植原 俊晴 (ウエハラ トシハル)   

学術研究院(教育学系)

教育学部 理科教育 

助教 

学位

  • 博士(学校教育学), 兵庫教育大学

研究キーワード

    概念変化, 知識操作, 推論

研究分野

  • 教科教育学、初等中等教育学, 理科教育学
  • 教育心理学, 教授学習心理学

電話番号

    026-238-4118

メールアドレス

    t_uehara★shinshu-u.ac.jp

経歴

  • 2021年 - 現在
    信州大学, 教育学部, 助教
  • 2019年 - 2021年
    宝塚市立安倉中学校, 教頭
  • 2013年 - 2019年
    宝塚市立御殿山中学校, 教諭
  • 2010年 - 2013年
    兵庫教育大学附属中学校, 教諭
  • 2003年 - 2010年
    宝塚市立安倉中学校, 教諭
  • 1999年 - 2003年
    猪名川町立猪名川中学校, 臨時講師
  • 1998年 - 1999年
    池田市立石橋中学校, 臨時講師

学歴

  • 2014年 - 2017年, 兵庫教育大学大学院, 連合学校教育学研究科, 学校教育実践学専攻
  • 2012年 - 2014年, 兵庫教育大学大学院, 学校教育研究科, 人間発達教育専攻
  • 1994年 - 1998年, 大阪教育大学, 教育学部, 中学校教員養成課程理科専攻
  • 1991年 - 1994年, 兵庫県立宝塚北高等学校

委員歴

  • 2021年 - 現在
    評議員, 日本理科教育学会

受賞

  • 2020年
    日本教育実践学会, 優秀教員賞

論文

  • 特別支援学校教員養成における教科の「見方・考え方」の指導力向上 -知的障害教育を中心に-
    宮地 弘一郎; 下山 真衣; 奥村 真衣子; 戸谷 健史; 楠見 友輔; 植原 俊晴; 小倉 光明; 小林 比出代; 昆 万佑子; 篠﨑 正典; 竹下 欣宏; 西 一夫; 橋本 政晴; 村松 浩幸; 山岸 明浩; 上野 大
    信州大学教育学部研究論集, 18, 296-308, 2024年03月リポジトリ電子ジャーナル
  • 学習活動の自由度を高め主体的な学びを志向する授業実践の効果-小学校理科電気単元におけるプログラミング学習を事例として-
    前嶋, 和彦; 伏木, 久始; 植原, 俊晴
    信州大学教育学部附属次世代型学び研究開発センター紀要 教育実践研究, 22, 149-158, 2023年12月, 招待無し
    責任著者リポジトリ
  • 化学反応式を学習する難しさと「物質モデルカード」を操作させる授業の効果
    植原 俊晴
    理科教育学研究, 64(1), 51-62, 2023年07月, 査読有り, 招待無しリポジトリ電子ジャーナル
  • 観察・実験の結果を演繹できる情報の有無が観察・実験に対する感情に及ぼす影響 -中学2年生の「質量保存の法則」の実験を事例として-
    植原 俊晴
    信州大学教育学部研究論集, 17, 1-14, 2023年03月, 査読有り, 招待無しリポジトリ電子ジャーナル
  • 反対事例を導入した理科の授業が批判的思考態度に与える影響-中学2年「電流と磁界」の学習を事例として-
    植原, 俊晴; 小林, 将也
    信州大学教育学部附属次世代型学び研究開発センター紀要 教育実践研究, 21, 131-140, 2022年12月
    筆頭著者リポジトリ
  • 化学反応式の学習における「物質モデルカード」の働き-対話と行為の分析による事例検討-
    植原 俊晴
    信州大学教育学部研究論集, 16, 162-171, 2022年03月, 招待無しリポジトリ電子ジャーナル
  • 科学的知識の理解に対する操作的思考課題を導入した中学校理科の授業の効果―「知識の3水準」を観点として―
    植原 俊晴
    科学教育研究, 42(3), 201-209, 2018年09月, 査読有り, 招待無しリポジトリ電子ジャーナル
  • 操作的思考課題を導入した学習活動が公式の関係処理に及ぼす効果
    植原 俊晴
    教育実践学研究, 18(2), 27-38, 2017年03月, 査読有り, 招待無しリポジトリ電子ジャーナル
  • 科学的知識と既有知識を意図的に相互交渉させる学習活動の効果
    植原 俊晴
    教育実践学研究, 18(2), 13-25, 2017年03月, 査読有り, 招待無しリポジトリ電子ジャーナル
  • 操作的思考による演繹推論の促進 : 「知識の検証による学習」モデルの提案
    植原 俊晴; 川上 綾子
    鳴門教育大学学校教育研究紀要, 31, 119-125, 2017年02月, 招待無し
    筆頭著者リポジトリ電子ジャーナル
  • 操作的思考課題の解決を含む学習活動がルール獲得に及ぼす効果とそのプロセス : 中学校理科における状態変化の学習に着目して
    植原, 俊晴
    教育実践学論集, 17, 1-10, 2016年03月, 査読有り, 招待無しリポジトリ
  • An anomalous hydration/dehydration sequence for the mild generation of a nitrile oxide
    Nagatoshi Nishiwaki; Kazuya Kobiro; Hideyuki Kiyoto; Shotaro Hirao; Jun Sawayama; Kazuhiko Saigo; Yoshikazu Okajima; Toshiharu Uehara; Asaka Maki; Masahiro Ariga
    Organic and Biomolecular Chemistry, 9(8), 2832-2839, 2011年04月, 招待無しリポジトリ電子ジャーナル

MISC

  • 理科教育における探究心の育成:理論と実践の調和
    植原俊晴
    Booklet信教, 131, 18-19, 2024年02月
  • 巻頭言 教師も生徒もワクワクする授業実践
    植原俊晴
    今伝えたい理科指導の面白さ 信州編, 2-3, 2023年03月
  • 困難な状況を踏み台にしたICT機器を活用する取り組み
    植原 俊晴
    教頭研究, 56, 88-89, 2020年11月
  • 既有知識と新しい知識を意図的に相互交渉させる学習活動の効果
    植原 俊晴
    日本科学教育学会研究会研究報告, 29(6), 37-42, 2014年リポジトリ電子ジャーナル
  • Improved generation method for functionalized nitrile oxide
    Nagatoshi Nishiwaki; Toshiharu Uehara; Noriko Asaka; Yasuo Tohda; Masahiro Ariga; Shuji Kanemasa
    Tetrahedron Letters, 39(27), 4851-4852, 1998年07月02日リポジトリ電子ジャーナル

講演・口頭発表等

  • 日常的な自然の事物・現象に対する男女が示す興味の比較
    植原俊晴; 水品日菜
    日本理科教育学会オンライン全国大会2024, 2024年03月, 日本理科教育学会
  • 児童の自律的な学びを目指した授業実践 小学校理科のプログラミング学習から
    前嶋和彦; 植原俊晴
    日本理科教育学会オンライン全国大会2024, 2024年03月, 日本理科教育学会, 招待無し
  • 他教科の資質・能力を発揮して取り組む要因の検討-中学校2学年「消化と吸収」を事例にして-
    小池佑貴; 市川この美; 植原俊晴
    日本理科教育学会オンライン全国大会2024, 2024年03月, 日本理科教育学会, 招待無し
  • 反対事例を導入した理科の授業における実験結果の重要性-小学6年生の光合成に関する学習をめぐって-
    植原俊晴; 山本一樹
    日本教育実践学会第26回研究大会, 2023年12月, 日本教育実践学会, リポジトリ
  • 生物の進化に対する大学生の認識
    植原俊晴; 中村瑠里子
    日本理科教育学会第73回全国大会, 2023年09月, 日本理科教育学会, リポジトリ
  • 知識理解の水準を高めることに対する反対事例の効果
    植原俊晴; 小林将也
    日本教授学習心理学会第19回年会, 2023年06月, 日本教授学習心理学会, 招待無し, リポジトリ
  • 小学校理科の探究活動において生じた概念変化-小学6年「ものの燃え方と空気」に関する授業を事例として-
    植原俊晴
    日本教育実践学会第25回研究大会, 2022年11月, 日本教育実践学会, 招待無し, リポジトリ
  • 反対事例による探究型理科教授学習モデルの提案
    植原俊晴
    日本理科教育学会第72回全国大会, 2022年09月, 日本理科教育学会, リポジトリ
  • 批判的思考態度の育成を促す理科授業法の開発
    植原 俊晴; 小林 将也
    日本科学教育学会年会論文集, 2022年, 一般社団法人 日本科学教育学会, 招待無し
  • 大学生における命題に関する論理構造の理解と科学的知識の適用との関連
    植原俊晴
    日本教育実践学会第24回研究大会, 2021年11月, 日本教育実践学会, リポジトリ
  • 中学生が化学変化を化学反応式で表すときの困難
    植原俊晴; 柏木啓
    日本理科教育学会第71回全国大会, 2021年09月, 日本理科教育学会, 招待無し, リポジトリ
  • 化学反応式の学習を協働して行う過程で物質モデルはどのような役割を果たすのかー対話と行為の分析による探索的検討ー
    植原俊晴
    日本教育実践学会第23回研究大会, 2020年11月, 日本教育実践学会, リポジトリ
  • 演繹的推論の理解と科学的法則の適用との関連
    植原俊晴
    日本教育実践学会第22回研究大会, 2019年11月, 日本教育実践学会, 招待無し, リポジトリ
  • 学校行事への主体的な参加を促された中学生の自己有用感
    植原俊晴
    日本教育実践学会第21回研究大会, 2018年12月, 日本教育実践学会, 招待無し
  • 演繹的学習モデルによる理科の授業が実験に対する情動や意欲に与える影響
    植原俊晴
    日本教育実践学会第20回研究大会, 2017年11月, 日本教育実践学会, 招待無し, リポジトリ
  • 公式の関係操作を可能にする3段階プロセスの検討
    植原俊晴
    日本教授学習心理学会第13回年会, 2017年07月
  • 学習モデルと課題の種類が学習成果に与える効果
    植原 俊晴
    日本教育心理学会総会発表論文集, 2017年, 一般社団法人 日本教育心理学会, 招待無し
  • 操作的思考課題が効果を及ぼす知識水準
    植原俊晴
    日本教育実践学会第19回研究大会, 2016年11月, 日本教育実践学会, 招待無し, リポジトリ
  • 問題解決に対する操作的思考課題の効果
    植原俊晴
    日本教育実践学会第18回研究大会, 2015年10月
  • 公式の概念的理解を促す学習活動の効果
    植原俊晴
    日本教授学習心理学会第11回年会, 2015年07月
  • 中学校理科における協働学習の具体的工夫とその効果の測定
    植原俊晴
    学び教育フォーラム第5回例会, 2015年03月, 招待有り
  • 中学生における「オームの法則」の公式理解と学習活動への示唆
    植原俊晴
    日本教育実践学会第17回研究大会, 2014年11月
  • カテゴリールール教示条件下の授業で構成された知識 : p-prims理論によるアプローチ
    植原 俊晴
    日本教育心理学会総会発表論文集, 2014年, 一般社団法人 日本教育心理学会
  • 「改変型の二重推理法」の学習効果と概念変容のプロセス : 中学校理科における金属概念の構築に注目して
    植原 俊晴
    日本教育心理学会総会発表論文集, 2013年, 一般社団法人 日本教育心理学会

担当経験のある科目_授業

  • コンピュータ利用教育
    2024年
    信州大学
  • STEAM教材開発演習(分担)
    2024年
    信州大学
  • STEAM授業内容研究(分担)
    2024年
    信州大学
  • 教授・学習心理学特論
    2023年
    信州大学
  • 教授・学習心理学演習
    2023年
    信州大学
  • STEM授業内容研究(分担)
    2023年 - 2024年
    信州大学
  • STEM教材開発演習(分担)
    2023年 - 2024年
    信州大学
  • 教育調査方法基礎(分担)
    2023年
    信州大学
  • 理科授業研究基礎
    2022年 - 2023年
    信州大学
  • 授業・学級づくりチーム演習(副担当)
    2022年 - 2023年
    信州大学
  • 初等理科指導法基礎
    2021年
    信州大学
  • 理科教育教材論
    2021年
    信州大学
  • 理科教育演習Ⅰ
    2021年
    信州大学
  • 理科教育演習Ⅱ
    2021年
    信州大学
  • 理科授業方法研究
    2021年
    信州大学
  • 理科授業分析演習
    2021年
    信州大学
  • 理科教育ゼミナール(分担)
    2021年
    信州大学

所属学協会

  • 2018年02月 - 現在
    日本理科教育学会
  • 2017年01月 - 現在
    American Educational Research Association
  • 2014年08月 - 現在
    日本教育実践学会
  • 2014年07月 - 現在
    日本科学教育学会
  • 2014年05月 - 現在
    日本教育工学会
  • 2012年05月 - 現在
    日本教授学習心理学会
  • 2011年09月 - 現在
    日本教育心理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 仮説形成的推論の統御に及ぼす「代理的知識操作」の効果に関する実証的研究
    学術研究助成基金助成金, 日本学術振興会, 基盤研究(C)(一般)
    2024年04月 - 2027年03月
  • 理科の授業における概念変化過程の解明:概念変化のきっかけと思考の変化に着目して
    科学研究費補助金(若手研究), 日本学術振興会, 若手研究
    信州大学
    2022年04月 - 2026年03月
  • 反対事例による教授学習モデルの確立:批判的思考態度と科学的知識の獲得を観点として
    科学研究費補助金(研究活動スタート支援), 日本学術振興会, 研究活動スタート支援
    信州大学
    2021年08月 - 2024年03月
  • 物質モデルカードによる化学反応式の学習-探索的順次デザインアプローチによる検討-
    科学研究費助成事業, 日本学術振興会, 奨励研究
    信州大学
    2021年04月 - 2022年03月
  • 「知識検証学習モデル」による学習活動が生徒の意欲や情動に与える影響
    科学研究費助成事業, 日本学術振興会, 奨励研究
    宝塚市立御殿山中学校
    2017年04月 - 2018年03月

社会貢献活動

  • STEAM教育研修会の講師
    助言・指導
    グリーン・ヒルズ小/中学校, 校内研修, 2024年03月25日
  • 探究活動の講師
    助言・指導
    長野県須坂高等学校, 総合的な探究の時間, 2023年10月 - 2024年03月
  • 共同研究者
    助言・指導
    信濃教育会, 全県研究会, 2023年04月 - 2024年03月
  • 探究活動の講師
    助言・指導
    長野県須坂高等学校, 総合的な探究の時間, 2022年10月 - 2023年03月
  • 理科資料執筆委員
    寄稿
    新興出版社啓林館, 2022年07月 - 2022年12月
  • 教科書編集協力
    その他
    新興出版社啓林館, 2021年10月

学術貢献活動

  • 査読
    日本理科教育学会「理科教育学研究」編集委員会, 2023年
  • 日本理科教育学会北陸支部大会
    企画立案・運営等
    日本理科教育学会, 信州大学教育学部(オンライン), 2022年11月26日
  • 査読
    日本科学教育学会「科学教育研究」編集事務局, 2021年
  • 査読
    大阪総合保育大学紀要編集委員会, 2021年

その他

  • 公認心理師
    2019年
  • 中学校教諭専修免許状(理科)学校心理学付記
    2014年
  • 高等学校教諭専修免許状(理科)学校心理学付記
    2014年
  • 学校図書館司書教諭
    1999年
  • 小学校教諭2種免許状
    1998年
  • 中学校教諭1種免許状(理科)
    1998年
  • 高等学校教諭1種免許状(理科)
    1998年

論文指導

  • 2024年, 4, 3
  • 2023年, 4, 4
  • 2022年, 1, 1

学部内委員会等

  • 2024年04月01日, 学生相談室, 室員
  • 2023年04月01日, 教育学部図書館運営委員会, 委員
  • 2022年12月07日, STEAM教育認定プログラムワーキンググループ, 委員
  • 2022年04月01日, 研究委員会, 委員

全学委員会・ワーキンググループ等

  • 2021年04月01日, CST養成プログラム実施委員会, 委員
  • 2022年10月13日 - 2024年03月31日, CST養成プログラム事業の検討に関するワーキングチーム, 委員