, ONOE Takashi, MAXIMOV Trofim C., TAKAHASHI Kunihide,
    International Symposium on Boreal Forest Disturbance and Its Effects to Global Warming, 2003年11月
  • Clear-cutting effect on carbon storage of organic layer ineast-Siberian larch forest.
    HATTORI Miki, SAITO Hideyuki, SUZUKI Masahiro, SHIROTA Tetsuoh, SHIBUYA Masato, HATANO Ryusuke, MAXIMOV Trofim C., TAKAHASHI Kunihide
    International Symposium on Boreal Forest Disturbance and Its Effects to Global Warming, 2003年11月
  • Canopy structure of mature Larix gmelinii forest.
    SHIROTA Tetsuoh, SAITO Hideyuki, SUZUKI Masahiro, TAKAIKE Taiji, MAXIMOV Trofim C., TAKAHASHIKunihide
    International Symposium on Boreal Forest Disturbance and Its Effects to Global Warming, 2003年11月
  • A lightly burnt stand floor is not a suitable habitat for the regeneration of Larix gmelinii seedlings: a case study in Larix stands in eastern Siberia
    SAITO Hideyuki, SUZUKI Masahiro, SHIROTA Tetsuoh, IIJIMA Hayato, ONOE Takashi, KOBAYASHI Yoshikazu, MAXIMOV Trofim C., TAKAHASHI Kunihide
    International Symposium on Boreal Forest Disturbance and Its Effects to Global Warming, 2003年11月
  • 「樹形のパイプモデル」で「樹形」を理解してもいいのだろうか?スギとヒノキの事例
    城田徹央,作田耕太郎
    第49回日本生態学会, 2002年03月, リポジトリ
  • 年輪から見える永久凍土上に生育する樹木の地下部発達過程と成長制限要因
    安江 恒 , 大澤 晃 , 松浦 陽次郎 , 大嶽 聡子 , 兼松 真里衣 , 三品 郁陽 , 野口 享太郎 , 森下 智陽 , 城田 徹央 , Roger Ruess , Jamie Hollingworth
    第131回日本森林学会大会, リポジトリ

担当経験のある科目_授業

  • 樹木医総合演習
    信州大学
  • 森林生態学
    信州大学
  • 森林立地学
    信州大学
  • 野生植物生態学演習
    信州大学
  • 森林環境学演習
    信州大学
  • 森林科学演習Ⅰ
    信州大学
  • 森林科学演習Ⅱ
    信州大学
  • 専攻研究
    信州大学

所属学協会

  • 2003年04月
    日本植物学会
  • 2003年04月
    形の科学会
  • 1992年04月
    日本森林学会
  • 1992年04月
    日本生態学会
  • 1992年04月
    日本根研究会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 気候変動に伴うユーラシア永久凍土南限域のカラマツ林の変動プロセス
    科学研究費補助金, 国際共同研究加速基金(国際郷土研究強化(B))
    2021年10月01日 - 2026年
  • 強度間伐による生物多様性と生態系機能の向上はいつまで持続するのか
    科学研究費補助金
    2020年04月01日 - 2024年03月31日
  • 広葉樹林化のための人工林撤退戦略を経済性から考える
    科学研究費補助金, 基盤B
    2020年 - 2023年
  • 「根系ギャップ」に着目した永久凍土域亜寒帯針葉樹林における個体間競争過程の解明
    科学研究費補助金, 挑戦的萌芽
    2015年 - 2017年
  • カラマツ の天然更新を活用した革新的施業技術の確立
    科学研究費補助金, 基盤(C)
    2014年 - 2018年
  • 気候変動下での永久凍土地帯に生育する樹木の地下部および地上部制限要因の変化
    科学研究費補助金, 基盤(B)
    2014年 - 2017年
  • コンテナ苗を活用した低コスト再造林技術の実証研究
    農研機構
    2014年 - 2015年
  • 幹・枝の表面積に着目したメタボリック・スケール理論の検証
    科学研究費補助金, 挑戦的萌芽研究
    2012年 - 2013年
  • 森林施業が人工林のCO2吸収・蓄積量に与える影響の客観的評価法の開発
    科学研究費補助金, 基盤(B)
    2011年 - 2013年
  • 資源植物を活用した雇用創出による持続的な人工林管理の提案
    2011年 - 2012年
  • 農村集落と農林地における被害の実態把握と復興方策の検討
    2011年 - 2011年
  • 1975年より実践を続けるエコビレッジ英国CAT(The Centre for Alternative Technology)に学ぶエコロジカル・デザインおよび環境教育マニュアルの作成と地域展開
    2011年 - 2011年
  • 樹木・森林のメタボリックスケール理論に対する検証
    2011年 - 2011年
  • 中央アルプスの植生変化に及ぼす地球温暖化の影響評価
    2011年 - 2011年
  • 強度間伐による壮齢ヒノキ人工林の生態系機能の変化(代表:岡野哲郎)
    科学研究費補助金, 基盤(C)
    2010年 - 2012年
  • ヒノキ人工林において混交可能な有用広葉樹種の検索とそのデータベース化
    2010年 - 2011年
  • 森林管理が人工林の生態系機能に及ぼす影響
    2009年 - 2019年
  • 中部山岳の森林に及ぼす温暖化の影響評価(代表:安江恒)
    2009年 - 2010年
  • 信州産針葉樹の長期的生存戦略の解明
    2009年 - 2009年
  • 樹木のバイパスフローに関する研究(代表:矢幡久)
    科学研究費補助金
    2000年 - 2003年
  • スギ樹冠構造の解析
    科学研究費補助金
    1995年 - 1998年
  • 樹木の生活史研究
    1993年 - 2020年

社会貢献活動

  • 根羽村公開シンポジウム
    講師
    根羽村, 根羽村老人福祉センターしゃくなげ, 2012年09月26日

学部内委員会等

  • 2020年04月01日 - 2021年03月31日, 広報情報室, 室員, 12
  • 2016年04月01日 - 2020年03月31日, 国際農学教育研究センター, 室員, 12
  • 2019年04月01日 - 2020年03月31日, 学生委員会, 副委員長, 14
  • 2014年04月01日 - 2018年03月31日, 学生相談室室員, 委員(森林), 12
  • 2018年04月01日 - 2019年03月31日, 教務委員会, 委員, 16