ITO Hiroyuki

Shinshu University-Innovative Research and Liaison Organization (SUIRLO) 

Associate Professor 

Degree

  • Ph.D., Waseda University

Field Of Study

  • Humanities & social sciences, Tertiary education
  • Life sciences, Basic brain sciences, neuroendocrinology,
  • Science Management, Project management, Neuroendocrinology

Mail Address

    hito★shinshu-u.ac.jp

Educational Background

  • 2008 - 2010, Waseda University, Graduate School of Human Sciences, 人間科学専攻
  • 2004 - 2008, Waseda University, Faculty of Human Science

Paper

  • 多様な強みを把握し、URA による研究力強化につなげるための分析手法
    伊藤広幸
    「研究力分析に挑む」 研究大学コンソーシアム 研究力分析タスクフォース 事例集, 82-83, Apr. 2022, Invited
    Leadリポジトリ
  • J-STAGEを活用した日本の学術論文データの整備
    久保琢也; 伊藤広幸
    大学評価とIR, (12), 26-35, Sep. 2021, Refereedリポジトリ
  • 基盤研究(A)にステップアップした研究者の科研費採択履歴の特徴
    久保琢也; 伊藤広幸
    大学評価とIR, (11), 15-24, Nov. 2020, Refereedリポジトリ
  • セロトニン神経の性差と生殖制御における役割
    伊藤 広幸
    人間科学研究, 28(1), 147-148-148, Mar. 2015, Not invitedリポジトリ
  • Inhibitory role of the serotonergic system on estrogen receptor α expression in the female rat hypothalamus
    Ito, Hiroyuki; Shimogawa, Yuji; Kohagura, Daisuke; Moriizumi, Tetsuji; Yamanouchi, Korehito
    Neuroscience Letters, 583, 194-198, Nov. 2014, Refereed, Not invitedリポジトリ電子ジャーナル
  • Postnatal changes in the number of serotonin-immunoreactive cells in midbrain raphe nuclei of male rats
    Ito, Hiroyuki; Moriizumi, Tetsuji; Shimogawa, Yuji; Yamanouchi, Korehito
    Anatomical Science International, 89(4), 199-206, Sep. 2014, Refereed, Not invitedリポジトリ電子ジャーナル
  • Sex and regional differences in decrease of serotonin-immunoreactive cells by parachlorophenylalanine in rat raphe nuclei
    Ito, Hiroyuki; Yamanouchi, Korehito
    Neuroscience Research, 67(1), 33-39, May 2010, Refereed, Not invitedリポジトリ電子ジャーナル
  • Sex and regional differences in decrease of estrogen receptor α-immunoreactive cells by estrogen in rat hypothalamus and midbrain
    Shunji Yamada; Daisuke Noguchi; Hiroyuki Ito; Korehito Yamanouchi
    Neuroscience Letters, 463(2), 135-139, Oct. 2009, Refereed, Not invitedリポジトリ電子ジャーナル

MISC

  • セロトニン神経の性差とエストロゲン受容体発現への影響
    伊藤広幸
    第20回「性と生殖」公開シンポジウム 人間科学における神経内分泌研究からの展開, 20 Dec. 2014, Invited
  • Sex difference of serotonin-immunoreactive cells in raphe nuclei of rats with serotonin-synthesis inhibitor
    伊藤広幸; 山内兄人
    日本動物学会大会予稿集, 80th (Web), 2009リポジトリ
  • Effects of p-chlorophenylalanine on density of serotonin-immunoreactive cells in raphe nuclei of rats: Sex difference
    Hiroyuki Ito; Korehito Yamanouchi
    NEUROSCIENCE RESEARCH, 65, S220 - S220, 2009, Not invitedWebofScienceリポジトリ電子ジャーナル

Books and other publications

  • 社会基盤としてのメタバースの可能性と課題
    木村 康則; 福井 章人; 山本 里枝子; 青木 孝; 高島 洋典; 寺西 裕一; 平池 龍一; 茂木 強; 住田 朋久; 花田 文子; 難波 浩; 村上 絵莉; 石指 綾; 飯田 祐斗; 越智 隆志; 伊藤 広幸; 伊藤 由希子, Joint editor
    国立研究開発法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター 調査報告書, Dec. 2023
    ISBN:9784888908801
  • 科学技術未来戦略ワークショップ報告書 社会課題解決に向けたメタバース
    Joint editor
    国立研究開発法人科学技術振興機構, Jun. 2023
    ISBN:9784888908559
  • 産学連携に関する日中比較
    永野博、森本茂雄、単谷、柳珺、伊藤広幸、細川洋治、木村千恵子、佐藤暢、須佐太樹、李哲、孫福全、康琪、年猛、張少華、陳強、林嫻嵐、余偉
    科学技術振興機構中国総合研究交流センター, 2015
    ISBN:9784888904476

Lectures, oral presentations, etc.

  • Exploring Competitive Research Funds and Research Outputs among Agricultural Scientists: A Case Study
    Takuya KUBO; Hiroyuki ITO; Seiji MIYAKE
    INFOPRO 2024, Jul. 2024, Not invited, リポジトリ
  • 客観的指標からみた自大学の強みや特色と研究力の向上戦略
    伊藤 広幸; 久保 琢也; 山内 幸一
    RA協議会第9回年次大会 賛助会員セッション, Aug. 2023, Invited
  • 研究大学の実績 -これまでと今後-
    佐野 恵利子; 伊藤 広幸; 二歩 裕
    RA協議会第9回年次大会, Aug. 2023
  • IRerと部局担当URAの協働による農学系の論文発表状況の可視化に向けた取組み
    久保 琢也; 伊藤 広幸; 三宅 誠司
    RA協議会第9回年次大会, Aug. 2023
  • 研究マネジメント人材の獲得戦略:ニーズに呼応したトランスフォーメーション
    伊藤広幸,佐野恵利子,二歩 裕
    研究・イノベーション学会 第37回年次学術大会, Oct. 2022
  • URAの業務拡大と求められる専門性の変化(II)
    佐野恵利子、伊藤広幸、二歩裕
    RA協議会 第8回年次大会, Aug. 2022, RA協議会
  • 民間企業からの投資のゆくえ - 産学連携の伸びしろの可能性 –
    佐野 恵利子, 伊藤 広幸, 二歩 裕
    リサーチアドミニストレーション協議会 第7回年次大会, Sep. 2021
  • 多様な強みを把握するための研究力分析 -AMEDfindとJ-STAGEを用いた試行
    伊藤広幸; 久保琢也
    RA協議会第7回年次大会, Sep. 2021
  • URAの業務拡大と求められる専門性の変化
    佐野 恵利子; 伊藤 広幸; 二歩 裕
    RA協議会第6回年次大会, Sep. 2020
  • 次世代の研究力マップ -博士人材育成を起源とする研究力指標-
    伊藤 広幸; 佐野 恵利子; 二歩 裕
    RA協議会第5回年次大会, Sep. 2019
  • 科研費ステップアップを後押しする科研費分析を目指して- 基盤研究(A)採択者の科研費採択履歴調査とその活用 -
    久保 琢也; 伊藤 広幸
    RA協議会第5回年次大会, Sep. 2019
  • 海外有力大学と比較した教員と職員の割合に関する考察
    土田 拓; 伊藤 広幸; 垣田 満; 井川 由貴
    RA協議会第5回年次大会, Sep. 2019
  • 大学経営力向上と地方創生
    伊藤広幸
    RA協議会第4回年次大会, Sep. 2018, Invited
  • 主要国における分野別論⽂数の動向-2つの書誌データベースの特⻑を知り、活かして、上⼿に活⽤するには-
    二歩裕; 伊藤広幸; 佐野恵利子
    RA協議会第4回年次大会, Sep. 2018
  • 雌ラット脳内エストロゲン受容体 α 発現に対するセロトニン神経系の役割
    伊藤広幸,下川 雄二,古波蔵 大祐,山内 兄人
    第85回日本動物学会大会, Sep. 2014, 日本動物学会
  • Effects of serotonin-synthesis inhibitor, parachlorophenylalanine, on number of estrogen receptor α immunoreactive cells in gonadectomized female and male rats
    Hiroyuki Ito, Yuji Shimogawa, Korehito Yamanouchi
    The 7th International Congress of Neuroendocrinology, Jul. 2010
  • セロトニン合成阻害剤投与ラットにおける縫線核セロトニン免疫陽性細胞数の性差
    伊藤広幸,山内兄人
    第80回日本動物学会大会, Sep. 2009, 日本動物学会
  • 縫線核セロトニン免疫陽性細胞数に対するp-chlorophenylalaninin投与効果の性差
    伊藤広幸,山内兄人
    第32回日本神経科学学会大会, Sep. 2009, 日本神経科学学会
  • Sex difference of p-chlorophenylalanine-sensitivity in serotonin-immunoreactive cells in rat raphe nuclei
    Hiroyuki Ito, Korehito Yamanouchi
    16th International Congress of Comparative Endocrinology, Jun. 2009, International Congress of Comparative Endocrinology
  • 雄ラット中脳縫線核におけるセロトニン免疫陽性細胞数の出生後変化
    伊藤広幸,山内兄人
    第79回日本動物学会大会, Sep. 2008, 日本動物学会
  • Sex and regional differences in number of estrogen receptor alpha immunoreactive cells in the rat brain
    Hiroyuki Ito, Shunji Yamada, Daisuke Noguchi, Korehito Yamanouchi
    12th annual meeting of Society for Behavioral Neuroendocrinology, Jul. 2008, Society for Behavioral Neuroendocrinology
  • ラット脳におけるエストロゲンα受容体免疫陽性細胞数の部位差と雌雄差
    伊藤広幸,野口大輔,山田俊児,山内兄人
    第78回日本動物学会大会, Sep. 2007, 日本動物学会

Affiliated academic society

  • Apr. 2022 - Present
    研究・イノベーション学会
  • Apr. 2018 - Present
    Research Manager and Administrator Network Japan
  • Apr. 2009 - Present
    The Japan Neuroscience Society