信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

西田 憲司  ニシダ ケンジ

教員組織電話番号
教育組織理学部FAX番号
職名名誉教授メールアドレス
住所松本市旭3ー1ー1ホームページURL

更新日:2021/07/19

プロフィール

研究分野
代数学(環論)
現在の研究課題
ネータ環の構造論および表現論

ゴレンシュテイン環およびコ?エンマコ?レ環の構造と表現

付随する次数付環が可換ゴレンシュテイン環になるようなフィルタ?環への上記結果の拡張、ワイル代数に対する応用

射影次元、入射次元、ゴレンシュテイン次元、グレード、深さ等のホモロジ?代数的不変量の計算、それらに関する等式、不等式を用いた、上記代数の研究

岩澤代数をモデルとするフィルターネータ環の研究

一般次元の整環上の傾加群

所属学会
所属学会
日本数学会
学歴
出身大学院
1980 , 北海道大学 , 理学研究科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1972 , 静岡大学 , 理学部

取得学位
理学博士
研究職歴等
研究職歴
1998- , 信州大学 理学部 教授
1997- , 長崎大学 工学部 教授
1988- , 長崎大学 教養部 教授
1984- , 長崎大学 教養部 助教授
1981- , 北見工業大学 工学部 助教授
1979- , 北見工業大学 工学部 講師

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
論文
Cohen-Macaulay Modules and Holonomic Modules Over Filtered Rings
Communications in Algebra,37(2):406-430 2009(Feb.)
Author:Hiroki Miyahara; Kenji Nishida


Linkage and duality of modules
J. Okayama Univ.,51:71-81 2009(Jan.)
Author:Kenji Nishida


Dualizing modules for arders and artin algebras
Algebras and Representation Theory,5(2):137-147 2002(May)
Author:Kenji Nishida


Towards a theory of Bass numbers with application to Gorenstein algebras
Colloquium Mathematicum,91(2):191-253 2002(Mar.)
Author:Shiro Goto, Kenji Nishida


Finite modules of finite injective dimension over a Noetherian algebra
J. London Math. Soc.,63(2):319-335 2001(Apr.)
Author:Shiro Goto, Kenji Nishida


Catenarity in module-finite algebras
Proc. Amer. Math. Soc.,127:3495-3502 1999(Dec.)
Author:Shiro Goto, Kenji Nishida


Minimal injective resolutions of Cohen-Macaulay isolated singularities
Archiv der Math.,73:249-255 1999(Oct.)
Author:Shiro Goto, Kenji Nishida


Primary orders of finite representation type
J. Algebra,192:592-640 1997(Jun.)
Author:Hiroaki Hijikata, Kenji Nishida

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2002 - 2004 , 非可換環の構造および表現の総合的研究 , 基盤研究(B)
2001 - 2001 , ネータ多元環の構造および表現のホモロジー代数的研究 , 基盤研究(C)
2000 - 2001 , ネータ多元環の構造および表現のホモロジー代数的研究 , 基盤研究(C)
1999 - 2001 , ネータ多元環の構造および表現のホモロジー代数的研究 , 基盤研究(C)

教育活動実績

授業等
2002 , 代数学続論
2002 , 多元環論