信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

髙橋 淳  タカハシ ジュン

教員組織学術研究院(医学系)電話番号
教育組織医学部 医学科 運動機能学FAX番号
職名教授メールアドレス
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURL

更新日:2021/07/14

プロフィール

研究分野
脊椎外科
側弯症
コンピュータ支援手術
小児脊椎
所属学会
所属学会
日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本側弯症学会
中部日本整形外科災害外科学会
日本CAOS研究会
日本脊椎インストゥルメンテーション学会
日本腰痛学会
日本小児整形外科学会
Scoliosis Research Society
The International Combined Orthopaedic Research Societies (ICORS)
North American Spine Society
学歴
取得学位
医学博士 , 信州大学

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
書籍等出版物
J. Spine Res. 11
2020
Author:121.,上原 将志、池上 章太、倉石 修吾、大場 悠己、畠中 輝枝、滝沢 崇、宗像 諒、小関 道彦、髙橋 淳.


臨床整形外科 55 12
2020
Author:髙橋 淳


整形外科 71 13
2020
Author:髙橋 淳


整形・災害外科 63 13
2020
Author:髙橋 淳


整形外科臨床パサージュ10 肩こり・頸部痛
中山書店 2011
Author:高橋 淳


MB Orthop. 24 11
全日本病院出版会 2011
Author:高橋 淳


J Spine Res 2 11
2011
Author:大場 悠己、高橋 淳


J Spine Res 2 11
2011
Author:高橋 淳、向山啓二郎、倉石修吾


54
整・災外 2011
Author:高橋 淳、青木 薫、荻原伸英、平林洋樹、向山啓二郎、加藤博之


Long-term results of computer-assisted cervical reconstruction for cervical disorder in rheumatoid arthritis. In: Rheumatoid Arthritis: Prevalence, Risk Factors and Health Effects
Nova Science Publishers, Inc. New York pp. 2011
Author:Takahashi J, Kato H.; Editor: Michael H. Madsen


Computer-assisted Spinal Surgery. Advances in Electrical Engineering Research, Volume 1
Nova Science Publishers, Inc. New York pp 2011
Author:Takahashi J.Editor: Thomas M. Brouwer


new synthetic biodegradable polymers for bone morphogenetic protein delivery systems. Yaszemski MJ, Trantolo DJ, Lewandrowski KU, Hasirci V, Altobelli DE, Wise DL, eds: Tissue engineering and novel delivery systems
Marcel Dekker inc, New York 2004
Author:Saito N, Horiuchi H, Murakami N, Takahashi J, Okada T, Nozaki K, Takaoka


BMP研究の現状と臨床応用 脊椎固定を中心に.花北順哉,山浦 晶,戸山芳昭編:先端医療シリーズ15 脊椎・脊髄外科 脊椎・脊髄外科の最前線
先端医療技術研究所 2002
Author:高橋淳,高岡邦夫


論文
Prevalence of diffuse idiopathic skeletal hyperostosis in the general elderly population: A Japanese cohort survey randomly sampled from a basic resident registry.
Clin Spine Surg,Apr;33(3):123-127 2020
Author:Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Tokida, Nishimura H, Sakai A, Kato H.


Fragility fractures and delayed wound healing after tooth extraction in Japanese older adults.
J Bone Miner Metab,May;38(3):357-362 2020
Author:Taguchi A, Ikegami S, Tokida R, Kamimura M, Sakai N, Horiuchi H, Takahashi J, Kato H.


Proximal junctional kyphosis after posterior spinal fusion for severe kyphoscoliosis in a patient with PIEZO2-deficient arthrogryposis syndrome.
Spine,May15;45(10):E600-E604 2020
Author:Uehara M, Kosho T, Takano K, Inaba Y, Kuraishi S, Ikegami S, Oba H, Takizawa T, Munakata R, Hatakenaka T, Takahashi J.


Prevalence and Risk Factors of Carpal Tunnel Syndrome in Japanese Aged 50 to 89 Years.
J Hand Surg Asian Pac,Sep;25(3):320-327 2020
Author:Hashimoto S, Ikegami S, Nishimura H, Uchiyama S, Takahashi J, Kato H.


Weekly Teriparatide versus Bisphosphonate for Bone Union during Six Months after Multi-Level Lumbar Interbody Fusion for Osteoporotic Patients: A Multicenter, Prospective, Randomized Study.
Spine,Jui 1;45(13):863-871 2020
Author:Oba H, Takahashi J, Yokomichi H, Hasegawa T, Ebata S, Mukaiama K, Ohba T, Ushirozako H, Kuraishi S, Ikegami S, Uehara M, Takizawa T, Munakata R, Hatakenaka T, Matsuyama Y, Haro H.


Continued growth of locally aggressive fibrous dysplasia of 22 years duration after reaching adulthood: a case report.
J Surg Case Rep.,Feb11(2):406 2020
Author:Yamagishi Y, Okamoto M, Yoshimura Y, Kito M, Aoki K, Takahashi J.


Anatomical Remnant-Preserving Double-Bundle ACL Reconstruction with a New Remnant Augmentation Technique.
Arthrosc Tech.,Jan24;9(2):e283-e290 2020
Author:Tensho K, Iwaasa T, Shimodaira H, Koyama S, Horiuchi H, Takahashi J, Saito N.


The Titanium-Coated PEEK Cage Maintains Better Bone Fusion with the Endplate than the PEEK Cage 6 Months After PLIF Surgery-A Multicenter, Prospective, Randomized Study.
Spine,Aug1;45(15):E892-E902 2020
Author:Hasegawa T, Ushirozako H, Shigeto E, Ohba T, Oba H, Mukaiyama K, Shimizu S, Yamato Y, Ide K, Shibata Y, Ojima T, Takahashi J, Haro H, Matsuyama Y.


Posterior spinal fusion for severe kyphoscoliosis in a Loeys-Dietz syndrome patient with a large syringomyelia.
J Clin Neurosci.,Jun(76):211-213 2020
Author:Uehara M, Ito K, Kosho T, Kuraishi S, Oba Hi, Hatakenaka T, Ikegami S, Takizawa T, Munakata R, Kubota M, Takahashi J.


ZMAT2, a newly-identified potential disease-causing gene in congenital radioulnar synostosis, modulates BMP signaling.
Bone,Apr(1):115349 2020
Author:Suzuki T, Nakano M, Komatsu M, Takahashi J, Kato H, Nakamura Y.


Residual thoracolumbar/lumbar curve is related to self-image after posterior spinal fusion for Lenke 1 and 2 curves in adolescent idiopathic scoliosis patients.
J Neurosurg Pediatr.,Apr(24):1-6 2020
Author:Mimura T, Ikegami S, Kuraishi S, Uehara M, Oba H, Takizawa T, Munakata R, Hatakenaka T, Koseki M, Takahashi J.


Selecting the C7 LIV-line Vertebra as Upper Instrumented Vertebra for Adolescent Idiopathic Scoliosis Lenke Type 1A Curves: With a Minimum of 2-year Follow-Up.
Spine,Sep1;45(17):1239-1245 2020
Author:Munakata R, Koseki M, Oba H, Ikegami S, Uehara M, Yamato Y, Ohba T, Seki S, Kuraishi S, Takizawa T, Hatakenaka T, Ebata S, Haro H, Matsuyama Y, Takahashi J.


Does main curve flexibility affect screw insertion accuracy using CT-based navigation system in adolescent idiopathic scoliosis surgery?
Clin Spine Surg.,Dec33(10):E598-E600 2020
Author:Uehara M, Takahashi J, Shimizu M, Kuraishi S, Ikegami S, Futatsugi T, Oba H, Takizawa T, Munakata R, Hatakenaka T, Koseki M, Kato H.


Association between musculoskeletal function deterioration and locomotive syndrome in the general elderly population: A Japanese cohort survey randomly sampled from a basic resident registry.
BMC Musculoskelet Disord.,Jul3;21(1):431 2020
Author:Tokida R, Ikegami S, Takahashi J, Ido Y, Sato A, Sakai N, Horiuchi H, Kato H.


A Review of T-Cell Related Therapy for Osteosarcoma.
Int J Mol Sci,Jul10;21(14):4877 2020
Author:Yoshida K, Okamoto M, Aoki K, Takahashi J, Saito N.


Differences in bone mineral density and bone turnover markers between subjects with and without diffuse idiopathic skeletal hyperostosis.
Spine,Dec15;45(24):E1677-E0681 2020
Author:Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Tokida R, Nishimura H, Sakai N, Nakamura Y, Kato H.


Impact of early intervertebral osseous union after posterior lumbar interbody fusion on health-related quality of life.
Global Spine J.,Sep10 2020
Author:Ushirozako H, et al.


Perforation Rate of Pedicle Screws Using Hybrid OR Combined with Intraoperative CT Navigation for Adolescent Idiopathic Scoliosis: Impact of Distance from the Reference Frame and Other Risk Factors.
Spine,Oct15;45(20):E1357-E1364 2020
Author:Oba H, Ikegami S, Kuraishi S, Uehara M, Takizawa T, Munakata R, Hatakenaka T, Kamanaka T, Koseki M, Takahashi J.


Spinal Osteoarthritis is Associated with Stature Loss Independently of Incident Vertebral Fracture in Postmenopausal Women.
Spine,Nov1;45(21):E1400-E1404 2020
Author:Nakano M, Nakamura Y, Suzuki T, Takahashi J, Shiraki M.


The complication trends of pediatric spinal deformity surgery in Japan - The Japanese Scoliosis Society Morbidity and Mortality survey from 2012 to 2017.
J Orthop Sci,Aug23 2020
Author:Sugawara R, Takeshita K, Takahashi J, Arai Y, Watanabe K, Yamato Y, Oba H, Matsumoto M.


The complication trends of adult spinal deformity surgery in Japan - The Japanese Scoliosis Society Morbidity and Mortality survey from 2012 to 2017.
J Orthop Sci,Jun23 2020
Author:Sugawara R, Takeshita K, Takahashi J, Arai Y, Watanabe K, Yamato Y, Oba H, Matsumoto M.


Normative Values of QuickDASH in the Elderly Japanese: A Cohort Survey Randomly Sampled from a Basic Resident Registry.
J Hand Surg Asian Pac,Dec25(4):434-440 2020
Author:Isobe F, Nishimura H, Ido Y, Ikegami S, Horiuchi H, Takahashi J, Kato H.


Upper instrumented vertebra to the right of the lowest instrumented vertebra as a predictor of an increase in the main thoracic curve after selective posterior fusion for the thoracolumbar/lumbar curve in Lenke type 5C adolescent idiopathic scoliosis: multicenter study on the relationship between fusion area and surgical outcome
JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE,31(6):857-864 2019(Dec.)
Author:Oba, Hiroki; Takahashi, Jun; Kobayashi, Sho; Ohba, Tetsuro; Ikegami, Shota; Kuraishi, Shugo; Uehara, Masashi; Takizawa, Takashi; Munakata, Ryo; Hatakenaka, Terue; Koseki, Michihiko; Ebata, Shigeto; Haro, Hirotaka; Matsuyama, Yukihiro; Kato, Hiroyuki;


Factors leading to postoperative pain in adolescent idiopathic scoliosis patients including sagittal alignment and lumbar disc degeneration
EUROPEAN SPINE JOURNAL,28(12):3085-3091 2019(Dec.)
Author:Mimura, Tetsuhiko; Ikegami, Shota; Oba, Hiroki; Uehara, Masashi; Koseki, Michihiko; Takahashi, Jun;


Changes in pelvic anatomy after long corrective fusion using iliac screws for adult spinal deformity
EUROPEAN SPINE JOURNAL,28(9):2103-2111 2019(Sep.)
Author:Oba, Hiroki; Ebata, Shigeto; Takahashi, Jun; Ikegami, Shota; Koyama, Kensuke; Kato, Hiroyuki; Haro, Hirotaka; Ohba, Tetsuro;


Differential rod contouring on thoracolumbar/lumbar curvature in patients with adolescent idiopathic scoliosis: An analysis with intraoperative acquisition of three-dimensional imaging.
J Orthop Sci.,24(5):780-786 2019(Sep.)
Author:101. Seki S, Yahara Y, Makino H, Kobayashi K, Nakano M, Hirano N, Watanabe K, Takahashi J, Kawaguchi Y, Kimura T.


Unexpected rapid increase in bone mineral density by bisphosphonate therapy after multiple spinal fractures:
A case report. J Med Case Rep.,13(13(1)):288 2019(Sep.)
Author:Koiwai H, Kamimura M, Takahashi J, Nakamura Y, Kato H.


Correlation of Lower Instrumented Vertebra With Spinal Mobility and Health-related Quality of Life After Posterior Spinal Fusion for Adolescent Idiopathic Scoliosis
CLINICAL SPINE SURGERY,32(7):E326-E329 2019(Aug.)
Author:Uehara, Masashi; Takahashi, Jun; Ikegami, Shota; Kuraishi, Shugo; Futatsugi, Toshirnasa; Oba, Hiroki; Takizawa, Takashi; Munakata, Ryo; Koseki, Michihiko; Kato, Hiroyuki;


Impact of diffuse idiopathic skeletal hyperostosis on sagittal spinal alignment in the general elderly population: A Japanese cohort survey randomly sampled from a basic resident registry.
JB JS Open Access,16(4(3)):e0062.1-6 2019(Jul.)
Author:105. Uehara M, Takahashi J (corresponding author), Ikegami S, Tokida R, Nishimura H, Kuraishi S, Sakai N, Kato H


Determination of optimal screw number based on correction angle for main thoracic curve in adolescent idiopathic scoliosis
JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE,24(3):415-419 2019(May)
Author:Uehara, Masashi; Takahashi, Jun; Ikegami, Shota; Oba, Hiroki; Kuraishi, Shugo; Futatsugi, Toshimasa; Takizawa, Takashi; Munakata, Ryo; Koseki, Michihiko; Kato, Hiroyuki;


Ten-year results of reconstruction for rheumatoid cervical spine lesions and occurrence factor of subaxial subluxation.
Asian Spine Journal,14(13(5)):730-737 2019(May)
Author:103. Kurogochi D, Takahashi J (corresponding author), Uehara M, Ikegami S, Kuraishi S, Futatsugi T, Oba H, Takizawa T, Munakata R, Hatakenaka T, Keseki M, Kato H.


How much surface registration accuracy is required using CT-based navigation in adolescent idiopathic scoliosis surgery?
Clin Spine Surg,32(3):E166-E170 2019(Apr.)
Author:Uehara M, Takahashi J (corresponding author), Ikegami S, Kuraishi S, Futatsugi T, Oba H, Takizawa T, Munakata R, Koseki M, Kato H.


Weekly Teriparatide Administration and Preoperative Anterior Slippage of the Cranial Vertebra Next to Fusion Segment < 2 Mm Promote Osseous Union after Posterior Lumbar Interbody Fusion.
Spine,44(5):E288-E297 2019(Mar. 01)
Author:Ushirozako H, Hasegawa T, Ebata S, Oba H, Ohba T, Mukaiyama K, Isogai Y, Okada E, Ojima T, Takahashi J, Haro H, Matsuyama Y.


Prediction of Spontaneous Lumbar Curve Correction After Posterior Spinal Fusion for Adolescent Idiopathic Scoliosis Lenke Type 1 Curves
CLINICAL SPINE SURGERY,32(2):E112-E116 2019(Mar.)
Author:Uehara, Masashi; Takahashi, Jun; Ikegarni, Shota; Kuraishi, Shugo; Futatsugi, Toshirnasa; Oba, Hiroki; Takizawa, Takashi; Munakata, Ryo; Koseki, Michihiko; Kato, Hiroyuki;


Two-stage posterior spinal fusion for early-onset scoliosis Two case reports
MEDICINE,98(9) 2019(Mar.)
Author:Uehara, Masashi; Takahashi, Jun; Kuraishi, Shugo; Ikegami, Shota; Futatsugi, Toshimasa; Oba, Hiroki; Takizawa, Takashi; Munakata, Ryo; Koseki, Michihiko; Kato, Hiroyuki;


Prediction of Spontaneous Lumbar Curve Correction after Posterior Spinal Fusion for Adolescent Idiopathic Scoliosis Lenke Type 1 Curves.
Clin Spine Surg,32(2):E112-E116 2019(Mar.)
Author:Uehara M, Takahashi J (corresponding author), Ikegami S, Kuraishi S, Futatsugi T, Oba H, Takizawa T, Munakata R, Koseki M, Kato H.


Efficacy of denosumab therapy for a 21-year-old woman with Prader-Willi syndrome, osteoporosis and history of fractures: a case report.
Therapeutics and Clinical Risk Management,15:303-307 2019(Feb. 25)
Author:Uehara M, Nakamura Y, Takahashi J, Suzuki T, Iijima M, Arakawa Yuko, Ida K, Kosho T, Kato H.


Loss of Pelvic Incidence Correction after Long Fusion Using Iliac Screws for Adult Spinal Deformity: Cause and Effect on Clinical Outcome.
Spine,44(3):195-202 2019(Feb. 01)
Author:Oba H, Ebata S, Takahashi J, Ikegami S, Koyama K, Haro H, Kato H, Ohba T.


Sagittal spinal alignment deviation in the general elderly population: a Japanese cohort survey randomly sampled from a basic resident registry
SPINE JOURNAL,19(2):349-356 2019(Feb.)
Author:Uehara, Masashi; Takahashi, Jun; Ikegami, Shota; Tokida, Ryosuke; Nishimura, Hikaru; Sakai, Noriko; Kato, Hiroyuki;


Sagittal spinal alignment deviation in the general elderly population: A Japanese cohort survey randomly sampled from a basic resident registry.
Spine J.,19(2):349-356 2019(Feb.)
Author:Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Tokida R, Nishimura H, Sakai N, Kato H.


Differential rod contouring on thoracolumbar/lumbar curvature in patients with adolescent idiopathic scoliosis: An analysis with intraoperative acquisition of three-dimensional imaging.
J Orthop Sci.,19 2019(Jan. 22)
Author:Seki S, Yahara Y, Makino H, Kobayashi K, Nakano M, Hirano N, Watanabe K, Takahashi J, Kawaguchi Y, Kimura T.


Three-dimensional computed tomographic analysis of spinal canal length increases after surgery for adolescent idiopathic scoliosis—A multicenter study—
J Bone Joint Surg Am,101(1):48-55 2019(Jan. 02)
Author:Yahara Y, Seki S, Makino H, Watanabe K, Uehara M, Takahashi J, Kimura T.


PIEZO2 deficiency is a recognizable arthrogryposis syndrome: a new case and literature review.
Am J Med Genet A,179(6):948-957 2019(Jan.)
Author:Yamaguchi T, Takano K, Inaba Y, Morikawa M, Motobayashi M, Miyaka Y, Kawamura R, Takahashi Y, Wakui K, Ishikawa M, Kise E, Nishi E, Hirabayashi S, Fukushima Y, Kato H, Takahashi J, Kosho T.


Surgical Outcomes of Long Fusion Using Dual Iliac Screws Bilaterally for Adult Spinal Deformities: The Effect on the Loosening Rate and Sacroiliac Joint Correction.
Spine Surg Relat Res,25(3(3)):236-243 2019(Jan.)
Author:99. Ebata S, Oba O, Ohba T, Takahashi J, Ikegami S, Koyama K, Kato H, Haro H


Three-Dimensional Computed Tomography Analysis of Spinal Canal Length Increase After Surgery for Adolescent Idiopathic Scoliosis A Multicenter Study
JOURNAL OF BONE AND JOINT SURGERY-AMERICAN VOLUME,101(1):48-55 2019
Author:Yahara, Yasuhito; Seki, Shoji; Makino, Hiroto; Watanabe, Kei; Uehara, Masashi; Takahashi, Jun; Kimura, Tomoatsu;


Physical performance reflects cognitive function, fall risk, and quality of life in community-dwelling older people
SCIENTIFIC REPORTS,9 2019
Author:Ikegami, Shota; Takahashi, Jun; Uehara, Masashi; Tokida, Ryosuke; Nishimura, Hikaru; Sakai, Ayaka; Kato, Hiroyuki;


Association Between Sagittal Spinal Alignment and Physical Function in the Japanese General Elderly Population A Japanese Cohort Survey Randomly Sampled from a Basic Resident Registry
JOURNAL OF BONE AND JOINT SURGERY-AMERICAN VOLUME,101(18):1698-1706 2019
Author:Tokida, Ryosuke; Uehara, Masashi; Ikegami, Shota; Takahashi, Jun; Nishimura, Hikaru; Sakai, Noriko; Kato, Hiroyuki;


urgical Outcomes of Long Fusion Using Dual Iliac Screws Bilaterally for Adult Spinal Deformities: The Effect on the Loosening Rate and Sacroiliac Joint Correction.
Spine Surg Relat Res,3(3):1-20 2019
Author:Ebata S, Oba O, Ohba T, Takahashi J, Ikegami S, Koyama K, Kato H, Haro H.


Posterior spinal fusion for scoliosis in mucopolysaccharidosis I (Hurler syndrome). Interdisciplinary Neurosurgery
Advanced Techniques and Case Management,18:100487 2019
Author:108.Uehara M, Takahashi J (corresponding author), Kuraishi S, Ikegami S, Futatsugi T, Oba H, Takizawa T, Koseki M, Kato H.


Efficacy of denosumab therapy after alendronate treatment for a 66-year-old woman with Camurati–Engelmann disease and osteoporosis: a case report.
MODERN RHEUMATOLOGY CASE REPORTS 2019
Author:111.Uehara M, Nakamura Y, Suzuki T, Takahashi J, Kato H


Effectiveness of postoperative radiation therapy for recurrence hemangioma in thoracic spine. Interdisciplinary Neurosurgery:
Advanced Techniques and Case Management,18:100560 2019
Author:Uehara M, Takahashi J, Koiwai K, Otsuki T, Uehara T, Kato H.


患者さんの困っていることを治すこと
整形外科,70(3):228 2019
Author:髙橋 淳


ハイブリッドナビゲーション手術と側弯症
脊椎脊髄,32(2):87-88 2019
Author:髙橋 淳


思春期特発性側弯症(Lenke type 1, 2)に対するSkip Pedicle Screw Fixationの年代別検討
J. Spine Res,10:1348-1351 2019
Author:120.上原将志、髙橋 淳、倉石修吾、池上章太、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、加藤博之


Pedicle Perforation while Inserting Screws using O-arm Navigation during Surgery for Adolescent Idiopathic Scoliosis: Risk Factors and Effect of Insertion Order.
Spine,43(24):E1463-E1468 2018(Dec. 15)
Author:Oba H, Ebata S, Takahashi J, Koyama K, Uehara M, Kato H, Haro H, Ohba T.


Determination of Optimal Screw Number Based on Correction Angle for Main Thoracic Curve in Adolescent Idiopathic Scoliosis.
J Ortho Sci 2018(Dec. 01)
Author:Uehara M, Takahashi J (corresponding author), Ikegami S, Kuraishi S, Futatsugi T, Oba H, Takizawa T, Munakata R, Koseki M, Kato H.


Spinal manifestations in 12 patients with musculocontractural Ehlers-Danlos syndrome caused by CHST14/D4ST1 deficiency (mcEDS-CHST14).
Am J Med Genet A.,176(11):2331-2341 2018(Nov.)
Author:Uehara M, Kosho T (corresponding author), Yamamoto N, Takahashi H, Shimakura T, Nakayama J, Kato H, Takahashi J (corresponding author).


Efficacy of denosumab therapy for neurofibromatosis type 1 with osteoporosis and history of fractures: a case report.
Ther Clin Risk Manag,14:1243-1246 2018(Jul. 16)
Author:Uehara M, Nakamura Y, Takahashi J, Kamimura M, Isobe F, Yamaguchi T, Kosho T, Uchiyama S, Suzuki T, Kato H.


Efficacy of denosumab in two cases with multiple system atrophy and osteoporosis.
Ther Clin Risk Manag.,14:817-822 2018(May 03)
Author:Uehara M, Nakamura Y, Takahashi J, Suzuki T, Kato H.


Thoracic aortic aneurysm is an independent factor associated with diffuse idiopathic skeletal hyperostosis.
Bone Joint J,100-B(5):617-621 2018(May 01)
Author:84. Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Kuraishi S, Fukui D, Imamura H, Okada K, Kato H.


Spinal Cord MRI Signal Changes at One Year after Cervical Decompression Surgery is Useful for Predicting Mid-term Clinical Outcome: An Observational Study Using Propensity Scores.
Spine J,18(5):755-761 2018(May)
Author:Ikegami S, Takahashi J (corresponding author), Misawa H, Tsutsumimoto T, Yui M, Kuraishi S, Futatsugi T, Uehara M, Oba H, Kato H.


Mid-Term Results of Computer-Assisted Skip Pedicle Screw Fixation for Patients with Lenke Type 1 and 2 Adolescent Idiopathic Scoliosis: A Minimum Five-Year Follow-Up Study.
Journal of Orthopaedic Science,23(2):248-252 2018(Mar.)
Author:Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Kuraishi S, Futatsugi T, Oba H, Koseki M, Kato H.


Posterior spinal fusion for scoliosis after Fontan procedure: a case series and review of the literature.
Journal of Orthopaedic Journal,23(2):294-298 2018(Mar.)
Author:Uehara M, Takahashi J, Akazawa Y, Kuraishi S, Ikegami S, Futatsugi T, Oba H, Kato H.


Can surgery for adolescent idiopathic scoliosis of less than 50 degrees of main thoracic curve achieve good results?
Journal of Orthopaedic Journal,23(1):14-19 2018(Jan.)
Author:Mimura T, Takahashi J, Ikegami S, Kuraishi S, Shimizu M, Futatsugi T, Uehara M, Oba H, Koseki M, Kato H.


Efficacy of teriparatide and denosumab combination treatment in a patient with atypical femoral fracture and Behçet’s disease: a case report and review of the literature.
Modern Rheumatology Case Reports,2(1):92-96 2018
Author:85. Uehara M, Nakamura Y, Takahashi J, Isobe F, Ikegami S, Suzuki T, Uchiyama S, Kamimura M, Kato H.


脊椎手術におけるSSI対策.早期診断と早期治療.
脊椎脊髄,31(4):366-369 2018
Author:髙橋 淳、池上章太、二木俊匡、大場悠己、上原将志、加藤博之


脊柱側弯症
整形外科看護,23(5):499-502 2018
Author:高橋 淳、三橋眞紀子、大場悠己、上原将志、加藤博之


腰痛の治療 腰痛の手術療法 腰痛治療の最前線
関節外科,37(12):1342-1349 2018
Author:大場悠己、髙橋 淳、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、上原将志、滝沢 崇、宗像 諒、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1カーブの術後胸椎後弯獲得に関与する因子の検討
Journal of Spine Research,9(11):1630-1633 2018
Author:笹尾真司, 高橋淳, 池上章太, 大場悠己, 上原将志, 倉石修吾, 二木俊匡, 滝沢崇, 小関道彦


患者さんの困っていることを治すこと
整形外科,70(3):228 2018
Author:髙橋 淳


ハイブリッドナビゲーション手術と側弯症
脊椎脊髄,32(2):87-88 2018
Author:髙橋 淳


Pedicle screw loosening after posterior spinal fusion for adolescent idiopathic scoliosis in upper and lower instrumented vertebrae having major perforation.
Spine,42(24):1895-1900 2017(Dec.)
Author:Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Kuraishi S, Shimizu M, Futatsugi T, Oba H, Koseki M, Kato H.


Rigid occipitocervical instrumented fusion for atlantoaxial instability in an 18-month-old toddler with brachytelephalangic chondrodysplasia punctata: a case report.
Spine,42(23):E1380-E1385 2017(Dec.)
Author:Oba H, Takahashi J, Takano K, Inaba Y, Motobayashi M, Nishimura G, Kuraishi S, Shimizu M, Ikegami S, Futatsugi T, Uehara M, Kosho K, Kato H, Uno K.


Screw perforation rates in 359 consecutive patients receiving computer-guided pedicle screw insertion along the cervical to lumbar spine.
European Spine Journal,26(11):2858-2864 2017(Nov.)
Author:Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Kuraishi S, Futatsugi T, Kato H.


Early postoperative magnetic resonance imaging in detecting radicular pain following lumbar decompression surgery: Retrospective study of the relationship between dural sac cross-sectional area and postoperative radicular pain.
Clinical Spine Journal,30(6):E733-E737 2017(Jul.)
Author:Futatsugi T, Takahashi J, Oba H, Ikegami S, Mogami Y, Shibata S, Ohji Y, Tanikawa H, Kato H.


Are pedicle screw perforation rates influenced by the distance from the reference frame in multi-level registration using CT-based navigation system in the setting of scoliosis?
The Spine Journal,17(4):499-504 2017(Apr.)
Author:Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Kuraishi S, Shimizu M, Futatsugi T, Oba H, Kato H.


Morbidity & Mortality Survey of Spinal Deformity Surgery in 2012—Report by the Japanese Scoliosis Society.
Spine Surg Relat Res,1(2):78-81 2017(Jan.)
Author:78. Sugawara R, Takeshita K, Arai Y, Takaso M, Takahashi J, Hosoe H, Doi T, Shimizu K.


Efficacy of Denosumab for Osteoporosis in Three Female Patients with Osteogenesis Imperfecta.
Tohoku J Exp Med,242(2):115-120 2017
Author:Uehara M, Nakamura Y, Takahashi J, Kamimura M, Ikegami S, Suzuki T, Uchiyama S, Yamaguchi T, Kosho T, Kato H.


Predictors of improvement in low back pain after lumbar decompression surgery:Prospective study of 140 patients.
Journal of Orthopaedic Science,22:641-646 2017
Author:Oba H, Takahashi J, Tsutsumimoto T, Ikegami S, Ohta H, Yui M, Kosaku H, Kamanaka T, Misawa H, Kato H.


Committee for Adult Deformity, Japanese Scoliosis Society. A Japanese nationwide multicenter survey on perioperative complications of corrective fusion for elderly patients with adult spinal deformity
J Orthop Sci,22(2):237-242 2017
Author:Yamato Y, Matsuyama Y, Hasegawa K, Aota Y, Akazawa T, Iida T, Ueyama K, Uno K, Kanemura T, Kawakami N, Kotani T, Takaso M, Takahashi J, Tanaka M, Taneichi H, Tsuji T, Hosoe H, Mochida J, Shimizu T, Yonezawa I, Watanabe K, Matsumoto M


Computer-assisted Skip Pedicle Screw Fixation for Adolescent Idiopathic Scoliosis.
J Orthop Sci,22(2):218-223 2017
Author:Uehara M, Takahashi J, Kuraishi S, Shimizu M, Ikegami S, Futatsugi T, Oba H, Kato H.


Role of Weekly Teriparatide Administration in Bony Union Enhancement After Posterior or Transforaminal Lumbar Interbody Fusion for Osteoporosis-associated Lumbar Degenerative Disorders Within the Early Postoperative Period: A Multicenter, Prospective, Randomized Study
J Bone Joint Surg Am,99(5):365-372 2017
Author:Ebata S, Takahashi J, Hasegawa T, Mukaiyama K, Isogai Y, Ohba H, Shibata Y, Ojima T, Yamagata Z, Matsuyama Y, Haro H.


Optimal cervical screw insertion angle determined by means of CT scans pre- and postoperatively
Spine J,17(2):190-5 2017
Author:Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Hashidate H, Kuraishi S, Shimizu M, Futatsugi T, Oba H, Mukaiyama K, Ogihara N, Hirabayashi H, Kato H.


Ⅰ.後方矯正固定術 Screw densityと矯正率.特集 側弯症手術―術式の進歩と改善点―
関節外科,35(7):33-9 2016
Author:髙橋 淳、池上章太、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、上原将志、大場悠己、加藤博之


骨粗鬆症を伴った脊椎変性疾患に対する脊椎椎体間固定術におけるPTHの骨形成促進作用の臨床研究―多施設・前向き・ランダム試験―
整・災外,59:517-21 2016
Author:江幡重人、波呂浩孝、松山幸弘、長谷川智彦、高橋 淳、向山啓二郎.


X線診断Q&A
整形外科,67(1):67-8 2016
Author:高橋 淳、伊東清志


Challenges of transarticular screw fixation in young children: Report of surgical treatment of a 5-year-old patient’s unstable os-odontoideum.
Asian Spine J,10(5):950-4 2016
Author:Takahashi J, Hirabayashi H, Hashidate H, Ogihara N, Mukaiyama K, Komatsu M, Inaba Y, Kosho T, Kato H.


Comparison of clinical and radiological results of posterolateral fusion and posterior lumbar interbody fusion in the treatment of L4 degenerative lumbar spondylolisthesis
Asian Spine J,10(1):143-152 2016
Author:Kuraishi S, Takahashi J, Mukaiyama K, Shimizu M, Ikagami S, Futatsugi T, Uehara M, Hirabayashi H, Ogihara N, Hashidate H, Tateiwa Y, Kinoshita H, Kato H.


Characteristics of Trunk Control During Crook-lying Unilateral Leg Raising in Different Types of Chronic Low Back Pain Patients.
Spine,40(8):500-509 2015(Apr. 15)
Author:Ohe A, Kimura T, Cheng GA, Oba A, Takahashi J, Mogami Y.


Osteoid osteoma presenting as thoracic scoliosis
Spine J,15(12):e77-81 2015
Author:Uehara M, Takahashi J, Kuraishi S, Shimizu M, Ikegami S, Futatsugi T, Kato H.


Mini Open Foraminotomy for Cervical Radiculopathy: A Comparison of Large Tubular and TrimLine® Retractors.
Asian Spine J,9(4):548-52 2015
Author:Uehara M, Takahashi J, Kuraishi S, Shimizu M, Ikegami S, Futatsugi T, Aoki K, Mukaiyama K, Ogihara N, Hashidate H, Hirabayashi H, Kato H.


10歳未満の環軸椎不安定症に対して環軸椎固定術を施行した3例
中部整災誌,57:535-6 2014
Author:西村匡博、高橋 淳、向山啓二郎、加藤博之、宇野耕吉


Are pedicle screw perforation rates influenced by registered or unregistered vertebrae in multilevel registration using a CT-based navigation system in the setting of scoliosis?
Eur Spine J,23(10):2211-7 2014
Author:Shimizu M, Takahashi J, Ikegami S, Kuraishi S, Futatsugi T, Kato H


Skip Pedicle Screw Fixation Combined with Ponte Osteotomy for Adolescent Idiopathic Scoliosis.
Eur Spine J.,23(10):2689-95 2014
Author: Takahashi J, Ikegami S, Kuraishi S, Shimizu M, Futatsugi T, Kato H


Screw perforation features in 129 consecutive patients performed computer-guided cervical pedicle screw insertion.
Eur Spine J,23(10):2189-95 2014
Author:Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Mukaiyama K, Kuraishi S, Shimizu M, Futatsugi T, Ogihara N, Hashidate H, Hirabayashi H, Kato H


Comparison of Spinous Process–Splitting Laminectomy versus Conventional Laminectomy for Lumbar Spinal Stenosis.
Asian Spine J,8(6):768-76 2014
Author:Uehara M, Takahashi J, Mukaiyama K, Kuraishi S, Shimizu M, Ikegami S, Futatsugi T, Ogihara N, Hashidate H, Hirabayashi H, Kato H


Mid-term results of computer-assisted cervical pedicle screw fixation.
Asian Spine J,8(6):759-67 2014
Author: Uehara M, Takahashi J, Mukaiyama K, Kuraishi S, Shimizu M, Ikegami S, Futatsugi T, Ogihara N, Hashidate H, Hirabayashi H, Kato H


Myxopapillary epemdymoma of the cauda equine in 5-year-old boy.
Asian Spine J,8(6):846-51 2014
Author:Uehara M, Takahashi J, Mukaiyama K, Kuraishi S, Shimizu M, Ikegami S, Futatsugi T, Sano K, Hongo K, Kato H


Mid-term results of computer-assisted cervical reconstruction for rheumatoid cervical spines
J Orthop Sci,18(6):916-925 2013(Nov.)
Author:Uehara, M; Takahashi, J; Ogihara, N; Hirabayashi, H; Mukaiyama, K; Kuraishi, S; Shimizu, M; Futatsugi, T; Hashidate, H; Kato, H


The effect of a prostaglandin E-1 derivative on the symptoms and quality of life of patients with lumbar spinal stenosis
J Orthop Sci,18(2):208-215 2013(Mar.)
Author:Takahashi, J; Kobayashi, H; Wakabayashi, S; Deguchi, M; Ito, H; Mogami, Y; Tanikawa, H; Nakagawa, H; Moriya, H; Ashizawa, R; Takahara, K; Kinoshita, H; Tateiwa, Y; Misawa, H; Tsutsumimoto, T; Nakakohji, T; Yuzawa, Y; Sawaumi, A; Hidai, Y; Matsuda, S; Nakamura, I; Toba, S; Kamimura, M; Nakane, T; Hirabayashi, H; Hashidate, H; Ogihara, N; Mukaiyama, K; Kato, H; Ohtsuka, K


思春期特発性側弯症に対するskip pedicle screw法後の肋骨隆起の変化
中部整災誌,56:1293-4 2013
Author:畠中輝枝、高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、倉石修吾、加藤博之


左凸上位胸椎カーブがメジャーカーブの脊柱側弯症に対する後方矯正固定術の手術成績
中部整災誌,56:73-74 2013
Author:傍島 淳、高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、倉石修吾、加藤博之


前方圧迫を主とする頸部脊髄症に対する椎弓形成術の治療成績.
中部整災誌,56:43-44 2013
Author:清水政幸、高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、倉石修吾、加藤博之


Spinous process plate fixation for cervical fusion after spinal trauma: two case reports.
J Zhejiang Univ Sci B,14(9):855-858 2013
Author:Hirabayashi H, Takahashi J, Hashidate H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kuraishi S, Shimizu M, Nakagawa H, Matsue R, Kato H


Factors influencing the residual rib hump after posterior spinal fusion for adolescent idiopathic scoliosis with Lenke 1 and 2 curves.
J Orthop Sci,18(5):687-92 2013
Author:Mukaiyama K, Takahashi J, Hirabayashi H, Ogihara N, Kuraishi S, Shimizu M, Kato H


Study of Dural Sac Cross-sectional Area in Early and Late Phases Following Lumbar Decompression Surgery.
The Spine J,13(9):1088-94 2013
Author:Oba H, Takahashi J, Futatsugi T, Mogami Y, Shibata S, Ohji Y, Tanikawa H


Pedicle Morphology Using CT-based Navigation System in Adolescent Idiopathic Scoliosis.
J Spinal Disord Tech,26(1):22-8 2013
Author: Kuraishi S, Takahashi J, Hirabayashi H, Hashidate H, Mukaiyama K, Kato H


Surgical Treatment of Klippel-Feil Syndrome with Basilar Invagination: A Case Report.
Eur Spine J,22(Suppl 3):380-7 2013
Author:Ogihara N, Takahashi J,Hirabayashi H, Mukaiyama K, Kato H


Ewing Sarcoma of the Thoracic Epidural Space in a Young Child: A Case Report.
Eur Spine J,22(Suppl 3):373-9 2013
Author:Kobayashi S, Takahashi J, Sakashita K, Fukushima M, Kato H


Hodgkin's disease of the thoracic vertebrae
SPINE JOURNAL,13(8):E59-E63 2013
Author:Uehara, M; Takahashi, J; Hirabayashi, H; Kitahara, J; Kamijyo, T; Ebara, S; Kato, H


Evaluation of clinical results and quality of life after surgical reconstruction for rheumatoid cervical spine
SPINE JOURNAL,13(4):391-396 2013
Author:Uehara, M; Takahashi, J; Hirabayashi, H; Ogihara, N; Mukaiyama, K; Kuraishi, S; Shimizu, M; Hashidate, H; Kato, H


Stable Reconstruction Using Halo-vest for Unstable Upper Cervical Spine and Occipito-cervical Instability.
Eur Spine J,2:295-303 2012(Feb. 21)
Author:Ogihara N, Takahashi J, Hirabayashi H, Hashidate H, Kato H


頭蓋頚椎移行部病変に対する軸椎垂直亜脱臼の整復の重要性
J. Spine Res,3:1231-5 2012
Author:荻原伸英、高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、倉石修吾、加藤博之


リウマチ頚椎における後頭頚椎固定術―術後成績不良例の検討―
中部整災誌,55:353-354 2012
Author:荻原伸英、高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、倉石修吾、加藤博之


リウマチ頚椎病変の病態別手術成績とQOLの推移
中部整災誌,55:351-352 2012
Author:高橋 淳、平林洋樹、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


Posterior Pedicle Screw Fixation for Thoracolumbar Burst Fractures. In: Spinal Cord Injuries
Causes, Risk Factors and Management Nova Science Publishers,New York pp:277-287 2012
Author:Uehara M, Takahashi J, Hirabayashi H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kuraishi S, Shimizu M, Hashidate H, Kato H


Perforation Rates of Cervical Pedicle Screw Inserted from C3 to C6-A Retrospective Analysis of 78 Patients over a Period of 14 years-
Spine Surgery,Croatia pp:113-120 2012
Author:Takahashi J, Hirabayashi H, Hashidate H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kuraishi S, Shimizu M, Uehara M, Kato H


Comparison between continuous and discontinuous multiple vertebral compression fractures.
Eur Spine J,21(9):1867-72 2012
Author:Kano S, Tanikawa H, Mogami Y, Shibata S, Takanashi S, Oji Y, Aoki T, Oba H, Ikegami S, Takahashi J


Cervical pedicle screw fixation combined with laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy with instability.
Asian Spine J,6:241-8 2012
Author:Uehara M, Takahashi J, Ogihara N, Hirabayashi H, Hashidate H, Mukaiyama K, Shimizu M, Kato H.


Laminoplasty for cervical cord injury without bone injury. Orhopedic Muscul Sys. Special Issue Title: Spine Injury. Handling Editor Dr. Xu Chao Jin
Orhopedic Muscul Sys.,1(1):S1-004 2012
Author:Takahashi J, Uehara M, Hirabayashi H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kuraishi S, Shimizu M, Hashidate H, Kato H.


Computer-assisted C1-C2 transarticular screw fixation "Magerl technique" for atlantoaxial instability
Asian Spine J,6:168-177 2012
Author:Uehara M, Takahashi J, Hirabayashi H, Hashidate H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kato H.


A case of pyogenic spondylodiscitis caused by Campylobacter fetus for which early diagnosis by MRI was difficult
Asian Spine J,6:274-8 2012
Author:Tanaka A, Takahashi J, Hirabayashi H, Ogihara N, Mukaiyama K, Shimizu M, Hashidate H, Kato H.


table Reconstruction Using Halo-vest for Unstable Upper Cervical Spine and Occipito-cervical Instability
Eur Spine J,21(2):295-303 2012
Author:Ogihara N, Takahashi J, Hirabayashi H, Hashidate H, Kato H


Selective Thoracic Fusion in Adolescent Idiopathic Scoliosis: Factors Influencing the Selection of the Optimal Lowest Instrumented Vertebra
Spine,36(14):1131-1141 2011(Jun. 15)
Author:Takahashi J, Newton PO, Ugrinow VL, Bastrom TP, Harms Study Group


Computer-assisted hemivertebral resection for spinal deformity
J Orthop Sci,16:503-9 2011
Author:Takahashi J, Ebara S, Hashidate H, Hirabayashi H, Ogihara S, Mukaiyama K, Kato H


Surgical Cervical Reconstruction with Pedicle Screw Fixation for Traumatic Cervical Instability. Orhopedic Muscul Sys
Special Issue Title: Spine Injury,Volume 1 2011
Author:Uehara M, Takahashi J, Hirabayashi H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kuraishi S, Shimizu M, Hashidate H, Kato H. Handling Editor Dr. Xu Chao Jin.


Accuracy of Multilevel Registration in Image-Guided Pedicle Screw Insertion for Adolescent Idiopathic Scoliosis
SPINE,35(3):347-352 2010(Feb.)
Author:Takahashi, Jun; Hirabayashi, Hiroki; Hashidate, Hiroyuki; Ogihara, Nobuhide; Kato, Hiroyuki


コンピュータ支援脊椎手術
信州医学雑誌,57(6):233-245 2009(Dec.)
Keywords:computer-assisted surgery, pedicle screw, Magerl screw, osteotomy, spinal navigation, scoliosis, コンピュータ支援手術, 椎弓根スクリュー, マガールスクリュー, 骨切り, 脊椎ナビゲーション, 側弯症


Assessment of cervical myelopathy using transcranial magnetic stimulation and prediction of prognosis after laminoplasty
SPINE,33(1):E15-E20 2008
Author:Takahashi, J; Hirabayashi, H; Hashidate, H; Ogihara, N; Yamazaki, I; Kamimura, M; Ebara, S; Kato, H


Computer-assisted screw insertion for cervical disorders in rheumatoid arthritis
EUROPEAN SPINE JOURNAL,16(4):485-494 2007
Author:Takahashi, J; Shono, Y; Nakamura, I; Hirabayashi, H; Kamimura, M; Ebara, S; Kato, H


Usefulness of white blood cell differential for early diagnosis of surgical wound infection following spinal instrumentation surgery
SPINE,31(9):1020-1025 2006
Author:Takahashi, J; Shono, Y; Hirabayashi, H; Kamimura, M; Nakagawa, H; Ebara, S; Kato, H


Posterior correction and fusion for severe cervical kyphosis in a patient with myotonic dystrophy
SPINE,31(20):E767-E769 2006
Author:Yuzawa, Y; Hashimoto, T; Takahashi, J; Nakamura, I; Hirabayashi, H; Ebara, S


Magerl法におけるナビゲーションシステムの有用性
脊椎脊髄ジャーナル,18:725-730 2005
Author:楢崎勝己,高橋 淳,江原宗平,加藤博之,上村幹男


脊椎インストゥルメンテーション手術後創感染の早期診断
日本脊椎脊髄病学会誌,16:562-566 2005
Author:高橋 淳,江原宗平


先天性脊柱変形に対するコンピュータ支援骨切り術
脊柱変形,20:64-68 2005
Author:高橋 淳,江原宗平,平林洋樹,楢崎勝巳,庄野泰弘,加藤博之


骨粗鬆症性椎体偽関節に対する椎体形成術の手術成績-骨セメントと骨ペーストの比較-
MB Orthop,18:57-63 2005
Author:高橋 淳,上村幹男,中川浩之,湯澤洋平,加藤博之


Surgical Treatment with Instrumentation for Severely Destructive Spondyloarthropathy of Cervical Spine
J Spinal Disord Tech,18(1):23-28 2005
Author:Yuzawa Y, Kamimura M, Nakagawa H, Kinoshita T, Itoh H, Takahashi J, Ebara S


Synthetic biodegradable polymers as drug delivery systems for bone morphogenetic proteins
Adv Drug Deliv Rev,57(7):1037-1048 2005
Author:Saito N, Murakami N, Takahashi J, Horiuchi H, Ota H, Kato H, Okada T, Nozaki K, Takaoka K


Magnetic resonance and computed tomography-based scoring system for the differential diagnosis of vertebral fractures caused by osteoporosis and malignant tumors
J Orthop Sci,10(4):345-352 2005
Author:Yuzawa Y, Ebara S, Kamimura M, Tateiwa Y, Kinoshita T, Itoh H, Takahashi J, Karakida O, Sheena Y, Takaoka K


Ehlers-Danlos syndrome type VIB with characteristic facies, decreased curvatures of the spinal column, and joint contractures in two unrelated girls
Am J Med Genet A,138A(3):282-287 2005
Author:Kosho T, Takahashi J, Ohashi H, Nishimura G, Kato H, Fukushima Y


転移性脊椎腫瘍に対する再手術症例の検討
中部整災誌,47:953-954 2004
Author:平林洋樹,江原宗平,高橋 淳,中村 功,加藤博之


コンピュータ支援頚椎再建術の手術成績
日本シミュレーション外科学会会誌,11:48-51 2004
Author:高橋 淳,江原宗平,庄野泰弘,平林洋樹,楢崎勝巳,上村幹男,加藤博之


A neurofibromatosis type 1 patient with severe kyphoscollosis and intrathoracic meningocele
JOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE,10(2):268-272 2003
Author:Ebara, S; Yuzawa, Y; Kinoshita, T; Takahashi, J; Nakamura, I; Hirabayashi, H; Kitahara, J; Yamada, M; Takaoka, K


A case of mucopolysaccharidosis IV with lower leg paresis due to thoraco-lumbar kyphoscoliosis
JOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE,10(3):358-361 2003
Author:Ebara, S; Kinoshita, T; Yuzawa, Y; Takahashi, J; Nakamura, I; Hirabayashi, H; Uozumi, R; Kimura, M; Takaoka, K


肺癌・肝癌による転移性脊椎腫瘍の術後成績
中部整災誌,46:681-682 2003
Author:平林洋樹,高橋 淳,中村 功,北原 淳,江原宗平


ムチランス型リウマチ頚椎病変に対するコンピューター支援手術
中部整災誌,46:631-632 2003
Author:成田 伸代,高橋 淳,江原宗平,上村幹男,加藤博之


脊椎インストゥルメンテーション手術後創感染の早期診断
中部整災誌,46:933-944 2003
Author:高橋 淳,江原宗平,上村幹男,加藤博之


「疾患研究の新たな展開と臨床応用―基礎研究は本当に臨床に還元できるのか?」Ⅲ.脊髄・脊椎疾患 2.再生的アプローチ2)脊椎疾患
整形外科,54:727-733 2003
Author:高橋 淳,斉藤直人,江原宗平,伊東秀博,高岡邦夫


脊椎インストゥルメンテーション手術後創感染早期診断に白血球分画が有用である
臨床整形外科,38:565-570 2003
Author:高橋 淳,江原宗平,中村 功,平林洋樹,北原 淳,加藤博之


Anterior Thoracic Spinal Fusion in Dogs by Injection of Recombinant Human Bone Morphogenetic Protein-2 and a Synthetic Polymer
J Spinal Disord Tech,16(2):137-143 2003
Author:Takahashi J, Saito N, Ebara S, Kinishita T, Itoh H, Okada T, Nozaki K, Takaoka K


Local bone formation by injection of recombinant human bone morphogenetic protein-2 contained in polymer carriers
Bone,32(4):381-386 2003
Author:Saito N, Okada T, Horiuchi H, Ota H, Takahashi J, Murakami N, Nawata M, Kojima S, Nozaki K, Takaoka K


Repair of a proximal femoral bone defect in dogs using a porous surfaced prosthesis in combination with recombinant BMP-2 and a synthetic polymer carrier
Biomaterals,24(13):2153-2159 2003
Author:Murakami N, Saito N, Takahashi J, Ota H, Horiuchi H, Nawata M, Okada T, Nozaki K, Takaoka K


Clinical outcome and survival after palliative surgery for spinal metastases: palliative surgery in spinal metastases
Cancer,97(2):476-484 2003
Author:Hirabayashi H, Ebara S, Kinoshita T, Yuzawa Y, Nakamura I, Takahashi J, Kamimura M, Ohtsuka K, Takaoka K


Preoperative CT examination for accurate and safe anterior spinal instrumentation surgery with endoscopic approach
JOURNAL OF SPINAL DISORDERS&TECHNIQUES,15(1):47-52 2002
Author:Kamimura, M; Kinoshita, T; Itoh, H; Yuzawa, Y; Takahashi, J; Hirabayashi, H; Nakamura, I; Lenke, LG


BMPを用いた脊椎固定
整形・災害外科,45:579-583 2002
Author:高橋淳,斎藤直人,江原宗平,伊東秀博,高岡邦夫


経頭蓋磁気刺激法を用いた頚部脊髄症の評価と予後予測
整形・災害外科,45:201-207 2002
Author:高橋淳,江原宗平,木下哲也,中村功,高岡邦夫,上村幹男


脊椎後方インストゥルメンテーション手術後の炎症マーカーの推移と術後創感染例の検討
中部整災誌,45:27-28 2002
Author:高橋淳,江原宗平,木下哲也,上村幹男,高岡邦夫


脊椎インストゥルメンテーション手術後創感染早期診断に白血球分画が有用である
中部整災誌,45:675-676 2002
Author:高橋淳,江原宗平,平林洋樹,上村幹男,高岡邦夫


脊椎インストゥルメンテーションの適応と問題点
整形外科,53:1062-1069 2002
Author:高橋淳,江原宗平,上村幹男,木下哲也,中村功,平林洋樹,北原淳,高岡邦夫


脳梗塞を合併した頚髄症に対する手術成績の検討
中部整災誌,45:681-682 2002
Author:平林洋樹,江原宗平,木下哲也,高橋淳,高岡邦夫


Pro-inflammatory and Anti-inflammatory Cytokine Increases After Spinal Instrumentation Surgery
J Spinal Disord Tech,15(4):294-300 2002
Author:Takahashi J, Ebara S, Kamimura M, Kinoshita T, Misawa H, Shimogata M, Tozuka M, Takaoka K


A biodegradable polymer as a cytokine delivery system for inducing bone formation
NATURE BIOTECHNOLOGY,19(4):332-335 2001
Author:Saito, N; Okada, T; Horiuchi, H; Murakami, N; Takahashi, J; Nawata, M; Ota, H; Nozaki, K; Takaoka, K


Early-phase enhanced inflammatory reaction after spinal instrumentation surgery
SPINE,26(15):1698-1704 2001
Author:Takahashi, J; Ebara, S; Kamimura, M; Kinoshita, T; Itoh, H; Yuzawa, Y; Sheena, Y; Takaoka, K


A new system for the anterior restoration and fixation of thoracic spinal deformities using an endoscopic approach
SPINE,25(7):876-883 2000
Author:Ebara, S; Kamimura, M; Itoh, H; Kinoshita, T; Takahashi, J; Takaoka, K; Ohtsuka, K


Thoracic epidural desmoplastic fibroma
JOURNAL OF SPINAL DISORDERS,13(3):267-270 2000
Author:Kamimura, M; Itoh, H; Kinoshita, T; Yuzawa, Y; Takahashi, J; Takaoka, K


Eosinophilic granuloma of the spine: early spontaneous disappearance of tumor detected on magnetic resonance imaging - Case report
JOURNAL OF NEUROSURGERY,93(2):312-316 2000
Author:Kamimura, M; Kinoshita, T; Itoh, H; Yuzawa, Y; Takahashi, J; Ohtsuka, K


Nontraumatic lumbar vertebral compression fracture as a risk factor for femoral neck fractures in involutional osteoporotic patients
JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM,17(3):201-205 1999
Author:Kinoshita, T; Ebara, S; Kamimura, M; Tateiwa, Y; Itoh, H; Yuzawa, Y; Takahashi, J; Takaoka, K


講演・口頭発表等
思春期特発性側弯症Lenke type 1患者におけるCT・MRIによる椎弓根測定値の比較.
2020(Nov.)
Presenter:畠中輝枝、大場悠己、池上章太、倉石修吾、上原将志、滝沢 崇、宗像 諒、鎌仲貴之、宮岡嘉就、三村哲彦、高橋 淳


思春期特発性側弯症Lenke5Cの術後10年成績
2020(Nov.)
Presenter:土屋良真、大場悠己、倉石修吾、池上章太、上原将志、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、鎌仲貴之、宮岡嘉就、三村哲彦、高橋 淳


思春期特発性側弯症の矯正固定術における頂椎部脊柱管伸長度と後弯改善度の関係-多施設共同研究-
2020(Nov.)
Presenter:関 庄二、髙橋 淳、渡辺 慶、川上紀明、大場悠己、大橋正幸、箭原 康人、牧野紘士、亀井克彦、川口善治


Lenke type 5 AISに対する後方矯正固定術後の遠位椎間板角増大にかかわる因子の検討
2020(Nov.)
Presenter:坂野友啓、大和 雄、長谷川智彦、吉田 剛、有馬秀幸、大江 慎、三原唯き、後迫宏紀、大場悠己、大場哲郎、髙橋 淳、波呂浩孝、松山幸弘


心臓手術後側弯症と手術を受けていない心疾患に伴う側弯症の比較
2020(Nov.)
Presenter:小田切優也、大場悠己、倉石修吾、池上章太、上原将志、滝沢 崇、鎌仲貴之、宗像 諒、畠中輝枝、三村哲彦、宮岡嘉就、土屋良真、高橋 淳


デルマタン 4-O-硫酸基転移酵素1欠損に基づくエーラスダンロス症候群の高度脊柱変形の1例
2020(Nov.)
Presenter:上原将志、古庄知己、大場悠己、畠中輝枝、高橋 淳


春期特発性側弯症におけるclavicular angleとT1 tiltの関係と自発的矯正の検討
2020(Nov.)
Presenter:三村哲彦、大場悠己、池上章太、倉石修吾、上原将志、畠中輝枝、滝沢 崇、宗像 諒、鎌仲貴之、宮岡嘉就、高橋 淳


成人脊柱変形手術に対してdual rodを用いた臨床成績
2020(Nov.)
Presenter:倉石修吾、池上章太、上原将志、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、鎌仲貴之、三村哲彦、宮岡嘉就、高橋 淳


小児側弯症におけるハイブリッド手術室での術中cone beam CT: 通常線量と低線量でのpedicle screw逸脱率の検討
2020(Nov.)
Presenter:谷川悠介、大場悠己、倉石修吾、池上章太、上原将志、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、宮岡嘉就、三村哲彦、高橋 淳


思春期特発性側弯症Lenke 1B, 1CカーブにおけるModified S-lineを用いた上位固定椎選択手法
2020(Nov.)
Presenter:宮岡嘉就、上原将志、大場悠己、池上章太、宗像 諒、畠中輝枝、倉石修吾、滝沢 崇、鎌仲貴之、三村哲彦、高橋 淳


Lenke type 1, 2の思春期特発性側弯症術後においてどの程度の残存した変形は許容されるか?
2020(Nov.)
Presenter:三村哲彦、池上章太、倉石修吾、大場悠己、上原将志、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、鎌仲貴之、宮岡嘉就、高橋 淳


一般中高齢者集団を用いたびまん性特発性骨増殖症と脊椎アライメントの検討
2020(Nov.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、加藤博之


思春期特発性側弯症手術後の身体柔軟性変化が肺活量に与える影響
2020(Nov.)
Presenter:大場悠己、倉石修吾、池上章太、上原将志、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、宮岡嘉就、三村哲彦、高橋 淳


経後女性において血中アディポサイトカイン濃度は独立した骨折の予測因子である
2020(Oct.)
Presenter:中村幸男 、中野真樹、鈴木孝子、髙橋淳 、白木正孝


原発性骨粗鬆症患者におけるビタミンD製剤の有無に伴うイバンドロネート経口剤の治療成績
2020(Oct.)
Presenter:鈴木 孝子, 中村 幸男,中野 真樹,髙橋 淳


リン酸下処理PEEKの骨組織親和性
2020(Oct.)
Presenter:青木薫、岡本正則、鎌仲貴之、三村哲彦、出田宏和、髙橋 淳、沖原 巧、森山茂章、 西村直之、上田勝也、斎藤直人


遺伝子改変rasH2マウスを用いた高分散した多層カーボンナノチューブ静脈内投与による臓器集積と発癌性評価
2020(Sep.)
Presenter:傍島 淳、野村博紀、滝沢 崇、髙橋 淳、加藤博之、齋藤直人


一般中高齢者集団におけるびまん性特発性骨増殖症の頻度:無作為抽出による運動器コホート「おぶせスタディ」
2020(Sep.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、常田亮介、西村 輝、大場悠己、酒井典子、堀内博志、加藤博之.


一般中高齢者集団を用いたびまん性特発性骨増殖症と脊椎アライメントの検討:無作為抽出による運動器コホート「おぶせスタディ」
2020(Sep.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、常田亮介、西村 輝、酒井典子、堀内博志、加藤博之.


香港大学研修を終えて-第14回アジアトラベリングフェローシップ-
2020(Sep.)
Presenter:池上章太、倉石修吾、上原将志、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、高橋 淳.


思春期特発性側弯症に対するS-line, modified S-lineを用いた後方矯正固定術.Master’s Instruction 3 Deformity.
2020(Sep.)
Presenter:高橋 淳、大場悠己、宗像 諒、上原将志、倉石修吾、畠中輝枝、池上章太、滝沢 崇、小関道彦.


軟骨終板掻把および十分量の移植骨パッキングは腰椎後方椎体間固定術後の椎体間癒合不全を防ぐ-多施設研究・前向き・ランダム化比較試験のデータより-
2020(Sep.)
Presenter:後迫宏紀、長谷川智彦、大和 雄、吉田 剛、安田達也、坂野友啓、有馬秀幸、大江 慎、江幡重人、大場哲郎、大場悠己、向山啓二郎、髙橋 淳、波呂浩孝、松山幸弘.


一般中高齢者集団におけるJOABPEQ標準値:無作為抽出による運動器コホート「おぶせスタディ」
2020(Sep.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、常田亮介、西村 輝、酒井典子、堀内博志、加藤博之.


Grade1軟骨肉腫に広範切除は必要か
2020(Sep.)
Presenter:吉村康夫、岡本正則、鬼頭宗久、田中厚誌、鈴木周一郎、髙沢 彰、青木 薫、髙橋 淳


大腿四頭筋を切除した大腿軟部肉腫症例の術後機能推移-前向き研究による検討-
2020(Sep.)
Presenter:田中厚誌、岡本正則、吉村康夫、青木 薫、鬼頭宗久、鈴木周一郎、髙沢 彰、石田昴彬、髙橋 淳.


仙尾骨脊索腫の治療成績
2020(Sep.)
Presenter:青木 薫、岡本正則、鬼頭宗久、田中厚誌、鈴木周一郎、髙橋 淳、髙沢 彰、吉村康夫


粘液型脂肪肉腫の予後不良因子
2020(Sep.)
Presenter:髙沢 彰、鈴木周一郎、田中厚誌、鬼頭宗久、岡本正則、青木 薫、小松幸子、赤羽 努、髙橋 淳、吉村康夫


院内がん登録からみた、信州大学における肉腫の治療現状
2020(Sep.)
Presenter:岡本正則、青木 薫、鬼頭宗久、田中厚誌、鈴木周一郎、出田宏和、小松幸子、髙橋 淳、吉村康夫、髙沢 彰.


ハイブリッドなのゲーション手術室での脊柱側弯症手術~椎弓根スクリュー逸脱の予測因子~
2020(Sep.)
Presenter:大場悠己、畠中輝枝、倉石修吾、池上章太、上原将志、滝沢 崇、宗像 諒、宮岡嘉就、鎌仲貴之、髙橋 淳


重度神経筋性側弯症に対する手術治療」~多職種合同カンファランスによる術前準備の試み~
2020(Sep.)
Presenter:大場悠己、畠中輝枝、倉石修吾、池上章太、上原将志、滝沢 崇、宗像 諒、宮岡嘉就、鎌仲貴之、髙橋 淳


既存椎体骨折・変形性脊椎症・胃食道逆流症に対する身長低下の関連とカットオフ値
2020(Sep.)
Presenter:中野真樹、中村幸男、鈴木孝子、髙橋淳、白木正孝


思春期特発性側弯症に対するS-line, modified S-lineを用いた後方矯正固定術
2020(Sep.)
Presenter:小関道彦


重度神経筋性側弯症に対する手術治療成績
2020(May)
Presenter:大場悠己、新津文和、倉石修吾、池上章太、上原将志、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、高橋 淳.


思春期特発性側弯症に対する三次元的変形矯正手術の進歩
2020(May)
Presenter:高橋 淳、大場悠己、上原将志、宗像 諒、倉石修吾、畠中輝枝、池上章太、滝沢 崇、小関道彦


一般中高齢者集団におけるびまん性特発性骨増殖症の頻度:無作為抽出による運動器コホート「おぶせスタディ」
2020(May)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、常田亮介、西村 輝、大場悠己、酒井典子、堀内博志、加藤博之.


一般中高齢者集団を用いたびまん性特発性骨増殖症と脊椎アライメントの検討:無作為抽出による運動器コホート「おぶせスタディ」
2020(May)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、常田亮介、西村 輝、酒井典子、堀内博志、加藤博之.


大腿骨転移に対する予後予測に基づく術式選択は有用である.
2020(Apr.)
Presenter:田中厚誌、片桐浩久、村田秀樹、和佐潤志、髙橋 満、髙橋 淳.


腰椎後方椎体間固定術後の早期椎体間骨癒合は健康関連QOLに影響する-多施設ランダム化比較試験より-
2020(Apr.)
Presenter:後迫宏紀、長谷川智彦、江幡重人、髙橋 淳、波呂浩孝、松山幸弘


手関節の変形性関節症の有病率と関連因子—地域住民コホートおぶせスタディより—
2019
Presenter:北村陽、池上章太、橋本瞬、岩川紘子、林正徳、髙橋淳、加藤博之、酒井典子


特発性側弯症手術治療におけるコバルトクロム対チタン合金ロッド使用の手術成績:多施設ランダム化比較試験
2019(Nov.)
Presenter:酒井大輔、田中雅人、高橋 淳、谷口優樹、竹下克志


日本側弯症学会合併症調査2017年報告-本邦における成人脊柱変形手術の合併症の動向-
2019(Nov.)
Presenter:菅原 亮、竹下克志、高橋 淳、新井康久、渡辺 慶、大和 雄、大場悠己


無作為抽出した地域住民コホートによる高齢者脊柱矢状面アライメントの評価
2019(Nov.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、常田亮介、酒井典子、加藤博之


思春期特発性側弯症の矯正固定術におけ3次元的脊柱管伸長度と胸椎後弯角の解析-多施設共同研究-
2019(Nov.)
Presenter:関 庄二、高橋 淳、渡辺 慶、大場悠己、箭原康人、牧野紘士、亀井克彦


ハイブリッドナビゲーション手術室での椎弓根スクリュー逸脱の傾向~思春期特発性側弯症26名の検討~
2019(Nov.)
Presenter:大場悠己、倉石修吾、池上章太、上原将志、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、高橋 淳


側方椎体間固定術における合併症
2019(Nov.)
Presenter:前角悠介、倉石修吾、池上章太、上原将志、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、中川浩之、高橋 淳


Ti coated PEEKとPEEKケージを用いたPLIF、TLIFにおける術後早期骨癒合傾向の違い-多施設、前向き、ランダム化比較試験-
2019(Nov.)
Presenter:長谷川智彦、後迫宏紀、大場哲郎、清水聡志、大場悠己、大和 雄、井出浩一郎、二木俊匡、安田達也、上原将志、向山啓二郎、江幡重人、高橋 淳、波呂浩孝、松山幸弘


多椎間椎体間固定術後の骨癒合にテリパラチドが与える影響~A Multicenter, Prospecitve, Randomized Study~
2019(Nov.)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、長谷川智彦、江幡重人、向山啓二郎、大場哲郎、後迫宏紀、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、上原将志、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、松山幸弘、波呂浩孝


改良型チタンファイバープレートの骨補填材としての有用性の検討
2019(Oct.)
Presenter:三村哲彦、滝沢 崇、中山 昇、羽二生久夫、青木 薫、岡本正則、鎌仲貴之、佐々木純、出田宏和、高橋 淳、斎藤直人


腰椎後方椎体間固定術中における椎体間掻把不良は術後6カ月の椎体間癒合不全に影響する
2019(Oct.)
Presenter:後迫宏紀、長谷川智彦、江幡重人、大場哲郎、大場悠己、向山啓二郎、高橋 淳、波呂浩孝、松山幸弘


大腿骨転移に対する内固定術の術後成績
2019(Sep.)
Presenter:阿部雪穂、田中厚詩、鬼頭宗久、岡本正則、青木 薫、高橋 淳


単椎間後方椎体間固定術におけるTi coated PEEKとPEEKケージを用いた骨癒合傾向の違い
2019(Sep.)
Presenter:長谷川智彦、波呂浩孝、高橋 淳、向山啓二郎、清水聡志、松山幸弘


側方椎体間固定術における合併症
2019(Sep.)
Presenter:前角悠介、倉石修吾、池上章太、上原将志、中川浩之、高橋 淳


一般中高齢者集団における脊椎矢状面アライメント不良は身体機能低下を示唆する:無作為抽出によるコホート
2019(Sep.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、常田亮介、西村 輝、加藤博之


手指の変形性関節症の有病率と関連因子—地域住民コホートおぶせスタディより—
2019(Aug. 17)
Presenter:上甲厳雄、池上章太、橋本瞬、下平浩揮、林正徳、髙橋淳、加藤博之、小松雅俊、酒井典子、内山茂晴


上腕二頭筋腱遠位部分断裂の1例
2019(Aug. 17)
Presenter:土屋良真、林正徳、北村陽、宮岡俊輔、岩川紘子、髙橋淳、加藤博之


重症心身障害児の側弯症治療成績
2019(Aug. 17)
Presenter:新津文和、大場悠己、畠中輝枝、倉石修吾、池上章太、上原将志、 滝沢 崇、宗像 諒、髙橋 淳


Temporary Vascular Shuntによる膝窩動脈損傷の治療成績
2019(Aug. 17)
Presenter:前角悠介、宮岡俊輔、岩川紘子、西村匡博、北村陽、林正徳、髙橋淳、山崎宏


前十字靭帯損傷の初期診断の遅れが治療成績に与える影響
2019(Aug. 17)
Presenter:安川紗香、天正恵治、岩浅智哉、小山傑、下平浩揮、堀内博志、齋藤直人、髙橋淳


前十字靭帯再建術における遺残靭帯の連続性の保持が術後成績・安定性に与える影響
2019(Aug. 17)
Presenter:岩浅智哉、天正恵治、安川紗香、小山傑、下平浩揮、堀内博志、齋藤直人、髙橋淳


ナビゲーションシステムを用いた骨切り術とMasquelet法による骨再建術を施行した大腿骨遠位傍骨性骨肉腫の1例
2019(Aug.)
Presenter:小田切優也、鈴木周一郎、田中厚誌、鬼頭宗久、青木薫、岡本正則、髙橋淳


骨粗鬆症患者ではPLIFまでにどれだけ骨密度を上げるべきか
2019(Jun.)
Presenter:長谷川智彦、大和 雄、戸川大輔、小林 祥、坂野友啓、波呂浩孝、江幡重人、高橋 淳、向山啓二郎、柴田陽介、尾島俊之、松山幸弘


A biomechanical study of scoliosis surgery using computational - experimental analyses.
2019(Jun.)
Presenter:Takahashi J, Koseki M.


神経障害を伴う骨粗鬆症性椎体骨折の後方固定術に除圧併用は必要なのか
2019(May)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、上原将志、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、小関道彦、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke 1Aカーブに対するextended S-line を用いた新しい固定範囲選択手法
2019(May)
Presenter:宗像 諒、高橋 淳、小関道彦、大和 雄、大場哲郎、関 庄二、大場悠己、倉石修吾、池上章太、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1B, 1Cカーブに対する選択的胸椎固定術後の胸腰椎/腰椎カーブのハンプとCobb角の関係
2019(May)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、上原将志、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、小関道彦、加藤博之


思春期特発性側弯症における矢状面アライメントおよび腰椎椎間板変性を含めた術後の痛みの因子の検討
2019(May)
Presenter:三村哲彦、高橋 淳、池上章太、大場悠己、上原将志、倉石修吾、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、小関道彦、加藤博之


Change in spinal length 2 years after posterior spinal fusion in Risser 0 idiopathic scoliosis patients.
2019(May)
Presenter:Teruki Shirayama, Jun Takahashi, Hiroki Oba, Kuraishi Shugo, Shota Ikegami, Toshimasa Futatsugi, Masashi Uehara, Takashi Takizawa, Ryo Munakata, Terue Hatakenaka, Hiroyuki Kato.


Lenke type 1, 2の思春期特発性側弯症術後の胸腰椎/腰椎カーブの残存はSelf-imageと関連する
2019(May)
Presenter:三村哲彦、高橋 淳、池上章太、大場悠己、上原将志、倉石修吾、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、小関道彦、加藤博之


無作為抽出した地域住民コホートによる高齢者脊柱矢状面アライメントの評価
2019(May)
Presenter:池上章太、上原将志、高橋 淳、常田亮介、西村 輝、酒井典子、加藤博之


無作為抽出した地域住民コホートによる高齢者脊柱矢状面アライメントの評価
2019(May)
Presenter:池上章太、上原将志、高橋 淳、常田亮介、西村 輝、酒井典子、加藤博之


特発性側弯症手術治療におけるコバルトクロム対チタン合金ロッド使用の手術成績:多施設ランダム化比較試験
2019(May)
Presenter:酒井大輔、田中雅人、髙橋 淳、谷口優樹、竹下克志


思春期特発性側弯症Lenke1Aカーブに対する固定範囲の新しい決定法
2019(May)
Presenter:宗像諒、池上章太、髙橋淳、大場悠己、倉石修吾、上原将志、加藤博之


単椎間後方椎体間固定術におけるTi coated PEEKとPEEKケージを用いた骨癒合傾向の違い
2019(Apr.)
Presenter:長谷川智彦、波呂浩孝、高橋 淳、向山啓二郎、清水聡志、松山幸弘


思春期特発性側弯症Lenke 5Cに対する選択的胸腰椎/腰椎固定術後の胸椎カーブ増大にS-lineが与える影響
2019(Apr.)
Presenter:大場悠己、髙橋 淳、小林 祥、池上章太、松山幸弘、加藤博之


ARTIS phenoとNrain Lab Curveを融合させたハイブリッドナビゲーション脊柱側弯症矯正固定術の手術成績
2019(Apr.)
Presenter:泉水康洋、髙橋 淳、畠中輝枝、大場悠己、小関道彦、加藤博之


成人脊柱変形に対するLliac screwを用いたlong fusion後のpelvic incidence減少とその矯正損失
2019(Apr.)
Presenter:大場悠己、江幡重人、大場哲郎、髙橋 淳、池上章太、上原将志、波呂浩孝


思春期特発性側弯症Lenke 1Aカーブに対するExtended S-line を用いた新しい固定範囲選択手法
2019(Apr.)
Presenter:宗像 諒、高橋 淳、小関道彦、大和 雄、大場哲郎、関 庄二、大場悠己、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、上原将志、滝沢 崇、加藤博之


思春期特発性側弯症に対する術中CTナビゲーションを用いた後方矯正固定術における椎弓根スクリュー逸脱の予測因子
2019(Apr.)
Presenter:大場悠己、江幡重人、大場哲郎、髙橋 淳、上原将志、池上章太、波呂浩孝


.頸椎症に伴う頸椎アライメント変化の病理は全脊柱バランスとの調和破綻の顕著化―住民コホート研究おぶせスタディーの検討より-
2019(Apr.)
Presenter:池上章太、高橋 淳、上原将志.常田亮介、西村 輝、倉石修吾、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、酒井典子、加藤博之


成人脊柱変形手術で骨盤アンカーにBilateral dural iliac screwを用いる意義
2019(Apr.)
Presenter:大場悠己、江幡重人、大場哲郎、髙橋 淳、池上章太、上原将志、波呂浩孝


一般住民における脊柱アライメントの悪化は身体機能の低下・ロコモを示唆する-住民コホート研究おぶせスタディーより-
2019(Apr.)
Presenter:池上章太、高橋 淳、上原将志.常田亮介、西村 輝、倉石修吾、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、酒井典子、加藤博之


思春期特発性側弯症における術前後3DCT解析による脊柱管伸長距離-多施設共同研究-
2019(Apr.)
Presenter:関 庄二、箭原康人、牧野紘士、亀井克彦、高橋 淳、上原将志、倉石修吾、大場悠己、渡辺 慶、平野 徹、大橋正幸、川口善治、安田剛敏、鈴木賀代、木村友厚


思春期特発性側弯症Lenke 5Cの固定範囲決定ツールとしてのExtended S-line
2019(Apr.)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、上原将志、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、小関道彦、加藤博之


加藤博之.Lenke type 1, 2の思春期特発性側弯症術後の胸腰椎/腰椎カーブの残存はSelf-imageと関連する
2019(Apr.)
Presenter:三村哲彦、高橋 淳、池上章太、大場悠己、上原将志、倉石修吾、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、小関道彦、加藤博之


PLIF後の骨癒合率を上げるために-3大学共同研究での取り組み-
2019(Apr.)
Presenter:長谷川智彦、波呂浩孝、髙橋 淳、江幡重人、向山啓二郎、松山幸弘


Risser grade 0特発性側弯症に対する後方矯正固定術後2年間の脊椎長変化
2019(Apr.)
Presenter:白山輝樹、高橋 淳、大場悠己、倉石修吾、池上章太、上原将志、加藤博之


思春期特発性側弯症における矢状面アライメントおよび腰椎椎間板変性を含めた術後の痛みの因子の検討
2019(Apr.)
Presenter:三村哲彦、高橋 淳、池上章太、大場悠己、上原将志、倉石修吾、二木俊匡、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、小関道彦、加藤博之


胸部大動脈瘤はびまん性特発性骨増殖症の独立した関連因子である
2019(Apr.)
Presenter:滝沢 崇、上原将志、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、大場悠己、宗像 諒、畠中輝枝、小関道彦、加藤博之


軟骨終板残存は腰椎後方椎体間固定術後の椎体間癒合不全に影響する-多施設研究・前向き・ランダム化試験-
2019(Apr.)
Presenter:後迫宏紀、長谷川智彦、大和 雄、吉田 剛、坂野友啓、安田達也、有馬秀幸、大江 慎、戸川大輔、江幡重人、大場哲郎、波呂浩孝、大場悠己、髙橋 淳、向山啓二郎、松山幸弘


Arzis phenoとCurveTMを融合させたハイブリッドナビゲーション脊柱側弯症矯正固定術の手術成績
2019(Mar.)
Presenter:泉水康洋、髙橋 淳、大場悠己、倉石修吾、池上章太、上原将志、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、小関道彦、加藤博之


側弯症広報矯正固定術において椎弓根スクリューに生じる力学的負荷の算出
2019(Mar.)
Presenter:小関道彦、野口大輝、髙橋 淳、二木俊匡、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、加藤博之


側弯症矯正固定術による脊柱アライメント変化の推定手法の検討
2019(Mar.)
Presenter:小関道彦、福島なみ、髙橋 淳、二木俊匡、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、加藤博之


Cervical spinal alignment change accompanying spondylosis exposes harmonization failure with total spinal balance.
2019(Mar.)
Presenter:Ikegami S, Takahashi J, Uehara M, Tokida R, Nishimura H, Kuraishi S, Oba H, Takizawa T, Munakara R, Hatakenaka T, Kato H.


Cervical and spinal sagittal alignment deviation in the general elderly population: A Japanese cohort survey randomly sampled from a basic resident registry.
2019(Mar.)
Presenter:Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Tokida R, Nishimura H, Sakai N, Kato H.


Screw perforation rates in 359 consecutive patients receiving computer-guided pedicle screw insertion along the cervical to lumbar spine.
2019(Mar.)
Presenter:Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Kuraishi S, Oba H, Takizawa T, Munakata R, Hatakenaka T, Kato H


凹側ロッドのベンディング角は思春期特発性側弯症Lenke 1-, 2-の胸椎後弯形成に影響する
2018(Nov.)
Presenter:大場悠己、髙橋 淳、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、上原将志、滝沢 崇、宗像 諒、白山輝樹、小関道彦


思春期特発性側弯症の矯正固定術における脊柱管距離の3DCT解析多施設共同研究
2018(Nov.)
Presenter:関 庄二、箭原康人、牧野紘士、小林賢司、亀井克彦、材木美穂、高橋 淳、上原将志、倉石修吾、大場悠己、渡辺 慶、平野 徹、大橋正幸、川口善治、安田剛敏


Lenke type 1, 2の思春期特発性側弯症術後の胸腰椎/腰椎カーブの残存はSelf-Imageと関連する
2018(Nov.)
Presenter:三村哲彦、高橋 淳、池上章太、上原将志、倉石修吾、二木俊匡、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、小関道彦、加藤博之


脊柱矢状アライメントの悪化は一般の高齢者集団における身体機能の低下に関連する:コホート調査(おぶせスタディー)
2018(Nov.)
Presenter:常田亮介、上原将志、高橋 淳、池上章太、西村 輝、加藤博之


脊柱矢状面アライメントの悪化は地域在住高齢者における認知機能低下に関連する:おぶせスタディーにおける調査
2018(Nov.)
Presenter:西村 輝、池上章太、上原将志、高橋 淳、常田亮介、加藤博之


思春期特発性側弯症に対するShinshu-Lineを用いたMulti-Axial Translation法による矯正手技
2018(Nov.)
Presenter:高橋 淳


思春期特発性側弯症Lenke type 1B, 1Cカーブに対する選択的胸椎固定術後の胸腰椎/腰椎カーブのハンプとCobb角の関係
2018(Nov.)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、上原将志、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、小関道彦、加藤博之


思春期特発性側弯症に対するO-Armを用いた後方矯正固定術における椎弓根スクリュー逸脱の予測因子
2018(Nov.)
Presenter:大場悠己、江幡重人、大場哲郎、高橋 淳、上原将志、波呂浩孝


Risser 0思春期特発性側弯症に対する後方矯正固定術後2年間の脊椎長とAngle of trunk rotationの変化
2018(Nov.)
Presenter:白山輝樹、高橋 淳、大場悠己、倉石修吾、池上章太、上原将志、加藤博之


思春期特発性側弯症における矢状面アライメントを含めた術前後の痛みの因子の検討
2018(Nov.)
Presenter:三村哲彦、高橋 淳、池上章太、上原将志、倉石修吾、二木俊匡、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、小関道彦、加藤博之


無作為抽出した地域住民コホートによる高齢者脊柱矢状面アライメントの評価
2018(Oct.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、常田亮介、酒井典子、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1Aカーブに対するextended S-line を用いた新しい固定範囲選択手法
2018(Oct.)
Presenter:宗像 諒、高橋 淳、池上章太、大場悠己、倉石修吾、加藤博之


凹側ロッドのベンディング角は思春期特発性側弯症Lenke 1-, 2-の胸椎後弯形成に影響する
2018(Oct.)
Presenter:大場悠己、髙橋 淳、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、加藤博之


Risser 0思春期特発性側弯症に対する後方矯正固定術後2年間の脊椎長とAngle of trunk rotationの変化
2018(Oct.)
Presenter:白山輝樹、高橋 淳、大場悠己、池上章太、上原将志、加藤博之


デルマタン4-O-硫酸基転移酵素1欠損に基づくエーラスダンロス症候群における高度後側弯症の1例
2018(Oct.)
Presenter:阿部雪穂、髙橋 淳、上原将志、倉石修吾、大場悠己、加藤博之


当院でのハイブリッド手術室における脊椎ナビゲーション手術
2018(Oct.)
Presenter:泉水康洋、髙橋 淳、大場悠己、倉石修吾、池上章太、上原将志、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、加藤博之、丸山友紀、渡辺リカ、藤井政博、宮川 潤、二木俊匡


Billateral dural iliac screwを用いた成人脊柱変形に対するlong fusionの手術成績
2018(Oct.)
Presenter:大場悠己、江幡重人、大場哲郎、高橋 淳、池上章太、波呂浩孝


脊椎矢状面アライメントの悪化は地域在住高齢者における認知機能低下に関連する:おぶせスタディーにおける調査
2018(Oct.)
Presenter:西村輝、池上章太、上原将志、高橋 淳、常田亮介、加藤博之


思春期特発性側弯症における矢状面アライメントを含めた術前後の痛みの因子の検討
2018(Oct.)
Presenter:三村哲彦、高橋 淳、池上章太、上原将志、倉石修吾、二木俊匡、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1カーブに対するExtended S-line を用いた新しい固定範囲選択方法
2018(Oct.)
Presenter:宗像 諒、高橋 淳、小関道彦、大和 雄、大場哲郎、関 庄二、大場悠己、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、上原将志、滝沢 崇、加藤博之


Cobalt chrome versus titanium alloy rods for correction of adolescent idiopathic scoliosis: A multi-center, randomized clinical trial.
2018(Oct.)
Presenter:Sakai D, Tanaka M, Takahashi J, Taniguchi Y, Takeshita K.


女性が腰骨盤から生じる:住民基本台帳無作為抽出コホートにおける脊柱アライメント調査
2018(Sep.)
Presenter:池上章太、高橋 淳、上原将志


成人脊柱変形に対するiliac screwを用いたlong fusion後のpelvic incidence減少とその矯正損失
2018(Sep.)
Presenter:大場悠己、江幡重人、大場哲郎、高橋 淳、池上章太、波呂浩孝


リウマチ頸椎病変に対するコンピュータ支援頸椎再建術の長期成績
2018(Sep.)
Presenter:黒河内大輔、髙橋 淳、上原将志、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、加藤博之


成人脊柱変形に対する後方矯正固定術後に生じる骨盤形態の変化
2018(Sep.)
Presenter:大場悠己、江幡重人、大場哲郎、高橋 淳、池上章太、波呂浩孝


Hybrid手術室における脊椎ナビゲーション手術
2018(Aug. 18)
Presenter:泉水康洋、髙橋 淳、大場悠己、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、上原将志、滝沢 崇、宗像 諒、畠中輝枝、加藤博之


思春期特発性側弯症患者の術前腹臥位angle of trunck rotationは術後変形遺残の予測因子である
2018(May)
Presenter:高橋 淳、池上章太、倉石修吾、二木俊匡、上原将志、大場悠己、滝沢 崇、小関道彦、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1カーブの術後胸椎後弯獲得に関与する因子の検討
2018(May)
Presenter:笹尾真司、高橋 淳、池上章太、大場悠己、上原将志、倉石修吾、二木俊匡、滝沢崇、小関道彦、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1カーブに対するmodified S-line を用いた新しい手術治療戦略
2018(May)
Presenter:宗像 諒、高橋 淳、小関道彦、大場悠己、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、上原将志、滝沢崇、加藤博之


思春期特発性側弯症手術における椎弓根スクリューのゆるみは頭尾側固定端で生じやすい
2018(May)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、二木俊匡、大場悠己、滝沢 崇、加藤博之


デルマタン4-O-硫酸基転移酵素1欠損に基づくEhlers-Danlos症候群(Musculocontractural EDS-CHST14)の脊椎病変
2018(May)
Presenter:上原将志、古庄知己、高橋 淳、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke 5C カーブに対するS-line を用いた新しい手術治療戦略
2018(May)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、小林 祥、大場哲郎、池上章太、倉石修吾、二木俊匡、上原将志、小関道彦、江幡重人、加藤博之


腰椎椎体間固定術早期に骨癒合と判断されても、その後に癒合していないことがある―Fake unionの頻度―
2018(May)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、江幡重人、長谷川智彦、向山啓二郎、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、加藤博之、松山幸弘、波呂浩孝


成人脊柱変形に対するOblique lateral interbody fusion (OLIF)法を用いた二期的矯正固定術における初回OLIF後の矯正効果
2018(May)
Presenter:倉石修吾、髙橋 淳、池上章太、二木俊匡、上原将志、大場悠己、滝沢 崇、小関道彦、加藤博之


Thoracic aortic aneurysm is an indepent factor associated with diffuse idiopathic skeletal hyperostosis.
2018(May)
Presenter:Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Kuraishi S, Futatsugi T, Oba H, Takizawa T, Koseki M, Imamura H, Okada K, Kato H.


腰椎椎体間固定術早期に骨癒合と判断されてもその後に癒合していないことがある―Fake unionの頻度と週1投与テリパラチドによる予防効果―
2018(Apr.)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、江幡重人、長谷川智彦、向山啓二郎、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、上原将志、滝沢 崇、宗像 諒、小関道彦、加藤博之、松山幸弘、波呂浩孝


テリパラチド投与と頭側隣接椎体前方すべりは腰椎椎体間固定術癒合に影響する―他施設・前向き・ランダム化比較試験―
2018(Apr.)
Presenter:後迫宏紀、長谷川智彦、大和 雄、吉田 剛、坂野友啓、有馬秀幸、大江 慎、三原唯輝、向山啓二郎、大場悠己、大場哲郎、江幡重人、戸川大輔、高橋 淳、波呂浩孝、松山幸弘


デルマタン4-O-硫酸基転移酵素1欠損に基づくエーラスダンロス症候群(Musculocontractural EDS-CHST14)の脊椎病変
2018(Apr.)
Presenter:上原将志、古庄知己、高橋 淳、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、加藤博之


思春期特発性側弯症患者の術前腹臥位angle of trunck rotationは術後変形遺残の予測因子である
2018(Apr.)
Presenter:高橋 淳、池上章太、大場悠己、倉石修吾、二木俊匡、上原将志、滝沢 崇、宗像 諒、小関道彦、加藤博之


小児重度側弯症に対するコンピュータ支援後方矯正固定術の手術成績
2018(Apr.)
Presenter:宮澤 駿、高橋 淳、上原将志、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、小関道彦、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1B, 1Cカーブに対する選択的胸椎固定術後の胸腰椎/腰椎カーブのハンプとCobb角の関係
2018(Apr.)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、上原将志、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、小関道彦、加藤博之


Multi-level registrationにおいてリファレンスフレームから離れると椎弓根スクリューの逸脱率は変わるのか?
2018(Apr.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、二木俊匡、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、小関道彦、加藤博之


神経障害を伴う骨粗鬆症性椎体骨折の後方固定術に除圧術は必要なのか?
2018(Apr.)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、上原将志、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、小関道彦、加藤博之


思春期特発性側弯症主胸椎カーブ凹側にネスプロンテープ(sublaminer Nesplon tape)を使用した後方矯正固定術の手術成績
2018(Apr.)
Presenter:高橋 淳、池上章太、大場悠己、倉石修吾、二木俊匡、上原将志、滝沢 崇、宗像 諒、小松幸子、小関道彦、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1カーブに対するmodified S-line を用いた新しい手術治療戦略
2018(Apr.)
Presenter:宗像 諒、高橋 淳、小関道彦、大場悠己、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、上原将志、滝沢 崇、加藤博之


思春期特発性側弯症手術における椎弓根スクリューのゆるみは頭尾側固定端とmajor逸脱で生じやすい
2018(Apr.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、二木俊匡、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1A・1Bカーブに対するmodified S-line を用いた新しい固定範囲選択手法
2018(Apr.)
Presenter:宗像 諒、高橋 淳、大場悠己、池上章太、倉石修吾、加藤博之


胸部大動脈瘤はびまん性特発性骨増殖症の独立した関連因子である
2018(Apr.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、大場悠己加藤博之


頸椎損傷に対する頸椎椎弓根スクリュー固定術後に内視鏡下脊椎挿入術除去術を実施した1例
2018(Apr.)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、清水政幸、倉石修吾、大場悠己、加藤博之


頸椎疾患・脊柱変形に対するコンピュータ支援手術
2018(Mar.)
Presenter:高橋 淳、上原将志、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、小関道彦、加藤博之


CT - based navigation systemにおけるナビ精度と椎弓根スクリューの逸脱率の関連
2018(Mar.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、小関道彦、加藤博之


側弯症に対する矯正固定範囲決定のための脊柱の局所可動性推定手法
2018(Mar.)
Presenter:小関道彦、後藤由希、高橋 淳、大場悠己、二木俊匡、滝沢 崇、上原将志、宗像 諒、加藤博之


早期発症側弯症に対して二期的後方矯正固定術を施行した2例
2018(Feb. 10)
Presenter:熊木大輝、髙橋 淳、上原将志、滝沢 崇、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、大場悠己、宗像 諒、加藤博之、小関道彦


術後放射線療法が有効であった胸椎血管腫の再発例
2017(Dec. 16)
Presenter:重信圭祐、高橋 淳、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、上原将志、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、加藤博之


早期発症側弯症に対して二期的後方矯正固定術を施行した2例
2017(Dec.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、大場悠己、滝沢 崇、宗像 諒、小関道彦、加藤博之


Musculocontractural EDS-CHST14における脊椎病変の包括的検討
2017(Nov.)
Presenter:古庄知己、上原将志、中山 淳、島倉剛俊、高橋榮明、山本智章、加藤博之、高橋 淳


Spinal alignmentの矯正法の考え方と実際
2017(Oct.)
Presenter:倉石修吾、高橋 淳、池上章太、二木俊匡、上原将志、大場悠己、加藤博之


思春期特発性側弯症手術における椎弓根スクリューのゆるみは頭尾側固定端とmajor逸脱で生じやすい
2017(Oct.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、大場悠己、加藤博之


SAPHO症候群による脊椎炎に対してOLIFによる固定を行った1例
2017(Oct.)
Presenter:福澤拓馬、倉石修吾、渡邊憲弥、上原将志、高橋 淳、三井勝博


SAPHO症候群による脊椎炎に対してOLIFによる固定を行った1例
2017(Oct.)
Presenter:福澤拓馬、倉石修吾、渡邊憲弥、上原将志、高橋 淳、三井勝博


思春期特発性側弯症に対する後方矯正固定術における椎弓根スクリューのスキップは力学状態に影響を与えない
2017(Oct.)
Presenter:小関道彦、野口大輝、神澤広樹、滝沢 崇、大場悠己、二木俊匡、高橋 淳、加藤博之


Spinal manifestations of patients with musculocontractural Ehlers-Danlos syndrome caused by CHST14/D4ST1 deficiency (mcEDS-CHST14).
2017(Oct.)
Presenter:Kosho T, Uehara M, Kato H, Takahashi J.


小児骨粗鬆症治療の現状と課題
2017(Sep. 19)
Presenter:中村幸男、上原将志、高橋 淳、鈴木孝子、池上章太、古庄知己、磯部文洋、熊木大樹、上村幹男、内山茂晴、加藤博之


脊椎手術を支援する超音波ナビゲーションシステムの開発
2017(Sep. 01)
Presenter:小関道彦, 島田雄也, 高山潤也, 高橋 淳, 福島菜奈恵


整形外科手術時に骨に加わる荷重ベクトルの実験的・解析的推定手法
2017(Sep. 01)
Presenter:小関道彦, 佐藤 翼, 高橋 淳, 二木俊匡, 加藤博之


治療に難渋したNF-1に伴う後弯変形による頚髄症の1例
2017(Sep.)
Presenter:宮澤 駿、高橋 淳、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、上原将志、大場悠己、滝沢 崇、小関道彦、加藤博之


思春期特発性側弯症に対する後方矯正固定術における椎弓根スクリューのスキップは力学状態に影響を与えない
2017(Aug.)
Presenter:小関道彦、野口大輝、神澤広樹、滝沢 崇、大場悠己、二木俊匡、高橋 淳、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1 の術前評価における放射線被曝抑制の可能性
2017(Aug.)
Presenter:有馬秀幸、John Dimar、Steven Glassman、種市 洋、戸川大輔、稲見聡、高橋 淳、長谷川智彦、渡辺航太、細金直文、森平 聡、八木 満、大場哲郎、Leah Carreon、松山幸弘


デルマタン4-O-硫酸基転移酵素1(D4ST1)欠損に基づくエーラスダンロス症候群(Musculocontractural EDS-CHST14)の脊椎病変
2017(Aug.)
Presenter:上原将志、古庄知己、高橋 淳、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、大場悠己、滝沢 崇、加藤博之


地域在住一般住民コホートにおける脊柱矢状面アライメントの加齢変化─おぶせスタディ─
2017(Aug.)
Presenter:常田亮介、上原将志、高橋 淳、池上章太、西村 輝、小関道彦、加藤博之


高齢者の脊椎アライメント不良はどこから起こるのか:おぶせスタディによる地域住民調査より
2017(Aug.)
Presenter:西村輝、池上章太、高橋 淳、上原将志、常田亮介、小関道彦、加藤博之


2014 年日本側弯症学会手術合併症調査
2017(Aug.)
Presenter:猪股保志、菅原 亮、竹下克志、新井康久、高相晶士、高橋 淳、細江英夫、土肥徳秀、伊東学


思春期特発性側弯症Lenke type 1、2 カーブの術後胸椎後弯獲得に関与する因子の検討
2017(Aug.)
Presenter:笹尾真司、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、二木俊匡、上原将志、大場悠己、滝沢崇、小関道彦、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke 5C カーブに対するS-line を用いた新しい手術治療戦略
2017(Aug.)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、小林 祥、大場哲郎、池上章太、倉石修吾、上原将志、小関道彦、江幡重人、松山幸弘、加藤博之


思春期特発性側弯症手術における椎弓根スクリューのゆるみは頭尾側固定端で生じやすい
2017(Aug.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、二木俊匡、大場悠己、滝沢 崇、加藤博之


思春期特発性側弯症主胸椎カーブ凹側にネスプロンテープを使用した後方矯正固定術の手術成績
2017(Aug.)
Presenter:高橋 淳、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、上原将志、大場悠己、小関道彦、加藤博之


成人脊柱変形に対する多椎間PLIF による後方単独手術と多椎間OLIF 併用二期的前後方手術との比較
2017(Aug.)
Presenter:倉石修吾、高橋 淳、池上章太、二木俊匡、上原将志、大場悠己、滝沢 崇、小関道彦、加藤博之


思春期特発性側弯症に対する固定範囲の選択と矯正方法
2017(Aug.)
Presenter:高橋 淳


Are pedicle screw perforation rates influenced by the distance from the reference frame in multi-level registration using CT-based navigation system in the setting of scoliosis?
2017(Jun.)
Presenter:Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Kuraishi S, Shimizu M, Futatsugi T, Oba H, Kato H.


Screw perforation rates in 359 consecutive patients receiving computer-guided pedicle screw insertion along the cervical to lumbar spine.
2017(Jun.)
Presenter:Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Kuraishi S, Shimizu M, Futatsugi T, Oba H, Kato H.


思春期特発性側弯症患者の術後 C7 plumb line偏位遺残はセフフイメージ改善を阻害する
2017(May)
Presenter:樋口祥平、髙橋 淳、池上章太、上原将志、大場悠己、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、滝沢 崇、小関道彦、加藤博之


Lenke type 1, 2カーブの特発性側弯症患者から高い術後満足度を得るためには
2017(May)
Presenter:池上章太、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、上原将志、大場悠己、加藤博之


後方矯正固定術後に38度以上の発熱をきたす思春期特発性側弯症患者の特徴
2017(May)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、加藤博之


Optimal cervical screw insertion angle determined by means of CT scans pre- and postoperatively
2017(May)
Presenter:Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Kuraishi S, Shimizu M, Futatsugi T, Oba H, Koseki M, Kato H


The effect of correcting the initial OLIF in a two-stage corrective fusion using OLIF method for adult spinal deformity. general poster presentation.
2017(May)
Presenter:Kuraishi S, Takahashi J, Shimizu M, Ikegami S, Futatsugi T, Uehara M, Oba H, Koseki M, Kato H.


手術予定範囲を結ぶ線による腰椎固定術後の胸椎カーブ増大の予測.S-line: New surgical planning or AIS
2017(Apr.)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、小林 祥、池上章太、松山幸弘、加藤博之


思春期特発性側弯症患者の術後 C7 plumb line偏位遺残はセフフイメージ改善を阻害する
2017(Apr.)
Presenter:樋口祥平、髙橋 淳、池上章太、上原将志、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、大場悠己、滝沢 崇、小関道彦、加藤博之


環軸椎不安定症に対して後頭頸椎固定術を選択するデメリット
2017(Apr.)
Presenter:二木俊匡、髙橋 淳、池上章太、倉石修吾、清水政幸、大場悠己、滝沢 崇、小関道彦、加藤博之


成人脊柱変形に対するOLIF (Oblique lateral interbody fusion)法の矯正効果の検討
2017(Apr.)
Presenter:大島諒士、倉石修吾、髙橋 淳、清水政幸、池上章太、大場悠己、滝沢 崇、小関道彦、加藤博之


思春期特発性側弯症に対するS-lineを用いた新しい手術治療戦略
2017(Apr.)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、小林 祥、大場哲郎、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、小関道彦、江幡重人、松山幸弘、加藤博之


高齢者の脊柱アライメント不良はどこから起こるのか:おぶせスタディによる地域住民調査より
2017(Apr.)
Presenter:髙橋 淳、西村 輝、池上章太、上原将志、三村 亨、五十嵐隆、酒井典子、加藤博之


CT-based navigation systemによる頚椎椎弓根スクリューの理想的な刺入角度の検討
2017(Apr.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、大場悠己、小関道彦、加藤博之


側弯症手術における椎弓根スクリューに生じる力学負荷の計測
2017(Mar. 09)
Presenter:野口大輝、鈴木敬裕、佐藤 翼、小関道彦、神澤広樹、二木俊匡、髙橋 淳、加藤博之


思春期特発性側弯症の矯正固定術に対する実験的・解析的検討
2017(Mar. 09)
Presenter:佐藤 翼、野口大輝、小関道彦、神澤広樹、二木俊匡、髙橋 淳、加藤博之


成人脊柱変形に対するOLIF (Oblique lateral interbody fusion)法の矯正効果の検討
2017(Mar.)
Presenter:倉石修吾、高橋 淳、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、大場悠己、小関道彦、加藤博之


Multi-level registrationにおいてリファレンスフレームから離れると椎弓根スクリューの逸脱率は変わるのか?
2017(Mar.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、大場悠己、小関道彦、加藤博之


末節骨短縮型点状軟骨異形成症に環軸椎不安定症を合併した18か月児に強固な内固定を行い骨癒合を得た1例
2017(Feb.)
Presenter:藤巻伸一、髙橋 淳、大場悠己、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、上原将志、滝沢 崇、小松幸子、加藤博之


思春期特発性側弯症主胸椎カーブ凹側にネフスロンテープを使用した後方矯正固定術の手術成績
2017(Feb.)
Presenter:小松幸子、髙橋 淳、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、上原将志、大場悠己、滝沢 崇、藤巻伸一、加藤博之


骨粗鬆症を伴った脊椎変性疾患に対する腰椎椎体間固定術におけるPTH週一回製剤の骨形成促進作用の臨床研究―多施設・前向き・ランダム化試験―
2017(Feb.)
Presenter:髙橋 淳、江幡重人、長谷川智彦、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、外立裕之、荻原伸英、加藤博之


末節骨短縮型点状軟骨異形成症に環軸椎不安定症を合併した18か月児に対しインストゥルメンテーションを用いた強固な内固定を行い骨癒合を得た1例
2016(Dec.)
Presenter:大場悠己、髙橋 淳、高野享子、稲葉雄二、本林光雄、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、上原将志、加藤博之、宇野耕吉


Mecanical Analysis of Pedicle Screw Fixation for Adolescent Idiopathic Scoliosis.
2016(Dec.)
Presenter:Koseki M, Sato T, Kanzawa H, Takashi J, Futatsugi T, Kato H.


主胸椎カーブ50度未満の思春期特発性側彎症の手術成績
2016(Nov.)
Presenter:三村哲彦、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、大場悠己、加藤博之


思春期特発性側弯症に対する後方矯正固定術における椎弓根スクリューの力学負荷はセットスクリュー締結順序に依存する
2016(Nov.)
Presenter:佐藤 翼、小関道彦、神澤広樹、高橋 淳、二木俊匡、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 5Cカーブに対するSelective fusion後の主胸椎カーブの変化
2016(Nov.)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、清水政幸、上原将志、大場悠己、加藤博之


Multi-level registrationにおいてリファレンスフレームから離れると椎弓根スクリューの逸脱率は変わるのか?
2016(Nov.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、大場悠己、加藤博之


手術後5日目の血液中クレアチニンキナーゼは思春期特発性側弯症に対する後方矯正固定術の術後腰痛と満足度の予測因子である
2016(Nov.)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、上原将志、加藤博之


後方矯正固定術後に38度以上の発熱をきたす思春期特発性側弯症患者の特徴
2016(Nov.)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、上原将志、加藤博之


小児脊柱変形に対する後方矯正固定術後SSI要注意あるいはSSI疑い症例に対する早期治療
2016(Nov.)
Presenter:高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、大場悠己、加藤博之


思春期特発性側弯症に対する後方矯正固定術における椎弓根スクリューの力学負荷はスキップによって低減する
2016(Oct.)
Presenter:小関道彦、佐藤 翼、神澤広樹、二木俊匡、髙橋 淳、加藤博之


CT-based navigation systemによる椎弓根スクリューの逸脱率の検討
2016(Oct.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、大場悠己、加藤博之


骨粗鬆症合併患者ではPLIFまでにどれだけ骨密度を上げるべきか
2016(Oct.)
Presenter:長谷川智彦、波呂浩孝、高橋 淳、江幡重人、向山啓二郎、大和 雄、戸川大輔、小林 祥、坂野友啓、松山幸弘


Role of weekly administered teriparatide in bony union enhancement after posterior or transforaminal lumbar interbody fusion for osteoporosis-associated lumbar degenerative disorders: a multicenter, p
2016(Oct.)
Presenter:Haro H, Ebata S, Takahashi J, Matsuyama Y.


下肢神経症状に伴う腰痛の手術後変化~腰痛は除圧のみで改善するか~
2016(Sep.)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、堤本高宏、池上章太、三澤弘道、倉石修吾、清水政幸、由井睦樹、二木俊匡、上原将志、加藤博之


腰椎除圧術後の術後神経根痛は術後早期MRI硬膜管面積と関連するのか?
2016(Sep.)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、大場悠己、池上章太、最上祐二、王子嘉人、柴田俊一、谷川浩隆、倉石修吾、清水政幸、上原将志、加藤博之


Multi-level registrationによるCT-based navigation assisted pedicle screw insertionの精度をあげる工夫とピットフォール
2016(Sep.)
Presenter:上原将志,高橋 淳,池上章太,倉石修吾,清水政幸,二木俊匡,大場悠己,小関道彦,加藤博之


3Dプリンタによる患者別脊柱模型を用いた思春期特発性側弯症手術における力学負荷計測
2016(Sep.)
Presenter:小関道彦、鈴木敬裕、髙橋 淳、二木俊匡、加藤博之


第1腰椎破裂骨折に合併した馬尾ヘルニアの1例
2016(Aug. 20)
Presenter:青村大揮、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、大場悠己、加藤博之


Lenke 5Cカーブに対する矯正固定術後にLenke 1Aカーブとなった思春期特発性側弯症の2例
2016(Aug. 20)
Presenter:牧山文亮、高橋 淳、大場悠己、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、大島諒士、加藤博之


思春期特発性側弯症に対する後方矯正固定術後 周術期の発熱が術後成績に及ぼす影響
2016(Aug.)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、上原将志、加藤博之


Screw perforation features in 148 consecutive patients performed computer-guided cervical pedicle screw insertion.
2016(Jun.)
Presenter:Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Kuraishi S, Shimizu M, Futatsugi T, Oba H, Kato H.


椎体間固定術における骨癒合評価の難しさ
2016(May)
Presenter:長谷川智彦、波呂浩孝、高橋 淳、江幡重人、向山啓二郎、松山幸弘


脊椎手術後Surgical Site Infectionの早期診断
2016(May)
Presenter:髙橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、大場悠己、加藤博之


CT-based navigation systemによる椎弓根スクリューの逸脱率の検討
2016(May)
Presenter:上原将志、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、大場悠己、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 5Cカーブに対するSelective fusion後の主胸椎カーブの変化
2016(May)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、清水政幸、加藤博之


思春期特発性側弯症のflexibilityは、Multi-level registrationにおける椎弓根スクリューの逸脱率に影響するのか?
2016(May)
Presenter:清水政幸、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、二木俊匡、上原将志、大場悠己、加藤博之


骨粗鬆症を伴った脊椎変性疾患に対する脊椎椎体間固定術におけるPTHの骨形成促進作用の臨床研究―多施設・前向き・ランダム試験―
2016(May)
Presenter:江幡重人、波呂浩孝、高橋 淳、長谷川智彦、向山啓二郎、松山幸弘


Predictors of residual low back pain after lumbar decompression surgery: Prospective study of 126 patients.
2016(May)
Presenter:Oba H, Takahashi J, Tsutsumimoto T, Ikegami S, Ota H, Kosaku H, Yui M, Kamanaka T, Misawa H


Changes in spinal length after posterior spinal fusion for idiopathic scoliosis with Risser grade 0
2016(May)
Presenter:Oba H, Takahashi J, Kuraishi S, Shimizu M, Ikegami S, Futatsugi T, Uehara M, Kato H.


脊椎インストゥルメンテーション手術後Surgical Site Infectionの早期診断と早期治療
2016(Apr.)
Presenter:髙橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 5Cカーブに対するSelective fusion後の主胸椎カーブの変化
2016(Apr.)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、清水政幸、加藤博之


Marfan 症候群に伴う脊柱側弯症の手術成績
2016(Apr.)
Presenter:滝沢 崇、髙橋 淳、倉石修吾、池上章太、加藤博之


パーキンソン病患者における脊柱変形矯正手術の治療成績
2016(Apr.)
Presenter:倉石修吾、髙橋 淳、清水政幸、池上章太、二木俊匡、加藤博之


下肢神経症状に伴う腰痛の手術後変化~腰痛は除圧のみで改善するか~
2016(Apr.)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、堤本高宏、池上章太、由井睦樹、古作英実、三澤弘道


リウマチ頸椎病変に対するコンピュータ支援頭蓋頸椎固定術後10年を経過した3例
2016(Apr.)
Presenter:黒河内大輔、高橋 淳、上原将志、倉石修吾、清水政幸、加藤博之


Lenke type 1, 2カーブの特発性側弯症患者から高い術後満足度を得るためには
2016(Apr.)
Presenter:池上章太、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、上原将志、大場悠己、加藤博之


Risser 0の特発性側彎症に対するSkip Pedicle Screw Fixationを用いた後方矯正固定術の矯正損失と脊椎長の変化
2016(Apr.)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、加藤博之


下肢神経症状に伴う腰痛の手術後変化~腰痛は除圧のみで改善するか~
2016(Apr.)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、堤本高宏、池上章太、由井睦樹、古作英実、鎌仲貴之、三澤弘道


成人脊柱変形矯正術の合併症―インプラント折損の危険因子―
2016(Apr.)
Presenter:倉石修吾、高橋 淳、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1B, 1Cカーブに対するSelective thoracic fusion後の胸腰椎/腰椎ハンプの変化
2016(Apr.)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、池上章太、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 5Cカーブに対するSelective fusion後の主胸椎カーブの変化.
2016(Apr.)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、清水政幸、加藤博之


骨粗鬆症を伴った脊椎変性疾患に対する脊椎椎体間固定術におけるPTHの骨形成促進作用の臨床研究―多施設・前向き・ランダム試験―
2016(Apr.)
Presenter:江幡重人、波呂浩孝、高橋 淳、長谷川智彦、向山啓二郎、松山幸弘


CT-based navigation systemによる椎弓根スクリューの逸脱率の検討
2016(Apr.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、大場悠己、加藤博之


椎体間固定術における骨癒合評価の信頼性はあるのか?
2016(Apr.)
Presenter:長谷川智彦、波呂浩孝、江幡重人、高橋 淳、向山啓二郎、尾島俊之、柴田陽介、大和 雄、小林 祥、坂野友啓、松山幸弘


思春期特発性側弯症のflexibilityは、Multi-level registrationにおける椎弓根スクリューの逸脱率に影響するのか?
2016(Apr.)
Presenter:清水政幸、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、二木俊匡、上原将志、大場悠己、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1カーブに対するSkip Pedicle Screw Fixationの中期成績
2016(Apr.)
Presenter:髙橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、大場悠己、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1カーブに対する矯正角に基づいた最適なスクリューの数の検討
2016(Apr.)
Presenter:高橋 淳、田中雅人、酒井大輔、谷口優樹、池上章太、竹下克志


パーキンソン病患者における脊柱変形矯正手術の治療成績
2016(Mar. 12)
Presenter:倉石修吾、高橋 淳、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、大場悠己、加藤博之


透析患者の脊椎手術の中期成績
2016(Mar. 06)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、加藤博之


思春期特発性側弯症の矯正固定術に対する実験的・解析的検討
2016(Mar. 05)
Presenter:佐藤 翼(信大院),澤柳瑠比(信大繊維),神澤 広樹(野村ユニソン),二木 俊匡(信大医),高橋 淳(信大医),小関 道彦(信大繊維),加藤 博之(信大医)


脊椎矯正手術前自己血貯血におけるエポエチンβ皮下注射の効果
2016(Mar.)
Presenter:池上章太、高橋 淳、堀内香代


CT-based navigation systemによる椎弓根スクリューの逸脱率の検討
2016(Mar.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、大場悠己、加藤博之


思春期特発性側弯症のflexibilityは、Multi-level registrationにおける椎弓根スクリューの逸脱率に影響するのか?
2016(Mar.)
Presenter:清水政幸、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、二木俊匡、上原将志、大場悠己、加藤博之


脊椎疾患に対する外科的治療の応力解析シミュレーション
2016(Jan. 09)
Presenter:大塚ゆりな(信大院), 二木俊匡(信大医), 高橋淳(信大医), 加藤博之(信大医), Pataky Todd(信大繊維), 小関道彦(信大繊維


凹側ロッドのベンディング角は思春期特発性側弯症Lenke 1-, 2-の胸椎後弯形成に影響する
2015
Presenter:大場悠己、髙橋 淳、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、上原将志、滝沢 崇、宗像 諒、白山輝樹、加藤博之


Risser 0の特発性側彎症に対するSkip Pedicle Screw Fixationの手術成績
2015(Dec.)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、加藤博之


特発性側弯症患者の術前評価における日本版側弯症QOL質問表(SJ27)の検証
2015(Nov.)
Presenter:酒井大輔、田中雅人、高橋 淳、谷口優樹、竹下克志


Lenke type 1, 2カーブの特発性側弯症患者から高い術後満足度を得るためには
2015(Nov.)
Presenter:池上章太、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、上原将志、大場悠己、加藤博之


思春期特発性側弯症に対する後方矯正固定術におけるチタン合金ロッドとコバルトクロムロッドの無作為化比較試験(第三報)
2015(Nov.)
Presenter:菅原 亮、田中雅人、高橋 淳、酒井大輔、谷口優樹、竹下克志


思春期特発性側弯症主胸椎カーブの矯正に必要な最適なImplant Densityの決定
2015(Nov.)
Presenter:高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、大場悠己、加藤博之


特発性側弯症に対するSkip Pedicle Screw Fixationの年代別検討
2015(Nov.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、加藤博之


CT-based navigation systemによる頚椎椎弓根スクリューの理想的な刺入角度の検討
2015(Nov.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、加藤博之


成人脊柱変形矯正術のロッド折損の危険因子
2015(Nov.)
Presenter:倉石修吾、高橋 淳、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、加藤博之


CTによるPLIF移植骨評価の難しさ
2015(Nov.)
Presenter:長谷川智彦、波呂浩孝、高橋 淳、江幡重人、向山啓二郎、大和 雄、小林 祥、坂野友啓、松山幸弘


腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割式椎弓切除術と従来法の比較
2015(Nov.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、外立裕之,倉石修吾,清水政幸,池上章太,二木俊匡,大場悠己,向山啓二郎,荻原伸英,平林洋樹,加藤博之


CT-based navigation systemによる頚椎椎弓根スクリューの理想的な刺入角度の検討
2015(Oct.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、清水政幸、加藤博之


思春期特発性側弯症に対するJOABPEQを用いた評価の有用性
2015(Oct.)
Presenter:清水政幸、高橋 淳、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1B, 1Cカーブに対するSelective thoracic fusion後の胸腰椎/腰椎ハンプの変化
2015(Oct.)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、池上章太、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、加藤博之


リウマチ頚椎病変に対するコンピュータ支援頭蓋頚椎固定術10年を経過した3例の手術成績
2015(Sep.)
Presenter:黒河内大輔、高橋 淳、上原将志、二木俊匡、池上章太、倉石修吾、清水政幸、大場悠己、加藤博之


CT-based navigation systemによる頚椎椎弓根スクリューの理想的な刺入角度の検討.
2015(Aug.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、加藤博之


リウマチ頚椎病変に対するコンピュータ支援頭蓋頚椎固定術10年を経過した3例の手術成績
2015(Aug.)
Presenter:黒河内大輔、高橋 淳、上原将志、二木俊匡、池上章太、倉石修吾、清水政幸、大場悠己、加藤博之


Spinal cord MRI signal change at 1 year after cervical decompression surgery is useful for predicting mid-term clinical outcome: an observational study using propensity scores.
2015(Jul.)
Presenter:Ikegami S, Takahashi J, Misawa H, Tsutsumimoto T, Yui M, Kuraishi S, Shimizu M, Futatsugi T, Uehara M, Kato H.


Screw perforation features in 148 consecutive patients performed computer-guided cervical pedicle screw insertion.
2015(Jul.)
Presenter:Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Kuraishi S, Shimizu M, Futatsugi T, Kato H.


慢性腰痛患者と健常者における側腹筋群の筋厚率の比較および腰痛特性との関連性
2015(Jun.)
Presenter:大江 厚, 木村 貞治, Goh Ah Cheng, 高橋 淳


非典型的な頚髄症患者の手術成績
2015(May)
Presenter:滝沢 崇、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、加藤博之


骨粗鬆症を伴った脊椎変性疾患に対する脊椎椎体間固定術におけるPTHの骨形成促進作用の臨床研究―多施設・前向き・ランダム試験―
2015(May)
Presenter:江幡重人、波呂浩孝、高橋 淳、長谷川智彦、向山啓二郎、松山幸弘


10代の脊柱変形患者に対する後方矯正固定術後に行った再手術例の検討
2015(May)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、清水政幸、上原将志、向山啓二郎、加藤博之


コンピュータ支援頚椎椎弓根スクリュー固定術の中期成績
2015(May)
Presenter:上原将志、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、加藤博之


思春期特発性側弯症に対するskip pedicle screw fixation―Implant densityによってcoronalとsagittalの矯正に差を認めるのか―
2015(May)
Presenter:高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、加藤博之


思春期特発性側弯症に対する後方矯正固定術後の再下端固定椎と脊柱可動性およびSRS-22との相関
2015(May)
Presenter:高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、加藤博之


Changes in the lumbar prominence after selective thoracic fusion for Lenke 1B and 1C curves in adolescent idiopathic scoliosis.
2015(May)
Presenter:Futatsugi T, Takahashi J, Ikegami S, Kuraishi S, Shimizu M, Uehara M, Mukaiyama K, Kato H


The Efficacy of Epoetin Beta Injection at Autologous Blood Donation before Spine Deformity Surgery.
2015(May)
Presenter:Ikegami S, Takahashi J, Kuraishi S, Shimizu M, Futatsugi T, Uehara M, Kato H.


11歳以下の脊柱変形に対する椎弓根スクリューの逸脱率の検討
2015(Apr.)
Presenter:磯部文洋、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 2カーブに対するSkip Pedicle Screw Fixationの手術成績
2015(Apr.)
Presenter:山岸祐輔、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、加藤博之


非典型的な頚髄症患者の手術成績
2015(Apr.)
Presenter:滝沢 崇、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、加藤博之


連続した148例における術前CT based navigation systemによる頚椎椎弓根スクリューの逸脱の特徴
2015(Apr.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、加藤博之


Rett症候群に伴う脊柱後側弯症に対して後方矯正固定術を行った1例
2015(Apr.)
Presenter:磯部文洋、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、加藤博之


頚椎除圧手術後1年のMRIは中期成績の予測に有用である―傾向スコアを用いた観察研究解析―
2015(Apr.)
Presenter:池上章太、高橋 淳、三澤弘道、堤本高宏、由井睦樹、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、上原将志、加藤博之


思春期特発性側弯症に対する後方矯正固定術後の再下端固定椎と脊柱可動性およびSRS-22との相関
2015(Apr.)
Presenter:高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、加藤博之


思春期特発性側弯症に対するSkip Pedicle Screw Fixationの合併症
2015(Apr.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、加藤博之


脊椎矯正手術前自己血貯血におけるエポエチンβ皮下注射の効果
2015(Apr.)
Presenter:池上章太、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、上原将志、加藤博之


多施設共同研究による思春期特発性側弯症に対するrib humpを現象させる要因の検討
2015(Apr.)
Presenter:田中雅人、高橋 淳、酒井大輔、谷口優樹、竹下克志、廣岡孝彦、尾崎敏文


思春期特発性側弯症胸椎カーブの矯正に必要なスクリューの数の検討
2015(Apr.)
Presenter:高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、加藤博之


骨粗鬆症を伴った脊椎変性疾患に対する脊椎椎体間固定術におけるPTHの骨形成促進作用の臨床研究―多施設・前向き・ランダム試験―
2015(Apr.)
Presenter:江幡重人、波呂浩孝、高橋 淳、長谷川智彦、向山啓二郎、松山幸弘


連続した140例における術前CT based navigation systemによる頚椎椎弓根スクリューの逸脱の特徴
2015(Apr.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、加藤博之


思春期特発性側弯症に対するJOABPEQを用いた評価の有用性
2015(Apr.)
Presenter:清水政幸、高橋 淳、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、上原将志、加藤博之


CT based navigation systemによる連続した頚椎椎弓根スクリューの逸脱率のナビゲーション機種別特徴
2015(Apr.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、加藤博之


11歳以下の脊柱変形に対する椎弓根スクリューの逸脱率の検討
2015(Apr.)
Presenter:磯部文洋、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、加藤博之


脊柱側弯症の矯正固定術に対する実験的・解析的検討
2015(Mar.)
Presenter:佐藤 翼、神澤広樹、二木俊匡、高橋 淳、小関道彦、加藤博之


成人脊柱変形における腸骨スクリューとsacral-ara-iliac fixationスクリューによる臨床成績の比較
2015(Mar.)
Presenter:倉石修吾、高橋 淳、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、加藤博之


連続した148例における術前CT based navigation systemによる頚椎椎弓根スクリューの逸脱の特徴
2015(Mar.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、加藤博之


12歳未満の脊柱変形に対する椎弓根スクリューの逸脱率の検討
2015(Feb.)
Presenter:磯部文洋、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、 二木俊匡、上原将志、加藤博之


リウマチ頸椎に対するコンピュータ支援頸椎再建術の中期成績
2015(Jan. 24)
Presenter:上原将志、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、加藤博之


前方圧迫を主とする頸部脊髄症に対する椎弓形成術の治療成績
2015(Jan.)
Presenter:清水政幸、高橋 淳、倉石修吾、池上章太、二木俊匡、上原将志、加藤博之


A comparison between titanium alloy rods and vitallium rods in the posterior surgery for adolescent idiopathic scoliosis patients: ~the first report of randomized controlled trial in Japan~
2015(Jan.)
Presenter:Taniguchi Y, Takahashi J, Sakai D, Tanaka M, Takeshita K.


Screw Perforation Features in 129 Consecutive Patients Computer-Guided Cervical Pedicle Screw Insetion.
2014(Dec.)
Presenter:Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Kuraishi S, Shimizu M, Futatsugi T, Kato H.


思春期特発性側弯症に対するSkip Pedicle Screw Fixationの合併症
2014(Oct.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、加藤博之


思春期特発性側弯症に対するSkip Pedicle Screw Fixationの合併症
2014(Oct.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、加藤博之


連続した129例における術前CT basesd navigation systemによる頸椎椎弓根スクリューの逸脱の特徴
2014(Oct.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、向山啓二郎、荻原伸英、外立裕之、平林洋樹、加藤博之


側弯症手術前自己血輸血におけるエポエチンベータ注射の造血効果
2014(Oct.)
Presenter:池上章太、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、上原将志、加藤博之


思春期特発性側弯症に対する後方矯正固定術におけるチタン合金ロッドとコバルトクロムロッドの無作為化比較試験(第二報)
2014(Oct.)
Presenter:高橋 淳、田中雅人、酒井大輔、竹下克志


思春期特発性側弯症に対するコンピュータ支援Skip Pedicle Screw Fixation.
2014(Oct.)
Presenter:高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、加藤博之、向山啓二郎


日本側弯症学会手術合併症調査2012年報告
2014(Oct.)
Presenter:竹下克志、新井康久、高相晶士、高橋 淳、細江英夫、土肥徳秀、清水克時


思春期特発性側弯症Lenke type 1B, 1Cカーブに対するSelective Thoracic Fusion後の胸腰椎/腰椎ハンプの変化
2014(Oct.)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、池上章太、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、上原将志、加藤博之


当院における成人脊柱変形矯正術の臨床成績.術後SVA 50mm以上と未満での比較
2014(Oct.)
Presenter:倉石修吾、高橋 淳、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、加藤博之


The Effectiveness of Epoetin Beta Injection at Autologous Blood Collection before Scoliosis Surgery.
2014(Sep.)
Presenter:Ikegami S, Takahashi J, Mukaiyama K, Shimizu M, Futatsugi T, Kato H.


連続した129例における術前CT based navigation systemによる頚椎椎弓根スクリューの逸脱の特徴
2014(Aug.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、池上章太、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、加藤博之


頚椎椎弓根スクリューによるコンピュータ支援頚椎後方固定術の中期成績
2014(Aug.)
Presenter:高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、加藤博之


脊椎炎と鑑別を要した胸椎Hodgkin病の1例
2014(Aug.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、加藤博之


Rett症候群に伴う脊柱後側弯症に対して後方矯正固定術を行った1例
2014(Aug.)
Presenter:磯部文洋、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、山岸佑輔、加藤博之、向山啓二郎、山本克己


思春期特発性側弯症Lenke type 2に対するSkip Pedicle Screw Fixationの手術成績
2014(Aug.)
Presenter:山岸佑輔、高橋 淳、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、上原将志、磯部文洋、加藤博之、向山啓二郎


当院における成人脊柱変形の臨床成績
2014(Aug.)
Presenter:倉石修吾、高橋 淳、清水政幸、池上章太、二木俊匡、加藤博之


Does implant material make a difference to the outcome of scoliosis surgery? Randomized controlled trial by cobalt-chrome rods and titanium rods.
2014(Jun.)
Presenter:Takashita K, Tanaka M, Takahashi J, Sakai D.


Comparison of Spinous Process_Splitting Laminectomy versus Conventional Laminectomy for Lumber Spinal Stenosis
2014(May)
Presenter:上原将志、高橋 淳、外立裕之、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、荻原伸英、平林洋樹、加藤博之


骨粗鬆症を伴った脊椎変性疾患に対する脊椎椎体間固定術におけるPTHの骨形成促進作用の臨床研究―多施設・前向き・ランダム試験―
2014(May)
Presenter:江幡重人、波呂浩孝、高橋 淳、長谷川智彦、向山啓二郎、松山幸弘


Lenke type 1カーブに対する選択的胸椎固定術後の胸腰椎/腰椎カーブの矯正の予測.
2014(May)
Presenter:高橋 淳、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、荻原伸英、外立裕之、平林洋樹、加藤博之


Surgical outcomes of computer-assisted hemivertebral resection and posterior spinal fusion for congenital spinal deformity.
2014(May)
Presenter:Takahashi J, Mukaiyama K, Kuraishi S, Shimizu M, Ikegami S, Futatsugi T, Ogihara N, Hashidate H, Hirabayashi H, Kato H.


Lenke type1 カーブに対する選択的胸椎固定術後の胸腰椎/腰椎カーブの矯正の予測 
2014(May)
Presenter:高橋 淳、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、荻原伸英、外立裕之、平林洋樹、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1B, 1Cカーブに対するSelective thoracic fusion
2014(May)
Presenter:高橋 淳、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、荻原伸英、外立裕之、平林洋樹、加藤博之


Comparison of Spinous Process–Splitting Laminectomy versus Conventional Laminectomy for Lumbar Spinal Stenosis.
2014(May)
Presenter:Uehara M, Takahashi J, Mukaiyama K, Kuraishi S, Shimizu M, Ikegami S, Futatsugi T, Ogihara N, Hashidate H, Hirabayashi H, Kato H.


Single-level instrumented posterolateral fusion versus posterior lumbar interbody fusion for unstable lumbar spondylolisthesis.
2014(May)
Presenter:Kuraishi S, Takahashi J, Mukaiyama K, Shimizu M, Ikegami S, Futatsugi T, Kato H, Tateiwa Y, Kinoshita H.


腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割式椎弓切除術と従来法の比較
2014(Apr.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、外立裕之、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、荻原伸英、平林洋樹、加藤博之


頚椎除圧手術前後の脊髄MRI所見の変化は術後成績の予後因子として有用である
2014(Apr.)
Presenter:池上章太、三澤弘道、堤本高宏、太田浩史、由井睦樹、古作英実、上原将志、大場悠己、高橋 淳、加藤博之


頸部神経根症に対するMini Open Foraminotomy – Tubular Retractor (Large Tube)とトリムラインの比較-
2014(Apr.)
Presenter:高橋 淳、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、池上章太、加藤博之


骨粗鬆症を伴った脊椎変性疾患に対する脊椎椎体間固定術におけるPTHの骨形成促進作用の臨床研究―多施設・前向き・ランダム試験―.
2014(Apr.)
Presenter:江幡重人、波呂浩孝、高橋 淳、長谷川智彦、向山啓二郎、松山幸弘


Lenke type 1カーブに対する選択的胸椎固定術後の胸腰椎/腰椎カーブの矯正の予測
2014(Apr.)
Presenter:高橋 淳、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、荻原伸英、外立裕之、平林洋樹、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1B, 1Cカーブに対するSelective thoracic fusion.
2014(Apr.)
Presenter:高橋 淳、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、荻原伸英、外立裕之、平林洋樹、加藤博之


Fontan手術後の脊柱側弯症に対して後方矯正固定術を施行した1例.
2014(Apr.)
Presenter:"318. 北村 陽、高橋 淳、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、加藤博之"


リウマチ頚椎病変に対する頭蓋頚椎再建術の手術成績―メトトレキサートや生物学的製剤使用の影響―
2014(Apr.)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、池上章太、向山啓二郎、倉石修吾、加藤博之


リウマチ頚椎病変に対する頭蓋頚椎再建術の手術成績―メトトレキサートや生物学的製剤使用の影響―
2014(Apr.)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、池上章太、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、加藤博之


先天性脊柱変形に対するコンピュータ支援後方矯正固定術の手術成績
2014(Mar.)
Presenter:高橋 淳、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、池上章太、二木俊匡、加藤博之


ダウン症環軸椎不安定症に対する外来診療とその課題
2013(Nov.)
Presenter:藤岡文夫、松原光宏、岩川紘子、高橋 淳、加藤博之


思春期特発性側弯症に対する後方矯正固定術後の残存肋骨隆起に関する検討
2013(Oct.)
Presenter:向山啓二郎、高橋 淳、平林洋樹、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡


春期特発性側弯症に対するSkip Pedicle Screw Fixation法後の肋骨隆起の変化
2013(Oct.)
Presenter:畠中輝枝、高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、倉石修吾、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1カーブに対する選択的胸椎固定術後の胸腰椎/腰椎カーブの矯正の予測
2013(Oct.)
Presenter:高橋 淳、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、加藤博之


神経芽細胞腫術後の脊柱側弯症に対して後方矯正固定術を行った症例の検討
2013(Oct.)
Presenter:宗像 諒、高橋 淳、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、加藤博之


10代の脊柱変形患者に対する後方矯正固定術後に行った再手術例の検討
2013(Oct.)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、池上章太、平林洋樹、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、加藤博之


Study of dural sac cross-sectional area in early and late phases after lumbar decompression surgery.
2013(Oct.)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、二木俊匡、最上祐二、柴田俊一、王子嘉人、谷川浩隆


椎体後壁損傷を伴う骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対する椎体形成術併用後方脊椎固定手術の検討
2013(Sep.)
Presenter:平林洋樹、高橋 淳、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、加藤博之


骨粗鬆症を伴った腰椎変性疾患に対する腰椎椎体間固定術後におけるPTHの骨形成促進作用の臨床研究:多施設・前向き・ランダム化試験
2013(Aug.)
Presenter:髙橋 淳, 松山幸弘, 江幡重人, 長谷川智彦, 向山啓二郎, 波呂浩孝


Are Pedicel Screw Perforation Rates Influenced by Registered or Nonregistered Verterbrae in Multli-level Registration Using CT-based Navigation System in the Setting of Scoliosis ?
2013(Jul.)
Presenter:Shimizu M, Takahashi J, Hirabayashi H, Mukaiyama K, Kuraishi S, Futatsugi T, Kato H.


Role of Weekly Administered Teriparatide in Bony Union Enhancement After Posterior Lumbar Interbody Fusion for Osteoporotic-Associated Lumbar Degenerative Deformity: A Prospective, Randomized Multi-Ce
2013(Jul.)
Presenter:Haro H, Takahashi J, Matsuyama Y.


Single-level Instrumented Posterolateral Fusion Versus Posterior Lumbar Interbody Fusion for Unstabe Lumbar Spondylolisthesis.
2013(Jul.)
Presenter:Kuraishi S, Takahashi J, Hirabayashi H, Mukaiyama K, Shimizu M, Kato H, Futatsugi T, Tateiwa Y.


経頭蓋磁気刺激法を用いた頚部脊髄症の評価と術後予後予測
2013(May)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、上村幹男、山崎郁哉、加藤博之


ナビゲーションによる頚椎椎弓根への頚椎椎弓根スクリューの刺入精度―連続した104例での検討―
2013(May)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、外立裕之、荻原伸英、上原将志、加藤博之


胸椎立位最大前屈側面像での胸椎後弯角は術後の胸椎の後弯角の予測因子となりうるか?
2013(May)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、清水政幸、倉石修吾、二木俊匡、加藤博之、外立裕之、荻原伸英、池上章太


Multi-level registrationにおいてリファレンスフレームから離れると椎弓根スクリューの逸脱率は変わるのか?
2013(May)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、荻原伸英、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、加藤博之、大柴弘行、池上章太


Surgical outcome of skip pedicle screw fixation combined with Ponte osteotomy for adolescent idiopathic scoliosis.
2013(May)
Presenter:Takahashi J, Hirabayashi H, Mukaiyama K, Kuraishi S, Shimizu M, Futatsugi T, Hashidate H, Ogihara N, Kato H.


Assessment of Flexibility for Adolescent Idiopathic Scoliosis Lenke Type 1 Curves.
2013(May)
Presenter:Takahashi J, Hirabayashi H, Mukaiyama K, Kuraishi S, Shimizu M, Futatsugi T, Hashidate H, Ogihara N, Kato H.


思春期特発性側弯症に対するSkip Pedicle Screw Fixation後の肋骨隆起の変化
2013(May)
Presenter:畠中輝枝,高橋 淳,平林洋樹, 向山啓二郎,倉石修吾,清水政幸,二木俊匡,加藤博之、池上章太


Multi-level registrationにおいてregistrationした3椎と、していない椎骨では、椎弓根スクリューの逸脱率は変わるのか?
2013(May)
Presenter:清水政幸、高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、倉石修吾、二木俊匡、加藤博之


リウマチ頸椎に対するコンピュータ支援頚椎再建術の中期成績
2013(May)
Presenter:上原将志,高橋淳,平林洋樹,向山啓二郎,倉石修吾,清水政幸,二木俊匡,荻原伸英,外立裕之,加藤博之


Lenke type1, 2思春期特発性側弯症に対する後方矯正固定術後のrib hump残存に関与する因子
2013(May)
Presenter:向山啓二郎、高橋 淳、平林洋樹、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、加藤博之


Comparison between the Thoracic Curve and Lumbar/Thoraco-lumbar Curve in Patients with Adolescent Idiopathic Scoliosis using the Scoliosis Research Society-22.
2013(May)
Presenter:Iwakawa H, Takahashi J, Hirabayashi H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kuraishi S, Shimizu M, Futatsugi T, Kato H.


Is There a Relationship between the Dural Sac Cross-sectional Area in Early Postoperative MRI and the Postoperative Symptom?
2013(May)
Presenter:Futatsugi T, Takahashi J, Oba H, Ikegami S, Mogami Y, Shibata S, Ohji Y, Tanikawa H, Kato H.


Multi-level registrationにおいてリファランスフレームから離れると椎弓根スクリューの逸脱率は変わるのか
2013(May)
Presenter:高橋 淳、大柴弘行、清水政幸、池上章太、平林洋樹、向山啓二郎、倉石修吾、二木俊匡、外立裕之、荻原伸英、加藤博之


ACCURACY OF CERVICAL PEDICLE SCREW INSERTION USING A CT-BASED NAVIGATION SYSTEM: STUDY OF 104 CONSECUTIVE SUBJECTS.
2013(May)
Presenter:Takahashi J, Uehara M, Hashidate H, Kato H.


MID-TERM RESULTS OF COMPUTER-ASSISTED CERVICAL RECONSTRUCTION FOR RHEUMATOID CERVICAL SPINES.
2013(May)
Presenter:Takahashi J, Uehara M, Ogihara N, Kato H.


Surgical outcomes of laminoplasty for cervical myelopathy with anterior compression.
2013(May)
Presenter:Shimizu M, Hirabayashi H, Takahashi J, Kato H.


胸椎立位最大前屈側面像での胸椎後弯角は術後の胸椎の後弯角の予測因子となりうるか?
2013(Apr.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、清水政幸、倉石修吾、二木俊匡、加藤博之、外立裕之、荻原伸英、池上章太


思春期特発性側弯症Lenke type 1カーブに対する主胸椎カーブのFlexibilityの評価
2013(Apr.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、清水政幸、倉石修吾、二木俊匡、外立裕之、荻原伸英、加藤博之


頸部神経根症に対するMini Open Foraminotomy (MOF)―Tubular Retractor (Large Tube)とトリムラインの比較―
2013(Apr.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、清水政幸、倉石修吾、二木俊匡、外立裕之、荻原伸英、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1に対するMulti-level Registrationによるコンピュータ支援Skip Pedicle Screw Fixationの手術成績
2013(Apr.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、清水政幸、倉石修吾、二木俊匡、外立裕之、荻原伸英、加藤博之


10代の脊柱変形患者に対する後方矯正固定術後に行った再手術例の検討
2013(Apr.)
Presenter:二木俊匡、高橋 淳、池上章太、平林洋樹、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、加藤博之


腰椎手術時の硬膜損傷と術後経過の検討
2013(Apr.)
Presenter:平林洋樹、高橋 淳、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、加藤博之


椎体後壁損傷を伴う骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対する椎体形成術併用後方脊椎固定手術の検討
2013(Apr.)
Presenter:平林洋樹、高橋 淳、向山啓二郎、倉石修吾、清水正幸、二木俊匡、加藤博之


Multi-level registrationにおいてregistrationした3椎と、していない椎骨では、椎弓根スクリューの逸脱率は変わるのか?
2013(Apr.)
Presenter:清水政幸、高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、倉石修吾、二木俊匡、加藤博之


前方圧迫を主とする頸部脊髄症に対する椎弓形成術の治療成績
2013(Apr.)
Presenter:清水政幸、高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、倉石修吾、二木俊匡、加藤博之


骨粗鬆症を伴った腰椎変性疾患に対する腰椎椎体間固定術後におけるPTHの骨形成促進作用の臨床研究:多施設・前向き・ランダム化試験
2013(Apr.)
Presenter:江幡重人, 波呂浩孝,髙橋 淳, 長谷川智彦,平林洋樹,松山幸弘


Multi-level registrationにおいてregistrationした3椎と、していない椎骨では、椎弓根スクリューの逸脱率は変わるのか?
2013(Mar.)
Presenter:清水政幸、高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、倉石修吾、二木俊匡、加藤博之


思春期頭髪性側弯症胸椎カーブに対する後方矯正固定術後のrib hump残存の検討
2012(Oct.)
Presenter:向山啓二郎、高橋 淳、平林洋樹、荻原伸英、倉石修吾


前方圧迫を主とする頸部脊髄症に対する椎弓形成術の治療成績
2012(Oct.)
Presenter:清水政幸、高橋 淳、平林洋樹、荻原伸英、向山啓二郎、倉石修吾、二木俊匡、加藤博之


上位胸椎カーブがメジャーカーブの脊柱側弯症に対する後方矯正固定術
2012(Oct.)
Presenter:傍島 淳、高橋 淳、平林洋樹、倉石修吾、清水政幸、加藤博之


胸椎立位最大前屈側面像での胸椎後弯角は術後の胸椎の後弯角の予測因子となりうるか?
2012(Oct.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、荻原伸英、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、池上章太、加藤博之


春期特発性側弯症Lenke 1に対するMulti-level Registrationによるコンピュータ支援Skip Pedicle Screw Fixationの手術成績
2012(Oct.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、荻原伸英、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、二木俊匡、加藤博之


Multi-level registrationにおいてregistrationした3椎と、していない椎骨では、椎弓根スクリューの逸脱率は変わるのか?
2012(Oct.)
Presenter:清水政幸、高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、倉石修吾、二木俊匡、加藤博之


上位胸椎カーブがメジャーカーブの脊柱側弯症に対する後方矯正固定術
2012(Oct.)
Presenter:傍島 淳、高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、加藤博之


Modified transfacet pedicle-sparing approach を用いて複数回手術をおこなった多椎間胸椎椎間板ヘルニアの1例
2012(Sep.)
Presenter:平林洋樹、高橋 淳、荻原伸英、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、加藤博之


椎体後壁傷を伴う骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対する椎体形成術併用後方脊椎固定手術の検討
2012(Sep.)
Presenter:平林洋樹、高橋 淳、荻原伸英、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、加藤博之


Surgical results in segmental pedicle screw fixation for adolescent idiopathic scolisois Lenke 5C curves
2012(May)
Presenter:Takahashi J, Hirabayashi H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kuraishi S, Shimizu M, Kato H.


リウマチ頸椎における後頭頚椎固定術―術後成績不良例の検討―
2012(May)
Presenter:荻原伸英、高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、加藤博之


Are pedicle screw perforation rates influenced by the distance from the reference frame in multi-level registration using CT-based navigation system in the setting of scoliosis?
2012(May)
Presenter:Takahashi J, Hirabayashi H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kuraishi S, Shimizu M, Oshiba H, Ikegami S, Hashidate H, Kato H.


Is there a relationship between the cross-sectional area of the dural sac and post-operative symptom?
2012(May)
Presenter:Futatsugi T, Takahashi J, Ikegami S, Oba H, Mogami Y, Shibata S, Ohji Y, Tanikawa H.


Study of dural sac cross-sectional area in acute and chronic phases following lumbar decompression surgery.
2012(May)
Presenter:Oba H, Takahashi J, Futatsugi T, Mogami Y, Shibata S, Ohji Y, Tanikawa H.


Posterior decompression and instrumented fusion for cervical spondylotic myelopathy with instability.
2012(May)
Presenter:Ogihara N, Takahashi J, Hirabayashi H, Mukaiyama S, Kuraishi S.


Middle-term results of posterior spine fusion using pedicle screw instrumentation: Radiographic clinical features.
2012(May)
Presenter:Hashidate H, Takahashi J, Hirabayashi H, Ogihara N, Mukaiyama K.


Factors influencing the residual rib hump after posterior spinal fusion for adolescent idiopathic scoliosis
2012(May)
Presenter:Mukaiyama K, Takahashi J, Hirabayashi H, Ogihara N, Kuraishi S, Shimizu M.


Incidental durotomy in lumbar spine surgery: Incidence and clinical course.
2012(May)
Presenter:Hirabayashi H, Takahashi J, Hashidate H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kuraishi S, Shimizu M, Kato H.


Multi-level registrationにおいてリファレンスフレームから離れると椎弓根スクリューの逸脱率は変わるのか?
2012(Apr.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、荻原伸英、大柴弘行、池上章太、加藤博之


頸椎損傷に対する頸椎椎弓根スクリューを用いた頸椎再建術の検討
2012(Apr.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、平林洋樹、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


リウマチ頚椎病変の病態別の手術成績とQOLの推移
2012(Apr.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、荻原伸英、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、外立裕之、加藤博之


Multi-level registratonにおいてリファレンスフレームから離れると椎弓根スクリューの逸脱率は変わるのか?
2012(Apr.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、荻原伸英、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、池上章太、大柴弘行、外立裕之、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke5C(胸腰椎)カーブに対するSegmental Pedicle Screw Fixationの短期成績と手術侵襲
2012(Apr.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、荻原伸英、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、外立裕之、加藤博之


思春期特発性側弯症胸椎カーブに対する後方矯正固定術後のrib hump残存に関与する因子
2012(Apr.)
Presenter:向山啓二郎、高橋 淳、平林洋樹、荻原伸英、倉石修吾、加藤博之


リウマチ頚椎における後頭頚椎固定術―術後成績不良例の検討―
2012(Apr.)
Presenter:荻原伸英、高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸


腰椎術後早期・慢性期硬膜管面積の検討
2012(Apr.)
Presenter:大場悠己、二木俊匡、最上祐二、柴田俊一、王子嘉人、谷川浩隆、高橋 淳


Perforation rates of Cervical Pedicle Screw Insertion by Disease and Vertebral level CSRS-AP
2012(Apr.)
Presenter:Uehara M, Takahashi J, Hirabayashi H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kuraishi S, Shimizu M, Ikegami S, Hashidate H, Kato H.


Ponte骨切りを併用した成人脊柱変形の後方矯正固定術
2012(Mar.)
Presenter:荻原伸英、高橋 淳、平林洋樹、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、大場悠己


Multi-level registrationにおいてリファレンスフレームから離れると椎弓根スクリューの逸脱率は変わるのか?
2012(Mar.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、荻原伸英、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、加藤博之、大柴弘行、池上章太


頸椎損傷に対する頸椎椎弓根スクリューを用いた頸椎再建術の検討
2012(Feb.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、平林洋樹、荻原伸英、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke5Cカーブに対するsegmental pedicle screw fixationの短期成績と手術侵襲
2011(Oct.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、外立裕之、加藤博之


思春期特発性側弯症に対するPonte骨切りを併用したSkip Pedicle Screw Fixationの手術成績
2011(Oct.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、外立裕之、加藤博之


Cobb角60度以下かつ最大側屈で30度以下の思春期特発性側弯症Lenkeタイプ1カーブに対するSkip Pedicle Screw Fixationの手術成績
2011(Oct.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、倉石修吾、清水政幸、外立裕之、加藤博之


下垂指を呈したC7神経根症の1例
2011(Oct.)
Presenter:鎌仲貴之、高橋 淳、平林洋樹、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


リウマチ頚椎病変の病態別の手術成績の推移
2011(Oct.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、清水政幸、加藤博之


早期発症側弯症に対するPosterior Short Spinal Fusionを施行した1例
2011(Sep.)
Presenter:高橋 淳


脊椎固定術における棘突起プレートの使用経験
2011(Sep.)
Presenter:平林洋樹、高橋 淳、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之、中川浩之


環軸椎亜脱臼に対するコンピュータ支援環軸椎固定術(Magearl法)の成績
2011(Sep.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


思春期特発性側弯症に対するイメージガイド下椎弓根スクリュー刺入におけるmulti-level registrationの正確性
2011(Sep.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


Change of the Cobb Angle Between the Spine and Prone Positions in Scoliosis Patients.
2011(Jul.)
Presenter:Takahashi J, Hirabayashi H, Hashidate H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kato H.


Accuracy of multi-level registration in image-guided pedicle screw insertion for adolescent idiopathic scolioisis.
2011(Jun.)
Presenter:Takahashi J, Hirabayashi H, Hashidate H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kato H.


思春期突発性側弯症Lenkelカーブに対するskip pedicle screw fixationの三次元的矯正損失
2011(May)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


思春期突発性側弯症Lenkelカーブに対するskip pedicle screw fixationの手術成績
2011(May)
Presenter:大場悠己、高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


後方頭蓋頸椎再建術における垂直亜脱臼の整復の重要性
2011(May)
Presenter:荻原伸英、高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、向山啓二郎、加藤博之


Accuracy of multi-level registration in image-guided pedicle screw insertion for adolescent idiopathic scolioisis.
2011(May)
Presenter:Takahashi J, Hirabayashi H, Hashidate H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kato H


脊柱側弯症患者の仰臥位と腹臥位のCobb角の変化
2011(May)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke5Cカーブに対するsegmental pedicle screw fixationの短期成績と手術侵襲
2011(May)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


思春期特発性側弯症に対するPonte骨切りを併用したSkip Pedicle Screw Fixationの手術成績
2011(Apr.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


思春期特発性側弯症に対するイメージガイド下椎弓根スクリュー刺入におけるmulti-level registrationの正確性
2011(Apr.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


腰部脊柱管狭窄症における症状型とCTMでの硬膜管横断面積との関係
2011(Apr.)
Presenter:向山啓二郎、高橋 淳、外立裕之、荻原伸英、加藤博之


Cervical pedicle screw insertion using a CT-based navigation system: The screw trajectory angle and the clinical results.
2010(Dec.)
Presenter:Hashidate H, Takahashi J, Hirabayashi H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kato H.


Cervical pedicle screw insertion using a CT-based navigation system: The screw trajectory angle and the clinical results.
2010(Nov.)
Presenter:Hashidate H, Takahashi J, Hirabayashi H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kato H.


環軸椎亜脱臼に対するコンピュータ支援環軸椎固定術(Magearl法)の長期成績
2010(Oct.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


コンピュータ支援頭蓋頸椎固定術の長期成績
2010(Oct.)
Presenter:荻原伸英、高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、向山啓二郎、加藤博之


思春期特発性側弯症に対するMulti-level Registrationによるコンピュータ支援後方矯正固定術
2010(Oct.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenkelカーブに対するSkip Pedicle Screw Fixationの3次元的矯正損失
2010(Oct.)
Presenter:大場悠巳、高橋 淳、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenkelカーブに対するSkip Pedicle Screw Fixationの手術成績
2010(Oct.)
Presenter:大場悠巳、高橋 淳、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenkelカーブに対するSkip Pedicle Screw Fixationの手術成績
2010(Oct.)
Presenter:大場悠巳、高橋 淳、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


脊柱側弯症患者の仰臥位と腹臥位のCobb角の変化
2010(Oct.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1 curveの矯正に椎弓根スクリューを多く刺入することにより矯正率は改善するか?
2010(Oct.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


環軸椎亜脱臼に対するコンピュータ支援環軸椎固定術(Magearl法)の長期成績
2010(Oct.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之.


Perforation rates of cervical pedicle screw insertion by disease and vertebral level.
2010(Oct.)
Presenter:Uehara M, Takahashi J, Hirabayashi H, Hashidate H, Ogihara N, Mukaiyama K, Ikegami S, Kato H.


環軸椎亜脱臼に対するコンピュータ支援環軸椎固定術(Magearl法)の長期成績
2010(Aug.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


多発性外傷を伴うMalgaigne骨折によるS1神経根障害に対しiliac screwを用いた腰仙部固定術を行った1例
2010(Aug.)
Presenter:小山 傑、芹澤僚平、小池毅、樋代洋平、高原健治、森家秀記、高橋 淳


Anti-nociceptive effects of elcatonin injection for postmenopausal women with back pain: A randomized controlled trial.
2010(Jul.)
Presenter:Ikegami S, Kamimura M, Uchiyama S, Nakagawa H, Takahara K, Hashidate H, Takahashi J, Kato H


Long-term results of computer-assisted hemivertebral resection for congenital spinal deformity.
2010(Jul.)
Presenter:Takahashi J, Hirabayashi H, Hashidate H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kato H.


Perforation rates of cervical pedicle screw insertion by disease and vertebral level.
2010(Jul.)
Presenter:Uehara M, Takahashi J, Hirabayashi H, Hashidate H, Ogihara N, Mukaiyama K, Ikegami S, Kato H.


Treatment of pseudoarthorosis of vertebral fracture: Surgery versus Conservative treatment.
2010(Jul.)
Presenter:Hashidate H, Takahashi J, Hirabayashi H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kamimura M, Nakagawa H, Kato H.


Seleciteve thoracic fusion in adolescent idiopathic scoliosis: New classification and guidelines in selecting the optimal lowested vertebra
2010(May)
Presenter:Takahashi J, Newton PO, Ugrinow VL, Bastrom TP


コンピューター支援頭蓋頸椎/胸椎固定術の長期成績
2010(May)
Presenter:荻原伸英、高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、向山啓二郎、加藤博之


脊柱側弯症に対するMulti-level Registrationによるコンピュータ支援後方矯正固定術
2010(May)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


思春期特発性側弯症Lenke type 1 curveの矯正に椎弓根スクリューは何本必要か
2010(May)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


胸腰椎圧迫骨折後偽関節における手術加療と保存療法の比較
2010(May)
Presenter:外立裕之、高橋 淳、上村幹男、中川浩之、湯澤洋平、平林洋樹、荻原伸英、加藤博之


疾患別・椎体レベル別頸椎椎球根スクリュー逸脱率の検討
2010(Apr.)
Presenter:上原将志、高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


腰部脊柱管狭窄症患者の”生活の質”および”日常生活状況”に対する薬物療法の有用性の検討
2010(Apr.)
Presenter:高橋 淳、大塚訓喜、加藤博之


脊柱側弯症に対するMulti-level Registrationによるコンピュータ支援後方矯正固定術
2010(Apr.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


思春期特発性側弯症に対する選択的胸椎固定術:新しい分類と最適な最下端椎選択のためのガイドライン
2010(Apr.)
Presenter:高橋 淳、Newton PO, Ugrinow VL, Bastrom TP


思春期特発性側弯症Lenke type 1 curveの矯正に椎弓根スクリューは何本必要か
2010(Apr.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


高度頭蓋底陥入症に対する後方矯正固定術の経験
2010(Jan.)
Presenter:荻原伸英、高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、向山啓二郎、加藤博之


Treatment of pseudoarthorosis of vertebral fracture: Surgery versus Conservative treatment.
2010
Presenter:Hashidate H, Takahashi J, Hirabayashi H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kamimura M, Nakagawa H, Kato H.


思春期特発性側弯症に対するMulti-level Registrationによるコンピュータ支援後方矯正固定術
2009(Dec.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


脊柱側弯症に対するMulti-level Registrationによるコンピュータ支援後方矯正固定術
2009(Nov.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、向山啓二郎、加藤博之


思春期特発性側弯症に対する選択的胸椎固定術:新しい分類と最適な最下端椎選択のためのガイドライン
2009(Nov.)
Presenter:高橋 淳、Newton PO, Ugrinow VL, Bastrom TP


Long-term results of computer-assisted posterior occipitocervical/thoracic reconstruction.
2009(Nov.)
Presenter:Ogihara N, Takahashi J, Hirabayashi H, Hashidate H, Kato H.


MRIによる早期診断が困難であったCampylobacter fetusによる化膿性脊椎炎の1例
2009(Oct.)
Presenter:田中厚誌、高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、加藤博之.


脊椎骨折後偽関節に対する短椎間固定を併用した椎体形成術の中長期成績
2009(Oct.)
Presenter:外立裕之、高橋 淳、上村幹男、中川浩之、湯澤洋平、平林洋樹、荻原伸英、加藤博之


Short-term results of laminectomy preserving paraspinal muscles for lumbar spinal stenosis.
2009(Oct.)
Presenter:Hashidate H, Takahashi J, Hirabayashi H, Ogihara N, Kato H.


MRIによる早期診断が困難であった可能性脊椎炎の1例
2009(Aug.)
Presenter:田中厚誌、高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、加藤博之.


Accuracy of Single-time, Multilevel Registration in Image-guided Pedicle Screw Insertion for Adolescent Idiopathic Scoliosis.
2009(Jul.)
Presenter:Takahashi J, Hirabayashi H, Hashidate H, Ogihara N, Kato H.


Selective Thoracic Fusion in Adolescent Idiopathic Scoliosis: Guidelines in Selecting the Optimal Lowest Instrumented Vertebra.
2009(Jul.)
Presenter:Takahashi J, Newton PO, Ugrinow VL, Bastrom TP


脊柱側弯症に対するコンピュータ支援Skip Pedicle Screw法の手術成績
2009(May)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、加藤博之


先天性脊柱変形に対するコンピュータ支援骨切り矯正術
2009(May)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、加藤博之


Mini Open Foraminotomy (MOF) for Cervical Radiculopathy
2009(May)
Presenter:Takahashi J, Aoki K, Hirabayashi H, Hashidate H, Ogihara N, Kato H


Clinical outcome of laminoplasty for myelopathy caused by cervical disc herniation.
2009(May)
Presenter:Akaoka Y, Hirabayashi H, Takahashi J, Ogihara N, Hashidate H, Kato H.


Deep verous thrombosis and pulmonary thromboembolism after spine surgery.
2009(May)
Presenter:Hirabayashi H, Takahashi J, Hashidate H, Ogihara N, Kato H.


脊椎骨折後偽関節に対する短椎間固定を併用した椎体形成術の中長期成績
2009(Apr.)
Presenter:外立裕之、高橋 淳、平林洋樹、荻原伸英、加藤博之


コンピュータ支援頭蓋頸椎・胸椎固定術の中長期成績
2009(Apr.)
Presenter:荻原伸英、高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、加藤博之


コンピュータ支援リウマチ頸椎再建術の中期成績
2009(Apr.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、上村幹男、江原宗平、加藤博之


脊椎骨折後偽関節に対する短椎間固定を併用した椎体形成術の中長期成績 
2009(Apr.)
Presenter:外立裕之、高橋 淳、上村幹男、中川浩之、湯澤洋平、平林洋樹、荻原伸英、加藤博之


脊椎手術後感染のリスクマネージメント
2009(Apr.)
Presenter:高橋 淳


Selective Thoracic Fusion in Adolescent Idiopathic Scoliosis:Fuse to One Below Stable Vertebra for the Best Result.
2009(Apr.)
Presenter:Takahashi J, Newton PO, Ugrinow VL, Bastrom TP.


Long-term results of vertebroplasty with short segmental fusion for vertebral pseudoarthrosis
2009
Presenter:Hashidate H, Takahashi J, Hirabayashi H, Ogihara N, Kato H.


Selective Thoracic Fusion in Adolescent Idiopathic Scoliosis: Guidelines in Selecting the Optimal Lowest Instrumented Vertebra.
2009
Presenter:Takahashi J, Newton PO, Ugrinow VL, Bastrom TP.


頸椎椎間板ヘルニアに対する椎弓形成術の治療成績
2008(Oct.)
Presenter:赤岡裕介、平林洋樹、高橋 淳、荻原伸英、外立裕之、加藤博之


非典型的な画像所見を呈した脊椎カリエスの1例
2008(Oct.)
Presenter:松葉友幸、平林洋樹、荻原伸英、外立裕之、高橋 淳、加藤博之


Stable reconstruction using Halo-vest for unstable upper cervical spine and occipito-cervical instability.
2008(Jul.)
Presenter:Ogihara N, Takahashi J, Hirabayashi H, Hashidate H, Kato H.


n examination of cervical pedicle morphology: Comparison between comuputed tomography and computer-assisted image-guidance system.
2008(Jul.)
Presenter:Hashidate H, Takahashi J, Hirabayashi H, Ogihara N, Kato H.


頭蓋頸椎移行部病変に対しハローベストを用いた後方再建術の手術成績
2008(May)
Presenter:荻原伸英、高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、加藤博之


疾患別頚椎椎弓根スクリュー逸脱率の検討
2008(May)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、上村幹男、江原宗平、加藤博之


頸椎椎弓根径の検討
2008(May)
Presenter:外立裕之、高橋 淳、平林洋樹、荻原伸英、加藤博之


第3腰髄神経根単独障害の臨床的特徴 
2008(May)
Presenter:平林洋樹、高橋 淳、外立裕之、荻原伸英、加藤博之


Deep verous thrombosis and pulmonary thromboembolism after spine surgery.
2008(May)
Presenter:Hirabayashi H, Takahashi J, Hashidate H, Ogihara N, Kato H.


不安定性を伴う頚髄症に対するインストゥルメンテーションを用いた後方除圧固定術の成績
2008(Apr.)
Presenter:荻原伸英、高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、加藤博之


コンピュータ支援環軸椎固定術(Magerl法)
2008(Apr.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、上村幹男、江原宗平、加藤博之


第3腰髄神経根障害に対する治療成績
2008(Apr.)
Presenter:平林洋樹、荻原伸英、外立裕之、高橋 淳、加藤博之.


頸椎椎弓根径の検討
2008(Apr.)
Presenter:外立裕之、高橋 淳、平林洋樹、荻原伸英、加藤博之


経頭蓋磁気刺激法を用いた頸部脊髄症の術後予後予測
2008(Apr.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、加藤博之、上村幹男、山崎郁哉、木下哲也、伊東秀博、湯澤洋平、江原宗平


頸部神経根症に対するMini Open Foraminotomyの手術成績
2008(Apr.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、青木 薫、加藤博之


Klippel-Feil症候群に伴う高度頭蓋底陥入症の1手術例
2007(Oct.)
Presenter:荻原伸英、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、外立裕之、加藤博之


Computer-assisted screw insertion for cervical disorders in rheumatoid arthritis.
2007(Oct.)
Presenter:Takahashi J, Hirabayashi H, Hashidate H, Ogihara N, Kato H.


頭蓋頸椎移行部病変のハローベストによる整復
2007(Sep.)
Presenter:荻原伸英、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、外立裕之、加藤博之


コンピュータ支援リウマチ頸椎再建術
2007(Aug.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、加藤博之


Characteristics of L3 nerve root monoradilulopathy.
2007(Jun.)
Presenter:Hirabayashi H, Takahashi J, Nakamura I, Hashidate H, Ogihara N, Kato H.


Posterior lumbar interbody fusion with local autologous facer joint graft.
2007(Jun.)
Presenter:Nakamura I, Ohtsuka K, Takahashi J, Hirabayashi H, Ogihara N, Kato H.


頸部神経根症に対するMini Open Foraminotomy(MOF)の手術成績
2007(May)
Presenter:青木 薫、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、加藤博之


脊椎インストゥルメンテーション手術後創感染の早期診断
2007(May)
Presenter:高橋 淳、庄野泰弘、上村幹男、江原宗平、加藤博之


EuroQolによるリウマチ頸椎再建術前後のQOL評価
2007(May)
Presenter:高橋 淳、中村 功、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、加藤博之.


脊柱変形手術に対するナビゲーションの応用
2007(May)
Presenter:高橋 淳、中村 功、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、庄野泰弘、上村幹男、江原宗平、加藤博之


コンピュータ支援脊椎手術
2007(May)
Presenter:高橋 淳、中村 功、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、上村幹男、江原宗平、加藤博之


腰部脊柱管狭窄症に対する傍脊柱筋を剥離しない除圧術.
2007(May)
Presenter:外立裕之、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、荻原伸英、加藤博之


Computer-assisted surgery for atlantoaxial instrability.
2007(May)
Presenter:Takahashi J, Hirabayashi H, Hashidate H, Ogihara N, Kato H.


Stable reconstruction using Halo-vest for unstable upper cervical spine and occipito-cervical instability.
2007(May)
Presenter:Ogihara N, Takahashi J, Nakamura I, Hirabayashi H, Hashidate H, Kato H.


コンピューター支援頭蓋頸椎(胸椎)固定術の手術成績
2007(Apr.)
Presenter:萩原伸英、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、外立裕之、加藤博之


硬膜を温存して切除可能であった腰椎硬膜内髄膜腫の1例
2007(Apr.)
Presenter:平林洋樹、高橋 淳、中村 功、外立裕之、荻原伸英、加藤博之


腰部脊柱管狭窄症に対する傍脊柱筋を剥離しない除圧術
2007(Apr.)
Presenter:外立裕之、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、荻原伸英、加藤博之


腰椎に発症した脊椎硬膜外脂肪腫症の2例
2007(Apr.)
Presenter:岡本正則、平林洋樹、中村 功、高橋 淳、加藤博之、中村 暁


コンピュータ支援頭蓋骨(胸椎)固定術の手術成績
2007(Apr.)
Presenter:荻原伸英、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、外立裕之、上村幹男、江原宗平、加藤博之


頭蓋骨頸椎移行部病変のハローベストによる整復
2007(Apr.)
Presenter:荻原伸英、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、外立裕之、上村幹男、江原宗平、加藤博之


頸部神経根症に対するMini Open Foraminotomy(MOF)の手術成績
2007(Apr.)
Presenter:青木 薫、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、加藤博之


RA頸椎病変に対するコンピュータ支援インストゥルメンテーション手術
2007(Apr.)
Presenter:高橋 淳、中村 功、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、庄野泰弘、上村幹男、江原宗平、加藤博之.


コンピュータ支援環軸関節固定術(Magerl法)
2007(Apr.)
Presenter:高橋 淳、楢崎勝巳、中村 功、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、上村幹男、江原宗平、加藤博之


第3腰髄神経根単独障害の臨床的特徴と治療成績の検討
2007(Apr.)
Presenter:平林洋樹、高橋 淳、中村 功、外立裕之、荻原伸英、加藤博之、江原宗平


椎弓切除後脊椎側弯症に対する手術治療の経験
2007(Feb.)
Presenter:荻原伸英、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、外立裕之、岡本正則、加藤博之


頸部神経根症に対する直視下小皮切椎間孔解放術(MOF)の手術成績―VAS.Neck Disability Intexによる評価―
2007
Presenter:青木 薫、高橋 淳、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、加藤博之


脊柱変形手術に対するナビゲーションの応用
2006(Nov.)
Presenter:高橋 淳、中村 功、平林洋樹、庄野泰弘、江原宗平、加藤博之


椎部神経根症に対するmini open foraminotomy (MOF)の手術成績
2006(Oct.)
Presenter:青木 薫、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、加藤博之


コンピュータ支援脊椎手術
2006(Oct.)
Presenter:高橋 淳、中村 功、平林洋樹、外立裕之、荻原伸英、庄野泰弘、上村幹男、江原宗平、加藤博之


硬膜を温存して切除可能であった脊柱管内髄膜腫の1例
2006(Sep.)
Presenter:平林洋樹、高橋 淳、中村 功、村上 暁、加藤博之


椎部神経根症に対するmini open foraminotomy (MOF)の手術成績
2006(Aug.)
Presenter:青木 薫、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、荻原伸英、岡本正則、加藤博之


腰部脊柱管狭窄症に対する傍脊柱筋を剥離しない開窓術
2006(Aug.)
Presenter:外立裕之、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、荻原伸英、岡本正則、加藤博之


肺癌・肝癌・の脊椎移転に対する手術後成績
2006(Jul.)
Presenter:平林洋樹、高橋 淳、中村 功、村上 暁、加藤博之


Computer-assisted Surgery for Cervical Disorders in Rheumatoid Arthritis.
2006(Jul.)
Presenter:Takahashi J, Nakamura I, Hirabayashi H, Kamimura M, Shono Y, Ebara S, Kato H.


Usefulness of White Blood Cell Differential for Early Diagnosis of Surgical Wound Infection Following Spinal Instrumentation Surgry.
2006(Jul.)
Presenter:Takahashi J, Nakamura I, Hirabayashi H, Kamimura M, Shono Y, Ebara S, Kato H.


脊椎インストゥルメンテーション手術後創感染の早期診断
2006(Jun.)
Presenter:高橋 淳、中村 功、平林洋樹、村上 暁、加藤博之、江原宗平


胸腰椎圧迫骨折後偽関節における臨床像と自然経過
2006(Jun.)
Presenter:外立裕之、上村幹男、中川浩之、内山茂晴、高橋 淳


コンピュータ支援リウマチ頚椎再建術
2006(May)
Presenter:高橋 淳、中村 功、平林洋樹、村上 暁、庄野泰弘、上村幹男、江原宗平、加藤博之


脊椎内視鏡手術
2006(May)
Presenter:江原宗平、楢崎勝巳、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、加藤博之、大塚訓喜


腹腔鏡視下脊柱前方矯正固定術
2006(May)
Presenter:江原宗平、楢崎勝巳、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、加藤博之 、大塚訓喜


Result of mini open foraminotomy (MOF) for cervical radiculopathy.
2006(May)
Presenter:Aoki K, Takahashi J, Nakamura I, Hirabayashi H, Kato H.


小児外傷性環軸椎亜脱臼、軸椎下亜脱臼の1例
2006(Apr.)
Presenter:中村 功、江原宗平、高橋 淳、平林洋樹、加藤博之


コンピュータ支援脊椎手術
2006(Apr.)
Presenter:高橋 淳、中村 功、平林洋樹、村上 暁、庄野泰弘、上村幹男、江原宗平、加藤博之


コンピュータ支援リウマチ頚椎再建術
2006(Apr.)
Presenter:高橋 淳、中村 功、平林洋樹、村上 暁、庄野泰弘、上村幹男、江原宗平、加藤博之


コンピュータ支援環軸椎固定術
2006(Apr.)
Presenter:高橋 淳、楢崎勝巳、中村 功、平林洋樹、村上 暁、上村幹男、江原宗平、加藤博之


局所骨を用いた腰椎後方椎体間固定
2006(Apr.)
Presenter:中村 功、大塚訓喜、清野良文、三澤朋子、塚田彰博、高橋 淳、平林洋樹、村上 暁、君塚康一郎、加藤博之


Foramitonomyを併用した片開き式椎弓形成術の手術成績
2006
Presenter:君塚康一郎、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、村上 暁、加藤博之、湯澤洋平、最上祐二


頸部神経根症に対するMini Open Foraminotomy (MOF)の経験
2005(Nov.)
Presenter:青木 薫、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、村上 暁、加藤博之


コンピュータ支援脊椎手術
2005(Oct.)
Presenter:高橋 淳、上村幹男、平林洋樹、江原宗平、加藤博之


Surgical treatment for thoracic spinal cord compression causing by ossification of the yellow ligament.
2005(Aug.)
Presenter:Hirabayashi H, Shono Y, Takahashi J, Takahara K, Murakami G, Kato H.


骨粗鬆症性椎体偽関節に対する椎体形成術の手術成績-骨セメントと骨ペーストの比較-
2005(Jul.)
Presenter:高橋 淳、加藤博之、上村幹男、湯澤洋平、中川浩之、江原宗平


骨軟部における悪性リンパ腫の診断
2005(Jul.)
Presenter:清水富永、磯部研一、新井秀希、赤羽 努、高橋 淳、小林博一、平林洋樹、加藤博之


頸部神経根症に対するMini Open Foraminotomy(MOF)の手術成績
2005(Jul.)
Presenter:青木 薫、高橋 淳、平林洋樹、村上 暁、加藤博之


コンピュータ支援リウマチ頚椎再建術
2005(Jun.)
Presenter:高橋 淳、庄野泰弘、平林洋樹、村上 暁、高原健治、上村幹男、江原宗平、加藤博之


コンピュータ支援脊椎手術
2005(Jun.)
Presenter:高橋 淳、上村幹男、江原宗平、庄野泰弘、加藤博之


Computer-assisted surgery for cervical disorders in rheumatoid arthritis.
2005(Jun.)
Presenter:Takahashi J, Shono Y, Ebara S, Hirabayashi H, Kato H.


先天性脊柱変形に対するコンピュータ支援骨切り術
2005(May)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、庄野泰弘、平林洋樹、村上 暁、高原健治、加藤博之


胸椎黄色靭帯骨化症の手術成績
2005(Mar.)
Presenter:平林洋樹、庄野泰弘、高橋 淳、高原健治、村上 暁、加藤博之、江原宗平


頸部神経根症に対するMini Open Foraminotomy(MOF)の手術成績
2005(Feb.)
Presenter:青木 薫、高橋 淳、庄野泰弘、平林洋樹、村上 暁、高原健治、百瀬能成、加藤博之


胸椎黄色靭帯骨化症に対する手術成績の検討
2005(Jan.)
Presenter:平林洋樹、高橋 淳、村上 暁、加藤博之


Computer-assisted Surgery for Cervical Disorders in Rheumatoid Arthritis.
2004(Dec.)
Presenter:Takahashi J, Shono Y, Ebara S, Kamimura M, Kato H.


先天性脊柱変形に対するコンピュータ支援骨切り術
2004(Nov.)
Presenter:高橋 淳、平林洋樹、庄野泰弘、加藤博之、江原宗平、楢崎勝巳


コンピュータ支援リウマチ頚椎再建術
2004(Nov.)
Presenter:高橋 淳、庄野泰弘、平林洋樹、村上 暁、高原健治、加藤博之、鈴木明夫、山崎 秀


ミエロパチーを呈した胸椎類腱線維腫の1例
2004(Oct.)
Presenter:新井秀希、清水富永、磯部研一、青木 薫、高橋 淳、加藤博之


Anterior approach to the thoracic spine with video-assisted thoracoscopic surgery (VATS).
2004(Aug.)
Presenter:Hirabayashi H, Ebara S, Takahashi J, Nakamura I, Kitahara J, Narasaki K.


骨粗鬆症性椎体偽関節に対するVertebroplastyの手術成績
2004(Jun.)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、中村 功、平林洋樹、楢崎勝巳、加藤博之、湯澤洋平、上村幹男、中川浩之


胸腔鏡視下脊椎手術の検討
2004(Jun.)
Presenter:中村 功、江原宗平、高橋 淳、平林洋樹、楢崎勝巳、加藤博之、北原 淳


転移性脊椎腫瘍に対する再手術成績の検討
2004(Jun.)
Presenter:平林洋樹、江原宗平、高橋 淳、中村 功、楢崎勝巳、加藤博之、北原 淳


骨粗鬆症性椎体偽関節に対する椎体形成術の手術成績―骨セメントと骨ペーストの比較
2004(May)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、中村 功、平林洋樹、楢崎勝巳、加藤博之、湯澤洋平、上村幹男


Repeat surgery for spinal metastasis: Report on 26 operatons in 17 patients.
2004(May)
Presenter:Hirabayashi H, Ebara S, Takahashi J, Nakamura I, Kitahara J, Narasaki K, Ohtsuka K, Kato H.


Surgical treatment with instrumentation for severely destructive spondyloarthropathy of cervical spine.
2004(May)
Presenter:Yuzawa Y, Kamimura M, Nakagawa H, Kinoshita T, Itoh H, Takahashi J, Ebara S.


転移性脊椎腫瘍に対する再手術症例の検討
2004(Mar.)
Presenter:平林洋樹、江原宗平、高橋 淳、中村 功、加藤博之


コンピュータ支援頚椎再建術の手術成績
2004(Feb.)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、中村 功、平林洋樹、楢崎勝巳、加藤博之、上村幹男


先天性食道閉鎖症術後に脊柱変形を生じた1例
2003(Nov.)
Presenter:平林洋樹、江原宗平、高橋 淳、中村 功、楢崎克己、加藤博之、北原 淳


コンピュータ支援頚椎再建術の手術成績
2003(Nov.)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、中村 功、平林洋樹、楢崎勝巳、加藤博之、上村幹男


骨形成タンパク(BMP)による骨組織の再生―基礎研究から臨床応用へ
2003(Oct.)
Presenter:斎藤直人、村上成道、堀内博志、高橋 淳、太田浩史、岡田隆雄、野崎一敏、高岡邦夫


骨粗鬆症性椎体偽関節に対するVertebroplastyの手術成績
2003(Oct.)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、中村 功、平林洋樹、加藤博之、湯澤洋平、上村幹男、中川浩之


BMPとdrug delivery systemによる骨組織の再生
2003(Sep.)
Presenter:斎藤直人、村上成道、堀内博志、高橋 淳、岡田隆雄、高岡邦夫


ムチランス型RA頸椎病変に対するコンピュータ支援手術
2003(Sep.)
Presenter:成田伸代、高橋 淳、江原宗平、中村 功、平林洋樹、上村幹男、加藤博之


Clinical outcome and survival after repeat surgery for spinal metastasis.
2003(Sep.)
Presenter:Hirabayashi H, Ebara S, Nakamura I, Takahashi J, Kitahara J, Ohtsuka K, Kato H.


転移性脊椎腫瘍に対する再手術の検討
2003(May)
Presenter:平林洋樹、高橋 淳、中村 功、北原 淳、江原宗平


転移性脊椎腫瘍に対する姑息的外科手術の長期成績
2003(Apr.)
Presenter:平林洋樹、高橋 淳、中村 功、北原 淳、江原宗平


ムチランス型RA頚椎病変に対するコンピュータ支援手術
2003(Apr.)
Presenter:高橋 淳、上村幹男、木下哲也、中村 功、平林洋樹、北原 淳、成田信代、江原宗平


脊椎後方インストゥルメンテーション手術後の炎症マーカーの推移と術後創感染例の検討
2003(Apr.)
Presenter:高橋 淳、上村幹男、中村 功、平林洋樹、北原 淳、江原宗平


転移性脊椎腫瘍に対する手術後成績の検討
2003(Apr.)
Presenter:平林洋樹、高橋 淳、中村 功、北原 淳、江原宗平、大塚訓喜


脊椎インストゥルメンテーション手術後創感染の早期診断
2003(Apr.)
Presenter:高橋 淳、中村 功、平林洋樹、上村幹男、江原宗平


ムチランス型RA頸椎病変に対するコンピュータ支援手術
2003(Apr.)
Presenter:成田伸代、高橋 淳、中村 功、上村幹男、江原宗平


肺癌・肝癌による転移性脊椎腫瘍術後成績
2003(Apr.)
Presenter:平林洋樹、高橋 淳、中村 功、北原 淳、江原宗平


BMPによる骨誘導能を付加した新しい人工関節の開発
2003(Mar.)
Presenter:村上成道、斎藤直人、縄田昌司、堀内博志、高橋 淳、太田浩史、平林洋樹、岡田隆雄、野崎一敏、高岡邦夫


ムチランス型RA頸椎病変に対するコンピュータ支援手術
2003(Feb.)
Presenter:高橋 淳、中村 功、平林洋樹、北原 淳、江原宗平、上村幹男


胸腔鏡視下(VATS)脊椎手術の検討
2002(Nov.)
Presenter:北原 淳、江原宗平、高橋 淳、中村 功、平林洋樹


ムチランス型RA脊椎病変に対するコンピュータ支援手術
2002(Nov.)
Presenter:高橋 淳、中村 功、平林洋樹、北原 淳、成田伸代、上村幹男、江原宗平


Instrumentation Surgeryとサイトカインの推移
2002(Oct.)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、上村幹男、三沢弘道、戸塚実、高岡邦夫


BMPによる付加した新しい人工関節の開発
2002(Oct.)
Presenter:村上成道、斎藤直人、高橋 淳、太田 浩史、縄田昌司、堀内博志、平林洋樹、岡田隆雄、野崎一敏、高岡邦夫


骨形成因子(BMP)による骨修復能力を付加した新しい人工関節の開発
2002(Sep. 13)
Presenter:斎藤直人、村上成道、高橋 淳、太田浩史、縄田昌司、堀内博志、平林洋樹、岡田隆雄、野崎一敏、高岡邦夫


胸腔鏡視下脊椎手術の検討
2002(Sep.)
Presenter:中村 功、江原宗平、高橋 淳、平林洋樹、北原 淳


Anterior approach to the thoracic spine with video-assisted thoracoscopic surgery (VATS).
2002(Aug.)
Presenter:Kitahara J, Ebara S, Nakamura I, Takahashi J, Kinoshita T, Hirabayashi H, Yuzawa Y.


BMPを用いた脊椎固定
2002(Jul.)
Presenter:高橋 淳、斉藤直人、江原宗平、伊東秀博、岡田隆雄、野崎一敏、高岡邦夫


BMPによる付加した新しい人工関節の開発
2002(Jul.)
Presenter:村上成道、斎藤直人、高橋 淳、太田浩史、縄田昌司、堀内博志、平林洋樹、岡田隆雄、野崎一敏、高岡邦夫.


脊椎インストゥルメンテーション手術後創感染早期診断に白血球分画が有用である
2002(Jun.)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、木下哲也、中村 功、平林洋樹、北原 淳、上村幹男、高岡邦夫


rh-BNP-2の注射による脊椎固定
2002(Jun.)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、伊東秀博、木下哲也、湯澤洋平、村上成道、中村 功、平林洋樹、岡田隆雄、野崎一敏、高岡邦夫


胸腔鏡視下脊椎手術の検討
2002(Jun.)
Presenter:中村 功、江原宗平、木下哲也、湯澤洋平、高橋 淳、平林洋樹、高岡邦夫、上村幹男


骨組織を再生するサイトカインのデリバリーシステムとして機能する生体分離性ポリマー
2002(May)
Presenter:斎藤直人、岡田隆雄、堀内博志、村上成道、高橋 淳、縄田昌司、太田浩志、野崎一敏、高岡邦夫


胸腔鏡視下脊椎手術の検討
2002(May)
Presenter:中村 功、江原宗平、木下哲也、湯澤洋平、高橋 淳、平林洋樹、高岡邦夫、上村幹男


転移性脊椎腫瘍に対する手術後QOLの検討
2002(May)
Presenter:平林洋樹、江原宗平、木下哲也、湯澤洋平、高橋 淳、中村 功、上村幹男、大塚訓喜、高岡邦夫


Clinical outcome and survival after palliative surgery for spinal metastasis.
2002(May)
Presenter:Hirabayashi H, Ebara S, Kinishita T, Yuzawa Y, Takahashi J, Nakamura I, Kamimura M, Takaoka K.


脊椎インストゥルメンテーション手術後創感染早期診断に白血球分画が有用である
2002(Apr.)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、平林洋樹、上村幹男、高岡邦夫


脳梗塞を合併した頚髄症に対する手術成績の検討
2002(Apr.)
Presenter:平林洋樹、江原宗平、木下哲也、高橋 淳、高岡邦夫


pinal fusion with recombinant human bone morphogenetic protein-2
2002(Mar.)
Presenter:高橋 淳、斉藤直人、江原宗平、伊東秀博、高岡邦夫


脊椎インストゥルメンテーション手術
2002
Presenter:高橋 淳、江原宗平、上村幹男、中村 功、平林洋樹、北原 淳、高岡邦夫


BMPを用いた脊椎固定
2001(Dec.)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、斎藤直人、上村幹男、伊東秀博、木下哲也、湯澤洋平、村上成道、中村 功、平林洋樹、太田浩史、岡田隆雄、野崎一敏、高岡邦夫


Anterior Thoracic Spinal Fusion using Recombinant Human Bone Morphogenetic Protein-2 with Injection in the Canine.
2001(Sep.)
Presenter:Takahashi J, Ebara S, Saito N, Kamimura M, Kinoshita T, Itoh H, Yuzawa Y, Murakami N, Nakamura I, Hirabayashi H, Okada T, Nozaki K, Takaoka K.


BMPと新しい合成ポリマーのdelivery systemによる骨欠損の修復
2001(Aug.)
Presenter:斎藤直人、岡田隆雄、堀内博志、村上成道、高橋 淳、縄田昌司、太田浩史、野崎一敏、高岡邦夫


rhBMP-2の注射による胸椎前方固定
2001(Aug.)
Presenter:高橋 淳、斎藤直人、江原宗平、上村幹男、伊東秀博、木下哲也、湯澤洋平、村上成道、中村 功、平林洋樹、太田浩史、岡田隆雄、野崎一敏、高岡邦夫


Spine surgery using thoracoscopy.
2001(Jul.)
Presenter:Nakamura I, Hirabayashi H, Ebara S, Kinishita T, Yuzawa Y, Takahashi J, Kamimura M, Takaoka K.


RA頸椎病変に対する手術成績
2001(Jun.)
Presenter:木下哲也、江原宗平、上村幹男、伊東秀博、湯澤洋平、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、大塚訓喜、高岡邦夫


経頭蓋磁気刺激法を用いた頸部脊髄症の術後予後予測
2001(Jun.)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、木下哲也、湯澤洋平、中村 功、平林洋樹、高岡邦夫、上村幹男、伊東秀博、三沢朋子、山 郁哉


RhBMP-2の注射による脊椎固定
2001(Jun.)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、斎藤直人、上村幹男、伊東秀博、木下哲也、湯澤洋平、村上成道、中村 功、平林洋樹、岡田隆雄、野崎一敏、高岡邦夫.


多椎間頸椎前方固定術の長期成績
2001(Jun.)
Presenter:中村 功、江原宗平、木下哲也、湯澤洋平、高橋 淳、平林洋樹、大塚訓喜、高岡邦夫


転移性脊椎腫瘍に対する手術成績の検討 再手術症例を中心として
2001(Jun.)
Presenter:平林洋樹、江原宗平、木下哲也、湯澤洋平、高橋 淳、中村 功、上村幹男、高岡邦夫


pro- and anti-inflammatory cytokines levels following spinal instrumentation surgery.
2001(Jun.)
Presenter:Takahashi J, Ebara S, Kamimura M, Kinoshita T, Yuzawa Y, Nakamura I, Hirabayashi H, Misawa H, Shimogata M, Tozuka M, Takaoka K.


Spinal metastasis: Influence of postoperative ambulatory time on survival.
2001(Jun.)
Presenter:Hirabayashi H, Ebara S, Kinoshita T, Yuzawa Y, Takahashi J, Nakamura I, Kamimura M, Takaoka K.


男性における腰椎圧迫骨折からみた大腿骨頸部骨折発生の予測
2001(Apr.)
Presenter:木下哲也、江原宗平、上村幹男、伊東秀博、湯澤洋平、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、高岡邦夫


経頭蓋磁気刺激法を用いた頸部脊髄症の術後予後予測
2001(Apr.)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、木下哲也、湯澤洋平、中村 功、平林洋樹、高岡邦夫、上村幹男、伊東秀博、三沢朋子、山 郁哉


胸腔鏡視下脊椎手術の検討
2001(Apr.)
Presenter:中村 功、江原宗平、木下哲也、湯澤洋平、高橋 淳、平林洋樹、上村幹男、立岩 裕、伊東秀博、高岡邦夫


転移性脊椎腫瘍に対する手術成績の検討
2001(Apr.)
Presenter:平林洋樹、江原宗平、木下哲也、湯澤洋平、高橋 淳、中村 功、上村幹男、高岡邦夫


BMPのDrug Delivery Systemとして機能する新しい合成ポリマー(PLA-DX-PEG)の骨形成能
2001(Mar.)
Presenter:斎藤直人、岡田隆雄、村上成道、堀内博志、高橋 淳、縄田昌司、野崎一敏、高岡邦夫


rhBMP-2の注射による胸椎前方固定
2001(Mar.)
Presenter:高橋 淳、斎藤直人、江原宗平、上村幹男、伊東秀博、木下哲也、湯澤洋平、村上成道、中村 功、平林洋樹、岡田隆雄、野崎一敏、高岡邦夫


rhBMP-2/PLA-PEGとチタンファイバーメッシュの複合体による骨欠損の修復
2001(Mar.)
Presenter:村上成道、斎藤直人、縄田昌司、堀内博志、高橋 淳、小林博一、岡田隆雄、野崎一敏、高岡邦夫


BMRと合成ポリマーのDelivery Systemによる骨欠損の修復
2001(Jan.)
Presenter:"68. 斎藤直人、岡田隆雄、村上成道、堀内博志、高橋 淳、縄田昌司、太田浩志、野崎一敏、高岡邦夫"


脊椎後方インストゥルメンテーション手術後の炎症マーカーの推移と術後創感染症の検討
2001(Jan.)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、上村幹男、木下哲也、高岡邦夫


胸腔鏡視下に脊柱変形の前方矯正固定術を行うシステムの開発と臨床応用 
2000(Dec.)
Presenter:江原宗平、木下哲也、湯澤洋平、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、高岡邦夫


RA頸椎病変に対する手術成績
2000(Nov.)
Presenter:木下哲也、芹沢僚平、江原宗平、上村幹男、伊東秀博、湯澤洋平、高橋 淳、高岡邦夫、大塚訓喜


rhBMP-2の注射による脊椎固定
2000(Nov.)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、斎藤直人、上村幹男、木下哲也、伊東秀博、湯澤洋平、村上成道、中村 功、平林洋樹、岡田隆雄、野崎一敏、高岡邦夫


BMPによる骨誘導能を付加した新しい人工関節の開発
2000(Nov.)
Presenter:村上成道、斎藤直人、縄田昌司、堀内博志、高橋 淳、岡田隆雄、野崎一敏、高岡邦夫


リン酸カルシウム骨ペーストを併用した第五胸椎血管腫の一例
2000(Aug.)
Presenter:木村匡秀、江原宗平、木下哲也、湯澤洋平、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、上村幹男、安川幸廣、高岡邦夫


rhBMP-2/PLA-PEGとチタンファイバーメッシュの複合体による骨欠損の修復
2000(Jul.)
Presenter:村上成道、斎藤直人、縄田昌司、堀内博志、高橋 淳、岡田隆雄、野崎一敏、高岡邦夫


胸腔鏡下に脊椎変形の前方矯正固定術を行うシステムの開発と臨床応用
2000(Jun.)
Presenter:江原宗平、上村幹男、木下哲也、湯澤洋平、高橋 淳、伊東秀博、高岡邦夫、大塚訓喜


イメージガイドシステムを使用した頸椎椎弓根スクリュー
2000(Jun.)
Presenter:上村幹男、江原宗平、伊東秀博、木下哲也、湯澤洋平、高橋 淳、立岩 裕、高岡邦夫、大塚訓喜.


胸・腰椎椎体病巣に対する経皮的頸椎弓根針生検の有用性
2000(Jun.)
Presenter:木下哲也、芹沢僚平、江原宗平、上村幹男、伊東秀博、湯澤洋平、高橋 淳、高岡邦夫、大塚訓喜


脊椎手術におけるinstrument挿入の血中サイトカインへの影響
2000(Jun.)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、上村幹男、木下哲也、湯澤洋平、中村 功、平林洋樹、三沢弘道、下形光彦、戸塚実、高岡邦夫


頸椎破壊性脊椎関節症の手術例の検討
2000(Jun.)
Presenter:湯澤洋平、江原宗平、上村幹男、立岩 裕、伊東秀博、木下哲也、高橋 淳、高岡邦夫


胸腔鏡視下に脊柱変形の前方矯正固定術を行うシステムの開発と臨床応用
2000(Jun.)
Presenter:江原宗平、木下哲也、湯澤洋平、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、高岡邦夫、上村幹男、大塚訓喜


神経線維腫症に伴う胸髄髄膜瘤手術後に高度の後弯側弯変形と脊髄麻痺を生じた再手術例
2000(Jun.)
Presenter:湯澤洋平、江原宗平、木下哲也、中村 功、高橋 淳、平林洋樹、高岡邦夫.


脊椎外科におけるコンピュータ支援手術
2000(Apr.)
Presenter:伊東秀博、江原宗平、上村幹男、木下哲也、湯澤洋平、高橋 淳、高岡邦夫


胸腔鏡視下に脊椎変形の前方矯正固定術を行うシステムの開発と臨床応用
2000(Apr.)
Presenter:江原宗平、上村幹男、木下哲也、伊東秀博、湯澤洋平、高橋 淳、高岡邦夫、大塚訓喜


脊椎側弯症に対する胸腔鏡視下前方矯正固定術
2000(Apr.)
Presenter:江原宗平、上村幹男、木下哲也、伊東秀博、湯澤洋平、高橋 淳、高岡邦夫、大塚訓喜


脊椎手術におけるinstrument挿入の血中サイトカインへの影響
2000(Apr.)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、上村幹男、木下哲也、湯澤洋平、中村 功、平林洋樹、三沢弘道、下形光彦、戸塚実、高岡邦夫


脊椎脊髄疾患の新しいアプローチComputer Assisted Surgery
2000(Apr.)
Presenter:上村幹男、木下哲也、伊東秀博、湯澤洋平、高橋 淳、中村 功、平林洋樹、高岡邦夫


LPS投与によるTNF-αの過剰発現により骨形成が抑制される
2000(Apr.)
Presenter:木下哲也、江原宗平、上村幹男、小林千益、吉村康夫、伊東秀博、湯澤洋平、高橋 淳、高岡邦夫


BMPのDrug Delivery Systemとして機能する新しいポリマー(PLA-DX-PEG)の骨形成能
2000(Apr.)
Presenter:斎藤直人、岡田隆雄、村上成道、堀内博志、高橋 淳、縄田昌司、野崎一敏、高岡邦夫


RhBNPの注射によるイヌ胸椎前方固定
2000(Apr.)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、斎藤直人、上村幹男、木下哲也、伊東秀博、湯澤洋平、村上成道、中村 功、平林洋樹、岡田隆雄、野崎一敏、高岡邦夫.


BMPによる骨誘導能を付加した新しい人工関節の開発
2000(Apr.)
Presenter:村上成道、斎藤直人、縄田昌司、堀内博志、高橋 淳、岡田隆雄、野崎一敏、高岡邦夫


頸椎症性筋萎縮症の病態の検討 
2000(Jan.)
Presenter:湯澤洋平、江原宗平、木下哲也、高橋 淳、高岡邦夫


特発性側弯症に対する胸腔鏡視下矯正固定術.CTによる手術プランと小開胸の追加による手術の工夫
1999(Oct.)
Presenter:上村幹男、木下哲也、伊東秀博、湯澤洋平、高橋 淳、江原宗平、高岡邦夫 、大塚訓喜


先天性重度脊椎変形に対して骨切り矯正固定術を行った1例
1999(Oct.)
Presenter:木下哲也、江原宗平、上村幹男、伊東秀博、湯澤洋平、高橋 淳、高岡邦夫


整形外科手術後の炎症マーカー及びサイトカインの推移―インプラントの影響と術後創感染について
1999(Oct.)
Presenter:3高橋 淳、江原宗平、上村幹男、木下哲也、湯澤洋平、戸塚実、高岡邦夫


Spinal instrumentationが術後炎症反応に及ぼす影響
1999(Oct.)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、上村幹男、木下哲也、、高岡邦夫


Changes in inflammatory markers after spinal surgery -Effect of implants and post-operative wound infection,
1999(Sep.)
Presenter:Takahashi J, Ebara S, Kamimura M, Itoh H, Kinishita T, Yuzawa Y, Takaoka K.


転移性脊椎腫瘍に対する後方進入脊髄前方除圧術の検討
1999(Jul.)
Presenter:高橋 淳、江原宗平、上村幹男、伊東秀博、木下哲也、鳥羽茂幸、大塚訓喜、高岡邦夫


イメージガイドシステムを使用した頸椎後方スクリュー固定
1999(Jun.)
Presenter:上村幹男、江原宗平、伊東秀博、木下哲也、立岩 裕、湯澤洋平、高橋 淳、高岡邦夫、大塚訓喜


胸腔鏡視下脊椎手術の問題点とその対策
1999(Jun.)
Presenter:木下哲也、江原宗平、上村幹男、立岩 裕、伊東秀博、湯澤洋平、高橋 淳、高岡邦夫


脊椎変形に対する矯正固定術の10年以上の長期成績
1999(Jun.)
Presenter:湯澤洋平、江原宗平、上村幹男、伊東秀博、木下哲也、高橋 淳、高岡邦夫、大塚訓喜


. Intra-operative measurement using computer assisted image-guidance system in spinal surgery.
1999(Jun.)
Presenter:Kamimura M, Ebara S, Itoh H, Kinishita T, Yuzawa Y, Takahashi J, Takaoka K.


A new system for the anterior correction and fixation of the thoracic spinal deformities by using an endoscopic approach.
1999(Apr.)
Presenter:Ebara S, Kamimura M, Itoh H, Kinoshita T, Yuzawa Y, Takahashi J, Takaoka K, Ohtsuka K.


胸腔鏡視下に脊柱変形の矯正固定術を行うシステムの開発
1999
Presenter:江原宗平、上村幹男、伊東秀博、木下哲也、湯澤洋平、高橋 淳


胸腔鏡視下手術とその工夫
1999
Presenter:上村幹男、江原宗平、伊東秀博、木下哲也、湯澤洋平、高橋 淳、高岡邦夫


脊椎圧迫の形態からみた大腿骨頸部骨折の発生予測
1999
Presenter:木下哲也、江原宗平、上村幹男、立岩 裕、伊東秀博、湯澤洋平、高橋 淳、高岡邦夫


整形外科手術後の炎症マーカーの推移―インプラントの影響と術後感染について
1999
Presenter:髙橋淳、江原宗平、上村幹男、伊東秀博、木下哲也、湯澤洋平、高岡邦夫


腫瘍性脊椎病的骨折と骨粗鬆症に伴う脊椎圧迫骨折との鑑別―鑑別診断のためのスコアリングシステム
1999
Presenter:湯澤洋平、江原宗平、上村幹男、立岩 裕、伊東秀博、木下哲也、高橋 淳、高岡邦夫、唐木田 修.


Phosphodiesterase inhibitorは骨形成を促進させる
1999
Presenter:木下哲也、江原宗平、上村幹男、小林千益、伊東秀博、吉村康夫、高橋 淳、堤本高宏、高岡邦夫


計測下脊椎手術に向けてーナビゲーションシステムの応用
1999
Presenter:伊東秀博、江原宗平、上村幹男、立岩 裕、木下哲也、湯澤洋平、高橋 淳、大塚訓喜、高岡邦夫


胸腔鏡下に脊椎変形の前方矯正固定を行う手術システム
1999
Presenter:江原宗平、上村幹男、立岩 裕、木下哲也、湯澤洋平、高橋 淳


ORION plateを用いた頸椎前方除圧固定術の適応と問題点
1998
Presenter:下形光彦、三沢弘道、高橋 淳、湯澤洋平


腰椎後方椎体感固定術の術後成績と合併症
1998
Presenter:三沢弘道、下形光彦、高橋 淳、湯沢洋平


胸腔鏡視下に脊椎変形の前方矯正固定術を行うシステムの開発
1998
Presenter:江原宗平、上村幹男、伊東秀博、木下哲也、湯澤洋平、高橋 淳、大塚訓喜、高岡邦夫


胸椎部脊柱変形に対する胸腔鏡手術の応用
1998
Presenter:上村幹男、江原宗平、木下哲也、伊東秀博、湯澤洋平、高橋 淳、大塚訓喜、高岡邦夫


脊柱側弯症に対する矯正固定術の長期成績:Harington, Dwyer, instrumentationを中心に
1998
Presenter:湯澤洋平、江原宗平、上村幹男、伊東秀博、木下哲也、高橋 淳、大塚訓喜、高岡邦夫


胸腔鏡視下脊椎手術の検討
1998
Presenter:上村幹男、江原宗平、木下哲也、立岩 浩、伊東秀博、湯澤洋平、高橋 淳、高岡邦夫


3D内視鏡の有用性の検討
1998
Presenter:湯澤洋平、江原宗平、上村幹男、立岩 裕、伊東秀博、木下哲也、高橋 淳、高岡邦夫


2椎間腰椎後方椎体間固定術の術後成績
1998
Presenter:三沢弘道、下形光彦、高橋 淳


後方除圧術単独の高齢者腰部脊椎間狭窄症の手術成績
1998
Presenter:高橋 淳、三沢弘道、下形光彦


T-sawを用いた椎弓形成術
1998
Presenter:高橋 淳、三沢弘道、下形光彦


腰椎椎間板ヘルニアに対する経皮的髄核摘出術の治療成績
1998
Presenter:高橋 淳、山岡弘明、春日和夫、三沢弘道、下形光彦


高齢者の腰部脊柱管狭窄症の手術成績
1998
Presenter:高橋 淳、三沢弘道、下形光彦


ORION plateを用いた頸椎前方除圧固定術の適応と問題点
1998
Presenter:下形光彦、三沢弘道、高橋 淳、湯澤洋平


小児期に発生した頸椎脊索腫の1例
1998
Presenter:高橋 淳


当院における脊髄主要の手術成績
1998
Presenter:高橋 淳


胸腔鏡視下インストルメンテーションー脊柱変形固定システムの開発
1998
Presenter:江原宗平、上村幹男、立岩 裕、伊東秀博、木下哲也、湯澤洋平、高橋 淳、大塚訓喜、高岡邦夫


大腿骨頸部骨折患者における骨密度と歩行能力との関連
1997
Presenter:春日和夫、山岡弘明、高橋 淳.


T-sawを用いた椎弓形成術
1997
Presenter:高橋 淳、三沢弘道、下形光彦


腰椎椎間板に対する経皮的髄核摘出術の治療成績
1997
Presenter:高橋 淳、山岡弘明、春日和夫、三沢弘道、下形光彦


硬膜内に脱出した腰椎椎間板ヘルニアの1症例
1997
Presenter:高橋淳、山岡弘明、春日和夫


硬膜内に脱出した腰椎椎間板ヘルニアの1例
1997
Presenter:高橋淳、春日和夫、山岡弘明


頸椎椎間板ヘルニアの手術成績
1997
Presenter:高橋 淳、三沢弘道、下形光彦


頸椎椎間板ヘルニアに対する経皮的髄核摘出術の手術成績
1997
Presenter:高橋 淳、春日和夫、山岡弘明


中高年者に対する鏡視下半月板切除術の長期成績
1997
Presenter:三沢弘道、下形光彦、高橋 淳

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2018 - 2020 , 早期発症側弯症に対する低侵襲矯正固定術のための固定範囲決定手法 , 基盤研究(C)
2014 - 2016 , 思春期特発性側弯症患者に対する後方矯正固定術に必要なスクリューの数の最適化 , 基盤研究(C) 基盤研究(C) 基盤研究(C) 基盤研究(C)
2005 - 2006 , 電気・超音波刺激による薬剤含有ナノパーティクルの腫瘍細胞内導入 , 基盤研究(C)

科学研究費補助金(研究分担者)
2019 - 2021 , 筋拘縮型エーラス・ダンロス症候群の病態解明に基づくデルタマン硫酸の統合的理解 , 基盤研究(B)
2019 - 2021 , 筋拘縮型エーラス・ダンロス症候群の病態解明に基づくデルタマン硫酸の統合的理解 , 基盤研究(B)
2016 - 2019 , 早期発症側彎症のモデルD4ST1欠損型エーラスダンロス症候群の臨床的・基礎的検討(分担) , 若手研究(B)
2016 - 2019 , 早期発症側彎症のモデルD4ST1欠損型エーラスダンロス症候群の臨床的・基礎的検討(分担) , 若手研究(B)
2016 - 2018 , ブタ肝臓分解由来生理活性物質による脊髄損傷治療薬の開発 , 挑戦的萌芽研究
2016 - 2018 , ブタ肝臓分解由来生理活性物質による脊髄損傷治療薬の開発 , 挑戦的萌芽研究
2015 - 2018 , 椎間板加齢性変化の現象解明と抗サイトカイン治療の開発 , 基盤研究C
2015 - 2018 , 椎間板加齢性変化の現象解明と抗サイトカイン治療の開発 , 基盤研究C
2004 - 2007 , 前駆細胞からの軟骨分化誘導実験系での網羅的遺伝子発現解析と、その組織修復への応用 , 基盤研究B
2004 - 2007 , 前駆細胞からの軟骨分化誘導実験系での網羅的遺伝子発現解析と、その組織修復への応用 , 基盤研究B
2002 - 2005 , 骨形成タンパク(BMP)による骨修復能力を付加した新しい人工関節の開発 , 基盤研究B
2002 - 2005 , 骨形成タンパク(BMP)による骨修復能力を付加した新しい人工関節の開発 , 基盤研究B

その他公的資金
2018 - , 脊椎側弯症に対して十分な矯正率を実現する片側固定インストゥルメントの開発
2015 - , デルマタン4-O-硫酸基転移酵素-1欠損に基づくエーラスダンロス症候群の病態解明と治療法の開発
2014 - , カーボンナノチューブとPEEK材を複合する技術を活用した脊椎手術のための高機構インプラントの開発
2019 - 2020 , 脊椎側弯症に対して十分な矯正率を実現する片側固定インストゥルメントの開発
研究諸活動
学術論文査読件数
Spine
Journal of Orthopaedic Science
Neurosurgery
European Journal of Clinical Microbiology & Infectious Diseases
Journal of Spine Research
Journal of Back and Musculoskeletal Rehabilitation
Journal of Medical Case Reports
Journal of Pediatric Neuroradiology
PROS ONE
Asian Spine Journal
BMC Musculoskeletal Disorders
International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery
Yonsei Medical Journal