信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

山本雅道  ヤマモト マサミチ

教員組織電話番号
教育組織理学部FAX番号
職名特任助教メールアドレス
住所〒390-0877 松本市旭3-1-1信大理学部内ホームページURL

更新日:2020/07/07

プロフィール

研究分野
陸水生物学(魚類、水生昆虫)
現在の研究課題
身近な自然
キーワード:ビオトープ , 里山 , 保全 , ヘイケボタル , 1995-
渓流魚の生息場所の解析
キーワード:生息場所 , 微環境 , 1985-
長野県内の魚類相の変遷
キーワード:魚類相 , 分布 , 1980-
上高地の魚類相
キーワード:上高地 , イワナ , 雑種 , サルミンコラ , 1980-
外来魚の生活史
キーワード:外来魚 , 生活史 , 1978-
所属学会
所属学会
日本アフリカ学会
日本魚類学会
日本陸水学会
日本生態学会
学歴
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1978 , 信州大学 , 理学部

取得学位
学士(理学) , 信州大学(日本)
研究職歴等
研究職歴
2006-2014 , 信州大学 (山岳科学総合研究所) 助教
2001-2006 , 信州大学 (山地水環境教育研究センター) 助手
1995-2001 , 信州大学 理学部 助手
1979-1995 , 信州大学 教養部 助手

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
論文
2018年夏季における諏訪湖の水平・垂直水質分布
環境科学年報,41:45-59 2019(Mar.)
Author:柳町晴美・宮原裕一・山本雅道


2016年夏季における諏訪湖の水平・垂直水質分布
環境科学年報,39:35-51 2017(Mar.)
Author:柳町晴美・宮原裕一・山本雅道


2015年夏季における諏訪湖の水平・垂直水質分布
環境科学年報,38:49-63 2016(Mar.)
Author:柳町晴美・宮原裕一・山本雅道・花里孝幸


木崎湖における多環芳香族炭化水素類の動態に関する研究
信州大学環境科学年報,37:29-35 2015(Mar.)
Author:宮原, 裕一; 亀山, 智美; 山本, 雅道


2014 年夏季における諏訪湖の水平・垂直水質分布
信州大学環境科学年報,37:53-66 2015(Mar.)
Author:柳町, 晴美; 宮原, 裕一; 山本, 雅道; 花里, 孝幸


ヘイケボタル(Luciolalateralis)の採卵・飼育方法と齢の推定法
信州大学環境科学年報,36:114-118 2014(Mar.)
Author:関口伸一・山本雅道


ヘイケボタルの休眠と有効積算温度
信州大学環境科学年報,36:109-113 2014(Mar.)
Author:関口伸一・山本雅道


2013年夏季における諏訪湖の水平・垂直水質分布
信州大学環境科学年報,36:54-73 2014(Mar.)
Author:柳町、花里、宮原、山本


2012 年夏季における諏訪湖の水平・垂直水質分布
信州大学環境科学年報,35:46-64 2013(Mar.)
Author:柳町、花里、宮原、山本


2011 年夏季における諏訪湖の水平・垂直水質分布
信州大学環境科学年報,34:25-43 2012(Mar.)
Author:柳町、花里、宮原、山本


2010 年夏季における諏訪湖の水平・垂直水質分布
信州大学環境科学年報,33:46-63 2011(Mar.)
Author:柳町、花里、宮原、山本


2009 年夏季における諏訪湖の水平・垂直水質分布
信州大学環境科学年報,32:17-35 2010(Mar.)
Author:柳町、花里、宮原、山本


2008年夏季における諏訪湖の水平・垂直水質分布
信州大学環境科学年報,31:11-29 2009(Mar.)
Author:柳町、花里、宮原、山本


2007 年夏季における諏訪湖の水平・垂直水質分布
信州大学環境科学年報,30:25-43 2008(Mar.)
Author:柳町、花里、宮原、山本


諏訪湖の魚類群集 : 漁業統計からみた変遷
信州大学山地水環境教育研究センター研究報告,1:99-108 2003(Oct.)
Keywords:諏訪湖,魚類,漁獲量,魚類相の変遷


学会発表
山岳環境マイスター教育のための生物標本の現状と将来
国立大学博物館等協議会 , 第1博物科学会 2006
Author:山本/関口/佐藤/島野/伊藤


MISC
The life history of the firefly () in the irice fields at MatumotoCity,Nagano Prefecture.
Proceedings of Shinshu University International Symposium 2006,:90-91 2006
Author:Sekiguchi,S./Yamamoto,M.

研究業績(芸術系の活動、フィールドワーク等)
その他
自然科学館ニュースレター発行 , 2013 -
信州大学科学館 , 2006 -
小谷コレクション展 , 2007 - 2007 , 標本出展
信州大学の宝物 , 2006 - 2006 , 標本出展
共同研究等希望テーマ
魚類の生息場所の保全 , 生態学
ビオトープ作成・管理手法の開発 , 生態学

教育活動実績

授業等
前期 , 群集生態学
前期 , 自然誌博物学ゼミ
論文指導
2012
卒業論文指導 指導学生数 計:3
修士論文指導 指導学生数 計:1

2011
卒業論文指導 指導学生数 計:2
修士論文指導 指導学生数 計:0

2010
卒業論文指導 指導学生数 計:1
修士論文指導 指導学生数 計:2

2009
卒業論文指導 指導学生数 計:1
修士論文指導 指導学生数 計:2

2008
卒業論文指導 指導学生数 計:1
修士論文指導 指導学生数 計:1

社会活動実績

社会活動等
学外審議会・委員会
2010 - , 松本市文化財審議委員 , 委員