信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

清水 郁夫  シミズ イクオ

教員組織学術研究院(医学系(附属病院))電話番号
教育組織医学部附属病院 医療安全管理室FAX番号
職名助教メールアドレス
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURL

プロフィール

兼担研究科・学部
医学部 医学教育研修センター
先鋭領域融合研究群 社会基盤研究所
研究分野
医学教育学
教育工学
医療安全学
内科学一般(含心身医学)
血液内科学
所属学会
所属学会役職担当
2018- , 日本プライマリ・ケア連合学会 , 学会誌編集委員
2017- , 日本内科学会 , 専門医部会診断プロセスワーキンググループ
2020-2022 , 日本医学教育学会 , 学術大会運営委員会
2020-2022 , 日本医学教育学会 , 医学教育サイバーシンポジウム特別委員会
2020-2022 , 日本医学教育学会 , 学習者評価部会
学歴
出身大学院
2016 , マーストリヒト大学 , 医療者教育学
2019 , 信州大学

取得学位
博士(医学) , 信州大学
修士(医療者教育学) , Maastricht University (NL)
学士(医学) , 信州大学

免許・資格等
200405 , 医師免許
受賞学術賞
2022 , 信州大学医学部医学科学術賞
2021 , 懸田賞
2018 , 日本医学教育学会大会国際部門最優秀口演賞
2010 , Japan Adult Leukemia Study Group Young Investigator Award
2008 , 信州医学会賞
研究職歴等
研究職歴
2020- , 東海国立大学機構 岐阜大学 客員准教授

留学歴
2014-2016 , Maastricht University School of Health professions Education (NL)
2011-2011 , Kuakini Medical Center (US)

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
書籍等出版物
Problem-based learning 美しい理論がなぜ実践で破綻したのか?, 指導医のための医学教育学 , 105-114
京都大学学術出版会 2020(Aug. 12)
Author:清水郁夫、三好沙也佳


点と点をつなぐ能力, ジェネラリストx AI - 来たる時代への備え , 236
カイ書林 2020(Jul. 29)
Author:清水郁夫


好中球機能検査, 臨床検査ガイド 2020年改訂版, 495-497
文光堂 2020(Jun. 17)
Author:清水郁夫, 石田文宏


合理的な診断医とは, 「誤診」はなくせるのか? 実践知としての診断エラー学の世界, pp135-152
医学書院 2019(Dec. 02)
Author:(監訳)綿貫聡、徳田安春 (訳)天野雅之、岩波悟、小澤廣記、栗原健、佐々木陽典、清水郁夫、鈴木諭、鈴木智晴、鈴木麻衣、園田健人、高橋宏端、寺田教彦、照屋周造、中野浩一郎、長野広之、原田拓、原田侑典、廣澤孝信、三髙隼人、保浦修裕、吉野かえで


組織のプロフェッショナリズム, 日常診療の中で学ぶプロフェッショナリズム, pp281-302
カイ書林 2018(Jun. 27)
Author:(監訳)宮田靖志、小泉俊三 (訳)清水郁夫、小松弘幸、神廣憲記、宮地純一郎、山口佳子、小曽根早知子、郷間巌、林幹雄、江村正、小比賀美香子、松山泰、矢野桂子


好中球機能検査, 臨床検査ガイド 2015年改訂版 , 522-524
文光堂 2015
Author:清水郁夫, 石田文宏


ワシントンマニュアル外来編
メディカル・サイエンス・インターナショナル 2012(May 22)
Author:清水郁夫, 金子泰明, 降旗兼行


薬剤師のための疾患別薬物療法 V
南江堂 2012
Author:日本医療薬学会(編集)


セイントとフランシスの総合外来診療ガイド
メディカル・サイエンス・インターナショナル 2009(Oct. 30)
Author:清水郁夫, 徳竹康二郎


医療の倫理ジレンマ 解決への手引き
西村書店 2003
Author:バーナード・ロウ(著) 北野喜良, 中澤英之, 小宮良輔(監訳)


論文
Modeling the effect of social interdependence in interprofessional collaborative learning
Journal of Interprofessional Care 2022(Feb. 06)
Author:Ikuo Shimizu, Teiji Kimura, Robbert Duvivier, Cees van der Vleuten


第52巻3号掲載 「拘束からの解放―反転授業を活用した完全オンライン型臨床研修指導医講習会―」を読んで
医学教育,52(5):446-447 2021(Oct. 25)
Author:木村 武司, 清水 郁夫


Contextual attributes to promote positive social interdependence in problem-based learning: a focus group study
BMC Medical Education,21:222 2021(Apr. 21)
Author:Shimizu I, Matsuyama Y, Duvivier R, van der Vleuten C


医学教育サイバーシンポジウム開催報告
医学教育,52(1):47−52 2021(Feb. 25)
Author:田中淳一,門川俊明,村岡千種,淺田義和,木村武司,清水郁夫,錦織宏


オンライン臨床研修指導医講習会を有益にするための10tips
医学教育,52(1):61−64 2021(Feb. 25)
Author:近藤猛,木村武司,橋本忠幸,清水郁夫


看護師はBLSインストラクターの経験からどのような変容を遂げているか.
日本シミュレーション医療教育学会雑誌,8:28−37 2020(Oct. 26)
Author:大塩誠司,清水郁夫,森淳一郎,多田剛


パラダイム・シフトとプライマリ・ケア研究
日本プライマリ・ケア連合学会誌,43(2):33−34 2020(Jun. 23)
Author:清水郁夫


Measuring social interdependence in collaborative learning: instrument development and validation
BMC Medical Education,20(1):177 2020(Jun. 01)
Author:Ikuo Shimizu, Makoto Kikukawa, Tsuyoshi Tada, Teiji Kimura, Robbert Duvivier, Cees van der Vleuten


More than adaptation: why we carried out faculty development on assessment in the middle of a pandemic
MedEdPublish,9(1) 2020(May 20)
Author:Ikuo Shimizu, Junichiro Mori, Hiroyuki Kanno


Failure or adaptation? – Redefining PBL from the perspective of the Safety II paradigm
Medical Teacher,42(9):1076-1077 2020(Feb. 22)
Author:Shimizu I, Nishigori H


Does blended problem-based learning make Asian medical students active learners?: a prospective comparative study
BMC Medical Education,19:147 2019(May 15)
Author:Ikuo Shimizu, Hideyuki Nakazawa, Yoshihiko Sato, Ineke H. A. P. Wolfhagen and Karen D. Könings


“Modified World Café” workshop for a curriculum reform process
The Asia Pacific Scholar,4(1):55-58 2019(Jan. 02)
Author:Ikuo Shimizu, Junichiro Mori, Tsuyoshi Tada


Communication skills training and the conceptual structure of empathy among medical students.
Perspectives on Medical Education,7(4):264-271 2018(Apr. 18)
Author:Daisuke Son, Ikuo Shimizu, Hirono Ishikawa, Muneyoshi Aomatsu, Jimmie Leppink


TBL形式の基礎医学授業におけるブレンド型学習のデザイン
日本教育工学会論文誌,41(suppl):161-164 2017
Author:清水郁夫, 多田剛


統合型カリキュラム : 医学教育分野別認証が課す「残されたハードル」
信州医学雑誌,65(3):179-181 2017
Author:清水郁夫


Exogenous Magnesium Chloride Reduces the Activated Partial Thromboplastin Times of Lupus Anticoagulant-Positive Patients.
PLoS ONE,11:e0157835 2016(Jun. 29)
Author:Takayoshi Tokutake, Hisami Baba, Yuji Shimada, Wataru Takeda, Keijiro Sato, Yuki Hiroshima, Takehiko Kirihara, Ikuo Shimizu, Hideyuki Nakazawa, Hikaru Kobayashi and Fumihiro Ishida


自家移植後再発に対し全脳全脊髄照射を施行し再発を長期に抑制し得た中枢神経原発未分化大細胞型リンパ腫
臨床血液,56(12):2477-2482 2015(Dec. 19)
Author:廣島 由紀, 貝梅 紘子, 桐原 健彦, 武田 航, 栗原 太郎, 佐藤 慶二郎, 清水 郁夫, 植木 俊充, 住 昌彦, 上野 真由美, 市川 直明, 浅野 直子, 渡辺 正秀, 小林 光


Successful Secondary Umbilical Cord Blood Transplantation for Graft Failure in Acute Myelogenous Leukemia, Treated with Modified One-Day Conditioning Regimen, and Graft-Versus-Host Disease Prophylaxis Consisting of Mycophenolate and Tacrolimus.
J Clin Exp Hematop,55(2):89-96 2015(Aug. 04)
Author:Kawano N, Kuriyama T, Yoshida S, Shimizu I, Kobayashi H, Takenaka K, Uchida N, Takami A, Yamashita K, Ueda A, Kikuchi I.


Bone marrow metastasis of rhabdomyosarcoma mimicking acute leukemia: a case report and review of the literature.
Internal Medicine,54(6):643-650 2015(Mar. 15)
Author:Aida Y, Ueki T, Kirihara T, Takeda W, Kurihara T, Sato K, Shimizu I, Hiroshima Y, Sumi M, Ueno M, Ichikawa N, Watanabe M, Kobayashi H.


Delayed and Sudden Lymphocyte Recovery Is the Predictive Sign of Primary Graft Failure Following CBT, Single Institute Analysis of 105 CBT
BIOLOGY OF BLOOD AND MARROW TRANSPLANTATION,21(2):S316-S316 2015(Feb.)
Author:Ueki, Toshimitsu; Kaiume, Hiroko; Kirihara, Takehiko; Takeda, Wataru; Kurihara, Taro, Jr.; Sato, Keijiro; Shimizu, Ikuo; Hiroshima, Yuki; Sumi, Masahiko; Ueno, Mayumi; Ichikawa, Naoaki; Kobayashi, Hikaru;


リンパ腫細胞における過剰マーカー染色体の形成機序 胸水ギムザ染色標本からの形態学的推測
日本検査血液学会雑誌,15(1):71-77 2014(Feb. 01)
Author:徳竹 孝好, 野崎 美智江, 松田 和之, 中田 昭平, 北谷 陽平, 馬場 ひさみ, 武田 航, 清水 郁夫


Use of percutaneous image-guided coaxial core-needle biopsy for diagnosis of intraabdominal lymphoma.
Cancer Medicine,3(5):1336-1341 2014
Author:Shimizu I, Okazaki Y, Takeda W, Kirihara T, Sato K, Fujikawa Y, Ueki T, Hiroshima Y, Sumi M, Ueno M, Ichikawa N, Kobayashi H.


地固め療法後,敗血症から骨髄壊死, 脂肪塞栓症を合併し死亡した急性リンパ性白血病
臨床血液,55(2):254-257 2014
Author:武田航, 佐藤慶二郎, 廣島由紀, 小林光, 住昌彦, 藤川祐子, 上野真由美, 桐原健彦, 清水郁夫, 市川直明, 栗原太郎, 植木俊充, 渡辺正秀


Neurolymphomatosis in a Patient with Extranodal NK/T-cell Lymphoma, Nasal-type: A Case Report and Literature Review
Internal Medicine,53(5):471−475 2014
Author:Shimizu I, Hamano Y, Sato S, Takeda W, Kirihara T, Sato K, Ueki T, Hiroshima Y, Sumi M, Ueno M,Ichikawa N, Kobayashi H.


臨床研修医の主体的ニードから立ち上げられた morbidity and mortality カンファレンス
医学教育,44:258−60 2013(Aug. 25)
Author:清水 郁夫,田中 景子,降旗 兼行,金児 泰明,和田 秀一


Acute exacerbation of Toxoplasma gondii infection after hematopoietic stem cell transplantation: five case reports among 279 recipients.
Int J Hematol.,98:214-22 2013(Aug. 01)
Author:Sumi M, Aosai F, Norose K, Takeda W, Kirihara T, Sato K, Fujikawa Y, Shimizu I, Ueki T, Hirosima Y, Ueno M, Ichikawa N, Watanabe M, Kobayashi H.


Severe pulmonary toxoplasmosis mimicking viral pneumonitis after a third allogeneic stem cell transplantation in a man with acute lymphoblastic leukemia.
Intern Med.,51:2943-7 2012(Oct. 15)
Author:Sumi M, Hata S, Sato K, Fujikawa Y, Shimizu I, Ueki T, Akahane D, Ueno M, Ichikawa N, Kobayashi H.


骨髄非破壊的前処置を用いた臍帯血移植後に血球貧食症候群を発症し, Etoposide の少量投与が奏効した急性骨髄性白血病
臨床血液,53:535-539 2012
Author:徳重 淳二, 植木 俊充, 佐藤 慶二郎, 藤川 祐子, 清水 郁夫, 赤羽 大悟, 住 昌彦, 上野 真由美, 市川 直明, 小林 光


Doxiorubicin, ifosfamide, mesna(AIM)療法および局所放射線照射により加療し長期寛解を得ているLangerhans 細胞肉腫.
臨床血液,53:1911-5 2012
Author:清水郁夫、佐藤慶二郎、藤川祐子、植木俊充、赤羽大悟、住昌彦、上野真由美、市川直明、小林光.


Reduced-intensity cord blood transplantation without prior remission induction therapy induces durable remission in adult patients with relapsed acute leukemia after the first allogeneic transplantation.
Eur J Haematol,86:268-71 2011
Author:Ueki T, Sumi M, Sato K, Shimizu I, Akahane D, Ueno M, Ichikawa N, Nakao S, Kobayashi H.


Kuakini Medical Center内科・家庭医療短期研修に関する報告と当院卒後研修における応用の可能性.
長野日赤医誌.,25:26-31 2011
Author:清水郁夫


Graft failure in cord blood transplantation successfully treated with short-term reduced-intensity conditioning regimen and second allogeneic transplantation.
Int J Hematol.,92:744-50 2010
Author:Sumi M, Shimizu I, Sato K, Ueki T, Akahane D, Ueno M, Ichikawa N, Nakao S, Kobayashi H.


Lymphadenopathy of IgG4-related sclerosing disease: three case reports and review of literature.
Int J Hematol.,92:751−6 2010
Author:Shimizu I, Nasu K, Sato K, Ueki H, Akahane D, Sumi M, Ueno M, Ichikawa N, Asano N, Kojima M, Kobayashi H.


Successful engraftment of cord blood following a one-day reduced-intensity conditioning regimen in two patients suffering primary graft failure and sepsis.
Bone Marrow Transplant.,44:617-8 2009(Apr. 06)
Author:Shimizu I, Kobayashi H, Nasu K, Otsuki F, Ueki T, Sumi M, Ueno M, Ichikawa N, Nakao S.


Gemtuzumab ozogamicin-induced long-term remission in a woman with acute myelomonocytic leukemia and bone marrow relapse following allogeneic transplantation.
Int J Hematol.,90:643-7 2009
Author:Sumi M, Ichikawa N, Nasu K, Shimizu I, Ueki T, Ueno M, Kobayashi H.


Successful treatment with interferon-alpha-2b and imatinib in an adult Japanese male with Philadelphia chromosome-positive acute lymphoblastic leukemia and minimal residual disease following allogeneic transplantation.
Bone Marrow Transplant.,41:827-9 2008
Author:Sumi M, Ichikawa N, Shimizu I, Yotsumoto M, Ueno M, Kobayashi H.


骨髄非破壊的臍帯血移植後に合併した左右非対称性の末梢神経障害
臨床血液,49:1604-8 2008
Author:住 昌彦 , 市川 直明 , 佐藤 俊一, 清水 郁夫 , 四本 美保子 , 上野 真由美 , 小林 光


複数の凝固因子活性低下を示した高力価の特発性後天性第V因子インヒビター.
臨床血液,49:413-6 2008
Author:清水郁夫, 市川直明, 四本美保子, 住昌彦, 上野真由美, 小林光.


Asian variant of intravascular lymphoma: aspects of diagnosis and the role of rituximab.
Intern Med.,46:1381-6 2007(Sep. 03)
Author:Shimizu I, Ichikawa N, Yotsumoto M, Sumi M, Ueno M, Kobayashi H.


赤芽球低形成を伴う自己免疫性溶血性貧血を認めた骨髄原発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫
臨床血液,48:571−5 2007
Author:住 昌彦 , 市川 直明 , 清水 郁夫, 四本 美保子 , 上野 真由美 , 小林 光


皮膚症状を伴わず, aciclovir が有効だった同種骨髄移植後の水痘帯状疱疹ウイルス髄膜脳炎
臨床血液,48:1511-3 2007
Author:小林 光 , 上野 真由美 , 住 昌彦, 清水 郁夫 , 四本 美保子 , 田野崎 隆二 , 市川 直明


AIDSとB型肝硬変に合併した原発性滲出性リンパ腫.
信州医学雑誌,54:131-6 2006
Author:清水郁夫, 北野喜良, 城下智, 上條敦, 高橋寧史, 矢崎善一, 松林潔, 宮林秀晴, 熊谷美恵子, 青木雄次, 古田清, 市川和夫.


講演・口頭発表等
学習環境や教育者が学習者に与える影響は?
MED Taalk(Webinar)さまざまな「学習・学修できない」とその支援 2022(Mar. 18)
Presenter:清水郁夫


Conduction and Development of Medical Residency Programs in Japan - Shinshu University experience -
VI International Congress of Medical Education 2021(May 25)
Presenter:Ikuo Shimizu


認知心理学による医療安全へのアプローチ(医学教育の立場から)
第18回日本臨床医学リスクマネジメント学会・学術集会 2020(Sep. 12)
Presenter:清水郁夫


(Symposium) SHIKUJIRI: Applying the Japanese wisdom
AMEE2020 2020(Sep. 09)
Presenter:Ikuo Shimizu, Lee Shuh Shing, Ardi Findyartini


Roles of OSCE-progress test for undergraduate medical students during clinical clerkship
AMEE2020 2020(Sep. 07)
Presenter:Ikuo Shimizu, Junichiro Mori, Tsuyoshi Tada


Does psychosocial beliefs of physicians affect their cognition of diagnostic error? - A correlation analysis based on a questionnaire survey -
The fifth International Forum on Quality and Safety in Healthcare 2019(Sep. 20)
Presenter:Ikuo Shimizu, Takeshi Takezawa, Satoko Nagata, Takayoshi Nose, Masayoshi Hanaoka


Modeling the effect of social interdependence in interprofessional collaborative learning
AMEE 2019 2019
Presenter:Ikuo Shimizu, Teiji Kimura, Tsuyoshi Tada, Robbert Duvivier, Cees van der Vleuten


Measuring social interdependence in collaborative learning: Instrument development and validation
AMEE 2018 2018(Aug. 29)
Presenter:Ikuo Shimizu, Makoto Kikukawa, Teiji Kimura, Tsuyoshi Tada, Robbert Duvivier, Cees van der Vleuten


Students’ interactions and team working in team-based learning: A literature review
The 15th Asia-Pacific Medical Education Conference 2018(Jan. 12)
Presenter:Shimizu I, Tada T, Duvivier R, van der Vleuten C


The improvement of learners’ motivation with "blended" team-based learning: an action research project.
AMEE 2017 2017(Aug. 29)
Presenter:Ikuo Shimizu, Tsuyoshi Tada


‘Does “Blended” Problem-Based Learning Promote Medical Students’ Active Learning Attitude?’
The 4th Asia-Pacific Joint Conference on Problem-based Learning 2016(Oct. 27)
Presenter:Ikuo Shimizu, Hideyuki Nakazawa, Yoshihiko Sato, Ineke Wolfhagen, Karen D. Könings


World cafe–like faculty development yields more purposeful products and desired educational outcomes: a short-term action research project
13th Asia Pacific Medical Education Conference (APMEC) 2016(Jan. 15)
Presenter:Shimizu I, Kurokawa Y, Mori J, Morita H, Tada T


学生サークルによる、医療系学生のための病院前救護処置ワークショップ
第47回日本医学教育学会大会(学生セッション) 2015(Jul. 25)
Presenter:町田はるか、清水郁夫、今村浩


Change management in Health Professions Education: Lessons from Japan.
SHEILA workshop at Association for Medical Education in Europe 2014
Presenter:Yano H, Nishigori H, Aomatsu M, Kikukawa M,Son D, Shimizu I, Matsuyama Y, Miyachi Y.


Does MACOP-B regimen still play a role for untreated primary mediastinal large B-cell lymphoma? – retrospective analysis of outcome in a single institute .
日本血液学会 2013
Presenter:Shimizu I, Ichikawa N, Takeda W, Kirihara T, Sato K, Ueki T, Hiroshima Y, Sumi M, Ueno M, Kobayashi H.


Non-thiotepa-based high-dose chemotherapy and autologous stem cell transplantation for relapsed/refractory secondary CNS lymphoma
日本臨床腫瘍学会 2013
Presenter:Shimizu I, Ichikawa N, Takeda W, Kirihara T, Sato K, Ueki T, Hiroshima Y, Sumi M, Ueno M, Kobayashi H.


Neurolymphomatosis in a Patient with Extranodal NK/T cell lymphoma, Nasal-type: Case Report and Literature Review. T-cell lymphoma forum.
T cell lymphoma forum 2013
Presenter:Ikuo Shimizu, Yujiro Hamano, Toshimitsu Ueki, Naoaki Ichikawa, Hikaru Kobayashi, Shunichi Sato.


Melphalan 140mg/m2 Combined with TBI2(4)Gy and Fludarabine 125mg/m2 as Conditioning for Elderly Patients with Hematological Malignancies in Unrelated Bone Marrow Transplantation Is Comparable in Safety and Effectiveness with TBI/Cy for Younger Patients.
BMT tandem meetings 2012
Presenter:Ueki T, Sato K, Fujikawa Y, Shimizu I, Akahane D, Sumi M, Ueno M, Ichikawa N, Kobayashi K


Feasibility of sobuzoxane-containing regimens as salvage therapy for relapsed or refractory angioimmunoblastic T-cell lymphoma.
T cell lymphoma forum 2012
Presenter:Ikuo Shimizu, Keijiro Sato, Yuko Fujikawa, Toshimitsu Ueki, Daigo Akahane, MasahikoSumi, Mayumi Ueno, Naoaki Ichikawa, and Hikaru Kobayashi.


Utility of Percutaneous Image-Guided Biopsy to Diagnose Intraabdominal Lymphoma with Coaxial Core Needles.
American Society of Hematology 2011
Presenter:Shimizu I, Sato K, Fujikawa Y, Ueki T, Akahane D, Sumi M, Ueno M, Ichikawa N, Kobayashi H, Okazaki Y.

共同研究等希望テーマ
協調学習
医療専門職教育におけるインストラクショナルデザイン , 教育工学
医療安全学
研究費
共同研究
2020 - , WHOカリキュラムに基づいた医療安全post CC OSCE課題の開発と妥当性検証 , 国内共同研究
2017 - , Interdependence in collaborative learning , 国際共同研究
2015 - , 医学生の共感の概念的構造はコミュニケーション技能教育によってどのように変化するか? , 国内共同研究

科学研究費補助金(研究代表者)
2021 - 2024 , 生涯学習としての患者安全:事故事例から自己研鑽をもたらす学習科学的戦略の確立 , 基盤研究(B)
2018 - 2020 , 互恵的相互依存に着目した医療系協調学習の分析と改善 , 若手研究
2015 - 2018 , 臨床実習改革に適したブレンド型PBLの研究 , 若手研究(B)

科学研究費補助金(研究分担者)
2020 - 2023 , 職業アイデンティティ形成志向型PBLによる自己調整学習力の向上 , 基盤研究(C)

奨学寄附金
2020 , WHOカリキュラムに基づいた医療安全post CC OSCE課題の開発と妥当性検証
2016 , 県内のシミュレーション指導者を繋ぎ支援する “Sim-APPLE” プロジェクト
2015 , 県内のシミュレーション指導者を繋ぎ支援する “Sim-APPLE ” プロジェクト
研究諸活動
学術専門雑誌等編集
2018- , 日本プライマリ・ケア連合学会誌

学術論文査読件数
2018-2018 , Academy for global interprofessional learning and education , white paper (Assessing Continuing Medical Education in Japan: Current Status and Future Opportunities)
2017-2018 , 医学教育(Medical Education (Japan) )
2015-2015 , 医学教育(Medical Education (Japan) )
2014-2015 , Modern Rheumatology
2011-2011 , Bone Marrow Transplantion

海外派遣
2016-2016 , Flinders University (AUS)
2011-2011 , Kuakini Medical Center, University of Hawaii (US)

教育活動実績

授業等
2022 , 前期 , 臨床医学TBL
2022 , 前期 , 臨床実習前集中講義
2022 , 前期 , ユニット講義(医療管理・社会医学)
2022 , 後期 , 医学科・保健学科合同チーム医療演習
2021 , 前期 , 臨床医学TBL
2021 , 前期 , 臨床実習前集中講義
2021 , 前期 , ユニット講義(医療管理・社会医学)
2021 , 後期 , 医学科・保健学科合同チーム医療演習
2020 , 前期 , 臨床実習前集中講義
2020 , 前期 , ユニット講義(医療管理・社会医学)
2020 , 前期 , 臨床医学TBL
2020 , 後期 , 医学科・保健学科合同チーム医療演習
2020 , 後期 , 臨床推論入門
2019 , 前期 , 臨床実習前集中講義
2019 , 前期 , ユニット講義(医療管理・社会医学)
2019 , 前期 , 臨床医学TBL
2019 , 後期 , 医学科・保健学科合同チーム医療演習
2019 , 後期 , 臨床推論入門
2018 , 前期 , 臨床実習前集中講義
2018 , 前期 , ユニット講義(医療管理・社会医学)
2018 , 前期 , 臨床医学TBL
2018 , 後期 , 医学科・保健学科合同チーム医療演習
2018 , 後期 , 臨床推論入門
2017 , 前期 , 臨床実習前集中講義
2017 , 前期 , ユニット講義(医療管理・社会医学)
2017 , 前期 , 臨床医学TBL
2017 , 後期 , 医学科・保健学科合同チーム医療演習
2017 , 後期 , 臨床推論入門
2016 , 前期 , 臨床医学TBL
2016 , 前期 , 発生学
2016 , 前期 , ユニット講義(社会医学・医療管理)
2016 , 前期 , 臨床実習前集中講義
2015 , 前期 , 臨床医学TBL
2015 , 前期 , ユニット講義(臨床決断・社会医学)
2015 , 前期 , 臨床実習前集中講義
2015 , 後期 , 発生学
2015 , 後期 , 臨床推論入門
2015 , 後期 , 臨床医学TBL
2014 , 前期 , 臨床医学TBL
2014 , 前期 , ユニット講義(臨床決断・社会医学)
2014 , 前期 , 臨床実習前集中講義
2014 , 後期 , 臨床医学TBL
2013 , 前期 , ユニット講義(臨床決断・社会医学)
2013 , 前期 , 臨床医学入門1
2013 , 後期 , 臨床医学TBL
論文指導
2017
修士論文指導 指導学生数 計:1

社会活動実績

社会活動等
講演会
20200530 - , 医学教育サイバーシンポジウム これからの臨床実習 , シンポジスト
20200523 - , COVID‐19パンデミック、医療者教育、そして教員養成 , 演者
20200415 - , International Experiences: Challenges in Undergraduate Medical Education during the COVID-19 Outbreak , symposiast
20140510 - 20140510 , professionalとしての医療倫理 , 講師

学会・研究会の主催
20200530 - 20200711 , 日本医学教育学会 医学教育サイバーシンポジウム , 主催者
20160819 - 20160820 , 授業方略ピアレビュー大会 , 第61回医学教育セミナーとワークショップ  , 主催者、講師
2016 - , 医学教育専門家コース , 日本医学教育学会 , 講師

学外審議会・委員会
20220401 - 20230331 , OSCE合否判定の考え方および判定基準小委員会 , 委員
20220401 - 20230331 , モデル・コア・カリキュラム調査研究班 , 評価チーム構成員
20211001 - 20220331 , OSCE合否判定の考え方および判定基準小委員会 , 委員
20210401 - 20230331 , モデル・コア・カリキュラム調査研究チーム , 協力者
201903 - , 長野県医療事故調査等支援団体連絡協議会
201710 - , 国立大学病院医療安全管理協議会 医療事故対応検討委員会 , 委員

メディア・報道
20220330 , 文教速報 , 2022年3月18日開催のWebinarについて
20171004 , 中日新聞 , シムリンピック(医学生の診療技能全国大会)指導学生優勝
20170826 , 信濃毎日新聞 , シムリンピック(医学生の診療技能全国大会)指導学生優勝
20160130 , 中日新聞 , 久保県立病院機構理事長らとの対談

その他社会活動
Safety Plus 監修

管理運営実績

管理運営実績
学内兼務職
2012 - , 医学教育研修センター , 教員

学部内委員会等
2017 - , 病院倫理委員会 , 委員
2017 - , 医療安全管理委員会 , 委員