信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

福島 和夫  フクシマ カズオ

教員組織電話番号0263-37-2502
教育組織理学部FAX番号0263-37-2560
職名名誉教授メールアドレス
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1 信州大学理学部ホームページURL

更新日:2021/07/19

プロフィール

研究分野
地球化学(有機地球化学、環境化学)
現在の研究課題
生物起源有機化合物の環境中での変化(分解)過程に関する研究

特異的な有機化合物(バイオマーカー)を用いた湖沼等の環境変遷に関する研究

水中の微量高分子量有機物の捕集に関する研究

無機酸性湖・部分循環湖の堆積物に残される記録の特徴に関する研究

人為起源有機化合物(多環芳香族炭化水素)を用いた環境評価に関する研究

有機物の続成作用におけるイオウの役割に関する研究

腐植物質・ケロジェンの熱分解分析による組成および構造の解析
キーワード:腐植物質 , 脂質成分 , 熱分解 , 1976-1999
所属学会
所属学会
日本化学会
日本地球化学会
日本陸水学会
日本海洋学会
The Geochemical Society
American Chemical Society
学歴
出身大学院
1976 , 東京大学 , 理学研究科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1971 , 東京大学 , 理学部

取得学位
理学博士
受賞学術賞
2000 , 第2回有機地球科学研究会学術賞
研究職歴等
研究職歴
1995- , 信州大学 理学部 教授
1992- , 信州大学 理学部 助教授
1976-1992 , 東京都立大学 理学部 助手

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
書籍等出版物
Lake Kizaki,Limnology and Ecology of a Japanese Lake, Chap.7, Buckhuys, Leiden, 共著, Y. Saijo and H. Hayahsi eds., K. Fukushima,T. Hayashi and S. Tanaka, pp. 79-88, 10頁
2001


「信州の4億年」, 20頁
郷土出版社 1994


論文
北アルプス東麓河川水の水質特性と地質環境
陸水学雑誌,59:87-100 1998


湖沼堆積物中の環境指標有機化合物
月刊地球,19:504-509 1997


屈斜路湖堆積物における環境変動 Ⅱ
,11:33-38 1996


Long-chain anteiso compound series found in acidified freshwater lake sediments in Japan: Lake Tazawa-ko
GEOCHEMICAL JOURNAL,30(2):111-130 1996
Author:Fukushima, K; Mochizuki, M; Hayashi, H; Ishikawa, R; Uemura, H; Ogura, K; Tanaka, A


本邦酸性湖堆積物-猪苗代湖における有機地球化学的研究
,11:55-60 1996


Aliphatic compounds in the modern environments with particular reference to the implication of novel long-chain branched compounds encountered in acidic freshwater lake environments.,単著, Res. Org. Geochem., 16, pp.9-17 (2001)


Relationships between stream water chemistry and catchment geology for mountainous region in Nagano Prefecture, Japan., 共著,K. Fukushima, R. Nakajima他2名,Limnology, 1,pp.117-127 (2000),

教育活動実績

授業等
2011 , 前期 , 元素循環論
2011 , 前期 , 地球システム解析Ⅰ
留学生受入
2011 , 前期人数:1 , 後期人数:1