信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

田久 修  タキュウ オサム

教員組織学術研究院(工学系)電話番号
教育組織工学部 電子情報システム工学科FAX番号
職名准教授メールアドレス
住所〒380-8553 長野県長野市若里4-17-1ホームページURL

更新日:2021/05/14

プロフィール

研究分野
通信・ネットワーク工学
現在の研究課題
コグニティブ無線のためのインテリジェントMACレイヤ技術に関する研究開発
キーワード:コグニティブ無線 , 媒体アクセス制御 , インテリジェント化 , 2009-2011 , コグニティブ無線の実用化に向けたMACプロトコルの高度化検討
MIMOコグニティブ無線における送信アンテナ数を認知するための実験的検討
キーワード:コグニティブ無線 , MIMO , 2008-2011 , MIMO・コグニティブ無線通信システムにおいて並列送信数を識別する手法についての検討
並列送信数識別
キーワード:コグニティブ無線 , MIMO , 2008-2011
所属学会
所属学会
米国 電気電子学会
電子情報通信学会

所属学会役職担当
2013- , 電子情報通信学会 スマート無線研究会 , 幹事
2013- , 電子情報通信学会 信越支部委員 , 支部委員
2010- , 米国 電気電子学会 通信ソサイエティ , 国際会議 ICC TPC メンバー
2008- , 電子情報通信学会 ソサイエティ論文誌編集委員会 , 常任査読委員
2008- , 米国 電気電子学会 通信ソサイエティ , 国際会議 Globecom TPC メンバー
2014-2015 , 米国電気学会 通信ソサイエティ , 国際会議 IWSS 2015 conjunction with WCNC
2010-2013 , 電子情報通信学会 ソフトウェア無線研究会 , 幹事補佐
2009-2010 , 電子情報通信学会 ソフトウェア無線研究会 , 専門委員
学歴
出身大学院
2006 , 慶應義塾大学 , 理工学 , 開放環境科学
2003 , 慶應義塾大学 , 理工学 , 開放環境科学

出身学校・専攻等(大学院を除く)
2002 , 東京理科大学 , 理工学 , 電気工学科

取得学位
博士(工学) , 慶應義塾大学
受賞学術賞
2017 , Best Paper Awards
2013 , 活動功労賞
2011 , 活動功労賞
2011 , 無線通信システム研究会活動奨励賞
2010 , 学術奨励賞
2009 , 活動功労賞
2003 , 若手研究奨励賞
研究職歴等
研究職歴
2014- , 信州大学 学術研究院(工学系) 准教授 (改組)
2013-2014 , 信州大学 工学部准教授
2011-2013 , 信州大学 工学部 助教
2007-2011 , 東京理科大学 理工学部 嘱託助教
2006-2007 , 慶應義塾大学 特別研究助手

留学歴
2004-2005 , オーストラリア シドニー大学 訪問研究員

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
論文
Overloaded Wireless MIMO Switching for Information Exchanging through Untrusted Relay in Secure Wireless Communication
IEICE Transaction on Communications 2021(Mar. 30)
Author:Arata Takahashi, Osamu Takyu, Hiroshi Fujiwara, Takeo Fujii, Tomoaki Ohtsuki


Spatial Compression of Sensing Information for Exploiting the Vacant Frequency Resource using Radio Sensors
IEICE Transaction on Communications 2021(Mar. 30)
Author:Kenichiro Yamamoto, Osamu Takyu, Keiichiro Shirai, Yasushi Fuwa


OFDM方式における位相オフセットを活用した繰り返し送信方法
電子情報通信学会 和文論文誌(B) 2021(Feb. 15)
Author:嶋田大樹,笹森文仁,田久修,半田志郎


Optimal Construction of Access Rate to Superior Channel in Rendezvous Channel Based on Channel-Occupancy Ratio
IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES,E104A(1):243-252 2021(Jan.)
Author:Nishio, Yuki; Takyu, Osamu; Soya, Hayato; Shirai, Keiichiro; Ohta, Mai; Fujii, Takeo;


Packet-Level Index Modulation for LoRaWAN
IEEE ACCESS,9:12601-12610 2021
Author:Adachi, Koichi; Tsurumi, Kohei; Kaburaki, Aoto; Takyu, Osamu; Ohta, Mai; Fujii, Takeo;


無線センサーネットワークの端末・中継機における送信タイミング自律調停プロトコルの検討
電子情報通信学会論文誌 B,J103-B(7):247-257 2020(Jul. 01)
Author:不破 泰 増田 聖乃 アサノ デービッド 小松 満 二川 雅登 末廣 太貴 田久 修


Generalized Interference Detection Scheme in Heterogeneous Low Power Wide Area Networks
IEEE Sensors Letters,4(6) 2020(May 06)
Author:N. Aihara, K. Adachi, O. Takyu, M. Ohta, T. Fujii


Q-Learning Aided Resource Allocation and Environment Recognition in LoRaWAN With CSMA/CA
IEEE ACCESS,7:152126-152137 2019
Author:Aihara, Naoki; Adachi, Koichi; Takyu, Osamu; Ohta, Mai; Fujii, Takeo;


Adaptive Channel Assignment With Predictions of Sensor Results and Channel Occupancy Ratio in PhyC-SN
IEEE ACCESS,7:44645-44658 2019
Author:Takyu, Osamu; Shirai, Keiichiro; Fujii, Takeo; Ohta, Mai;


ID Insertion and Data Tracking with Frequency Offset for Physical Wireless Parameter Conversion Sensor Networks
SENSORS,19(4):- 2019
Author:Takyu, Osamu; Shirai, Keiichiro; Ohta, Mai; Fujii, Takeo;


Clustering Transmission Opportunity Length (CTOL) Model over Cognitive Radio Network
SENSORS,18(12):- 2018(Dec.)
Author:Mohamad, Mas Haslinda; Sali, Aduwati; Hashim, Fazirulhisyam; Nordin, Rosdiadee; Takyu, Osamu;


Fast Rendezvous Scheme with a Few Control Signals for Multi-Channel Cognitive Radio
IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS,E101B(7):1589-1601 2018(Jul.)
Author:Soya, Hayato; Takyu, Osamu; Shirai, Keiichiro; Ohta, Mai; Fujii, Takeo; Sasamori, Fumihito; Handa, Shiro;


コグニティブ無線における低複雑かつ高精度な占有率と遷移率測定法
電子情報通信学会和文論文誌B,J101-B(2):133-145 2018(Feb.)
Author:征矢隼人 ,田久修, 白井啓一郎, 太田真衣, 藤井威生, 笹森文仁, 半田志郎


Fusion Center Controlled MAC Protocol for Physical Wireless Parameter Conversion Sensor Networks (PHY-C SN)
IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS,E100B(7):1105-1114 2017(Jul.)
Author:Kakinuma, Koji; Ohta, Mai; Takyu, Osamu; Fujii, Takeo;


Optimal cluster head selection and rotation of cognitive wireless sensor networks for simultaneous data gathering and long life system
INTERNATIONAL JOURNAL OF DISTRIBUTED SENSOR NETWORKS,13(12):- 2017
Author:Takyu, Osamu; Fujii, Shohei; Akimoto, Youhei; Ohta, Mai; Fujii, Takeo; Sasamori, Fumihito; Handa, Shiro;


スター型無線センサネットワークにおける周波数共用に適したチャネル共通化手法
映像情報メディア学会誌,70(2):J69-73 2016(Jan. 25)
Author:木村 匠, 田久 修, 太田 真衣, 藤井 威生, 笹森 文仁, 半田 志郎
Keywords:センサネットワーク、チャネル共通化手法


A threshold decision method for MRC in QAM constellation rearrangement
IEICE Communications Express,5(7):236-241 2016
Author:Sasamori Fumihito; Sakamoto Naoki; Takyu Osamu; Handa Shiro;
Keywords:constellation rearrangement; threshold decision; maximal-ratio combining; repetition coding; OFDM;


Optimization of Learning Time for Learning-assisted Rendezvous Channel in Cognitive Radio System
IEICE Transaction on Communications,E98-B(2):pp.360-369 2015(Feb. 01)
Author:O. Takyu, T. Yamakita, T. Fujii, M. Ohta, F. Sasamori, S. Handa


Joint Resource Allocation with Interference Constraint for Cognitive Multi-Hop Wireless Networks
IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES,E98A(2):569-577 2015(Feb.)
Author:Kako, Shuta; Takyu, Osamu; Fujii, Takeo;


Precise BER Analysis of Repetition Coded OFDM Systems over Time- and Frequency-selective Rayleigh Fading Channels
IEICE Transaction on Communications,E98-B(1):pp.88-98 2015(Jan. 01)
Author:F. Sasamori, S. Asada, O. Takyu, S. Handa


Data Tracking and Effect of Frequency Offset to Simultaneous Collecting Method for Wireless Sensor Networks
INTERNATIONAL JOURNAL OF DISTRIBUTED SENSOR NETWORKS,:- 2015
Author:Myoenzono, Ryo; Takyu, Osamu; Shirai, Keiichiro; Fujii, Takeo; Ohta, Mai; Sasamori, Fumihito; Handa, Shiro;


Resource Block Assignment to Reduce Peak to Average Power Ratio in Multi-User OFDM
IEICE Transaction on Communications,E97-B(8):pp.1689-1700 2014(Aug.)
Author:O.Takyu, Y. Umeda, F. Sasamori, S. Handa,


コグニティブ無線システムのための時間変化に追従可能な高精度占有率測定法
映像メディア学会誌,68(5):pp.J213-216 2014(May)
Author:若尾 悠太,田久 修,藤井 威生,笹森 文仁,半田 志郎


Dynamic Spectrum Sharing for OFDMA-Based Multi-hop Cognitive Radio Networks with Priority
WIRELESS PERSONAL COMMUNICATIONS,74(3):1081-1097 2014(Feb.)
Author:Kako, Shuta; Fujii, Takeo; Takyu, Osamu


A High-Speed LED Driver That Sweeps Out the Remaining Carriers for Visible Light Communications
JOURNAL OF LIGHTWAVE TECHNOLOGY,32(2):239-249 2014(Jan. 15)
Author:Kishi, Toshiki; Tanaka, Hiroyuki; Umeda, Yohtaro; Takyu, Osamu


スロットベースのランダムアクセス型プライマリシステムと周波数共有するセカンダリシステムのキャリアセンス制御と干渉マージンの設計
電子情報通信学会和文論文誌B,J96-B(7):pp.729-741 2013(Jul.)
Author:堀江駿太,田久 修,藤井威生,楳田洋太郎


Adaptive Iterative Decoding of Finite-Length Differentially Encoded LDPC Coded Systems with Multiple-Symbol Differential Detection
IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS,E96B(3):847-858 2013(Mar.)
Author:Yu, Yang; Handa, Shiro; Sasamori, Fumihito; Takyu, Osamu


TCP性能向上のためのマルチホップコグニティブネットワーク向けMACプロトコルの提案
電子情報通信学会和文論文誌B,J96-B(3):pp.356-365 2013(Mar.)
Author:木村 孝政, 藤井 威生,田久 修


CDMA変調された信号に対する変調方式識別法
電子情報通信学会和文論文誌B,J95-B(2):pp.309-316 2012(Feb. 01)
Author:杉本 成正 田久 修 楳田 洋太郎


An Autonomous Selective Cooperative ARQ Protocol for Hybrid Mobile Wireless Sensor Networks
Journal of Communications,6(2):pp.157-167 2011(Apr.)
Author:N. LYNN, O. TAKYU, K. ADACHI, T. OHTSUKI, M. NAKAGAWA


MAC Layer Importance for Multimedia Services in Future Cognitive Radio World
IEEE COMSOC MMTC E-Letter,6(3):pp.54-57 2011(Mar.)
Author:T. Fujii and O. Takyu


Phase Rotation for Constructing Uniform Frequency Spectrum in IFDMA Communication
IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES,E93A(12):2672-2681 2010(Dec.)
Author:Yamasaki, Takeo; Takyu, Osamu; Adachi, Koichi; Umeda, Yohtaro; Nakagawa, Masao


Frequency Rotation for Suppressing Multipath Interference and Achieving Large Frequency Diversity in Uplink IFDMA
IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS,E93B(5):1284-1288 2010(May)
Author:Takyu, Osamu; Umeda, Yohtaro; Nakagawa, Masao


Scattered Pilot Assisted Channel Estimation for IFDMA Uplink
IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS,E92B(12):3803-3814 2009(Dec.)
Author:Yamasaki, Takeo; Takyu, Osamu; Umeda, Yohtaro


Frequency spectrum rotation in Interleaved Frequency Division Multiplexing
IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS,E91B(7):2357-2365 2008(Jul.)
Author:Takyu, Osamu; Nakagawa, Masao


Relay method of sending soft decision symbol based on the result of error detecting code in cooperative communication
IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES,E90A(11):2404-2412 2007(Nov.)
Author:Fukuyama, Yuki; Takyu, Osamu; Adachi, Koichi; Nakagawa, Masao


Evaluation of asymmetric TDD systems employing AMC and HARQ by considering MCS selection errors
IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES,E89A(11):3138-3147 2006(Nov.)
Author:Lynn, Nandar; Takyu, Osamu; Esmailzadeh, Riaz; Nakagawa, Masao


Companding system based on time clustering for reducing peak power of OFDM symbol in wireless communications
IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES,E89A(7):1884-1891 2006(Jul.)
Author:Takyu, Osamu; Ohtsuki, Tomoaki; Nakagawa, Masao


A sign selection method of orthogonal variable spreading factor code for peak power reduction in multi-rate OFCDM systems
IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS,E89B(4):1333-1345 2006(Apr.)
Author:Takyu, O; Ohtsuki, T; Nakagawa, M;


Criterion for reducing error rate degradation by nonlinear amplifier for multicarrier transmission
IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS,E88B(7):3057-3061 2005(Jul.)
Author:Takyu, O; Ohtsuki, T; Nakagawa, M;


Frequency offset compensation with MMSE-MUD for multi-carrier CDMA in quasi-synchronous uplink
IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS,E87B(6):1495-1504 2004(Jun.)
Author:Takyu, O; Ohtsuki, T; Nakagawa, M;

特許等知的財産
登録済特許
無線通信における端末識別方法及び端末識別装置
周波数同期補償方法
無線通信利用状況測定装置及び測定方法
送信装置,増幅回路及び送信方法
無線通信装置及び通信確立方法
研究費
共同研究
2020 - 2020 , 劣悪な環境(高ノイズ/低電力密度)における確実な無線通信能力確保の実現

受託研究
2020 - 2022 , 環境ダイナミクスを活用したフレキシブルLPWAの研究開発
2019 - 2020 , 異システム間の周波数共用技術の高度化に関する研究開発
2017 - 2019 , オーグメンテッドワイヤレス:拡張無線環境学習を利用した無線周波数共用技術の研究開発
2016 - 2016 , クラウドソーシングを用いた多次元環境認識による先進的無線ネットワークの研究開発
2013 - 2015 , 環境認知型超高効率無線センサネットワークの研究開発
2009 - 2011 , コグニティブ無線のためのインテリジェントMACレイヤ技術に関する研究開発

科学研究費補助金(研究代表者)
2021 - 2023 , 合成波形識別による高速環境適応型センサネットワーク , 基盤研究(B)
2017 - 2019 , 稠密無線センサネットワークのためのセンサ情報空間・無線物理空間相互情報パッシング , 基盤研究(B)
2016 - 2018 , 電波漏洩対策に有効なマッシブ電波センサアレイ , 挑戦的萌芽研究
2012 - 2014 , コグニティブ無線に適した学習型占有率測定法の最適設計 , 若手研究(B)
2008 - 2011 , MIMOコグニティブ無線における送信アンテナ数を認知するための実験的検討 , 若手研究(B)

奨学寄附金
2016 , 混信状態を活用した安全性と大容量化を両立する無線ネットワークの創出
2013 , 無線エージェントを利用した高スループット・低消費電力・自立分散無線システム

その他
2010 - 2010 , 高度化無線通信システムにおける増幅器の電力利用効率を考慮した送信制御法の検討
2009 - 2009 , Interleaved 周波数分割多元接続におけるデータ信号を利用した周波数オフセット推定法
研究諸活動
学術専門雑誌等編集
2020-2021 , 電子情報通信学会 英文論文誌B 特集号「Dynamic Spectrum Sharing for Future Wireless Systems」
2017-2021 , 電子情報通信学会 英文論文誌B 編集委員
2017-2021 , 電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン 編集委員
2015-2015 , 電子情報通信学会 英文論文誌B 特集号「5G Radio Access Networks―Part II: Multi-RAT Heterogeneous Networks and Smart Radio Technologies」Secretary
2012-2013 , 電子情報通信学会 英文論文誌B 特集号「Heterogeneous Networksfor Future Cellular Systems」

学術論文査読件数
2008-2011 , 電子情報通信学会 ソサイエティ誌

教育活動実績

授業等
2016 , 前期 , 基礎数学
2016 , 前期 , アルゴリズム概論

社会活動実績

社会活動等
その他社会活動
20090901 - 20090901 , コグニティブ無線技術と低消費電力化変復調方式(無線通信資源の高効率運用に向けて) , 依頼講演 , 講師