信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

矢澤 健二郎  ヤザワ ケンジロウ

教員組織学術研究院(繊維学系)電話番号0268-21-5353
教育組織繊維学部 応用生物科学科FAX番号
職名助教(テニュア・トラック)メールアドレスkenjiro_yazawa@shinshu-u.ac.jp
住所〒386-8567 長野県上田市常田3-15-1ホームページURL

プロフィール

兼担研究科・学部
先鋭領域融合研究群 国際ファイバー工学研究拠点
研究分野
生体関連化学
キーワード:カイコ糸 , クモ糸
現在の研究課題
生体内でのシルクの紡糸の仕組み
キーワード:シルク , 紡糸 , クモ , カイコ
人工シルクの合成
キーワード:人工シルク , 酵素重合 , ポリアラニン
所属学会
所属学会
日本シルク学会
高分子学会
繊維学会
日本野蚕学会
日本蚕糸学会
学歴
出身大学院
2013 , 東京工業大学

出身学校・専攻等(大学院を除く)
2008 , 東京工業大学

取得学位
博士(工学) , 東京工業大学
受賞学術賞
2012 , International Symposium on Advanced Biological Engineering, Best Poster Award
2012 , 東京工業大学GCOE成果発表会, 最優秀研究科長賞
2010 , 日本化学会, 春季年会, 学生講演賞
研究職歴等
研究職歴
2018- , 信州大学 繊維学部(テニュア・トラック助教)
2014-2018 , 理化学研究所(特別研究員)
2013-2014 , 山形大学 大学院 理工学研究科(プロジェクト研究員)
2013-2013 , 山形大学 大学院 理工学研究科(研究支援者)

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
論文
Forcibly spun dragline silk fibers from web-building spider Trichonephila clavata ensure robustness irrespective of spinning speed and humidity
International Journal of Biological Macromolecules,168:550-557 2021(Jan.)
Author:Kenjiro Yazawa and Umi Sasaki


Pressure- and humidity-induced structural transition of silk fibroin
Polymer,211:123082 2020(Oct.)
Author:Kenjiro Yazawa and Kosuke Hidaka


Simultaneous effect of strain rate and humidity on the structure and mechanical behavior of spider silk
Communications Materials,1:10 2020(Mar.)
Author:Kenjiro Yazawa, Ali Malay, Hiroyasu Masunaga, Yusoff Norma-Rashid, and Keiji Numata


Entropy-driven mechanisms between disulfide-bond formation protein A (DsbA) and B (DsbB) in Escherichia coli
ACS Omega,4(5):8341-8349 2019(May)
Author:Kenjiro Yazawa and Hiroyuki Furusawa


Role of skin layers on mechanical properties and supercontraction of spider dragline silk fiber
Macromolecular Bioscience,18(9):1800220 2018(Sep.)
Author:Kenjiro Yazawa, Ali D. Malay, Hiroyasu Masunaga, and Keiji Numata


Combination of amorphous silk fiber spinning and postspinning crystallization for tough regenerated silk fibers
Biomacromolecules,19(6):2227-2237 2018(Apr.)
Author:Kenjiro Yazawa, Ali D. Malay, Nao Ifuku, Takaoki Ishii, Hiroyasu Masunaga, and Keiji Numata


Probing multiple binding modes of DNA hybridization: A comparison between single-molecule observations and ensemble measurements
ACS Omega,3(2):2084-2092 2018(Feb.)
Author:Kenjiro Yazawa and Hiroyuki Furusawa


Chemoenzymatic synthesis of a peptide containing nylon monomer units for thermally processable peptide material application.
Polymer Chemistry,8(29):4172-4176 2017(May)
Author:Kenjiro Yazawa, Joan Gimenez-Dejoz, Hiroyasu Masunaga, Takaaki Hikima, and Keiji Numata


Papain-catalyzed synthesis of polyglutamate containing a nylon monomer unit
Polymers,8(5):194-206 2016(May)
Author:Kenjiro Yazawa and Keiji Numata


Derivatization of proteinase K with heavy atoms enhances its thermal stability.
ACS Catalysis,6(5):3036-3046 2016(Apr.)
Author:Kenjiro Yazawa, Michihiro Sugahara, Katsuhide Yutani, Michiyo Takehira, and Keiji Numata


Influence of water content on the β-sheet formation, thermal stability, water removal, and mechanical properties of silk materials.
Biomacromolecules,17(3):1057-1066 2016(Feb.)
Author:Kenjiro Yazawa, Kana Ishida, Hiroyasu Masunaga, Takaaki Hikima, Keiji Numata


Recent advances in chemoenzymatic peptide syntheses
Molecules,19(9):13755-13774 2014(Sep.)
Author:Kenjiro Yazawa and Keiji Numata


Real-time monitoring of intermediates reveals the reaction pathway in the thiol-disulfide exchange between disulfide bond formation protein A (DsbA) and B (DsbB) on a membrane-immobilized quartz-crystal microbalance (QCM) System
Journal of Biological Chemistr,288(50):35969-35981 2013(Dec.)
Author:Kenjiro Yazawa, Hiroyuki Furusawa, and Yoshio Okahata


Mechanism of thiol–disulfide exchange reactions between DsbA and DsbB over a wide pH range
Chemistry Letters,42(3):241-243 2013(Feb.)
Author:Kenjiro Yazawa, Hiroyuki Furusawa, and Yoshio Okahata

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2021 - 2023 , 未利用絹に含まれるフィブロインH鎖を用いた高強度な再生絹糸の創製 , 基盤研究(C)
2018 - 2020 , 熱成形可能な人工クモ糸シルクの合成 , 若手研究
2014 - 2015 , DNA修復酵素による傷害部位の効率的な認識機構の解明 , 若手研究(B)

奨学寄附金
2020 , ホクト生物科学振興財団 研究奨励金 融点を有する人工クモ糸シルクの創成

教育活動実績

授業等
2020 , 前期 , バイオファイバー科学
2020 , 前期 , 繊維高分子化学
2020 , 前期 , タンパク質工学
2020 , 前期 , 応用生物科学科 新入生ゼミナール
2020 , 前期 , 生物繊維資源学
2020 , 後期 , 繊維状蛋白質特論
2020 , 後期 , 応用生物科学実験III
2020 , 通年 , 卒業研究
2020 , 通年 , 論文購読・プレゼンテーション演習
2019 , 前期 , バイオファイバー科学
2019 , 前期 , 繊維高分子化学
2019 , 前期 , タンパク質工学
2019 , 前期 , 応用生物科学科 新入生ゼミナール
2019 , 前期 , 化学基礎実験I
2019 , 後期 , 繊維状蛋白質特論
2019 , 後期 , 応用生物科学実験III
2019 , 通年 , 卒業研究
2019 , 通年 , 論文購読・プレゼンテーション演習
2018 , 前期 , 応用生物科学科 新入生ゼミナール
2018 , 後期 , 応用生物科学実験III