信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

新田 憲市  ニッタ ケンイチ

教員組織学術研究院(医学系(附属病院))電話番号0263-37-3018
教育組織医学部附属病院 高度救命救急センターFAX番号0263-37-3028
職名助教メールアドレスqqsch@shinshu-u.ac.jp
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURLhttp://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/chair/i-kyukyu/

更新日:2021/09/14

プロフィール

研究分野
救急医学
所属学会
所属学会
日本航空医療学会
日本麻酔科学会
日本集中治療医学会
日本救急医学会
日本蘇生学会
日本呼吸療法学会
日本高気圧環境学会
学歴
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1996 , 琉球大学 , 医学部

取得学位
医学博士 , 信州大学

免許・資格等
2018 , 日本高気圧学会専門医
20170401 , 日本麻酔科学専門医 指導医
20170101 , 日本救急医学会専門医 指導医
20160101 , 日本呼吸療法医学会専門医
20130401 , 日本集中治療医学会専門医
2013 , 日本蘇生学会
研究職歴等
研究職歴
2008- , 信州大学医学部附属病院救急科
2004- , 琉球大学医学部付属病院手術部助教
2003- , 那覇市立病院麻酔科
2001- , 沖縄県八重山病院麻酔科
2000- , 社会保険小倉記念病院麻酔科
1999- , 浦添総合病院麻酔科
1998- , 沖縄赤十字病院麻酔科
1998- , 琉球大学医学部附属病院麻酔科
1997- , 沖縄県立北部病院麻酔科
1997- , 沖縄県立宮古病院麻酔科
1996- , 琉球大学医学部付属病院 医員

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
書籍等出版物
チアノーゼ 症状・微候を看るカーアセスメントから初期対応(ケア)までー, 141-47
総合医学社 2013
Author:新田憲市


論文
Do the Efficacy and Safety of Treatment with Landiolol, an Ultra-short-acting β1-Selective Blocker, Differ in the Urgent Management of Rapid Atrial Fibrillation between Patients Complicated with Cardiac Versus Non-cardiac Disease ?
信州医学雑誌,68(1):31-39 2020(Feb.)
Author:Kamijo, Hiroshi; Kashima, Yuichiro; Takeshige, Kanako; Nitta, Kenichi; Imamura, Hiroshi


Oxygen management in mechanically ventilated patients: A multicenter prospective observational study
JOURNAL OF CRITICAL CARE,46:1-5 2018(Aug.)
Author:Egi, Moritoki; Kataoka, Jun; Ito, Takashi; Nishida, Osamu; Yasuda, Hideto; Okamaoto, Hiroshi; Shimoyama, Akira; Izawa, Masayo; Matsumoto, Shinsaku; Furushima, Nana; Yamashita, Shigeki; Takada, Koji; Ohtsuka, Masahide; Fujisaki, Noritomo; Shime, Nobuaki; Inagaki, Nobuhiro; Taira, Yasuhiko; Yatabe, Tomoaki; Nitta, Kenichi; Yokoyama, Takeshi; Kushimoto, Shigeki; Tokunaga, Kentaro; Doi, Matsuyuki; Masuda, Takahiro; Miki, Yasuo; Matsuda, Kenichi; Asaga, Takehiko; Hazama, Keita; Matsuyama, Hiroki; Nishimura, Masaji; Mizobuchi, Satoshi; ABOVE Investigators;


Impact of a negative D-dimer result on the initial assessment of acute aortic dissection
INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY,258:232-236 2018
Author:Nitta, Kenichi; Imamura, Hiroshi; Kashima, Yuichiro; Kamijo, Hiroshi; Ichikawa, Michitaro; Okada, Mayumi; Mochizuki, Katsunori; Takayama, Hiroshi;


Response to letter from Jiang: The diagnostic value of combined D-dimer with other indicators in suspected acute aortic dissection patients
INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY,267:196-196 2018
Author:Nitta, Kenichi; Imamura, Hiroshi; Kashima, Yuichiro; Kamijo, Hiroshi; Ichikawa, Michitaro; Okada, Mayumi; Mochizuki, Katsunori; Takeshige, Kanako;


Cardiac hyaluronan may be associated with the persistence of atrial fibrillation
HEART AND VESSELS,32(9):1144-1150 2017(Sep.)
Author:Okada, Ayako; Kashima, Yuichiro; Tomita, Takeshi; Takeuchi, Takahiro; Oguchi, Yasutaka; Yoshie, Koji; Shoin, Wataru; Shoda, Morio; Nitta, Kenichi; Kuwahara, Koichiro; Imamura, Hiroshi;


Complete cervical tracheal transection due to blunt trauma
Acute Medicine & Surgery,3:376-379 2016(Mar.)
Author:2. Nitta K, Hamano Y, Kamijo H, Oishi S, Ichikawa M, Takayama H, Mochizuki K


Diffuse Alveolar Hemorrhage Associated with Edoxaban Therapy
Case Rep Crit Care,2016:7938062 2016
Author:4. Nitta K, Imamura H, Yashio A, Kashima Y , Mochizuki K


Rupture of gastrointestinal stromal tumor presenting with sudden onset chest and back pain and accompanied by gastric dilatation
Acute Medicine & Surgery,3:380-383 2016
Author:Nitta K, Imamura H, Yashio A, Takeshige K, Tsukada M, Ippongi K, Mochizuki K, Kashima Y, Sugiyama S, Miyagawa S


Diffuse alveolar hemorrhage associated with edoxaban therapy
Case Reports in Critical Case 2016
Author:Kenichi Nitta, Hiroshi Imamura, Akihiro Yashio, Satoko Kashima, Katsunori Mochizuki


PREVALENCE OF TAKOTSUBO CARDIOMYOPATHY IN EMERGENCY DEPARTMENT
CRITICAL CARE MEDICINE,43(12) 2015(Dec.)
Author:Yashio, Akihiro; Nitta, Kenichi; Mochizuki, Katsunori; Imamura, Hiroshi;


A foreign body in the nasopharynx: missing tooth mystery solved
CANADIAN JOURNAL OF ANESTHESIA-JOURNAL CANADIEN D ANESTHESIE,62(12):1342-1343 2015(Dec.)
Author:Nitta, Kenichi; Imamura, Hiroshi; Mochizuki, Katsunori; Takayama, Hiroshi;


PROTOCOL-BASED TRACHEAL EXTUBATION IN CRITICALLY ILL PATIENTS WITH ACUTE RESPIRATORY FAILURE
CRITICAL CARE MEDICINE,43(12) 2015(Dec.)
Author:Nitta, Kenichi; Mochizuki, Katsunori; Imamura, Hiroshi; Yashio, Akihiro;


PREVALENCE OF TAKOTSUBO CARDIOMYOPATHY IN EMERGENCY DEPARTMENT
CRITICAL CARE MEDICINE,43(12) 2015(Dec.)
Author:Yashio, Akihiro; Nitta, Kenichi; Mochizuki, Katsunori; Imamura, Hiroshi;


A foreign body in the nasopharynx: missing tooth mystery solved
CANADIAN JOURNAL OF ANESTHESIA-JOURNAL CANADIEN D ANESTHESIE,62(12):1342-1343 2015(Dec.)
Author:Nitta, Kenichi; Imamura, Hiroshi; Mochizuki, Katsunori; Takayama, Hiroshi;


PROTOCOL-BASED TRACHEAL EXTUBATION IN CRITICALLY ILL PATIENTS WITH ACUTE RESPIRATORY FAILURE
CRITICAL CARE MEDICINE,43(12) 2015(Dec.)
Author:Nitta, Kenichi; Mochizuki, Katsunori; Imamura, Hiroshi; Yashio, Akihiro;


呼吸整理の基礎の振り返り
難病と在宅ケア,21(6):43-46 2015
Author:新田憲市


典型的な心原性ショックの症状なく多臓器障害に至った急性心筋梗塞の1例
日本救急医学会,25:171-178 2014
Author:今村浩,小澤正敬,新田憲市,岩下具美,佐藤俊夫,南澤匡俊,岡元和文


特集によせて~Post-ICU長期人工呼吸の諸問題~ 日本呼吸療法医学会誌「人工呼吸」
Jpn J Respir Care,31:2-5 2014
Author:岡元和文,八塩章弘,上條泰,江口善友,新田憲市,今村浩


Protocol-based noninvasive positive pressure ventilation for acute respiratory failure
JOURNAL OF ANESTHESIA,25(1):42-49 2011(Feb.)
Author:Kikuchi, Tadashi; Toba, Satoshi; Sekiguchi, Yukio; Iwashita, Tomomi; Imamura, Hiroshi; Kitamura, Masatomo; Nitta, Kenichi; Mochizuki, Katsunori; Okamoto, Kazufumi;


侵襲的人工呼吸の適応とウイーニング2010-2012
貫和敏博、杉山幸比古、門田淳一(編),:134-137 2010
Author:岡元和文,新田憲市


ALI/ARDSへのbest PEEPとは?
救急・集中治療,22(9.1):1231-1237 2010
Author:新田憲市、一本木邦治、城下聡子


ECMO(体外式酸素化装置)
救急医学雑誌,34(10):1293-1297 2010
Author:望月勝徳,市川通太郎,新田憲市,岡元和文


A 65 nm Single-Chip Application and Dual-Mode Baseband Processor With Partial Clock Activation and IP-MMU
IEEE JOURNAL OF SOLID-STATE CIRCUITS,44(1):83-89 2009(Jan.)
Author:Ito, Masayuki; Nitta, Kenichi; Ohno, Koji; Saigusa, Masahito; Nishida, Masaki; Yoshioka, Shinichi; Irita, Takahiro; Koike, Takao; Kamei, Tatsuya; Komuro, Teruyoshi; Hattori, Toshihiro; Arai, Yasuhiro; Kodama, Yukio;


高度救命救急センターとしての災害時の役割
長野県医学会雑誌,40:71-72 2009
Author:高山浩史、城下聡子、小澤正敬、高木誠、望月勝徳、佐藤貴久、塚原嘉子、上田 泰明、新田憲市、北村真友、関口幸男, 岩下具美,今村浩,  岡元和文


換気力学
救急医学,33(3):267-272 2009
Author:新田憲市,城下聡子,小澤正敬,岡元和文


急性呼吸不全患者における呼吸生理 PEEP設定を中心とした呼吸換気力学
人工呼吸,26(2):29-35 2009
Author:新田憲市,高木 誠,関口幸男,岡元和文


輸液療法はどうするべきか?
救急・集中治療,21(7.8):885-891 2009
Author:新田憲市,岡元和文


ALI/ARDSに対するプロトコルに基づいたNPPVとシベレスタットナトリウム投与の有用性
信州医学雑誌,56(5) 2008
Author:菊池 忠,城下聡子,小沢正敬,望月勝徳,池上みのり,高山浩史,新田憲市,北村真友,関口幸男,岩下具美,堂籠 博,今村 浩,岡元和文


信州大学附属病院高度救命救急センターの現状 -高度救命救急センター認定後の1年間-
第59回長野県医学会 2008
Author:北村真友,城下聡子,小澤正敬,望月勝徳,中島博幸,堀田正二,高山浩史,新田憲市,関口幸男,岩下具美,今村浩,堂籠博,岡元和文


巨大褥瘡に敗血症性ショックを併発した統合失調症の1症例
日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine,13(3):257-258 2006(Jul. 01)
Author:新田 憲市; 赤嶺 智教; 富山 洋; 渕上 竜也; 徳嶺 譲芳; 須加原 一博;
Keywords:giant decubitus; septic shock; schizophrenie;


講演・口頭発表等
脳梗塞合併の急性大動脈解離症例の特徴
第48回日本救急医学会総会・学術集会 2020(Nov. 18)
Presenter:新田 憲市, 前田 保瑛, 本戸 景子, 坂本 広登, 濱野 雄二郎, 市川 通太郎, 望月 勝徳, 今村 浩


アナフィラキシーとそれによる二相性反応の頻度と特徴
第47回日本救急医学会学術集会 2019(Oct. 02)
Presenter:新田 憲市, 本戸 景子, 岸田 卓也, 服部 理夫, 森 幸太郎, 竹重 加奈子, 望月 勝徳, 今村 浩


特発性脊髄硬膜外血種の臨床的特徴と予後
第46回日本集中治療医学会学術集会 2019(Mar. 01)
Presenter:新田 憲市, 三山 浩, 稲村 憲一, 深澤 寛明, 濱野 雄二朗, 望月 勝徳, 今村 浩


第1種装置は空気加圧が一般化となるか.シンポジウム 2  第1種装置は空気加圧が一般化となるか シンポジウム
第53回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2018(Nov. 30)
Presenter:新田憲市


頭部CTにて発見された上咽頭異物の3症例
2018(Nov. 01)
Presenter:新田憲市


Post-extubation respiratory failure の検討
2018(Feb. 21)
Presenter:新田 憲市,三島 隆寛,横澤 翔子,深澤 寛明,亀山 明子,高山 浩史,望月 勝徳,今村 浩


外傷による下肢手術中に肺塞栓を発症したヘパリン起因性血小板減少症の一症例
第45回日本集中治療医学会 2018(Feb. 21)
Presenter:新田 憲市,柴崎 美緒,塚田 恵,岡田 まゆみ,高山 浩史,嘉嶋 勇一郎,今村 浩


腹臥位で管理した胸部脊髄損傷の一症例
2016(Nov. 17)
Presenter:新田憲市,上條泰,竹重加奈子,小林尊志,望月勝徳,高山浩史,今村浩


Protocol-based tracheal extubation critically ill patients with acute respiratory failue
SCCM The 45th Annual Congress 2016(Feb. 20)
Presenter:Kenichi Nitta, Katsunori Mochizuki, Hiroshi Imamura, Akihiro Yashio


Dダイマー陰性は、急性大動脈解離を完全否定できる?
第43回日本救急医学会 2015(Oct. 21)
Presenter:新田憲市,八塩章弘,城下聡子,三山 浩,高山浩史,望月勝徳,小林尊志,嘉嶋勇一郎,竹重加奈子,今村 浩


smoke inhalation injury without burnsの治療経験
2015(Oct. 21)
Presenter:新田憲市,濵野雄二朗,新川一樹,片山延哉,高山浩史,望月勝徳,秋田真代,塚田 恵,今村 浩


Dダイマー陰性は、急性大動脈解離を完全否定できる?
第43回日本救急医学会 2015(Oct. 21)
Presenter:新田憲市,八塩章弘,城下聡子,三山 浩,高山浩史,望月勝徳,小林尊志,嘉嶋勇一郎,竹重加奈子,今村 浩


スノーボードによる頭部外傷の検討
第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015(Jun. 11)
Presenter:新田憲市,高山浩史,三山 浩,今村 浩


救命救急センター内に開設されたSCUの利点と課題
第36回日本脳卒中学会 2011
Presenter:岩下具美,上田泰明,髙木 誠,佐藤貴久,岡田まゆみ,高山浩史,新田憲市,関口幸男,今村 浩,岡元和文


アルコール性ケトアシドーシスが疑われた8症例の解析
第38回日本集中治療医学会学術集会 2011
Presenter:原田 真1),市川通太郎2),小澤正敬2),望月勝徳2),上田泰明2),新田憲市2),関口幸男2),岩下具美2),今村 浩2),岡元和文


当センターで経験した降下性壊死性縦隔炎(DNM)8例の検討
第38回日本集中治療医学会学術集会 2011
Presenter:髙木 誠,一本木邦治,城下聡子,高山浩史,新田憲市,関口幸男,岩下具美,今村 浩,岡元和文


プロトコルに基づく抜管は、再挿管を予防できる
第38回日本集中治療医学会学術集会 2011
Presenter:新田憲市,市川通太郎,大石 奏,一本木邦治,小澤正敬,上田泰明,関口幸男,岩下具美,今村 浩,岡元和文


瞳孔と循環の異常を呈さない重症有機リン中毒の一例
第38回日本集中治療医学会学術集会 2011
Presenter:一本木邦治,城下聡子,髙木 誠,高山浩史,上田泰明,新田憲市,関口幸男,岩下具美,今村 浩,岡元和文


疼痛を訴えない急性大動脈解離の初期対応
第38回日本集中治療医学会学術集会 2011
Presenter:今村 浩,高山浩史,新田憲市,関口幸男,岩下具美,岡元和文


成人領域における一酸化窒素(NO)吸入療法―疾患群による効果の差異―
第38回日本集中治療医学会学術集会 2011
Presenter:関口幸男1),岡田まゆみ1),北村真友2),城下聡子1),髙木 誠1),新田憲市1),岩下具美1),今村 浩1),岡元和文1)


救急・集中治療科専門医が管理するSCUの利点と課題
第38回日本集中治療医学会学術集会 2011
Presenter:岩下具美,上田泰明,小澤正敬,髙木 誠,佐藤貴久,高山浩史,新田憲市,関口幸男,今村 浩,岡元和文


インスリン過量投与により意識障害を生じ,画像上びまん性脳腫腸から基底核病変に変化した症例
第13回日本臨床救急医学会総会 2010
Presenter:高山浩史,城下聡子,望月勝徳,佐藤貴久,新田憲市,北村真友,関口幸男,岩下具美,今村 浩,岡元和文


防水スプレーを噴霧した7時間後に発症した肺水腫の1例
第13回日本臨床救急医学会総会 2010
Presenter:髙木 誠,城下聡子,北村真友,新田憲市,上田泰明,関口幸男,岩下具美,今村 浩,岡元和文


信州大学医学部附属病院への山岳救助ヘリコプター搬送事案の検討
第17回日本航空医療学会総会 2010
Presenter:高山浩史,戸部理絵,下村陽子,市川通太郎,城下聡子,小澤正敬,髙木 誠,佐藤貴久,岡田まゆみ,上田泰明,新田憲市,関口幸男,岩下具美,今村 浩,岡元和文


失神発作で発症したピルジカイニド中毒に吸着療法が奏功した一例
第38回日本救急医学会総会・学術集会 2010
Presenter:柳沢俊充,高山浩史,新田憲市,関口幸男,岩下具美,今村 浩,岡元和文


肝損傷症例の検討
第38回日本救急医学会総会・学術集会 2010
Presenter:高山浩史,城下聡子,小澤正敬,佐藤貴久,髙木誠,上田泰明,新田憲市,関口幸男,岩下具美,今村 浩,岡元 和文


心肺蘇生法講習会受講前後の胸骨圧迫の変化
第29回日本蘇生学会 2010
Presenter:岩下具美,新田憲市,岡田まゆみ,髙木 誠,佐藤貴久,上田泰明,高山浩史,関口幸男,今村 浩,岡元 和文


明らかな心原性ショックの症候、胸部症状を認めず多臓器不全に至った急性心筋梗塞の一例
第19回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 2010
Presenter:小澤正敬,佐藤俊夫,矢嶋紀幸,城下聡子,新田憲市,岩下具美,今村 浩,岡元和文


成人肺高血圧症による重症呼吸不全に対しNO吸入療法が有効であった一例
第32回呼吸療法医学会 2010
Presenter:髙木 誠1),岡元和文1),今村 浩1),岩下具美1),関口幸男1),北村真友1),新田憲市1),高山浩史1),元木博彦2),酒井貴弘2)


気管チューブ抜管のプロトコルの評価
第57回日本麻酔学会 2010
Presenter:新田憲市1),塚原嘉子1),佐藤貴久1),菊池 忠2),岡元和文1)


観光客の亜急性期治療(転院)に関する検討
第13回日本臨床救急医学会 2010
Presenter:岩下具美,佐藤貴久,髙木 誠,高山浩史,城下聡子,望月勝徳,新田憲市,関口幸男,今村 浩,岡元和文


迅速なヘリ搬送により良好な転帰をたどった急性心筋梗塞の1例
第108回中信医学会 2009
Presenter:西村仁志,海口陽子,小田切久八,北村真友,新田憲市,高山浩史,関口幸男,岩下具美,今村浩,岡元和文


高度救命救急センターとしての災害時の役割
第60回長野県医学会 2009
Presenter:高山浩史,城下聡子,小澤正敬,高木誠,望月勝徳,佐藤貴久,塚原嘉子,上田泰明,新田憲市,北村真友,関口幸男,岩下具美,今村浩,岡元和文


腹臥位療法と背側からの体外式高頻度換気の併用が著効した急性呼吸不全の1例
第30回日本呼吸療法医学会 2008
Presenter:望月勝徳, 城下聡子, 小沢正敬, 北村真友, 菊池忠, 新田憲市, 関口幸男, 岩下具美, 堂篭博, 今村浩, 岡元和文

研究費
科学研究費補助金(研究分担者)
2016 - 2018 , 心電図伝送による心臓救急患者の救命救急法の開発 , 基盤研究(C)(一般)