信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

安江 恒  ヤスエ コウ

教員組織学術研究院(農学系)電話番号
教育組織先鋭領域融合研究群 山岳科学研究拠点FAX番号
職名准教授メールアドレス
住所ホームページURLhttps://yasue88.wixsite.com/f-environ

更新日:2022/08/05

プロフィール

兼担研究科・学部
大学院総合理工学研究科
研究分野
森林科学
現在の研究課題
樹木の肥大成長に影響を及ぼす要因の解明

気候変動に伴う樹木成長・材質の変動予測

樹木年輪情報を用いた過去の環境変動の復元

所属学会
所属学会
IAWA(International Associaton of Wood Anatomist)
Tree-Ring Society
IUFRO
日本木材学会
日本林学会
学歴
出身大学院
1997 , 北海道大学 , 農学研究科
1994 , 北海道大学 , 農学研究科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1992 , 北海道大学 , 農学部 , 林産学科

取得学位
博士(農学) , 北海道大学
受賞学術賞
2022 , 第15回日本木材学会論文賞
2021 , 第14回日本木材学会論文賞
研究職歴等
研究職歴
2004- , 信州大学助教授
2000- , 信州大学 助手
1997-2000 , 科学技術振興事業団(農水省森林総合研究所勤務) 特別研究員

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
書籍等出版物
気温ー樹木年輪幅・密度 年輪内最大密度を用いた富山における夏期気温の復元, 中塚武,對馬あかね,佐野雅規編 気候変動から読み直す日本史2 古気候の復元と年代論の構築 , 97-110
2021(Jan. 30)
Author:安江 恒,下里瑞菜,平 英彰


年輪年代学, 日本木材学会編「木質の構造」 , 144-152
文永堂出版 2010
Author:安江 恒


Seasonal Changes in Stem Radial Growth of Larix gmelinii in Central Siberia in Relation to its Climatic Responses, Osawa, A. et al. (eds.) Permafrost ecosystems. Siberian larch forests. (Ecological studies 209) , 331-345
Springer 2008
Author:K. Yasue, J. Kujansuu, T. Kajimoto, Y. Nakai, T. Koike, A.P. Abaimov, and Y. Matsuura


気候変動が人工林に及ぼす影響を予測する, 森林総合研究所 第4期中長期計画成果36 , 12-15


論文
Effects of climate on the tree ring density and weight of Betula ermanii in a cool temperate forest in central Japan
TREES-STRUCTURE AND FUNCTION 2022(Jun.)
Author:Shen, Yudong; Takata, Katsuhiko; Kudo, Kayo; Muraoka, Hiroyuki; Saitoh, Taku M.; Hirano, Yu; Yasue, Koh;


Tree ring evidence of rapid development of drunken forest induced by permafrost warming
GLOBAL CHANGE BIOLOGY,28(12):3920-3928 2022(Jun.)
Author:Fujii, Kazumichi; Yasue, Koh; Matsuura, Yojiro;
Keywords:climate warming; cryoturbation; dendrochronology; gelisols; lignin; permafrost; thermokarst;


信州大学西駒ステーションにおける里山放棄林の林分構造
信州大学農学部AFC報告,20:11-19 2022(Mar. 31)
Author:奥田 百音, 小林 元, 森 健吾, 安江 恒, 大塚 大, 木下 渉, 野溝 幸雄, 酒井 敏信, 荒瀬 輝夫


冷温帯におけるスギの肥大成長と炭素収支,気候要素との関係
木材学会誌,67(3):117-128 2021
Author:平野 優,斎藤 琢,武津 英太郎,小林 元,村岡 裕由,沈 昱東,安江 恒


志賀高原に生育するオオシラビソ個体群の年輪幅および種子生産量と気候要素の関係
植生学会誌,38(1):119-129 2021
Author:石山琴子・安江 恒・井田秀行


Interpreting rockfall activity on an outcrop–talus slope system in the southern Japanese Alps using an integrated survey approach
Geomorphology,371 2020(Dec. 15)
Author:Fumitoshi Imaizumi, Daniel Trappmann, Norikazu Matsuoka, Juan Antonio, Ballesteros Cánovas, Koh Yasue, Markus Stoffel


Climate responses of ring widths and radial growth phenology of Betula ermanii, Fagus crenata and Quercus crispula in a cool temperate forest in central Japan
TREES-STRUCTURE AND FUNCTION,34(3):679-692 2020(Jun.)
Author:Shen, Yudong; Fukatsu, Eitaro; Muraoka, Hiroyuki; Saitoh, Taku M.; Hirano, Yu; Yasue, Koh;


中部地方の冷温帯広葉樹二次林におけるダケカンバパッチの林分構造
信州大学農学部AFC報告,18:49-56 2020(Mar. 31)
Author:長谷川 士門, 小林 元, 沈 昱東, 安江 恒, 清野 達之


Soil conditions required for reaction wood formation of drunken trees in a continuous permafrost region
ARCTIC ANTARCTIC AND ALPINE RESEARCH,52(1):47-59 2020
Author:Fujii, Kazumichi; Yasue, Koh; Matsuura, Yojiro; Osawa, Akira;


中部地方に生育するスギの年輪構造と気候要素との関係
木材学会誌,66(3):117-127 2020
Author:平野 優,斎藤 琢,武津英太郎,小林 元,村岡裕由,沈 昱東,安江 恒


年輪を用いた南アルプスにおける1774年以降の夏期気温の復元
地学雑誌,128(1):49-59 2019
Author:安江 恒;久保 典子;赤尾 実紀子;佐野 雅規;中塚 武
Keywords:年輪年代学;気候復元;年輪幅;年輪内最大密度;酸素同位体比


Formation of new networks of earlywood vessels in seedlings of the deciduous ring-porous hardwood Quercus serrata in springtime
TREES-STRUCTURE AND FUNCTION,32(3):725-734 2018(Jun.)
Author:Kudo, Kayo; Utsumi, Yasuhiro; Kuroda, Katsushi; Yamagishi, Yusuke; Nabeshima, Eri; Nakaba, Satoshi; Yasue, Koh; Takata, Katsuhiko; Funada, Ryo;


日本各地に生育するブナの肥大成長に影響する気候要素
木材学会誌,64(5):171-186 2018
Author:沈 昱東, 涌井幸子, 竹原優子, 星野安治, 内海泰弘, 鎌田直人, 野堀嘉裕, 市栄智明, 村岡裕由, 斎藤 琢, 平野 優, 安江 恒


信州大学西駒ステーション亜高山帯常緑針葉樹林における人為攪乱から50年後の林分構造
信州大学農学部AFC報告,15:1-9 2017(Mar. 27)
Author:小林 元; 吉村 太一; 見尾 優; 安江 恒; 野溝 幸雄; 木下 渉; 酒井 敏信; 白澤 紘明; 荒瀬 輝夫;
Keywords:ギャップ形成; 森林伐採; 二次林; 標高; 林分発達;


針葉樹4種,広葉樹5種における立木の含水率の季節変動
信州大学農学部AFC報告,15:21-26 2017(Mar. 27)
Author:前田 あやの; 安江 恒;
Keywords:含水率; 心材; 辺材; 針葉樹; 広葉樹;


Relationship between formation of earlywood vessels and leaf phenology in two ring-porous hardwoods, Quercus serrata and Robinia pseudoacacia, in early spring
JOURNAL OF WOOD SCIENCE,61(5):455-464 2015(Oct.)
Author:Kudo, Kayo; Yasue, Koh; Hosoo, Yoshihiro; Funada, Ryo;


Changes in radial growth of earlywood in Quercus crispula between 1970 and 2004 reflect climate change
TREES-STRUCTURE AND FUNCTION,29(4):1273-1281 2015(Aug.)
Author:Nabeshima, Eri; Kubo, Takuya; Yasue, Koh; Hiura, Tsutom; Funada, Ryo;


枝表面積測定を目的としたCCD スキャナーとLED ライトボックスを用いた小型円筒体の表面積測定の正確性の検討
信州大学農学部AFC報告,13:53-58 2015(Mar. 17)
Author:大山, 可将; 城田, 徹央; 安江, 恒; 岡野, 哲郎


枝表面積測定を目的としたCCDスキャナーとLEDライトボックスを用いた小型円筒体の表面積測定の正確性の検討
信州大学農学部AFC報告,(13):53-58 2015(Mar.)
Author:大山 可将; 城田 徹央; 安江 恒; 岡野 哲郎;
Keywords:サンプル; 正確度; 円筒サンプル; 直径; CCDスキャナー; 検討; 表面積測定; 方向; 置き方; 読み取り面;


モンゴル北部のカラマツ成熟林における劣勢木のアロメトリー特性
信州大学農学部AFC報告,(13):107-112 2015(Mar.)
Author:田邊 智子; 城田 徹央; 齋藤 大; 安江 恒; Baatarbileg N.;
Keywords:劣勢木; 健全木; 直径; モンゴル北部; アロメトリー特性; 長枝; 関係; 短枝; 同化器官;


ラウンドテーブル FDの実践的課題解決のための重層的アプローチ : カリキュラム改革のケーススタディ
大学教育学会誌 = Journal of the Liberal and General Education Society of Japan,36(2):82-85 2014(Nov.)
Author:佐藤 浩章; 高尾 秀伸; 安江 恒;
Keywords:FD; カリキュラム; ケーススタディ; ミドルレベルのFD; FD担当者;


The effects of localized heating and disbudding on cambial reactivation and formation of earlywood vessels in seedlings of the deciduous ring-porous hardwood, Quercus serrata
ANNALS OF BOTANY,113(6):1021-1027 2014(May)
Author:Kudo, Kayo; Nabeshima, Eri; Begum, Shahanara; Yamagishi, Yusuke; Nakaba, Satoshi; Oribe, Yuichiro; Yasue, Koh; Funada, Ryo;


Estimation of Growth Rates Based on Tree-ring Analysis of Cryptomeria japonica on Yakushima Island, Japan
Journal of Forest Planning,19(1):1-7 2014(Mar.)
Author:Shizu Itaka, Shigejiro Yoshida, Nobuya Mizoue, Tetsuji Ota, Atsushi Takashima, Tsuyoshi Kajisa, Koh Yasue


Continental-scale temperature variability during the past two millennia
NATURE GEOSCIENCE,6(5):339-346 2013(May)
Author:Ahmed, Moinuddin; Anchukaitis, Kevin J.; Asrat, Asfawossen; Borgaonkar, Hemant P.; Braida, Martina; Buckley, Brendan M.; Buntgen, Ulf; Chase, Brian M.; Christie, Duncan A.; Cook, Edward R.; Curran, Mark A. J.; Diaz, Henry F.; Esper, Jan; Fan, Ze-Xin; Gaire, Narayan P.; Ge, Quansheng; Gergis, Joelle; Gonzalez-Rouco, J. Fidel; Goosse, Hugues; Grab, Stefan W.; Graham, Nicholas; Graham, Rochelle; Grosjean, Martin; Hanhijarvi, Sami T.; Kaufman, Darrell S.; Kiefer, Thorsten; Kimura, Katsuhiko; Korhola, Atte A.; Krusic, Paul J.; Lara, Antonio; Lezine, Anne-Marie; Ljungqvist, Fredrik C.; Lorrey, Andrew M.; Luterbacher, Jurg; Masson-Delmotte, Valerie; McCarroll, Danny; McConnell, Joseph R.; McKay, Nicholas P.; Morales, Mariano S.; Moy, Andrew D.; Mulvaney, Robert; Mundo, Ignacio A.; Nakatsuka, Takeshi; Nash, David J.; Neukom, Raphael; Nicholson, Sharon E.; Oerter, Hans; Palmer, Jonathan G.; Phipps, Steven J.; Prieto, Maria R.; Rivera, Andres; Sano, Masaki; Severi, Mirko; Shanahan, Timothy M.; Shao, Xuemei; Shi, Feng; Sigl, Michael; Smerdon, Jason E.; Solomina, Olga N.; Steig, Eric J.; Stenni, Barbara; Thamban, Meloth; Trouet, Valerie; Turney, Chris S. M.; Umer, Mohammed; van Ommen, Tas; Verschuren, Dirk; Viau, Andre E.; Villalba, Ricardo; Vinther, Bo M.; von Gunten, Lucien; Wagner, Sebastian; Wahl, Eugene R.; Wanner, Heinz; Werner, Johannes P.; White, James W. C.; Yasue, Koh; Zorita, Eduardo; PAGES 2k Consortium;


106年生カラマツ造林木における仮道管S2層ミクロフィブリル傾角の年輪内及び樹幹内半径方向変動
木材学会誌,59(3):121-127 2013(Mar.)
Author:Takimoto, H; Yasue, K; Tokumoto, M; Takeda, T; Nakano, T


Radial variations in the anatomical characteristics and density of the wood of Acacia mangium of five different provenances in Indonesia
JOURNAL OF WOOD SCIENCE,58(3):185-194 2012(Jun.)
Author:Nugroho, Widyanto Dwi; Marsoem, Sri Nugroho; Yasue, Koh; Fujiwara, Takeshi; Nakajima, Toshiko; Hayakawa, Masanori; Nakaba, Satoshi; Yamagishi, Yusuke; Jin, Hyun-O; Kubo, Takafumi; Funada, Ryo;


年輪から読む樹木・森林・環境のうごき-樹木年輪年代学の応用-
森林科学,(65):54-59 2012(Mar.)
Author:安江 恒


Responses to climate by tree-ring widths and maximum latewood densities of two Abies species at upper and lower altitudinal distribution limits in central Japan
TREES-STRUCTURE AND FUNCTION,25(4):745-753 2011(Aug.)
Author:Takahashi, Koichi; Okuhara, Isao; Tokumitsu, Yohei; Yasue, Koh;


Six-year monitoring of pine ectomycorrhizal biomass under a temperate monsoon climate indicates significant annual fluctuations in relation to climatic factors
ECOLOGICAL RESEARCH,26(2):411-419 2011(Mar.)
Author:Okada, Keiichi; Okada, Sachiko; Yasue, Koh; Fukuda, Masaki; Yamada, Akiyoshi;


Difference of pine ectomycorrhizal biomass in relation to forest conditions
MYCOSCIENCE,52(1):59-64 2011(Jan.)
Author:Okada, Keiichi; Satomura, Takami; Kinoshita, Akihiko; Horikoshi, Takao; Yasue, Koh; Fukuda, Masaki; Yamada, Akiyoshi;


浅間山カラマツ植物群落保護林の成長履歴および材質特性
信州大農学部AFC報告,10:39-44 2011
Author:安江恒,祇園紘一郎,小林元,小野裕,井上裕,岡田充弘,植木達人


日本最古のカラマツ人工林における応力波伝播速度測定による生立木の腐朽診断
樹木医学研究,14(3):92-96 2010(Jul. 31)
Author:小林 元; 岡田 充弘; 小野 裕; 安江 恒; 井上 裕; 植木 達人;
Keywords:樹幹腐朽; 心材腐朽; 根株腐朽; ヒストグラム; マツノカタワタケ;


On the radial-growth variations of Japanese beech (Fagus crenata) on the northernmost part of Honshu Island, Japan
JOURNAL OF WOOD SCIENCE,54(3):183-188 2008(May)
Author:Hoshino, Yasuharu; Yonenobu, Hitoshi; Yasue, Koh; Nobori, Yoshihiro; Mitsutani, Takumi;


Responses of ring widths and maximum densities of Larix gmelinii to climate on contrasting north- and south-facing slopes in central Siberia
ECOLOGICAL RESEARCH,22(4):582-592 2007(Jul.)
Author:Kujansuu, Joni; Yasue, Koh; Koike, Takayoshi; Abaimov, Anatoly P.; Kajimoto, Takuya; Takeda, Takashi; Tokumoto, Morihiko; Matsuura, Yojiro;


Climatic responses of tree-ring widths of Larix gmelinii on contrasting north-facing and south-facing slopes in central Siberia
JOURNAL OF WOOD SCIENCE,53(2):87-93 2007(Apr.)
Author:Kujansuu, Joni; Yasue, Koh; Koike, Takayoshi; Abaimov, Anatoly P.; Kajimoto, Takuya; Takeda, Takashi; Tokumoto, Morihiko; Matsuura, Yojiro;


東日本におけるブナ年輪幅暦年変動パターンの広域ネットワーク構築
考古学と自然科学,(54):69-79 2006
Author:星野 安治; 米延 仁志; 安江 恒;
Keywords:年輪年代学; dendrochronology; ブナ; Japanese beech; 年輪幅暦年変動パターン; tree-ring chronology; ネットワーク; network; 指標年; pointer year;


Climatic factors affecting the tree-ring width of Betula ermanii at the timberline on Mount Norikura, central Japan
ECOLOGICAL RESEARCH,20(4):445-451 2006
Author:Takahashi, K; Tokumitsu, Y; Yasue, K


Effects of climate on the radial growth of tree species in the upper and lower distribution limits of an altitudinal ecotone on Mt. Norikura, central Japan
Ecol. Res.,18(5):549-558 2000
Author:Takahashi, K., Azuma, H. and Yasue, K.


Effect of climate factors on variation in the maximum density of Picea glehnii Mast. and associated changes in tracheid dimensions.
Dendrochronologia,14:89-97 1999
Author:Yasue, K., Funada, R., Fukazawa, K., Ohtani, J.


Tree-ring width and maximum density of Picea glehnii as indicators of climatic changes in northern Hokkaido, Japan.
Can. J. For. Res.,27:1962-1970 1998
Author:Yasue, K., Funada, R., Fukazawa, K., Ohtani, J.


Methods of standardization and autoregressive modeling for dendroclimatological study.
Proceedings of the second East Asia workshop on tree-ring analysis,:58-66 1997
Author:Yasue, K.


The effect of climatic factors on the radial growth of Japanese ash in northern Hokkaido, Japan.
Can. J. For. Res.,26:2052-2055 1997
Author:Yasue, K., Funada, R., Kondo, T., Kobayashi, O., Fukazawa, K.


北海道北部の気候復元についての年輪気候学的研究
博士論文,北海道大学大学院農学研究科,:144 1997


The effects of tracheid dimensions on variations in maximum density of Picea glehnii and relationships to climatic factors.
Trees,14:223-229 1996
Author:Yasue, K.,Funada, R., Kobayashi,O., Ohtani, J.


Evaluation of climatic and nonclimatic factors on the radial growth of Yezo spruce (Picea jezoensis Carr.) by dendrochronological methods.
Ann. Sci. For.,55:277-286 1996
Author:Kobayashi, O., Funada, R., Yasue, K., Ohtani, J.


Tree-ring data obtained by densitometric analysis as indicators for past climate reconstruction in northern Japan
Proceedings of International Conference on Climate Change and Variability,:121-126
Author:Yasue, K., Funada, R., Nobori, Y.


講演・口頭発表等
クロマツ根系の年輪解析に基づく発達様式
第133回日本森林学会大会学術講演集 2022(Mar. 27)
Presenter:米田明日香,平野恭弘,安江 恒,池野英利,藤堂千景, 山瀬敬太郎,大橋瑞江,檀浦正子,谷川東子


スギにおける樹幹のCO2放出速度と肥大成長及び樹幹の形態的要素との関係
第133回日本森林学会大会学術講演集 2022(Mar. 27)
Presenter:平谷理人,安江 恒,荒木眞岳


散孔材樹種ブナ,ダケカンバとウダイカンバにおける年輪内平均密度と形成層齢及び年輪幅との関係
第72回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2022(Mar. 15)
Presenter:沈 昱東、高田 克彦、工藤 佳世、安江 恒


カラマツ樹幹の放射方向における非構造性炭水化物含有量の季節変動
第72回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2022(Mar. 15)
Presenter:山野邊 真多、則定 優成、渡辺 誠、安江 恒、船田 良、半 智史


異なる地上高におけるスギ樹幹の肥大成長と気候の関係
第72回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2022(Mar. 15)
Presenter:絹谷 智樹、小林 元、安江 恒


オオヤマレンゲの未成熟種子由来のPEMsを経由した組織培養による植物体再生に関する研究
第72回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2022(Mar. 15)
Presenter:森 惇哉、野澤 陽子、安江 恒、半 智史、船田 良


亜熱帯に生育するスギの肥大成長段階の季節変動
第72回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2022(Mar. 15)
Presenter:森 健吾、平野 優、高嶋 敦史、安江 恒


滋賀、高知に生育するヒノキの肥大成長の気候応答
第72回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2022(Mar. 15)
Presenter:神取 芙奈、小杉 緑子、鳥山 淳平、安江 恒


気候変動が岐阜県の森林炭素吸収量に及ぼす影響
第69回日本生態学会大会要旨集 2022(Mar. 14)
Presenter:斎藤琢, 永井信, 鳥山淳平, 村山昌平, 安江恒


細胞分画および DNase 処理によるミトコンドリアゲノム DNA の精製の検討
第71回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2021(Mar. 19)
Presenter:渡辺 宇外,高田 克彦,安江 恒,内海 泰弘


オオヤマレンゲの未成熟種子を用いた組織培養による植物体再生および順化に関する研究
第71回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2021(Mar. 19)
Presenter:森 惇哉,安江 恒,半 智史,船田 良


カラマツ樹幹の放射方向におけるデンプン量の変動
第71回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2021(Mar. 19)
Presenter:山野邊 真多,則定 優成,渡辺 誠,安江 恒,船田 良,半 智史


中部地方の分布下限に生育するダケカンバの年輪重量成長量と気候要素との関係
第71回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2021(Mar. 19)
Presenter:沈 昱東,工藤 佳世,高田 克彦,村岡 裕由,斎藤 琢,平野 優,安江 恒


Insect defoliation によるウダイカンバの木質形成への影響
第71回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2021(Mar. 19)
Presenter:渡辺 陽子 ,大野 泰之 ,安江 恒


亜熱帯地域に生育するスギの肥大成長の季節変動
第71回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2021(Mar. 19)
Presenter:森 健吾,平野 優,高嶋 敦史,安江 恒


マルチ気候モデル出力を用いたスギ林生態系の炭素収支の将来予測
第68回日本生態学会大会 2021(Mar. 17)
Presenter:斎藤 琢, 澤野 真治, 安江 恒


長野県の亜高山帯における標高別の樹木の成長 と窒素同位体比
第131回日本森林学会大会学術講演集 2020(Mar. 29)
Presenter:田中(小田)あゆみ,高井野乃子,武居 玄,牧田直樹,安江 恒,小林 元


ロシア・カラマツ林における森林火災が細根現 存量と根呼吸に与える影響
第131回日本森林学会大会学術講演集 2020(Mar. 29)
Presenter:牧田直樹,Semyon Bryanin,暁麻衣子,Jiyoung An3,小林 真,高橋輝昌,安江 恒,城田徹央,松浦陽次郎


年輪から見える永久凍土上に生育する樹木の地下 部発達過程と成長制限要因
第131回日本森林学会大会学術講演集 2020(Mar. 27)
Presenter:安江 恒,大嶽聡,兼松真里衣,三品郁陽,野口享太郎,森下智陽,城田徹央,Roger Ruess,Jamie Hollingworth,大澤 晃,松浦陽次郎


イチョウにおける形成層活動および木部形成と葉のフェノロジー
第70回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2020(Mar. 18)
Presenter:高田 克彦,工藤 佳世,MD HASNAT Rahman,佐野 雄三,安江 恒,雉子谷 佳男,船田 良,高部 圭司


ヒノキ・スギ樹幹における年輪形成への光合成生産物利用の季節変動
第70回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2020(Mar. 18)
Presenter:猪野 紫穂,庄司 岳,香川 聡,檀浦 正子,牧田 直樹,小林 元,平野 優,齋藤 智寛,安江 恒


オオヤマレンゲの未成熟種子を用いた組織培養による不定胚形成および植物体再生に関する研究
第70回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2020(Mar. 17)
Presenter:森 惇哉,平木 李奈,橋本 彩花,岡田 健汰,安江 恒,半 智史,船田 良


樹木形成層におけるミトコンドリアの分布と変動
第70回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2020(Mar. 17)
Presenter:渡辺 宇外,高田 克彦,安江 恒,内海 泰弘


古材の年代測定に向けた日本、台湾、韓国における年輪酸素同位体比データベースの構築
第70回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2020(Mar. 17)
Presenter:佐野 雅規,箱崎 真隆,李 貞,中塚 武,Jeong-wook SEO,I-ching CHEN,安江 恒,木村 勝彦


高山試験地におけるスギの年輪構造と炭素収支の関係性
第70回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2020(Mar. 17)
Presenter:平野 優,斎藤 琢,沈 昱東,安江 恒


天塩の異なる生息地におけるカラマツ造林木の肥大成長の気候応答
第70回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2020(Mar. 17)
Presenter:佐野 華鈴,平野 優,小林 真,高木 健太郎,安江 恒


奄美・沖縄におけるスギ肥大成長の気候応答
第70回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2020(Mar. 17)
Presenter:森 健吾,平野 優,安江 恒


気候変動が日本のスギ林生態系の炭素循環に及ぼす影 響
第67回日本生態学会大会要旨集 2020(Mar. 07)
Presenter:斎藤 琢, 澤野 真治, 安江 恒


ブラックスプルースの樹体内における光合成産物配分の季節変動
第69回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2019(Mar. 14)
Presenter:齋藤 智寛,檀浦 正子,香川 聡,野口 享太郎,松浦 陽次郎,Roger RUESS,Jamie HOLLINGSWORTH,牧田 直樹,安江 恒


雪害よるスギの樹冠欠損後の肥大成長の観察
第69回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2019(Mar. 14)
Presenter:平野 優,斎藤 琢,高橋 春那,沈 昱東,安江 恒


関東・中部地方に生育するゴヨウマツとコメツガの年輪内最大密度を用いた本州における広域的気候復元
第69回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2019(Mar. 14)
Presenter:下里 瑞菜,久保 典子,平 英彰,中塚 武,佐野 雅規,安江 恒


永久凍土・非永久凍土地帯に生育するブラックスプルースの根の肥大成長と側根発生深度の経時変化
第69回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2019(Mar. 14)
Presenter:大嶽 聡子,森下 智陽,松浦 陽次郎,野口 享太郎,大澤 晃,城田 徹央,猪野 紫穗,安江 恒


13CO2標識法を用いたスギ柔細胞におけるデンプン粒として貯蔵された光合成同化産物の分布の解析
第69回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2019(Mar. 14)
Presenter:荒川 泉,香川 聡,大橋 伸太,安江 恒,船田 良,半 智史


ヒノキ樹幹における前年年輪形成への光合成生産物利用の可能性
第69回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2019(Mar. 14)
Presenter:猪野 紫穂,庄司 岳,香川 聡,檀浦 正子,小林 元,平野 優,齋藤 智寛,安江 恒


日本各地に生育するブナの年輪幅と気候応答の類似性
第129回日本森林学会大会 2018(Mar. 27)
Presenter:沈昱東, 涌井幸子,竹原優子,内海泰弘,鎌田直人,星野安治、市栄智明,村岡裕由,斎藤琢,安江恒


永久凍土・非永久凍土地帯に生育するブラックスプルースの根の肥大成長と側根発生深度の経時変化
第68回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2018(Mar. 15)
Presenter:大嶽聡子,城田徹央,安江 恒,森下智陽,松浦陽次郎,野口享太郎,大澤 晃


カラマツハラアカハバチによる食害がカラマツの年輪構造に及ぼす影響
第68回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2018(Mar. 15)
Presenter:丸山賢一,内海泰弘,中村琢磨,大野泰之,渡邊陽子,安江 恒


日本各地の異なる環境に生育するスギの年輪構造に影響を及ぼす気候要素
第68回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2018(Mar. 15)
Presenter:植村友美,安江 恒,齊籐 哲,細田和男,飛田博順,斎藤 琢


東日本に生育するゴヨウマツの年輪幅、年輪内最大密度を用いた気候復元
第68回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2018(Mar. 15)
Presenter:下里瑞菜,Chong Zhang,平 英彰,中塚 武,佐野雅規,安江 恒


ブラックスプルースの肥大成長への光合成産物配分の季節変動―当年及び翌年の年輪形成への利用―
第68回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2018(Mar. 15)
Presenter:齋藤智寛,檀浦正子,香川 聡,野口享太郎,Roger Ruess,Jamie Hollingsworth,安江 恒


13CO2ラベリングを用いたスギ・ヒノキにおける木部への光合成生産物配分の季節変動
第68回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2018(Mar. 15)
Presenter:猪野紫穂,庄司 岳,香川 聡,檀浦正子,小林 元,平野 優,齋藤智寛,安江 恒


枝打ちがヒノキの早晩材付近の仮道管形態に与える影響
第68回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2018(Mar. 15)
Presenter:葭葉 司,平野 優,小林 元,安江 恒,半 智史,船田 良


カラマツ放射柔細胞の分化過程とデンプンおよび脂質の貯蔵開始のタイミングとの関連性
第68回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2018(Mar. 15)
Presenter:荒川 泉,安江 恒,船田 良,半 智史


高山に生育する散孔材樹種ブナ,ダケカンバの年輪内平均密度に影響する気候要素
第68回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2018(Mar. 14)
Presenter:沈 昱東,村岡裕由,斎藤 琢,武津英太郎,平野 優,安江 恒


Underground competition may be occurred among Picea mariana trees in central Alaska.
5th International Symposium on Arctic Research 2018(Jan. 17)
Presenter:T. Shirota, K. Yasue, S. Otake, T. Saito, T. Tanabe, M. Dannoura, Y. Matsuura, K. Noguchi, T. Morishita, R. Ruess, J. Hollingsworth


The annual change of defoliation intensity by Lymantria disper and its size dependency of Larix sibirica in Mongolia.
5th International Symposium on Arctic Research 2018(Jan. 17)
Presenter:S. Okaniwa, T. Shirota, K. Inoue, Y. Fujioka, T. Tanabe, K. Yasue, T. Okano, N. Bataarbileg, B. Oyunsanaa


Climate responses of radial growth of Larix sibirica and Pinus sibirica growing in Mongolian permafrost.
5th International Symposium on Arctic Research 2018(Jan. 17)
Presenter:K. Yasue, K. Fukushima, Y. Matsuura, K. Shichi, T. Shirota, N. Baatarbileg


Seasonal variation of photoassimilate allocation in xylem of black spruce in interior Alaska.
5th International Symposium on Arctic Research 2018(Jan. 17)
Presenter:T. Saito, M. Dannoura, A. Kagawa, K. Noguchi, R. Ruess, J. Hokkunsworth, K. Yasue


Warming permafrost accelerates development of soil hummocks and drunken forest
5th International Symposium on Arctic Research 2018(Jan. 17)
Presenter:K. Fujii, K. Yasue, Y. Matsuura, A. Osawa


Change over time in development of root stocks of black spruce growing at upper and lower slopes in interior Alaska
5th International Symposium on Arctic Research 2018(Jan. 17)
Presenter:S. Otake, T. Morishita, Y. Matsuura, K. Noguchi, T. Shirota, R. Ruess, J. Hollingsworth, K. Yasue


Potential of tree-ring width and maximum density of Pinus parviflora growing in Mt. Tateyama for past climate reconstruction.
THE 5th INTERNATIONAL CONFERENCE OF ADA 2017(Sep. 15)
Presenter:Mizuna Shimazato, Zhang Chong, Takeshi Nakatsuka, Masaki Sano, Hideaki Taira


The time lag in oxygen isotope ratio variation between leaf water and tree-ring cellulose of Larix Kaempferi.
THE 5th INTERNATIONAL CONFERENCE OF ADA 2017(Sep. 15)
Presenter:Yuhei Miyamoto, Takeshi Nakatsuka, Masaki Sano, Koh Yaue


樹木年輪セルロースの酸素同位体比による東北地方の古気候復元の可能性
JpGU-AGU Joint Meeting 2017 2017(May 22)
Presenter:對馬 あかね、佐野 雅規、中塚 武、Li Zhen、大山 幹成、安江 恒


Correlation between two tree-ring d18O chronologies from coastal areas of Pacific and Japan Sea in Hokkaido, North Japan
JpGU-AGU Joint Meeting 2017 2017(May 22)
Presenter:Shigeoka Yuki, Takeshi Nakatsuka, Masaki Sano, Akane Tsushima, Zhen Li, Ko Yasue, Koji Fujita

共同研究等希望テーマ
樹木年輪年代学的手法による樹木の環境応答,環境変動の解析・年輪 樹木 木材 温暖化 気候変動 , 地球環境科学,森林科学
研究費
受託研究
2016 - 2020 , 農林水産省委託プロジェクト研究「農林水産分野における気候変動対応のための研究開発 人工林に係る気候変動の影響評価」
2004 - 2004 , 21世紀の炭素管理に向けたアジア陸域生態系の統合的炭素収支研究 T.ボトムアップ(微気象・生態学的)アプローチによる陸域生態系の炭素収支解析に関する研究

科学研究費補助金(研究代表者)
2021 - 2025 , 気候変動に伴うユーラシア永久凍土南限域のカラマツ林の変動プロセス , 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
2020 - 2023 , 13CO2パルスラベリングによる樹幹内炭素配分過程の解明と肥大成長モデルの構築 , 基盤研究(B)
2018 - 2020 , 樹木肥大成長期間の検証:年輪は1年のうちに完成しているのか? , 挑戦的研究(萌芽) 
2014 - 2017 , 気候変動に伴うスギ・ヒノキの肥大成長および材質変動メカニズムの解明 , 基盤研究(B)
2014 - 2017 , 気候変動下での永久凍土地帯に生育する樹木の地下部および地上部成長制限要因の変化 , 基盤研究(B)海外学術
2011 - 2013 , 気候変動下における国産主要樹種の肥大成長および材質の変動予測 , 基盤研究(B)
2008 - 2010 , 温暖化がカラマツの肥大成長および材質に及ぼす影響評価 , 基盤研究(C)
2004 - 2006 , 中部山岳に生育する樹木の肥大成長量および年輪構造におよぼす温暖化の影響評価 , 若手研究(B)
2001 - 2003 , 年輪構造指標を用いた気候復元に関する年輪年代学的研究 , 若手研究B

教育活動実績

授業等
木材科学演習
木材組織学
木材工学演習
国際農学概論
木材物理学特論
森林生態学特論

社会活動実績

社会活動等
学外審議会・委員会
環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP合同分科会PAGES小委員会 , 委員