信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

大谷 真紀  オオヤ マキ

教員組織学術研究院(医学系)電話番号
教育組織医学部 医学科 病理組織学FAX番号
職名助教メールアドレス
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURL

プロフィール

研究分野
人体病理学
所属学会
所属学会
日本臨床検査医学会
日本臨床細胞学会
日本病理学会
学歴
出身大学院
2018 , 信州大学

出身学校・専攻等(大学院を除く)
2006 , 信州大学 , 医学部 , 医学科

取得学位
博士 , 信州大学大学院
学士 , 信州大学

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
論文
大腸癌化学療法による薬物性急性脂肪肝が疑われた1例
肝臓,62(1):1-7 2021(Jan.)
Author:北村 宏 松村 任泰, 中川 幹, 松下 明正, 荒井 正幸, 小池 祥一郎, 大谷 真紀, 中澤 功


Histologic and Immunohistochemical Evaluation of Infiltrating Inflammatory Cells in Kawasaki Disease Arteritis Lesions
Appl Immunohistochem Mol Morphol.,29(1):62-67 2021(Jan.)
Author:Kobayashi M, Matsumoto Y, Ohya M, Harada K, Kanno H.


An anaplastic pleomorphic xanthoastrocytoma with periventricular extension: An autopsy case report and review of the literature
Neuropathology.,40(5):507-514 2020(Oct.)
Author:Matsumoto Y, Kobayashi M, Shingu K, Tateishi A, Ohya M, Sano K, Negishi T, Shigeto S, Kobayashi T, Hara Y, Kakizawa Y, Kanno H.


The ratio of CD163-positive macrophages to Iba1-positive macrophages is low in the intima in the early stage of cutaneous arteritis
Immunol Res.,68(3):152-160 2020(Jun.)
Author:Kobayashi M, Matsumoto Y, Satomi H, Tateishi A, Ohya M, Ito I, Kanno H.


Ultrastructure of CIC-DUX4 sarcoma: the first pathological report
Ultrastruct Pathol.,44(2):237-244 2020(Mar. 09)
Author:Tamada H, Kobayashi M, Sano K, Uehara T, Matsumoto Y, Tateishi A, Ohya M, Kito M, Aoki K, Kanno H.


Malignant peritoneal mesothelioma diagnosed 50 years post-radiotherapy for ovarian cancer in a patient with a history of multiple malignancies: An autopsy case
Mol Clin Oncol.,11(4):397-400 2019(Oct. 11)
Author:Ohya M, Kobayashi M, Suzuki T, Kanno H, Nakazawa K.


A fulminant case of classical Hodgkin lymphoma: A diagnostic dilemma of Epstein-Barr virus-positive large B-cell neoplasms.
Pathol Int.,69(7):407-413 2019(Jun. 18)
Author:Ichimata S, Kobayashi M, Ohya M, Otsuki T, Yanagisawa K, Tateishi K, Kato A, Matsuo A, Kanno H.


Lower number of 5-hydroxymethylcytosine-expressing cells in plasma cell myeloma than in reactive plasma cell hyperplasia: a useful immunohistochemical approach for identification of neoplastic plasma cells
Pathology,51(1):81-85 2019(Jan.)
Author:Ohya M, Nakazawa K, Kanno H.


剖検時中枢神経系に EBV 関連リンパ増殖性疾患の併発を認めた末梢性T細胞リンパ腫の1例.
信州医誌,66(4):257-262 2018(Aug. 10)
Author:小松 登、川上 史裕、磯部 玲、金子 直也、平林 幸生、伊藤 俊朗、中澤 英之、大谷 真紀、中澤 功、北野 喜良


Multiple primary chordomas of the lung.
Respiratory Medicine Case Reports,25(2018):142-144 2018(Aug.)
Author:Ohya M, Yoshida K, Shimojo H, Shiina T.


講演・口頭発表等
同時性に小腸Gastrointestinal Stromal Tumor(GIST)と膵Neuroendocrine Tumor(NET)を認めた1例
日本臨床外科学会雑誌 80 8 1560 2019(Aug.)
Presenter:小山 佳紀, 小出 直彦, 加賀谷 丈紘, 河西 秀, 下条 久志, 大谷 真紀


真性多血症による脾腫を伴った虫垂粘液嚢腫の1例
日本消化器病学会甲信越支部例会 27 2019(Jun.)
Presenter:小山 佳紀, 小出 直彦, 加賀谷 丈紘, 飯嶌 章博, 小林 惇一, 加賀谷 結華, 下条 久志, 大谷 真紀


術前に診断し腹腔鏡補助下胃部分切除を行った胃glomus腫瘍の1例
日本消化器病学会甲信越支部例会 72 2018(Nov.)
Presenter:加賀谷 丈紘, 小出 直彦, 小林 佳紀, 小林 惇一, 若林 俊一, 田中 友之, 加賀谷 結華, 飯嶌 章博, 下条 久志, 大谷 真紀


肝に発生した巨細胞腫様腫瘤の一例
日本病理学会会誌 107 1 373 2018(Apr.)
Presenter:下条 久志, 大谷 真紀, 久米田 茂喜, 菅野 祐幸


腸重積で発見された大腸癌の1例
日本臨床外科学会雑誌 78 11 2567 2017(Nov.)
Presenter:加賀谷 丈紘, 小出 直彦, 小山 佳紀, 河西 秀, 大谷 真紀


腎集合管癌の1例
泌尿器外科 30 3 370 2017(Mar.)
Presenter:井上 博夫, 小宮山 斎, 米山 威久, 中澤 功, 大谷 真紀


Hodgkinリンパ腫を合併した小リンパ球性リンパ腫(SLL)の1例
臨床血液 57 11 2416 2016(Nov.)
Presenter:川上 史裕, 磯部 玲, 金子 直也, 三村 優仁, 平林 幸生, 伊藤 俊朗, 大谷 真紀, 中澤 功, 北野 喜良


腎腫瘍と鑑別困難であった肉芽腫の1例
泌尿器外科 29 10 1609 2016(Oct.)
Presenter:小宮山 斎, 井上 博夫, 米山 威久, 中澤 功, 大谷 真紀


腫瘍内新生血管の定量化と遺伝子ビッグデータ解析 Glioblastomaの年齢依存的特徴
日本病理学会会誌 105 1 593 2016(Apr.)
Presenter:長谷川 航平, 山本 陽一朗, 一萬田 正二郎, 立石 文子, 大谷 真紀, 小林 実喜子, 下条 久志, 菅野 祐幸


多発性骨髄腫における5-hmCの免疫組織学的検討
日本病理学会会誌 105 1 555 2016(Apr.)
Presenter:大谷 真紀, 中澤 功, 菅野 祐幸