信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

山口 昌樹  ヤマグチ マサキ

教員組織学術研究院(繊維学系)電話番号0268-21-5444
教育組織繊維学部 機械・ロボット学科 バイオエンジニアリングコースFAX番号0268-21-5444
職名教授メールアドレス
住所〒386-8567 長野県上田市常田3-15-1ホームページURL

プロフィール

研究分野
生体医工学
ナノマイクロシステム
ロボティクス、知能機械システム
計測工学
現在の研究課題
Study on Noninvasive Measurement Using Saliva

Correlation of Stress and Salivary Amylase Activity

Noninvasively human measurement

所属学会
所属学会
米国電気学会
IEEE EMBS
日本生体医工学会
ライフサポート学会
日本機械学会
電気学会
繊維学会

所属学会役職担当
2017- , ライフサポート学会 , 理事
2003- , 米国電気電子学会 , Senior Member
IEEE EMBS , Senior Member
2011-2013 , 日本機械学会 , バイオエンジニアリング部門代議員
2011-2012 , 日本生体医工学会 , 東北支部長
2000-2009 , 日本生活支援工学会 , 評議員
学歴
出身大学院
1985 , 信州大学 , 工学部 , 電気工学科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1994 , 信州大学 , 大学院工学系研究科 , システム開発工学専攻
1987 , 信州大学 , 大学院工学研究科 , 電気工学専攻

取得学位
博士(工学) , 信州大学
受賞学術賞
2019 , Certificate of Best Paper Award
2017 , 優秀賞
2008 , 製品賞
2007 , 優秀技術活動賞 技術報告賞
2001 , 日経BP技術賞 医療・バイオ部門
2001 , Nikkei BP Technology Awards in Medicine/Biotechnology Section
1993 , 電気学会優秀論文発表賞
研究職歴等
研究職歴
2015- , 信州大学 繊維学部 機械・ロボット学科 教授
2008-2015 , 岩手大学 工学部 機械システム工学科 教授
1999-2008 , 富山大学 工学部 助教授
1995-1999 , 東京農工大学 工学部 助手
1987-1995 , ブラザー工業株 中央研究所 研究員

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
書籍等出版物
早期発見・予防に向けた次世代がん検査技術の最前線, 3-12
㈱シーエムシー出版 2019


ナノインプリント技術ハンドブック, 530-533
コロナ社 2019
Author:山口 昌樹


ストレス・疲労のセンシングとその技術評価, 89-93
㈱技術情報協会 2019
Author:山口 昌樹


疾患・病態検査・診断法の開発,第2章第1節唾液ストレスマーカーを用いた測定の現状と高感度化, 59-65
㈱技術情報協会 2017
Author:山口 昌樹 (分担執筆)


はじめての生体工学, 講談社サイエンティフィク , 1-30, 113-156, 211-212, 220-229
講談社 2016
Author:山口 昌樹,石川 拓司,大橋 俊朗,中島 求


非侵襲的検体検査の最前線,第II編第4章1節唾液検査のストレス測定への展開, 非侵襲的検体検査の最前線 , 46-54担当
㈱シーエムシー出版 2015
Author:山口 昌樹


ウェットプロセスによる精密薄膜コーティング技術,第3章第6節[9]フィルム・プラスチックへの微細周期構造の形成と濡れ性の制御, ウェットプロセスによる精密薄膜コーティング技術 , 554-561担当
㈱技術情報協会 2014
Author:山口 昌樹


次世代ヘルスケア機器の新製品開発,第3章第7節唾液バイオマーカーによる診断技術とストレスの可視化, 次世代ヘルスケア機器の新製品開発 , 93-101
㈱技術情報協会 2014
Author:山口 昌樹


スマート・ヒューマンセンシング,第1編 第8章 健康回復支援のための唾液ストレスセンサ, スマート・ヒューマンセンシング , 68-76
㈱シーエムシー出版 2014
Author:三林 浩二,監修,山口 昌樹


パーソナル・ヘルスケア,第2編 第6章 第3節 唾液ホルモンから慢性ストレスを可視化するポータブル機器の開発, 227-233
㈱エヌ・ティー・エス 2013
Author:エヌ・ティー・エス 編,山口 昌樹


Biochemical Sensors - Mimicking Gustatory and Olfactory Senses, Chapter 28: Evaluating the Psychobiologic Effects of Air Conditioner through Biomarkers, 495-515
Pan Stanford Publishing Pte Ltd 2013
Author:Kiyoshi Toko Eds,Masaki Yamaguchi,Hajime Nishimiya


皮膚の測定評価法バイブル,第1部第7章第3節 紫外線による皮膚のダメージ度を皮膚マーカーで評価したい, 267-275
㈱技術情報協会 2013
Author:菅原 隆 編,山口 昌樹,清水 忠道


Human Olfactory Displays and Interfaces: Odor Sensing and Presentation, - Evaluating the Psychobiologic Effects of Fragrances through Salivary Biomarkers -, 359-369
IGI Global 2012
Author:Takamichi Nakamoto Eds,Masaki Yamaguchi,Vivek Shetty


エレクトロニクス・エネルギー分野における超撥水・超親水化技術,第3章2節[2] モールド表面への微細周期構造の形成と撥水化, 139-146
㈱技術情報協会 2012
Author:村田 貴士,浅井 希 編,山口 昌樹


災害ストレスの対処法, 1-24, 69-114
講談社 2011
Author:山口 昌樹,中島 康,中山 友紀


体外診断用医薬品の開発と承認申請,第10章12節 唾液バイオマーカーによる非侵襲検査のニーズとシーズ, 325-334
㈱技術情報協会 2010
Author:菅原 隆 編,山口 昌樹


Oral and Maxillofacial Surgery Clinics of North America, Collaborative Care of the Facial Injury Patient, - Salivary Biosensors for Screening Trauma related Psychopathology-, 269-278
Elsevier, Inc. 2010
Author:Vivek Shetty,Grant N. Marshall Eds,Vivek Shetty,Masaki Yamaguchi


心と体のセンシング, 35-40, 67, 108-1 13,173
海文堂出版㈱ 2009
Author:ヒューマンサイエンスとセンシング調査研究委員会編,山口 昌樹


ヒューマンインタフェースのための計測と制御, 47-55, 296-305
㈱シーエムシー出版 2009
Author:山口 昌樹


ストレスの科学と健康, 254-257
共立出版 2008
Author:二木 鋭雄,編著,山口 昌樹


バイオセンサ・ケミカルセンサ辞典, 170-176
テクノシステム 2007
Author:軽部 征夫,監修,山口 昌樹


ストレスの科学, 66-70
ライフサイエンス出版 2007
Author:若手研究者のための生命科学セミナー組織委員会,監修,山口 昌樹


人間科学と福祉工学, 1-25, 51-81, 126-147
コロナ社 2007
Author:山口 昌樹,竹田 一則,村上 満


安全・安心のためのセンサ技術, 23-35, 54-56
海文堂出版㈱ 2006
Author:セキュリティとセンシング調査研究委員会編,山口 昌樹


Measurement Techniques for Life Sciences
Corona Publishing Co., Ltd. 2004


生命計測工学, 1-16, 42-46, 48-86, 113-159
コロナ社 2004
Author:山口 昌樹,新井 潤一郎


ナノテクノロジー大事典, 836-840
工業調査会 2003
Author:川合 知二,監修,山口 昌樹


Guidebook of Health-care and Welfare Technology
KOGYO CHOSAKAI PUBLISHING CO., LTD. 2001


健康・福祉工学ガイドブック, 237-246
(株)工業調査会 2001
Author:山越 憲一,編著,山口 昌樹


計測工学ハンドブック, 741-744
朝倉書店 2001
Author:山崎 弘郎,編著,山口 昌樹


これでわかるセンサ技術,15濃度を検出するセンサ, 193-204
工業調査会 2000
Author:工業調査会,山口 昌樹


唾液は語る
工業調査会 1999(Nov.)
Author:山口 昌樹,高井 規安


Saliva as a Mirror of the Body
Kogyo Chosakai Publishing Co., Ltd. 1999


Electromagnetic Artificial Heart
Corona Publishing Co., Ltd. 1994
Author:山口 昌樹


電磁駆動型人工心臓, 14-21, 36-37, 52-53, 66-68
コロナ社 1994
Author:山口 昌樹


論文
Microfabrication of re-entrant surface with hydrophobicity/oleophobicity for liquid foods
Scientific Reports,10(2250) 2020
Author:Masaki Yamaguchi


A Salivary Cytokine Panel Discriminates Moods States Following a Touch Massage Intervention
International Journal of Affective Engineering,19(3):189-198 2020
Author:Masaki Yamaguchi, Takayasu Sekine, and Vivek Shetty


Microcapsule-Based Signal Amplification Method for Biomolecules. Sensors
Sensors,19(12):2711 2019(Jun.)
Author:Masaki Yamaguchi


Plasma Cytokine Levels and the Presence of Colorectal Cancer
PLoS ONE,14(3):e0213602 2019
Author:Masaki Yamaguchi,Shin Okamura,Taiki Yamaji,Motoki Iwasaki,Shoichiro Tsugane,Vivek Shetty,Tomonobu Koizumi


Modeling the relationship between tactile sensation and physical properties of synthetic leather
Journal of Industrial Textiles 2019
Author:Tsuyoshi Chiba,Shota Kuroda,Masaki Yamaguchi


遠心式唾液イムノセンサの分析系最適化と性能評価
ライフサポート,30(3):75-81 2018(Aug. 31)
Author:嶋倉 知希,町田 佑介,森 崇紀,山口 昌樹


複数の物理的指標に基づいた皮革の手触り感の評価手法の提案
ライフサポート,30(2):44-50 2018(Jun. 30)
Author:千葉 豪,黒田 祥汰,山口 昌樹


Effect of Superhydrophobic/Hydrophilic Surfaces on Dynamic Radius of Water Droplet Impact
SENSORS AND MATERIALS,30(6):1307-1318 2018(Jun.)
Author:Yamaguchi Masaki,Tamura Shunsuke,Sakata Tetsuhiro


Salivary cytokine panel indicative of non-small cell lung cancer
JOURNAL OF INTERNATIONAL MEDICAL RESEARCH,46(9):3570-3582 2018(May)
Author:Koizumi Tomonobu,Shetty Vivek,Yamaguchi Masaki


Microfluidic Line-Free Mass Sensor Based on an Antibody-Modified Mechanical Resonator
Micromachines,9(4):177 2018(Apr.)
Author:Masaki Yamaguchi


Web情報に関連するストレスエビデンス論文の視覚的提示方法の有効性
電気学会論文誌 C,137C(2):310-316 2017
Author:山口 昌樹,大向 一輝


Effect of Equilibrium Contact Angle on Drainage Property at Microperiodic Structure with Staggered Pillar Array
Sensors and Materials,29(5):575-585 2017
Author:Masaki Yamaguchi, Tetsuhiro Sakata, Tsuyoshi Chiba


微細周期構造の付与で検出特性を改善した気泡センサ
電気学会論文誌 E,136E(4):108-114 2016
Author:山口 昌樹,平岡 仁


Application of hydrophobic micropatterns to centrifugal fluid valve in flow channel
Journal of Adhesion Science and Technology,29(23):2565-2575 2015(Aug.)
Author:Tomoki Shimakura Masaki Yamaguchi


Disposable Collection Kit for Rapid and Reliable Collection of Saliva
American Journal of Human Biology,27:720-723 2015(Mar.)
Author:Masaki Yamaguchi, Yuki Tezuka, Kazunori Takeda, Vivek Shetty


Injection-molded Plastic Plate with Hydrophobic Surface by Nano-periodic Structure Applied in Uniaxial Direction
Journal of Adhesion Science and Technology,29(1):24-35 2015
Author:Masaki Yamaguchi, Shinya Sasaki, Shojiro Suzuki, Yuki Nakayama


Automated-immunosensor with centrifugal fluid valves for salivary cortisol measurement
Sensing and BioSensing Research,1:15-20 2014(Aug.)
Author:Masaki Yamaguchi, Hiroki Katagata, Yuki Tezuka, Daisuke Niwa, Vivek Shetty


Relationship between salivary cortisol and depression in adolescent survivors of a major natural disaster
The Journal of Physiological Sciences,64(4):261-267 2014(Jul.)
Author:Takashi Yonekura, Kazunori Takeda, Vivek Shetty, Masaki Yamaguchi


Fabrication of nano-periodic structures and modification of the Wenzel model to estimate contact angle
Sensors & Actuators: A. Physical,212:87-92 2014(Jun.)
Author:Masaki Yamaguchi, Shojiro Suzuki, Shinya Sasaki, Tsuyoshi Chiba, Nobuyuki Itoh, Morihisa Hoga


Proposal for a Power Supply Line-free Mass Sensor for Measuring Total Protein in Human Saliva
Sensor Letters,12:1186-1189 2014
Author:Masaki Yamaguchi, Yuta Kimura


Photomask Patterning for Slope-Form Deep Etching Using Deep-Reactive-Ion Etching and Gradation Exposure
Sensors and Materials,26(1):31-37 2014
Author:Masaki Yamaguchi Yuki Nakayama


Saliva Sampling Method affects Performance of a Salivary α-Amylase Biosensor
The American Journal of Human Biology,25(6):719-724 2013(Nov.)
Author:Robles TF,Sharma R,Harrell L,Elashoff DA,Yamaguchi M,Shetty V


香辛料により引き起こされる生理反応の唾液バイオマーカーを用いた評価
ライフサポート,25(2):63-67 2013(Aug. 10)
Author:中野 敦行,長山 優,山口 昌樹


Stress evaluation in adult patients with atopic dermatitis using salivary cortisol
BioMed Research International,2013:42009 2013(Jun.)
Author:Mizawa M,Yamaguchi M,Ueda C,Makino T,Shimizu T


30種の精油を用いた嗜好性の個人差に関する実態調査
アロマテラピー学雑誌,13(1):21-28 2013(Mar. 31)
Author:中山 友紀,長山 優,山口 昌樹


Immunosensor with Fluid Control Mechanism for Salivary Cortisol Analysis
Biosensors & Bioelectronics,41:186-191 2013(Mar.)
Author:Yamaguchi M,Matsuda Y,Sasaki S,Sasaki M,Kadoma Y,Imai Y,Niwa D,Shetty V


Fabrication of Nano-periodic Structure on Plastic Film for Water Repellent Using Femtosecond Laser
Transaction on Control and Mechanical Systems,1(7):306-311 2012(Nov.)
Author:Masaki Yamaguchi,Yasuo Kaneko,Makoto Sasaki


唾液アミラーゼ活性を用いた月経周期に伴う女性のストレス評価
ライフサポート,24(3):123-127 2012(Oct. 25)
Author:中川 朝美,佐々木 誠,山口 昌樹


Utility of a Salivary Biosensor for Objective Assessment of Surgery-Related Stress
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery,70(10):2256-2263 2012(Oct.)
Author:Robles Theodore F,Sharma Rassilee,Park Kwan-Soo,Harrell Lauren,Yamaguchi Masaki,Shetty Vivek


Noninvasive Biosensor for Cathepsin L in the Stratum Corneum
Skin Research and Technology,18(3):332-338 2012(Aug.)
Author:Yamaguchi M,Date A,Sasaki M,Makino T,Shimizu T


Estimation of restraint stress in rats using salivary amylase activity
The Journal of Physiological Sciences,62(5):421-427 2012(Jul.)
Author:Matsuura T,Takimura R,Yamaguchi M,Ichinose M


唾液バイオマーカーによる精油の嗜好と生理反応の関連性の検証
アロマテラピー学雑誌,12(1):34-40 2012(Mar. 31)
Author:中野 敦行,長山 優,佐々木 誠,山口 昌樹


舌骨上筋群の協調運動を利用した舌運動推定法
生体医工学,50(1):31-37 2012(Feb. 10)
Author:佐々木 誠,荒川 峻之,中山 淳,山口 昌樹


Patterns of Salivary Cortisol Levels Can Manifest Work Stress in Emergency Care Providers
The Journal of Physiological Sciences,62(3):191-197 2012(Feb.)
Author:Nakajima Y,Takahashi T,Shetty V,Yamaguchi M


Noninvasive Evaluation of the Chronic Influence of Local Air Velocity from an Air Conditioner using Salivary Cortisol and Skin Caspase-14 as Biomarkers of Psychosomatic and Environmental Stress
The Journal of International Medical Research,40(4):1429-1437 2012
Author:M Yamaguchi,H Nishimiya


Fabrication of Flexible Electrodes using Inkjet Printer
電気学会論文誌 E,132-E(6):172-173 2012
Author:Shigeru Toyama,Kenichi Takahashi,Masaki Yamaguchi


An Analytical Technique for Measuring Protein Carbonyl in the Stratum Corneum Using Surface Plasmon Resonance
International Journal of Cosmetic Science,34:81-85 2012
Author:Akira Date,Tomoki Shimakura,Makoto Sasaki,Masaki Yamaguchi


Effect of Facial Expression of Mother on 15-21-Month-Old Infants Using Salivary Biomarker
Sensors and Materials,23(1):87-94 2011(Aug.)
Author:Akiko Tange,Megumi Mino,Kiyoshi Miyazawa,Kazuo Hiraki,Syohji Itakura,Masaki Yamaguchi


Developmental validation of a point-of-care, salivary α-amylase biosensor
Psychoneuroendocrinology,36(2):193-199 2011(Jul.)
Author:Shetty V,Zigler C,Robles TF,Elashoff D,Yamaguchi M


救急医療従事者の夜間勤務が唾液アミラーゼ活性の日内変動へもたらす影響
日本救急医学会雑誌,22(3):117-124 2011(Mar.)
Author:中島 康,高橋 貴之,山口 昌樹


微細周期構造で撥水性を改善したバイオマスプラスチック成形品
日本機械学会論文集 (B編),77(776):1127-1129 2011(Feb.)
Author:山口 昌樹,佐々木 雄吾,佐々木 誠,廣瀬 宏一


The feasibility of ambulatory biosensor measurement of salivary alpha amylase: Relationships with self-reported and naturalistic psychological stress
Biological psychology,86(1):50-56 2011(Jan.)
Author:Robles TF,Shetty V,Zigler CM,Glover DA,Elashoff D,Murphy D,Yamaguchi M


Influence of local air velocity from air conditioner evaluated by salivary and skin biomarkers
BUILDING AND ENVIRONMENT,45(11):2539-2544 2010(Nov.)
Author:Yamaguchi Masaki,Takahashi Takayuki,Yoshino Yuichiro,Sasaki Makoto,Nishimiya Hajime


カタラーゼによる皮膚の光ストレスの評価
ライフサポート,22(3):119-124 2010(Sep. 05)
Author:伊達 朗,佐々木 誠,嶋倉 知希,山口 昌樹


Immunochromatographic cortisol biosensor using enzyme-labeled conjugate
Sensors and Materials,22(8):427-437 2010(Jan.)
Author:Yusuke Tahara,Suguru Yoshikawa,Vivek Shetty,Masaki Yamaguchi


唾液アミラーゼモニターの検査成績
ライフサポート,21(3):130-134 2009(Sep. 10)
Author:山口 昌樹,吉田 博,岡部 則夫


唾液アミラーゼと首尾一貫感覚 (SOC) との関連,ストレス対処能力の指標
日本生理人類学会誌,14(3):109-116 2009(Aug. 25)
Author:中林 美奈子,鈴木 麻希,柴田 佳奈子,水橋 隆志,寺村 一孝,山口 昌樹,成瀬 優知,篠原 寛明


唾液アミラーゼ活性は中学生の心身ストレスの指標になり得るか
生体医工学,47(2):166-171 2009(Apr. 10)
Author:村上 満,田原 祐助,竹田 一則,山口 昌樹


ヒト皮膚状態評価のための角質のカテプシンL活性分析法
分析化学,58(1):15-19 2009
Author:田原 祐助,伊達 朗,牧野 輝彦,清水 忠道,山口 昌樹


Comparison of cathepsin L activity in cheek and forearm stratum corneum in young female adults
Skin research and technology : official journal of International Society for Bioengineering and the Skin (ISBS) [and] International Society for Digital Imaging of Skin (ISDIS) [and] International Society for Skin Imaging (ISSI),15(3):370-375 2009
Author:Yamaguchi M,Tahara Y,Makino T,Shimizu T,Date A


Influence of concentration of fragrances on salivary α-amylase
International Journal of Cosmetic Science,31(5):391-395 2009
Author:M. Yamaguchi,Y. Tahara,S. Kosaka


Evaluation of environmental and physiological factors of a whole ceiling-type air conditioner using a salivary biomarke
Building & Environment,44(6):1156-1161 2009
Author:Yusuke Tahara,Naomi Morito,Hajime Nishimiya,Hideyuki Yamagishi,Masaki Yamaguchi


Yeast transformant-based glucose biosensor for implantable application
SENSORS AND MATERIALS,20(3):131-141 2008(May)
Author:Yamaguchi Masaki,Nakano Atsunori,Taniyama Tadayoshi


A method for evaluating the discomfort induced by odor using a biochemical marker
SENSORS AND ACTUATORS B-CHEMICAL,131(1):143-147 2008(Apr.)
Author:Yamaguchi Masaki,Sakakima Josaku,Kosaka Shoshi,Nakabayashi Minako


Competitive and product inhibition-based alpha-amylase activity analysis method
CLINICAL BIOCHEMISTRY,41(4-5):325-330 2008(Mar.)
Author:Yamaguchi Masaki,Wakasugi Junichi,Sakakima Josaku


日本由来の香りが日本人にもたらす交感神経活動の鎮静作用
日本生理人類学会誌,13(1):49-56 2008(Feb. 25)
Author:花輪 尚子,才木 祐司,山口 昌樹


Correlation of Salivary Amylase Activity With Eustress in Patients With Severe Motor and Intellectual Disabilities
The Japanese Journal of Special Education,45(6):447-457 2008
Author:Kazunori TAKEDA,Maiko WATANABE,Mieko ONISHI,Masaki YAMAGUCHI


Physical Effects of Santalol Inhalation on Sleep
Life Support,20(4):158-163 2008
Author:Naoko Hanawa,Yasuyuki Hasegawa,Masaki Yamaguchi


Secretory and continuous expression of Aspergillus niger glucose oxidase gene in Pichia pastoris
PROTEIN EXPRESSION AND PURIFICATION,55(2):273-278 2007(Oct.)
Author:Yamaguchi Masaki,Tahara Yusuke,Nakano Atsunori,Taniyama Tadayoshi


Evaluation of the acute sedative effect of fragrances based on a biochemical marker
JOURNAL OF ESSENTIAL OIL RESEARCH,19(5):470-476 2007(Sep.)
Author:Yamaguchi Masaki,Hanawa Naoko,Hamazaki Kei,Sato Kimiharu,Nakano Kimihiro


唾液アミラーゼ式交感神経モニタの基礎的性能
生体医工学,45(2):161-168 2007(Jun. 10)
Author:山口 昌樹,花輪 尚子,吉田 博


Gender-specific differences in salivary biomarker responses to acute psychological stress
ORAL-BASED DIAGNOSTICS,1098:510-515 2007(Apr.)
Author:Takai Noriyasu,Yamaguchi Masaki,Aragaki Toshiaki,Eto Kenji,Uchihashi Kenji,Nishikawa Yasuo


Evaluation of Driver Stress in a Motor-vehicle Driving Simulator Using a Biochemical Marker
The Journal of International Medical Research,35(1):91-100 2007
Author:M. Yamaguchi,J. Sakakima


Evaluation of the sedative effect of fragrance on Filipinas using a biochemical marker
Journal of physiological anthropology,26(2):247-251 2007
Author:Yamaguchi M,Sakakima J,Sato K,Nakano K


ドライビングシミュレータを用いた運転ストレスの試験方法
電気学会論文誌 E,126-E(8):438-444 2006(Aug.)
Author:出口 満生,若杉 純一,池上 達也,難波 晋治,山口 昌樹


Correlation of haloperidol levels between submandibular saliva and brain in the rat
ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY,51(7):567-572 2006(Jul.)
Author:Takai Noriyasu,Eto Kenji,Uchihashi Kenji,Yamaguchi Masaki,Nishikawa Yasuo


Hand-held monitor of sympathetic nervous system using salivary amylase activity and its validation by driver fatigue assessment
Biosensors & bioelectronics,21(7):1007-1014 2006(Jan.)
Author:Yamaguchi M,Deguchi M,Wakasugi J,Ono S,Takai N,Higashi T,Mizuno Y


The Effects of Exercise in Forest and Urban Environments on Sympathetic Nervous Activity of Normal Young Adults
The Journal of International Medical Research,34(2):152-159 2006
Author:M Yamaguchi,M Deguchi,Y Miyazaki


Non-verbal Communication Method Based on a Biochemical Marker for Persons with Severe Motor and Intellectual Disabilities
The Journal of International Medical Research,34(1):30-41 2006
Author:Masaki Yamaguchi,Kazunori Takeda,Mieko Onishi,Mitsuo Deguchi,Tomoyuki Higashi


Prediction of blood glucose level of type 1 diabetics using response surface methodology and data mining
Medical & Biological Engineering & Computing,44(6):451-457 2006
Author:M. Yamaguchi,C. Kaseda,K. Yamazaki,M. Kobayashi


Flat-chip microanalytical enzyme sensor for salivary amylase activity
Biomedical microdevices,7(4):295-300 2005(Dec.)
Author:Yamaguchi M,Deguchi M,Wakasugi J


Error Grid Analysis of Noninvasive Glucose Monitoring Via Gingival Crevicular Fluid
IEEE Transactions on Biomedical Engineering,52(10):1796-1798 2005(Oct.)
Author:Masaki Yamaguchi,Shigenori Kambe,Katsuya Yamazaki,Masashi Kobayashi


Point of care testing system via enzymatic method for the rapid, efficient assay of glycated albumin
Biosensors & Bioelectronics,21(3):426-432 2005(Sep.)
Author:Masaki Yamaguchi,Shigenori Kambe,Takashi Eto,Masaru Yamakoshi,Takuji Kouzuma,Nobuyuki Suzuki


Evaluation of Time-course Changes of Gingival Crevicular Fluid Glucose Levels in Diabetics
Biomedical Microdevices,7(1):53-58 2005(Mar.)
Author:Masaki Yamaguchi,Ryuki Takada,Shigenori Kambe,Toyomasa Hatakeyama,Ken Naitoh,Katsuya Yamazaki,Masashi Kobayashi


Effect of psychological stress on the salivary cortisol and amylase levels in healthy young adults
Archives of Oral Biology,49(12):963-968 2004(Dec.)
Author:Noriyasu Takai,Masaki Yamaguchi,Toshiaki Aragaki,Kenji Eto,Kenji Uchihashi,Yasuo Nishikawa


Performance evaluation of salivary amylase activity monitor
Biosensors & Bioelectronics,20(3):491-497 2004(Oct.)
Author:Masaki Yamaguchi,Takahiro Kanemori,Masaki Kanemaru,Noriyasu Takai,Yasufumi Mizuno,Hiroshi Yoshida


Inactivation of Gram-positive Bacteria Using Lytic Enzyme Mixture
Sensors and Materials,16(7):335-343 2004(Aug.)
Author:Masaki Yamaguchi,Yusuke Tahara,Mitsuo Deguchi,Jun-ichiro Arai


Noninvasive Monitoring of Gingival Crevicular Fluid for Estimation of Blood Glucose Level
Medical & Biological Engineering & Computing,42(3):322-327 2004(May)
Author:M. Yamaguchi,Y. Kawabata,S. Kambe,K. Wardell,F.H. Nystrom,K. Naitoh,H. Yoshida


Proposal of Blood-collecting Needle Approach to Semi-invasive Method
Diabetes Research and Clinical Practice,:S179-S183 2004
Author:Masaki Yamaguchi,Yuji Kawabata,Katsuya Yamazaki,Masashi Kobayashi,Takehito Ito


Proposal of Noninvasive Liver Function Measurement Method via Saliva
IEEJ Trans. SM,123(11):483-486 2003(Nov.)
Author:Masaki Yamaguchi,Yuji Kawabata,Toyomasa Hatakeyama,Yoshiro Kasii


Test-strip Type Salivary Amylase Activity Monitor and Its Evaluation
Sensors and Materials,15(5):283-294 2003(Aug.)
Author:Masaki Yamaguchi,Takahiro Kanemori,Masashi Kanemaru,Yasufumi Mizuno,Hiroshi Yoshida


データマイニングによる血糖値の変動傾向の推定
生体医工学,41(2):43-49 2003(Jun. 10)
Author:山口 昌樹,神戸 成典,山崎 勝也,小林 正,本田 宣昭,筒井 宏明,綛田 長生


The Influence of Physical Stress on Amylase Activity in Human Saliva
Life Support,15(3):120-127 2003(Jun.)
Author:Masaki Yamaguchi,Takahiro Kanemori,Masashi Kanemaru,Yasufumi Mizuno,Noriyasu Takai


Flow-injection-type Biosensor System for Salivary Amylase Activity
Biosensors & Bioelectronics,18(5-6):835-840 2003(Mar.)
Author:Masaki Yamaguchi,Masashi Kanemaru,Takahiro Kanemori,Yasufumi Mizuno


低侵襲化を目指した自動吸引可能な採血針
生体医工学,40(2):80-85 2002(Jun. 10)
Author:山口 昌樹,川畠 裕司,山崎 勝也,小林 正,伊藤 武仁


非侵襲血糖測定に用いる歯肉溝液採取器具の経時的な評価
生体医工学,40(1):13-19 2002(Mar. 10)
Author:山口 昌樹,福士 夕紀子,川畠 裕司,亀井 智成


唾液アミラーゼ活性はストレス推定の指標になり得るか
医用電子と生体工学,39(3):234-239 2001(Sep. 10)
Author:山口 昌樹,金森 貴裕,金丸 正史,水野 康文,吉田 博


歯肉溝液を用いた非侵襲血糖測定システムについての検討
PRACTICE,18(2):187-192 2001(Mar.)
Author:花房 美樹,宮原 弥恵,渡邉 浩,藤川 るみ,小出 純子,大久保 雅通,江草 玄士,山口 昌樹


Gingival crevicular fluid collecting device used for analyzing microvolume sample solutions
Sensors and Materials,13(3):155-167 2001(Feb.)
Author:M. Yamaguchi,Y. Fukushi,K. Yamazaki,M. Kobayashi


唾液式非侵襲血糖測定器の携帯化と評価
医用電子と生体工学,38(2):35-41 2000(Jun. 10)
Author:山口 昌樹,佐藤 太亮,畠山 豊正,大久保 雅通


円筒状リニア同期モータの推力特性の改善
電気学会論文誌 D,119-D(12):1494-1499 1999(Dec.)
Author:山口 昌樹,安藤 善之,鹿野 快男,小林 学,苅田 充二


レール支持機構を採用した搬送用リニア同期モータ
電気学会論文誌 D,119-D(6):908-909 1999(Jun.)
Author:山口 昌樹,古川 隆幸,鹿野 快男,村田 究


薄形サーフェイスモータの試作
日本応用磁気学会誌,23(4-2):1705-1708 1999(Apr. 15)
Author:山口 昌樹,三澤 康司,鹿野 快男


リニア電磁誘導式噴流はんだポンプの開発
日本応用磁気学会誌,23(4-2):1701-1704 1999(Apr. 15)
Author:小野崎 純一,増田 二紀,斎藤 浩司,山口 昌樹


ディザを用いたリニア直流モータの駆動特性の改善
電気学会論文誌 D,119-D(4):552-553 1999(Apr.)
Author:鹿野 快男,山口 昌樹,三澤 康司,芝田 知幸,長沢 義明,小野山 利昭


Localization of neuronal-constitutive nitric oxide synthase and secretory regulation by nitric oxide in the rat submandibular and sublingual glands
Archives of Oral Biology,44(9):745-750 1999(Apr.)
Author:N. Takai,K. Uchihashi,K. Higuchi,Y. Yoshida,M. Yamaguchi


唾液分析システムを用いた非侵襲血糖測定
電気学会論文誌 E,118-E(12):621-626 1998(Dec.)
Author:山口 昌樹,鹿野 快男,三ツ森 正之


Static and Dynamic Characteristics of Double Armature D.C. Linear Motor
電気学会論文誌 D,118-D(9):1050-1055 1998(Sep.)
Author:Amitaba Basak,A.F.Flores-filho,Yoshio Kano,Masaki Yamaguchi


Noninvasively Measuring Blood Glucose Using Saliva
IEEE Engineering in Medicine and Biology Magazine,17(3):59-63 1998(Jun.)
Author:Masaki Yamaguchi,Masayuki Mitsumori,Yoshio Kano


Driving Performance of a Two Dimensional Homopolar Linear DC Motor
電気学会論文誌 D,118-D(5):667-673 1998(May)
Author:Yijia Wang,Masaki Yamaguchi,Yoshio Kano


円筒状磁石可動形リニア振動アクチュエータの静推力特性
日本応用磁気学会誌,22(4-2):965-968 1998(Apr.)
Author:高野 豊,Yu-Kai Huang,松本 好司,水野 勉,山口 昌樹,山田 一


触覚用ディスプレイに用いる小形リニア電磁ソレノイドの基礎設計
日本応用磁気学会誌,22(4-2):945-948 1998(Apr.)
Author:山口 昌樹,白土 悟,鹿野 快男


リードスイッチで励磁回路を構成したリニア直流モータ
日本応用磁気学会誌,22(4-2):961-964 1998(Apr.)
Author:鹿野快男,安藤善之,山口昌樹


Investigation on the Electromagnetic Force Distribution in the Armature Teeth of a Parmanent Magnet DC Motor
電気学会論文誌 A,117-A(12):1170-1176 1997(Dec.)
Author:Yijia Wang,Masaki Yamaguchi,Yoshio Kano


田形コイルを用いた直流サーフェイスモータ
電気学会論文誌 D,117-D(9):1162-1167 1997(Sep.)
Author:鹿野 快男,山口 昌樹,菅原 正行


唾液は血糖値推定の指標になり得るか
ライフサポート学会誌,9(2):3-8 1997(Jul.)
Author:山口 昌樹,木村 一,三ツ森 正之,鹿野 快男


血糖値と唾液糖値の相関に関する検討
日本糖尿病学会誌,40(6):335-340 1997(Jun.)
Author:山口 昌樹,木村 一,鹿野 快男,喜多 純子,江草 玄士


人工心臓駆動用リニアモータの設計的考察
電気学会論文誌 D,117-D(5):603-608 1997(May)
Author:山口 昌樹,鹿野 快男,小林 学,山田 一


角柱形リニア直流モータの位置制御特性
日本応用磁気学会誌,21(4-2):857-860 1997(Apr.)
Author:鹿野 快男,山口 昌樹,真鍋 克之


自己復帰形リニア電磁ソレノイドの試作
日本応用磁気学会誌,21(4-2):829-832 1997(Apr.)
Author:鹿野 快男,山口 昌樹,白土 悟


シリコーン膜にアモルファス磁心を固定した差動式変位センサ
日本応用磁気学会誌,21(4-2):641-644 1997(Apr.)
Author:山口 昌樹,田中 宏和,鹿野 快男


リニアモータ駆動型全人工心臓の駆動特性
人工臓器,26(2):321-326 1997(Apr.)
Author:小林 学,水野 浩司,水野 勉,山口 昌樹,苅田 充二,前田 豊,松浦 雄一郎,福永 信太郎,山田 一


MOSFET を用いたチャネルチョッピング法による植物表面電位計測
生物環境調節,34(3):209-214 1996(Sep.)
Author:鹿野 快男,山口 昌樹


リニアパルスモータの動推力解析
日本応用磁気学会誌,20(2):617-620 1996(Apr.)
Author:山田 一,小林 学,渡辺 充昭,水野 浩司,山口 昌樹


完全人工心臓駆動用モータの特性値の比較
日本応用磁気学会誌,20(2):669-672 1996(Apr.)
Author:山口昌樹,鹿野快男,小林学,山田一


リニア磁気アクチュエータによる不全心救命装置
日本応用磁気学会誌,19(2):505-508 1995(Apr.)
Author:小林 学,鈴木 健治,山口 昌樹,小林 勝昭,松浦 雄一郎,山田 一


Development of a linear motor-driven total artificial heart and its animal testing
IEEE Engineering in Medicine and Biology Magazine,14(1):84-90 1995(Feb.)
Author:H. Yamada,M. Yamaguchi,K. Kobayashi,Y. Matsuura,H. Takano


リニア比例ソレノイドの静推力特性の改善
日本応用磁気学会誌,18(2):539-542 1994(Apr.)
Author:山田 一,木原 秀,山口 昌樹,中川 浩良,萩原 勝夫


完全人工心臓駆動用リニアパルスモータの信頼性評価
電気学会論文誌 D,114-D(1):94-100 1994(Jan.)
Author:山口 昌樹,山田 一


油圧制御弁用リニア比例ソレノイドの推力解析
日本応用磁気学会誌,17(2):459-464 1993(Apr.)
Author:山田 一,中川 浩良,山口 昌樹,萩原 勝夫,Y. Dai


リニアモータ駆動型完全人工心臓 2 機種の性能比較
日本応用磁気学会誌,17(2):453-458 1993(Feb.)
Author:山口 昌樹,小林 勝昭,山本 行雄,山田 一


Development of a linear pulse motor driven artificial heart with left and right ventricles
Artificial Organs Today,2(3):227-236 1992(Oct.)
Author:H. Yamada,H. Wakiwaka,M. Yamaguchi,T. Yano,M. Karita,Y. Mitamura,T. Akutsu


円筒状鉄心可動形リニア振動アクチュエータの静推力特性解析
電気学会論文誌 D,112-D(7):657-662 1992(Jul.)
Author:山口 昌樹,水野 勉,飯尾 稔,奈雲 正通,鈴木 弘也,山田 一


リニアモータ駆動型両心人工心臓の性能試験
日本応用磁気学会誌,16(2):461-466 1992(Feb.)
Author:山口昌樹,矢野剛,苅田充二,山本行雄,山田祥治,山田一


角柱形共振器を用いたリニア超音波モータ
電子情報通信学会誌,J73-A(6):1178-1179 1990(Jun.)
Author:山口 昌樹,岩尾 直人,山田 祥治


講演・口頭発表等
超短パルスレーザーによる表面への機能的テクスチャの付与技術
あいち産業科学技術総合センター,尾張繊維技術センター 2020(Jan.)
Presenter:山口 昌樹


Reaction Area-enhanced Fibers Used for Knitting Based-biosensor
The 17th International Conference on Biomedical Engineering (ICBME 2019) 2019(Dec.)
Presenter:Masaki Yamaguchi, Tatsushi Eimura, Hidehiro Shimada


Clinical Utility of Salivary Cytokines for Children with Attention Deficit Hyperactivity Disorder
International Conference on BioSensing Technology 2019 (ICBST2019) 2019(Sep.)
Presenter:Masaki Yamaguchi, Daimei Sasayama, Shinsuke Washizuka


バイオミメティクス加工学の産業展開―バイオエンジニアリング研究の25年―
電気学会マグネティックス・リニアドライブ合同研究会,信州大学 2019(Jun.)
Presenter:山口 昌樹


唾液バイオマーカーによる運動ストレスの非侵襲的な可視化に向けて
LIFE2018 (第34回ライフサポート学会大会) 2018(Sep.)
Presenter:山口 昌樹


バイオミメティクス構造の産業応用の新展開
長野県工科短期大学校材料技術研究会 2018(Sep.)
Presenter:山口 昌樹


超高感度バイオセンサの技術トレンドとそれを支えるバイオミメティクス
Shinshu Smart Spectrum Chip (SSSC) 研究会セミナー, 長野県テクノ財団 2017(Nov.)
Presenter:山口 昌樹


唾液サイトカイン群の網羅解析による肺がんスクリーニングの可能性
生体医工学シンポジウム2017 2017(Sep.)
Presenter:山口 昌樹


フェムト秒レーザーによる超撥水表面の創製
天田財団第1回レーザプロセッシング助成研究成果発表会 2017(Jun.)
Presenter:山口 昌樹


バイオマーカーを用いた心身ストレスの可視化技術
繊維学会年次大会 2017(Jun.)
Presenter:山口 昌樹


Immunosensor Using Micropattern-enhanced Centrifugal Fluid Valve
International Conference on BioSensors, BioElectronics, BioMedical Devices, BioMEMS/NEMS and Applications 2017 (Bio4Apps 2017) 2017
Presenter:Tomoki Shimakura, Yusuke Machida, Masaki Yamaguchi


Clinical Utility of Blood Cytokine Panels for Colon Cancer
IEEE Healthcare Innovation Point-Of-Care Technologies Conference (HI-POCT 17) 2017
Presenter:Shin Okamura, Tomonobu Koizumi, Yuki Nakayama, Vivek Shetty, Masaki Yamaguchi


A Proposal of Signal Amplification Method for Immunosensor Using Photo-responsive Micro-capsules
38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2016(Aug.)
Presenter:Yuya Fujisawa, Masaki Yamaguchi


Numerical Studies of Dynamic Droplet Moving for Fluid Analysis
Tenth International Symposium on Contact Angle, Wettability and Adhesion 2016(Jul.)
Presenter:MASAKI YAMAGUCHI, TETSUHIRO SAKATA, SHUNSUKE TAMURA, KENSUKE YOKOI


Numerical studies of dynamic droplet moving for fluid analysis of biosensor
26th Anniversary World Congress on Biosensors (Biosensors 2016) 2016(May)
Presenter:M. Yamaguchi, T. Sakata, K. Yokoi


Micropattern-enhanced hydrophobicity of centrifugal fluid valve in immunosensor
26th Anniversary World Congress on Biosensors (Biosensors 2016) 2016(May)
Presenter:M. Yamaguchi, Y. Machida, V. Shetty


Signal amplification method for immunosensor using photo-responsive micro-capsules
26th Anniversary World Congress on Biosensors (Biosensors 2016) 2016(May)
Presenter:M. Yamaguchi, H. Katagata, S. Mochizuki, K. Katagiri


フェムト秒レーザーを用いたナノ微細周期構造の作成とそのデバイス応用
第84回レーザ加工学会講演会 2016(Jan.)
Presenter:山口 昌樹


唾液バイオマーカーは心身ストレスを発信する
日本動物細胞工学会2015 2015(Jul.)
Presenter:山口 昌樹


物質表面への微細構造付与による濡れ性の制御技術
電気学会リニアドライブ研究会 LD-15-6 2015(May)
Presenter:山口 昌樹


Non-invasove Biosensors for Stress Monitoring
UK-Japan Workshop: Biosensing Technology for Innovative Healthcare 2014(Dec.)
Presenter:Masaki Yamaguchi


A Disc-shaped Power Supply Line-free Mass Sensor for Measuring Biomarker
The Fifth International Conference on Sensor Device Technologies and Application (SENSORDEVICES 2014) 2014(Nov.)
Presenter:Masaki Yamaguchi, DongSu You, Yuki Nakayama


唾液バイオマーカーはストレスを発信する
日本ストレス学会学術総会第30回記念大会 2014(Nov.)
Presenter:山口 昌樹


ストレス検査の現状と展望 ―唾液でわかる運動の効用―
公益社団法人日本フィットネス協会 ACSM CECセミナー 2013(Nov.)
Presenter:山口 昌樹


唾液コルチゾール測定器の開発とビッグデータの活用
第66回日本自律神経学会総会 2013(Oct.)
Presenter:山口 昌樹


Threshold Levels for Wettability in Nano- and Micro-meter Periodic Structures
35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2013(Jul.)
Presenter:Yamaguchi M, Sasaki S, Sasaki Y, Sasaki M, Chiba T, Itoh N, Ishikawa K


Real-Time Estimation of Tongue Movement based on Suprahyoid Muscle Activity
35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2013(Jul.)
Presenter:M. Sasaki, K. Onishi, T. Arakawa, A. Nakayama, D. Stefanov, M. Yamaguchi


Fabrication of Semi-invasive Micro-needle Array Using Gradation Exposure
Pacific Rim Meeting on Electrochemical and Solid-state Science (PRiME2012) 2012(Oct.)
Presenter:M. Yamaguchi, Y. Sasaki, Y. Kimura, M. Sasaki, Y. Nakayama


唾液マーカーを用いたストレス評価と快適衣服設計への応用
(財)富山県新世紀産業機構 先端繊維開発研究会 2012(Sep.)
Presenter:山口 昌樹


Capacitive Gas-bubble Sensor for Solid Oxide Fuel Cell
Proceedings of the 14th International Meeting on Chemical Sensors (IMCS2012) 2012(May)
Presenter:A. Kobayashi, H. Hiraoka, M.Yamaguchi


唾液マーカーを用いたストレス可視化技術
日本繊維製品消費科学会 第43回快適性を考えるシンポジウム 2012(Apr.)
Presenter:山口 昌樹


快適センサとスマートグリッドによる快適環境の創出
平成22年度東北経済産業局地域新成長産業促進事業 第2回先端医療,ヘルスケア機器の戦略的フィージビリティースタディー研究会 2011(Feb.)
Presenter:山口 昌樹


金属表面の微細周期構造で撥水性を改善した樹脂成形品
科学技術振興機構 新技術説明会 2011(Jan.)
Presenter:山口 昌樹


バイオマーカーに基づく機能性香辛料の設計法の構築
山崎香辛料振興財団 研究成果セミナー 2011(Jan.)
Presenter:山口 昌樹


唾液による非侵襲的な生体情報計測
次世代センサ協議会 次世代センサ総合シンポジウム 2010(Nov.)
Presenter:山口 昌樹


唾液バイオセンサによる生体計測
北東北ナノ・メディカルクラスター研究会 2010(Oct.)
Presenter:山口 昌樹


ストレス検査の現状と展望
ヒューマンストレス産業技術研究会 第20回講演会 2010(Oct.)
Presenter:山口 昌樹


唾液ストレス検査の展望
第38回日本バイオフィードバック学会学術総会 教育講演 2010(Jul.)
Presenter:山口 昌樹


唾液バイオセンサによる非侵襲的診断
化学工学会シンポジウム「メディカルエレクトロニクスに於ける実装材料,プロセスとその応用」 2010(Jul.)
Presenter:山口 昌樹


唾液ストレスマーカーの種類と使い方
社団法人自動車技術会 音質評価技術部門委員会 2010(Apr.)
Presenter:山口 昌樹


早期診断のためのバイオマーカーを用いた簡易な皮膚検査技術へのアプローチ
Dermatologic Research Conference in Toyama 2009(Dec.)
Presenter:山口 昌樹


ストレスを評価する
第46回日本臨床生理学会総会 教育講演 2009(Oct.)
Presenter:山口 昌樹


医療とセンシング
平成21年電気学会全国大会 シンポジウム 2009(Mar.)
Presenter:山口 昌樹


唾液で香りのストレスを測る
芳香消臭脱臭剤協議会第21回通常総会 記念講演会 2008(Nov.)
Presenter:山口 昌樹


Noninvasively Evaluation on Human Stress Using Salivary Biomarker
EHRLICH II ― 2nd World Conference on Magic Bullets 2008(Oct.)
Presenter:Masaki Yamaguchi


バイオマーカーによる非侵襲的な生体計測技術 ―血糖測定とストレス評価―
大阪歯科大学中央歯学研究所講演会 2007(Dec.)
Presenter:山口 昌樹


非侵襲的なバイオマーカーの採取・分析による生体計測 ―血糖測定とストレス計測―
(独)科学技術振興機構 イノベーション・ジャパン2007 新技術説明会 2007(Sep.)
Presenter:山口 昌樹


唾液で測るあなたのストレス度 ―良いストレスと悪いストレス―
日本学術会議 中部地区会議学術講演会 2007(Jul.)
Presenter:山口 昌樹


バイオマーカーを用いた交感神経活性の評価
第34回自律神経生理研究会 2006(Dec.)
Presenter:山口 昌樹


唾液で測るあなたの健康とストレス
北陸4大学連携まちなかセミナー 2006(Nov.)
Presenter:山口 昌樹


唾液マーカーでストレスを測る
第9回若手研究者のための生命科学セミナー 2006(Oct.)
Presenter:山口 昌樹


唾液バイオマーカーを用いた五感センシング
徳島大学栄養COE特別講演会 2006(Sep.)
Presenter:山口 昌樹


幸せ度を映し出す唾液バイオマーカー
平成18年度電気関係学会北陸支部連合大会 2006(Sep.)
Presenter:山口 昌樹


バイオマーカーを用いた香りの評価
第2回アロマファーマコロジーシンポジウム 2006(Jan.)
Presenter:山口 昌樹


バイオマーカーによる非侵襲的な血糖測定とその開発トレンド
第4回日本Glycemic Index 研究会 2005(Jul.)
Presenter:山口 昌樹


デファクトスタンダードを目指した快適評価ビジネスの展開
平成16年度電気関係学会北陸支部連合大会 2004(Sep.)
Presenter:山口 昌樹


新規なストレス指標としての唾液アミラーゼ
日本ME学会大会シンポジウム 2004(May)
Presenter:山口 昌樹


新規なストレス指標としての唾液アミラーゼ
ヒューマンストレス産業技術研究会 2004(Jan.)
Presenter:山口 昌樹


携帯型非侵襲的血糖測定システム
日本ME学会春季大会シンポジウム 2000(May)
Presenter:山口 昌樹


リニア位置決めシステムの新展開 (5)医療・福祉への展開
電気学会産業応用部門全国大会シンポジウム 1998(Aug.)
Presenter:山口 昌樹


リニアパルスモータ駆動型完全人工心臓の開発
電気関係学会東海支部連合大会シンポジウム 1993(Oct.)
Presenter:山口 昌樹


MISC
スポーツにおける生体計測とその評価
月刊ファインケミカル,48(4):58 2019
Author:山口 昌樹


唾液サイトカイン群の網羅解析による肺がんスクリーニングの可能性
月刊ファインケミカル,47(4):19 2018
Author:山口 昌樹


IoT時代の病気の診断とモニタリング
NATURE INTERFACE,71:11 2017
Author:山口 昌樹


バイオセンサの流体制御機構
化学工業,68(2):6 2017
Author:山口 昌樹


フェムト秒レーザーによる超撥水表面の創製
FORM TECH REVIEW,26:154 2017
Author:山口 昌樹


バイオミメティクス構造の産業応用の新展開 -超微細加工技術で新しい付加価値を-
研究開発リーダー,14(9):66 2017
Author:山口 昌樹


唾液を用いたストレスの計測と回復支援
精密工学会誌,82(8):731 2016
Author:山口 昌樹


Point of Care Testing in the Time of P5 Medicine
Sensors and Materials,28(10):1141 2016
Author:Vivek Shetty and Masaki Yamaguchi


Centrifugal Microfluidic Control Mechanisms for Biosensors
Sensors and Materials,28(10):1117 2016
Author:Masaki Yamaguchi and Vivek Shetty


唾液バイオマーカーはストレスを発信する
ストレス科学,29(4):355 2015
Author:山口 昌樹


15th International Meeting on Chemical Sensors (IMCS15) 報告
電気学会論文誌 E,134-D(7):PNL7 2014
Author:山口 昌樹


金型表面の微細周期構造で動的な濡れ性を改善した樹脂成形品
プラスチックス,65(12):13 2014
Author:山口 昌樹


唾液コルチゾール測定器の開発とビッグデータの活用
自律神経,51(3):140 2014
Author:山口 昌樹


唾液バイオマーカーによる仰臥位搬送の不快感と生理反応の関連性の検証
日本救命医療学会雑誌,28:1 2014
Author:中山 友紀,山本 貴晶,山口 昌樹


唾液アミラーゼ活性による救急運転者の緊張感の評価
日本救命医療学会雑誌,28:9 2014
Author:中山 友紀,山本 貴晶,山口 昌樹


唾液センサによる予防医療の革新
人工臓器,42(1):93 2013
Author:山口 昌樹


震災復興に貢献する唾液コルチゾール測定器の開発
機能材料,33(1):57 2013
Author:山口 昌樹,丹羽 大介


唾液ストレスマ-カ-と非侵襲的診断
Bio Industry,29(10):25 2012
Author:山口 昌樹


Salivary Sensors for Quantification of Stress Response Biomarker
Electrochemistry,79(6):442 2011
Author:Masaki YAMAGUCHI,Vivek SHETTY


バイオマスプラスチックの医療用具への応用に向けて
プラスチックス,62(6):1 2011
Author:山口 昌樹


唾液アミラーゼによるストレスの評価
バイオフィードバック研究,38(1):3 2011
Author:中野 敦行,山口 昌樹


皮膚マーカーによる光ストレス検査へのアプローチ
Bio Industry,28(4):43 2011
Author:山口 昌樹


ナノインプリントモールドを用いた微細周期構造による撥水性付与技術
月刊Material Stage,11(5):10 2011
Author:山口 昌樹


病態からみたストレスの比較-唾液アミラーゼ活性を測定して
診断と治療,98(11):1884 2010
Author:藤井 宏二,石井 亘,松村 博臣,柿原 直樹,大垣 雅晴,井川 理,泉 浩,谷口 弘毅,竹中 温,山口 昌樹


金型表面の微細周期構造で撥水性を改善した樹脂成形品
表面,48(6):26 2010
Author:山口 昌樹


表面の微細周期構造で撥水性を付与する金型-ロータス効果-
機能材料,30(11):36 2010
Author:山口 昌樹


特集 バイオマスプラスチックの産業応用を支援する金型技術,環境配慮型商品時代の到来-まえがきに代えて-
機能材料,30(11):5 2010
Author:山口 昌樹


医療を支援するロボティクス 特集にあたって-医療がロボットに求めるもの-
Bio Industry,27(4):5 2010
Author:山口 昌樹


パワーアシストロボットの動向
Bio Industry,27(4):25 2010
Author:佐々木 誠,山口 昌樹


Salivary Sensors in Point-of-Care Testing
Sensors and Materials,22(4):143 2010
Author:Masaki Yamaguchi


唾液バイオセンサによるポイント・オブ・ケア検査の実現とライフサポート
null,77(9):818 2009
Author:山口 昌樹


唾液検査の現状と近未来
臨床検査,53(7):779 2009
Author:山口 昌樹


QOL向上のためのストレス計測技術 特集にあたって
Bio Industry,25(6):5 2008
Author:山口 昌樹


ヒューマンストレスのバイオマーカー
Human Science,19(2):18 2008
Author:山口 昌樹


環境による精神的ストレスを唾液で測れますか
砂防と治水,178:11 2007
Author:山口 昌樹,田原 祐助


唾液マーカーでストレスを測る
日薬理誌,129(2):80 2007
Author:山口 昌樹


唾液検査は歯科医の未来を変えるかもしれない
日本歯科評論,67 2007
Author:高井 規安,山口 昌樹,西川 泰央
Abstract:No.4 – No.6 (連載記事) (2007) No.4:172-174, No.5:174-176, No.6;182-184


唾液のストレスマーカーをみる
日本薬学会機関誌,43(1):49 2007
Author:山口 昌樹


個人差の科学に挑戦する唾液ストレスマーカー
心と社会,38(4):104 2007
Author:山口 昌樹


唾液中のアミラーゼがストレスマーカーであるというのは本当ですか?
Clinical Neuroscience,26(2):223 2007
Author:山口 昌樹


唾液による生体情報計測
Bio Industry,24(10):15 2007
Author:山口 昌樹,花輪 尚子


ドライケミストリーによるストレス評価
ぶんせき,10:526 2007
Author:山口 昌樹,高井 規安


植物精油の吸入が唾液アミラーゼに与える影響
AROMA RESEARCH,8(1):66 2007
Author:花輪 尚子,才木 祐司,山口 昌樹


唾液でストレスが測れますか?唾液から分析できるストレスマーカーについて教えてください
肥満と糖尿病,6(5):781 2007
Author:山口 昌樹


人間空間におけるセキュリティとセンシング
電気学会誌,126(1):12 2006
Author:外山 滋,山口 昌樹


香りの効果を映し出すバイオマーカー
AROMA RESEARCH,7(3):254 2006
Author:山口 昌樹


唾液による健康づくり 明日からの臨床に取り組む,唾液からこんなことがわかる!?
日本歯科評論増刊2005,:135 2005
Author:高井 規安,山口 昌樹,西川 泰央


バイオマーカーによる生体計測2 ストレスの定量評価
臨床栄養,107(7):801 2005
Author:山口 昌樹


バイオマーカーによる生体計測1 非侵襲血糖測定
臨床栄養,107(6):681 2005
Author:山口 昌樹


バイオマーカーでストレスを測る
生物工学,83(11):536 2005
Author:山口 昌樹


アミラーゼによるストレス評価
酵素工学ニュース,53:16 2005
Author:山口 昌樹


唾液アミラーゼ活性による交感神経モニタの実用化
Chemical Sensors,21(3):92 2005
Author:山口 昌樹,吉田 博


ストレスをどう測る
人間生活工学,6(3):20 2005
Author:山口 昌樹


だ液でわかるストレス
電気協会報,956:36 2004
Author:山口 昌樹


唾液をとおしてわかること
Ajico News,210:1 2003
Author:高井 規安,西川 泰央,山口 昌樹


バイオテクノロジーが化学産業に与える影響
化学装置,45(4):23 2003
Author:山口 昌樹,新井 潤一郎


センサ
人工臓器,32(3):233 2003
Author:山口 昌樹


欧州のバイオエンジニアリング
化学装置,44(12) 2002
Author:山口 昌樹


唾液アミラーゼ活性によるストレスモニタ
Bio Industry,19(10):20 2002
Author:山口 昌樹,高井 規安


子供の唾液で何がわかる?
小児歯科臨床,7(4):34 2002
Author:高井 規安,山口 昌樹


環境福祉ケミカルセンサの技術動向
電気学会技術報告 第 814 号,:66 2000
Author:環境,福祉ケミカルセンサ調査専門委員会編,山口 昌樹


歯肉溝液からの血糖自己測定
Medical Technology,28(7):674 2000
Author:山口 昌樹


搬送用リニア位置決めシステムの応用技術
電気学会技術報告 第 732 号,:46 1999
Author:搬送用リニア位置決めシステム調査専門委員会編,山口 昌樹


非侵襲血糖測定を実現するバイオセンサ
M&E,26(3):122 1999
Author:山口 昌樹


小形リニアモータシステムの特性評価と応用システム技術
電気学会技術報告 第 669 号,:50 1998
Author:小形リニアモータ特性評価調査専門委員会編,山口 昌樹


機能検査 (1)
糖尿病(Ⅲ),:426 1998
Author:山口 昌樹


高精度検出を実現したバイオセンサで唾液を用いた新しい血糖測定法を開発
M&E,25(13):62 1998
Author:山口 昌樹


搬送用リニアメカニズムの実用化動向と将来展望
電気学会技術報告 第 657 号,:76 1997
Author:搬送用リニアメカニズム調査専門委員会編,山口 昌樹


電磁駆動型人工心臓-開発の現状,Ⅳ.血液ポンプと人工弁
電気学会論文誌 D,115-D(3):192 1995
Author:山口 昌樹,妙中 義之


期待されるリニアモータ駆動型完全人工心臓
日本機械学会誌,97(902):82 1994
Author:山田 一,山口 昌樹


リニアモータ駆動型完全人工心臓への期待
病態生理,13(12):967 1994
Author:山田一,小林学,山口昌樹,松浦雄一郎,福永信太郎

特許等知的財産
登録済特許
心身状態関連情報提供装置,心身状態関連情報提供方法およびプログラム
肺がん進行度合いの評価方法,肺がん進行度合い評価装置,肺がん進行度合い評価プログラム,肺がん進行度合い評価システム及び情報通信端末装置
共振型質量センサ
マイクロ流路装置
検体採取器具
金型,その製造方法,金型を用いた樹脂成形体の製造方法並びにその製造方法によって製造された樹脂成形体
電気化学分析チップおよび電気化学分析方法
皮膚カテプシンの分析方法,皮膚の光ストレスの判定方法およびそのためのキット
コルチゾールの分析用キット,およびそのための装置
酵素センサ,該酵素センサを使用した分析方法及びキット
試験用具及び測定方法
生体液採取器具
酵素活性の測定方法および測定用試薬キット
酵素活性測定方法
アミラーゼ活性測定キット
生体液分析器具,及びかかる生体液分析器具を用いた生体液分析方法
アミラーゼ活性測定キット
測定装置及び測定方法
アミラーゼ活性測定用試薬,測定方法,および装置
酵素センサおよびそれを用いた分析装置,酵素センサの製造方法,ならびにアミラーゼ活性測定方法
アミラーゼの測定用試薬および測定方法
内臓機能パラメータの測定方法
唾液成分から血液成分への変換方法,その装置および診断装置
微量の生体試料の採取・保持方法
非侵襲的血糖値測定のためのキャピラリー装置,試験装置,測定方法及びモニター方法
微量検体の分析に用いる酵素試験紙を配設したキャピラリー用具,および測定方法
研究業績(芸術系の活動、フィールドワーク等)
その他
3次元造形技術の高度化・高速化 , 2014 -
バイオミメティクスによる撥水性・親水性の制御 , 2011 -
Development of Noninvasively Human Stress Sensor , 2000 -
Development of Noninvasively Measuring Blood Glucose Using Gingival Crevicular Fluid , 1998 -
流体制御技術の構築とバイオセンサの開発 , 1998 -
唾液バイオマーカーを用いたストレスやがんの可視化・診断技術 , 1997 -
研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2016 - 2018 , サイトカインコーディングとマイクロ粒子センサアレイによるがんの可視化 , 基盤研究(B)
2013 - 2015 , 濡れ性に基づく流体制御技術の構築とバイオセンサの迅速・高感度化 , 基盤研究(C)
2010 - 2012 , ホルモン分析のための流体制御を利用した非侵襲イムノセンサの開発 , 基盤研究(C)
2007 - 2009 , 中学生のメンタルヘルスマネージメントのための唾液バイオマーカーの探索 , 基盤研究(C)
2005 - 2006 , 重症心身障害児の情動モニタリングは可能か , 基盤研究(C)
1999 - 2000 , 唾液で糖尿病を判定できる非侵襲的な血糖測定法の試み , 奨励研究(A)
1997 - 1998 , 唾液を用いた非侵襲血糖測定は可能か , 奨励研究(A)
1996 - 1996 , 唾液は血糖値推定の指標になり得るか , 奨励研究(A)

その他公的資金
唾液マーカーによる非侵襲・迅速・安価ながん兆候の検出技術の開発
生分解性プラスチックの一体成型加工による医療用具の高度化
過敏性腸症候群の診断に用いる非侵襲マルチ分析チップの開発
非侵襲生理計測を用いた児童生徒のメンタルヘルスケア・システムの構築
バイオマーカーを用いたマルチ・ストレスセンシング機器の開発
低侵襲全自動血糖測定器の研究
歯肉溝液を用いた非侵襲血糖測定システムの開発