信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

中村 謙太  ナカムラ ケンタ

教員組織学術研究院(医学系)電話番号
教育組織医学部 医学科 皮膚科学FAX番号
職名助教メールアドレスkenta1983@shinshu-u.ac.jp
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURL

プロフィール

研究分野
皮膚科
所属学会
所属学会
日本皮膚科学会、日本免疫学会、日本臨床免疫学会、日本アレルギー学会、日本皮膚アレルギー学会、日本癌学会、日本皮膚悪性腫瘍学会、日本研究皮膚科学会、日本がん免疫学会
学歴
出身大学院
2017 , 信州大学

取得学位
医学博士 , 信州大学
研究職歴等
研究職歴
2018- , 助教

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
論文
CCL5 production by fibroblasts through a local renin-angiotensin system in malignant melanoma affects tumor immune responses
J Cancer Res Clin Oncol .,147(7):1993-2001 2021(Jul.)
Author:Kenta Nakamura , Yukiko Kiniwa , Ryuhei Okuyama


Involvement of local renin-angiotensin system in immunosuppression of tumor microenvironment.
2018(Jan. 12)
Author:Kenta Nakamura Tomonori Yaguchi Gaku Ohmura Asuka Kobayashi Naoshi Kawamura Takashi Iwata Yukiko Kiniwa Ryuhei Okuyama Yutaka Kawakami


講演・口頭発表等
ケモカインによる抗PD-1抗体療法の治療効果予測
第36回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 2021(Jan. 08)
Presenter:中村 謙太、芦田 敦子、木庭 幸子、奥山 隆平


悪性黒色腫の局所性レニン-アンジオテンシン系を介した線維芽細胞の腫瘍免疫応答解析
2019(Nov. 16)
Presenter:中村 謙太、芦田 敦子、木庭 幸子、奥山 隆平


Chemokine-based prediction of the therapeutic efficacy of anti-PD-1 antibody therapy for malignant melanoma
2019(Jun. 10)
Presenter:Nakamura Kenta,Ashida Atsuko, Kiniwa Yukiko, Okuyama Ryuhei


ケモカインによる抗PD-1抗体療法の治療効果予測
2019(May 24)
Presenter:中村 謙太、芦田 敦子、木庭 幸子、奥山 隆平


ケモカインによる悪性黒色腫の抗PD-1抗体療法の治療効果予測
2018(Nov. 09)
Presenter:中村謙太, 芦田敦子, 木庭 幸子, 奥山 隆平


免疫チェックポイント阻害薬を中止後に、ダカルバジンを使用したメラノーマの3例
2018(Jul. 06)
Presenter:中村謙太, 諏訪 学, 白井 拓史, 面高 俊和, 佐野 佑, 御子柴 育朋, 佐藤 勇樹, 三宅 知美, 木庭 幸子, 奥山 隆平