金井 直 (カナイ タダシ)   

学術研究院(人文科学系)

人文学部 人文学科 

教授 

学位

  • 博士(文学), 京都大学
  • 文学修士, 京都大学
  • 哲学学士, 京都大学

研究分野

  • 美学、芸術論, 美学・芸術諸学
  • 美学、芸術論, 美学・芸術諸学
  • 美術史, 美術史

メールアドレス

    kanait★shinshu-u.ac.jp

経歴

  • 2017年 - 2018年
    ヴェネツィア大学哲学文化財学科客員研究員
  • 2007年
    信州大学人文学部准教授
  • 2000年 - 2007年
    豊田市美術館学芸員

学歴

  • 1996年, 京都大学, 大学院文学研究科, 美学美術史学専攻
  • 1993年, 京都大学, 大学院文学研究科, 美学美術史学専攻
  • 1991年, 京都大学, 文学部, 哲学科美学美術史学専攻

委員歴

  • 2023年 - 2025年
    委員, 長野県立美術館協議会
  • 2023年 - 2024年
    委員, 信州アーツカウンシル アドバイザリーボード
  • 2022年 - 2024年
    委員, 諏訪市美術館協議会
  • 2022年 - 2023年
    委員, 「長野県文化芸術振興計画」策定に係る有識者懇談会
  • 2022年 - 2024年
    委員, 安曇野市美術資料等選定委員会
  • 2018年 - 2024年
    委員, 安曇野市博物館協議会

論文

  • 《カノーヴァの墓》(1827年)をめぐって
    金井直
    信州大学人文科学論集, 9(2), 1-19, 2022年02月, 査読有り, 招待無しリポジトリ
  • ロダン効果 アントニオ・カノーヴァの場合
    カトリーヌ・シュヴィヨ、安藤智子、三谷理華、田中修二、金井直、島本英明
    オーギュスト・ロダン(1840-1917)ー複合的視点でとらえるー, 2016年03月18日
  • 地域とともにある人文学:信州大学人文学部2015年度の取り組み
    金井 直
    地域ブランド研究, 11, 69-71, 2016年03月リポジトリ
  • 芸術ワークショップ演習について
    金井 直
    地域ブランド研究, 10, 53-56, 2015年03月リポジトリ
  • 風景-画と出会う
    金井直
    『信州大学×長野県信濃美術館コラボ展』, 展覧会図録, 8-13, 2014年07月12日
  • セノタフとしての近代彫刻
    岡崎乾二郎、篠塚千恵子、金井直、朴亨國、戸谷成雄、遠藤利克、黒川弘毅、伊藤誠、三沢厚彦、高柳恵理、田中正之
    『ET IN ARCADIA EGO 墓は語るか』, 展覧会図録, 63-69, 2013年05月20日
  • 石膏模像の機能と石膏デッサンの様式
    金井直
    人文科学論集〈文化コミュニケーション学科編〉, 第46号, 127-139, 2012年03月リポジトリ
  • 「貧」の範囲ーアルテ・ポーヴェラ再検討ー
    豊田市美術館紀要, (1), 4-12, 2008年
  • ”A Range of Vanishing Points: Contemporary Japanese Art”
    Vanishing Points. Contemporary Japanese Art (Exhibition Catalogue, Japan Foundationand The National Gallery of Modern Art, New Delhi), 4-7, 2007年
  • 「彫像の内・外」カノーヴァ《ヘベ》をめぐって
    『美学』, (196), 48-58, 1999年
  • 美術史学におけるアントニオ・カノーヴァの位置
    1999年
  • 「カノーヴァの大理石像」カトルメール・ド・カンシーの批評をめぐって
    『美学』, (185), 49-59, 1996年

MISC

  • イタリア現代美術展 ファルネジーナコレクション
    2023年03月
  • ボテロの彫刻
    金井直
    ボテロ展 ふくよかな魔法, 157-160, 2022年04月
  • 版をつくる、遊ぶ、奏でる ー武井武雄と常田泰由ー
    金井直
    めくる、ひろがる 武井武雄と常田泰由の本と絵と, 68-69, 2022年03月31日
  • 保存と修復の外周 〜ふたつのトリエンナーレを経て〜
    金井直
    現代美術の保存と修復-その理念・方法・情報のネットワーク構築のために(研究成果報告書), 107-112, 2020年03月
    筆頭著者, 最終著者, 責任著者
  • 登攀する身体と兆す光 〜千田泰広の作品をめぐって
    金井直
    千田泰広ーイメージからの解放ー, 90-92, 2020年02月
    筆頭著者, 最終著者, 責任著者
  • ART SINCE 1900 図鑑1900年以後の芸術
    ハル・フォスター他
    2019年05月
  • 『彫刻の問題』その射程
    小田原のどか、白川昌生、金井直
    彫刻1, 2018年06月30日
  • <展評>第57回ヴェネツィア・ビエンナーレ (ジャルディーニ他、ヴェネツィア、2017年5月13日-11月26日)
    金井直
    ディアファネース, 5, 129-134, 2018年03月30日
  • 書評「池野絢子著『アルテ・ポーヴェラー戦後イタリアにおける芸術・生・政治』」
    金井直
    ディアファネース, (4), 2017年03月30日
  • 信州大学所蔵石井鶴三油彩作品について
    金井直
    信州大学附属図書館, (2), 89-95, 2013年01月
  • 信州大学所蔵石井鶴三彫刻作品について
    金井直
    信州大学附属図書館研究, (1), 13-19, 2012年03月31日

書籍等出版物

  • 像をうつす : 複製技術時代の彫刻と写真
    金井直, 単著
    赤々舎, 2022年12月
    ISBN:9784865411539
  • 彫刻2
    小田原のどか、池野絢子、大槻とも惠、金井直、小松理虔、近藤学、坂井剛史、鈴木一平、津田大介、筒井宏樹、七搦綾乃、森佳三, 共著, 「死後」の隣景
    書肆九十九, 176-217 2022年02月
  • 天空のアルストピア
    木村 太郎, 太田智子, 佐藤 仁, 金山 弘昌, 新保 淳乃, 金井 直
    ありな書房, 2021年
  • 城下町のまちづくり講座
    山本桂子、武者忠彦、倉澤聡、大石幹也、山田健一郎、井上信宏、藤松幹雄、野口大介、内田真輔、長谷川繁幸、金井直、矢久保学、上條一正
    信濃毎日新聞社, 2019年03月28日
  • gone girl:村上早作品集
    村上早、金井直、中村美子, 単著
    マイブックサービス, 2019年01月19日
  • 彫刻の問題
    白川昌生, 金井直, 小田原のどか, 共著
    トポフィル, - 2017年03月05日
    ISBN:9784990583545
  • 女性の表象学
    金井直、 足達薫、吉住磨子、金山 弘昌
    ありな書房, 2015年01月27日
  • 『錯覚の科学』
    菊池聡、齊藤智、金井直, 共著
    放送大学教育振興会, 2014年
  • 『ローマ 外国人芸術家たちの都』
    井上さつき、大屋美那、加藤哲弘、金井直、川瀬佑介、河村英和、小針由紀隆、佐藤直樹、高橋勇、仲間裕子、平芳裕子、福田弥、星野宏美、眞岩啓子、三浦篤、水谷彰良、山口惠里子、萬屋健司、渡辺晋輔, 共著
    竹林舎, 2013年
  • 『フレスコ画の身体学』
    上村清雄、金井直、足達薫、喜多村明里、石井朗、伊藤博明、金山弘昌
    ありな書房, 2012年12月07日
  • 『祭壇画の解体学』
    遠山公一、喜多村明里、松浦弘明、足達薫、金井直、越川倫明, 共著
    ありな書房, 2011年
  • 『ジョルジョ・モランディの手紙』
    岡田温司編、執筆:岡田温司、池野絢子、鯖江秀樹、金井直、石谷治寛, 共著
    みすず書房, 2011年
  • 『彫刻の解剖学』
    諸川春樹、松浦弘明、喜多村明里、足達薫、金山弘昌、金井直, 共著
    ありな書房, 2010年
  • 『芸術/葛藤の現場 近代日本芸術思想のコンテクスト』
    岸文和、木下長宏、秋庭史典、加藤哲弘、中谷至宏、永井隆則、前川修、金井直、吉竹彩子、青木正弘、洪善杓、寥瑾?、李新風、西欣也、魚住洋一、岩城見一、高松麻里, 単著
    晃洋書房, 2002年

講演・口頭発表等

  • ヴィジョンとしてのファルネジーナコレクション
    金井直
    「イタリア現代美術展 ファルネジーナコレクション」開催記念講演, 2023年03月31日, 招待有り
  • 彫刻の歴史―マーク・マンダースをめぐる"なぜ"から考える
    金井直
    2021年01月23日, 金沢21世紀美術館, 招待有り

所属学協会

  • 2006年09月
    表象文化論学会
  • 2006年06月
    地中海学会
  • 1994年04月
    イタリア学会
  • 1991年06月
    美学会
  • 1991年06月
    美術史学会

Works_作品等

  • あいちトリエンナーレ2016国際展キュレーター
    2014年11月 - 2016年10月, 芸術活動

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 近代社会におけるモニュメントの生成・流通 ー新古典主義から現代へー
    科学研究費補助金, 基盤研究(C)
    2020年 - 2023年
  • 彫刻と色彩――彫刻概念の歴史的検証
    科学研究費補助金, 基盤研究(B)
    2020年 - 2023年
  • 現代美術の保存と修復――その理念・方法・情報のネットワーク構築のために
    科学研究費補助金, 基盤研究(A)
    2015年04月 - 2020年03月
  • 『イタリアにおける美術作品の保存・修復の思想と歴史―欧米各国との比較から』
    科学研究費補助金
    2003年 - 2006年
  • 近現代彫刻の受容史

学術貢献活動

  • 査読
    豊田市美術館, 2023年02月 - 2023年02月
  • 査読
    美術史学会, 2018年
  • 査読
    国立新美術館, 2017年07月 - 2017年10月
  • 査読
    美学会, 2016年04月 - 2017年03月