信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

木村建  キムラ ケン

教員組織電話番号
教育組織アドミッションセンターFAX番号0268-21-5331
職名特任教授メールアドレス
住所ホームページURL

更新日:2018/07/02

プロフィール

研究分野
生殖生物学
発生生物学
現在の研究課題
小型翼手類の胚発生と胎盤形成
キーワード:コウモリ , 胎盤形成 , 胚発生 , 遅延着床 , 遅滞発生
冬眠前後の小型翼手類の血中黄体ホルモン濃度の変動
キーワード:コウモリ , 冬眠 , プロゲステロン
鶏精子の前進運動の制御機構
キーワード:ニワトリ , 精子 , 前進運動 , 制御機構
緬羊の発情同期化と季節外繁殖
キーワード:ヒツジ , 発情同期 , 誘起発情
ほ乳類卵胞の体外培養による成長の解析
キーワード:ほ乳類 , 卵胞 , 前胞状卵胞 , 培養
硬骨魚類のヒレ再生機構
キーワード:メダカ , ヒレ , 再生 , ゼブラフィッシュ
所属学会
所属学会
日本動物学会
日本発生生物学会
日本比較内分泌学会
日本繁殖生物学会
日本緬羊研究会
American Assiciation for Advancement of Science
学歴
出身大学院
1981 , 九州大学 , 農学研究科 , 畜産学専攻
1978 , 九州大学 , 農学研究科 , 畜産学専攻

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1975 , 東邦大学 , 理学部 , 生物学科

取得学位
農学博士 , 九州大学
研究職歴等
研究職歴
1990- , 信州大学繊維学部 助教授
1981-1990 , 信州大学繊維学部 助手

留学歴
1988-1989 , カリフォルニア大学アーバイン校博士研究員

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
論文
CD81 and CD9 work independently as extracellular components upon fusion of sperm and oocyte
Biology Open,1(7):640-647 2012
Author:Naoko Ohnami, Akihiro Nakamura, Mami Miyado, Masahiro Sato, Natsuko Kawano, Keiichi Yoshida, Yuichirou Harada, Youki Takezawa, Seiya Kanai, Chihiro Ono, Yuji Takahashi, Ken Kimura, Toshio Shida, Kenji Miyado, and Akihiro Umezawa


Effects of cryopreservation of pronuclear-stage rabbit zygotes on the morphological survival, blastocyst formation, and full-term development after DNA microinjection
Molec. Reprod. Dev,60(2):227-232 2001
Author:S. Hochi


Effects of cooling and warming rates during vitrification on fertilization of in vitro-matured bovine oocytes
Cryobiology,42(1):69-73 2001
Author:S. Hochi


Production of transgenic rabbits using centrifuged pronuclear zygotes
JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE,62(10):1047-1052 2000
Author:M. Hirabayashi


ウサギ胚の採取効率と発育能に及ぼす過剰排卵誘起法の影響
実験動物技術,35(1):23-28 2000
Author:平林 真澄


Effect of linoleic acid-albumin in the culture medium onfreezing sensitivity of in vitro-produced bovine morulae
THERIOGENOLOGY,52(3):497-504 1999
Author:S.Hochi/ K. Kimura/ Akira Hanada


Effect of nuclear stages during IVM on the survival of vitrified-warmed bovine oocytes
THERIOGENOLOGY,49(4):787-796 1998
Author:S.Hochi

教育活動実績

授業等
2010 , 前期 , 動物運動生理学
2010 , 前期 , 情報科学演習A
2010 , 前期 , 情報科学演習B
2010 , 後期 , 発生生物学
2010 , 後期 , 応用生物学系ゼミナール
2009 , 前期 , 応用統計学
2009 , 前期 , 発生生物学
2009 , 前期 , 情報科学演習A
2009 , 前期 , 情報科学演習B
2009 , 後期 , 生物統計学演習
2009 , 後期 , 工学のための生物学概論
2008 , 前期 , 環境生物学実験
2008 , 前期 , 情報科学演習
2008 , 前期 , 発生生物学
2008 , 前期 , 新入生ゼミナール
2008 , 後期 , 生物統計学演習
2008 , 後期 , 工学のための生物学概論
2007 , 前期 , 情報科学演習
2007 , 前期 , 発生生物学
2007 , 前期 , 新入生ゼミナール