信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

木村 文一  キムラ フミカズ

教員組織学術研究院(保健学系)電話番号
教育組織医学部 保健学科 病因・病態検査学FAX番号
職名講師メールアドレス
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURL

プロフィール

研究分野
細胞増殖因子関連タンパク
画像解析
細胞診断学
現在の研究課題
細胞標本を用いた画像解析
キーワード:texture , analysis , cytology
所属学会
所属学会
日本臨床細胞学会
日本病理学会
多摩細胞診研究会
日本臨床衛生検査技師会
長野県臨床細胞学会
The International Academy of Cytology
日本デジタルパソロジー研究会
日本臨床検査学教育学会

所属学会役職担当
2015- , 日本臨床検査学教育学会 , 評議員
日本臨床細胞学会 , 評議員
多摩細胞診研究会 , 幹事
長野県臨床細胞学会 , 幹事
学歴
出身大学院
2002 , 北里大学

出身学校・専攻等(大学院を除く)
2000 , 放送大学

取得学位
医学博士 , 北里大学 大学院 医療系研究科
医科学修士 , 北里大学
保健衛生学士 , 大学評価・学位授与機構
教養学士 , 放送大学

免許・資格等
200808 , 特定化学物質・四アルキル鉛等作業主任者
199804 , CMIAC
198902 , 国際細胞検査士
198702 , 細胞検査士
198406 , 臨床検査技師
受賞学術賞
2019 , 54回小嶋三郎記念技術賞(本人) , DNA複製因子の発現とテクスチャ特徴量を用いた機械学習機による判別分析に関する研究
2018 , 優秀演題賞受賞(研究責任者として) , Lobular endocervical glandular hyperplasiaの細胞像の数理的解析における濃度共起行列の条件(検討・量子化)検討
2017 , ポスター優秀演題賞(本人) , 悪性中皮腫における客観的数量化技術開発および機械学習機による判別分析研究.
2017 , ポスター優秀演題賞(研究責任者として) , 濃度共起行列を用いた子宮頸部胃型腺系病変における細胞診断応用
2013 , 優秀ポスター賞(共同研究者として) , Automatic segmentation of hepatocellular structure from HE-stained liver tissue.
2001 , プレナリー・セッション(本人) , 子宮体部類内膜腺癌におけるPTENタンパク発現の検討

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
書籍等出版物
臨床検査技師模擬試験(全国統一模試)
医歯薬出版 2021(Aug. 31)
Author:木村文一


ポケットマスター 臨床検査知識の整理 病理学/病理組織細胞学, p1-172
医歯薬出版. 2021(Jun. 25)
Author:福留信幸、木村文一、大河戸光章 責任編集.


臨床検査技師校内模擬試験問題選定・作成 病理組織細胞学, 午前p19-23, 午後 p18-22,
医歯薬出版 2020(Aug. 31)
Author:木村文一


ポケットマスター 臨床検査知識の整理 病理学/病理組織細胞学, p1-172
医歯薬出版 2020(Mar. 25)
Author:新臨床検査技師教育研究会編. 福留信幸、木村文一、大河戸光章 責任編集


臨床検査技師校内模擬試験問題選定・作成 病理組織細胞学, 午前p18-22, 午後 p19-23
医歯薬出版 2019(Aug. 31)
Author:木村文一


臨床検査技師校内模擬試験問題選定・作成 病理組織細胞学, 午前p18-23, 午後 p18-23
医歯薬出版 2018(Aug. 31)
Author:木村文一


生体試料の保存管理, 実験者/試験検査員の誤ったデータの取扱い・試験誤操作防止策 , 262-269
2014
Author:木村文一,渡邉純


ホルマリン等の薬品の保存管理,暴露対策, 実験者/試験検査員の誤ったデータの取扱い・試験誤操作防止策 , 201-106
2014
Author:木村文一,渡邉純


論文
ルールベースのAI技術による病理・細胞診検査における細胞判別への応用.
臨床病理.,69(5):353-361 2021
Author:木村文一, 大島 健吾, 石井 恵子, 山口雅浩, 長橋浩.


Dye Amount Estimation in a Papanicolaou-stained specimen using Multispectral Imaging.
Color & Imaging Conference, Color Science and Engineering Systems, Technologies, and Applications,(29):179-183 2021
Author:30. Takeyama S, Watanabe T, Yamaguchi M, Urata T, Kimura F and Ishii K.


Automatic quality evaluation of whole slide images for the practical use of whole slide imaging scanner.
ITE Trans. on MTA,8(4):252-268 2020


Lobular endocervical glandular hyperplasia の細胞像の数理的解析における濃度共起行列の条件(距離・量子化)検討.
臨床検査学教育,11:105-106 2019
Author:金井崚, 木村文一(corresponding author), 小林幸弘, 石井恵子, 太田浩良.


Lobular endocervical glandular hyperplasiaならびにその関連病変のDNA複製タンパクに対する免疫組織化学的解析および工学的画像解析
長野県臨床細胞学会誌,33:28 2019
Author:金井崚, 大島 健吾, 小林 幸弘, 石井 恵子, 木村 文一 (Corresponding author).


Image quantification technology of the heterochromatin and euchromatin region for differential diagnosis in the lobular endocervical glandular hyperplasia.
Diagn Cytopathol,553-563:553-563 2019
Author:3. Kimura F, Kobayashi T, Kanai R, Kobayashi Y, Ohtani Y, Ota H, Yamaguchi M, Yokokawa Y, Uehara T, Ishii K.


Analysis of Quantitative Phase Obtained by Digital Holography on H&E Stained Pathological Samples.
Artificial Life and Robotics,24:38-43 2018
Author:Norazman SH. Nakamura T, Kimura F, Yamaguchi M.


Detection of Ki67 expression by analyzing texture of HE-stained Images: the effectiveness of signal intensity and co-occurrence matrix features.
Anal. Quant. Cytol. Histol.,40(1):9-19. 2018
Author:Kimura F, Ishikawa M, Ahi ST, Atpelage C, Murakami Y, Watanabe J, Nagahashi H, Yamaguchi M.


Focal-stack Analysis for WSI-based Digital Cytopathology.
ICO-24,:Tu2F-03 2017
Author:Nakamura T, Kimura F, Kobayashi Y, Asaka S, Uehara T, and Yamaguchi M.


Application on the classification of hepatocellular carcinoma cells in high-magnification histopathological images.
J Cytol Histol. ,S3:006 2015
Author:Boonsiri O, Atupelage C, Nagahashi H, Aoki K, Kimura F, and Yamaguchi M.


Significance of Cytological Findings of Neuroblastomas: Rosette Arrangement and Neuropil Structure.
J Cytol Histol,6(5):357 2015
Author:Fukudome N, Kimura F (corresponding author), Arita S, Atupelage C, Mizuguchi K.


Enhancing Automatic Classification of Hepatocellular Carcinoma Images through Image Masking, Tissue Changes, and Trabecular Features.
J pathol Inform,6:26 2015
Author:Aziz MA, Kanazawa H, Murakami Y, Kimura F, Yamaguchi M, Kiyuna T, Yamashita Y, Saito A, Ishikawa M, Kobayashi N, Abe T, Hashiguchi A, and Sakamoto M.


Segmentation of sinusoids in hematoxylin and eosin stained liver specimens using an orientation-selective filter.
Open Journal of Medical Imaging.,3:144-155 2014
Author:Ishikawa M, Ahi ST, Kimura F, Yamaguchi M, Nagahashi H, Hashiguti A, Sakamoto M.


Computational HCC tumor grading based on cell nuclei classification.
J Med Imaging,1:34501-1-34501-13 2014
Author:Atupelage C, Nagahashi H, Kimura F, Yamaguchi M, Abe T, Hashiguchi A, Sakamoto M.


Significance of multispectral band for classification of cancer cells in hepatocellurar carcinoma from histopahological images using gabor descriptor.
IEVC,:7-10 2014
Author:Boonsiri1 O, Atupelage C, Nagahashi H, Aoki K, Kimura F, and Yamaguchi M.


Automatic segmentation of hepatocellular structure from HE-stained liver tissue.
SPIE,8676:867611-1-867611-7 2013
Author:Ishikawa M, Ahi ST, Murakami Y, Kimura F, Yamaguchi M, Abe T, Hashiguchi A, Sakamoto M.


Multifractal computation for nuclear classification and hepatocellular carcinoma grading. proceeding.
BioMed,:415-420 2013
Author:Atupelage C, Nagahashi H, Yamaguchi M, Kimura F, Abe T, Hashiguchi A, Sakamoto M.


Differential diagnosis of reactive mesothelial cells and Malignant Mesothelioma Using Cell Proliferation Markers, including Minichromosome Maintenance Protein 7, Geminin, Topoisomerase IIα and Ki-67.
Acta Cytlol. ,57:384-390 2013
Author:Kimura F, Okayasu I, Kakinuma H, Satoh Y, Kuwao S, Saegusa M, Watanabe J.


HE 染色肝病理組織標本における方位選択性フィルタを用いた類洞抽出法の提案.
,MI2011-138:337-342 2012
Author:石川 雅浩, Sercan Taha Ahi, 木村 文一, 山口雅浩 他


Color Correction in Whole Slide Digital Pathology.
J Imaging Sci Techn,:253-258 2012
Author:Murakami Y, Gunji H, Kimura F, Yamaguchi M, Yamashita Y, Saito A, Abe T, Sakamoto M, Bautista PA and Yagi Y.


体腔液中に出現した末梢型アミラーゼ産生性肺癌の1例
診断病理,27:131-134 2010
Author:河村淳平,木村文一,張替慎也,神楽岡治彦 他


手背側に生じたエクリン汗孔腫(eccrine poroma)の1例
形成外科,53:799-802 2010
Author:黒田正義,桑尾定仁,木村文一


病理組織標本のデジタルスライド画像における定量的特徴量の算出
Medical Imaging Technology,:1-4 2010
Author:福井 智也,山口 雅浩,村上 百合,木村 文一 他


Significance of Cell Proliferation Markers (Minichromosome Maintenance Protein 7, Topoisomerase IIα and Ki-67) in Cavital Fluid Cytology. – Can We Differentiate Reactive Mesothelial Cells from Malignant Cells? –
Diagn Cytopathol,38:161-167 2010
Author:Kimura F, Kawamura J, Watanabe J, KamoshidaS, Kawai K, Okayasu I, Kuwao S


膵管内乳頭粘液性腺腫(intraductal papillary-mucinous adenoma)における免疫組織学的粘液マーカーの意義
日臨細胞誌,48:144-145 2009
Author:河村淳平,木村文一,鴨志田伸吾,大村孝志 他


耳下腺リンパ上皮癌の1例
日臨細胞誌,48:296-300 2009
Author:宅見智晴,齋藤生朗,木村文一,古屋能孝 他


病理領域で取扱う手術材料のデジタル画像化と画像管理のコンピュータ化
臨床検査,50:1065-1070 2006
Author:木村文一,河村淳平,鴨志田伸吾,鈴木文子,他


電子カルテシステムを意識した病理関連画像のデジタル化および取り扱い
病理技術,69(1):8-10 2006
Author:河村淳平,木村文一,鴨志田伸吾,鈴木文子 他


一般病理医より見た乳ガンホルモンレセプター検査の諸問題
病理技術,69(2):69-72 2006
Author:桑尾定仁,木村文一,河村淳平,鈴木文子


Expression of chemoresistance- related proteins in α- fetoprotein-producing adenocarcinoma of the digestive organs.
Oncology Rep,16:721-727 2006
Author:Kamoshida S, Suzuki M, Sakurai Y, Ochiai M, Kimura F, Kuwao S, Sakamoto K, Sugimoto Y, Fukushima M and Tsutsumi Y.


ホルムアルデヒド吸着剤Smellget®の吸着特性に関する検討
病理技術,68(1):7-11 2005
Author:木村文一,河村淳平,鴨志田伸吾,鈴木文子, 他


外陰部に発生したAggressive angiomyxomaの1例
日臨細胞誌,44(1):25-29 2005
Author:河村淳平,木村文一,鴨志田伸吾,鈴木文子 他


拡大デジタル画像による消化管腫瘍の病理形態学的検討(第1報).
病理技術. ,67(1):7-10 2004
Author:木村文一,河村淳平,鴨志田伸吾,鈴木文子, 他


PTEN immunohistochemical expression is suppressed in G1 endometrioid adenocarcinomas of the uterine corpus.
J Cancer Res Clin Oncol.,130:161-168 2004
Author:Kimura F, Watanabe J, Hata H, Fujisawa T, Kamata Y, Nishimura Y, Jobo T, Kuramoto H.


前立腺原発神経内分泌癌の1例
日臨細胞誌,40:58-62 2001
Author:森 裕二,品川俊人,木村文一,鈴木文子 他


軟部悪性Rhabdoid 腫瘍の一例
日臨細胞誌,34:1172-1175 1995
Author:鈴木文子,森 裕二,神津悦子,木村文一, 他


講演・口頭発表等
ベルリンブルー染色標本を学習に利用したアスベスト小体の自動検出.
電子情報通信学会総合大会 2022(Mar. 15)
Presenter:張浩達, 山口雅浩, 武山彩織, 木村文一.


免疫組織化学画像を用いた類内膜癌の画像解析
2022(Jan. 27)
Presenter:平塚梨奈,木村文一,大島健吾,羽石秀昭.


Transformation from Hematoxylin-eosin Stain to Immunohistochemistry Stain Image with Color Unmixing and Deep Learning.
日本デジタルパソロジー研究会 2021(Sep. 25)
Presenter:49. Cunyuan Ji, Masahiro Yamaguchi, Kengo Oshima, Fumikazu Kimura, and Takeshi Uehara.


Gaussian filter set および機械学習機を用いたLobular endocervical glandular hyperplasia (LEGH)の判別分析.
2021(Sep. 25)
Presenter:浦田巧、石井恵子、山口雅浩、木村文一.


マルチスペクトル撮影を用いたパパニコロウ染色標本の色素量画像計測.
第35回関東臨床細胞学会学術集会. 2021(Sep. 25)
Presenter:51. 山口 雅浩、武山 彩織、渡辺 茂暁、木村 文一、浦田 巧、石井 恵子.


子宮体部類内膜癌におけるDNA複製タンパクの免疫組織化学的解析および工学的解析.
第15回日本臨床検査学教育学会学術集会. 2021(Aug. 18)
Presenter:浦田巧、大島健吾、石井恵子、木村文一.


病理・細胞診分野のAI導入の現状と課題.
第70回日本医学検査学会シンポジウム. 2021(May 15)
Presenter:木村文一


AI技術による病理・細胞診検査における細胞判別への応用.
第67回日本臨床検査医学会学術集会. 委員会企画 2020(Nov. 20)
Presenter:木村文一


工学的解析技術による悪性中皮腫の客観的診断指標構築
地域推薦演題 2020(Jun. 07)
Presenter:木村文一, 津田瑞希, 大島健吾, 山口雅浩, 村雲芳樹, 佐藤之俊


分葉状頸管腺過形成におけるgabor filterを用いた画像処理の影響とクロマチン評価
第61回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 2020(Jun. 07)
Presenter:大島健吾, 木村文一, 山口雅浩, 小林幸弘, 石井恵子


分葉状頸管腺過形成(LEGH)の細胞診断におけるgabor filter setの有用性
2019(Nov. 23)
Presenter:大島 健吾, 金井 崚 小林 幸弘, 太田 浩良, 石井 恵子, 木村 文一.


情報工学的解析技術の基礎と病理組織・細胞診断へのアプローチ
ワークショップ2. (招待講演) 2019(Sep. 19)
Presenter:木村文一、永田 毅


Lobular endocervical glandular hyperplasiaにおけるテクスチャ解析の有用性.
60回記念演題(長野県臨床細胞学会推薦演題) 2019(Jun. 08)
Presenter:木村文一、金井崚、大島健吾、小林幸弘、山口雅浩、石井恵子


Lobular endocervical glandular hyperplasiaならびにその関連病変のDNA複製タンパクに対する免疫組織化学的解析および工学的画像解析
2019(Mar. 10)
Presenter:金井 崚, 大島 健吾, 小林 幸弘, 石井 恵子,木村 文一.


病理画像解析によるアスべスト小体の自動検出.
2019(Jan. 26)
Presenter:大谷勇陽、中村友哉、木村文一、佐藤之俊、小林幸 弘、上原剛、山口雅浩


Lobular endocervical glandular hyperplasiaの細胞像の数理的解析における濃度共起行列の条件(検討・量子化)検討
2018(Aug. 18)
Presenter:金井崚, 木村文一, 小林幸弘, 石井恵子, 太田浩良.


Automated Asbestos Body Recognition by Pathology Image Analysis.
2018(Jun. 14)
Presenter:大谷勇陽,中村友哉, 木村文一, 小林幸弘, 上原剛, 山口雅浩.


病理画像解析によるアスベスト小体の自動検出
2018
Presenter:大谷勇陽,中村友哉, 木村文一, 小林幸弘, 上原剛, 山口雅浩.


画像解析の基本と数理病理学への応用.
第52回生体応答科学研究セミナー. 2018
Presenter:木村文一.


濃度共起行列を用いた子宮頸部胃型腺系病変における細胞診断応用.
2017
Presenter:金井崚、小林隆樹、小林幸弘、石井恵子、山口雅浩、木村文一.


体腔液細胞診標本中の卵巣癌細胞核における画像特徴量を用いた判別分析.
2017
Presenter:木村文一、中村海斗、石川雅浩、小林幸弘、上原 剛、山口雅浩.


悪性中皮腫における客観的数量化技術開発および機械学習機による判別分析研究.
2017
Presenter:木村文一、溝口貴弘、山口雅浩、村雲芳樹、太田浩良、佐藤之俊.


Lobular endocervical glandular hyperplasiaの核・細胞質における細胞診画像解析研究.
2017
Presenter:木村文一、小林隆樹、金井崚、小林幸弘、石井恵子、山口雅浩、浅野功治.


Digital Holography & Hepatocellular Carcinoma (HCC): Textural features on phase image.
OPJ conference 2016(Nov.)
Presenter:Syukran Hakim Norazman, Yamaguchi M and Kimura F


Lobular endocervical glandular hyperplasiaにおける画像数量化技術の細胞診断応用.
第65回日本医学検査学会 2016(Sep.)
Presenter:小林 隆樹、木村 文一、小林 幸弘、石井 恵子、上原 剛、太田 浩良.


画像解析における細胞診断学への今後の展開と可能性.
第24回信大臨床検査セミナー 2015(Sep.)
Presenter:木村文一


Application of digital holography on diagnosis of malignant lymphoma.
2015(Jun.)
Presenter:Syukran Hakim Bin Norazman, Kimura F and Yamaguchi M.


HE 染色画像におけるテクスチャ解析による Ki67 発現の証明の可能性.
第171回医用画像情報学会 2015(Feb.)
Presenter:木村文一, Atupelage Chamidu, 金沢宏, 石川雅浩, 村上百合, 長橋宏, 山口雅浩.


Pathology informatics:デジタル定量病理細胞診断学における画像解析の進展.
第55回日本臨床細胞学会総会 シンポジウム 2014(Jun.)
Presenter:木村文一,村上百合,山口雅浩.


MISC
病理組織標本上におけるグリコーゲンの証明法.
サクラファインテック・ジャパン標本道場 2017
Author:木村文一, 金井崚, 羽山正義.


臨床検査Q&A 乳腺固定のトピックス
Medical Technology,37:1290-1291 2009
Author:木村文一,河村淳平,傳田珠美,桑尾定仁.


細胞増殖マーカーの免疫細胞化学
,:1-4 2008
Author:木村文一,河村淳平,傳田珠美,桑尾定仁.


子宮内膜癌における癌抑制遺伝子PTENの意義
Medical Technology,30(8):88-889 2002
Author:木村文一,渡辺 純,蔵本博行.

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2016 - 2019 , 悪性中皮腫早期診断のための工学的解析手法を用いた細胞診検査新技術開発 , 挑戦的萌芽研究