山田 桂 (ヤマダ カツラ)   

学術研究院(理学系)

理学部 理学科 地球学コース 

教授 

学位

  • 博士(理学), 筑波大学

研究分野

  • 地球生命科学, 層位・古生物学

経歴

  • 2019年
    信州大学学術研究院理学系 教授
  • 2011年 - 2018年
    信州大学理学部准教授
  • 2008年 - 2011年
    信州大学理学部講師
  • 2007年 - 2008年
    信州大学理学部助教
  • 2005年 - 2007年
    信州大学理学部助手
  • 2004年 - 2005年
    日本学術振興会特別研究員
  • 2003年 - 2004年
    金沢大学21世紀COEポストドクトラルフェロー

論文

  • 貝形虫化石群集に基づく新潟県新津丘陵北部域の更新世の古環境変化
    山田桂, 楠慧子, 飯田里菜, 久須美晨夫
    地質学雑誌, 127(9), 575-591, 2021年09月, 査読有り
    筆頭著者, 責任著者電子ジャーナル
  • The variations in the East Asian summer monsoon over the past 3 kyrs and the controlling factors
    Katsura Yamada, Kazuma Kohara, Minoru Ikehara & Koji Seto
    SCIENTIFIC REPORTS, 9, 5039, 2019年03月22日, 査読有り電子ジャーナル
  • Paleoenvironments and relative sea-level changes caused by regional tectonics during the last 4500 years in Kumihama Bay, northern Kyoto Prefecture, central Japan.
    Katsura Yamada, Tetsuo Masuma, Koji Seto, Masao Uchida, Atsuko Amano, Yoshikazu Sampei
    Quaternary International, 471, 332-344, 2018年04月01日電子ジャーナル
  • 長野県長野市中条地域から産出したカイギュウ化石と産出年代について
    代永佑輔・山田 桂・小坂共栄
    市立大町山岳博物館研究紀, (3), 35-46, 2018年03月
  • Decadal- to centennial-scale East Asian Summer Monsoon variability over the past millennium: an oceanic perspective
    Cheung, R., Yasuhara, M., Mamo, B., Katsuki, K., Seto, K., Takata, H., Yang, D-Y., Nakanishi, N., Yamada, K., Iwatani, H.
    Geophysical Research Letters, 45, 7711-7718, 2018年電子ジャーナル
  • Pleistocene deep-sea ostracods from the Oki Ridge, Sea of Japan (IODP Site U1426) and condition of the intermediate water
    Tatsuhiko Yamaguchi, Kentaro Kuroki, Katsura Yamada, Takuya Itaki, Kaoru Niino, Isao Motoyama
    Quaternary Research, 88, 430-445, 2017年電子ジャーナル
  • Pliocene and Pleistocene deep-sea ostracodes from Integrated Ocean Drilling Program Site U1426 in the Sea of Japan (Expedition 346)
    Katsura Yamada, Kentaro Kuroki and Tatsuhiko Yamaguchi
    Proceedings of the Integrated Ocean Drilling Program, 346, 2017, 2017年電子ジャーナル
  • Centennial-scale East Asian summer monsoon intensity and its relationship to land-ocean air temperature gradients over the last 1,700 years
    Katsura Yamada, Tetsuro Masuma, Saburo Sakai, Koji Seto, Hiroki Ogusa, and Toshiaki Irizuki
    Geology, 44(4), 255-258, 2016年04月, 査読有り
  • Paleomagnetic study of Plio-Pleistocene sediments in the concentrated deformation zone along the eastern margin of the Japan Sea
    Hoshi, H. and Yamada, K.
    Quaternary International, 397, 255-258, 2016年
  • 貝形虫群集を用いた中海における過去1,700年間の古環境変遷
    山田 桂・増馬鉄朗・瀬戸浩二
    第四紀研究, 54(2), 53-68, 2015年04月
  • Temporal change in fossil ostracode assemblages in the Pliocene–Holocene strata of the shelf IODP Site U1354, off the eastern coast of New Zealand
    Nakamura, M., Kusunoki, S., Yamada, K. and Hoyanagi, K.
    IODP Data Report, 317, doi:10.2204/iodp.proc.317.209.2015, 2015年電子ジャーナル
  • Calibration of past water temperature in the Sea of Japan based on Mg/Ca of ostracode shells of two shallow marine species in the genus Cytheropteron
    Katsura Yamada, Toshiaki Irizuki, Ken Ikehara and Kei Okamura
    Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, 410, 244-254, 2014年09月15日
  • The impact on bottom sediments and ostracods in the Khlong Thom River mouth following the 2004 Indian Ocean tsunami
    Yamada, K., Terakura, M., Tsukawaki, S.
    Paleontological Research, 18(2), 104-117, 2014年04月01日
  • 京都府北部久美浜湾の現生貝形虫の分布
    増馬鉄朗・山田 桂
    LAGUNA(汽水域研究), 21, 1-14, 2014年
  • Paleo-temperature shifts and gradients of intermediate and shallow waters in the Sea of Japan during the Late Pliocene estimated by Mg/Ca ratio of ostracod vaves
    Yamada, K.,Irizuki, T. and Goto, T.
    Naturalista Siciliano, 37, 441-443, 2013年
  • 新潟県佐渡島に分布する中部更新統沢根層上部の貝形虫化石群と日本海表層水の低塩分化
    石田 桂・吉田和弘・松岡 篤
    地質学雑誌, 118(8), 476-492, 2012年
  • 下部中新統富草層群新木田層(長野県)の貝形虫化石群集と堆積相の時空分布
    山田 桂・入月俊明・中嶋祥江
    地質学雑誌, 107(1), 1-13, 2001年

所属学協会

  • 2004年
    第四紀学会
  • 2000年
    日本地質学会
  • 2000年
    日本古生物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 完新世の東アジアモンスーン変動
    2010年
  • 飼育実験による貝形虫殻の化学組成と水温の関係
    その他の研究制度
    2009年
  • マレー半島周辺の現生貝形虫群集
    その他の研究制度
    2008年 - 2013年
  • NZ沖における海水準変動の解明
    その他の研究制度
    2008年
  • 台湾島に分布する鮮新ー更新統の古環境変遷
    その他の研究制度
    2007年
  • 長野県内の淡水性貝形虫群集
    その他の研究制度
    2007年
  • 貝形虫殻の化学組成および酸素同位体比を用いた定量的古環境復元
    科学研究費補助金
    2004年
  • 鮮新ー更新世の日本海の環境変動
    その他の研究制度
    2002年